“スレンダー”なスタイルを武器に!または、個性的な”アパレル振袖”などで話題を呼んだ「りんくま」の愛称でモデル業界で親しまれているファッションモデルの「久間田琳加」さん。

一般的に”公のメディア”などを通して!お目にする機会が少ない一流モデルの久間田琳加さんですが、以前”テレビ”で放送された青春ドキュメントバラエティー番組「BACK TO SCHOOL!」にご出演されて、若々しい!学生時代に「タイムスリップされた姿」を披露して、大いに話題を呼びました。

また、その時の様子を!ご自身の公式SNS(インスタグラム)に投稿されたらしく、そちらにも注目が集まっているご様子です。


引用元【インスタグラム(rinka_kumada0223)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校
・ インスタ人気
・ メイク術とは
・ スッピンが可愛い
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ インスタ人気


学生時代に”タイムスリップ”されたメディアでの模様は、2020年2月18日にご自身の公式SNS(インスタグラム)の更新と共に掲載されて、その時のコメントを窺うと「高校を卒業したのはまだ1年前ですが、4日間京都にある北桑田高校で、もう一度高校生してきました」と綴られており、改めて”高校生”にタイムスリップされたことをご紹介されたのです。

また、続けて「ずっと東京にいたら味わうことのなかった景色や体験をしながら、クラスのみんなと4日間過ごしました」と書き記されており、どこの”田舎町”なのかはハッキリと分かりませんが、自然の中で「何か貴重な体験」をされた様子が伺えるコメントを残しております。

【さらに!】コメントは続き「かなり学生時代の自分に戻っていると思うので、放送されるの少しドキドキ」等と、”若からし”頃に戻った姿を披露することに、若干!「戸惑いを感じた」正直な気持ちを、打ち明けた模様です。

最後に「他にもオフショットをたくさん載せたいのですが、放送されてからにしますね」と書き残してコメントを閉じておりますが、”メディア”では放送されない「ロケ地でのシーン」を収めた”オフショット”を、後ほど公開することを約束されたご様子です。

なので、”放送前”よりも「放送後」の方を楽しみにするファンが大勢いたようです。

今回のインスタによる”番宣”に対して世の反応は↓↓↓

めっちゃ見たい

楽しみすぎるの~!早く見たいなあ!投稿たくさん有難う

みるねー!!楽しみ!

楽しみ!!録画します

絶対見るね!!!!木のピアノすご!見るのたのしみだあ

中々”評判”も上々のご様子で、放送前から楽しみにされるファンが、たくさん居るご様子が窺えます。

投稿されたインスタ写真の中には「木のピアノ」が映し出されているので、もしかすると!「林業・農業系の高校」に”実体験”しに伺った!可能性が否めません。

また、テレビガイドにも「園児用のベンチを作成」とありますので「木」に関連した放送であることは間違いないでしょう!


引用元【インスタグラム(rinka_kumada0223)】


スポンサードリンク


◇ 小中高校


内田理央さんは2001年2月23日生まれの19歳(2020年)で、ご出身は「東京都」です。

ご出身の”東京都”にあるご自宅で、ご両親と兄の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、内田理央さんも(東京都)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の東京都にある”玉川学園小学部”にご入学されたと判明しております。

ご家族は”ご両親”と”兄”がいて、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子!

以前(社会人になってから)に、テレビ出演された番組(青春ドキュメントバラエティー番組の”BACK TO SCHOOL”)では、番組のコンセプト「悔の気持ちを心のどこかに抱きながら大人になってしまった芸能人が、もう一度だけ実際の学校に戻る…」に則ってのご出演でした。

この時に、久間田琳加さんが”出演オファー”を受けたのは、社会人になって間もない頃に「学生時代にやり残したことがある」と気づいたからで、それを取り戻すために番組の主旨(もう一度だけ実際の学校に戻る)に沿って「タイムスリップを体験された」のです。

その”やり残したこと”とは【ズバリ!】”クラスメイト”との「思い出作り」とのことです。

【実は!】久間田琳加さん!!モデル・デビュー(業界デビュー)が非常に早く、地元の東京都で通っていた”玉川学園小学部”時代の小学校六年生の時に、ローティーン向けファッション雑誌”ニコラ”の「専属モデル」としてご活躍されていたのです。

・・・と言うのも、久間田琳加さんの”少女時代”は両親の事情により、フランスの”リヨン”で過ごされていたらしく、ファッションの本場「フランスの環境で育った」ことから、幼い頃から既に”モデル”になることに、憧れを感じていたそうです。

【しかも!】3歳の時から11歳位まで”クラシックバレエ”のレッスンを受けたらしく、その時に現在の”スタイル”の基礎である「スレンダーな体質(体格)」が形成されたのでしょう。

