日本の女優さんの中でも”元グラビアアイドル”としてご活躍されて、圧倒的な”美貌”と卓越した
“スタイル”で世の男性たちを”虜”にしていた人気タレントで女優の「橋本マナミ」さん。

何やら?最近、ご自身の公式SNS(インスタグラム)を更新されて、普段ではお目見えすることがない”ゴルフウエアー姿”を披露されて、世の男性たちから注目を集めた模様です。

橋本マナミさん”35歳”して、一風変わった”一面”を披露されたご様子です。

その気になる”ゴルフ姿”を捉えたインスタグラムを含めて「橋本マナミ」さんについて紐解いて行きます。



引用元【インスタグラム(manami84808)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ インスタでゴルフとは?
・ いつ結婚?
・ 年齢疑惑とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ インスタでゴルフとは?


抜群の”プロポーション”と、”田舎”のご出身とは想像もつかせぬ!”エキゾチック”なルックスで、世の男性たちから多くの支持を集めてきた橋本マナミさん。

その橋本マナミさんが、ご自身の公式SNS(インスタグラム)で【なんと!】普段では見ることの少ない”ゴルフ姿”を披露され、その”シーン”を映したショットを複数枚投稿されたとして、大きな話題を呼んでいるそうです。

何故!”ゴルフ姿”でインスタに登場されたのか?と思いきや【実は!】ご自身の冠番組である「橋本マナミのLeader’sGOLF」のロケで、”グアム”の沿岸沿いにある”ゴルフクラブ”での撮影に臨んだらしく、その時の合間を見て「インスタ用の写真や動画を撮った」とのことです。



引用元【インスタグラム(manami84808)】

もちろん、あまり目にする機会が少ない”ゴルフ姿”だけでも、ファンにとっては”貴重なお姿”であることは、言うまでもありませんが!”一般男性”を含めて「虜にした写真」と言うのがこちらです。↓↓↓



引用元【インスタグラム(manami84808)】

【なんと!】ご自慢の”太もも”を大胆に披露され【しかも!】”ラウンド中”の「別腹用に準備されていた」何とも言えない形の、ハワイでお馴染みの「スパムむすび」をご紹介されたのです。

そのショットに対して「ファンやフォロワーたち」の反応は↓↓↓

・ スパム美味しいですよね^_^
・ 太腿スパム
・ スパムおにぎりになりたぁーい
・ 美味しそうです!
・ スパムより太股がぁ~

※ 引用元【インスタグラム(manami84808)】


“おにぎり”に対して?あるいは、見事!な”御み足”に対してなのか?分かりませんが、”美味しそう”との声が多数!寄せられた模様です。

もちろん、”御み足”だけではなく!着用されたキュートな”ゴルフウエア”や、華麗なショット【さらに!】自然豊かなゴルフコースに対しても、大きな反響を呼んだご様子です。

今回、インスタに投稿されたショットでは!普段の番組(橋本マナミのLeader’sGOLF)では滅多に見れない「貴重なオフショット動画なども投稿された」ご様子で、橋本マナミの【さらなる!】”魅力”をアピールされております。

なので、”いいね”だけでも「10,000人を突破(2019年11月)」する”人気ぶり”を見せたいるご様子です。

その気になる”インスタグラム”を含めて「橋本マナミ」さんについて紐解いて行きます。


スポンサードリンク


◇ 小中高校は


橋本マナミさんは1984年8月8日生まれの35歳(2019年)で、ご出身は「山形県山形市」です。

ご出身の”山形県山形市”にあるご自宅で、ご両親と弟の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、橋本マナミさんも(山形県山形市)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の山形県山形市にある”山形市立第四小学校”にご入学されたと判明しております。

