元音楽プロデューサーやミュージシャンとして活躍し、日本の音楽業界”90年代”を一世風靡され!現在は音楽活動から”引退”を表明された「小室哲哉」氏。

その”妻(2019年現)”で、音楽ユニット”globe”のヴォーカリストとして大活躍された女性といえば、大分県出身の「KEIKO」さんがご周知の通りです。

この夫婦!平成の”ビッグカップル”として世間の大きな注目を集めて”ご結婚”をされましたが、現在(2019年10月頃)は、”離婚”に向けた「調停をされている」らしく、マスコミを巻き込みながら揉めに揉めているご様子です。

但し、逆に見ると!一時期、重い病(くも膜下出血)によって「命の危機に追い込まれたKEIKOさん」でしがた「揉める(戦う)気力を持てるほど元気に回復された証」でもあり!ファンにとっては嬉しいことです。

もちろん、”離婚調停”は「泥沼に陥っているご様子で、いつ”真実”が語られるのか」に、連日!注目するファンやメディアで溢れている現状です。

その気になる”離婚調停”や”活動復帰”などを含めて「KEIKO」さんについて紐解いて行きます。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 復帰はいつ?
・ 実家がヤバいとは?
・ 歌えないは嘘とは?
・ 舞台転落デビューとは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 復帰はいつ?


“KEIKO”さんは、ご周知の通り!1990年代後半から、”小室ファミリー”の音楽ユニットであった「globeのヴォーカリスト」に招かれ、独特な”ファルセット”と伸びやかで艶やかな”歌唱”によって、数々の”名曲”を世に送り「小室ファミリーの人気を支えたメンバーの一人」です。

その後「2002年11月に小室哲哉氏と”ご結婚”をされた」後も、順調に音楽活動を続けておりましたが、2011年10月に「くも膜下出血によって自宅で倒れ、大手術により一命をとりとめた」のですが、”リハビリ”が必要となったことから「自宅療養や通院が余儀なくされた」ことから、メディア(音楽活動)から姿を消す事となります。

その後、”実家”のある大分県に戻り「療養生活を送りながら芸能界からは身を潜め」その後の”容態”については、旦那の「小室哲哉」氏からの”発言のみ”で知ることになるます。

なので、毎回!”KEIKO”さんについて大きな動きがあるとは、”小室哲哉”氏が公の場に登場されて、その状況を説明するのが”一般化”される中で【なんと!】ご自身に”不倫疑惑”が降り掛かり!世間やマスコミの”注目の矛先”を変えたのです。

【すると!】自身の”イメージダウン”を恐れ!その後の会見では、”不倫疑惑”を「払拭させるために、”KEIKO”さんに対する日々の”献身的な介護”を繰り返していること」を説明した上で、その”介護”によって「心身共に疲れ果て、芸能活動を継続することが不可能と判断した…など」を理由に、突然!「音楽活動からの引退」を表明されたのです。

当初は「音楽活動から退くほどの事情を抱えていた」と、関係者やマスコミ【さらに!】ファンたちからの”同情”を買ったことから、ご自身の狙い通り!「不倫疑惑を払拭する形に成功」されて、逆に”不倫”を報じたメディアが叩かれる事態となったのです。

【すると!】小室哲哉氏が「音楽活動から引退を表明した」のが2018年1月19日でしたが、その後に、”不倫疑惑”を報じたメディア(週刊文春)との「バトルが勃発した」ことから、小室哲哉氏が訴えた「介護疲れを理由に引退した説は偽証だ」等と主張するメディアとの戦いが、繰り広げらたのです。

同年7月には、同メディアと共に「介護疲れは嘘だ!と主張する”KEIKO”さんの親族」までも担ぎ出し、小室哲哉氏は「献身的な介護は何も行っていない…など」と”暴露”した上で!怒りを露わにされたのです。

また、その”怒りの発言”と共にファンに向けて「”KEIKOさんは順調に回復し、現在は普通に日常生活が送れるほどの”レベル”まで戻った」ことも、明らかにされました。

【さらに!】”身内”からの発言(内部告発)によって「介護疲れ説は偽証」の可能性が見え始めたことから、小室哲哉氏の”引退発言”で「散々叩かれたメディア(週刊文春)側に観戦する同業者」が徐々に増え始めて”情報量”が集まりだすと!その間も「婚姻関係は続いていた」ことから、KEIKOさん側から”生活費”が要求されている事実を明かにした上で、小室氏側から「離婚を切り出されていること」を、報じるメディアが登場したのです。

