元ラストアイドル王林さんま御殿に出演?経歴は?本名は?日本人なん?

 

日本の芸能界で今一番人気のある県をご存知でしょうか?

それは「青森県」です(自考!)

何故なら、青森県は「りんご」生産・栽培量が日本一で日本産のりんごの「シェア」
No1なのですが、その特産品でもある「りんご」が芸能界で暴れまくっているのです。

十和田生産の「りんごちゃん」、青森市生産の「王林」、県外産では東京生産の「林檎」、
関西生産の「リンゴ」なんてのもありますね!

この中で最も今が「旬」なのが十和田生産の「りんごちゃん」ですが、青森県内でのシェア
No1で知名度・人気を誇っているのは青森市生産の「王林」です。

 


引用【インスタグラム(ourin_ringomusume)】

 

「王林」さんと言えば自身の名を世に広めた番組「踊る!さんま御殿!!」が超有名ですが、
今までに3~4回くらい出演されているのではないでしょうか?

ほよど「さんま」さんのお気に入りなのでしょうね?

 


引用【サイト(日本テレビ公式)】

 

確かに「王林」さんの可愛いお顔から想像もできないほどの超訛った「津軽弁」でのトーク、
さらにトークの内容も一般人では理解できないほどの超天然ぶり。

その「ギャップ」は世界一の「トークマジシャン」明石家さんま師匠でさえ手に負えない
「天然娘」であり、芸能界きっての「津軽弁シンガーソングライター」の「吉幾三」氏を
超えるほどの「訛りぶり」が評価されてか?度々ご自身の番組「踊る!さんま御殿!!」に
呼んでいますよね。

多分、さんまさんも「扱い難い」とは思ってはいるものの、アイドルとしての人気や
口さえ開かなければ可愛い「東北美人」なので、中々手放せないでいるのでしょう?

そんな「王林」さんに注目してみたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

◇ 王林ちゃんの経歴は?

 

青森県の「農業を活性化」させるために結成された青森のアイドルグループ「りんご娘」の
メンバーであり、2001年12月から同グループの初期メンバーで活動していた「王林」の
「二代目」として2013年3月より同グループへ加入しアイドル活動を行っています。

 

 

その後は青森県の農産物や特に日本一の生産量を誇る「りんご」をアピールするため
地元産農作物の販売イベントに参加したりグループの活性化や全国にPRするために
オーディションを開催したり楽曲をリリースしたりと「地道」な活動を行いながら
「ご当地アイドル」として活躍していました。

その後、少しずつ全国的に知名度が広がり全国放送の番組などに出演する機会も増え、
「りんご娘」の存在に注目するメディアや関係者が増えて行きました。

そしてアイドルグループ「りんご娘」の転機となる2016年、テレビ朝日系列で毎週深夜に
放送されている音楽情報番組「MusicるTV」で開催されたイベント「愛踊祭・
国民的アニメソングカバーコンテスト」に「東北代表」としてエントリーし、なんと!
優勝に輝きました。

そこからアイドル「ヲタク」達から注目されるようになり一挙にファン数が激増しました。

 

 

各社テレビ番組に引っ張りダコに成り始めた頃、メンバー「王林」のダンスやルックスに
注目した関係者がいたようで、2017年に秋元康氏がプロデュースを行っていた番組
「ラストアイドル」へ出演することになります。

この番組はアイドルを目指す若い女性達がテレビ番組を通してアイドルグループ「ラスト
アイドル」へ加入するための「オーディション」を開催し、毎週入れ替えを行いながら
「バトル」を繰り広げる番組でした。

そこへ同年8月に第2バトルとして暫定メンバー立ち位置3番の「小澤愛実」さんと対戦し
アナ雪の楽曲「生まれてはじめて」で挑戦したものの、残念ながら敗退に終わります。

 


引用【ブログ(ネタBOX)】

 

しかし後に「敗退したメンバー」で結成された姉妹ユニット「Good Tears」に選抜され
ラストアイドルファミリーの一員として、さらに「りんご娘」メンバーとして「二股」での
活動がスタートしました。

