各テレビ局の情報番組やワイドショーなので頻繁に目にする機会が増えている国際政治学者の
「三浦瑠麗」さんですが、日本の女性コメンテーターの中でもダントツで「綺麗」とか
「可愛い」等の評価を「若い世代」から受けているようで、その活躍は「タレント」並みと
関係各所から伝えられるようになっています。

 

引用元【ツイッター(三浦瑠麗 Lully MIURA)】

 

最近では「人気ぶり」に拍車をかけるように自身の専門分野以外のバラエティー番組への出演、
更に自身の「自虐伝」的な内容を記した「エッセイ」の出版・販売などで、活躍の場を大きく
拡大させているようです。

三浦瑠麗さんは神奈川県「茅ヶ崎市」出身で、地元「平塚市」にある「平塚市立金旭中学校」を
ご卒業され「神奈川県立湘南高等学校」へ進まれています。

その後1999年に東京大学に見事合格し「理科」を専攻され2001年には「農学部生物
環境科学課程地域環境工学専修」へと進まれています。

この頃は「政治・経済」よりも「理科・科学」の分野に興味があったようで、今話題の
「理女子」になる可能性があったかも?ですね!

しかし2004年からは同校の「大学院公共政策学教育部」へと「分野」を切り替えたようで、
この頃から「教育・政治」更には「戦争」等に興味を持ち始めたそうです。

近年ではお隣の国「北朝鮮」から連日のように「弾道ミサイル」が発射され、日本社会からは
忘れ去られていた「戦争」を身近に感じる場面が増え初めています。

そんな「戦争」にまつわる事柄をまとめた作品を2010年10月に書き下ろしています↓↓

 

ちなみに、この著書によって「東京大学大学院法学政治学研究科総合法政専攻博士課程」を
修了し「法学博士号」を取得したそうです。

その後~2014年度頃までは同校をはじめ、他の大学の研究員や講師などを勤め「大学」での
活動をメインに仕事を熟していたそうです。

2014年に自身管理のブログ「山猫日記」を立ち上げ、自らの「政治」に関する見解や考えを
ネットを通して伝え始め、政治に興味のあるネット住民から広く知れ渡って行きました。

翌年の2015年には、数々の著名人達の作品を世に届け「ベストセラー」を生み出している
出版社「文春新書」より、そのブログ「山猫日記」の内容を「出版用」に見直し編成された
著書「日本に絶望している人のための政治入門」が出版されました。

この頃から「政治学者」としての三浦瑠麗さんの名が世に広まりだした時期でした。

そしてご自身のメディア活動の転機になったであろうテレビ朝日系列で放送されている
お馴染みのトーク政治番組「朝まで生テレビ!」に出演したことがきっかけで一挙に知名度・
人気を大きく広げました。

MCを務めている「田原総一朗」氏の厳しい対応にもめげず、更に他の出演しているゲストら
との激しい討論で挫けず「ほぼ毎週」出演していたことが評価され、更にテレビ出演数が増え
自身を世に晒す機会も増えたことから「ルックス」に注目するファン達も登場し、政治学者とは
思えぬ活躍を今、芸能界で繰り広げています。

 

引用元【ツイッター(田原総一朗)】

 

「女性国際政治学者」として全国区になり「歯に着せぬ発言」が視聴者から評判で、今では
「美人政治学者」とか「可愛過ぎる学者」等と若い世代から呼ばれるようになり、世間からの
反響の大きさが後押ししたのか?2017年からは東京都知事でお馴染みの「小池百合子」氏が
開催している「政治塾(希望の塾)」で「講師」を務めるようになり「活躍の場」が本格的に
「政界」へと近づき始めているのでは?等と伝えられるようになり今日に至っております。

 

スポンサードリンク

 

◇ 三浦瑠麗さんはレ〇プ(性的暴力)された一人だった?

