“黒過ぎる女子アナ”や”黒い桐谷美鈴”として有名?な「岡副麻希」アナが、自慢の”軟体”を
自身の公式SNS(インスタ)にアップし続けていることで、ファンたちに”良からぬイメージ”を
与えている?として話題を読んでいるそうです。



引用元【インスタグラム(maki_okazoe_official)】

人気男性歌手「松崎しげる」氏に勝らぬ”ガングロ”が特徴の女子アナ「岡副麻希」さん!

それだけでも”世間”から「人気者」なのに、最近ではご自身のSNS(インスタグラム)で突如!
意味不明の”軟体写真”を数多くアップするようになり、その動向を心配?するファンが増えて
いるそうな・・・?

当初は”可愛らしい”「写真群」の中で突如!足を高々と掲げた”椅子座”の姿で登場し注目を集め
男性ファン達を「驚かし&喜ばせて」おりました。



引用元【インスタグラム(maki_okazoe_official)】

その姿を見たファンたちからは↓↓↓

むちゃくちゃかわいい

身体柔らかいっすね

柔らかい

物凄く身体柔らかいね

makiちゃん!身体やっこ!enjoy

ファンたちは”軟体”であることに興味津々であったご様子♪

ご本人も”意識”してか?知らずか?さらに立て続けに「軟体」姿を披露し↓↓↓



引用元【インスタグラム(maki_okazoe_official)】

“天然娘?”ぽい姿を露わにしたご様子!

これに対しファンたちからは↓↓↓

このワンピースどこのですか

カレンダーのオフショットかな

太ももチラリ

本当に細くて綺麗な脚ですね

たまらん・お股が!

ファンたちは”軟体”に飽きたのか?”おみ足”や”おモモ”に注目し始め「エロリズム」の方に
変わりつつあるご様子!

そして”トドメ”と言わんばかりにまた軟体姿を現し↓↓↓



引用元【インスタグラム(maki_okazoe_official)】

「いったい!この行動は何なのか?」とファン達らは「妄想」を始めた様なのです。

この頃には、ファンたちのコメントも”様変わり”し↓↓↓

なんか…ヤラシイぞ!

後ろ姿見てみたい?

後ろから見たい!

もうアノ行為の時の格好にしか見えない

ベッドでもそんな形でやっているのか

完全に”エロリズム”の「極致」に入った模様です?

【実は!】岡副麻希アナ!!2019年10月に週刊誌でお馴染みの”フライデー”から熱愛スクープ
ネタで取り上げられており、”競泳界”でご活躍中の「中村克」選手との熱愛報道が発表されて
おりました。

その”こと”を知っていたファンたちに「良からぬ妄想」を”たきつけた”ようで、「軟体」姿が
「変態」姿を”想像”させた?ようなのです。

週刊誌の見解では、既に交際が三ヶ月以上が経っており”半同棲生活”を送っているとのこと?

その報道だけでも根強いファン達に強烈なダメージ(ショック)を与えたのに、さらに最近の
“軟体姿”を披露していることで”良からぬ妄想”を「助長」する形となり「イメージダウン」に
つながっている!と関係者は見ているそうです。

岡副麻希アナの”ファン以外”の方には全く”無関心”な話題なのですが、根強いファンたちの
間では相当な”混雑状態”に陥っている!としてネット界をザワつかせているそうな・・・?

最近、特に”話題性”を事欠かない?”ガングロ”キャスター「岡副麻希」アナにスポットイン!



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ 黒顔が白顔?
・ 放送事故?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 岡副麻希さんの中高大学は?

岡副麻希アナは1992年7月29日生まれの27歳(2019年)で、ご出身は「大阪府富田林市」です。

ご出身の”大阪府富田林市”にあるご自宅で、ご両親との三人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に
有る学校に通うのが一般なので、岡副麻希アナも(大阪府富田林市)内の小学校・中学校に
通っていたと”推測”できます。

最新の情報では中学校は地元の大阪府大東市にある”大阪桐蔭中学校”にご入学されたと
判明しております。

ご家族は”ご両親”と”ご本人のみ”の「一人っ子」として育ったようです。

父親の職業は”公務員”とネットでは伝えられておりますが正確には分かっておりません。

ただ、ご両親が”教育熱心”な考え方であったらしくしかも一人っ子!当然その”熱量”は一人
娘におよび「右脳教育(感覚・イメージ感)」を”方針”として掲げ”厳しく”育てられた様です。