ところが「ラストアイドル」の人気が上昇すると共に「王林」ちゃんの仕事量が異常なくらい
増加し、さらに個人的なテレビ出演も多くなり「かけもち」しての仕事に限界を感じたのか?
2018年6月迄で姉妹ユニット「Good Tears」から卒業をしました。

その当時「ラスアイ」ファンからの悲しみの声や、残念・悲痛の声が多数伝えられ
「卒業」に反対するファンが多かったことを今でも記憶しております。

その後は地元の活動を積極的に熟し、たまにバラエティー番組で拝見することもありますが
活動拠点は地元「青森県」に置いているらしく、地元のローカル番組などに出演し
青森での人気を博してるようです。

 


引用【サイト(Web東奥)】

 

 

スポンサードリンク

 

◇ 王林ちゃんの本名は?

 

王林ちゃんの気になる本名ですが、プロフィールでは「非公開」となってるようです。

そりゃ!そうですよね!!ご当地アイドルグループ「りんご娘」は全員、りんごの
「品種名」なのですから、一人だけ個人名があってはおかしな話ですよね。

なので王林ちゃんの正式名は「王林」です・・・と言いたいところですが実は、王林ちゃんが
「りんご娘」として活動する前に所属していたご当地(青森)ダンス・ボーカルユニットの
「アルプスおとめ」では「斎藤」の名前で活動しておりました。

 


引用【サイト(ウィキペディア)】

 

「斎藤」の苗字は全国的に広く分布されており、青森だから「斎藤」ではなさそうです。

一説には「斎藤」の名前すら芸名では?等と噂されているようです。

「斎藤」の苗字が青森県に集中しているのなら、それもありえると思いますが日本で
「斎藤」の苗字が一番多い都道府県は「東京都」だそうです。

いつの日か(結婚するとか?)開明されるとは思いますが、それまで王林ちゃんの名前を
予想するのも一つの楽しみなのかも知れませんね!

スポンサードリンク

 

◇ 王林ちゃんは日本人なん?

 

謎だらけ?のご当地アイドル「王林」ちゃんの中で誰もが一番疑問視するのが王林ちゃんって
日本人なの?と思われることです。

最も訛りの強い外人として有名なタレントの「ダニエル・カール」氏がおりますが、
「山形弁」の口調で広く人気を集めていました。

 


引用【サイト(日本タレント名鑑)】

 

なので「王林」ちゃんが青森弁バリバリに訛っていたとしても日本人であるとは
限らないことになります。

では何故、王林ちゃんが日本人でないと疑われるか?と言うと「名前」に注目する方が多く
たとえば「可愛らしくて魅力的な」王林ちゃんを見れば一目で日本人だと分かると思いますが
タレント「王林」とだけ知るのなら通常は「王」林さんと思う方が多いはずです。

この「王」は中国語で「ワン(Wang)」と読むのですが中国の苗字の中でも最も多い文字で
日本人向けの中国語教材などにも大変多く使われている文字です。

なので日本人から見たら「王ー林」さんと読めるので「中国人」と思う方が結構居るようで
王林ちゃんは日本人ではない!の疑惑が浮上しているようです。

ただ「ひらがな」に直して「おうりん」と書けば誰もが「りんごの品種」と頭に浮かぶと
思うのですが・・・?

逆に中国人から見ると実は「林」も中国人の苗字で多く使われており、私が台湾に行った時も
「林」の苗字の方が非常に多く居たことに驚かされましたが「王」と「林」が並ぶと
何故苗字が2つ?と疑問に思う方が多いのでは?と私は感じました。

非常にややっこしいのでこの後は「ひらがな」か「カタカナ」に改名して欲しい所ですね?

 

■ 王林プロフィール

本名
非公開
読み
生年月日
1988年4月8日
仕事
歌手・タレント
出身地
青森県
所属事務所
リンゴミュージック
血液型
O型

 

スポンサードリンク

 

 

宮澤佐江ホリプロから復帰!兄の手紙が鍵?履歴は?ピーターパンとは?