ご家族は、”ご両親”と一歳年下の”弟”が居て、名前が”細川真太郎”氏と言うらしく、”姉”とは「全然似ていない」とのことです。

また、噂では!父親が買った”宝くじ”が「高額当選」を果たしたことから、地元でも有名な”金持ち家族”として知れているそうです(あくまでも”噂”です)。

幼少期の頃は「非常に物静かな子供さんで人見知りが激しかった」らしく!人前に出るのが苦手な少女であった模様です。

秋になると、地元「山形県」でお馴染み”芋煮会”に参加して、たくさんの”芋の子”を食べて育ったそうです。

ちなみに、我が国「秋田県」では!同様な会を「なべっこ」と呼んでおり、”芋の子”以外にも”山の芋”を鍋に入れて食べたりもします。

小学生になると、”三年生”頃にテレビで見ていたフジテレビ系列で放送されていたドラマ「ひとつ屋根の下」を見て、”芸能界(女優)”へ憧れを抱いていたようです。

また、休みの日になると決まって!父親が”プロ野球好き”であったことから、地元で開催される”草野球”の試合を見に行っていたそうです。

元から「物静かな少女であった」ことから、小学校高学年になると!当時”クラス担任”を務めていた先生からの強いススメで”クラス委員”や、音楽会での”指揮者”を任さたらしく、次第に「人前に立つ緊張感に”快感”を覚えるようになった」ことから、極度な”人見知り”が克服されたそうです。

”明るさ”を取り戻した小学時代を終えると、中学校も地元の山形県にある”山形市立第五中学校”にご入学されました。

中学一年生の時に、女性タレント発掘オーディションで有名な「全日本国民的美少女コンテスト」に参加されて、見事!「演技部門賞」を受賞したことから「芸能界入りのチャンス」を獲得されます。

ちなみに、この時(第七回)の”グランプリ”は、女優の「須藤温子」さんであり!審査員特別賞には女優でタレントの「上戸彩」さんが受賞されております。



引用元【インスタグラム(ueto.aya)】

上戸彩さんも同じように、このオーディションで「受賞したことがキッカケ」となり!芸能界デビューを飾りましたが、女性アイドルグループへのメンバー入りや、話題作テレビドラマに数々出演されて、順調に”スターダム”を駆け登って行きました。

一方、”ジャンル”は違うモノの!同じオーディションで”受賞”された橋本マナミさんは「ルックスやスタイルが中学生離れしていた”魅力”ある面立ち」ではあったモノの、特に!これといった”特徴”が無かったことから、芸能界では「上戸彩」さんの方が”一歩リード”しており、大きく「脚光を浴びていた」ことから、自身は”表舞台”から身を潜め!しばらくの間は「芸能界での方向性が定まらないでいた」とのことです。

ちなみに「ルックスやスタイルは”中学生離れした大人の雰囲気を持っていた」ことから、学校のクラスでは「OL3年目…など」と呼ばれて、親しまれていたそうです。

【さすがに!】この当時は「国民的愛人」とは呼ばれていなかった模様です(笑;)。



引用元【インスタグラム(manami84808)】

その”大人っぽさ”を発揮されたのが、中学二年生の時で!所属していた事務所の”オスカー”から「グラビアモデルデビュー」を飾りました。

“グラビアモデルデビュー”を飾った頃は、芸名を”本名”の「細川」と名乗っておりましたが、同事務所に所属していた女優の「細川直美」さんと”被る!”として、仕方なく”母方”の旧姓である「橋本」を名乗るようになり、「橋本愛実」の芸名で活動されていたそうです。



引用元【インスタグラム(film_op)】

芸能界デビューを飾った中学時代を終えると、高校も地元の山形県にある”山形城北女子高校”に、ご入学されました。

橋本マナミさんがご入学された当時は「女子高」でしたが、2002年からは!全日制の”男女共学”へと変わり【さらに!】学校名も”山形城北高等学校”へと改名したそうです。

高校時代も”スタイル”は抜群で【しかも!】”長身”でもあったことから!それを生かすために”バスケットボール部”に入部されたようです。

もちろん、高校時代も”芸能活動”は続けており!仕事がある度に”上京”されて、必要であればビジネスホテルに泊まりながらの仕事を熟していたそうです。

当時は、モデルをメインに活動されておりましたが、途中から事務所の意向で「清純派で売りたい」とのことから「異性との交際を禁止」された上で、”スキャンダル”を受けないように”厳重注意”されていたそうです。

