若い女性たちから人気の高いファッションモデル誌”CanCan”で、2005年頃から「専属モデル」として活躍され!今ではスッカリ「ママタレ」のイメージが強くなっているモデルでタレントの「西山茉希」さん。

何やら?ご自身の公式SNS(インスタグラム)にて!久々の「モデルらしい姿」を披露されて、話題を集めているご様子です。

その気になる「モデルらしい姿」とは、ご自慢の”純白”のお肌を露わにした「鎖骨が丸見えの背中姿」であり!まるで、T.M.Revolution(西川貴教)の”HOT LIMIT”を彷彿させる「コスチューム」を身にまとい、”二児の母”とは思えぬ「妖艶さ」を披露された模様です。


引用元【インスタグラム(maki.nshiyama50)】

“西山茉希”さんと言えば、俳優の「早乙女太一」氏との”離婚問題”で大きな話題を呼びましたが、その後!”シングルマザー”でありながら「バラエティー番組」などに多く出演をされるようになり!このところ「目にする機会が増えた」タレントさんです。

但し、”露出度”が増えた分!本格的に”ファッションモデル”として活躍されていた当時と「比較される傾向にある」ため、メディアに登場する度に”ルックス”や”スタイル”に対する賛否両論が勃発することで!ネット界を”ザワつかせて”いるようです。

その意味でも、今回披露された”美肌”の「後ろ姿」には!男女問わずに多くの”好評”を得ている模様で「めっちゃ可愛いやん・背中カッコいい・背中がキレイですね・女が惚れるキレイなライン…など」の、”反響の声”が!数多く湧き上がっている模様です。

その気にある”スタイル”や”離婚騒動”などを含めて、西山茉希さんについて紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(maki.nshiyama50)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ DV離婚で激やせとは?
・ 秘密のパワースポットとは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


西山茉希さんは1985年11月16日生まれの34歳(2020年)で、ご出身は「新潟県」です。

ご出身の”新潟県”にあるご自宅で、ご両親と兄と弟の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、西山茉希さんも(新潟県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の新潟県にある”長岡市立豊田小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”兄と弟”が居り、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

幼少期の頃から、とても「恥ずかしがり屋」な少女であったらしく!知らない人が自宅に訪れると、直ぐに親の後に隠れるような子供でした。

また、極度の「人見知り」でもあり!同じ世代の周囲の子供たちに、”溶け込む”のが下手な少女でもあったご様子です。

なので、幼い頃は「兄弟が友達だった」と後に語っております。

【ところが!】その”兄弟”である「兄と弟」の影響が強かったのか?小学校時代に入ると、急激に”人格”が変貌を見せ始めて!幼い頃の「人との触れ合いが苦手な子供」の面影を、一切!感じさせないほどの「明るく元気な前向きな気質(性格)」へと変わったそうです。

そのため、友達が出来始めると”先頭”を切って行動するタイプであり!基本的には”インドア派”でしたが、外で遊ぶ時は【まさに!】絵に書いたような「ヤンチャな少女」の姿を見せていたそうです。

また、今の”姿(スタイル)”からは想像が付きませんが!”給食時間”になると「大食いぷり」を見せていたらしく、昼時間の給食では”オカワリ”は当然のことであり!余った”給食”を求めて、態々!”給食準備室”へ出向いて「空腹を埋めていた」模様です。

なので、よく”食べる子”であったことから!小学校低学年の頃は、相当!”ふっくら”した「肥満体型」であり!ご自身曰く、その当時は「ボンレスハムのようだった」と後に語っております。

しかし、小学校高学年(五年生ごろ)になると”バレーボール”を始めたらしく!意外に”運動神経”が良かったこともあり、直ぐに”頭角”を表し初めると【なんと!】”アタッカー”のポジションを任されていた模様です。

【すると!】必然的に”体重”も落ち着き始めて、”大食い”でも「消化できる体質」となったことから!徐々に現在の”ベース”となる「魅力ある体型へと様変わりを始めた」とのことです。

”バレーボール”に目覚め始めた小学時代を終えると、中学校も地元の新潟県にある”長岡市立旭岡中学校”にご入学されました。

中学校時代に入っても、”バレーボール”は続けており!小学校の頃に通っていた”スポーツ少年団”から移り変わり、”校内”に設けられていた「バレーボール部」に入部された模様です。

