日本の女優さんの中でも元?”グラビアアイドル”でご活躍し、圧倒的な”美貌”と卓越した
“スタイル”が特徴的で、最近では”司会業”なども熟している人気タレントと言えば誰を思い
浮かべるでしょうか!

【そう!】私なら!!断然、山形県ご出身の「橋本マナミ」さんですね♪



引用元【インスタグラム(manami84808)】

抜群の”プロポーション”と”田舎”ご出身とは想像もつかない純和風チックな”ルックス”で
世の男性達を”虜”にしておりますね!

その橋本マナミさんが、ご自身の公式SNS(インスタグラム)で【なんと!】ゴルフ姿を披露して
話題を呼んでいるそうです。

何故?ゴルフ姿で話題に!と思いきや【実は!】ご自身の冠番組”橋本マナミのLeader’sGOLF”で
“グアム”の沿岸沿いにある”ゴルフクラブ”での撮影に臨んでいるそうで、その時の合間を見て
インスタ用の写真や動画を撮った模様です。



引用元【インスタグラム(manami84808)】

もちろんそれだけでも”まなみ”ファンにとっては”貴重なお姿”なのでしょうけど、”一般男性”を
「虜」にした写真がこちら↓↓↓



引用元【インスタグラム(manami84808)】

ご自慢の”太もも”を大胆に披露し【しかも!】”ラウンド中”の「おやつ」なのでしょうか?
何とも言えない形の”ハワイ”でお馴染み「スパムむすび」をご紹介されております。

その写真に対しての「ファン?ヲタク?」達の反応は↓↓↓

・ スパム美味しいですよね^_^
・ 太腿スパム
・ スパムおにぎりになりたぁーい
・ 美味しそうです!
・ スパムより太股がぁ~

※ 引用元【インスタグラム(manami84808)】


“おにぎり”なのか?”御み足”なのか?どちらに対してなのか分かりませんが「美味しいそう!」
との声が多数寄せられております。

もちろん”御み足”だけではなく、着用しているキュートな”ゴルフウエェア”や華麗な?ショット
さらに、自然豊かなゴルフコースに対しても”良い反応”のコメントがリツイートされております。

普段の番組(橋本マナミのLeader’sGOLF)では滅多に見れない貴重な”オフショット”の動画も
アップされていることから”ゴルフファン”からも注目された様です。

“いいね”だけでも10,000人を突破(2019年11月)しております。

そんな”色気満々”でゴルフ好き?な橋本マナミさんにスポットイン!


スポンサードリンク


◇ 橋本マナミさんの中高大学は?

橋本マナミさんは1984年8月8日生まれの35歳(2019年)で、ご出身は「山形県山形市」です。

ご出身の”山形県山形市”にあるご自宅で、ご両親と弟の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に
有る学校に通うのが一般なので、橋本マナミさんも(山形県山形市)内の小学校・中学校に
通っていたと”推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の山形県山形市にある”山形市立第四小学校”にご入学されたと
判明しております。

ご家族は”ご両親”と一歳年下の”弟”が居て、名前が”細川真太郎”氏と言うらしく、姉とは全然
「似ていない」そうです。

また”噂”では、父親が買った”宝くじ”が「高額当選」を果たした事で、ご実家は地元でも
有名な”金持ち”として知れているそうです。(あくまでも”噂”ですが・・・)

幼少期の頃は、非常に”物静かな”子供さんで”人見知り”が激しく人前に出るのが苦手な
少女でした。

秋になると地元「山形県」でお馴染み”芋煮会”に参加して、沢山「芋の子」を食べて
育ったそうです。

ちなみに、我が国「秋田県」では同様な会を「なべっこ会」と呼んでいて”芋の子”以外にも
“山の芋”を鍋に入れて食べたりもします。

小学生になると、”三年生”頃にテレビで見ていたフジテレビ系列で放送されていたドラマ
“ひとつ屋根の下”を見て「芸能界」へ憧れを抱く様になったそうです。

また休みの日になると決まって、父親が”プロ野球好き”であったことから地元で開催された
“草野球”の試合を見に行っていたそうです。

元から”物静かな少女”でしたが、小学校高学年になると当時”クラス担任”を務めていた
先生からの強い勧めで”クラス委員”や音楽会で”指揮者”を担当させられ、次第に人前に
立つ”緊張感”に「快感」を覚える様になり、極度な”人見知り”が克服されたそうです。

