★★★★★★

“お話”をする際に、相手が「同じ言語の人間」であれば!何でも”ペラペラ”と話すことが可能であり、相手の”お話”に耳を傾けることもなく!一方的に話し続ける人を、見かけることがあります。

しかし、それでは!相手に対して「伝えたい”内容”や本当の”思い”」などを、伝えることが難しく!何よりも、心が通った「気持ちの良い清々しいコミュニケーションとは成らない」はずです。

話を伝える”相手”には「心」があり!その”心”に「如何にして話しかけるのか」が、”お話”する上での「本来の目的であるから」なのです。

なので、同じ”言語”の相手に「話し易いから」と言って!”ペラペラ”と話しただけでは、相手の「心にまで届く話」が出来ず!それよりも、”感動”を与える「内容」の話や”衝撃”や”インパクト”を与える「表情の作り方」【さらに!】相手が”聞き耳”を立てることへの”安心感”を与える「話し方」などを「工夫して話すこと」によって、相手の”心”に問いかけることが出来るのです。

なぜなら、そこには!”話す側”の「個性が生まれるから」であり、一度!根付いた”個性”は、そう容易く崩れることが無く!”安心感”から生まれた「相手の心の窓口」へは、話す度に「相手の心に問いかけることが可能」となるのです。

相手の「心の窓口」に手が届けば、話す側の「本当の真意」や「誠実なる思い」や「嘘の無い真実」などを伝えることが可能となり、本来の”目的”である「話すことの意味」が、初めて成立つのです。

つまり「上手なお話」をする上で、一番大切なことは!いかに「相手の耳に伝えるのか」では無く、より良く「相手の心に問い掛けるのか」を、常に”意識”して「お話することが重要」なのです。



スポンサードリンク



世の中の大半の人は「上手なお話をする人は誰?」と尋ねると、真っ先に答えるのが!お笑い芸人の「明石家***」氏の名前を挙げるモノです。

“明石家***氏”の「トークの代名詞」と言えば、マシンガン級に「ペラペラと噛まずに話すスタイル」と言えますが、そこから見出される「話術の上手さ」が!果たして「上手なお話をする人」と、言えるのでしょうか?

たとえば、”明石家***氏”のトーク番組を視聴して!一晩寝た後に「翌日まで覚えているのか」と言うと、ほとんどの方は「覚えていない・記憶が曖昧」の”印象”を持つはずです。

それよりも、もし”睡眠中”に「心を揺さぶる衝撃的な出来事の夢」でも見た翌日には!その”夢”で「脳が支配されている」はずです。

見た目の「話術の上手さ」を理解したとしても、それは「一時的な記憶」にしか過ぎず!人の”脳”は「新しいものを吸収するために常に更新し続けている」ことから、たとえ!”話し方”が上手くても、心に「響かない(残らない)」お話では、直ぐに更新されてしまい!脳内にある「ジュークボックス」には収められないのです。

【しかも!】人の”好み”によっては、”ペラペラ”と話すことを「気嫌いする気質(性格)のタイプ」も居ますので【まさに!】話の内容が”無いよう”な(笑;)「話術」では、逆に相手に対して「不快な気持ち」を与えてしまい!”悪い”意味での「記憶として残る恐れ」が、あるのです。


引用元【ツイッター(前向きな言葉 )】

「話す」上での”絶対条件”とは、相手が居て!初めて成立つ”行動”なので、特に”心”のある人間に対しては、相手の”話”に「関心を示さない姿」が窺えるような「一方的に思いのままにペラペラと喋る口調」は、かえって!相手に対して「悪い印象」を与え兼ねないのです。

逆に、”冷静”で!しっかりとした”口調”が窺える「丁寧で安らぎを与えるような語り口」であれば、たとえ「聞きづらい低い声」であったとしても!”口の動き”から「伝えたいことを理解することが出来る」ことや【寧ろ!】そちらの方が”インパクト”を与えることにつながり!相手の”心”に問いかける「正確で真意のある誠実なお話」が出来るようになるのです。

