「黒過ぎる女子アナ」や「黒い桐谷美鈴」などの”愛称”で親しまれている人気女子フリーアナウンサーの「岡副麻希」アナ。

何やら?自慢の”軟体”を、自身の公式SNS(インスタグラム)に投稿し続けているとして、その”理由”をめぐって!ファンたちの間で”激論”が交わされて、盛り上げっているそうです。

岡副麻希アナ”27歳”にして、アナウンサーでありながら!最も得意とする”軟体”を晒して、世間の注目集めに成功されたご様子です。



引用元【インスタグラム(maki_okazoe_official)】

岡副麻希アナと言えば「泣く子も黙る顔黒アナウンサー」として有名であり!”大物シンガー”で”色黒”が代名詞でもある「松崎しげる」氏に、勝ると劣らぬ「顔黒ぶり」で、世間の注目を集めているフリーアナウンサーです。

“礼儀正しい”アナウンサー業界では「決してあり得ない顔黒ぶり」を披露させて、若い世代から人気を集めておりますが、最近ではご自身のSNS(インスタグラム)内でも”顔黒ぶり”を投稿されるようになりました。

【しかも!】ご自身の最も得意とする”軟体写真”を、毎日のように投稿されているらしく!その動向に心配するファンたちが、増えているそうです。

当初は「可愛らしいショット」として、ファンたちの注目を集めて!普段では滅多に見ることが出来ない”柔軟体操”のシーンや、”人間離れ”した軟体シーンなどを披露されて、インスタの”フォロワー数”を稼いだのです。



引用元【インスタグラム(maki_okazoe_official)】

その姿を見たファンたちからは↓↓↓

むちゃくちゃかわいい

身体柔らかいっすね

柔らかい

物凄く身体柔らかいね

makiちゃん!身体やっこ!enjoy

以前から”知っていた”としても!ファンたちは「軟体姿に興味が惹かれた」ようです。

なので、その”人気”に便乗するがの如く!ご本人も”意識”されて、立て続けに”軟体姿”を披露された模様です↓↓↓



引用元【インスタグラム(maki_okazoe_official)】

こちらのショットでも「いったい!”胴体”はどうなっているの?」と、言わんばかりの軟体姿を披露されております。

これに対しファンたちからは↓↓↓

このワンピースどこのですか

カレンダーのオフショットかな

太ももチラリ

本当に細くて綺麗な脚ですね

たまらん・お股が!

さすがに!ファンたちも”軟体ショット”に飽きたらしく、目の付け所が”軟体”から「着服・おめ足・太もも・開脚…など」に変わっている様子が窺えます。

しかし、岡副麻希アナも!それに負けずと【さらに!】”軟体姿”を投稿された模様です。



引用元【インスタグラム(maki_okazoe_official)】

この頃になると、ファンたちからの”コメント”も様変わりし始めて↓↓↓

なんか…ヤラシイぞ!

後ろ姿見てみたい?

後ろから見たい!

もうアノ行為の時の格好にしか見えない

ベッドでもそんな形でやっているのか

完全に目の付け所が「セクシー」に移ったことが、良く分かります。

【実は!】岡副麻希アナは、2019年10月に!週刊誌でお馴染みの「フライデー」から、”熱愛スクープ”が報じられており!”競泳界”でご活躍中の「中村克」選手との関係を、取り沙汰されたのです。

その”こと”を知っていたファンからすると「軟体姿には”別な意味”での妄想を膨らます材料」となったらしく、それを立て続けに何枚も投稿されたことで【さらに!】良からぬ”妄想”を与える結果となった模様です。

その時の”週刊誌”の見解では「既に交際が”三ヶ月以上”経っている」とのことで!プライベートでは「半同棲生活を送っている…など」と、生々しい情報を伝えたのです。

その報道だけでも、”根強いファン”たちにすれば「強烈なダメージ(ショック)を受けた」はずであり【さらに!】最近の投稿では、”軟体姿”を立て続けに披露されたことから、なお一層!ダメージが大きくなることにつながった!と考えられています。