 

三浦瑠麗さんは自身14歳(中学生)の時、下校途中にレ〇プ(集団性的暴行)を受けたことを
自身の「エッセイ」で語っています。

 

 

この「エッセイ」を通して「当事者」としての思いや集団性的暴行と社会との関係、更に
「処女」の価値観、理解ある旦那(三浦清志)に巡り合えた幸運、レ〇プに負けず強くなった自分
集団性的暴行被害者が世間で生きて行くための「克服」や「愛」などについて語っています。

ただし、この「エッセイ」はご自身の事にたくさん触れられておられいますが、全てが集団
性的暴行について書かれたのではなく「孤独の女性」としての見解をメインにされています。

お間違いなく!!

 

スポンサードリンク

 

◇ 三浦瑠麗さんの旦那や子供は?

 

三浦瑠麗さんは2003年に一般男性の「三浦清志」氏とご結婚されておられいます。

 

引用元【ツイッター(三浦 清志 Kiyoshi Miura)】

 

「一般男性」と言っても三浦清志氏は元「外務省職員」で大臣官房総務課で外務省組織改変を
歴任された高学歴で優秀な職員でした。

外務省職員歴任後は「セーフレイ・ジャパン株式会社」という会社を設立し代表を勤め、さらに
「Tribay Capital」という会社の「マネージング・ディレクタ」を担当し、個人としての活動を
メインに社会に貢献している立派な人物のようです。

また噂では年収が「一億円」を突破しているそうで、しかも「ルックス」が良く、元から
アメリカの父親と日本人の母親から生まれた「ハーフ」のお顔立ちのためか世間の評判も
上々のようで、きっと「営業職」的な仕事もバリバリ熟しているのでしょう?

なので「生粋」の日本人ではありませんが、かえってアメリカ人ライフ的な人格や性格だと
思われる事から、その「優しさ」によって三浦瑠麗さんの「過去」が克服できたのでしょう。

三浦清志氏も「東京大学」をご卒業されているので、二人の出会いは「学生時代」だと
伝えられています。

きっかけは三浦瑠麗さんは一度「留年経験」があるらしく、その時に別の学部で学んでいた際に
三浦清志氏と運命的な出会いを果たしたそうです。

当時はまだ三浦瑠麗さんは芸能界へ進出していませんでしたので、大学のキャンパス内で
「一女学生」として三浦清志氏との「愛」を育てていたのでしょう?

大学時代から将来は「結婚」する約束をしていたらしく早い段階でゴールイン(学生結婚)
したそうです。

その後、三浦瑠麗さんはテレビ出演するようになり知名度も広がり「国際政治学者」としての
立場で「歯に着せぬ発言」でお茶の間を楽しませ「可愛いけど喋りが怖い!」等と世の男性
視聴者から怖がられる存在になって行きました。

ところが、それと裏腹に自身の家庭では旦那さんに対しは優しく・穏やかな女性の姿を見せて
いるらしく、テレビで視る三浦瑠麗さんとは違った一面もあるようです。

なので、テレビで視る三浦瑠麗さんの「性格や言動」からすると家庭生活は上手くは
行っていない!と思われがちなのですが実は、毎日ラブラブな生活を送っているらしいです。

子供については「学生結婚」した際に一度「妊娠・出産」されたご経験があるらしいのですが、
病死?あるいは事故?なのか定かではありませんが一名お亡くなりになっているそうです。

ただその後2012年頃に「女児」を授かり現在、その娘さんと元気に過ごしているそうです。

 

引用元【ツイッター(三浦瑠麗 Lully MIURA)】

 

自身のSNSにも度々登場していますが、お顔は「非公開」のようで毎回マスク姿での
ご登場ですが、いつも「灰色」の同じマスクなのですが、お顔が非公開な分たまには変わった
マスクを使って楽しませて欲しいものです。

「噂」では、お顔は母親の三浦瑠麗さんに似ているらしいので、きっと将来は美人になること
間違いないのでしょうね?

ただ「お口周り」を見ると母親に似て、ちょっと「小生意気」で「毒」を吐きそうな雰囲気を
感じるのは私だけでしょうか?

いずれにしても「頭の良い両親」のDNAを引き継ぐと思われるので「優秀」な人物になる
可能性が高いことでしょうね!