そのため、夫婦間に”弁護士”が仲買に入り、”婚姻費用分担請求調停”と”夫婦関係調整調停”が行われていることが世に広まり!”離婚”を前提とした”費用調整(離婚調停)”の最中であり、いずれは「離婚が成立すること」を、明らかにしたのです。

但し、”離婚”を受けたKEIKOさん側が「離婚を認めない限り、今まで通りに”生活費”を一生受け取る”権利”が生じる」ことから、KEIKOさんにとっては「非常に美味しい話」なのですが、この件に関してマスコミが地元の”大分県”まで出向き、直接”ご本人”に取材したところ、渦中のKEIKOさんは「”復縁”する気は一切ない」と告げながら「離婚は時間の問題」と”心中”を語ったことから、”美味しい話”には乗る気がない!ことを伝えたようです。

ハッキリしない”離婚問題”が続いている最中!小室哲哉氏が”引退”を発表してから”一年”が経った2019年1月に、突如!KEIKOさんの”公式ツイッター”と見られるSNSが「約一年一ヶ月ぶりに”更新”されて」話題を呼んだのです。

引用元【ツイッター(Ks_tenki)】

この公式ツイッターは、数年の間!”お休み状態”となっており、リツイートの”コメント”しか寄せられておらず「謎のツイッターとしてKEIKO”ご本人”のモノではない疑惑」が浮上したモノの、ツイッターの”更新”が途絶えた時期が「ご本人が”体調”を崩した頃から」であったので、それだにけに!KEIKOさんを心配する声が伝えられていたのです。

しかし、ご自身の”回復”と共に!徐々に”更新”されるようになって「元気であることを伝えるツイート」が増え始めたのです。

つまり、心配されていた「アカウントはご本人のモノで間違いなかった」ことが証明され!その様子がこちらです。↓↓↓

引用元【ツイッター(Ks_tenki)】

引用元【ツイッター(Ks_tenki)】

引用元【ツイッター(Ks_tenki)】

引用元【ツイッター(Ks_tenki)】

以前に、”フォロワー”から寄せられていたコメントの中には「もう歌う事はもうできない…など」と!伝えるメッセージがあったのですが、”ツイート”を復帰されたご様子↑を窺うと「カラオケで歌いました」とのツイートが、”二度”に渡って投稿されているのです。

つまり、昔のような”美声”が「復活した?してない?」は別として!以前に「KEIKOさんの”声”が二度と聞けない」と悲しんだファンたちにとっては「シンガー復活の希望を与えるコメント」を伝えたことで、多くのファンや関係者から歓迎されたのです。

しかし、まだ「高次脳機能障害が残っている」事実を伝えているので!”完全回復”とはいかないモノの、本人も以前のように「歌手として再び輝きたい」と思っている可能性もあり!”本腰”になるには相当!「時間を要する」と思いますが、また元気に”音楽活動”に復帰されて「ステージで素敵な歌声が聞ける日」が待ち遠しいモノです。

小室哲哉氏との”離婚問題”や、ご本人の「音楽業界からの引退」によって!音楽ユニット「globeの復帰は消滅した」と考えて間違いありませんが、KEIKOさん個人での「復帰の可能性」が残されているので、是非!ファンたちのためにも、”前向き”に考えて頂きたモノです。


スポンサードリンク


◇ 小中高校は


KEIKOさんは1972年8月18日生まれの47歳(2019年)で、ご出身は「大分県臼杵市」です。

ご出身の”大分県臼杵市”にあるご自宅で、ご両親と姉の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、KEIKOさんも(大分県臼杵市)内の小・中学校に通っていたと推測できます。

最新の情報では、ご入学された小学校は地元の大分県臼杵市にある”臼杵市立臼杵小学校”と伝えらえれております。

大分県臼杵市にあるご実家では、”老舗料亭”を営んでいるそうで!県内きっての老舗店「山田屋」であることは、ご周知の通りです。



引用元【インスタグラム(NAVERまとめ)】

そのため、幼少期から”高級料理”が食卓に並ぶことが多かったそうです。

昔からご両親(特に父親)が、大の”歌好き”であったらしく!その影響で「二歳年上の姉」と共に、幼い頃から”歌うこと”が大好きな少女であった模様です。

幼少期の”KEIKO”さんの”十八番”といえば、演歌歌手「松村和子」さんの「帰ってこいよ」であったらしく!料亭の”常連客”からリクエストがあれば、お座敷に上がって「自慢の演歌を熱唱されて、客を楽しませていた」そうです。

