日本の”若手実力派俳優”として人気上昇中の「林遣都」氏ですが、芸能誌でお馴染みの週刊誌”文春”から新たな「熱愛疑惑」が報じられ注目を集めているご様子です。

その”お相手”は【なんと!】”女優”方面のお方ではなく人気アイドルグループ元AKB48の”ぱるる”こと「島崎遥香」さんとのこと!

林遣都氏”29歳”で、久々の熱愛報道(“ぱるる”こと島崎遥香さんとの!)のご様子♪

“熱愛”が報じられた、その気になる”ぱるる”こと島崎遥香さんとの「関係」について紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(乃木坂46まとめ 1/46 )】

“熱愛”の一報を報じたのは芸能誌でお馴染みの週刊誌”週刊文春”で、令和元年(2019年)最後の「大砲」を”ぶっ放した!”模様です。

何故なら、現時点で俳優の”林遣都”氏はNHKで放送されているお馴染み連続テレビ小説の”スカーレット”に出演中で、その真っ最中での一報(熱愛)であるためです。

その”テレビドラマ”では自慢の「個性」を思う存分!発揮しており、恋愛下手で優柔不断な”役柄(信作)”を見事!に熟して注目を集めているそうです。

この”ドラマ”には女性アイドルグループで人気を博した元AKB48の「大島優子」さんも出演しており48グループ内は元より”センター”の後輩でもある”ぱるる”こと島崎遥香さんに思わぬ「文春砲」が放たれた模様です。


引用元【ツイッター(ゾロんぱ )】

では”二人”の関係に先輩の大島優子さんの存在が・・・と思われがちですが、実は大島さんは全く”無関”係で、二人が出会った”馴れ初め”は、2018年にテレビ朝日系列で放送されたテレビドラマ”リーガルV”での”共演”がキッカケのようで、林遣都氏の”可愛い”演技キャラに島崎遥香さんが惹かれた!とのことです。

そこキッカケから”二人”の「交際」がスタートしたらしく、報道を”ぶっ放した”文春の記者も二人が”デート”している情報を、既にゲットしているそうです。

その”真相”は徐々にこれから「公の場」になって行くとは思いますが、その前に人気”個性派”俳優の「林遣都」氏にスポットイン!



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ 性格がヤバい!
・ なぜチワワ?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 林遣都氏の中高大学は?

林遣都氏は1990年12月6日生まれの29歳(2019年)で、ご出身は「滋賀県大津市」です。

ご出身の”滋賀県大津市”にあるご自宅で、ご両親と兄と妹の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、林遣都氏も(滋賀県大津市)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の滋賀県大津市にある”大津市立逢坂小学校”にご入学されたと判明しております。

ご家族は”ご両親”と二歳年上の”兄、三歳年下の”妹”がいて、ご自身は真ん中の”次男”として生まれ育ったご様子!

父親の”職業”や”年齢”などは分かっておりませんが、相当”ぶっ飛んだ(破天荒)”「性格」のご様子で、掴み切れない”キャラ”でありながら”子供たち”を立派に育てたそうです。

もちろん、その”DNA”は子供たちにも影響を?及ぼし、上の”兄”と”ご本人”たちも相当な”個性豊か”で「ユニーク」な子供達であったとのこと。


引用元【ツイッター(satosi_s )】

逆に母親や妹は、物静かで”しっかり者”の人物であったらしく、林遣都氏に名前を”命名”する際に、花の大東京(都)にさし向いて(遣わして)成功を収める!との意味から「遣都」と名付けたそうです。

そのため、この”一家”はとても「仲の良い家族」であったらしく、毎年”正月”になると一家で”初詣”に出向き、”おみくじ”や”願い事”を行っていたそうです。

幼少期の頃は”テレビっ子”であったらしく、アメリカ・マンガでお馴染み”トムとジェリー”の日本語放送を好んで見たいたそうです。

小学生時代は、習い事で”書道”の教室に通っていたらしく”兄妹”も一緒に習っていたのか?は不明ですが、学校”外”の活動も行っていたご様子。

一方で”体を動かす”のも大好きな少年であったらしく、学年は定かではありませんが”野球”に取り組んでいたようで、”ポジション”は「二塁」を担当していたそうです。



引用元【サイト(レジュメディア)】

“野球少年”であった小学時代を終えると、中学校も地元の滋賀県大津市にある”大津市立打出中学校”にご入学されました。

中学生になると、”本格的”に野球に取り組むため”野球部”に入部されたそうです。

その”実力”は定かではありませんが、今でも時間があると親友の俳優陣たちと野球を楽しんでいるのだとか・・・?

なので「野球バカ!」と思いきや【実は!】”学業”もかなり優秀であったらしく、特に語学(英語)が得意で、学年で「一位」を獲得したことがあるのだとか!

