TBS系列で毎年放送されている恒例の音楽番組「音楽の日2020」が、今年も開催されることが分かり!出演アーティストが次々と発表される中、日本の女性ヴォーカリストで”90年代”を代表する歌手の一人「倉木麻衣」さんの出演も決まった模様です。


引用元【インスタグラム(mai.kuraki)】

今年の”音楽の日”は、第五回目の開催となり!年々出演するアーティストたちの数が増え【さらに!】豪華な”顔ぶれ”が揃う「TBSを代表する音楽番組」です。

また、番組内では!今流行りの「リモートによる出演」なども予定されているそうで、見どころ満載の”ラインナップ”が揃っているようです。

その中で、女性ヴォーカリストの「倉木麻衣」さんの出演も決まった模様ですが!倉木麻衣さんと言えば、昨年(2019年)に放送された「某放送局を代表する音楽番組」に出演されて!あまりにも「激変した歌声」と、一世代を代表する「歌姫とは思えぬ歌唱」で、多くの”非難”と”心配”を受けたことが記憶に新しいところです。


引用元【ツイッター(ひろちい00 )】


引用元【ツイッター(はちま起稿 )】


引用元【ツイッター(エンタメニュースフラッシュ )】

“倉木麻衣”さんと言えば、数々の”ミリオンセールス作品”を連発されて!超有名ヴォーカリストとして、”国民的”に人気の高いアーティストですが、それと同時に!少年マンガ「名探偵コナン」の”主題歌”を、何曲も担当されて!”21曲”歌唱したことは「世界ギネス記録に認定された」ことでも有名です。


引用元【ツイッター(倉木麻衣 Staff )】

当時のJポップシーンでは、”陽”の「宇多田ヒカル」さん!”陰”の「倉木麻衣」さんとして!表舞台に出る機会が、ほとんど無かった「倉木麻衣」さんですが!最近では、堂々とテレビ出演に応じるようになり「歌番組やトーク番組」などに積極的に参加されておりますので、昔のような「影の歌姫のイメージ」は【かなり!】薄れて来ました。

但し、”ご年齢”的に見ると!「30代半ば」を超えて、”喉”の調整も思うように上がらないらしく!特に、”生番組”での「不調がチラホラと見られるようになった」模様です。

なので、そろそろ「ご結婚のお話」も!チラホラと聞こえるようになったご様子ですから「ヴィーカリストとしてのご活躍が終りを迎えている」様な、印象を受けます。

そんな、今回の”音楽番組出演”も心配の声が絶えない倉木麻衣さんについて紐解いて行きます。



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 子供が居るとは?
・ 年齢・本名とは?
・ 噂の人物とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


倉木麻衣さんは1982年10月28日生まれの37歳(2020年)で、ご出身は「千葉県」です。

ご出身の”千葉県”にあるご自宅で、ご両親とご本人の三人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、倉木麻衣さんも(千葉県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の千葉県にある”船橋市立前原小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”ご本人”がいて、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

父親は、”俳優”であり!実業家の「山前五十洋」氏、祖父は”詩人”の「山前実治」氏、祖母は”女優”の「滝沢れい子」氏・・・と、見事なまでの「著名人揃いの一家」に生まれ育ちました。

祖父が”演歌”を好んでいたことから、ご自身が”歌手”を志したのは「著名人であった祖父の影響が大きかった」可能性が否めません。

そのため、当時では珍しい「カラオケセット」が!自宅に完備されていたそうです。

幼い頃から「自分の世界観が強い少女」であったことから、特に”狭いところ”が大好きであり!自宅にある”狭い部分”に入っていることが、非常に多かった子供の様です。

自宅が、”著名人”が揃った一家であったことから【かなり!】”裕福”なご家庭であり、”ピアノ”や”エレクトーン”の「習い事」に通っていたそうです。

その時に、ピアノのレッスンを担当していた先生から「ピアノを弾くより歌の方が向いている」等と、告げられたことがキッカケとなり「歌唱に興味を持ち始めた」模様です。

その一方で、”アイスクリーム”が大好きな少女であったことから!”将来”は「アイス店をやりたい」と思っていたそうです。

小学校時代に入ると、学校の”部活”とは別に「担任が作ったサバイバル部」に入部していた模様です。

”活発”な小学時代を終えると、中学校も地元の千葉県にある”船橋市立前原中学校”にご入学されました。

倉木麻衣さんは、一見!”お嬢様”に見られガチですが「小・中学校」は、地元の千葉県船橋市にある「公立校に通っていた」ことから、特別「お受験(入試試験)」などは行わずに”進学”をされております。

