“テレビ朝日”を代表する医療系ドラマと言えば、誰もが”脳裏”に浮かぶ人気番組「ドクターX」ですが!そこから”派生的”に誕生した第二の”ドクター”シリーズとして、”知名度”を広げている「ドクターY」でご活躍中の個性派俳優「勝村政信」氏。

何やら?最近、そのご自身を代表するテレビドラマの”ドクターY”が「オリジナルコンテンツ」として動画配信されると同時に、”不定期”で放送されている「地上波」での再放送が行われることが分かり、注目を集めているご様子です。

人気番組”ドクターX”と言えば、誰もがご周知の通り!女優「米倉涼子」さんの”代表作”の一つであり、その”敵対的な立場”の医師を務めていたのが”勝村政信”氏が演じる「加地秀樹」役であり!そこから派生的(スピンオフ)に誕生したのが、ご自身が”主演”を務める「ドクターY」です。


引用元【ツイッター(テレ朝POST )】

“ドクターX”を牽引するように誕生した”ドクターY”ですが、芸能生活(蜷川門下生となってから)約37年の”演技力”で魅了している「勝村政信氏を代表するテレビドラマ」ですが、いよいよ!”ネット界(WEBコンテンツ)”へも進出をされた模様です。

また、この”ドラマ”が生まれる前までは!”勝村政信”氏と言えば「名バイプレイヤー的存在」としての活躍が目立ち!”主演級”の役に「恵まれるチャンスがほとんどありませんでした」が、このドラマでの”主演登用”をキッカケに、今までのご自身の”キャラ”をぶち破った「転機となったドラマ」と言えるのでしょう。

そんな、”ベテラン”と呼ばれて相応しい!俳優の勝村政信氏ですが、”ドクターY”での話題性で盛り上がっていた最中【なんと!】自身の”手痛いミス”によって「痛恨の悲劇」を招いてしまった模様です。

それは、2020年7月に亡くなった俳優の「三浦春馬」氏に対する”追悼”が!あまりにも”ズサン”過ぎて、”ネット界”を「大炎上させてしまった」のです。

この”二人”は、2019年度に公演された舞台「罪と罰」で共演を果たしており!それがキッカケで、その舞台に携わった”スタッフ”を含めて「仲良くされていた」そうです。

なので、その時に”結集”した共演者たちの間で「寄せ書きを作成していた」らしく!その時に制作された、この”寄せ書き”が「波紋を呼ぶ結果」につながったのです。

【実は!】三浦春馬氏が亡くなった後に!その”舞台”に携わった関係者が集まり、”追悼”の意味を込めて!勝村政信氏の公式SNS(ツイッター)にて、舞台関係者が集っているショットや、その時に制作されたと言う”寄せ書き”を「一緒に公開」したのです。

恐らく、その”意味”するところは「生前!仲が良く、いつまでも親しい関係にある」ことを告げたかったとは思うのですが、そこに書かれた”メッセージ”が!あまりにも”的外れ”な「ズサン(不適切)過ぎる内容であった」ことから、三浦春馬氏の”ファンたち”を筆頭に!ネットユーザーなどから、大きな”批判”を受けるハメとなったのです。


引用元【ツイッター(え??たん )】

もちろん”ご本人”としては「予想もしなかった出来事」で、相当!”驚かれた様子”ですが!あまりに大き過ぎる”反響(批判)”から「陳謝すること」に追い込まれたのです。


引用元【ツイッター(ドリアン伊藤 )】

その後は、”鎮静”に向かったご様子ですが!本来「善意のある行動」であったはずの勝村政信氏でしたが、それが「裏目に出る結果」につながり【さらに!】”タイミング”が悪いことに、ご自身の代表作である人気ドラマの「オリジナルコンテンツデビュー」と重なってしまったことから、大きな「痛手を食らう結果」となってしまった様です。

その気になるの”話題作ドラマ”や”痛恨のミス”も含めて、勝村政信氏について紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(doctorx_official)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 岩手県との関係とは?
・ 娘が美人とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