ちょっと心配なのは母親の三浦瑠麗さんは一度、子供を失っているのでその分、この子に
愛情をたくさん与えることは良い事ですが「甘え」もたくさん与えないか?心配される
ところです。

その辺は父親の「三浦清志」氏のお役目でしょうね!

 

スポンサードリンク

 

◇ 三浦瑠麗さんは中国人なの?

 

三浦瑠麗さんはテレビ番組に出演する度に、挙って「噂」されるのが「中国人なん?」です。

これは世の常?と言うか公の場に「露出度」が増えれば増える程、その「節」が伝えられ、
つまりは誰もが彼女を見ると「第一印象」に感じる事であることが示されています。

三浦瑠麗さんの生まれは「神奈川県茅ヶ崎市」で、幼少期に隣町の神奈川県「平塚市」へと
移住しています。

なので学生時代も地元「神奈川県」にある学校へ通っていたので紛れもない「生粋」の
神奈川県人、つまり「日本人」です。

なのに何故?彼女を一目見た人の印象が「中国人」であるのか?が不思議なところで、
その要因になっていることは3つあると考えられ↓↓↓

① 顔立ち・雰囲気
② 話し方
③ 名前(漢字)

 

上の3つが要因で「中国人説」が伝えられるようになっています。

最近の中国人は「経済発展」の影響もあり昔よりも遥かな「リッチ」スタイル。ルックス・
ファッションセンスが向上し、日本人と「そん色」無い姿をしています。

昔は道を歩いてるだけで「中国人だ!」と直ぐに分かったものですが、逆に今では日本人なのか
中国人なのか?サッパリ分からない中国人が度々見られます。

むしろ日本人女性よりも「美人・可愛い」女性が中国・台湾で多く見られるようになりました。

もちろん中国で働く「他国民」が増えたことも影響していると想像されますが、昔の中国文化が
少しずつ変化している傾向にあると思います。

なので中国人を身近に感じられるようになった分、逆に「日本人」が中国人に間違えられる
こともあり、三浦瑠麗さんの様な「ちょっとキツメ目」のお顔立ち、更に目立ちやすい鼻筋、
セミロング~ロングの髪型などのスタイルの女性を見ると中国人ぽく見えるのだと思います。

また三浦瑠麗さんの場合「話し方」も独特な「個性」があり、まずは変な「訛り」があること。

 

引用元【ツイッター(スーダラ)】

 

神奈川・・・特に横浜の訛りと言えば「・・・じゃん」ですよね!

三浦瑠麗さんが話していると何かその「じゃん」を抑えながら話そうとしているのか?話の
区切りが変だったり、専門性を交えて無理に話そうとしているのか?イントネーションが
おかしな喋り方になっているように感じます。

番組の構成上、特に生番組の場合「時間に追われたり」逆に「伸ばされたり」するので、
その都度違うトーンやスピードの喋りが要求されることが多いと思うので、それも要因で
喋り方が不自然に感じられるため日本人ではないと思われているのかも?ですね!

 

引用元【ツイッター(ロジ)】

 

また三浦瑠麗さんのお名前に使われている「麗」を扱う日本名は珍しく、漢字じたいは
「うるわしい・うららか」など良い意味を持った漢字なのですが、なんせ「書き数」が多い事
さらに「書き難い」こともあって、将来を心配する(順調に進まない)親が多く居るらしく
避ける傾向にあるそうです。

また「瑠麗」も見た目が「漢語」ぽく見え、和をかけて中国名であるように見えるらしいです。

ちなみに三浦瑠麗さんの本名は「濱村 瑠麗」のようですが、更に書き数が増え、扱い難い
名前ですよね!

このお名前からも「中国人説」の要因となっているようです。

 

 

■ 三浦瑠麗プロフィール

本名
濱村 瑠麗
読み
はまむら るり
生年月日
1980年10月3日
仕事
国際政治学者
出身地
神奈川県
所属事務所
株式会社山猫総合研究所代表
血液型
A型

 

 

スポンサードリンク