★★★★★★

“トップページ”でも紹介している通り「話す」ことは、他人と”コミュニケーション”を図る上での一つの「ツール」であり、人間が「世界生活を営んで行く」中で!あるいは、大げさに見ると「生きて行く」上でも、欠かすことの出来ない”行動”と言えます。

毎日、何気なく行っている”行動”であるが故に「そんな大げさな!」と思われる方が、ほとんどだと思いますが、翌々考えてみると!もし、この世が「言葉の無い世界」だとするのならば、相手に”何か”を伝える時には「表情や仕草」あるいは「身振り手振りのジェスチャー」などの方法でしか!伝えることが出来なくなります。

但し「言葉の無い世界」だからといって「生活が成り立たないのか」と問われると、そんなことは無く!歴史を振り返ると、”原始時代”の「言葉の話せない我々の祖先」は!”ジェスチャー”だけで「生活を成り立たせていた証拠」が、残されているからです。

しかし、”ジェスチャー”だけで「生活が成り立っていた」としても!果たして、現在の”生活環境”のような「便利で自由な幸福を感じられるレベル」には、決して!到達することは無かったはずです。

もちろん「ジェスチャーだけの世界」が、全てにおいて”不幸(悪い)”なのか?と問われると!それは「人それぞれである」と言えるのですが、少なくても”ジェスチャー”だけでは!伝えたい「正確な思い(本心)」までを、相手に届けることは「不可能に近い」のです。

たとえば、田舎の「田んぼや畑」に飾られている!”害獣防除用”の「カカシ」を思い出して下さ



一般的な「カカシ」とは、”形状”のほとんどが「人間風スタイル」に造られており!その”目的”を詮索した場合、誰もが「田んぼや畑の”食料”を、カラスやスズメなどの”害獣”から守るため」と、直ぐに理解が出来るはずです。

なので、”生き物”では無い「カカシ」は!”カラス”や”スズメ”から見ると!たとえ”ジェスチャー”が無くても「人間と勘違いする」ことによって!”恐怖感”や”危険感”を与える「メッセージを伝えることが出来る」のです。

一方の、”人間”から見ると!全く「動くモノで無いことを理解している」ことや、何の「ジェスチャーもある訳がない」と、決めつけていることから!ただの「藁人形」にしか見えず、何の「メッセージも伝わって来ない」のです。

しかし【万が一!】”カカシ”が「僅かでも自ら動いた」のなら、人間が描いていた”固定概念”が一挙に!崩れて、その”カカシ”が「何を伝えたいのか?・なぜ居るのか?・楽しいのか?・悲しいのか…など」の「自らの思想」を、描き(考え)始めるはずです。

【さらに!】その”カカシ”が「ジェスチャーも取り入れ始めた」のなら【なお一層!】相手の”気持ち”を受け止めようと努力をし始めるはずなので「辛いのか?苦しいのか?悲しいのか?熱いのか?寒いのか?…など」の、”思いやり”の気持ちや”気遣い”の心などが!人間であれば、必ず「芽生えて来る」モノです。

しかし、それらは全て「自らが描く”推測”にしか過ぎないモノ」であり、相手が「本当の意味での伝えたいこと(本心)」は、分らないのです。

そこで、”カカシ”が「喋り出した」のなら!どうなるのでしょうか?

もしも「辛いです。苦しいです。悲しいです。熱いです。寒いです…など」と、語りかけて来たのなら!間違いなく「相手の”思い”を理解することが出来き、適切な対応を取ること」が、出来るはずです。

なので、“トップページ”でも!若干、ご紹介している通りに「話すこと」とは、他人との”コミュニケーション”を取るための「ツール」であり、人間だからこそ!生きて行くために欠かすことのできない「”正確”な意思を伝達するための一つの方法」と言えます。



スポンサードリンク



「ジェスチャーで何かを伝える」の意味では、よく知られている”行動パターン”として!日本人の場合、”外人”から声をかけられた時に、”意味”を理解出来ない方は!決まって「身振り手振りで対応しようとする姿」を、見かけるケースが多いです。