【すると!】学校の”勉強”よりも、意外な”才能”を発揮していたバレーボールに!ドンドン「ハマって」行き、”活躍の場”を広めるためにと!毎日、1リットルの”ヨーグルト”を飲んで「身長を伸ばすこと」に励んでいたそうです。

実際に”身長”が伸びたのか?は定かでありませんが、その”努力”が報われて!全県大会を突破すると、二年連続で「全国大会への出場」を果たした模様です。

もちろん、その時の”選抜メンバー”に起用をされており!得意の”ポジション(アタッカー)”での活躍が、”大会優勝”に大きく「貢献していた」ことは言うまでもありません。

但し、”大会”のある前日にも関わらず!自宅で飼っていた”愛猫”と戯れていた時に、誤って”足の指”を「剥離骨折」したことがあるらしく!”選抜メンバー”から外されることを恐れるがあまり!黙って大会に臨んだことのある「お茶目な面」も多かった少女でした。(笑;)

本格的に”バレーボール”の活動に専念された中学時代を終えると、高校も地元の新潟県にある”長岡大手高校”の「家政科」にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科と家政科」の二科が設けられております。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

地元でも【かなり!】”歴史”ある「伝統校として有名」であり!”部活動”も非常に盛んな高等学校として「知名度が高い」のですが、その中でも”文化部”の数の多さが特徴的と言えます。

“理由”は定かでありませんが、西山茉希さんは”普通科”では無く「家政科」に進んだ模様です。

【さらに!】中学校まで活躍を見せていた”バレーボール部”には入部をされておらず!高校時代は「帰宅部の道を選んだ」のです。

“バレーボール部”を諦めた理由については、ハッキリとは分かっておりませんが!高校の”レベル”に「付いて行く自信が無かった」と考えられます。

残念ながら、”スポーツ女子”から離れてしまったことが影響を与え!”精神”が「腐ってしまった」ことから、授業中にしょっちゅう「居眠り(爆睡)」をしていたそうです。

また、元々”運動神経”は良かった!こともあり、”体育”の成績は相当!良かった一方で、一般教科である科目の”評価”は、ほとんどが「悪かった」模様です。


引用元【インスタグラム(maki.nshiyama50)】

しかし、中間?あるいは期末試験の”平均点数”は「54点」をマークしていたことから、”学習能力”は!それなりに高かった模様です。

但し、高校時代は「遅刻の常習犯」であったことが明らかとされており!”欠席”は少なかったモノの相当!”朝起きる”のが「苦手な少女であった」ことを、物語っている通信簿です。↑↑↑

高校三年生になると、三年生恒例の”修学旅行”に参加されており!旅行先であった”東京銀座”へ遊びに行った時に、誤って友達と「はぐれてしまった」ことがキッカケとなり!生まれて初めて”芸能事務所”からの「スカウト」を受けます。

【ところが!】”修学旅行中”でもあり【さらに!】その当時は”芸能界”に「興味を示していなかった」ことから、一度は”断った”そうです。

”スポーツ少女”から「普通の女子」へと変わった高校時代を終えると、大学には進学をせずに”社会人”となり!”定職”へは付かずに「アルバイト生活」をスタートさせます。

アルバイト生活を送る中で、以前に受けた”スカウト”の担当者と「パイプがつながっていた」ご様子で!徐々に”モデル業”に興味を示し始めて行きます。

元から、卓越した”スタイル”や生まれ持った”ルックス”を兼ね備えていたことから!”モデル事務所”に所属することは「時間の問題であった」らしく!それを見抜いていた”スカウト人”からの「説得に応じた」形のようです。

その後、”モデル”として「芸能界デビュー」を飾ると!2005年頃からは、女性ファッション誌でお馴染み「CanCam」の”専属モデル”に起用され【さらに!】翌年の2006年頃からは、テレビCMに抜擢されるなどの「順調な業界デビュー」を果たし!”雑誌”や”テレビ”を通しながら、人気を集めて行きます。

その後も”企業CM”をメインに活動し、各社の”イメージガール”にも起用されるなどの!名実ともにファッションモデルの道を歩み始めます。

“知名度”が広がった2007年頃からは、テレビ番組を通じて”モデル以外”の一面を披露していた「タレント」としての活動を本格的にスタートさせ!また、同年1月から公開された映画「ハミングライフ」では、自身初の映画「主演デビュー」を飾り!”役者”としての一面も見せ始めて行きます。