勝村政信氏は1963年7月21日生まれの57歳(2020年)で、ご出身は「埼玉県」です。

ご出身の”埼玉県”にあるご自宅で、ご両親と兄の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、勝村政信氏も(埼玉県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”兄”が居り、ご自身は「次男」として生まれ育ったご様子です。

ご自宅は”老舗”の「佃煮屋」を営んでおり、幼少期から”酵母”の効いた「甘い香りの漂う自宅」で生まれ育ったご様子です。

なので、両親は多忙であり!兄弟には”一人兄”が居りますが、幼少期は”その兄”と一緒に遊びながら!”政信少年”の面倒を見ていたそうです。

幼少時代の”気質(性格)”は、非常に「大人しい子供であった」らしく!”人前”に出るのが苦手であり、すぐに親の後ろに隠れる「恥ずかし屋な少年」であった模様です。

その一方で、”スポーツ”などの「体を動かすことは大好きな少年であった」ことから!兄と共に、たくさんの”運動”を行っていたようです。

なので、小学校時代に入ると!”一人兄”と共に「野球」にハマっていたそうです。

但し、小学校時代の”政信少年”は!今の”スタイル”からは想像が付きませんが、過度な「肥満体質」であり【かなり!】”太っていた”そうです。

なので、”体格”が良かった分!チームでも「目立つ存在」であったことから、小学校六年生の時には”野球チーム”の「キャプテン」を任されていたそうです。

詳しい”情報”が無いので、正確には分かりませんが!恐らく、”体格”や”信頼関係”からして!”ポジション”は「キャッチャー」を担当していた可能性が高いでしょう。

また、ご自身としても将来の”夢”は!”体格”に見合った「プロレスラーや力士になりたい」と考えていたそうです。

”体格”だけは立派に成長された小学時代を終えると、中学校も地元の埼玉県にある”蕨市立第一中学校”にご入学されました。

中学時代に入ると、”小学校時代”にハマっていた「野球を続けるのか!」と思いきや!”理由”は定かでありませんが「サッカー部」に入部をされております。

但し、サッカー部に”鞍替え”をしたモノの!運動能力には”長けていた”ことから、部活内では「主力選手」として活躍をされていたそうです。

そのため、”運動”に励んでいたことや!”成長期”と重なっていたこともあり、とにかく「空腹になる時間が多かった」ことから、自ら”料理”を行って「空腹をしのいでいた」そうです。

恐らく、自宅が”自営(佃煮屋)”であったことから!親はが忙しく、”食事の面”まで面倒を見る人が居なかったのでしょう。

また、中学校の”近所”には「大人の遊技場」が多かったことから!子供の”生活環境”としては、あまり「良くない土地柄であった」ことから!”兄”が相当な「不良であった」らしく、その影響を受けた”弟”も【かなりの!】”ヤンチャ”であった模様です。

”サッカー”で「青春の汗」を流しながらも、徐々に!”不良”に足を踏み入れ始めた中学時代を終えると、高校も地元の埼玉県にある”県立浦和北高等学校”にご入学されました。

この高等学校の課程は「全日制の男女共学」であり、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

【なんと!】この高等学校の”卒業生”には、その当時!大ブレイクを飾っていた音楽バンド「レベッカ」で”ヴォーカル”を担当していた「NOKKO」さんの”母校”であり【さらに!】勝村政信氏とは「同学年」とのことです。

もちろん、それが”目的”で!勝村政信氏が「この学校を選んだのか?どうか!」は、定かでありません。


引用元【ツイッター(Takanori Kuroda )】

高校時代に入っても、”中学”同様に「サッカー部」に入部をしており【かなり!】厳しい”練習”や、先輩・後輩の”上下関係”を「経験された」らしく!思いの外「根性が鍛えられた」そうです。

但し、その時の厳しい”サッカー経験”は!後のご自身の「芸能活動に大きく貢献する事」となります。

高校三年生になると、”サッカー部”の「引退を向かえた」ことから!”自由な時間”が増え初めて、不良であった”兄”から譲り受けた「潰れたカバン」で登校するようになり、周りからは「相当な!不良」として見られていたそうです。