また、幼稚園時代には”習字”や”ピアノ”などの”複数”塾に通わせていたとのこと。

小学生時代は、とにかく”外で遊ぶ”のが大好きな少女であったらしく特に”水泳”が得意で、
将来は日本代表の”水泳選手”となり「オリンピック」に出場することが夢であったらしいです。

なので、この頃から”肌”を「日焼けし易い体質」へと作り上げていたと思われます。

また学校内(クラス)では、今も昔も”天然キャラ”で周りから親しまれていたそうで、クラスで
行った「天然ランキング」では堂々の”一位”を獲得していたとのことです。

・・・とは言え、ご両親が”教育熱心”であったことから学業はかなり”優秀”で、学年内でも
常に上位の成績を収めていたそうです。

“マイペース”の性格が確立された小学時代を終えると、中学校も地元の大阪府にある”大阪桐蔭
中学校”にご入学されました。

・・・ご入学と言っても通常の”進学”とは違い「一般入試」による中学受験を突破しての入学で
この中学校は”同高校”との「系列校」であるため、一度”進学さえ”できれば””内部審査”の
スカレーター式で”高校”まで進学することが可能です。

・・・とは言え”中学入試”の偏差値は”70”近くと、かなりの「難関中学校」として大阪でも
有名らしいのです。

その”難関中学校”に進学されたのですから、麻希さんの学力が高かったことは明らかですね!

中学生になると”自立心”に目覚め始め、自身としては小学校から得意としていた”水泳”が周りの
「レベル」と比較した時に”劣っている”ことに気付き始め、中学一年生の時に水泳から一度
離れたそうです。

また、その一年生の時に甲子園に出場していた三年生の「辻内崇伸」選手や「平田良介」選手の
活躍を見て、”女子アナ(レポーター)”になりたい!と思い始めていたとか・・・?

その後は”学業重視”で中学代を過ごしていたそうです。

中学時代を終えると、高校も”内部審査”によりエスカレーター式で”進学”されたので同じ”大阪
桐蔭高校”にご入学されました。

“大阪桐蔭高校”と言えば誰もが知る”野球部”の名門校で有名ですが、最近では”サッカー部”や
“ラグビー部”なども力をつけ、”強豪校”として注目されている様です。

なので一見、”部活動”が盛んな高校と思われがちですが【実は!】大阪では「進学校」として
知名度があり、有名大学にたくさんの生徒を輩出している高校として知られているご様子!

その中で、岡副麻希さんは”第Ⅰ類”の「難関国公立大学」を狙うコースを選択されておりました。

もちろんこの”コース”からは数多くのOBを輩出しており「東大、京大、同志社、関西、神戸、
慶応義塾、上智、早稲田」などの大学へ進学した生徒が沢山おり、今でも活躍中の”著名人”が
多く居るそうです。

ただ岡副麻希さんの場合、中学校の時から”アナウンサー”に憧れていたことから高校二年生の
時に”理系コース”を変更され「文系コース」へと変わったそうです。

“部活動”が強かった事と、近県の兵庫県西宮市で全国高校選抜野球大会が行われていたことから
毎度、学校を挙げて”甲子園”に行っていた為、甲子園での「目撃情報」が、かなり多く
伝えられているそうです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

ご本人曰く、甲子園の”応援経験”が多かったから「色黒」になったとか・・・?

しかし、甲子園に出向くのは多くても年二回!、それだけで現在のような”黒さ”となるとは到底
思えませんね!

むしろ”学校生活”の中で”黒さ”を手に入れたのでは・・・(笑;)

高校時代の”同級生”に人気女性アイドルグループ”乃木坂46”のメンバーで”さゆりん”の愛称で
親しまれている「松村沙友理」さんや、プロ野球球団の千葉ロッテマリーンズに所属している
捕手「江村直也」氏が居るそうです。



引用元【インスタグラム(matsumura_sayuri_official)】

かなり”有名”な話の様ですが”さゆりん”によると、高校時代の岡副麻希さんは学校内女子の中で
「三大美女」の一員として有名であったらしく、男子生徒から人気を博していたそうな・・・?

それに乗っかる形で”話題性”を生むため独自の言語「麻希ちょ語」等と呼んでいた”意味不明”の
トークを炸裂していたとか・・・?