しかし、後に語られたのですが!高校二年生の”17歳”の時に、以前から興味のあった!同じバスケットボール部に所属していた男子(小林君)と、地元の有名公園でデートをされた時に「ファーストキスを経験した」そうです。

【すると!】そのことが、弟の”真太郎”氏にバレてしまい!親に”チクった”らしく、親から「別れるように説得された」そうです。

高校二年生になると、フジテレビ系列で放送されていたテレビドラマ「東京美人」に出演されて、自身初となる「テレビドラマデビューや女優デビュー」を飾ります。

また、仕事が多忙となり!地元から東京に通うのが困難となったことから、高校二年生の”三学期”に、通っていた高校から東京都中野区にある芸能人ご用達でお馴染みの”堀越高等学校”の「トレイトコース」へと”編入”をされます。

しかし、仕事を行う”環境”は整えたモノの!当時は、”若い”ファッションモデルやグラビアアイドルなどの「キャピキャピしたアイドル」に注目が集まっていたことから、”大人っぽさ”を売りにしていた”橋本マナミ”さんにとっては「不利な状況」が続き!次第に仕事が激減して行きます。

そのため、”仕事が無い”にも関わらず!所属事務所の「オスカープロモーションの方針」で、アルバイトが禁止されていたモノの、芸能人でしたが「知名度がほぼ無かった」ことを生かして!密かに「ケータリングのアルバイト」を行っていたそうです。

【さらに!】”ケータリング”以外の合間にも、”居酒屋”や”倉庫作業”なども行っていたようです。

その後、”売れないモデル”が続いた高校時代を終えると、大学には進学せずに!芸能活動を本格化させて行きます。

高校ご卒業後された2003年の年末頃から、NHKで放送されていた大河ドラマの「武蔵 MUSASHI」に出演されて、”千姫”役を担当されたモノの「セリフ無しの仕事」であったことから、当初は”戸惑い”ながらの出演でしたが、久々の”芸能活動”とあって!徐々に気合を入れて仕事を熟したようです。



引用元【サイト(NHK公式)】

その後、しばらくの間は”短編”のテレビドラマ出演や特撮ヒーロー系ドラマ【さらに!】映画「お姉チャンバラ THE MOVIE」に出演されて「映画初デビュー」を飾ったり、2006年に公開された舞台「シオンの桜」に出演されて、自身初の「舞台デビュー」を飾ったり…と、”役者”の仕事を地道に熟し活動をされておりましたが、中々”ブレイク”を果たせずにおり!”貧乏暮らし”が続いたそうです。

あまりにも!仕事が無く、生活が厳しい状況が続いたことで!手作りの”わかめ丼(1食6円)”で生活をしのいだり、一日”数百円”の生活を繰り返したり!と、今では想像もつかない「下積み時代を経験された」ようです。

なので、”仕事”が取れない当時の所属事務所から「離れる決意」を固め!2012年になると、所属していた「オスカープロモーション」から、現在の所属事務所「アービング」へと移籍を果たします。

また、移籍と同時に芸名も「橋本愛実」から「橋本マナミ」へと改めて!”心機一転”を図った模様です。

なぜ!”漢字名”を”カタカナ名”に改名したのか?は分かりませんが、”改名後”にご本人に曰く「カタカナ名に変えたら運気が上がった」と、語っていたよです。

【すると!】新事務所の「アービング」では、本来の”武器”でもある「セクシー路線で売り出す」運びとなり!今までに「潜めていた抜群の”プロポーション”と妖艶溢れる”大人の魅力”」を醸し出すようになると、一挙に!”メディア”や”写真集”を扱っている出版社からのオファーが増え始めます。

その、卓越した”スタイル”と妖艶漂う”雰囲気”は、当時!大ブレークされ人気を集めていた「壇蜜」さんを彷彿させる魅力を醸し出し!世の男性たちを”虜”にすると、いつの日からか「第二の壇蜜…など」と、囁かれるようになり!ファンの獲得に成功されて行きます。

その後、”デジタル写真集”をメインに活動されて、各社イベントやメディア媒体の宣伝・広告などを積極的に熟すようになると!テレビドラマや映画などの”女優業”のオファーも増え始めて行きます。