“明るさ”を見せ始めた小学時代を終えると、中学校も地元の山形県にある”山形市立第五
中学校”にご入学されました。

中学一年生の時に、女性タレント発掘オーディションで有名であった”全日本国民的美少女
コンテスト”に参加して見事!「演技部門賞」を受賞して芸能界入りのチャンスを獲得しました。

ちなみに、この時(第七回)でのグランプリは女優の「須藤温子」さんで、審査員特別賞には
女優でタレントの「上戸彩」さんが受賞されております。



引用元【インスタグラム(ueto.aya)】

上戸彩さんも同じように、このオーディションで”受賞”したことがきっかけとなって芸能界
デビューを飾りましたが、女性アイドルグループへのメンバー入りや、テレビドラマで話題を
呼んだ人気作品などに抜擢さ、順調に”スターダム”を駆け登って行きました。

一方、ジャンルは違うものの同じオーディションで”受賞”された橋本マナミさんは、ルックスや
「スタイル」は”中学生離れ”した「魅力」ある学生でしたが特に”これ”といった特徴が無く、
さらに芸能活動では”一歩”リードしていた「上戸彩」さんに”脚光”が集まっていたことから
自身は「影の存在」となった為、しばらくは芸能界での”方向性”が定まらないでおりました。

ちなみに、ルックスやスタイルは”中学生離れ”した「大人っぽさ」があった為、学校では
「OL3年目」等と呼ばれ、親しまれていたそうです。



引用元【インスタグラム(manami84808)】

その”大人っぽさ”が発揮されたのが中学二年生の時で、所属していた事務所”オスカー”から
「グラビアモデルデビュー」を飾りました。

“グラビアモデルデビュー”を飾った頃は、芸名を”本名”の「細川」と名乗っておりましたが、
同事務所に所属していた女優の「細川直美」さんと”被る”として、仕方なく”母方”の旧姓である
「橋本」へと改名し「橋本 愛実」の芸名で活動されていたそうです。



引用元【インスタグラム(film_op)】

芸能界デビューを飾った中学時代を終えると、高校も地元の山形県にある”山形城北女子高校”に
ご入学されました。

橋本マナミさんがご入学された時は”女子高”でしたが、2002年からは全日制の”男女共学”へと
変わり、更に学校名も”山形城北高等学校”へと改名したそうです。

高校時代も”スタイル”は抜群でしたが「長身」でもあったので、それを生かすため”バスケット
ボール部”に入部していたご様子。

もちろん高校時代も”芸能活動”は続けておりましたので仕事がある度に”上京”し、必要であれば
ビジネスホテルに泊まりながら仕事を熟していたそうです。

当時は”モデル”で活動しておりましたが、事務所の”意向”で「清純派」で売りたい!との事から
異性との「交際」は”禁止”されていたそうです。

しかし、後に語られたのですが高校二年生の17歳の時に、以前から興味があった同じバスケット
ボール部に所属していた男子(小林君)と、地元の”有名公園”に出向いた際”ファーストキス”を
経験したそうです。

ただ、その事が弟の”真太郎”氏にバレてしまい親にチクったらしく、親から”別れる”様に
促されたそうです。

その後、どうなったのか?は定かではありません。笑;

高校二年生になると、フジテレビ系列で放送されていたテレビドラマ”東京美人”に出演し
自身初のテレビ「ドラマデビュー」&「女優デビュー」を飾りました。

また、仕事が”多忙”となり地元から東京に通うのが困難となった為、高校二年生の”三学期”に
通っていた高校から東京都中野区にある”芸能人ご用達”でお馴染み”堀越高等学校”の「トレイト
コース」へと”編入”をされました。

しかし、仕事を行う”環境”は整えたものの当時は”グラビアブーム”でもあったことから
“若い”ファッションモデルやグラビアアイドルなどの”キャピキャピ”したアイドルに注目が
注がれていた為に、”大人っぽさ”が売りの橋本マナミさんでは”不利”な状況が続き、次第に
仕事が激減して行きました。

そのため”生活凌ぎ”のためか?所属事務所(オスカープロモーション)の方針で”アルバイト”は
禁止されていたものの、芸能人としては知名度が”皆無”でしたので隠れて”ケータリング”の
仕事を行っていたそうです。