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

“ガングロ”が定着した?高校時代を終えると、大学に「進学し」名門”早稲田大学”の「文化構想
学部」にご入学されました。

大学に入ると”体”が鈍ったのか?中学生時代に一度退いた”水泳”に復帰する事とし早稲田大学の
“水泳同好会”に所属されたそうです。

ただ、普通の”競泳”では物足りなかったのか?足に「フィン(ひれ)」を装着して泳ぐ競技の
「フィンスイミング」を行うようになったそうです。

この種目は”足ひれ”をつけて争う競泳なのですが”上半身”よりも「下半身」の筋力が必要で、
女性でも上手くやれば、相当の”スピード”がでる競泳種目として人気があります。

岡副麻希さんは、この競技で日本選手権の女子1500メートルで”優勝”を手に入れたご経験が
あるそうです。凄い!!

なので得意な”水泳”を生かして、臨海学校の”指導員”や小学校での”監視員”などのアルバイトを
行っていたらしいです。

そこで貯めた”資金”を同窓会の「活動費」に充てていたのでしょうか?

水泳に”復帰”した事で”ガングロ”は更に加速し(笑;)一方で”スタイル”が抜群に良くなっており
ご自身も気づかぬうちに”大人の魅力”を醸し出す様になっていたとか・・・!

そのため、大学一年生の時に学校で開催された”ミス・コンテスト”の「早稲田コレクション」に
“モデル”として起用されたそうです。

その情報がどこからか”メディア”に漏れたのか?同年10月に男性週刊誌でお馴染みの”ビッグ
コミック”スピリッツ”からの誘いがあり、同誌の”表紙”を水着姿で飾りました。

つまりこの”表紙”に出演したことで、ご自身初となる「モデルデビュー」を飾ったのです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

すると”人気”が上昇し始め”モデル活動”に力を入れるようになると”ファッションモデル”や
女性向け雑誌の”読者モデル”などを熟すようになって行きます。

その後大学四年生になると、”女子アナ”の「夢」を忘れていなかったのか?女性大学生を
“メイン”にマネジメントを行っている芸能事務所”スプラウト”と契約し、芸能界入りの
“足掛かり”を築いて行きます。

その後、フジテレビ社から声が掛ったらしく早朝の冠情報番組でお馴染み”めざましテレビ”への
出演が決まり月~水曜日までの”お天気キャスター”に抜擢され、自身初の「テレビデビュー」を
飾りました。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

この情報番組出演(芸能活動)をきっかけに、現TBS社で同じく”女子アナ”としてご活躍中の
「上村彩子」アナと友人になったそうです。



引用元【インスタグラム(saekokamimura)】

その後、大学を無事にご卒業され”社会人”となると芸能活動をそのまま継続し、本格的に
レギュラー出演していたフジテレビ系列の番組”めざましテレビ”に慢心する様になって行きます。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

その後”女子大学生”をご卒業されたので、所属していた芸能事務所では”お荷物”となったので?
その事務所を退き、大手芸能事務所で現在所属している”セント・フォース”へ移籍されました。

すると、レギュラー出演していた”めざましテレビ”での”仕事”が増え始め、”無担当”であった
土曜日のお天気キャスターも任され、さらに同番組の関連番組も含め”スポーツキャスター”にも
抜擢されました。

“露出度”が増したことに”並行”するように”お茶の間”から人気が出始め、お馴染み”肌黒”に
注目が集まるようになると”黒過ぎるキャスター”とか”黒い桐谷美玲”等と呼ば始めて世間からも
注目されるようになり、一挙に「ブレーク」を果たしました。

さらにその”人気”は止まることが無く2016年3月からゲーム会社でお馴染み”KOMAMI”の
「プロ野球スピリッツA」CM”に抜擢され、自身初の「CMデビュー」を飾りました。



引用元【サイト(YouTube)】

その後はテレビを飛び出し”ラジオ”等の「メディア」でも活動するようになり、ビジュアル
だけでなく”トーク”能力もあることが分かり始めると、各テレビ局のバラエティー番組からも
引っ張りだことなり、さらに人気に拍車をかけて行きました。

ただ芸能界でのご活躍は目に余るものがありますが、今だに学生時代の夢であった”局アナ”に
なれずに(笑;)、今に至っております。
(“フリー”でのアナウンサー歴はありますが・・・?)


スポンサードリンク


◇ 岡副麻希さんの黒顔が白顔?