 

元AKBやSKEの一員で「男前キャラ」で女性ファンが多かった「宮澤佐江」さんが、長いこと
休んでいた「芸能界」へ復帰することが分かり話題になっています。


引用【サイト(ウレぴあ総研)】

 

新たな旅立ちのパートナーに決めたのが、前事務所の「フレイヴ・エンターテインメント」ではなく
大手芸能プロダクションの「ホリプロ」のようです。

「ホリプロ」には、元AKBグループの「板野友美」さんや「河西智美」さん、「石田晴香」さん
「宮崎美穂」さん、現AKBグループでは「荻野由佳」さんなど、たくさんのAKB関係者が
所属していることで有名ですね。

特に板野友美さんや河西智美さんや宮崎美穂さんは「宮澤佐江」さんがAKB時代に同じチームKで
活動していたメンバーなので、知り合いも多数いるので安心して新事務所からスタートできる
ことでしょうね。

さらに、以前ご自身でも話していましたが憧れの女優は「平山あや」さんとのことだったので、
「平山あや」さんの事務所が「ホリプロ」なので、それも事務所選びの際「決め手の一つ」に
なったのかも知れませんね?


引用【サイト(ホリプロ公式)】

 

また当時からAKBグループ内でも「チームK」だけは「結束の強いチーム」として有名で、
男性ファンのみならず「女性ファン」も多いチームでした。

ただ今はAKB人気に「限りが見え始めて居る」こと、さらに各国・各地に姉妹グループが
増えたことで、ファン達もバラけ東京劇場に足を運ぶ必要がなくなっていることから、
どのグループのどのチームが人気上がるか?分り難くなっています。

その意味でも、昔の「チームK(特に初代)」はAKBのグループ内でも特に人気がありました!


引用【サイト(NAVERまとめ)】

 

特に「大島優子&秋元才加」さん時代は「体育会系」世代であり、熱いダンスとパフォーマンスが
特徴的なチームで、さらにチーム内でトラブル・不祥事・祝い事・食事会などがあれば挙って
全員参加し、チーム一丸となって問題解決や楽しみを共有したりと「男性勝り」の団結力を
見せつけてくれた時期でありました。

「秋元才加」さんの「不倫疑惑」が取り上げられた時などラジオ番組で「釈明する時間」があり
周りにいたチームKの仲間のほか、ラジオを聞いて心配した「宮澤佐江」さんが突然乱入し、
さらに他の現旧メンバーも次々集結し、最後にはAKBの顔である「たかみな(高橋みなみ)」も
乱入して「秋元才加」さんを励ましたことなど、今でも鮮明に思い出されます。

 

 

 

この当時はAKB48メンバーと研究生、ライバルグループとして「乃木坂46」だけで
「会いに行けるアイドル」として活動していたので、今のように「姉妹グループ」が無く
各チーム別や乃木坂を応援するファンが多数いました。

その中で「宮澤佐江」さんはご自身がAKBに加わった2006年からチームKに所属し、
以後ご自身が海外姉妹グループ「SNH48」に移籍するまでチームK一筋で支えていました。


引用【サイト(ウレぴあ総研)】

 

その後、当時所属していた事務所(フレイヴ エンターテインメント)との契約が切れるを機に
2018年5月に芸能活動を一時休止することを伝え今に至っておりました。

そんな「宮澤佐江」さんですが、ようやく「充電期間」も終えたようでこの度7月21日から
埼玉「彩の国さいたま芸術劇場」ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」への出演が決まり
そこから芸能界へ「復帰」するそうです。

「ピーターパン」は以前、2017年に出演経験のあるミュージカルなので、慣れ親しんだ
作品からスタートするのは非常に良いことだと思うしパワーアップした「さえ」ちゃんが
見れると思うので、「宮澤佐江」さんの経歴や芸能界復帰のきっかけなどを勉強してみました。

スポンサードリンク

 

 

◇ 宮澤佐江さんとピーターパン?

 

「宮澤佐江」さんは2016年4月をもってAKBグループから卒業をしています。

その後テレビやメディアなどで目にする機会がほとんどなくなった時期がしばらく続き、その間は
舞台をメインに活動していたらしく2016年8月から東京都千代田区にある「帝国劇場」で
公開されたミュージカル「王家の紋章」に出演し、歌手でタレントの「新妻聖子」さんと共に
「ダブルキャスト」として「キャロル役」で舞台に上がっていました。

たぶんこの舞台が初ミュージカルだと思いますけど「宮澤佐江」さんの性格から、相当練習に
励んだに違いありませんね!