なので、幼い頃から”御捻り”を、たくさんもらっていたことでしょう。

そんな”歌好き”であった小学時代を終えると、地元の大分県臼杵市にある”臼杵市立東中学校”に進まれました。

中学生になると、”スポーツ”にも興味を持ち初めて”バスケットボール部”に入部されたそうで、チームメイトと”青春の汗”を流して体を鍛えつつ!大好きな「歌い手」を目指して、たくさんのオーディションに参加していたそうです。

【ところが!】受けたオーディションは全て”不合格”で終わり!やはり、”音楽スクール”や”歌のレッスン”に通っていないと「オーディションの審査は通らない」と、幼心に”痛感”されたそうです。

しかし、中学校当時は「交換日記をしていた男子生徒が居た」とのことなので、きっと!オーディションに失敗した日には「その彼から励まされていた」ことでしょう。

ちなみに、この彼とは中学二年生の時に「交際一周年を記念して”キス”をした」とのことですが、KEIKOさんにとっては「それが自身初のファーストキス」となったようです。

そんな「甘酸っぱい青春を送った」中学時代を終えると、高校も地元の大分県臼杵市にある”大分県立臼杵商業高等学校”の「商業科」に、ご入学されました。

この高等学校の当時は、大分県内でも「歴史のある高校」として有名であり、入学時は「たくさんの志望者で活気のある学校風景を見せていた」とのことですが、”少子化”が進んだことで「生徒が激減した」ことから、2012年4月から!地元にあった複数の高校と”統合”されて「大分県立津久見高等学校」が誕生しました。

なので、統合前の”大分県立臼杵商業高等学校”は!既に”閉校”となっており、KEIKOさんの「通っていた”母校”は閉鎖された」のです。



引用元【インスタグラム(NAVERまとめ)】

高校時代は「非常に優れた学生」とのことで、特に”英語力”に長けており!英語検定三級を取得したそうです。

【さらに!】”商業科”であったことから「情報処理・簿記・経済・マーケティング…など」を、真面目に学び「情報処理検定三級や簿記実務検定二級」などの”資格試験”を取得されて、ビジネスに必要な知識を身に着けていたそうです。

学校(内)では「真面目な生徒の一面」を見せていた一方で、学校(外)では相当な!「イケイケな姿」を見せていたらしく、決まって”週末”になると!自身の”姉””と、その”友達”とで「大分市内のディスコに出向き遊んでいた」ようです。

昔から「歌い手に興味があった」ことから!学校の”文化祭”を催した時に、音楽好きな友達を集めて、当時!人気が絶頂期だった女性バンドグループ「PRINCESS PRINCESS」を真似た「パリンセスパリンセス」を結成されて”ヴォーカル”を担当したそうです。

但し、このバンドは「文化祭をメインに結成された一時的になモノ」なので!ご周知の通り、イベント終了後には”解散”をされています。

もし、その”バンド”を本格的に活動していれば話が変わった可能性もありますが「バンドを解散し”歌い手”から離れた」ことから、高校を終えると大学へは進学せずに”就職”を選択されて、大阪にある「ホテル・ニューオータニ」へ入社を果たし、ホテル内にある「日本料理店」で、働き始めました。

しかし、”ホテル・ニューオータニ”には長く務めなかったご様子で!その後に、大阪の”心斎橋”にある「ブティック店(エルミタージュ)」へと転職されております。

その”ブティック店”では【かなり!】”人気”が高かった!らしく、後に語っておりますが「ご自身の人生の中で、この頃が一番モテていた時期」とのことです。

しかし、自身の”誕生日”を向かえた時に「久しぶりにカラオケで”歌唱”する機会」があったらしく!その時に歌ったことで「自身が昔から憧れていた”歌い手”になることを思い返した」ことから、本気で”歌手”になりたい!と、思うようになったそうです。

そこから「芸能界(歌手)の扉」に”足”を踏み入れ始めます。

その後、”歌手人生”を志した自身”22歳(1994年)”の時、「小室哲哉」氏が主宰して開催されていた「新人女性シンガーオーディション”EUROGROOVE NIGHT”」に出演されます。