もちろん、岡副麻希アナの”ファン以外”の方にしてみれば「全く関係のない話題」なのですが!根強いファンたちにしてみれば、相当!”混乱状態”に陥っていることは間違いなく!岡副麻希アナも”そのこと”に、気づいていない可能性が否めないのです。

その気になる”顔黒”で”軟体”の女性アナ「岡副麻希」さんについて紐解いて行きます。



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 顔黒が白顔にとは?
・ めざましで放送事故とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


岡副麻希アナは1992年7月29日生まれの27歳(2019年)で、ご出身は「大阪府富田林市」です。

ご出身の”大阪府富田林市”にあるご自宅で、ご両親との三人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、岡副麻希アナも(大阪府富田林市)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では中学校は地元の大阪府大東市にある”大阪桐蔭中学校”にご入学されたと判明しております。

ご家族は”ご両親”と”ご本人のみ”の「一人っ子」として育ったようです。

父親の職業は、”公務員”とネットでは伝えられておりますが、正確には分かっておりません。

ただ、ご両親が”教育熱心”な考え方であったらしく【しかも!】”一人っ子”なので、当然!その”熱量”は一人娘に向けられて「右脳教育(感覚・イメージ感)方針」を掲げ、厳しく育てられた模様です。

また、幼稚園時代には”習字”や”ピアノ”などの”複数”塾に通わせていたとのことです。

小学生時代は、今のお姿を見れば分かる通り!外で遊ぶのが大好きな少女であったらしく!特に、”水泳”が得意で、将来は日本代表の”水泳選手”が夢であり「オリンピック選手になることを望んでいた」とのことです。

なので、この頃から「肌が日焼けしやすい体質へと変化していった」と考えられます。

また、学校内(クラス)では!今も昔も”天然キャラ”として周りから親しまれていたそうで、クラスで行った「天然ランキング」では、堂々の”一位”を獲得していたとのことです。

・・・とは言え!ご両親が”教育熱心”であったことから、学業の方は【かなり!】”優秀”であったらしく!学年内でも常に”上位の成績”を収めていたそうです。

”マイペース”の性格が確立された小学時代を終えると、中学校も地元の大阪府にある”大阪桐蔭中学校”にご入学されました。

この中学校は高等学校との”系列校”であるため、一度!進学さえできれば”内部審査”でエスカレーター式で高等学校まで進学(進級)することができることから、中学校でありながら”私立”や”県立”とは違い「一般入試による中学受験を突破しての入学」とのことです。

・・・とは言え!中学入試の際の偏差値は「70近く」と、相当な!”難関中学校”として大阪にある高等学校の中でも有名らしいのです。

その、難関中学校に進学されたのですから、この時代の岡副麻希さんの”学力!が、いかに”高かった”のかを!物語っております。

中学生になると、小学校から長く続けていた”水泳”が、周りと比較した時に「レベルが劣っているのか」に気付き始めて、中学一年生の時に一度「水泳から離れた」そうです。

また、そのことがキッカケとなり!同校で”甲子園”に出場していた三年生の「辻内崇伸」選手や「平田良介」選手の活躍を見て「将来は女子アナ(レポーター)になりたい」と思い始めた模様です。

その後は、スポーツ競技では無く”学業重視”で中学代を過ごしていたそうです。

中学時代を終えると、高校も”内部審査”によりエスカレーター式で進学(進級)されたので、系列の”大阪桐蔭高校”にご入学されました。

“大阪桐蔭高校”と言えば、”野球部”が「甲子園への常連校として有名」ですが!最近では、サッカー部やラグビー部なども力をつけているらしく、強豪校として注目を集めているそうです。

なので一見!”部活動”が盛んな高校と思われ易いのですが【実は!】大阪府内では”進学校”として知名度があり!”有名大学”に、たくさんの生徒を輩出している高校として知られているのです。

その中で、岡副麻希さんは”第Ⅰ類”の「難関国公立大学」を狙うコースを選択されておりました。

もちろん、この”コース”からも!数多くのOBを輩出しており「東大・京大・同志社・関西・神戸・慶応義塾・上智・早稲田…など」の、名門大学へ進学した生徒がたくさんおり、今でも”現役”で活躍中の”著名人”が多くおります。