【すると!】2015年には、久々の出演となる!NHKの冠ドラマ”連続テレビ小説”の「まれ」に
出演されて、スナックの”崖っぷちママ”という【まさに!】適任適所の”役所”に起用されて、自身初の「朝ドラデビュー」を飾りました。

その”演技力”によって、確実にNHKの”ドラマ班”から注目される存在となると!翌年の2016年に放送された大河ドラマ「真田丸」からのオファーを受けて、前回「”無言役”で終えた大河ドラマへのリベンジ」に成功されます。



引用元【サイト(YouTube)】

その後、女優としての”演技力”が認められ!数々のテレビドラマや映画から引っ張りだことなり、話題作のドラマや映画【さらに!】企業CMなどに出演するようになると!ご自身も気づかぬままに「知名度や人気が全国区」へと成長されて、一躍!ブレイクを果たしました。

【すると!】世の男性たちからは「愛人にしたい女」や「国民の愛人」などの”キャッチ・コピー”で親しまれるようになり!芸能界での「ご自身のポジション(居場所)」を、明確されて行きます。

“国民ウケ”が良くなると、各局の”バラエティー番組”も黙っている訳がなく!情報番組を始め、人気バラエティー番組やトーク番組などからも引っ張りだことなり、なお一層の活躍ぶりを見せながら、後に”ご結婚”を果たされ【さらに!】子供が授かり「幸せな人生道」を歩んでいるようです。



引用元【インスタグラム(manami84808)】


スポンサードリンク


◇ いつ結婚?


橋本マナミさんと言えば、その魅力的な”スタイル”や、”妖艶さ”を感じさせるオーラで!世の男性たちを”虜”にしておりますが、それが故に!今までに数々の「恋愛や熱愛の噂」が絶えること無く報じられたモノです。

たとえば、”俳優”であれば「高嶋政伸」氏「生田斗真」氏「山本耕史」氏、お笑いタレントであれば「故・志村けん」氏、お笑いコンビでは「岡本隆史」氏、スポーツ界ではサッカー「ガンバ大阪のプロ選手」…等との噂が有名です。

但し、俳優の「高嶋政伸」氏は2008年3月に、当時”女優”であった「美元」さんと!あるいは”俳優”の「山本耕史」氏は2015年8月に、”女優”の「堀北真希」さんと既に”ご結婚済み”なので、噂の人物から外れました。



引用元【ツイッター(東宝芸能 )】

特に!俳優の「生田斗真」氏との噂の”根源”は【実は!】二人共に同じ”堀越高等学校”の「卒業生」であり【しかも!】”同級生”として学園生活を送っていたことから、熱愛に浮上されたのです。

なので、ご卒業後も”親交”があるらしく!今でも”生田斗真”氏が開く「飲み会に参加している」ご様子で、一緒に”一杯”飲む機会があるそうです。

その辺は、芸能人アルアルな話ですが!以前、橋本マナミさんが出演されたテレビ番組で、昔の”彼氏”の話に及んだ際「名前の文字数が”六文字”であった…など」と、告げたことから!生田斗真氏の
名前が浮かび上がったのです。

しかし、その後は特段!大きな動きもなく!芸能週刊誌などからも”スクープ情報”が伝られることも無かったことから「一時的な噂」として、消え去ったのです。

なので、過去に”この二人”の熱愛は”無かった”と言えます。



引用元【インスタグラム(tomaikuta.ai)】

「故・志村けん」氏と、お笑いコンビ99の「岡本隆史」氏にも噂が浮上したことがありましたが、既に両名共!”高齢化”されているし、昔の「故・志村けん」氏の”女性”を口説く際の”戦法”と呼ばれていた「自分の番組に気に入った女性を出演させて口説く」では、橋本マナミさんが志村けん氏の番組に多く出演されていた時期があったことから、噂の要因となったのですが、近年はほどんど出演されていません。

「岡本隆史」氏も、そろそろ真面目に”ご結婚”を考え始めてはいるモノの、全てにおいて二人が「アンバランス」であることは、言うまでもありません。

元々「一般男性が近寄りがたい”オーラ”を放っている」橋本マナミさんだけに!たとえ”有名人”であっても!そう容易くは「近寄り難い存在」なのでしょう。

それが、橋本マナミさんにとって「得なのか?損なのか?」は定かでありませんが「ご結婚をされていなかった当時」では、”損している”と感じていたことでしょう。


スポンサードリンク


◇ 年齢疑惑とは?