中学校時代に入ると、学校に設けられてある”バスケットボール部”に「仮入部」をされますが!”早朝練習”が「ハード」であったことや、朝が「苦手なタイプ」であったことから!”付いて行けない”と判断されて「本入部」を諦めたそうです。

なので、中学時代の”部活動”は「合唱部や演劇部」に入部されていたご様子です。

【すると!】”個性”のある「声」や、意外な”才能”を見せた「演技力」が!大きな”評価”を受けて、船橋市で開催された演劇大会で、見事!「個人賞」を獲得されたそうです。

その一方で、昔から「自分の世界観が強い少女」であったことが影響してか!急に”学校生活”に「嫌気をさした気分」に陥り、その場に居るのが嫌になったことで!早々と”帰宅”をされて、学校から「姿を消した」ことから、校内で大騒ぎとなったそうです(笑;)。

意外な”一面”を、たくさん見せた中学時代を終えると、高校も地元の千葉県にある”聖徳大学附属高等学校(現:光英VERITAS中学校・高等学校)”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「女子校」で、”学科”は「普通科と音楽科」の”二科”が設けられております。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

この高等学校は「中高一貫教育」であるため、通常は”中学入試”を経て「入学するのが一般」ですが!倉木麻衣さんの場合、”高校入試”を経てから「ご入学に至った」模様です。

【実は!】この高等学校は「芸能活動を禁止していた」ことから、”歌手志望”であった倉木麻衣さんとしては「堂々と歌手活動が出来なかった」ことが影響をされて!周りにバレないように「倉木麻衣」の名前を隠し通しながら、密かに!活動を行っていたそうです。

なので、”密かに”!音楽スタジオでのレッスンに臨んでいた模様です。

【ところが!】ある日、友達が見つけた”雑誌”の中に!倉木麻衣さんに非常に似た「人物が写っていた」らしく【しかも!】”誕生日”も”本名(青山真衣)”も似ていることを発見したことで「怪しい眼差しで見られるようになった」ことから、当時の「高校に居づらい環境」に陥ってしまうのです。

【そこで!】「バレるのは時間の問題」と判断されて、高校二年生の時に!通っていた”レコード会社”に最も近く【さらに!】多くの”著名人”や”プロスポーツ選手”を輩出していた、大阪の京都府にある”立命館宇治高等学校”に「編入する形」で”転校”をされて、高校をご卒業するまで「大好きな音楽活動を堂々と熟せる環境」を作ったのです。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

但し、普通科は”専門コース別”となっており「IGコース・IMコース・IBコース」などが設けられております。

“新しい”高校時代に入ると、音楽活動を盛んにし始めたことから!急激に”才能”が開花されて、高校二年生の時にリリースされた、ご自身初となる”デビューシングル”の「Love, Day After Tomorrow」が、”新人”としては異例の大ヒットを記録し【さらに!】2ndでリリースされた楽曲「Stay by my side」、3rdの楽曲「Secret of my heart」が、立て続けに”ミリオンヒット”を記録したことから、一挙に!「学業どころではない生活」をスタートさせたのです。

ちなみに、ここまでの”大ヒット”を記録したのは!新しい高等学校へ「転校したことでの先生方の協力のお陰」と、後に語っておられますので、相当!”学校側”の協力があったことは間違いなく、もし!以前の「芸能活動を一切!許していなかった高校」に残っていたのなら!ここまでの「大躍進は見られなかった」可能性が否めないのです。

“仕事”や”学業”では、大きな「躍進を見せていた」その一方で!私生活では、高校三年生の時に「ご両親が離婚をされた」模様で、どちらの”娘”となったのか?は分かっておりませんが「片親との生活」をスタートさせた模様です。

