近年、もの凄い勢いで増えている「Youtuber芸人!」その中でも”先駆者”と言えば漫才コンビ
“キングコング”のボケ担当「梶原雄太」氏が有名ですが、”モノマネタレント”でYoutubeで
ご活躍と言えば、お笑いトリオ”ロバート”の「ロバート秋山」氏、女優「土屋太鳳」さんの
モノマネで今注目を集めている「丸山礼」さんではないでしょうか?

 

引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】

 

最近ではバラエティー番組から「お笑い番組&モノマネ番組」等、たくさんの番組に出演し
さらに自身公認の”インスタグラム”ではテレビで見ることが少ない芸能人のモノマネ写真を
披露したり、意外にも”スッピン”や”メイク”の写真が好評で「個人の人気」も上昇中の今
一番”ノリに乗っている”女性お笑いタレントです。

私個人の見解として一番好きなモノマネは”ロバート秋山”氏で、”顔の輪郭”&”鼻の大きさ”&
“唇・歯”&”話し方”など、どれをとっても”一品”だと思います。

 

引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】

 

↑の写真は”丸山礼”さんのインスタから引用しているものですが、見ての通り「モノマネ」して
おらなくても「モノマネ」に見える!つまり「基本」がそっくりであることを示しています。

そもそも「お笑いタレント」になる”きっかけ”となったのは高校時代に友達から”ロバートの
秋山に似ているんでね~ェの?”と言われたことで自身のモノマネに”自信”が付き芸能界入りを
決断したそうなので「リアルに似ている」ことを証明しているのです。

もちろん「女性が男性お笑い芸人をマネする!」とか「超人気女優のモノマネをする!」とかで
お茶の間を楽しませているから人気が上がっていることは間違いありませんが、とは言えやはり
“リアル”の「レベル」が低いと長続きせず直ぐに消えるのが「芸能界の常」であり、完成度の
高い「芸」を一つでも持っていれば”人気が絶える”ことはありませんね!

そのおかげもあってか?ご出演されたテレビ番組では「ご本人との共演」を果たし、しかも
オフでツーショット写真を撮るまでに”こぎつけて”いるそうです。

先日は女優「土屋太鳳」さんとのツーショット写真に成功したそうです↓↓↓

 

引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】

 

もちろんこの写真を見た”太鳳ファン”からは「サイズが違う!顔の大きさ違う!似てない!」等
一方の”モノマネファン”からは「おもしろ!似ている!並ぶと全然違う(笑)!メッチャ似てる!
太鳳ちゃん顔ちっさ!本当に似ている!」等と”世論”の方からは絶賛の声が多数寄せられて
おりました。

さらに”丸山礼”ファン達からは「夢の共演」に対し「礼ちゃんおめでとう!ついに夢のコラボ!
見ているこっちまで感動でした」等と、ご本人よりも予想だにしていなかった出来事に”驚き”
自ら写真撮影に応じてくれた”太鳳さん”の優しさに感謝するファンが続出しておりました。

そんな今一番注目度が高いお笑いタレント「丸山礼」さんに注目してみました。

 

スポンサードリンク

 

◇ 丸山礼さんの昔とは?

 

丸山礼さんは1997年4月生まれの22歳(2019年)で、ご出身は「北海道」です。

幼い頃から”モノマネや歌”が好きで周りを楽しませる子供さんだったそうですが、小学時代は
“競技水泳”が得意だったらしく”泳力検定”が「一級」の腕前だったそうです。

また学業では「中・高校時代」に”生徒会長”に選任されていたそうで”人気”&”学力”共に生徒・
クラスメート・先生達から認められた「優勝な学生」だったそうです。

2010年に地元の中学校をご卒業後、こちらも地元の高等学校ですが「北見藤高等学校
(旧:北見藤女子高校⇒女子高)」にご入学され、自慢の”モノマネ”や”底抜けの明るさ”で
新入生にも関わらず学校を盛り上げていたそうです。

その後、高校二学年の時に「短期語学研修」で行ってた”フィリピン研修”に参加し、自身初の
「海外」を体験したようです。

また同年(2011年)に発生した”未曾有の災害”「東北大震災」時にはボランティアとして
復興活動に参加し、地元から離れ”寂しい思い”で生活を送っていた「仮設住宅」の被災者の
皆さんに得意の”モノマネ”を披露して笑わせ「元気と勇気」を送っていたそうです。

この経験が後の自身の”モノマネ人生”の「道筋」になったことは間違いないでしょうね!

また学校内では「チアダンス部」に入部していたらしく、なぜ”チアダンス”を始めたのか?は
定かではありませんが、約1年間練習に励んでいたそうです。

そんな折、何気ない学生生活の中で”ふ”とクラスメートから「お笑いトリオ”ロバート”の
“秋山竜次”に似てる」等と言われるようになり、自身も満更ではなかったらしくモノマネ
レパートリーの一つに加えたそうです。

また学園祭では当時、一番自身があったタレントの「渡辺直美」さんのモノマネをステージで
披露し、集まっていた学生達から”爆笑をウケ”学校中の人気者になったそうです。

そして自身高校三年生の時”進学”か?”就職”か?の時期となり、進路を悩んでいたそうですが、
ちょうどその時行われていた芸能事務所大手の「ワタナベエンターテインメント」が主催する
「オモ女グランプリ」のオーディションがあったことを知り、元から自身の”芸”を試したいと
思っていたこともあり応募したところ、なんと!「最優秀賞」を受賞してしまったのです。