橋本マナミさんは、学生時代から”大人っぽい”ことで有名であり、中学時代には友人に”OL3年目”等と呼ばれ、親しまれていたそうです。

なので、元々「年齢不詳な部分がある」ことでも有名で!見た目が「若く見られない」ことから、同世代(30代)と比較しても【かなり!】”年上”に見れることが多いようです。



引用元【インスタグラム(manami84808)】

また、以前には”国民的愛人”等と呼ばれるほどの「お水感」があり、お芝居でも”不倫”役とか”スナックの崖っぷちママ”役などの、いわゆる「人生経験が豊富な女性」に受け止められる傾向にあり、それも要因となって「実年齢はもっと上なのでは…など」と、囁かれることが多いのです。

【さらに!】最近では、情報番組やバラエティー番組などの「トークがメインとなる番組」に、数多く出演されて、他の”共演者”に勝るとも劣らない!「歯に着せぬ発言」で注目を集めるようになりましたが、それが故に「しっかり者・彩色兼備・隠れた才能…など」の”印象”が持たれるようになったことから【さらに!】見た目の”年齢”に疑問を感じる方が増えたのです。

【しかも!】ファンならば誰もが知ることですが!”芸能界デビュー”を飾ったのは1997年であり、当初は”グラビアモデル”での「業界デビュー」でした。

なので、単純に計算しても”芸歴”は軽く”20年”を超えており!芸能界では”中堅クラス”の「ベテラン」と呼ばれてもおかしくないのです。

【ところが!】世間から大きな注目を集めて、”大ブレイク”を果たした年が「2015年頃であったことから”遅咲き”であり」”ベテラン”でありながら!まだ”若手”と勘違いされた方が多く居たのです。

なので、それも”要因”となったことから!一部の間では「年齢詐称疑惑がある」などの”曖昧な情報”が伝えられるようになったのです。

ご本人が「どのような心境でいたのか」は分かりかねますが!少なくても、与えられる仕事(役)が”年上の層”が多かっただけに!”女優”としての「仕事幅で見れば悪いことばかりではなかったはず」と、言えそうです。

2019年度に”ご結婚”をされて「既に人のモノ」になったことから!”年齢”に注目する方が居なくなった現状は寂しいことですが、”年齢不詳”と呼ばれた若き日の思い出は、芸能界を引退しない限り「つきまとって行く話」なのでしょう。



引用元【インスタグラム(manami84808)】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ CM

・ 1998年に、”ヤマザキナビスコ”が手がけた企業CM”ビッツサンド”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ テレビドラマ

・ 2001年に、フジテレビ系列で放送された番組”東京美人”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

◇ 写真集

・ 2001年に、”ワニブックス”が手がけた作品”Bun Bun Bum”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(大後 知世 )】

◇ 舞台

・ 2006年に、”銀座みゆき館劇場”によって公開された舞台”『シオンの桜』”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

◇ 映画

・ 2008年に、”ジョリー・ロジャー”によって公開された映画”お姉チャンバラ THE MOVIE”に出演され「映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(格ゲー文句おじさんドット京(ky46) )】

◇ テレビ番組

・ 2009年に、TBS系列で放送された番組”ビジネス・クリック”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ 雑誌

・ 2014年に、”日本ジャーナル出版”が手がけた作品”週刊実話 銭湯行脚 マナミの湯”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(週刊実話Web )】

◇ ラジオ

・ 2017年に、”ニッポン放送”局が放送した番組”REPROFILE”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(新保友映 (フリーアナウンサー(元ニッポン放送??)) )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
細川 愛実
読み
ほそかわ まなみ
生年月日
1984年8月8日
仕事
女優・タレント
出身地
山形県山形市
所属事務所
アービング
血液型
AB型