“ガングロ”&”黒い桐谷美鈴”&”女松崎しげる”などの異名を誇る?岡副麻希アナですが、
“美人”所属事務所として知られている”セント・フォース”に2015年、入学していた早稲田大学を
ご卒業と同時に所属し、事務所内でも”異例”な「ガングロ・タレント」として成功を収めた?
ご様子です。

特に2017~2018年にかけて”タレントやキャスター”でご活躍さ、男性ファンを中心に
人気を誇っていた「桐谷美鈴」さんに似ていることから、自然に岡副麻希アナにも注目が集まり
しかも色黒であったことから”黒い桐谷美鈴”等と呼ばれるようになり親しまれて来ました。



引用元【ツイッター(めざましテレビ )】

しかし、2018年7月に俳優の「三浦翔平」氏とご結婚され、メディアから姿を消すと、
一挙に人気が低迷し、その”背中”を追うように?岡副麻希アナの人気も”降下中”です。

なので、次の”人気回復”には大物歌手「松崎しげる」氏との「共演」が必要なのかも?ですね!

いずれにしても”黒”が売りだった岡副麻希アナですが【実は!】その”黒”が危ぶまれ”シロ”に
なった!として話題になったことがあるのです。

“レベル”が高いとこのくらい↓↓↓



引用元【ツイッター(ニート鈴木 )】

“黒”が危ぶまれたレベルがこのくらい↓↓↓



引用元【ツイッター(城丸香織 )】

確かに”見た目”で分かるほどの違いですよね!

もちろんテレビでの”見た目”なので”映り方”で「白くも黒くも」なる可能性がありますが、
岡副麻希アナの場合、”黒大級”の「ガングロ」でしたから”映り”よりも実物が白くなったことに
間違いありません!

それについてファンたちからは↓↓↓

岡副アナ白くなった

岡副麻希前より白くなったな。

岡副アナが日に日に白くなるのを見て哀しくなってくる

ファン達にとっては「一大事」の事件?であったようです(笑;)


スポンサードリンク


◇ 岡副麻希さんの放送事故?

岡副麻希アナと言えば、自身の”冠番組”でもあったフジテレビ系列で放送されている”めざまし
テレビ”が有名ですが、その生放送中に”ヤラかした”放送事故があるのです?

それは二年前に遡った2017年5月に放送された同番組内で「居眠り」をしたのでは?との
“疑惑”が浮上し話題を呼びました。
(ついでに共演していた”宮司愛海”アナにも同容疑が・・・?)

その当時、岡副麻希アナは”フリーアナウンサー”での活動を行っており「アンチ」からは
「局アナでもないのに偉そう!、女子アナの技術がない!、キャピっていてウザい!、
女子アナと言うよりタレント気取り!」等と、”総攻撃”されておりました(笑;)

なので共演し、同じように”居眠り姿”が捕らえられた”宮司愛海”アナよりも岡副麻希アナに
“集中投下”された次第です。



引用元【サイト(YouTube)】

岡副麻希アナは高校時代から学業”優秀”で、その当時から既に「女子アナウンサー」を夢見て、
それに向かって行動を始めておりましたし、大学も名門の”早稲田大学”に一発合格!されて
おります。

なので、就職活動中に”局アナ”を狙って入社試験を受けてもよかったはず?ですが、当時から
既にフジテレビの”めざましテレビ”に出演しタレント並みのご活躍を見せていたことで、それを
継続する形で大学をご卒業され、今の”ポジション”を築きあげました。

その後”黒い”を武器?に人気を博し「容易」に”ブレーク”を果たしてしまったことで、若干
“生意気”気味に見られがちとなり「アンチ」が増える結果となったのです。

そのためか?最近では以前のような”メディア露出度”が減り、バラエティー番組ですら
見かけることが殆どなくなった状態で、たまにスポーツ特番などに出演し自慢の”色黒”を
アピールしたり、自身の公式SNS(インスタグラム)で注目を集める”写真”をアップしたりして
ファン拡大に励んでいるご様子です!



引用元【インスタグラム(maki_okazoe_official)】



引用元【インスタグラム(maki_okazoe_official)】



引用元【インスタグラム(maki_okazoe_official)】


スポンサードリンク


◇ 岡副麻希さんのプロフィール

本名
岡副 麻希
読み
おかぞえ まき
生年月日
1992年7月29日
仕事
フリーアナウンサー、タレント
出身地
大阪府富田林市
所属事務所
セント・フォース
血液型
A型