その後は、”全国区”となった「人気女性アーティスト」として!活躍する一方で、”学業”も疎かにせずに「大学入学を狙っていた」ことから、”一時的”に!音楽活動の方を低迷させます。

【すると!】全ての意味で「初事」が続いた高校時代を終えると、希望通りに”大学”に進学されて!高等学校はの”系列校”でもある”立命館大学”の「産業社会学部」にご入学されます。

但し、この大学へは!通常の”一般入試”では無く、ご自身の最も得意とする「音楽活動」が認められて「AO選抜入学試験での進学」を、果たされたのです。

大学進学を叶えると、入学された”産業社会学部”では「自分の好きなテーマを追求できる学部」であり!今までとは”一味”違い「音楽活動に対する”縛り”が一切無くなった」ことで、学校側からの「一個人の才能をバックアップしてくれる環境」に恵まれたことから【なお一層!】今まで以上に、音楽活動に専念されます。

元から、”学業”に対しても「真面目に取り組む姿勢」であったことや、既に”歌手”として「成功を収めていた」ことも”要因”となり!音楽活動と共に、大学の”キャンパスライフ”も充実させていたことで、この時期は【かなり!】「充実した毎日を送っていた」とのことです。

その後、2005年3月に!同大学をご卒業をされると”社会人”となり、本格的に”音楽活動”をスタートさせ!たくさんの「作曲・作詞」を手掛けて行きます。

現在では、ご卒業された”同大学”において!「客員准教授」としてご活躍されている模様です。

ちなみに、ご自身が「歌手デビュー」を飾った時代には!歌手の「宇多田ヒカル」さん「MISIA」さんなどの「R&B系の楽曲」を得意としていた”ヴォーカリスト”に人気が集まり!それ以前に、日本の音楽界を牛耳っていた「ダンス&ミュージック」で一躍!人気を集めていた「小室ファミリーの時代」に、限りが見え始めていた頃でした。


引用元【ツイッター(ローチケ(ローソンチケット) )】

なので、日本の”音楽界”から「耳にしたこのない楽曲を聞いた高齢や若い世代」に!”R&B系”の楽曲が大きくウケて【さらに!】日本人に親しみやすく!馴染みやすい「透き通った声」が、”歌謡曲”ファンの「心を捉えた」ことから!”倉木麻衣”さんや”宇多田ヒカル”さん等の「ウイスパーボイス」を得意とする”ヴォーカリスト”の登場によって「小室ファミー時代の幕が閉じた」のです。

しかし、音楽活動の”方向性”は!小室ファミーの”スタンス”として「全面的に”表”で表現するスタイル」に対して、一方の!”倉木麻衣”さんや”宇多田ヒカル”さん【さらに!】”MISIA”さんなどの”音楽スタンス”は、表には出ずに”裏”で活動する「作詞・作曲を全面に表すスタイル」であったことから「ヴォーカリストの力だけで勝負するスタイル」が、大きな人気を集めた要因なのです。

つまり、他の”タイアップ”などに頼らずとも「楽曲だけで世間から支持される時代」となったのです。


スポンサードリンク


◇ 子供が居るとは?


倉木麻衣さんは、学生当時(高校)から既に!たくさんの「ミリオンセールスの楽曲を手掛けていた」ことから、現在までの”芸歴”は!概ね、1999年代からの「20年近いベテランの領域」に入った芸能人です。


引用元【インスタグラム(mai.kuraki)】

また、”年齢”的も「30代の中盤」であり!既に「結婚適齢期は超えている」と言えるので、”ご結婚”をされていても、おかしくない「お年頃」なのです。

なので、”旦那”の一人や二人!あるいは、”子供”が居てもおかしくない「年代の女性」なのに!今だに「未婚で未妊娠の女性」なのです。

但し、”芸歴”が長い分!今までに「様々な”噂”が浮上した」こともあり【なんと!】一説には「子供が居る」等と!”世間”や”ネット”で大きく広まったことがありました。

その”理由”として、ご自身が「大のマンガ好き」であることや!昔から携わっている”仕事”の中で、子供たちから大人気のマンガ「名探偵コナン」に、”深く関与”されていることから「子供が居る女性のイメージ」を持った、ご自身のファンやマンガファンが現れたことが大きな要因なのです。

確かに、”名探偵コナン”の最新作が発表される際には!メディア対応のために、”ご自身”もイベントに「参加されるケースが増えている」ことから、子供を「取り巻く環境に携わるスタイル」を見せており!子供たちからの”支持”が強い分!”子供好き”と思わる大きな要因につながっていることは、言うまでもありません。


引用元【ツイッター(ORICON NEWS(オリコンニュース) )】


スポンサードリンク


◇ 年齢・本名とは?


