昭和生まれの若者ならば、誰もが一度は目にしたはずの「恋愛観察番組」と言えば!フジテレビ系列で放送された「あいのり」でしょう。

当時では珍しい「恋愛をリアリティーに移した観察番組」として、”老若男女”問わずに話題を呼んだテレビ番組として大ヒットしたのは、記憶に新しいところです。

そして、その番組を引き立たせるために採用された”楽曲”と言うのが、シンガー・ソング・ライターの「川嶋あい」さんが奏でた”名曲たち”でした。

最近ではスッカリ!”表舞台”で姿を見る機会が無くなりましたが、音楽活動は続けているらしく、ニューアルバムをリリースする度に各地を回り「ライブツアー」を開催されている模様です。

その気になる音楽活動に専念されている、川嶋あいさんについて紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(cbkn1136)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ あいのりとは?
・ ホヤが話題?
・ 生い立ちが壮絶?
・ 拒食症とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ あいのりとは?


当時の”シンガーソングライター”の中でも「恋愛曲と言えば」と聞くと!男女問わずに誰もが名前を挙げるのが「川嶋あい」さんでした。

それだけ、たくさんの”恋愛ヒット曲”を世に送り!ファンたちの間では「天使のヴォーカリスト」と呼ばれて親しまれていた女性アーティストの一人です。

また、”メジャー”で有名になる前は「路上ライブ活動」をメインに行っていたことから!その「卓越した透明感のある心に響く歌声」は、その当時に育まれ!多くの”通りすがり”の人々の心を掴んでいたことから「路上の天使」と呼ばれていたのです。

しかし、”芸能界デビュー当初”は個人名「川嶋あい」の名を伏せて活動しており、音楽ユニット”I Wish”のメインヴォーカリスト「ai」の名を掲げて、キーボード担当の「nao」氏と共に活動をされておりました。

そして、二人で作り上げたデビュー1stシングル「明日への扉」が、2002年10月からフジテレビ系列で放送された”恋愛観察番組”の「あいのり」の主題歌に採用されて、”番組内容”と”楽曲”とが見事!に”リンク”したことから、大ヒットを記録されたのです。

【すると!】番組の”視聴率”が上がると共に、楽曲”明日への扉”は徐々に二人の元を離れ初めて!恋愛番組「あいのり」の”代名詞”として、当時の若者たちから愛される楽曲へと育ったのです。




もちろん、楽曲そのモノも”音楽業界”で飛躍を見せて!もう少しで「ミリオンヒット」に達成するところまで近づきましたが、最終セールスは「90万枚」の大ヒットを記録して終えました。

“新人ユニット”のアーティストであり【さらに!】”1stシングル”の楽曲が、ミリオンヒットに近づくセールスを記録するのは、当時では”異例”のことであり【しかも!】この楽曲が「あいのり」に採用された頃から”急激”に番組が人気を集め始めたのです。

つまり「あいのり」の”タイアップ効果”が「物凄く大きかった」ことを、物語っているのです。

なので、楽曲が大成功を収めた要因として「あいのり効果が抜群であった」ことや、”路上ライブ”で磨きをかけた「誰の心にも響く曲」が若者を中心に共感を呼び!二つの”相乗効果”によって両方の「火付け役」となっていたのです。

このユニットは、”発足当時”から「所属事務所の戦略で結成されたユニット」であったことが、後に明らかとなりますが、2005年3月をもって「ユニットが解散」をされて、その後は「川嶋あい」さん”単独”での音楽活動をスタートさせます。

そして、”ソロ”になっても人気は続き!2007年2月にリリースした11thのシングル「My Love」が、再び「あいのり」の主題歌に採用されると、また見事な!ヒットを記録されて、オリコン年間インディーズシングルランキングでは堂々の”第2位”を獲得されました。


引用元【ツイッター(けんお兄ちゃん )】

その後も、シンガーソングライターとしての活動を続けておりますが、日本各地で起こった「震災を経験した」ことを糧に!最近では「社会貢献事業」にも積極的に参加されるようになったらしく、公私共に忙しい毎日を送っているそうです。