またAKBで培った「キレのあるダンス」を披露しミュージカルを盛り上げていました。

そして翌年の2018年7月から公演されたブロードウェイミュージカル「ピーター・パン」に
出演し「タイガー・リリー」役を担当したようです。

性格的には主役の「ピーター・パン」役をやりたかったとは思いますが、そこはまだ経験不足で
あることから関係者も次の機会を考えたのでしょう。

ただAKB時代から「男前キャラ」と言われていたので「ピーター・パン」役にはまさに適任だと
私は思っているのですが、やはり経験値が少ない分本人も無理はしなかったのかもですね!

その経験を生かし芸能界復帰の門出に決めた仕事が慣れ親しんだ「ピーター・パン」のようです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

◇ 芸能界復帰の決め手は兄の手紙?

 

「宮澤佐江」さんが今回、芸能界復帰のきっかけとなった要因の一つに「兄からの手紙」が
あったからだそうです。


引用【ブログ(AKBタイムズ)】

 

長男が7歳年上の「りょう君」、二男が5際年上の「しーちゃん」の2人の「兄」がいるようです。

今回「さえ」ちゃんが芸能界復帰の後押しをしてくれたのが長男の「りょう君」のようで、
昨年(2018年)11月に長男「りょう君」が結婚式を執り行ったそうで、そこに「さえ」ちゃんも
出席し自身が座っていた披露宴のテーブルの上に「兄から」の手紙が置かれていたらしく紙には↓↓

「休みたいかもしれないけど、お前が活躍している姿を見たい」

 

「励まし」と芸能界復帰への「応援」メッセージが書かれていたそうです。

その文を見た「さえ」ちゃんは兄からの率直な意見と突然の「言葉」が嬉しかったらしく、それが
きっかけで芸能活動の再開を決めたそうです。

実に良い話ですよね!!

元から兄弟達は仲が良いことで知られており、以前AKBのテレビ番組に共演したこともあります。

7際年上の兄も自身が結婚し新たな人生を進んで行く「覚悟」的な思いを持ち、芸能界で「花」を
咲かせた「さえ」ちゃんに、自身と同じように新たな気持ちで芸能活動に復帰して欲しいと
思ったに違いありませんね!!

「さえ」ちゃんファンからしたら芸能界へ復帰し、また「さえ」ちゃんが見れる機会を与えてくれた
この年上の兄に感謝しなければいけませんね♪

ちなみに、今回の「さえ」ちゃんの芸能界復帰には超仲良しで親友の「秋元才加」さんや同じく
親友で元チームKキャプテンの代名詞「大島優子」さんも喜んでいるようです。

 


引用【ツイッター(大島優子)】

 

スポンサードリンク

 

 

◇ 宮澤佐江さんの履歴

 

「宮澤佐江」さんはAKB48のメンバー集めが始まった2006年に「初期メンバー応募」の際
書類の送付が間に合わず初代メンバー入りを果たすことができませんでした。

しかし追加で行われた「第2回AKB48追加メンバーオーディション」に見事合格し
AKBグループ「第二期生」としてアイドル活動が始まりました。


引用【ブログ(増田有華official)】

 

その後AKB内で「チーム別」に分かれ劇場公演で「A」「K」「B」の日替わり公演が始まり
「宮澤佐江」さんは初代チーム「K」メンバーの一員となり同年4月に初公演を行いました。

同年10月にリリースされたメジャーデビューシングル「会いたかった」で自身初の
「選抜メンバー」入りを果たし本格的にアイドルとしての「さえ」ちゃんがスタートします。

その当時はまだ、AKBの人気はそれ程高くなく、ファン層はAKB目当てのヲタクがほとんどで
達劇場公演をメインに活動しておりました。

なので、日替わりチーム戦となった劇場公演は、ヲタク達のファン層がハッキリ別れるようになり
元祖AKB的イメージのチーム「A」、体育会系的イメージのチーム「K」、メッチャアイドル的
イメージのチーム「B」と別れ、さらに各チーム内の誰を応援するかを定める「推しメン」と言う
言葉も生まれていました。