倉木麻衣さんは、1982年10月28日生まれの37歳(2020年)です。

一般的な”プロフィール”によると、本名を「非公開」となされているので!正確には分かりませんが、祖父や父親の名字を見ると「山前」なので、倉木麻衣さんも「山前の苗字」と考えるのが一般的です。

しかし、本名は「青山真衣」さんと呼ぶらしく!苗字は「山前」では無いのです。

本名の「真衣」が、芸名の「麻衣」と名付けたのは理解できますが!なぜ、”苗字”が「山前」から「青山」に変わったのか?非常に疑問を感じます。

【実は!】ご自身が高校三年生の時に、ご両親が「離婚」をされていることから!恐らく、”母方”の性が「青山」であり、そちらに「引き取られた可能性」が高く!戸籍上は「青山の苗字となっている」と、容易に想像が付きます。

ちなみに、”ご入学”された高校を!新たに”立命館宇治高等学校”に「編入」される際に、通常は「本名での書類審査」を受けるのが一般的なのですが!既に「芸能界デビュー」を飾られ【しかも!】”知名度”が抜群に高く!”人気”も大きかったことや、ご自身の「強い希望でもあった」ことから、”芸名”の「倉木麻衣での入学を許可した」とのことです。



引用【ブログ(オールウェイズニュース☆トレンド)】

なので、この”高等学校”は相当!「芸能活動に対する思考がポジティブ」であることが理解でき【さらに!】倉木麻衣さんが「この学校を選んだ理由」なども、窺え知ることができます。

通常ならば、”SNS”が普及した現在では!”芸名”で入学すると、直ぐに「ネットで拡散される」ことから!たとえ「学校側が許していたとしても”本名”でご入学するのが一般的」です。

もちろん、倉木麻衣さんの学生時代は「ソーシャルネットが普及していなかった」とは言え!非常に”人気”を集めていたアーティストであった!だけに、”芸名”での高校進学には、相当!”勇気”が必要であったはずです。

【実は!】この頃に、父親でる「山前五十洋」氏と!非常に「仲が悪かった」らしく、”疎遠”な状況に陥っていた程の「悪化ぶり」であったことから、敢えて!”本名”を名乗るのを「拒んでいた可能性がある」のです。

恐らく、その”事情”もつながり!生まれ育った地元の千葉県から、大阪京都府にある”高等学校(立命館高等学校は)”へ「編入した理由の一つ」と、見られている模様です。

つまり、ある意味では!その時の”出来事”によって、”青山真衣”さんの「名前が封印された形」となった訳です。


スポンサードリンク


◇ 噂の人物とは?


倉木麻衣さんは、”芸能歴”が長い分!今までに、たくさんの「男性たちとの噂」が絶えないアーティストの一人です。

学生時代から、既に!人気”女性アーティスト”として、活動をされており!もちろん、通っていた学校では、相当!”モテモテ”であったらしく【さらに!】大学時代(立命館大学)になると【なお一層!】人気を集めていたことや、”自由度”が増していたことから!”モデル風”の「一般男性と噂されたことがある」のです。

やはり、”一般学生”とでは「不釣り合い」であったらしく!”それ相当”の男性と付き合っていたご様子で【しかも!】「同棲の噂」も伝えられていたのです。

“人気絶頂期”の最中でありながら「同棲の噂」が伝えられたことで、ファンたちの間では「売名行為・メディアの人気取り・惚れた男にはゾッコンタイプ…など」の、”憶測”が伝えられていたモノです。