【しかも!】相手の”心”に「問いかけるお話」が出来れば、会話する二人だけが「気持ちの良い話」が出来るだけではなく!その”会話のシーン”を窺う「周りの反応」も、非常に良好で!自然と「会話の中に溶け込む人たちが増える」ケースが多いのです。

つまり、”上辺だけ”の「話術」では!一時的に”興味”を引く「いずれ消え去る記憶」にしか成らず、相手が”聞き耳”を立てない限り、少なくても「心の窓口」を開くことすら!出来ないことから、相手の”心”に響く(残る)「心のこもったお話」とは、成らないのです。

「心無いお話」では、相手が「興味を示さない」ことから!本気で「話そうとする姿勢」を、導くのが難しく!話す側が、本気で”正論”を話しても「疑問」を持たれたり!”共感”して欲しい話にも「乗って来ない」などの、”話”を「受け止めようとする心構え」を!相手に「根付かすことが出来ない」のです。

逆に、”話す側”の「個性的な特徴」を示せば!相手は「興味を示す」はずなので、一挙に!「心の窓口」を開くことに成功をして、心と心が通じ合った「触れ合いのあるお話」が出来るばかりでは無く!相手の「記憶に残る話」へも、つながるのです。

相手の”心”に手が届けば、本気の”思い”を!伝えることが可能となり【さらに!】”誤った”問いかけにも「反応を示してくれる」ことから、本気の”議論”にも応じ初めて!最終的には、お互いの「共通認識の見解」を、見出すことも出来るのです。



【実は!】「触れ合いのあるお話」をすることによって、お互いの「共通認識の見解」が持てることは、ある意味で「食い違いのない考え方の構築」へとつながり!”仲間意識”が強くなることにも、大いに役立つのです。

ひいては、”仲間意識”が強くなれば「対立する心」が芽生えることも無く!それが、拡大することによって「戦争の少ない地球」を、目指すことも可能な訳です。

なので、この世の人類が!僅かでも「心のこもったお話」を意識するようになれば、恐らく「世界の平和に近づく鍵」となる可能性が否めないのです。

もちろん、人間には”個性”があるために!必ずしも、”普通”に話せる人ばかりとは限らずに!中には「口下手で不器用そうに話す人」なども見かけます。

しかし、そんな”口下手”な人でも「相手の心に届く心のこもった話し方」をすれば!”話下手”との見解は!間違った見方(偏見)なのです。



スポンサードリンク



また「心が触れ合った上手なお話」を求める上で、一番!大切な事とは、決して相手を「無視することだけは避けなければ成らない」ことです。

もちろん、”独り言”を語っている人に!聞く側の”お話”を伝えることは、ほとんど”無理”があるため!相手の”心”に「問い掛けること」など、到底!出来る理由もなく、”無視”するか!あるいは、会話から離れるか!の対応が望ましいのです。

また、”原稿”などを丸読みしている!相手の”お話”なども、”一方的”に「伝えようとする力」が働いていることから!聞く側の心に響く(残る)「誠実で真意のあるお話」とは、成り難いモノです。

但し「弁論大会」のような!始めから相手の”心”に「届くような内容・語り口」を、”行為的”に行っている場合は話が別であり!”語る”相手の心に「響かせる(残す)ことを目的にしている大会である」ために、極端に「熱く!感動的な思い」が伝わって来ることから「上手はお話」となる訳です。

“コミュニケーション”とは、相手が居て!初めて成立つモノですから、”目上”の方や”上司”等と会話をする時の様に、一方の”心”が「閉鎖的な立場」で会話を行ったとしても「心の通じ合ったお話」とは成らず!”一般的”な話の中では、お互いに「対等な立場で話すこと」が、最も重要なことなのです。

たとえば、話す相手が「対等的な立場で無いケース」では!”低い立場”の語り言葉など、何の意味も持たず!聞く側に取って”為になる(意味のある)”話であれば別として、”権力”を振りかざした「一方的な”命令口調”のお話」であれば、”耳”は傾けるモノの!肝心な「心は閉鎖した状態」なので、心の通じ合った会話とは成りませんし【寧ろ!】聞く相手に「不快な思いを与える可能性」が、高いのです。