実は丸山礼さん!同学年では成績が”優秀”で「特進クラス」に入っており、進路は大学受験を
望む気持ちが強かったらしいのですが、思わぬ「朗報」に心が揺らぎ最終的には「若いうちに
出来ることをやろう!」と決めたらしく、進学を止めて”芸能界”へと進んだそうです。

進路が決まり心に”余裕”ができたのか?卒業までの在学中に”Youtube”を利用して配信していた
ローカル番組「オホバン」への出演が決まり”お笑い芸人志望の女子高生パーソナリティ”の
肩書でレギュラー出演を果たしていたそうです。

そしてご卒業を向かえた2015年3月、高校卒業と同時にすぐに上京し、以前オーディションで
最優秀賞を受賞した大手芸能事務所「ワタナベエンターテインメント」への所属を希望し出向き
同年4月からお笑いタレント養成所の”ワタナベコメディスクール”に第22期生として「特待生
扱い」で入学されました。

例え”特待生扱い”で入学しても仕事はなく「貧乏タレント」であったことからアルバイトを
行っていたらしく、寿司屋でお馴染み「はま寿司」や「無印良品」等で働いていたそうです。

その後、2016年2月に事務所主催のイベント「ワタナベお笑いNo.1決定戦」が行われ
「ジャイアントキリング枠」を賭けた戦いに臨みました。

当時は「お笑い”絶頂期”」で、その中でも人気を集めていた「我が家・ロッチ・クマムシ・
あばれる君・厚切りジェイソン」等との”バトル”に否応なしにも注目が集まり、女性唯一の
決勝戦を応援する「同スクール&コースのタレント&先輩」等から激励の声が多数寄せられて
おりました。

その後無事に養成所(ワタナベスクール)をご卒業され2016年4月から正式に「ワタナベ
エンターテインメント」に所属となりました。

養成所からは次世代の”期待の星”として育って行ったので仕事は既に決められていたのか?
同年同月から日本テレビ系列で放送されていた情報番組「PON!」で月曜日の”突撃芸人”の
レギュラーに抜擢され、直ぐに仕事始めを向かえました。

マスコミからは「芸歴0か月で”PON!”の突撃芸人に起用!」等と伝えられテレビ関係者から
注目を浴びておりました。

 

引用元【ツイッター(丸山礼)】

 

それ以降は、現在の通り”お笑いタレント”としてご活躍され「腕を磨き」ながら新ネタの発掘に
慢心しているようです。

 

スポンサードリンク

 

◇ 丸山礼さんは学生時代優秀な生徒だった!

 

お笑いモノマネタレントとして今、一番注目を集めている”丸山礼”さんですが実は!!
学生時代は成績が「優秀」で、高校ご卒業は”教育大学”に進み「養護教諭(保健室の先生等)」を
目指していたそうです。

高校時代は学生達から”モノマネ”が好評で、しかも”生徒会長”も務めていたことから学校中の
人気者として有名ではあったものの意外に「成績優秀」であったことは知れ渡っては
いなかったようです。

なので周りの学生達は芸能界(タレント)に進むものだと決めつけていたそうですがご本人は
“保健室の先生”になることが「夢」だったらしく、いずれは”養護教諭”を学びたいと思って
いたそうです。

その理由として「学生時代、自分が辛かった時に一番身近で元気づけてくれたから。私もそういう
存在(先生)になりたい」と語っておりました。

しかし”母親”からの一言で考えが変わったそうです。

その様子がこちら↓↓↓

保健室の先生になるって夢に注力しようと切り替えた高3の夏に、養成所から電話がきたんだよね。「当時は年齢的にNGだったんだけど、よかったら改めて受けに来ない?」って。でも私、特進クラスだし、進学しなくちゃいけないからってすごく悩んで。だけど母に「いろいろ我慢させてきたから、好きなことやりなさい」って背中を押してもらえて、ワタナベエンターテインメントの養成所に入ったんです

 

これを機に芸能界の道「ワタナベコメディスクール」へ入学されました。

なので一歩違っていたら”偽)ロバート秋山竜次”、”偽)土屋太鳳”、”偽)河北麻友子”は生まれて
いなかったはず!!

何故なら今までに、この方々のモノマネを「リアルで完成度が高く」披露した芸人・タレントが
居なかったからです。

 

引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】

 

 

スポンサードリンク

 

◇ 丸山礼さんのメイクが可愛い!?

 

丸山礼さんは自身の渾身の”モノマネ顔”は写真で自身の公式インスタにアップされておりますが
それ以外の”スッピン”や”メイク”に注目する輩?もいるようです。

ただ人気を裏付ける”証拠”として現在(2019年)までのインスタグラム登録者数は20万人を
超えており、さらに学生時代から活動していたご本人の”Youtubeチャンネル”も35万人以上の
登録者を抱えているようです。

もちろん「公の場」に姿を現し持前の”ネタ”を披露する度に人気が起こり、今だに登録者数は
増加する傾向にあるそうです。

そんな人気を博している”インスタ”で、丸山礼さんが本気の”美女メイク”を披露していると
話題になり”化粧業界”からも注目されているそうです。

近い将来”化粧品会社”の「CM」で見かけることが・・・あり得ませんよね!!

皆様のご意見として「メイク」よりも、まず!”減量”にチャレンジしましょう♪との事……?

 

引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】

 

 

引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】

引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】

 

 

引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】

 

 

■ 丸山礼プロフィール

本名
丸山礼
読み
まるやま れい
生年月日
1997年4月1日
仕事
お笑いモノマネタレント
出身地
北海道北見市
所属事務所
ワタナベエンターテインメント
血液型
AB型

 

 

スポンサードリンク