ただ、岡副麻希さんの場合!中学校の時から「アナウンサーに憧れを抱いていた」ことから、高校二年生の時に”理系コース”を変更されて「文系コース」へと変わったそうです。

“部活動”が強かった事と、近県の兵庫県西宮市で”甲子園”があったことから、全国野球大会がある度に、毎度「学校を挙げて”甲子園”に出向いていた」ことから、甲子園での「学生時代の岡副麻希」さんが!数多く”目撃情報”されていたのです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

ご本人曰く「甲子園での応援経験が多かったから”色黒”になった」と、弁明されているご様子です。

しかし、甲子園に出向くのは「順調に行っても年二回のはず」なので、”弁明”の理由だけで”色黒となった”とは、到底思えません。

高校時代の”同級生”には、人気女性アイドルグループ”乃木坂46”のメンバーであり!”さゆりん”の愛称で親しまれている「松村沙友理」さんや、プロ野球球団の千葉ロッテマリーンズに所属している”捕手”の「江村直也」氏などが、居るそうです。



引用元【インスタグラム(matsumura_sayuri_official)】

ファンの間では、相当!”有名な話”で、”さゆりん”も仰っているご様子ですが、高校時代の岡副麻希さんは「学校内の女子の中でも”三大美女”の一員として有名」であったらしく、男子生徒からの人気が高かったようです。

【しかも!】それに便乗する形で、ご自身の”話題性”を生むために!独自の言語「麻希ちょ語」と呼んでいた言葉を使いながら「意味不明のトーク」を繰り広げていたそうです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

”顔黒”が定着した高校時代を終えると、大学に進学されて名門”早稲田大学”の「文化構想学部」にご入学されました。

大学に入ると、”運動不足”に気づき初めたのか?あるいは、中学生時代に「一度退いた水泳体質がうずき出した」のか?早稲田大学にある”水泳同好会”に所属されたそうです。

ただ、普通の”競泳”では物足りなかったらしく、足に”フィン(ひれ)”を装着して泳ぐ競技「フィンスイミング」を行うようになったそうです。

この種目は、”足ひれ”をつけて争う競泳なので「上半身よりも”下半身”の筋力が必要であり、女性でも上手くやれば、相当!の”スピード”がでる競泳種目」として人気があります。

岡副麻希さんは、この競技で「日本選手権の女子1500メートルで”優勝”を手に入れた」ご経験があるそうです。

なので、得意な”水泳”を生かし!臨海学校の”指導員”や、小学校での”監視員”などのアルバイトを熟していたそうです。

貧乏大学生であったことから、そこで貯めた賃金を!同窓会の”活動費”に充てていたのでしょう。

水泳に”復帰”したことで【さらに!】”顔黒化”が進んだらしく(笑;)しかし、その一方では「スタイルが抜群に良くなった」ことで、ご自身も気づかぬうちに”大人の魅力”を手に入れたようです。

そのため、大学一年生の時に!学校で開催された”ミス・コンテスト”の「早稲田コレクション」に”モデル”として起用されたことがあるそうです。

その情報が「大手のメディアに漏れた」ことで、同年10月に”男性週刊誌”でお馴染みの「ビッグコミックスピリッツ」からの出演オファーを受けて、同誌の”表紙”を水着姿で飾ったようです。

つまり、この”表紙”に出演したことで!ご自身初となる「モデルデビュー」を飾ったと同時に、公の場に「水着姿を披露された」のです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

【すると!】人気が急激に上昇し始めて、”モデル活動”にも力を入れ始めると!ファッションモデルや女性向け雑誌の”読者モデル”などを熟すようになって行きます。

その後、大学四年生になると中学校頃に夢見た”女子アナ”を忘れていなかったらしく!女性大学生をメインにマネジメントされている芸能事務所の「スプラウト」と契約をされて、芸能界入りの足掛かりを築いて行きます。

その中で、フジテレビ社から”声が掛った”らしく!同社の早朝冠情報番組でお馴染みの「めざましテレビ」へ出演が決まり、月~水曜日までの”お天気キャスター”に起用されて、自身初の「テレビデビュー」を飾りました。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

この情報番組(芸能活動)に出演したことにより、大きく知名度を上げて人気を集めると!現TBS社に努めている”人気女子アナ”としてご活躍中の「上村彩子」アナと友人になったそうです。