【すると!】”審査”を勤めていた小室哲哉氏が「舞台裏に居たことから審査を受けないまま」ステージへと上がり、もちろん”熱唱”していたKEIKOさんの”ビジュアル”は見ていなかったことから、舞台裏で「歌声だけ」を聞き【さらに!】あまりにも”熱唱”過ぎたKEIKOさんが「ステージから転落する”ハプニング”を起こした」ことから、一挙に!注目を集めて「その”魅力的”な歌声と”根性”のあるステージパフォーマンスをお気に召した」ことから、見事に!”合格”を果たして「夢である歌手」へと一歩!近づきました。

その後、”歌手活動”を本格的に始めた当初は!”フランス”出身のミュージシャン「マーク・パンサー」氏と、音楽ユニット「Orange」を結成されて「二人だけの歌手デビュー」を予定していたのですが、突如!小室哲哉氏から”globe”にしよう!との「鶴の一言によって急遽!”globe”が結成された」そうです。

そして、1995年8月に!自身たち初となる1stシングル「Feel Like dance」をリリースされて「メジャーデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(yasu )】

【すると!】音楽ユニット「globe」は、”初デビュー”にも関わらず!1stシングル「Feel Like dance」が、オリコンチャート初登場で”三位”を獲得されて、日本の音楽会に”衝撃”を与えました。

その後は、瞬く間に「出す曲・出す曲…が大ヒットを記録」されて、音楽業界を大いに盛り上げました。

特に、1996年1月にリリースした4thシングル「DEPARTURES」は、売上枚数が”230万枚”の「ダブルミリオン」を達成されて、当時は”ミリオン”の言葉は「よく耳にする時代へとなっていた」モノの、”ダブルミリオン”など!伝えられたことも無く、その「衝撃過ぎる枚数」に驚かされたものです。


引用元【ツイッター(Ziggy??Bow GIF乱用します?? )】

その後も「音楽ユニットglobeの飛躍」が続き!2002年11月には、ヴォーカルの”KEIKO”さんとプロデューサー兼ミュージシャンの”小室哲哉”氏が”ご結婚”をされました。

それを堺に「globeの活動が鈍り初めた」ことから、KEIKOさんが”表舞台”に出る機会も減り始めて、徐々に”ユニット(globe)”の人気も落ち始めて行きます。

【すると!】KEIKOさんは、”作詞作り”に専念するようになり!”ソロ活動”で行う時は、歌手名を「KCO」と名乗って「個人での活動」をスタートさせます。

また、”globe”に参加してからは行って居なかった「他のバンドへの参加」も見せ始めて、徐々に小室哲哉氏から離れて行きます。

【すると!】2008年になると、”ソロ活動”を本格化させるため!個人だけで大手音楽事務所の「ユニバーサルミュージック」への”電撃移籍”を果たし!「ソロ・シンガーKCO」として、本格的に音楽活動を始めます。

その頃から”小室哲哉”氏は「不幸な時期に突入した」らしく!同年11月には、”個人投資家”への著作権売買問題で「詐欺容疑で逮捕された」のです。

“個人”で音楽活動をスタートさせたKEIKOさんでしたが、旦那(小室哲哉氏)が「多額な借金を抱えていた事実を知っていた」とは言え!さすがに”警察沙汰”になるとは予想もしていなかったのか?その事件によって、ご自身の”ソロ活動”にも影響が出始めて行くのです。

その”ご苦労”や”ストレス”を抱えたまま、ご自宅で過ごしていた”ある日”、突然!”クビ”の後ろに激痛が走り倒れて、救急車で病院へ搬送されると「くも膜下出血」であることが明らかとなります。

但し、早急に搬送されて処置が行われたことや「症状も”初期状態”であった」ことから、大事には至らず!脳への影響(後遺症)なども確認されなかったことから、体調が良好になるとすぐに退院されて「通院によるリハビリへと切り替わり」自宅療養を行うようになります。

その後は、出身地である大分県の実家に戻り!故郷でゆっくりと”実家療養”を行いながら田舎生活をされておりました。


スポンサードリンク


◇ 実家がヤバいとは?