【すると!】”仕事の幅”を広めるためなのか!長らく務めたファッション誌「CanCan」の”専属モデル”を卒業された上で、新たな芸能事務所「Grick」へと!心機一転「移籍」を図ります。

但し、現在の所属事務所(Grick)へ”移籍”する前の事務所であった「オフィスエムアンドビー」時代には「タダ同然で仕事をさせられていた」らしく!それを”移籍”の際に「明るみに出した」ことから、多くの”憶測”が呼ばれる事態となり!”円満退社”とはならなかった模様です。


スポンサードリンク


◇ DV離婚で激やせとは?


西山茉希さんは2013年4月に、兼ねてから”交際”が噂されていた俳優の「早乙女太一」氏との間に!”子供”を授かったことが報じられ【さらに!】既に「妊娠三か月」であることも、公の場に伝えられました。

【すると!】その翌日には、所属先の事務所である「Grick」を通して!その事実(妊娠三ヶ月)と【さらに!】同年の6月に「結婚すること」が正式発表されて、今までに世間をザワつかせて来た「同棲疑惑・破局問題・早乙女氏のDV疑惑・不仲説…など」に、”一区切り”を付ける形となったのです。


引用元【インスタグラム(taichisaotome_official)】

その後は、同年の6月30日に!”婚姻届”を提出した上で「夫婦」となり、10月30日には!第一子となる「女児」を出産され、2015年には”ハワイ”で「挙式」を執り行い!幸せいっぱいの”二人”が報じられて、大きな話題を呼びました。



引用元【ブログ(おしゃれ女子向けWEBマガジン|HAPIEE [ハピー])】

【さらに!】2016年には、”第二子”となる子供が授かったことを明らかにされて!同年の4月、無事に「第二子となる次女」を出産されたのです。


引用元【インスタグラム(maki.nshiyama50)】

現在の西山茉希さんの公式SNS(インスタグラム)では、ご自身の”子供たちの様子”が窺えるショットを、数多く投稿されており!”子供たちメイン”のSNSとなっているご様子です。

今でも、”二人の子供たち”の「お名前は公表されておりません」が、恐らく!”男勝り”の「気質(性格)の持ち主」である”母親”から見て、”可愛い”よりも「カッコ良いお名前」である可能性が高いのでしょう。

その後は、”子作り”も一段落を迎えたご様子で(笑;)”芸能活動”へも復帰を果たし!”子育て”と”仕事”の両立を初体験しながら、”ママ活動”も盛んにされているご様子です。

【ところが!】”幸せ”絶好調と思われていた2019年6月に、旦那であった「早乙女太一」氏と”離婚”をされて「シングルマザーの道」を歩み始めたのです。

そこで、また注目を集めたのが!以前に”噂”された、元夫「早乙女太一」氏からの”DV疑惑”です。

何故なら、離婚の”原因”を伝えれば良いモノを!事務所発表も無いままに、何の”説明”も行わずに放置しており!現在も”そのまま”の状態を続けていることから「様々な憶測が持たれる」ことは、ある意味で当然な事と言えます。

逆に見ると、元旦那の「早乙女太一」氏からすると!”DV”を「行っていない」としたら、そのような”疑惑”が持たれることに「人権侵害」を感じていることでしょう。

その後は、”自縛”が解けたかのように!”精力的”に芸能活動に没頭し始めると、以前よりも”露出度”が増えた関係もあり!多くの根強いファンたちから、”ある”心配事の声が広まり始めます。

その”心配の声”とは「容姿に関すること」であり、多くの”ネット住民たち”を含めて!ファンの多くから「このような心配の声」が↓↓↓お目見えするようになったのです。


引用元【ツイッター(Judy )】


引用元【ツイッター(nojiko_48 )】


引用元【ツイッター(ヴェロ )】


引用元【ツイッター(sorriso01 )】


引用元【ツイッター(バニコ*625 )】


引用元【ツイッター(chammy )】

昔からの根強い「西山茉希ファン」から見て、相当!”激変”した姿に「ショックを感じた」らしく!”触れては行けない”と分かっていながらも、SNSで”一言”述べてしまった模様です。