なので、当時(小学校)の夢は「バレリーナ」になること!と決めていたそうです。

しかし、小学校六年生の時にファッション誌”ニコラ”の専属モデルオーディションに応募し、見事!グランプリを勝ち取ったことで”モデル界”への「切符」を手に入れ、そのまま同誌の専属モデルとしての活動をスタートさせました。


引用元【ツイッター(球磨のぬいぐるみ )】

なので、この時点(中学校一年生くらい)で”バレリーナ”の夢は諦めたそうです。

もちろん”併用”して活動することも出来ますが、彼女の性格からして「中途半端が嫌い!」な
“真面目”な部分が”モデル業”から感じ取れるので、”複数”での活動を嫌ったのでしょう。

本格的にモデル業に取り組み始めた小学校時代を終えると、中学校も地元の東京都にある”玉川学園中等部”にご入学されました。

中学時代からは、”本格的”にモデルとして活動をスタートさせたので、学校の授業よりも仕事に”ハマって”しまい、学業の方は疎かになっていたそうです。

・・・と言うのも、モデル業を始めると直ぐにファンが増え始めて”nicola”の撮影現場へ出向くのが多かったご様子で【さらに!】他の同世代のモデルさんも居たことから、学校生活よりも現場で仕事を行っている方が楽しかった!と、後に語っております。

なので、ご自身も今となっては!「nicolaの時代は仕事現場に青春があった」と述べておられるし、”休日”も休まずに、仕事があれば”積極的”に取り組んでいたそうです。

ちなみに、この当時!同世代の”モデル”として活躍されていた「藤田ニコル」さんや「永野芽郁」さん「大谷凛香」さん・・・も居たようで、人気モデルが「挙って集まっていた時代」であった模様です。

特に”藤田ニコル”さんとは、同じ”ニコラ”の専属モデルでもあったことから、相当!仲が良かったとのことです。

なので、この当時は”仕事”に追われる毎日であったことから!”学校”のこと・”クラスメイト”との思い出・”勉強”…など、普通の学生が経験する”貴重な白書”を、たくさん「忘れ物された」ご様子とのことです。

その後、中学校を終えると高校も学園系列の”玉川学園高等部”に進まれております。

【実は!】この学園!!「幼稚部~大学」までの”一貫教育”であり、”幼稚園”あるいは”小学校”にさえ!入学(俗に言うお受験)されると、大学までは”内部基準審査”のみで「エスカレーター式」で進学(進級)することができます。

高校に進学(進級)すると、長らく専属モデルを務めていた”ニコラ”から「ご卒業をされ」有意義な高校ライフを過ごすのかな?と思いきや!高校一年生の時に、今度は女性ファッション誌でお馴染み”SEVENTEEN”の専属モデルに起用されます。


引用元【インスタグラム(rinka_kumada0223)】

“SEVENTEEN”については、モデルを始めた当初から「やりたい雑誌」と”夢描いて”いたそうで、その”夢”が叶うことを、所属事務所から告げられた時には相当!喜んだ模様です。

何故なら、ニコラの専属モデルでご活躍されていた時から”愛読”していた雑誌でもあり、何よりも!モデルとしての「基礎(ポージングや表情作り)」などを学ぶ際の”教科書”代わりにしていたのが”SEVENTEEN”なのです。

なので、”SEVENTEEN”での活動が決まった時は!ご自身と同じように、”モデル”に憧れている女性たちの「お手本的な立場になりたい」と強く思ったそうです。

そこからは、”大人”のファッションモデルとしての「意識」が高まり、本格的な取り組みを見せ始めて行きます。

モデル界の名門誌”SEVENTEEN”の専属モデルに起用された効果は絶大で!その人気ぶりから、ご自身の公式SNS(インスタグラムやツイッター)の”フォロワー数”が一挙に増え始めて、自分自身で「予想以上の反響」に驚いたそうです。

すると、”人気”を背景に「女優界」へも名乗りを出し始めて、2017年10月から公開された映画”ミックス”に出演し、自身初の「映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(YTK )】

その後、モデル業を通じて中学時代からの親友「吉田凛音」さんとの”W主演”を飾った映画”harajuku story ヌヌ子の聖戦”で共演を果たし、見事!なコンビネーションで映画の成功に貢献されます。


引用元【ツイッター(シネマトゥデイ )】

なので、高校時代はモデル以外に”女優業”も熟すようになったので、急激に仕事の幅が広がり、なお一層!多忙を極めていたことから、中学時代と同様に”学業”の方が疎かとなり、特に”英語”の学習をもっと行っていれば・・・!と、今になって”後悔”されているとのこと。

結局、高校時代も芸能活動が多忙で、学校の思い出!クラスメイトとの交流!クラブ活動!等、貴重な”青春期”を、中学同様に逃してしまったので、今回「学生時代にタイムスリップ」の”企画”に参加されたのは、その”こと”も大きな要因となったのは間違いないでしょう。