【実は!】KEIKOさんのご実家は、大分県でも有数の”老舗料亭”として有名な「山田屋」を営んでおります。

“創業”などの詳しいことは分かりませんが、大分県の特産品である”河豚”を得意とした「ふぐ料亭」を、以前はKEIKOさんの”父親”が経営されていたそうです。

しかし、2007年に「脳内出血」によって!享年”63歳”の若さで”お亡くなり”になり、現在は”二歳年上”の「姉(山田文恵さん)」と「母親(山田喜美代さん)」とで、経営を続けているそうです。

以前からネット界では、ご実家の「山田屋の佇まいが写し出されたショット」が、ファンの手によって拡散されており!KEIKOさんの実家は”模索”するファンたちで溢れておりましたが、今では正体(所在地)が明るみになっており、大分県臼杵市にある老舗料亭”山田屋”が「KEIKOのご実家であることが判明されている」のです。

なので、幼少期の頃から!食卓には”高級料理”が並ぶこともあったらしく!二歳年上の”姉”と共に、美味しい料理を食べながら育ったようです。

そのため、姉の「山田文恵」さんは、相当!”舌が肥えた”らしく、現在は”山田屋”の支店でもある東京都港区西麻布に店を構える「臼杵ふぐ山田屋」で、経営をなされているそうです。

このお店は、”ミシュラン”で「三ツ星」が与えられているほどの「高級店として有名」です。



引用元【サイト(comolib.com)】

こちらショットは↑お店の”スタッフの皆さん”とのことで、”着物姿”の女性が「お姉さん(女将さん)」なのでしょう。

【さらに!】支店は、地元の大分県に”もう一店舗”構えているそうで、東京の”丸の内”にも一店舗があり、合計四店舗を経営されているそうで、

そのため、相当な!”金持ち”であることは間違いないでしょう。


スポンサードリンク


◇ 歌えないは嘘とは?


KEIKOさんは、2011年10月に!難病の「くも膜下出血」で倒れて、その後に”回復”に向かっているモノの、、以前からの”噂”として「難病を患って、もう歌が歌えない…など」と、”誤報”が伝えられて!ファンたちから「悲しみの声が多数!寄せられていた」のです。

その、”誤報”の要因となったのは!元”globe”のメンバーであった”フランス”出身のミュージシャン「マーク・パンサー」氏からの”一言”が、大きな”波紋”を呼んだのです、↓↓↓

唯一残念かもしれないのは、新曲が歌えないこと。現在記憶がないから新曲が歌えない。でも、それも俺は絶対治るとは思うし。自然のままいくべきなんじゃないのかなというふうに思っていて、そうTKにも話して、そう妻にも話して、そうKEIKOと会うときにも話しているんですよ。

※ 引用元【サイト(logmi)】


この時の取材に対して”マーク・パンサー”氏が「新曲が歌えないこと…など」と語った一言で、一気に「KEIKOさんは、もう歌えない説」が浮上するようになり、多くのファンたちから「心配される事態へとつながった」のです。

しかし、”くも膜下出血”で倒れ当時は「症状が”初期状態”であったことや、早期に治療を開始したことが幸いとなり!脳への後遺症(高次脳機能障害など)も、特に心配する必要が無い」と診断されていたので、、ファンたちや関係者の間から”安堵”されていたのです。

その後は、大分県にある”自宅”へと帰郷されて!家族と一緒に”静養”を取っていたことから、症状が”改善”されて「カラオケで歌えるほどの元気を取り戻している」のです。

そして、2019年1月に!KEIKOさんの”公式ツイッター”と見られるSNSが、約”一年一ヶ月”ぶりに更新されて!ファンたちに向けて「元気な姿をアピール」されて、安心を与えたのです。

またその後もツイートは続き、同年3月3日のツイートでは↓↓↓


引用元【ツイッター(Ks_tenki)】

そこには、”もう歌えない…”等と伝えられていたKEIKOさんが【なんと!】カラオケ店に行って「たくさん歌いました。」との”ご報告”が投稿されており【しかも!】コメントの最後には「♪のマークを付けるほどの喜びよう」を見せたのです。

恐らく!ツイートした日が”3月3日”なので「姪っ子さんと”雛祭り”をお祝いしてカラオケ店に一緒に行った」と予想され、大いに”歌いまくった”のでしょう。

【さらに!】”五日後”の3月8日にも!”カラオケ店”に出向いた様子が窺えるご報告をされております↓↓↓


引用元【ツイッター(Ks_tenki)】

ご本人が!これだけ「歌った証拠を残している」のですから、誰が見ても「歌えない…など」とは、言えないはずです。

もし、”記憶障害”のために「歌詞が覚えられない状況」ならば、遠慮せずに!「歌詞を見ながら歌っても誰も責めない」し、今では耳に付ける”イヤフォン”のワイヤレス化が普及しているので、それを上手く使いながら歌唱する方法もあるし・・・要は「KEIKOが歌っている姿をファンたちは期待している」のです。