その中でも体育会系のチーム「K」は男女問わずファン層が厚く「見ごたえのある公演」として
たくさんのファンが集まる様になり、翌年(2007年)にはAKB48では初の「派生ユニット」
「Chocolove from AKB48」が結成され、代表メンバーは「秋元才加」さん「中西里菜」さん、そして
「宮澤佐江」さんの3名のユニットが完成されました。


引用【サイト(wikipedia)】

 

その後デビューも果たしましたが全国区でのAKBの人気が高くなく、さらにこの3名のアイドルの
存在すら知らない人達がほとんどだっため、敢え無く活動が休止となります。

ただAKBヲタク達や若い子から「絶大的人気」を博していたので、その年の年末にはNHK紅白
歌合戦にAKB48として初めて出場をしました。

その後も「劇場公演」をメインにテレビ番組・シングル選抜・AKB選挙・じゃんけん大会・
AKB紅白歌合戦・リストベスト100・ラジオなどで忙しい日々を過ごしていました。

そんな中、AKB48から「卒業」するアイドルが増え始め、「宮澤佐江」さんの「分岐点」だと
私が思っている「SNH48」への移籍が行われました。

これは2012年の8月に開催された「AKB48 in TOKYO DOME~1830mの夢」の初日イベントの際、
恒例の「チーム振り分け」が行われ、そこで当時中国上海に結成予定だった「SNH48」への
電撃移籍が発表され(本人は了解済)AKB48として初めての海外グループへ参加することに
なりました。

その後は活動の拠点を中国上海市へ移し、ド素人とに近いチームメンバーの歌やダンスを指導し
さらに若過ぎるやる気のないメンバーの「根性」を叩き治したり、ダンス覚えの悪いメンバーに
ダンスを一から指導したりして、まるで「たかみな」的役割を果たし立派にSNH48を
育て上げていました。

ちなみにAKBからもう一人「鈴木まりや」さんも居ましたが、元から「能天気?」な性格なので
チーム内を指導する役割では無く「盛り上げる役」を演じていたと想像されます?

その後SNH48内でも「チーム別」に分かれることとなり「宮澤佐江」さんはチーム「SII」に
なりました。

SNH48のメンバーもアイドルとして慣れ始め、ダンスも上達し、劇場公演に来る客も増え始め
「宮澤佐江」さんには時間の余裕ができた頃、日本と中国を行ったり来たりするようになり、
日本の仕事にも積極的に取り掛かるようになります。

つまりSNH48での「宮澤佐江」さんの「仕事」or「目的」は一段落したわけです。

なので2014年の2月に開催されたコンサート「AKB48グループ大組閣祭り」で名古屋を
拠点として活動しているSKE48内のチーム「S」を兼任することになり、さらにチームの
キャプテンを務めることが発表されました。


引用【サイト(SKE48 Mobile公式)】

 

その年の9月には自身初となるミュージカル「AKB49~恋愛禁止条例~」に出演し、座長も務め
徐々に演劇にハマっていったそうです。

翌年の2015年に開催された「AKB48総選挙」では自身最高順位の「8位」を獲得し、
選抜メンバー入りはもちろん「さえ人気」が最高潮になっていたことを証明しました。

ところが、同年12月にフジテレビ系列で毎年恒例で放送されている歌番組「FNS歌謡祭」で
AKB48グループから「卒業」することを発表しました。

共に頑張ってきたメンバーの卒業が増えたことや、後輩がドンドン増えていること、さらに自身の
人気が最高潮になっていることなどを鑑みて決断したんだと思います。

「チームK」一筋を走り続け、海外チームの成功に貢献し、AKBの「男前キャラ」でファン層を
拡大し、AKBでの「宮澤佐江」さんがやるべき仕事は全て遣り切っての「卒業」だったと
私は思います。

なので本人も悔いのない「アイドル時代」を過ごしたと思います。

これからは「アイドル」ではないタレントとしての「宮澤佐江」さんが見れると思いますので、
非常に注目するところです!!

