今や”白目芸”、あるいは”寄り目芸”の使い手として注目を集め!フリーアナウンサーの「滝川クリステル」さんの”モノマネ”でブレイク中であり!”吉本新喜劇”から久々に誕生したヒロインで、お笑いタレントの「金原早苗」さん。

何やら?最近、”メディア”からのオファーが増えている関係で!多くの”仕事”が舞い込むようになり、主戦場である「吉本新喜劇」から離れ!”キー局”の有名バラエティー番組への「出演数が増大している傾向」に、大きな注目が集まっているご様子です。

【しかも!】お得の「滝川クリステル」さんの”モノマネ”を活用して、有名バラエティー番組で”共演”を果たした「超有名タレント」に、同じように”モノマネ”をさせ【さらに!】「変顔」までさせて!大きな話題を呼んだ模様です。

最近の”犠牲者”としては、タレントで歌手の「剛力彩芽」さんであり!”滝川クリステル”さんでお馴染みの「おもてなし」に掛けて、”剛力”の名前をヤジった「な・ま・え・ま・け…名前負け」等と言わせ【さらに!】自身の最も得意とする「寄り目芸」も真似をさせて、番組”ゲスト”にも関わらず「変顔」までさせたのです。


引用元【ツイッター(ウチのガヤがすみません!公式 )】

もちろん、金原早苗さんの”犠牲者”になっているのは”剛力彩芽”さんだけでは無く!他の番組で”共演”するゲストやタレントたちも”ターゲット”にされ「やりたい放題の人気ぶり」を見せているようです。

その気になる、吉本新喜劇の”お笑い芸人”でありながら「モノマネタレント化」している金原早苗さんについて紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(kiiiiin37)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 韓国ハーフとは?
・ 錦戸亮と熱愛とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


金原早苗氏は1987年3月19日生まれの33歳(2020年)で、ご出身は「大阪府」です。

ご出身の”大阪府”にあるご自宅で、ご両親とご本人の三人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、金原早苗氏も(大阪府)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”ご本人(姉弟不明)”が居り、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

“両親”は【なんと!】両名共に「自衛官の出身」であり、”自衛隊”に所属していた時に知り合った模様です。

幼い頃は、比較的”大人しい子供”であり!今のお姿からは想像も付きませんが【かなり!】人前には出たがらない「内気な気質(性格)」であった模様です。

但し、実家が”大阪人”の集まりなので!非常に「明るい家庭」に育ちました。

また、とても”音楽”を好んでいた少女であり!特に”ピアノ”に「興味を示していた」そうです。

なので、小学校一年生の時から”ピアノ”のレッスンを受けていたそうで!放課後は、ピアノ教室に通っておりました。

【さらに!】テレビドラマで活躍されていた”女優たち”を見て、将来の夢は「ピアノに関連した芸能人に成りたい」と思っていたそうです。

”音楽”や”芸能界”に興味を持ち始めた小学時代を終えると、中学校も地元の大阪府八尾市内にある学校にご入学されましたが、詳しい”所在地”や”学校名”などは分かっておりません。

中学校時代に入っても、”音楽”が好きな少女であり!学校に設けられていた”吹奏楽部”に入部していたらしく!”金管楽器”の「トロンボーン」を担当していたそうです。

その”腕前”は、相当!”評価”が高かったらしく、部活内でも一躍!”注目”を集める演奏を奏でていたそうです。

恐らく、”見た目”のままに(笑;)「肺活量が相当!強かった」と思われます。

【さらに!】”くちびる”も厚いので「くちびるを振動させて音を出す楽器のトロンボーン」には、適任であったのでしょう。

もちろん、小学校時代から”ピアノ”のレッスンを受けていたことで「音程や音感」に優れていた可能性が高く、その”効果”が「吹奏楽部で開花した」ご様子です。

“吹奏楽部”での活躍を見せていた一方で、小学校時代から「憧れを感じていた芸能界」のことも!忘れずにいたそうで、”卒業文集”に書いた将来の夢とは!”音楽家”と思いきや【なんと!】「スーパースタになること…など」と、書き残していたそうです。

なので、その時代から既に「お笑いの可能性」を秘めていたのでしょう。(笑;)

”吹奏楽部”で活躍された中学時代を終えると、高校も地元の大阪府にある”四条畷学園高等学校”にご入学されました。

この学園の”正式名称”とは「四條畷学園小学校・中学校・高等学校」であり、その名の通り「小中高一貫教育」のため、四條畷学園小学校に”ご入学”されると高等学校までは内部審査のみの「エスカレータ式」で進学(進級)することが可能です。

