センセーショナルな”俳優デビュー”を飾った、今!注目度ナンバーワンの「岡田健史」氏!

何やら2020年2月17日に、ご自身の公式SNS(インスタグラム)を更新し”ファン”たち
から”要望”が多かった「役柄」を演じることを発表されたご様子!

その”役柄”とは、2020年11月に公開予定の映画”ドクター・デスの遺産”に出演し、若手
【刑事】の”沢田圭”役を演じるとのこと。


引用元【ツイッター(ORICON NEWS(オリコンニュース) )】

ファンからの熱い”要望”を叶えると合って、相当!気合を入れて撮影に臨んだようで、ご本人
曰く「プレッシャーはあった」と言うものの、周りの関係者からの”評判”も上々で、ご本人も
「納得が行く出来栄え!」となっている模様です。

もちろん、その”告知”も含めているのでしょうが?この映画でのご自身の撮影が”クランク
アップ”を迎えた様で、早速ファンたちに公式SNS(インスタグラム)を通して「刑事役」に
起用されたことを、ご報告されたご様子!

インスタを訪れた”ファン”たちからは↓↓↓

健史くん、刑事役、待ってました!共演者含め、楽しみすぎます

健史くん!おはようございます。夜遅くそして朝早くお疲れ様です。刑事役、楽しみにしてます

公開が楽しみです!!

すごいすごい!楽しみすぎます~

健史さん!!!お知らせありがとうございます。楽しみです。スーツ姿で街を走る健史さん!2020すごいですね


「刑事役」を待ち焦がれていたファンたちからは、早くも期待する声が広まっているご様子!

また、早朝から思わぬ発表(刑事役)があったことで「良い目覚め!」を迎えたファンが、多く
いる模様です。


引用元【インスタグラム(kenshi_okada_official)】

この映画では、主演で刑事の”犬養隼人”役を俳優の「綾野剛」氏が務め、その後輩で若手
刑事の”沢田圭”役を「岡田健史」氏が担当されます。

【さらに!】同じ刑事課で働く同僚刑事の”高千穂明日香”を女優の「北川景子」さんが務め、
難解不気味な「安楽死」にまつわる事件の真相を解明して行く”サスペンス・ドラマ”です。

この映画で”メガホン”を取った「深川栄洋」監督の岡田氏に対する感想として「少し懐かしい、
清涼感のある青年」と、稀に見る”俳優人”としての素質を見抜き「久しぶりにスターを見た
気がする」と、今後の活躍を期待するコメントを発表された模様です。

一方の岡田健史氏は、共演された”綾野剛”氏と”北川景子”さんに触れ「お二人に身を委ね
ながらキャラを作り上げました」と、先輩役者からの”アドバイス”を受けながら初挑戦の
「刑事役」に臨んだことを明らかにされたご様子!

【さらに!】続けて「皆さまに助けていただき、なんとかクランクアップを迎えることが
できました」と、関係者に対する”感謝の気持”と、仕事を終えた”喜び感”を表すコメントを
発表された模様です。

岡田健史氏1999年生まれの”20歳”ですが、早くも”ドラマ関係者”からの注目度が高く、
今後が期待されている日本俳優界の「有力株の一人!」です。

その気になる「岡田健史氏」について、紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(kenshi_okada_official)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ 綾瀬はるかさんと?
・ 出演ドラマは?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 岡田健史氏の中高大学は?

岡田健史氏は1999年5月12日生まれの20歳(2020年)で、ご出身は「福岡県」です。

ご出身の”福岡県”にあるご自宅で、ご両親とご本人の三人家族(未定)で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に
有る学校に通うのが一般なので、岡田健史氏も(福岡県)内の小学校・中学校に通っていたと
“推測”できます。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しい(ほぼ皆無!)なので詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”ご本人”がいて、ご自身は「長男(未定)」として生まれ育ったご様子!

小学校二年生の時から本格的に”硬式野球”に取り組んでいたらしく、地元にあるリトルリーグ
の”ヤング福岡ライナーズ”の「小学部」に加入して、練習を行っていたそうです。

このクラブは地元のリーグでは、超有名な野球チームとして知られており、全国大会へ
出場した経験が何度もあるらしく、全国からも「強豪チーム」として有名のようです。
なので、毎日の”練習”が相当!厳しく、付いて行くのもやっと!とのこと。

そんな強豪チームで野球に取り組んでいたのですから、自ずと”精神力”が強くなり、現在の
職業(役者)に生かされているのが理解できます。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

“野球”に精を出した小学時代を終えると、中学校も地元の福岡県にある”福岡市立和白丘
中学校”にご入学されました。

もちろん中学校時代も”硬式野球”に取組でおり、中学校に入ると学校の”野球部”がありますが、
そちらには入部せずに、小学校から加わっていた「ヤング福岡ライナーズ」で練習を続けた
模様です。

野球少年でありながら【実は!】当時から、かなりの”イケメン”であったらしく、学校の
女子生徒から”モテモテ”で、ご卒業の際には制服のボタンを全て奪われた”エピソード”が
あるとのこと!