【すると!】その”勢い”のままに、高校一年生から「気になっていた女生徒」に”告白”をするモノの!敢え無く「撃沈を受けた(フラれた)」そうです。

ご自身の誕生日である”7月”を過ぎると、自動車の”免許取得”に動き始め!高校在学中に”運転免許”を取得したことから、その後は地元の”運送会社”で「アルバイト」を行い!”配達ドライバー”として働いていたそうです。

様々な”経験”をされた高校時代を終えると、大学には進学をせずに”社会人”となり!一般の企業に就職をされます。

その一般企業とは、自身の”叔父”が務めていた”スポーツ用品”を扱う「卸問屋であった」らしく!”就職”をした当初は「将来に夢を含まらせた新人」として、順調な”滑り出し”を見せていたモノの!その会社での”昇進”には「時間を要すること」が分かり始めて、”将来性”に「不安を感じ始めた」ことから!”約二年”で退職をされたそうです。

その後、一度は”モデル業”に挑戦を試みますが!思いの外「身長が足りない」ことが分かり「誤魔化しようのない事実」に”直面”すると共に、その道を”断念”されます。

【すると!】その後は”俳優”を目指し始めて、知り合いに居た”演劇好きな女性”の話から!舞台指導の巨匠「蜷川幸雄」氏が開催していた”入団オーディション”に参加されて、見事!”劇団入り”を果たします。

その後は、”蜷川幸雄”氏による「厳しい指導」の下、”約二年”の修業を耐え抜き!”俳優”としての道に進み初めて、今に至っているのです。


引用元【ツイッター(日本映画専門チャンネル )】


スポンサードリンク


◇ 岩手県との関係とは?


勝村政信氏は、”埼玉県”の「蕨市」で生まれ育った日本の俳優です。

しかし、なぜか?”岩手県”のキーワードが結びつき!それに”疑問”を感じている方が多いそうです。

【実は!】この”結びつき”とは「血縁関係」にあり、勝村政信氏が1992年頃に”ご結婚”をされた、元モデルで婦人の”えみ子”さんが「岩手県陸前高田市」の生まれ育ちなのです。



引用元【フェースブック(勝村えみ子公式)】
※ FaceBook側の「共有不能」により”保存画像”による共有化

この”ご婦人”!中々の”学歴”と”美貌”をお持ちのご様子で、生まれは岩手県陸前高田でありながら!”最終学歴”は「青山学院大学」のご出身なのです。

また、大学卒業後は”語学留学”のためにと!”単身”で「ニューヨーク」へと渡り、”約二年”の時を経て!日本に”帰国”されてからは「モデル業」を行い始めたそうです。

【実は!】元々”ファッションモデル”に「興味は無かった」とのことですが、ニューヨークに”在住”するためには「シェアハウスを見つける必要があった」ことから、全く”見知らぬ”外人たちと共に!生活を送っていたそうです。

その”友だち”の中には、ファッションモデルを撮影する「カメラマン」が居たらしく!そのカメラマンの影響から「モデルに興味を持ち始めた」そうです。

なので、その時代から!”シューティングモデル”と呼ばれる「撮影専用モデル」として活動を行っていたことから、本来の目的である”語学”から外れて「モデルの仕事に集中していた」そうです。



引用元【フェースブック(勝村えみ子公式)】
※ FaceBook側の「共有不能」により”保存画像”による共有化

日本に帰国され、”ファッションモデル”として活動していた!ご自身”28歳”の時に、”友人の紹介”によって知り合った「勝村政信」氏からの”猛烈なアタック”によって、”交際”する暇も無く!すぐに「同棲生活」に入ったそうです。

