昔流行った「一発や芸人」とか「一発やアーティスト」の一人でもある「一発やアーティスト」の
平松愛理さんが超久々に3曲入り「ニューシングル」を8月28日にリリースすることが分り
話題になっています。

30代以上の音楽ファンが誰もが知る「一発やアーティスト」として売れに売れまくった楽曲が
「部屋とYシャツと私」で、この楽曲一つで彼女(平松愛理さん)を一気に有名にしましたよね。

 

スポンサードリンク

 

その平松愛理さんがこの度、デビュー後30周年を迎えるにあたり、自身を世に送ってくれた
楽曲「部屋とYシャツと私」の続編となる「部屋とYシャツと私~あれから~」をリリースすると
自身のツイッターでファンに向けて「大切な皆様へ」と題して発表したようです。

それがこちら↓↓↓

 

 

以前から「部屋とYシャツと私」の続編を希望するファンが多数いたにも関わらず、制作しなかった
訳をこの度ニューシングルを発表するに当たり語っているようですが「オリジナルを超えるのは
無理」とのことで封印していたようです。

最近の平松愛理さんは「タレント」としての活動も行っており、たまにテレビで見かけることもあり
完全に姿を消したり存在じたいが忘れられたりしていなかったと思うのですが、自身の中で
「これ以上作品(部屋とYシャツと私)からの距離が遠くなりすぎたら絶対に書けない」と危機感?を
感じたらしく、デビュー30周年を迎えるにあたり「続編」を制作したようです。

元々「部屋とYシャツと私」は、1990年12月にリリースしたアルバム「MY DEAR」に収録された
一曲で、当時は男性アーティストの「さだまさし」氏の楽曲『関白宣言』の「アンサーソング」と
略され音楽好きから注目を浴び1992年3月に「シングルカット」され世に広がりました。

その後、超有名となったこの曲「部屋とYシャツと私」は数々のアーティストやバンドに
「カバー」されるように育ち、女性達だけでのカラオケでは誰かがかならず歌う一曲となり
さらに人気に火がついたことを今でも記憶しております。

そんなビックヒット曲を飛ばした平松愛理さんですが、その後自身のプライベートでは
「順風満帆」とはいかなかったようで「結婚」はしたものの離婚をし、さらに出産時には
「子宮内膜症」を発症したことで命の危機にさらされたり、進行した乳癌(ステージ4)が
見つかったりと「不幸」が続いた人生を送っていたようです。

「乳がん」が発表された時には、自身のファンや音楽関係者から驚きと悲しみの声が多数
伝えられていたのですが、自身の実家が病院を経営していたことも関係していたのか?
「ステージ4」の危機から見事生還し今に至っているようです。

ビックヒット曲を世に広めた「反動」が、その時跳ね返って?来たのかも知れませんね。

ただ、そんな不幸な人生を乗り越えその後はタレントとしての活動を始めたのか?
バラエティー番組に出演したりアーティストの枠を超えた「活動の幅」を広げておりました。

今回発表する「部屋とYシャツと私」の続編「~あれから~」は「半年以上」かけて制作した
自身渾身の一曲と話しているので、注目するファンや音楽関係者が多数いるのは
間違いないことですが、それよりも楽曲、特に「曲」がどの方向で作られているのか?
完全な「ピリオド」曲なのか?その辺が特に気になりますよね!

発表前のネット宅の反応は「3ヶ月後楽しみにしてます」「私も結婚して、ようやく歌の意味が
わかりました」「うわ~嬉しいです。予約しちゃお」「大切な曲だからこそ、相当な覚悟と
時間をかけて制作されたのですね」「楽しみにしてます」などの期待を抱いているファンが
多数いることを示していますね。

私自身も超「楽しみ」にしているし、平松愛理さんの今後の活動も注目されるところですね。

 

■ 平松 愛理プロフィール

本名
平松 絵里
読み
ひらまつ えり
生年月日
1964年3月8日
仕事
シンガーソングライター/作詞・作曲家
出身地
兵庫県
所属事務所
ひらまつ堂
血液型
A型

 

スポンサードリンク