なので、中学校一年生の”冬頃”から地元にある芸能事務所から”スタウト”を受けていたらしく、
初めて”スカウト”を受けた怪しさ?や、親の反対、更に当時は野球一筋!であったことから、
その時は断り続けていたそうです。

しかし、この芸能事務所は諦めることなく何度も”しつこく!”芸能界入を要望し、後に
所属する事となる芸能事務所が、この時諦めなかった「スパイスパワー」なのです。

【実は!】この芸能事務所!!関連会社の「スイートパワー」には、女優で大成功を収めて
いる「南沢奈央」さん「黒木メイサ」さん【さらに!】先日ご結婚をされた「桐谷美玲」さん
などが所属する大手芸能事務所なのです。

その大手プロダクションから「ラブコール!」を長らく受けていたのですから、当時から
相当!”イケメン”であったことを物語っておりますね!



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

熱心に野球少年を続けた中学時代を終えると高校は地元の福岡県を離れ、長崎県諫早市にある
“創成館高等学校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科とデザイン科」の二つが
設けられているご様子!

但し”普通科”はコース別となっており「普通コース、特別進学コース、ライセンスコース」の
“三コース”から専攻される形です。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されております。

この学校の”特徴的”な部分の一つに”部活動”が盛んであることが挙げられ、特に”野球部”は
長崎県内でも「強豪校」として知られており、何度も甲子園に出場している「常連校」として
有名のご様子!

なので、本格的に”硬式野球”に取り組んでいた岡田健史氏ですから、この高校を選んだ理由は
その辺にあると推測できます。

【しかも!】高等学校を選択する時期に、この学校から”オファー”を受けていたのか?実際に
ご入学される際は、部活動の「特待生」として迎え入れられたそうです。

但し、自宅のある地元(福岡県)から遠い”長崎県”の学校を選んだことで、通学するのが困難で
高校時代は学校の「寮生活」を、送る事となります。

また、ご入学の際に”専攻”された普通科のコースは分かっておりません。

なので高校時代は、長らく加入していた地元(福岡県)の「ヤング福岡ライナーズ」から退き、
高校の”野球部”に入部されます。

しかし”強豪校”であるだけに、集まる野球専攻の”学生たち”は「レベルが高い選手」ばかりで、
“レギュラー入り”するのもやっと!とのことです。

なので、高校一年生の時に野球部が”甲子園”出場を果たしておりますが、ご本人は”ベンチ
入り”も叶いませんでした。

また、その後も岡田健史氏が”甲子園”に出場する機会はなかったそうで、それでも”補欠”で
ありながら「キャッチャー」としてご活躍されて、チームを盛り上げていたそうです。

【しかも!】自慢の”イケメン”は、地元の「野球女子」の間では、かなり有名であったらしく、
「甘いマスクをかぶるキャッチャー」として、たくさんのファンが練習グランドに駆けつけて
いたそうです。

高校野球で唯一!大舞台で活躍されたのが、高校三年生の”夏季”に行われた長崎予選の大会で、
“スタメン”としてマスクをかぶり、チームの”熱戦”に貢献したそうです。

しかし、その試合では”健闘”及ばず試合に負けてしまい高校時代の野球現役生活を終えた
模様です。

その後、野球部を”引退”した高校三年生の時に同じ部活の”演劇部”が、県大会での”人員不足”
による人集め!をおこなっていた際に、元から”ルックス”に定評があった岡田健史氏へ、顧問
をしていた校長先生からのススメもあり、”応援”のつもりで参加したそうです。

【実は!】岡田健史氏!!この高等学校へは部活(野球)の「特待生」としてご入学できたものの、
それに見合った”活躍”ができていなかったことに対する「罪悪感」が、以前からあったらしく、
なので、学校に恩返しできるチャンスが訪れた!として、校長先生のススメを受けれいた
そうです。

すると、意外にも自分に”演劇”が向いていることに気づき始め、そこからは一挙に”スポーツ
選手”から「役者」へと、気持ちの”変化”が起こり始めた模様です。

【しかも!】その長崎大会では見事!「最優秀賞!」を受賞して、思わぬ出来事に”驚き”と
“感動”を覚えたそうです。

そのためご自身の中では、野球で成功を収められなかった分!その時の”出来事”が、大きな
“財産”となったらしく、そこからは「俳優」を目指す決意を固めたそうです。

そこで!以前から”しつこく”芸能界へのオファーを受けていた、現在の所属事務所「スイート
パワー」との”契約”に合意をされます。

【ところが!】ご両親は、高校ご卒業後は”社会人野球”に進むものだ!と思っていたらしく、
寄りによって散々断ってきた芸能事務所入りをするとは夢にも思っていなかった!ことから、
芸能活動には「猛反対!」したそうです。