 

■ 宮澤佐江プロフィール

本名
宮澤佐江
読み
みやざわ さえ
生年月日
1990年8月13日
仕事
元アイドル・タレント
出身地
東京都
所属事務所
ホリプロ
血液型
O型

 

スポンサードリンク

 

 

小島瑠璃子素顔は美男だった?インスタで公開!交際相手は?弟が居るの?

 

日本のタレントでモデルの「小島瑠璃子」さんが、自身のインスタグラムで「すっぴん」顔を晒し
超「美男」ぶりを披露し話題になっています。

「小島瑠璃子」さんこと「こじるり」は、今やバラエティー番組では毎日のように目にする機会が
増えた女性タレントで、その他に「司会やキャスター」なども務め「活発的」に芸能活動を
行っております。

 


引用【ツイッター(小島瑠璃子)】

 

「こじるり」と言えば自身の所属事務所である「ホリプロ」を連想する方も多いと思いますが、
それもそのはず、芸能界入りのきっかけが同事務所が毎年開催している「ホリプロタレント
スカウトキャラバン」にて4万人近い応募者の中から見事「グランプリ」に輝いた経験があり
そこからタレントデビューを果たしました。

特に同事務所の大御所「和田アキ子」さんから可愛がられる存在であったのか?テレビの全国区で
初めて出演した番組がTBS系列で放送されているトーク番組「アッコにおまかせ!」で、
事務所の意向もあったとは思いますが、それがきっかけで一気に有名になりましたよね!

 

スポンサードリンク

 

イメージとしては「かわいい」とか「笑顔が似合う」女性タレントとしてファンから支持されて
いますが、今回自身で公開しているインスタグラムで「すっぴん」顔を披露したことで
今まで誰も気づかなかった美しい「男前」であり、しかも「美男」顔であったことを明し、
ファンやインスタを見た方から「イケメン」として反響が上がっているようです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

6/12(水) ZIP→スッキリ→バゲット 明日の午前中の チャンネルは日テレ! 早く寝ます??

小島瑠璃子さん(@ruriko_kojima)がシェアした投稿 –


引用【インスタグラム(ruriko_kojima)】

 

確かに「美男」であることは理解できますが、私が感じたのが意外に「面長」であることが分り
「丸顔」のイメージがあっただけに驚かされました。

「目・鼻・口」などのパーツがハッキリしているだけに「丸く」見えていたのかも知れません。

今回アップした写真についてネット宅らの反応は「瑠璃男!」「美男子」「すっげーいいじゃん。
いつもの釣り上がった目より100倍いいよ」「スッピンかっこいい」「濃いメイクでいるのが
もったいないよ」「化粧落としても美形って 驚」「可愛い過ぎる」「爽やか!」等と
やはり「男前」に絶叫している方が多数いることを証明しています。

そんな「こじるり」ですがせっかくの機会なので少し勉強してみたいと思います。

 

 

 

◇ こじるりの経歴は?

小島瑠璃子さんこと「こじるり」は1993年12月生まれの千葉県出身のタレントで、昭和35年
創業の老舗大手芸能プロダクションの「ホリプロ」に所属していおります。

元々サッカー好きであったらしく出身地が「千葉県」だけに地元のクラブ「ジェフユナイテッド
市原」の一ファンであると知られています。

また趣味は「サーフィンやダイビング」らしく体を動かすのが好きなタレントで、
以前に「空手」などの「武道」を行っていた経験があり、かと思えば、特技が「書道・英語・
ピアノ」などの「インテリ」の一面もあるそうです。

それもそのはず実は、学生時代は相当な「がり勉」だったそうで、高校や大学は「偏差値」が高い
学校へ通っていたそうです。

すでに芸歴も10年近くなり「若手」の部類に入らないとは思いますが、名タレントや有名俳優達を
抜いて、テレビ出演本数がランキング上位に入るほどの人気者となりました。

好きなシンガーは「GACKT」らしくバンド「L’Arc~en~Ciel」好きでも有名ですよね!