その後、高校生活を終えると大学に進学されたのか?あるいは、されていないのか?定かでありませんが、芸能活動が多忙であったことから!たとえ”一貫校”の学園であっても!進学されていない可能性が高いでしょう。


スポンサードリンク


◇ メイク術とは


久間田琳加さんと言えば、モデルとしての”スタイル”が抜群!であることは言うまでもありませんが、可愛い「ルックス」にも提供があります。

その”ルックス”を支えているのが「メイク術」であり、そこには「隠された秘密」があるらしく!スッピン重視でありながら”素顔”を壊さない「薄いメイク」であることに、大きな”秘密”がありそうです。

最近の!久間田琳加さんの公式SNS(ブログ)を窺うと、近頃は”赤色”による「セルフメイク」よりも”ブラウン系”を重視したメイクでチャチャっ!と、簡単に仕上げることで「自然なスタイル」を作り上げているそうです。

もしかすると、あまり時間をかけない”メイク”の方が!お肌の「健康管理」にも一枚買っている可能性が否めません。

なので、まだ”二十歳”前ですが”ブラウン系”を使うことで明るさが増した「大人の女性」を表現するのに役立っている模様です。





また、”アイライン”は最近話題の”RMKマルチクレヨン”の「モカピーチ」をアイシャドウに・・・

【さらに!】”モカピーチ”は他の顔部分の”アクセント”にも効果的で「頬」などにも活用する機会が多いのだとか?

なので、”RMKマルチクレヨン”はかなり!万能な”スティック”らしく、非常に重宝している「メイク道具の一つ」とのことです。

“チーク”は、女性たちから大人気の”PAUL&JOE BEAUTE”社の新作品を使い、目元に合わせてブラウン系の”褐色”のあるカラーを選択しているそうです。

塗り方にも”拘りが”あるらしく、頬に向かって中央から外側に向かって”軽く”叩くように塗るのがコツだとか!

唇も”クリスチャン・ディオール”社の「オレンジ・ブラウン系」のモノを使い、”赤色”が目立つのを抑えつつも「大人の雰囲気を醸し出すメイク」を心がけているそうです。

そして、全体的に仕上がったら”韓国”化粧品ブランドでお馴染みの”イニスフリー”社の「ミネラル
パウダー」を使い、”自然感”をより一層!強調するそうです。





スポンサードリンク


◇ スッピンが可愛い


久間田琳加さんは”ルックス”が、あまりの可愛さ!から女性たちや”アンチ”から嫌わる傾向にあり、ネット界では「スッピンがヤバい!見たくない!本当はブサイク!」などの”声”が伝えられることが、シバシバありました。

しかし、それらは全て「嫉妬心!」から生まれるモノであり、”スッピン(素顔)”が可愛いことに間違いありません!



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

“ベース”が可愛のですから、それに”化粧”を施した暁には、なお一層!可愛くなるのは間違いなく、なのに「本当はブサイク!」等と罵られるのか?意味不明ですね!

ネットの情報なので、信憑性に欠けているのは当然!ですが、根も葉もない”噂”で、彼女の”モチベーション”を落とされるのは、非常に腹立たしい!ところです。

もちろん世の女性たちは、誰にも”少女期”があり、その次代を振り返って”素顔”を比較した時に、必ずしもカワイイ!とは言えないシーン(時期)があるのは当然!な話です。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

それを持ち出して”ブサイク”と言うのは、少し間違っていると思います。

可愛いのか?綺麗なのか?は「今の判断が全て」です(整形手術をしたのなら話は別!)。


引用元【インスタグラム(rinka_kumada0223)】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ MV

・ 2013年に、”メレンゲ”が手がけた作品”シンメトリア”がリリースされ「MVデビュー」を飾ります。

◇ テレビ番組

・ 2014年に、Pigoo系列で放送された番組”SUPERりんくまそのぴょんTV”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(レプロ MODELS )】

◇ CM

・ 2014年に、”エスエス製薬”が手がけた企業CM”アレジオン10″に出演され「CMデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(けんたん )】

◇ 映画

・ 2017年に、”東宝”によって公開された映画”ミックス。”に出演され「映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(齋藤飛鳥の肌と久間田琳加の皮膚の間んだほ )】

◇ ラジオ

・ 2017年に、”文化放送”局が放送した番組”久間田琳加 りんくま*めがへるつ”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(文化放送 F M 9 1 . 6 & A M 1 1 3 4 )】

◇ 雑誌

・ 2017年に、”新潮社”が手がけた作品”ニコラ”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(スピンズSHIBUYA109店 )】

◇ 写真集

・ 2020年に、”集英社”が手がけた作品”久間田琳加 ファーストスタイルブック”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(ザテレビジョン )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
久間田 琳加
読み
くまだ りんか
生年月日
2001年2月23日
仕事
ファッションモデル
出身地
東京都
所属事務所
レプロエンタテインメント
血液型
AB型