この”高等学校”の課程は「全日制の男女共学」であり、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

金原早苗さんの場合は、”高校”からの進学のため「入試を受けてのご入学」と思いきや【なんと!】”トロンボーン”の「腕前を買われての推薦入学」とのことです。

この学校の”特徴”として、部活動が盛んな高校であり!その中でも「バドミントン部」が優秀で、全国でも屈指の”強豪校”として「知名度」が高く【しかも!】全国優勝を”30以上”も記録しているそうです。

なので、”インターハイ”や”国体”などの「大きな大会に選考される選手」が非常に多く、卒業生の中にも”実業団”で活躍する選手を、何人も輩出しているそうです。

金原早苗さんは、”トロンボーン”による推薦入学のため!もちろん、部活動は”吹奏楽部”に入部をされており、中学校同様に”トロンボーン”を担当しておりました。

また、部活内では!その”腕”が光り「注目される存在」であったことから!吹奏楽部の「部長」を任されていたそうです。


引用元【ツイッター(かめばかむほど亀井希生です! )】

【実は!】この高等学校の”吹奏楽部”は、大阪府内にある高等学校の中でも「強豪校」として有名であり!関東地区大会は素より、全国大会の「常連校として知名度が高い」のです。

その”強豪校”の中で、”部長”を努めていたのですから!金原早苗さんが【いかに!】”トロンボーン”の「名演奏者であった」かを、物語っております。

一方の”私生活”では、その当時!大人気を誇っていた歌手の「安室奈美恵」さんの大ファンであり、元から「芸能界に憧れを感じていた」ことも手伝い!高校時代も、将来の夢は「スーパースターになること」と決めいたそうです。

なので、もちろん!”卒業文集”には、中学校時代と同様に「スーパースター」と記されているそうです。(笑;)

その後、高校三年生になると”部活動”を引退をされて!”進路”の選択が迫られた時に、”両親”が共に「自衛隊員」であったことから!娘にも”自衛隊入り”をススメられたそうですが、既に”スーパースター”になるために「芸能界入りを希望していた」ことから、断ったそうです。

この時、両親が”自衛隊員”であることを「始めて知った」らしく!それが”影響”を与え、後に進む”吉本新喜劇”での「ご自身のネタ」に組み込むようになります。


引用元【ツイッター(小籔千豊(吉本新喜劇) )】

”吹奏楽部”で活躍された高校時代を終えると、大学には進学をせずに社会人とあり!吉本興業が手掛けている、若手の養成所として有名な”総合芸能学院(NSC)”の「女性タレントコース」に、ご入学をされます。

“吉本総合芸能学院”は1982年から創設されていたのですが「NSC女性タレントコース」として創設されたのが”金原早苗氏”さんが入所された年からであり!そのため「第一期生」として入所されます。

なので、金原早苗氏さんとしては!この”第一期生”に目が眩んだらしく「初代なら必ず売れる」との計算のもとで、入所を希望したそうです。

ちなみに、この時の”同期”には!お笑いタレントの「前田まみ」さんや、元お笑いコンビ”桜”の「稲垣早希」さん「増田倫子」さんなどが居るそうです。


引用元【インスタグラム(koromami24)】

その後、2006年に吉本新喜劇で行われた”金の卵オーディション”に参加され、見事!”合格”を果たしたことから、吉本新喜劇に所属することが決まり!2008年にオープンされた、大阪の京橋にある”京橋花月劇場”から「お笑い芸人のスタート」を切ったのです。


スポンサードリンク


◇ 韓国ハーフとは?


現在ではスッカリ!”白目芸”、あるいは”寄り目芸”の使い手として注目を集め「滝川クリステル」さんの”モノマネ”で話題を集めている”金原早苗”さんですが、見た目の”ルックス”が「日本人離れしている…など」と呼ばれているらしく、ネット界では「ハーフ説」が伝えられているそうです。

「フザケなければ美人…など」と好評の金原早苗さんですが【実は!】それも!そのはず!!主戦場である”吉本新喜劇”では「マドンナ役」として活躍をされており【しかも!】”吉本養成所”でお馴染みの「総合芸能学院(NSC)」では、第一期生の「女性タレントコース」の卒業生でもあるのです。

なので、吉本新喜劇に所属する”女性お笑い芸人”の中でも!もとから「美人」として有名であり、その当時から「滝川クリステルさんに似ている」と評判が挙がっていたのです。

そこで、東京進出の”武器”として携えたのが「滝川クリステルさんのモノマネ」であり!それを”筆頭”に、今では様々な”タレント”のモノマネまでも行うようになりました。