スポンサードリンク


◇ 小中高校は


川嶋あいさんは1986年2月21日生まれの34歳(2020年)で、ご出身は「福岡県」です。

ご出身の”福岡県”にあるご自宅で、ご両親とご本人の三人家族で生活していた模様ですが、生まれて早々に”父親”が「行方不明な状態」になったそうです。

【さらに!】その影響で、”母親”も出産後すぐに「体調を崩した」ことから、子供を育てる状況下ではなかったことも影響し、幼い”川嶋あい”さんは地元の”乳児院”に預けられる事となり、そちらの施設で育ったのです。

現在、福岡県にある”乳児院”とは全部で”6ヶ所”あるらしく「清新ミルクガーデン・福岡酪病院・福岡サブホームみずほみずほ児児・北九州酪農病院・ガンムシャン売春宿・サドルハンド売春宿」などの施設がありますが、これらの「どこかの施設にお世話になった」と思われ!現在でも複数箇所の施設で「川嶋あいさんと同じような待遇の子供たち」を、守りながら育てているそうです。

その後、体調を崩した”母親”は!病状が回復することもなく「お亡くなり」になられたそうです。

そして、”川嶋あい”さんも大きくなり「乳児院を卒業されると児童養護施設に引き取られた」とのことです。

【さらに!】大きくなった”川嶋あい”さんが「何歳の時か」詳しいことは分かりませんが!親戚の「川嶋家に養女の形で迎えられた」ようです。

一般の子供たちと、同じ”環境”に戻った小学生時代の情報が少ないので、詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、川嶋あいさんも(福岡県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

その当時の”性格”は、過去に育った”環境”も影響されて!過度な「人見知りであった」らしく、周りの子供たちのように「明るく元気な子供」とはならずに【寧ろ!】「暗い性格の子供」の印象が強かったそうです。

なので、その”性格”を心配した川嶋家の養父母が、元気を出させようと!「演歌の音楽教室」に通わせる事としたそうです。

そのため【実は!】今の「シンガーの声」からは想像がつきませんが、演歌のレッスンに通っていた当時は、バリバリに「コブシを回して歌唱を行っていた」とのことです。

演歌の道に進んだ小学校時代を終えると、中学校は地元の福岡県にあります”沖学園中学校”に、ご入学されました。

中学校時代も”演歌”のレッスンは続けており、二年生の時に”演歌歌手”として楽曲”十六恋ごころ / あなたに片想い”で、自身初の「歌手デビュー」を飾ってようです。

【ところが!】楽曲リリースをされたモノの、全く売れずに”数か月”で「演歌歌手を断念」されて、演歌から離れてからは大好きであった「作曲制作」や勉強に専念するようになったようです。

“養女”としてお世話になっていた「川嶋家の養母」が”お亡くなり”になったことから「演歌の道にススメてくれたこと」を思い返して!2002年頃から”演歌”ではありませんが、再び「音楽活動を再開」されます。

その後、通っていた中学校をご卒業をされると、学園が「中高一貫校」であったことから!”内部審査”のみで「エスカレーター式」で、同学園の”沖学園高校”の「隆徳館科」に進学(進級)されます。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科と社会総合学科」があります。

但し、学科に合わせた「様々なコースが設けられている」のが特徴的です。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

部活動も非常に盛んで、運動部から文化部に至るまで!様々な部活が設けられておりますが、特に”ゴルフ部”の活動が盛んであるらしく!たくさんの「プロゴルファーを輩出している学園」として有名です。

高校時代の情報が少ないので、学校生活模様や所属部活動などは一切分かっておりませんが!高校在学中に作った”楽曲”を、東京にある「ソニーミュージック」に送ったところ、見事!その”楽曲”が気に入られて「音楽事務所との契約」までに漕ぎ着けます。

【すると!】本格的に音楽活動を始めるために、通っていた地元の高等学校から”転校”をされて「上京」を果たし、芸能人ご用達でお馴染み!東京都中野区にある”堀越学園”の「トレイトコース」に通い始めました。

その後、高等学校に通いながら東京での音楽活動を開始されて、東京の”四谷区”から「路上ライブをスタート」させます。

しかし、楽曲の”内容”が「その土地の人たちに合わなかった」らしく!早い時期から”渋谷区”に「活動の拠点」を移動しています。

“渋谷”で本格的に路上ライブを行うようになった数か月後からは、”キーボード”を取り入れながらの「弾き語りスタイル」に変更されて、音楽活動を継続されます。

その後、ウワサが噂を呼び!町並みの観客も増え初めて、”手売り”していたCDが【なんと!】5,000枚を達成されて、念願でもあった「渋谷公会堂でのライブ」を叶えます。