さらに、”ケータリング”以外の合間に”居酒屋”や”倉庫作業”なども行っていた様です。

その後”売れないモデル”が続いた高校時代を終えると、大学には「進学せず」に芸能活動を
“本格化”させて行きます。

高校ご卒業後された2003年の年末頃からNHKで放送されていた大河ドラマの”武蔵
MUSASHI”に”千姫”役で出演し”セリフ無し”の役でしたが”久々”の仕事を熟しました。



引用元【サイト(NHK公式)】

その後、しばらくの間は”短編”のテレビドラマ出演、特撮ヒーロー系ドラマ、映画”お姉
チャンバラ THE MOVIE”に出演し「映画初デビュー」を飾ったり、2006年に公開された舞台
“シオンの桜”で自身初の舞台デビューを飾ったり、「役者」をメインに仕事を熟しますが
以降に「ブレーク」を果たせず、”貧乏暮ら”しが続いて行きました。

仕事が無く、あまりにも生活が厳しかったので手作りの”わかめ丼(1食6円)”を食したり
一日数百円の生活を繰り返したりと、今では想像がつかない”姿”が当時あったそうです。

なので、当時の所属事務所も”諦めた”のか?理由は分かりませんが、2012年に所属していた
芸能事務所(オスカープロモーション)から現在の所属事務所「アービング」へと移籍をされて
おります。

また移籍と同時に芸名も”橋本愛実”から「橋本マナミ」へと改名し”心機一転”を図った模様です。

なぜ”漢字名”を”カタカナ名”に改名したのか?は分かりませんが、ご本人に曰く”カタカナ名”に
変えたら「運気」が上がったそうです?

すると、新事務所”アービング”では「セクシー路線」で売り出す事となり、今まで”潜めて”いた
抜群の”スタイル”と妖艶感溢れる”オーラ”が注目されるようになり、一気にメディアや写真集を
扱っている出版社からの”オファー”が増え始めました。

その卓越した”スタイル”と”妖艶”さは、当時大ブレークを果たしていた「壇蜜」さんを
彷彿させる魅力を醸し出し”世”の男性達を「虜」にすると、いつの日からか「第二の壇蜜」等と
囁かれる様になって行きました。

その後”デジタル写真集”をメインに活動し、各社イベントやメディア媒体の宣伝・広告などを
積極的に熟すと、またテレビドラマや映画などの”露出”の多いメディアからのオファーも
増え始めました。

すると2015年に、久々となるNHKで放送している冠ドラマ”連続テレビ小説”の「まれ」に
出演し、スナックの”崖っぷちママ”という【まさに!】ピッタリの役所に抜擢され、自身初の
「朝ドラデビュー」を飾りました。

確実にNHKの”ドラマ班”から注目される存在となると、翌年の2016年に放送された大河ドラマ
“真田丸”からオファーを受け、前回”無言”で終わった大河ドラマへの”リベンジ”を果たしました。



引用元【サイト(YouTube)】

その後、女優としての”演技力”が認められ数々のテレビドラマや映画から引っ張りだことなり
話題のドラマ・映画、さらにCMなどでセクシーさをアピールして行くうちに、知名度&人気が
「全国区」へと成長して行きました。

すると”世”の男性陣から”愛人にしたい女”や”国民の愛人”などの「キャッチ・コピー」で
親しまれるようになり、芸能界でのご自身の”ポジション”が明確となって行きました。

“国民ウケ?”が良くなると、各局のバラエティー番組が黙っているわけがなく、情報番組を
始め、人気バラエティー番組やトーク番組などからも引っ張りだことなり、さらに人気を上昇し
「大ブレーク」を果たしました。

最近では”司会業”なども熟すようになり、さらに”活躍場”を広め今に至っております。



引用元【インスタグラム(manami84808)】


スポンサードリンク


◇ 橋本マナミさんの熱愛結婚事情?

橋本マナミさんと言えば、その魅力的な”スタイル”と妖艶さを感じさせるオーラで世の男性達を
“虜”にしておりますが、それが故に今までに数々の”恋愛・熱愛”の「噂」が報じらております。

俳優であれば「高嶋政伸」氏「生田斗真」氏「山本耕史」氏、お笑いタレントであれば「志村
けん」氏、コンビでは「岡本隆史」氏、スポーツ系ではガンバ大阪のサッカー選手など。

ただ「高嶋政伸」氏は2008年3月に当時女優であった「美元」さんと、「山本耕史」氏は
2015年8月に女優の「堀北真希」さんと既に「ご結婚済み」なので、お役目ごめん!!