引用元【インスタグラム(saekokamimura)】

その後、大学を無事にご卒業され”社会人”となると、芸能活動をそのまま継続しながら!”レギュラー出演”をされていたフジテレビ系列の番組「めざましテレビ」の仕事を慢心するようになって行きます。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

その後、”大学生”からご卒業されたことで!”女子大生”をメインに採用していた、当時の所属事務所では”お払い箱”となったらしく(笑;)その事務所を退き、大手芸能事務所であり現在所属している”セント・フォース”へと移籍されました。

【すると!】レギュラー出演していた”めざましテレビ”での仕事が急激に増え始めて、ご自身は”無担当”であった「土曜日のお天気キャスター」にも起用され【さらに!】同番組の”関連番組”も含めて「スポーツキャスターとしての仕事」も担当されます。

“仕事の幅”が広がったことから、メディアへの露出度も増し!”お茶の間”の人気も上昇したことで、ご自身の特徴でもある「肌黒」に注目が集まり始めると!いつの日からか「黒過ぎるキャスター」とか「黒い桐谷美玲」等と呼ばれるようになり、その”愛称”か一躍!「ブレイク」を果たしました。

【さらに!】その”人気”は止まることが無く!2016年3月から、ゲーム会社でお馴染み「KOMAM」が展開していた企業CM「プロ野球スピリッツA」に抜擢されて、自身初の「CMデビュー」を飾りました。



引用元【サイト(YouTube)】

その後は、ご周知の通り!テレビ(表のメディア)を飛び出して”ラジオ番組”や”雑誌社の対談”などの裏のメディアでも人気が集まったことから、ビジュアルだけでなく”トーク能力”にも注目が集まり出して、各テレビ局の”バラエティー番組”からも引っ張りだことなり、なお一層!人気に拍車を掛けて行きます。

但し、芸能界でのご活躍は目に余るモノがありますが、今だに学生時代からの夢であった「キー局の女子アナ」にはなれず(笑;)、最終的には「フリーアナウンサー」として活動をしつつ「タレント業がメイン」となったのです。


スポンサードリンク


◇ 顔黒が白顔にとは?


「顔黒」や「黒い桐谷美鈴」【さらに!】「女性・松崎しげる」などの愛称で親しまれている岡副麻希アナですが、”美人芸能人”が多く所属しているとして有名な芸能事務所「セント・フォース」に入所(移籍)されたのが、ご自身が大学(早稲田)をご卒業された2015年でした。

芸能事務所「セント・フォース」に入所(移籍)されてからは、一挙に!”芸能活動”を本格的に始動されて、同事務所に所属する女性たちのなかでも「断トツの色黒さ」を誇り!フリーの”女子アナ”で、ご活躍されると期待されながらも「顔黒タレント」として一躍!人気を上昇させて行ったのです。

特に!2017~2018年にかけては、”タレント”や”キャスター”で一挙に!人気を上昇させ、男性ファンを中心に多くの支持を集めたタレントで女優の「桐谷美鈴」さんに、非常によく似ていることから!岡副麻希アナ”ご自身”も予想もしていなかった部分に注目が集まり「黒い桐谷美鈴」として!両名のファンたちから親しまれるようになったのです。


引用元【ツイッター(めざましテレビ )】

しかし、2018年7月に!俳優の「三浦翔平」氏とのご結婚によって”メディア”から姿を消すと、一挙に!人気が”低迷した”ことから、その背中を追うように岡副麻希アナの人気も降下するのです。

なので、ファンたちの間では「人気回復には大物歌手”松崎しげる”氏との共演が必要…など」と、囁かれる始末でした(笑;)。

いずれにしても、”黒”が売りであった岡副麻希アナですが【実は!】その”黒”が「危ぶまれた時期」があり【なんと!】最近「シロくなった」として、大きな話題を読んだのです。

黒から白への”変貌ぶり”は、このレベルです。↓↓↓


引用元【ツイッター(ニート鈴木 )】

確かに!見た目で分かるほどの違いぶりです。

もちろん、テレビでの”見た目”なので!映り方によって「白くも黒くも見える」ことがありますが、岡副麻希アナの場合、元から「渾身からの顔黒」であったことから!”白顔”に映るということは、間違いなく「白色に変化した」と言えるのです。

それについてファンたちからは↓↓↓

岡副アナ白くなった

岡副麻希前より白くなったな。

岡副アナが日に日に白くなるのを見て哀しくなってくる

根強いファンたちからすると、相当!な”一大事”として捉えられていた模様です(笑;)。


スポンサードリンク


◇ めざましで放送事故とは?