そのため、音楽活動が多忙となったことで通っていた高校に通うのが「困難となった」ことから、”通信制”のある「クラーク記念国際高校」に”転校”をされます。

翌年からは全国ツアーに出るようになり、自身の”目標の一つ”であった「全国ライブ」を
沖縄ライブを最後に叶えたそうです。

その後も積極的に「路上ライブ」を重ねると【なんと!】三年後の2005年には、目標の一つであった「路上ライブ1,000回演奏」を達成されて!その記念として路上ライブの”ゆかりの地”であった「渋谷駅ハチ公前」でライブを開催し、立ち寄り客”1,000人以上”の歓声の中で「記念ライブ」を決行されました。

しかし、川嶋あいさんが上京をされる際に「自ら掲げた目標を約3年間で尽く!達成された」ことから、路上ライブ活動は終了する事としたそうです。

2004年の3月になると、通っていた”クラーク記念国際高校”をご卒業されて、大学には進学せずに音楽活動に専念するようになります。

【すると!】所属事務所の意向で組んでいたユニット”I WiSH”を「解散」することを決めて、その後は”シンガーソングライター”に転向されて、本格的に”ソロ・シンガー”としての活動をスタートさせます。

翌年の2005年には、ご自身の悲願でもあった”フルアルバム”のリリースに漕ぎ着けて、楽曲「12個の歌」で自身初となる「アルバムデビュー」を飾りました。

こちらは、オリコンチャート”5位”を記録されました。


引用元【ツイッター(りょーすけ )】

2007年頃までは、リリースする楽曲の全てが”オリコンチャート上位”に入るほどの人気ぶりを見せて活躍されて、知名度や人気の”絶頂期”を向かえます。

そんな中!1995年1月に起こった「阪神・淡路大震災」で被害に遭われた方々に思いを寄せ!ご自身が幼い頃に経験した「親を失った悲しみ」を思い返して、震災で被害を受けた人々の悲しみに”リンク”されたことから!震災復興事業や関連イベントなどに積極的に参加するようになって行きます。

【さらに!】チャリティー事業やアフリカの貧困問題などの「社会貢献活動」にも、進んで参加するようになり!2010年10月には「国際連合児童基金(ユニセフ)」のセーフウォーターキャンペーンの開催において、協賛会社であった”イオン株式会社”の「イオン1%クラブキャンペーン」の”大使”に任命されました。

その後も、全世界を視野に入れながら”音楽活動”に慢心されて、特にアフリカなどの”発展途上国”の「学校建設など」に力を入れながら、福祉事業にも大きく貢献されております。


スポンサードリンク


◇ ホヤが話題?


シンガーソングライターの”川嶋あい”さんと言えば、澄んだ”歌声”と人々の心を感動させる”楽曲”で、老若男女問わずに音楽ファンたちを魅了されており【さらに!】”福祉の志”も兼ね備えて!全国で起こる”未曾有の災害”あるいは、全世界の恵まれない子供たちへの”支援”などに協力されて、素晴らしい貢献をされている女性シンガーで有名です。

しかし、その一方では「お茶目な性格」の部分も兼ね備え、”海のパイナップル”として知られている「ホヤがメッチャ大好き」らしく、”食品”として!ではなく”ホヤ”そのモノに「溺愛している」とのことで、ホヤについて語りだしたら切りがない!ほどの「ホヤ愛を持っている」ご様子です。

ただ、それが行き過ぎた挙げ句!何を思ったのか?とんでもない”行動”に出た模様です。↓↓↓


引用元【ツイッター(川嶋あい)】

「ホヤでPHONE」とは?いったい何のでしょうか?

【さらに!】続けた”呟き”では↓↓↓


引用元【ツイッター(川嶋あい)】

「ホヤがペット」とは?