このようなケースでは、”低い立場”の方が話す言葉など「聞く耳を持って頂けない」ことが!ほとんどなので、「返し言葉」などは、決して行わずに!相手の話を良く聞きながら「低い立場の”術中”にハメるように自らコントロールする」ことが、対等な立場に持ち込む「唯一の方法」と言えます。

但し、それには相当な!”話術力”が必要であり、一般的には「難しい方法」と言えます。

なので、結局の所は!強い立場の側が「一歩引いた誠意ある対応」を取るのが、一番の”解決作”であり!伝える側が「心の通じるお話」に、心がけながら話すと同時に、受け止める側も「話しやすい環境作り」に心がければ、お互いに「心を開いた上手なお話」となるのです。



また、話す相手が「失敗による注意」を!与えなければならないケースの場合、頭越しに”ガミガミ”と叱るのでは無く!「失敗した原因・怒った理由・気配りのある配慮…など」を、心がけた”対応”を見せることが!何よりも”重要”なのです。

【すると!】叱られる側も、真面目に「耳を貸すはず」なので!”心”に「問いかけるお話」が出来る上に【さらに!】「誠意ある対応に答えよう」と、必ず「努力するはず」なので!次回の「再発防止」にも、大きくつながるのです。

しかし、頻繁に”ミス”を繰り返す人も!中には居るモノですが、その”原因”の多くは!”ミス”した時に、また叱られる!と「恐怖で萎縮することが原因」のケースが多いのです。

なので、一度だけでも!相手の「心に問いかける話し方」を行えば、”ミス”した側は!叱られた”原因”に「誠実に向き合う姿勢」を見せるはずなので、それに気づけば!心に”余裕”が生まれ初めて「再発防止に大きく貢献する」はずです。

失敗した相手の「心に問いかける話し方」の意味では、その相手が「心を開き易い環境作り」にも、気遣うことが大切なことであり!今後、叱る側の「信用度(信頼度)」にも!大きく結びついて行くのです。

但し、一言で「心に問いかける話し方」と”表現”しても!分かり難いことから、まずは一番に行う事として!その時の相手の”心の中”では、何を思っているのか「苦しいのか・悲しいのか・迷っているのか・困っているのか…など」を、正確に「読み取る力」が!最も必要とされるのです。

少なくても、その”思い”を「理解すること」が出来れば!その”真意”に対して「適切なアドバイス」を行うことが可能となることで、会話するお互いが「本気で話し合う姿勢」を、見せ始めるのです。

お互いが「上手な話し方」を行えば、迅速に「良い解決策」が見つけるはずであり!その”経験”を生かして、より良い「関係作りに役立つ」ことは元より!「建設的な会話」が出来るようになるのです。



スポンサードリンク



以上のような”方法”を、理解していても!実際には「上手な話し方をするのは難しい」と、感じる方が多いと思います。

なぜなら、人には”個性”があるように!考え方も”十人十色”なので、その人にあった”方法”や”やり方”を見つけないと「実現するのが難しいから」なのです。

【しかも!】”複数人”でのコミュニケーションとなると【さらに!】”難易度”が増して!当事者だけでは処理するのが難しく「周囲の協力があって初めて成り立つケース」が、多いからです。

なので「決め手はこの方法である…など」と、決めつけることが困難であり【やはり!】自らの体験や経験を生かして、より良い「相手の心に問いかける方法」を見つけるしか!手が無いのです。

但し「上手に話す基本」としては、相手に対する「心がけ」が!一番大切なことであり、相手が居るから「お話が成り立つ」ことを、強く意識した上で「真面目で誠意のある姿勢」を表現しつつ!相手が理解に悩まような”ペラペラ口調”で「独りよがりな話し方」に成らないように気を使い!相手の”耳”に言葉を伝えるのでは無く、相手の”脳”に「印象が残る」ように!”心”に話しかける気持ちで、”コミュニケーション”に望んで頂くことを望みます。