もちろん、年齢(30代)から見ても!それ相当に”劣化”されるのは当然なことであり、その様な”容姿”を見せまいと!日夜、”努力”を重ねている「女優さんが多い」ことも事実です。

しかし、ご自身の”気質(性格)”柄!「男勝り」の部分が強いことから、今では”元モデル”としての「自覚を失楽された」のか!”ルックス”の「表情」や”スタイル”の「エレガントさ」を見る限り、”気”を抜いている様子が窺えるシーンを、何度かお目見えすることが多くなった気がします。

もちろん、今でも”綺麗”なことに変わりはありまえせんが!肌の”張り”が低下しているのが要因でもあり、ただ”痩せる”と「頬が痩せ細く見える」ことから!!ゲッソリ!とした表情に見えるのが、残念なことです。

【しかも!】昔(モデル時代)に比べて「目の輝き」が薄れ!「眼力」が弱くなり!「男勝り」の迫力が感じられないことから、総合的に”劣化感”を与えてしまっているのです。

これに加えて、今では”シングルマザー”で「二人の子育て」も熟しているのですから!”整形”以外の、どのような”方法”を取っても、以前のような「若々しい時代」が訪れることは!恐らく無いのでしょう。

なので、特に最近!目立つと言われている”ヤツレ感”を与えているのは、ただ単に”痩せた”ことだけが原因では無く!本当の意味での「疲れや苦労感」を隠すことが出来ずに、”心身”から放出されているためと考えられます。

今後も、芸能活動を続けて行くとは思いますが!”シングルマザー”であり【しかも!】若くは無い(笑;)のですから、早く次の”良い人”を見つけて!頑張って頂きたいモノです。


スポンサードリンク


◇ 秘密のパワースポットとは?


“気持ち”の有る「人間」には、それぞれ!ご自身に適した「肉体的にも精神的にも」”リフレッシュ”可能な「パワースポット」があるそうです。

なので、当然ながら”西山茉希”さんにも「パワースポット」があると思われ!直接、”ご本人”が告げたモノではありませんが、昔からの”インスタグラム”のショットを見ている限りでは!”ここでは”と思えた場所が、数カ所ありました。


「其の一」はこちらです。↓↓↓


引用元【インスタグラム(maki.nshiyama50)】

見るからに”隠れ家”か”秘密基地”的な場所に見受けられます。

昭和の時代に、日本の子供たちからも支持されていた名作マンガ「トム・ソーヤーの冒険」を彷彿とさせる見事な!”景色(行間)”と言えますが、”新緑”の中に佇む”隠れ家”であるからこそ!心も体もリフレシュができそうです。

マンガの中では、確か?主人公の”トム”や!親友の”ハック”による物語でしたが、二人の”秘密基地”は!ミシシッピ川の畔に作られておりました。

このショットから窺える”西山茉希”さんの”素顔”を紐解くと【まさに!】”男勝り”の気質(性格)が全面に露わとなっており!”女子”でありながら「男の子が好むモノに興味を示す性格」であることを、見事!に物語っております。

なので、ある意味では!ご自身の”お子さん”の中に「男児が一人欲しかった」と思っているに、違い無いのでしょう。

木に登っている子供たちは、いずれも”スマイルマーク”で隠されているため!その”表情”を窺え知ることは出来ませんが、どの子供も!楽しい一時を過ごしたことでしょう。

ショットに向かって”左側”に、幼い子供が二人居りますが!恐らく、ご自身の”女児たち”でしょう。

西山茉希さんも、”満点”の笑みで「両手のピースサインを出している」ところを見る限り!間違いなく彼女の「パワースポットの場所の一つ」と言えると思います。


「其の二」はこちらです。↓↓↓


引用元【インスタグラム(maki.nshiyama50)】

“昭和”生まれの日本人なら、誰もが一度は訪れたことのある「東京タワー」です。

西山茉希さんの場合、”夜”の東京タワーに「インスピレーション」を感じているらしく!夕方からの”ライトアップ風景”に、”心”が奪われているご様子です。

確かに、定期的に変わる”ライトアップ”のスタイルには!都内の”住民たち”からも「好評」を得ているそうです。

【しかも!】2012年2月に完成した、”第二の電波塔”として有名な「東京スカイツリー」の誕生によって!東京の”シンボル”としての「立場が危ぶまれている」モノの、その分!昭和の”哀愁”を感じさせる「貴重な建物としての存在感」が増しているご様子です。