芸能界入りは元々、歌手志望だったそうで元AKB48で同事務所に所属しているタレントで歌手の
「板野友美」さんに憧れを抱いていたそうですが、元々トーク好きであった自身の性格が
バラエティー向きであることに気づき、歌手ではなくタレントとして活動するようになったそうです。


引用【ツイッター(板野友美)】

 

女優業もススメられたことがあるそうですがセリフを覚えることや役に沿ったセリフが言えない等の
理由から断念しているそうです。

確かにこれだけテレビ・CM・広告で毎日のように目にしていますが「女優」として見たことが
一度もなかったことに今気づきました。

 

 

 

◇ こじるりの交際相手は?

「こじるり」の交際事情は?以前「噂」された元芸能事務所の「オスカー」所属でモデルの
「ロビン」氏と熱愛中であることが報じられたことが有名ですよね。

「ロビン」氏は現在(2019年)、芸能プロファクション大手の「アミューズ」に移籍し芸名も
「古屋 呂敏」に改名し活動しています。


引用【サイト(AMUSE)】

 

「呂敏」氏は1990年生まれでハワイ出身の「ハーフ」で日系アメリカ人の父親と日本人の
母親との間にできた人物です。

お顔立ちは母方の方が強いのか、ハーフ特有の掘りの深い「外国人顔」ではなくアジア人っぽい
イメージが強い印象です。

身長が180cm以上あり「ファッションモデル」をメインに活動されています。

色白のお顔立ちで高身長でスタイリッシュ、さらにハーフのためメガネをかけると
どこかシンガーの「GACKT」氏の面影があります。

実は「こじるり」以前からシンガーの「GACKT」ファンであり、彼氏にするなら「GACKT」氏に
似ている男性を選ぶことを決めていたのか?それを知っていたメディアから「呂敏」氏と
一緒にいるようすを激写されてしまったのです。

その模様がこちら↓↓↓


引用【サイト(FRIDAYデジタルGOLD有料版)】

「仲良く」ショッピングを楽しんでいるのがお分かりかと思います。

ただ「呂敏」氏は以前、歌手で女優の「西内まりや」さんとの熱愛報道が伝えられたことがあり
どちらが「本命」なのか分りませんが「こじるり」も彼女候補?になったのは事実です。

 

 

 

◇ こじるりの家族構成は?弟がいる?

こじるりの家族構成は父親・母親・二歳年下の弟さんがいるそうで以前、弟さんとテレビ
出演したことで話題になっていました。

確か名前を「小島直人」君と聞いたことがあります。

 

 

二歳年下のためかあまり「似ている」とは言い切れませんが、ネット宅達からは弟の方が目が細く
こじるりとまるで違う!等と伝えられていました。

こじるりは顔の各パーツが特徴の魅力的な女性ですが、弟さんの方はごく一般にいる男性にしか
見えません。

それがこちら↓↓↓

 


引用【ツイッター(小島直人)】

 

この写真は「親戚一同」で撮ったそうで自身のツイッターで紹介されています。

これを見ると、弟さんは「兄弟」よりもむしろ「親戚」のみなさんの方に似ていますよね!

「こじるり」が周りと似ていないのが気になりましたし、「目」に注目すると周りの人達は
「細い」の対し、こじるりは「大きいパッチリ眼」なので多分、父親と母親も目の大きさが違い
子供達もそれぞれ目の大きさが違ったDNAを引き継いだと想像できますね。

 

■ 小島瑠璃子プロフィール

本名
小島瑠璃子
読み
こじま るりこ
生年月日
1993年12月23日
仕事
タレント・モデル
出身地
千葉県
所属事務所
ホリプロ
血液型
O型

 

スポンサードリンク

 

豊原功補が離婚しない理由は小泉今日子に振られた時の安全策?