岡副麻希アナと言えば、ご自身を”芸能界”に導いてくれた番組であり!自身の”冠番組”でもあったフジテレビ系列で放送されている「めざましテレビ」が有名ですが、若々しい時代に出演されたことや、出演回数も多かったことから、その生放送中に「ヤラかした放送事故」として、誰もが記憶に残っている”珍事”があるのです。

思い返すと、それは2017年5月に放送された!同番組内で「居眠りをしたのではないか」との”疑惑”が浮上したことでした(ついでに共演していた”宮司愛海”アナにも同容疑が…)。

その当時、岡副麻希アナは”フリーアナウンサー”として活動をされており、一部の”アンチ”からは「局アナでもないのに偉そう!女子アナの技術がない!キャピっていてウザい!女子アナと言うよりタレント気取り!…など」の、心無い言葉を伝える”輩”も居たのです。

なので、番組内で共演されていた「宮司愛海」アナにも!同じように”居眠り疑惑”が伝えられていた中で、”アンチ”の量が増していた「岡副麻希」アナの方に「居眠り疑惑が集中投下」されたのです。



引用元【サイト(YouTube)】

岡副麻希アナは、高校時代から”学業が優秀”であり!その当時から既に「女性アナウンサーを夢見て取り組んでいた」ことから、大学も名門の”早稲田大学”に一発合格!された”才色兼備”です。

なので、就職活動中に”キー局の女子アナ”を狙って入社試験に望みましたが、残念ながら”不合格”が続き、当時から活動していたフジテレビ社の番組「めざましテレビ」に出演されて、”タレント並み”の人気を誇り、大学を終えて社会人になってからも、それを継続する形で今の”ポジション”を築きあげました。

その後は、ご周知の通り!”黒い”を武器に尚一層!人気を上げて、通常の”女子アナ”や”女性タレント”よりも「容易にブレイクを果たしてしまった」が故に、若干!”生意気ぎみ”に見られやすく、そのため”アンチ”も多く存在するのです。

そのため、最近では以前のような「メディア露出度」が”減少気味”で、ファンたちをガッカリさせているらしく、お得の”バラエティー番組”ですら!見かけることが無くなり、たまに”スポーツ特番”などに出演されることがあっても、以前のような出演量が無くなっている状況です。

なので、今ではご自身の”アピール場”を!公式SNS(インスタグラム)に移っされた模様で、そちらで”密かに”ファン拡大に向けて尽力されている次第です。



引用元【インスタグラム(maki_okazoe_official)】



引用元【インスタグラム(maki_okazoe_official)】



引用元【インスタグラム(maki_okazoe_official)】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ ラジオ

・ 2013年に、”FM FUJI”局が放送した番組”What’s JOGIN”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ 雑誌

・ 2014年に、”ビッグコミック”が手がけた作品”週刊ビッグコミックスピリッツ”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。

◇ テレビ番組

・ 2016年に、フジテレビ系列で放送された番組”めざましテレビアクア”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(ミサイルマン )】

◇ CM

・ 2016年に、”KONAMI”が手がけた企業CM”プロ野球スピリッツA”に出演され「CMデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(Gamer@ゲーム情報 )】

◇ ネット番組

・ 2018年に、Abema系列で放送された番組”輝け!AbemaTV AWARDS”に出演され「ネット番組デビュー」を飾ります。

◇ 写真集

・ 2018年に、”小学館”が手がけた作品”Maki Mermaid”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(モデルプレス )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
岡副 麻希
読み
おかぞえ まき
生年月日
1992年7月29日
仕事
フリーアナウンサー、タレント
出身地
大阪府富田林市
所属事務所
セント・フォース
血液型
A型