しかし、こちらの”コメント”を見る限り「どう料理しても旨みがすごいからほんと楽しみ」とのことなので、いちを「食用として食べるご予定」のようです。

「ホヤ・PHONE」の方は、見た目が電話でも「接続線が無いので機能していない」ことから!実際に聞こえる”音”とは「海の音や音楽」あるいは「ホヤの声や呟き」などが聞こえるのでしょう。

若干!理解に苦しみますが(笑;)、一般人には思いつかない”発想”を思いつく部分が「さすがアーティスト」と呼べるのでしょう。

但し、川嶋あいさんは昔から!マンガの「ワンピース」が大好きなことで有名であり、マンガで登場する電話のキャラ「電伝虫(カタツムリ)」を思い出しますが、それを踏まえて考えると「そのカタツムリと重なる部分があったモノ」と、容易に想像がつきます。

ホヤは”貝類”であり!カタツムリも「巻貝の一種」なので、その意味では「共通点」があります。

その辺は、やはり!ご本人に聞いてみないと「分からない世界」なのでしょう(笑;)。


引用元【ツイッター(舞璃)】


スポンサードリンク


◇ 生い立ちが壮絶?


「天使の歌声」や「路上の天使」などで名を馳せて!女性シンガー・ソング・ライターの”礎”を築いた”川嶋あい”さんですが【実は!】幼い頃に「壮絶な人生を送った経験がある」のです。

それは、地元の福岡県で1986年2月に!当時、体調が優れない”母親”の元に授かったのが”川嶋あい”さんであり、本来!ご両親に愛されて育つはずであった幼子は、生まれて直ぐに”父親”が「失踪中」であったことから会えず【さらに!】生んだ母親も”病弱”のため「子供を育てる体力が無かった」ことから、仕方なく”親元”を離されて「乳児院で育てられた」のです。

“乳児院”とは「1歳未満の身寄りのない乳児が一時的に入院する」ことのできる”福祉施設”であり、川嶋あいさんも”1歳まで”は、こちらの施設にお世話になっていたようです。

しかし、大きくなるにつれて「施設を利用出来ない年齢」に差し掛かると!母親の元に戻される事となりますが、その際も”母親”が体調不良であったことから【さらに!】仕方なく「児童養護施設」へと入居したそうです。

【ところが!】自身”3歳”の時に、母親が”体調不良”のため「お亡くなりになった」ことから、帰える場所を失ってしまいます。

その後、親戚である川嶋家の「養父母」によって引き取られたことで「実親の愛情を受けないまま大人へと成長」されたのです。

【さらに!】不幸なことに!引き取った”養父母”は「高齢」であってことから、川嶋あいさんが小・中学校の時に、二人共”お亡くなり”になられました。

つまり、地元に近い”身内”の誰もが居なくなり!生涯「孤独な人生を送る環境」に追い込まれたのです。

もちろん、”親”を失くした事情を一番理解していたのは、この「養父母」であり!僅かな時間でも親の愛情を与えてくれた存在なので、亡くなった時は相当!悲しんだことでしょう。

後に、自らによって”生み出す”楽曲の中には「さよなら・ありがとう~たった一つの場所~」「絶望
と希望」「Dear/旅立ちの日に…」「空はここにある」・・・などがありますが【まさに!】この時の思い(悲しみ)から生まれた楽曲であることは、容易に想像がつきます。




また、たくさんの悲しみを乗り越えて「前向きに生きる希望を見つけた」経験者だからこそ!同じように、幼い頃から貧しい生活!あるいは、辛い”悲劇”で苦しんでいる子供たちを支援するための活動に、積極的に参加されているのです。

特に、”紛争”が激しくて!貧しい子供たちが多いエチオピアに「児童養護施設の建築」に貢献したり!”エイズ”が乱交されて子供たちが犠牲となっているカンボジアや西アフリカなどに建設されている「学校の支援」を行ったり・・・と、日本で行っている”社会貢献事業”に大きく関与されておられます。

また、日本国内においては!大震災の復興に貢献するためのチャリティーイベントに協力したり、自ら被害地に出向いて「音楽で被災者を励ました…など」を行い!全世界でご活躍されているのです。

なので、自身の「生い立ちが不幸であった経験」を忘れずに!同じように苦しんでいる子供たちの心に寄り添いながら「未来ある子供たちに明日が迎えられるように」尽力されているのです。


スポンサードリンク


◇ 拒食症とは?