「高嶋政伸」氏は2012年11月に「美元」さんと”離婚”されておりますが、2015年9月に一般の
女性と再婚されており”バツイチ”なので「熱愛」はないでしょう!



引用元【ツイッター(東宝芸能 )】

「生田斗真」氏との”ネタ元”は【実は!】二人共同じ「堀越高等学校」の”卒業生”で、しかも
「同級生」なのです。

なので、ご卒業後も”親交”があるらしく今でも”生田斗真”氏が開く”飲み会”に参加し、一緒に
一杯飲む機会があるそうです。

その辺は芸能人アルアルで”よくある”話ですが以前、橋本マナミさんが出演したテレビ番組で
昔の”彼氏”の話が及んだ際に、名前が”六文字”であった!等と告げたことから「生田斗真」氏の
存在が”浮上”したそうです。

しかし、ただ”それだけ”で特に”週刊誌”などからも「恋愛ネタ」が伝られることもなく終わり、
一時的な”噂”でしかありませんでした。

なのでこの二人の”熱愛”は、まずありえませんね!



引用元【インスタグラム(tomaikuta.ai)】

「志村けん」氏とお笑いコンビ99の「岡本隆史」氏の”噂”もありましたが、両名共に既に
高齢化されているし、「志村けん」氏のお得意の戦法「自分の番組に気に入った女性を出演させ
口説く!」で、橋本マナミさんが志村けん氏の番組に多く出演していた時期もありましたが、
現在は”皆無状態”です。

「岡本隆史」氏もそろそろ真面目に”ご結婚”を考えているそうなので、そんな時期に”熱愛”は
まず考えられません。

元から一般男性が近寄りがたい”オーラ”を放っている橋本マナミさんだけに、例え”有名人”で
あっても近寄り難いのでしょうね!

それがご本人にとって得なのか?損なのか?は分かりませんが、結婚できないところを見ると
今となっては「損している」と感じているのではないでしょうか?

なので「現在?未来?」の橋本マナミさんの”熱愛・結婚事情”は、さらに低迷時期が続くのでは
ないでしょうか?


スポンサードリンク


◇ 橋本マナミさんの年齢疑惑とは?

橋本マナミさんは学生時代から「大人っぽい」として有名で、中学時代には友人から”OL3年目”
等と呼ばれ、親しまれていたそうです。

なので元(素)から”年齢不詳”な部分があり”若く見られない”ことから同世代(30代)と
比較すると、かなり”年上”に見れることが多いです。



引用元【インスタグラム(manami84808)】

また、お芝居でも”不倫”役とか”スナックの崖っぷちママ”役などの「人生経験が豊富な女性」に
受け止められる傾向が高く、それも要因で実年齢はもっと上なのでは?等と言われております。

さらに最近では「情報番組・バラエティー番組」などの”トーク”がメインな番組に出演し、
他の共演者に勝るとも劣らない”歯に着せぬ”発言で注目を浴び、それが故に「しっかり者!・
彩色兼備!・隠れた才能!」等と呼ばれる様になると、さらに”高齢感”を与えているのです。

しかも、ファンならば誰もが知っていることですが芸能界デビューを飾ったのは1997年で
当初は”グラビアモデル”での業界デビューでした。

なので単純に見ても芸歴は、軽く”20年”は超えているので中堅クラスの”ベテラン”です。

なのに”大ブレーク”を果たし、世間から注目度が増したのが2015年あたりでしたから、
“ベテラン感”を受けられず、まだ”若手”では?と思っている方も多いと思います。

女性芸能人で”若手”と思っている方からすると既に「愛人にしたい女」とか「国民の愛人」等と
伝えられれば、否応なしに「若く」は見られないはずです。

そのため、一部の間で”年齢詐称疑惑がある”等と思われているのでしょう!

ご本人にとっては、それが”ウエルカム”なのか?あるいは”バッドカム”なのか?分かりませんが、
少なくても、さらにお年を重ねれば”女優”としての「仕事幅」は増えるはずなので、今後の
“飛躍”に期待するところです。



引用元【インスタグラム(manami84808)】



■ 橋本マナミさんのプロフィール
本名
細川 愛実
読み
ほそかわ まなみ
生年月日
1984年8月8日
仕事
女優・タレント
出身地
山形県山形市
所属事務所
アービング
血液型
AB型


スポンサードリンク