但し、”学生時代”が去った後は!その男性と「別れたらしい…」との情報が伝えられ、その時の”経験”は間違いなく!その後の「楽曲に反映されている」として、ファンたちの間では”有名な話”です。


引用元【インスタグラム(mai.kuraki)】




次に、”噂”の相手に挙げられたのが!倉木麻衣さんの”バックバンド”に加わっていた「杉本一生」氏です。



引用【ブログ(最新ニュース!芸能エンタメまとめサイト)】

昔、流行した「バンドブームの時代」には!その”バンド”の”人気”が上昇すると、あまりの”忙しさ”から「バンド内での恋愛に発展するカップル」が多かったモノです。

なので、倉木麻衣さんも!同じ”バンド内”に居た「杉本一生」氏との「交際説が浮上した」モノであり、音楽業界の”時代背景”から見ても「信憑性の高い話だ」として、大いに盛り上がったのです。

しかし、倉木麻衣さんの!あまりの”人気ぶり”に、所属事務所サイドが「スキャンダルネタを嫌った」らしく!それが”理由”で「二人の仲が続かなかった」と、後に語られたのです。

もちろん、”真相”は闇の中ですが!今でも、倉木麻衣さんが「中々、結婚できない原因は”事務所”が深く関係している」等と、伝えられる様になったのは!それが大きな”理由”なのです。

何せ、その当時に所属していた芸能事務所と言うのが【かなり!】”芸能メディア”への影響力が強かった!ことで有名な事務所であり「不祥事が伝える前に揉み消すのが得意な事務所」として、関係者の間には、知れ渡っていたからです。




次に、”噂”に登った人物とは!大物俳優「S」氏です。


引用元【インスタグラム(hotgimmick_official)】

上の”インスタショット”を見れば↑一目瞭然ですが(笑;)大物俳優「S」とは、俳優の「反町隆史」氏のことです。

以前に、某局の”テレビキャスター”を勤めていた人物が!”メディア”からの取材に対して「口が滑ってしまった」ことで、倉木麻衣さんは「奥さんが居る大物俳優Sと交際している…など」の、”爆弾発言”を口にしたことから、大騒ぎとなったのです。

【ところが!】この時は、大物俳優「S」氏は!近所の「犬問題でそれどころではなかった」ことから【寧ろ!】”そちら”の方に「メディアでの目を引き寄せていた」ことで、誰もが!”ある”テレビキャスターの爆弾発言を「鵜呑みにする人が居なかった」のです。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ シングル

・ 1999年に、”GIZA studio”が手がけた作品”Love, Day After Tomorrow”がリリースされ「シングルデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(ETR@資格取得の鬼 )】

◇ アルバム

・ 2000年に、”GIZA studio”が手がけた作品”delicious way”がリリースされ「アルバムデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(さとろぞ??@NEXT→LASM )】

◇ PV

・ 2000年に、”B-VISION”が手がけた作品”FIRST CUT”がリリースされ「PVデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(映画鑑賞会 )】

◇ CM

・ 2001年に、”コカ・コーラ”が手がけた企業CM”爽健美茶”に出演され「CMデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(TOKYO VICTORY )】

◇ テレビ番組

・ 2002年に、SKY perfecTV系列で放送された番組”Mai-K Tv”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(Hide.k )】

◇ 雑誌

・ 2002年に、”徳間書店”が手がけた作品”myself music”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(みい )】

◇ DVD

・ 2011年に、”NORTHERN MUSIC”が手がけた作品”Strong Heart?from Mai Kuraki Premium Live One for all, All for one?”がリリースされ「DVDデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(モリシー?? )】

◇ ネットドラマ

・ 2019年に、倉木麻衣系列で放送された番組”FHIT MUSIC♪ ?倉木麻衣?”に出演され「ネットドラマデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(桜田通 )】

◇ アニメ映画

・ 2019年に、読売テレビ系列で放送された番組”名探偵コナン 紅の修学旅行”に出演され「アニメ映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(クランクイン! )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
青山真衣
読み
あおやま まい
生年月日
1982年10月28日
仕事
歌手
出身地
千葉県船橋市
所属事務所
LOOP
血液型
B型