実は昔!私が住む地元の”ショッピングセンター”に、川嶋あいさんがいらっしゃったことがありました。

その時は、川嶋あいさんは”ゲスト”として招かれて、主に「生トークやライブ」を披露されていたのです。

当時は、私の両親もまだ若くて”J-POP”などを「抵抗なく聞ける年代」でしたので!一緒にイベントに参加したのです。

そして、イベントがスタートして川嶋あいさんの出番が近づくと、会場を仕切っていたMCのお膳立ても整い、会場の熱いファンたちの期待が溢れる最中!ご本人がご登場されました・・・が、見るからに何かが違っていたのです。

【なんと!】以前に、若者たちから多くの支持を集めていた人気番組「あいのり」で主題歌(明日への扉)を歌っていた頃の”お姿”と!その時に出演された”お姿”が「あまりもギャップ」があり、会場に駆けつけたファンたちも「驚きを隠せない表情」をされていたのです。

その違いとは!真っ先に気付くのは「スタイルが超細身になっていた」ことです。

これほど「小柄な女性であったのか?」と、目を疑うほどの小ささで!首周辺の”肉付き”も悪く、そのため”体皮”が張っている感じを与えて、衣装が”ノースリーブ”であったことも影響し”鎖骨”がハッキリと浮かび出し、良く見ると”肌”から「血管が浮き出ている様子」さえ!窺え知ることが出来たのです。

また、アンダーは”スカート”であるため、見るからにウエスト周りがブサブサで、今にもズレ落ちそうな印象を与えます。

見た目の”ビジュアル”が、期待外れの形であったことから!話す声からも”肉圧感”を感じず【さらに!】歌唱した歌声にも「迫力を感じない弱々しい声」に聞こえたのです。

但し、「天使の歌声」は健在でしたので、透き通った”歌唱”には魅了をされましたが!なんだか全体的に「元気のないお姿」に感じました。

まるで、巷でよく耳にする「拒食症のスタイル」に、よく似ていたのです。

なので、隣に居た母親に「拒食症に見えない?」と尋ねると「そうそう」と答えたのです。

流石に!MCを担当していた女性からも、その”変貌ぶり”が気になったらしく!トークの途中で「とても細いですね」と尋ねると、川嶋あいさんは「いいえ」と答えながら”微笑”を浮かべたのです。

話によると、当時は「ランニングが趣味」であったことから!一時期「体脂肪率が”一桁”になるまで痩せていた」とのことです。

但し、基本的に”筋肉量”が少ないことから!”スポーツ選手”と違って「ただ痩せると脂肪だけが燃焼する」ことから、極端に”骨”が見え易い体質となり「拒食症(患者)」に見えたのです。

川嶋あいさんは、ご自身で「拒食症であることを表明していない」ことから!”患者”までには至っていないと思いますが、あまりにも「細過ぎるスタイル」なので、普通に見れば”疑われても”おかしくはありません。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ シングル

・ 2003年に、”つばさレコーズ”が手がけた作品”天使たちのメロディー/旅立ちの朝”がリリースされ「シングルデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(ふ う た @ 距 離 を 保 と う )】

◇ ラジオ

・ 2004年に、”かしわプロダクション”局が放送した番組”川嶋あい On The Street”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(川嶋あい )】

◇ DVD

・ 2004年に、”つばさレコーズ”が手がけた作品”道の途中で…。”がリリースされ「DVDデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(6月のあいみるきー )】

◇ アルバム

・ 2005年に、”つばさレコーズ”が手がけた作品”12個の歌”がリリースされ「アルバムデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(りょーすけ )】

◇ CM

・ 2006年に、”東急スノーリゾート”が手がけた企業CM”スキージャム勝山”に出演され「CMデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(まるちゃん )】

◇ 雑誌

・ 2006年に、”学研”が手がけた作品”16歳の白い地図』”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(坂口あお )】

◇ テレビ番組

・ 2010年に、日本テレビ系列で放送された番組”夢のチカラ”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
川島 愛
読み
かわしま あい
生年月日
1986年2月21日
仕事
女性シンガーソングライター
出身地
福岡県福岡市
所属事務所
ダブルウィング
血液型
AB型