田舎に住んでいる学生たちの”修学旅行先”として、必ず選ばれていた東京都の”シンボル”ですが!ほとんどの学校では、”上空”に登るのは当然でありながら!1F~3Fくらいまでにあった”飲食店”や”お土産店”で、昼食を摂ったり!買い物などを行って!”思い出”の1ページを作ったはずです。

その意味では、西山茉希さんも”田舎(新潟)出身”なので!中学校時代の”修学旅行先”で、”東京”に訪れたはずであり!”東京タワー”での「思い出があるはず」なので、大人になってからの”パワースポット”として、選んでいる可能性は高いと思われます。

但し、インスタグラムに載せている”コメント”を拝見すると!どうも”東京タワー”には「登った経験が無い」とのことです。(笑;)

なので、下から見る「幻想的な風景」に!圧巻されているのでしょう。


「其の三」はこちらであり!”大本命”であると思われます。↓↓↓


引用元【インスタグラム(maki.nshiyama50)】

知る人ぞ知る!”料理好き”の西山茉希さんだからこそ叶えることが出来た「西山食堂」です。

【実は!】西山茉希さんは昔から、大の”料理好き”なタレントとして有名であり!”主婦雑誌”でお馴染みの「Milly」から、ご自身自慢の”手料理”が連載されていたのです。

その時の”コンセプト”がこちらです。↓↓↓

悩めるママたちのための憩いの場「西山食堂」へようこそ! 育児のことや家族のこと、ママ自身のことまで、あらゆるお悩みに西山茉希さんが愛ある言葉でアドバイス。身近な食材ですぐに作れる、西山食堂オリジナルレシピも毎回1品ずつご紹介します。さぁ本日も西山食堂オープンです!


この当時は、”西山食堂”に「全勢力」を向けており!みなぎる”渾身”の一品を毎週お届けしながら、多忙な”ママたち”の「お手伝いをされていた」意味からしても!この場がご自身の「パワースポット」となっていたに違いありません。

今では、”SNS”の普及が広まったことで!簡単に”料理”のショットを公開できる時代となったことから、”主要メディア”を通さなくても!誰でも手軽に”料理のレシピ”を披露することができるため、西山茉希さんもご自身の公式SNS(インスタグラム)を使って、たくさんの料理を披露されており!そのため、”西山食堂”の出番が無くなりました。

なので、”西山食堂”としての「パワースポット」は消え去りましたが!恐らく、”料理”をする度に!その時の「思い出を振り返りながらパワーを吸収している」ことでしょう。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ ファッション雑誌

・ 2005年に、ファッション誌でお馴染み”CanCam”が手がけた雑誌がリリースされて「ファッション雑誌デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(モデルプレス )】

◇ 映画

・ 2006年に、”東宝”によって公開された映画”7月24日通りのクリスマス”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

◇ テレビ番組

・ 2008年に、フジテレビ系列で放送された番組”SRS”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(菊野克紀 )】

◇ CM

・ 2008年に、”花王”が手がけた企業CM”ニベア”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(@Heaaart(アットハート) )】

◇ 写真集

・ 2008年に、”ground”が手がけた作品”西山茉希ファースト写真集”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(芸能怪獣 ニュースカ β )】

◇ 雑誌

・ 2008年に、”アメーバブックス”が手がけた作品”ハッピースマイル ハッピーライフ”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(芸能怪獣 ニュースカ β )】

◇ テレビドラマ

・ 2010年に、フジテレビ系列で放送された番組”月の恋人?Moon Lovers?”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

◇ ラジオ

・ 2010年に、”文化放送”局が放送した番組”地震だけじゃない!自然災害の恐ろしさ”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ 舞台

・ 2012年に、”銀河劇場”によって公開された舞台”謎解きはディナーのあとで “に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(中古舞台屋ストレートライフ★開店20周年セール中! )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
西村 茉希
読み
にしむら まき
生年月日
1985年11月16日
仕事
タレント、ファッションモデル
出身地
新潟県
所属事務所
Grick
血液型
O型