 

女性週刊誌で超有名な「光文社」発売の「女性自身」で昨年(2018年)に女優で歌手の
愛称「キョンキョン」として慕われている小泉今日子さんとの不倫が報じられた俳優の
「豊原功補」氏が小泉今日子さんからの「束縛」に耐え切れなくなり「同棲」を
止めたのでは?と報じられたことでキョンキョンファンやアイドル宅らの感情を刺激した事で
ネットで叩かれて話題となっています。

不倫が伝えられ騒動となったのが昨年2月頃でしたが「豊原功補」氏には妻や子供がおり、
「不倫関係」で小泉今日子さんと付き合っていることを世間に認めていました。

ただ、当時は「豊原功補」氏とその家族とは「別居」していることも明らかにし、いずれは
小泉今日子さんと再婚するのでは?と騒がれていたのですが、今回の女性誌の記事によれば
その可能性は極めて低いことが分りました。

 

スポンサードリンク

 

「豊原功補」氏とキョンキョンは不倫騒動が起きる前から「飲み屋でのデート」「喫茶店での密合」
などが報じられており「恋愛中」であることは世に知られており、それでも自身が現妻と
「離婚」をせずに不倫関係を続けていることに疑問を感じている関係者が多数居ました。

キョンキョンファンであった私なら現妻と比較した時に、どちらを選ぶか?と聞かれたら
断然キョンキョンを選択するし必要なら離婚する覚悟もあるので「豊原功補」氏を非常に
羨ましく思っていたのに!

なので不倫が伝えられた後も「豊原功補」氏が現妻と離婚をせずキョンキョンと付き合って
いたことに怒りを覚えていたのですが、現妻との間には子供もおり、大きくなるまでは
面倒を見るために離婚せずにいるのだろうと想像はしていました。

しかし今回伝えられた内容では、小泉今日子さんの自宅マンションに転がり込んでいる?
豊原功補氏が仕事やプライベートでの会話の中で不一致が多くなり「口論」が続いたことで
小泉今日子さんの自宅から離れ「事務所と称した」部屋を準備し、そこへ移り住むとのこと。

現状時、一番「得」をしているのは誰か?と考えると豊原功補氏ではないでしょうか?

なぜならキョンキョンとの関係が100%ダメになっても別居中でまだ別れていない
妻の元へ帰れば良いし、もし自身が反省しキョンキョンへ誤れば「寄りが戻せる」し、
選択肢が多いことには間違いなく、その点からすると今だに現妻と離婚せずに結婚を
維持している意味?企み?が見えてくるし、まさにキョンキョンと破局した時の
「安全策」であると言われても不思議ではないでしょう。

ただ、確かに昔から小泉今日子さんは「気の強い」部分が多いのは間違いなく、なぜなら
自身が長年お世話になって来た所属事務所「バーニングプロダクション」から離れ、
自身で芸能プロファクション「株式会社明後日」を立ち上げ、社長としての立場でありながら
女優とし芸能活動を続けています。

自身で会社を立ち上げ、さらに女優も続けるには相当な「覚悟」と「責任感」がなければ
できないはずで「気持ちが強い人間」でないと務まらないはずです。

また、自身がファンであった「永瀬正敏」氏とめでたく結婚を果たし芸能界を引退する覚悟で
「家庭に入る」と決断した人物であるからです。

ただその後、9回目の「結婚記念日」に「離婚」してましたけど。

そんなキョンキョンと豊原功補氏が今回、しばらく別居すると伝えられていますので、
その原因となった「口論」時は、相当「罵り合ったり」「罵声を浴びせあったり」したのでは?と
容易に想像がつきますね。

この記事が伝えられた後、アイドル宅達の間では「小泉今日子の束縛に豊原功補ギブアップ」
「偽豊原功補は偽夫婦円満」「別居報道に今回ばかりは残念すぎる」「小泉今日子の
束縛に嫌気?」「豊原功補はたいした男じゃないし、小さい男なんやな」等が掲載され
どっちもどっち?的な内容で似ぎ合っているようです。

両名共に「53歳」自身のプライドがあるかも知れませんが「大人」としての付合い方を
して欲しいし早く幸せになって頂きたいものです。

 

■ 小泉 今日子プロフィール

本名
小泉 今日子
読み
こいずみ きょうこ
生年月日
1966年2月4日
仕事
女優、歌手
出身地
神奈川県厚木市
所属事務所
株式会社明後日
血液型
O型

 

スポンサードリンク