“勝村政信”氏が後に語った、その時の”エピソード”について「見た瞬間に一目惚れをして結婚したいと思った」とのことです。

普段の”スタイル”や”行動”からは見えてこない、意外に!”恋愛”に関しては「積極的な男性であった」ことに驚きです。

そして、交際期間!たったの”四ヶ月”で「入籍」にまで至りました。

なので、特別な「プロポーズみたいなモノは無かった」と、後に”ご婦人”が語ったようです。

現在は、”ニューヨーク”での留学経験を生かして!”英語”の「日本語学校教師」としてご活躍されている様です。

その後は、”勝村政信”氏の浮気疑惑による「別居騒動」や!別居中にも関わらず、”他の女性”との「深夜デート疑惑」などが浮上して!何度か「離婚の危機が叫ばれた」モノの、何とか”ギリギリの線”を保ちながら、1996年に”一人娘”を授かり!今日まで「夫婦生活を続けている」模様です。



引用元【フェースブック(勝村えみ子公式)】
※ FaceBook側の「共有不能」により”保存画像”による共有化


スポンサードリンク


◇ 娘が美人とは?


勝村政信氏は、1992年頃に”ご結婚”をされた!元モデルで婦人の”えみ子”さんとの間に「一人娘」が居ります。

この”お子さん”は「勝村 桜音(かつむら おと)」さんと呼ぶらしく、1996年生まれの24歳(2019年現)です。



引用元【フェースブック(勝村えみ子公式)】
※ FaceBook側の「共有不能」により”保存画像”による共有化

なので、今ではスッカリ「大人の仲間入り」を果たしており!母親と同じく”モデル”として活動を行っているらしく、身長も”168cm”ある「長身美人」として!注目を集めているそうです。

“家族一”の「長身」であることから、父親の”勝村政信”氏を「軽く超えている」ことから!”娘”と一緒に歩く時は「肩身の狭い思い」をしながら、付き合って歩くそうです。

また、”学歴”は!東京都町田市にある”学校法人玉川学園”の「高等部(高等学校)」をご卒業されており、大学には進学されていないご様子です。



引用元【フェースブック(勝村えみ子公式)】
※ FaceBook側の「共有不能」により”保存画像”による共有化

両親の”ゴタゴタ(別居騒動)”とは裏腹に「家族仲は非常に良好」らしく、上の”ショット”を見て頂いて↑お分かりの通り↑↑”娘”の高校卒業式に「両親揃って参加された」模様です。

また、父親である”勝村政信”氏を!”田舎訛り”のように「おとぅ…など」と呼んでいたらしく【さらに!】”誕生日”や”バレンタインデー”などの「記念日」には、欠かさずに「手紙やプレゼント」を渡していたそうです。

そのため、”美人娘”と!よく呼ばれているモノの、”ルックス”や”性格”は父親の「勝村政信に似ている」らしく!元モデルで”美形”の母親とは、若干「路線の違うお顔立ち」となられた形です。

なので、今後も”モデル”として活動して行くよりも!父親の”DNA”の方が「強いと思われる」ことから【寧ろ!】”役者”としての道を進むのも「一つの選択肢」と言えると思います。



引用元【フェースブック(勝村えみ子公式)】
※ FaceBook側の「共有不能」により”保存画像”による共有化


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ 舞台

・ 1987年に、”紀伊國屋”によって公開された舞台”朝日のような夕日をつれて’87″に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

◇ テレビ番組

・ 1989年に、フジテレビ系列で放送された番組”IQエンジン”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(マッキー )】

◇ テレビドラマ

・ 1989年に、フジテレビ系列で放送された番組”奇妙な出来事 電話のある風景『長電話』”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

◇ 映画

・ 1990年に、”アルゴプロジェクト”によって公開された映画”ボクが病気になった理由”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(三浦政宏 )】

◇ DVD

・ 1991年に、”日活”が手がけた作品”神様のピンチヒッター”がリリースされ「DVDデビュー」を飾ります。

◇ ナレーター

・ 2002年に、”フジテレビ”系列で放送された”出会いのストーリー”で「ナレーターデビュー」を飾ります。

◇ CM

・ 2014年に、”大幸薬品”が手がけた企業CM”セイロガン 糖衣A”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(スズキ )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
勝村 政信
読み
かつむら まさのぶ
生年月日
1963年7月21日
仕事
俳優
出身地
埼玉県
所属事務所
シス・カンパニー
血液型
A型