引用元【インスタグラム(kiiiiin37)】

もちろん、”完成度”には賛否両論があるようですが(笑;)”大阪魂(お笑い魂)”を糧に、”メジャー進出”に力を降り注いで居るご様子です。

最近では、”人気上昇”と共に!あまりにも「独特なルックス」に注目が集まり始めたことから、”外国人説”あるいは「ハーフ説」などが飛び出した模様です。

【しかも!】”滝川クリステル”さんと言えば、フランス人の”父親”と日本人の”母親”を持つ「ハーフ」でお馴染みですが、その”顔モノマネ”を行っている以上!否応なしに「ハーフ説」が疑われても、おかしくはないのです。

【さらに!】最近では、自身も”ハーフ”を意識し始めたのか?”新ネタ”のモノマネのほとんどが「ハーフタレント」が目立っており!今は亡き「梅宮辰夫」氏の長女「梅宮アンナ」さんや、ハリウッド女優としてお馴染みの「ミラ・ジョボビッチ」さんのモノマネを披露されております。


引用元【インスタグラム(kiiiiin37)】

生まれ持った”ルックス”もそうですが、”ネタ”のほとんどが「日本人離れしたモノマネ」が多いことから”ハーフ説”が唱えられている要因なのですが、本当に「ハーフ」なのでしょうか?

【実は!】金原早苗さんの”両親”は【なんと!】両名ともに「元自衛官」なのですが、日本の”自衛隊”に入隊するには「日本国籍」でなければなりません。

つまり、”両親”は「日本人」であることに間違いが無く!生まれた娘も、当然「日本人」となります。

但し、両親が元から”ハーフ”の可能性も否めませんが、恐らく!それはないでしょう。

なので、結論としては!金原早苗さんは、”大阪”生まれ育ちの「生粋の日本人」で間違いなさそうです。


スポンサードリンク


◇ 錦戸亮と熱愛とは?


【実は!】金原早苗さんには、過去に”スキャンダル”が報じられたことがあり!その相手が【なんと!】アイドルグループ「関ジャニ∞」の元メンバー「錦戸亮」氏なのです。


引用元【インスタグラム(ryonishikido_official)】

普通であれば、あり得ない「接点の二人」と思われるのが当然であり【唯一!】”接点”があるとすれば「大阪出身」くらいのモノです。

なので、結論からすると!恐らく、ただの「友達どうし」です。

【実は!】金原早苗さんがどうの!こうの!!よりも、以前から”錦戸亮”氏の方が元から”お笑い好き”として有名であり!”吉本新喜劇”に何度も足を運ぶ程の「生粋のお笑い好き」なのです。

なので、吉本新喜劇の”ヒロイン”として人気を集めていた金原早苗さんに「興味を持つ」のは、当然の話です。

そもそも、二人に”熱愛疑惑”が報じられた「発端」とは!錦戸亮氏が”うどん屋”のために作ったと言われる”トレーナー”と同じものを、金原早苗さんも「着用していたから」でした。


引用元【ツイッター(ゆりか )】

しかし、上記したように!二人は”交際している”よりも「仲の良い友達」である可能性が極めて高く、それならば!トレーナーの一つや二つ、金原早苗さんに”プレゼント”してもおかしな話では無く!”お笑い好き”の錦戸亮氏にしてみれば、金原早苗さんの”キャラ的”にも「うどんのトレーナー」で話題作りをしたい!と考えることは、あり得る話です。

また、二人で「深夜デートをした」との情報も!SNSから伝えられておりました。


引用元【ツイッター(matsuge )】

しかし、”忙しい”二人が会える時間帯と言えば「深夜のみ」であり!”友達同士”で食事に出向いても、何らおかしな話ではありません。

【しかも!】情報源となった”ショット”には↑二人意外の”関係者”も写り込んでいます。

【さらに!】この情報をSNSで伝えた”投稿者”は、ハッキリと「某事務所の圧力により掲載を拒否されたから暴露した」と語っている以上!”無理矢理感”が強く感じられ【しかも!】”大スクープ”にも関わらず!”事務所”の圧力に屈して「異例のSNSでの投稿」を行っているところを見ると【まさに!】”無理矢理感”しか感じられません。

その意味でも、二人の”熱愛”には「信憑性」が欠けており!”噂”に挙がった情報にも「証拠としての価値は、ほとんど無いに等しい」と言えます。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 2013年に、毎日放送系列で放送された番組”よしもと新喜劇”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ CM

・ 2019年に、”株式会社日経サービス”が手がけた企業CM”株式会社日経サービス”に出演され「CMデビュー」を飾ります。


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
金原 早苗
読み
きんばら さなえ
生年月日
1987年3月19日
仕事
タレント、女優
出身地
大阪府
所属事務所
吉本興業
血液型
O型