その”能力”を支えていた”裏”には、校外で通っていた「進学塾」の存在が大きかったらしく”学生塾能開センター”で学力を高めていたそうです。

小学校から複数の”校外の活動(塾など)”に通えていたことから、もしかすると”ご実家”はそれなりの「裕福な家庭」であった可能性が高いです。

中学校三年生になり”野球部”を引退すると「バンド」を始めたらしく、その中では”ギター”を担当していたのだとか?

野球部では”坊主”であった可能性が高く「引退後」は”髪”を伸ばし始めたと予想できますので三年生後半には「長髪姿」になっていたのでは・・・!

その「甲斐」あってか?”修学旅行”で東京に行った際、”渋谷駅”のホームで”芸能事務所”から「スカウト」を受けたそうです。

それがキッカケで芸能事務所に所属し「芸能界の道」を歩むことになるのです。

その当時の主な仕事は、学生向けファッション雑誌で有名な”ラズベリー”で「モデル」を行っていたらしく、後にご活躍される”俳優”とは全くの「無縁」でした。



引用元【サイト(レジュメディア)】

芸能界への”切符”を手にした中学時代を終えると、高校も地元の滋賀県にある”比叡山中学校高等学校にご入学されました。

この高校は学校名の通り、私立の”中高一貫校”で”通常”は中学にご入学されると”内部審査”のみで高校まで「エスカレーター式」で”進学(入学)”することができます。

なので、林遣都氏の場合”外部”の「一般入試」で見事!合格し”ご入学”されたと思われます。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

高校時代に入ると、中学校時代から続けていた”バンド”のメンバーと一緒に「軽音楽部」に入部されましたが、既に”芸能活動”を始めていたから”両立”が不可能となり、後に「退部」をされております。

“芸能活動”と”学業”に慢心する中で、高校一年生の時に”俳優”のチャンスが巡り回って来て、2007年3月に公開された映画”バッテリー”に出演し、自身初の「映画デビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(HOMINIS(ホミニス) )】

【なんと!】この映画では”映画初デビュー”にも関わらず、主演の”原田巧”役に抜擢され「映画・主演デビュー」も飾ったのです。

中学校時代に”野球部”で「青春を送っていた」ことが”功を称した!”とのことです。

ちなみに、この映画での”主人公(原田巧)”役を選ぶ際に行われたオーディションには約3,000名の”応募”があったそうですが、その中で”林遣都”氏が「主役の座」を手に入れた模様です。

また、映画が”大成功”を収めたお陰で”母親”が物凄く喜んだらしく、その”喜び”が今の自分(俳優人)を支えている源!とのコメントをされております。

何故なら【実は!】林遣都氏は高校時代に”プライベート”や”仕事”、更に”学業”との両立が困難となり、”見方”である「母親」に自身の”ストレス”を”不満”を「ぶつけていた」そうです。

そんな”ご苦労”があった末の”出演&主演映画”が大成功を収めたのですから”母親”にとっても「ひとしお」であったことは間違いありませんね!

また、この映画ではご自身の俳優業「第一発目」の作品にも関わらず、その演技やスタイルが関係者から高く評価され、その年の”日本アカデミー賞授賞式”で新人賞を受賞されました。

すると一気に”映画ファン”や”関係者”から注目を浴びる存在となり、なお一層”俳優業”に慢心するようになって行きます。

当然のことですが、高校でも相当”ヒーロー扱い”されるようになったそうです。

その”人気”が衰えぬまま、同年8月にはフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ”千の風になって 第1弾・家族へのラブレター”に出演し、自身初の「テレビドラマデビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(Rino )】

その後、高校二年生~三年生にかけて立て続けに”映画”に出演を果たし、2008年1月に公開された映画”ちーちゃんは悠久の向こう”で主演、同年6月公開の映画”DIVE!!”でも主演、2008年11月に公開された映画”ラブファイト”でも主演を果たします。

ちなみに、映画デビュー作であった”バッテリー”では野球少年!、”DIVE!!”では飛込競技者、”ラブファイト”ではボクサー役・・・と”スポーツ競技者”の演技がほとんどであったことから俳優陣の中でも「運動系のイメージ」が強くなって行きます。


引用元【ツイッター(たたん )】

なので”未経験”であったスポーツ役を演じる際は、その道の「エキスパート」の元へ出向き指導を受けていたとか?

さらに通っていた学校(高校)では”映画”のために、”放課後”の時間がある時のほとんどを”トレーニング”に費やしていたそうです。

映画”ラブファイト”に抜擢された時は、”ボクシング”の映画であったことから大阪の”ジム”に通い、”本格的”な「スパーリングの指導」を受けたそうです。


引用元【ツイッター(えむこ )】

“俳優業”でご活躍する一方で中学三年生の12月から放送が始まった車メーカーでお馴染み”ダイハツ社”のCM”ダイハツ・ミラ ストレッチ篇”に女優の「松雪泰子」さんと出演し、自身初の「CMデビュー」を飾りました。



引用元【サイト(YouTube)】

“文芸両道”で忙しかった高校時代を終えると、大学には「進学せず」に社会人となり本格的に”芸能活動”に専念するようになります。

そのため俳優業に”理解”が強かった”母親”がいる地元(実家)の滋賀県大津市を離れ「上京」し、”俳優人”としての活動を盛んにするようになると、テレビドラマや映画などの数々の”話題作”からオファーを受け、”着実”に「キャリア」を積んで行きます。

ちなみに芸能界を志す際に、自信の映画デビュー作である”バッテリー”でメガフォンを取った「滝田洋二郎」監督に相談を持ち掛けて、”俳優業”に進むことを決断したそうです。

なので「滝田洋二郎」監督は”林遣都”氏にとって、芸能界での”親的存在”なのかも?ですね!