一日も早い「音楽会復帰」を、期待するところです。


【参考記事】▽▽▽ (※ 内容が伴っていない可能性も御座います)
北村匠海の話|インスタで歌唱や絵の才能冴える|端正なスーツ姿
“子役”出身の俳優で、テレビドラマや映画でご活躍中の若手人気役者の「北村匠海」氏!…
https://www.restcma01.com/category/material_talk/instu_actor/kitamura_takumi_ina/

中村ゆりの話|インスタでYURIMARI以来の歌唱|お酒が大好き
“韓国国籍”でありながらスッカリ!日本の女優として定着し、”スレンダースタイル”が特徴的な元歌手で、今では「名脇役」の呼び名で人気が高い女優の「中村ゆり」さん!…
https://www.restcma01.com/category/material_talk/instu_actress/nakamura_yuri_ina/

上白石萌音(女優)インスタで萌歌(妹)の20歳を祝う!両親は教師?
いつも口にすると、”舌”を噛んでしまいそうになる”上白石姉妹”の姉「上白石萌音」さん!何やら?2020年2月28日にご自身の公式SNS(インスタグラム)を更…
https://www.restcma01.com/category/material_talk/instu_actress/kamishiraisi_mone_ina/



スポンサードリンク


◇ 舞台転落デビューとは?


この話は、あまりにも”伝説的”で有名な”出来事”なので、globeファンやKEIKOさんファンなら!誰もが知る”エピソード”なのですが、メジャーデビューを果たす前のKEIKOさんは、音楽イベントの舞台(ステージ)から「大きく転落したことがある」のです。

それは、自身が本格的に芸能界で”歌手”として活動する前の出来事であり、学生時代から”オーディション”で「不合格が続いた」最中に、唯一!「合格を果たすことが出来たオーディション」が、”globe”の誕生のキッカケとなった!”小室哲哉”氏主催の”新人発掘オーディション”の「EUROGROOVE NIGHT」でした。

このオーディションは、小室哲哉氏が”主宰”して行われていた小規模のイベントで、小室氏は”審査員”も務めていたのです。

しかし、KEIKOさんのパフォーマンスの時に!たまたま小室氏は”楽屋裏”に居たことで「直接”目の前”で審査を行っていなかった」とのことです。

【すると!】KEIKOさんはの「熱唱(歌声)」だけを耳に入れ【さらに!】あまりに”熱唱”し過ぎたKEIKOは「己を忘れて突如!ステージから”転落”して姿を消し、観客がザワつき始めた」ことから!初めて「KEIKOさんの存在を知った」のです。

周りの”証言”では、相当!「派手に転落した」ことを語っており!それでも「何事も無かったようにステージに戻り歌い続けた」とのことなので、その”ハプニング”がなかったら、きっと「小室哲哉氏には気づかれずに終わったであろう」と、口を揃えて言っているのです。

なので、小室哲哉氏も「その強い”メンタル”と優れた”歌唱力”に魅かれて”合格”を与えた」そうです。

もちろん、その時のイベントで求めていた音楽プロデューサーとしての「小室哲哉」氏の”音楽性”や、望んでいた”スタイル”などが、KEIKOさんの”歌声”や”パフォーマンス”と「マッチした(リンクした)」ことが大きいのであり!、小室氏が僅かに描いていた「新ユニットの”イメージ”に近づいた」ことが、KEIKOさんの「合格につながった」ことは言うまでもありません。

それが故に!音楽ユニット”globe”は「KEIKOさんの”転落事故”があったからこそ誕生したユニット」であり!小室哲哉氏よりもKEIKOさんのイメージが強いグループとして、大きな人気を集めたのです。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ シングル

・ 2000年に、”avex”が手がけた作品”on the way to YOU”がリリースされ「シングルデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(tarochan )】

◇ アルバム

・ 2008年に、”ユニバーサル・シグマ”が手がけた作品”O-CRAZY LUV”がリリースされ「アルバムデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(mk@ハケンの品格 )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
山田 桂子
読み
やまだ けいこ
生年月日
1972年8月18日
仕事
歌手
出身地
大分県臼杵市
所属事務所
エイベックス・ヴァンガード(2019年)
血液型
A型