もちろん、その”姿”を見れば!外人(相手)の方が「言葉が通じない」と理解することで、自ら「積極的に聞き耳を立てる」ことから、”ジェスチャー”程度でも「通じ合うケースが往々にしてある」のです。

なので、”言葉”が通じないケースでは!外人(相手)が”聞き耳を”立てずに「理解する努力に勤めない」と、”ジェスチャー”程度では!ほとんど「通じていない」らしく、”ジェスチャー”で「物事を伝えるのには限りがある」のです。

たとえば、”ジェスチャー”によって「食べる仕草・空腹の仕草・眠い仕草・熱い仕草・寒い仕草…など」を行えば、その”意図”するモノは理解できます。

しかし「何を食べたいのか?どのくらいお腹が減っているのか!あるいは、眠いのか?熱いのか?寒いのか…など」の、”正確な思い”までも!理解することは不可能なのです。



【さらに!】深く”相手の真意”を追求した時に「お腹が減って悲しいのか?眠られずに困っているのか?熱くて!あるいは、寒くて苦しいのか?…など」の、”気持ちの面”を理解することなど、到底!出来ません。

そこで、”言葉”が通じて「話(会話)が出来る」のであれば!相手が意図する”気持ち”を「正確に理解することが可能」であり【さらに!】発する「言葉の重み(強弱)」によって、”本心”までも!理解することが出来るのです。

相手が、”意図”する「正確な思い」や!本当に伝えたい「心の内側」までも理解して、話すことが出来れば!きっと「喜びも倍増すると共に、清々しい会話(お話)」に、つながるはずです。

もちろん、人間には「表情」があるので!”ジェスチャー”に「顔の仕草」などを加えると、僅でも「感情を表すこと」も可能です。

しかし、相手に対して「幸福な気持ちを与えるコミュニケーション」を目指すのあれば「正確な情報を伝える」ことが!何よりも重要であり、そのためには【やはり!】”話すこと”が「何よりも大切なこと」なのです。

“話す”上での「表情から伝わる僅かな感情」については、当ブログページ内で紹介しております「話のテクニック」を、”応用”することも可能なので!是非、そちらも参考にして頂ければ幸いです。



スポンサードリンク



以上のように「話す」とは、一語一句を相手に伝えるだけではなく!”表情”や「話し方のテクニック」などを駆使して、自分の”気持ち”や”本心”を「正確」に相手に伝えたり、逆に!相手の「深層心理」に踏み込むことの出来る、素晴らしい「コミュニケーションツール」なのです。

この”コミュニケーションツール”を使えることが、人間に兼ね備えられた「大きな特徴」でもあり!私たちに「幸福をもたらす一つのツール」と言っても過言ではありません。

どんなに「経済的に恵まれた生活」を送っていたとしても、家庭や学校・職場などで!誰ともコミュニケーションを取らずに「孤独な人間」となってしまうと、最終的には「精神的に情緒不安定な人間」になってしまうことから「幸せを手に入れること」は、まずあり得ません。

また、日頃から!”隣人”や”他人”との「対話を大切にする」ことは!後に訪れるであろう”不幸”の際に「助けを求めること」も可能となり、ひいては!「協力関係の構築」にもつながるのです。

このことは「コミュニケーション能力が減退した現在社会」においては、非常に重要な”行動”であり!人類に共存する「人間社会」の上でも、欠かすことの出来ない”コミュニケーション”につながるのです。

つまり、家族や知人!あるいは、学校の友達や会社の同僚などから見放されて!「一人ぼっちの不幸に陥らない」ためにも、常に”コミュニケーション”を心がけて「話すことの大切さ」を理解するべきなのです。

また、”話す”ことは!大なり小なり「情報伝達の役目」も担っていることから、その意味では!冒頭で”大げさ”に「生きるためには欠かせない行動」等と説明させて頂きましたが、有り難し!”間違い”ではなく、”仕事場”でも大きな「役割」を果たしているのですから「現代社会で”幸せ”になるためのツール」と言い換えることも出来るのです。

「幸せ」になることは、人間がこの世に「生を得た大きな目標(目的)」でもあり!そのための”ルーツ”の一つが「話す(コミュニケーションを取る)こと」なので、非常に「大切な行動」と言えます。