東京に”上京”したその年の2009年に、TBS系列で放送されたテレビドラマ”小公女セイラ”に出演し、自身初の「連続ドラマデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(アマザワ )】

その後の2011年7月より、NHK・FMのラジオシアター”ウィニングボール”に参加して自身初の「ラジオデビュー」を飾りました。

さらに同年、衛星放送でお馴染み”WOWOW”で放送されたテレビドラマ”コヨーテ、海へ”で自身初のテレビドラマ「初主演」を飾りました。

また、2016年9月から公開された舞台”家族の基礎~大道寺家の人々~”に出演し自身初の「舞台デビュー」を飾りました。

その後も”テレビドラマ”や”映画”をメインに活動し、若手俳優としての確固たるポジションを確立して、”俳優人”として”ご存じ通りの「飛躍」ぶり!を見せながら、今に至っております。


スポンサードリンク


◇ 林遣都氏の性格がヤバい!

林遣都氏の”性格”は相当な「面倒くさがり屋!」らしく、エピソードとして食事を摂る事すら面倒で、”減量目的”ではありませんが”食べる”ことを「サボった」挙句!体が動かなくなり「栄養失調」になりかけたことがあるのだとか・・・?


引用元【ツイッター(愁 )】

しかも”衣類”を着用するのが面倒であったことから外出も行わず、休みには決まって家の中に留まって居るのだとか?

ここまで酷いと「面倒くさがり屋!」では”事”が収まらないように思えるのですが、普段の”生活”は、たまに実家(滋賀県)から来る”母親”が面倒を見ているらしく、”ゴミ分別”などももちろん行っておらないので、その母親が来る度に分別を行い部屋の掃除や洗濯ものなどの家事を行っているのだとか!

「おまえは子供か!?」と”ツッコミ”を入れたく思うのは私だけでしょうか?

しかも社会人で一人暮らしなのに”金銭感覚”も「適当」らしく、”給料”も配分を考えるのが面倒なため直ぐに使てしまうらしく、母親が上京した時に”小分け”にして少しづつ使える様に工夫をしているのだとか!

さすがに、ここまで「面倒くさがり屋!」で”不潔”な状況だと”嫁さん”も来ないでしょうね!

ちなみに、”友達”すら林遣都氏の自宅に遊びに来ないのだとか・・・。


スポンサードリンク


◇ 林遣都氏はなぜチワワ?

林遣都氏は最近、子犬の「チワワ」に似ているとして”評判”のご様子!


引用元【ツイッター(??ゆっき??③キョンシー酒呑④ク23a売り子 )】

ちなみに、2018年10月からテレビ朝日系列で放送されていたドラマ”リーガルV・元弁護士~小鳥遊翔子~”では、主演の「米倉涼子」さんから”ポチ”と呼ばれて親しまれる”役柄(青島圭太役)”を演じておりましたよね!


引用元【ツイッター(HOMINIS(ホミニス) )】

そもそも”林遣都”氏を「チワワ」呼ばれするようになったキッカケは【実は!】テレビ朝日系列で放送されたテレビドラマ”おっさんずラブ”に出演した際に、共演した”主演”で俳優の「田中圭」氏の”一言”から始まったそうです。


引用元【ツイッター(子狸めい )】

これ↑は”副音声”で放送された「メイキング」の模様ですが、確かに主演の”田中圭”氏が林遣都氏が「チワワに似ている!」と発言されておりますね!

なので、演出中は「ドラマの内容」と同様に?田中圭氏は相当”林遣都”氏を愛しく思っていたのだとか・・・?

このドラマは「同性愛」に着目した番組内容なので、その”矛先”は林遣都氏にも向いていたご様子(動物として!ですが)・・・(笑;)

田中圭氏によれば、目の不慣れ具合(位置)や鼻の”スタイル”が特に似ているのだとか!?

“かわいい”と評判の「チワワ」に似ているとは!羨ましい限りですね?

ただ、その”情報”が広まるとご本人も意識し始めたのか?ドラマ”おっさんずラブ”の撮影の際、”チワワの雑誌”を読んでいるところが、番組内で放送され話題を呼んでおりました。


引用元【ツイッター(?とん子?桔梗?? )】


スポンサードリンク


◇ 林遣都のプロフィール

本名
林 遣都
読み
はやし けんと
生年月日
1990年12月6日
仕事
俳優
出身地
滋賀県大津市
所属事務所
スターダストプロモーション
血液型
O型