しかし岡田健史氏の”決意”は硬かったことから、”大ゲンカ”の末!様子を伺うことにした
そうです。

その後、高校時代を終えると大学には進学せずに”社会人”となり、芸能活動を本格的に
スタートさせます。

元から、野球は諦めていたことから大学でも続ける気がなく、進学すら!諦めたのでしょう。

芸能界入を決意すると一路”上京”して、活動の拠点を東京に移します。


スポンサードリンク


◇ 岡田健史氏と綾瀬はるかさんとの関係?

岡田健史氏の彼女!が、女優の「綾瀬はるか」さん・・・ではありません(笑;)。

【実は!】ある芸能誌が報道した内容によると2020年6月から公開予定の映画”奥様は、
取り扱い注意”に、岡田健史氏が出演予定であるらしく、そこで自身初となる”アクション”に
挑戦するとのこと。


引用元【ツイッター(岡田健史 fanpage )】

もちろん、関係各所からの”正式発表”されておらず正確な所は分かっておりませんが、もし
本当に岡田健史氏が”初アクション”に挑むのであれば、ファンたちからは大注目されること
間違いなし!ですね。

この作品は2017年10月から日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ”奥様は、取り
扱い注意”の「劇場版」であり、主演の”伊佐山菜美”役を女優の「綾瀬はるか」さんが務め、
その旦那の”伊佐山勇輝”を俳優の「西島秀俊」が演じた、アクション系エンタメドラマです。


引用元【ツイッター(映画 – Movie Walker )】

既に映画版の撮影は2019年6月から行われているそうで、2020年2月時点で既に
“クランクアップ”されたご様子!

なので現在は、撮影したシーンの”編集作業”に入っていることでしょう!

一方の出演者と言えば、主演を務めた”綾瀬はるか”さんが、あまりにも”過剰に”にアクション
シーン挑戦し過ぎたとして、撮影後には”アスリート級”の「肉体美」に変化した!と、話題を
呼んでおりました。

そこで”注目”されたのが共演者で【なんと!】関係者の話によると、その中に”岡田健史”氏の
名前もあったそうです。

しかし、今のところは岡田健史氏の”役所”や、”善人”役か?”悪党”役か?も分かっておらず、
他の”キャスティング者”も「非公開」の状態です。

なので、”綾瀬はるか”さんと岡田健史氏との”関係”とは?ただの新作映画での「共演者!」
それだけですね(笑;)。


スポンサードリンク


◇ 岡田健史氏の出演ドラマは?

岡田健史氏と言えば、ご自身の代表作であり「ブレイク」のキッカケを作ってくれたテレビ
ドラマ”中学聖日記”がお馴染みですね!


引用元【ツイッター(Color )】

この作品は2018年10月からTBS系列で放送されたテレビドラマで、女性教師の”末永
聖”役を女優の「有村架純」さんが演じ、男子生徒の”黒岩晶”役を岡田健史氏が務めました。

岡田健史氏はこのテレビドラマで、自身初の「ドラマデビュー」と、更に「主演デビュー」を
飾り「センセーショナルな俳優デビュー」を果たしたとして、関係者やドラマファンたちから
大きく注目を浴びたのです。

【しかも!】演技も”新人”とは思えない「落ち着いた大人の少年!」を演じて、評価も上々で
一躍!「ブレイク」を果たしました。

その時の”様子”が伺える世間の反応は↓↓↓


引用元【ツイッター(mona?? )】


引用元【ツイッター(ちなつ )】


引用元【ツイッター(とわ )】


引用元【ツイッター(Mayuka. )】


引用元【ツイッター(ちなつ )】

“新人俳優”であったことで”新鮮さ”や”純粋さ”がウケて、ドラマファンだけではなく世間で
“恋愛”している恋人同士!からも好評で、女性先生役を演じた「有森架純」さんに”嫉妬”する
女性が増えたそうです。

【さらに!】ドラマが”佳境”に入ると、岡田健史氏の熱烈ファンが生まれ始めて、ロケ現場に
たくさんの女性ファンが殺到するようになったそうです。

【しかも!】その際に”エキストラ募集”を行った所、女性の応募者で溢れ返ったご様子!

関係者の岡田健史氏の起用が【ズバリ!】的中したことを物語ったエピソードです♪


引用元【インスタグラム(kenshi_okada_official)】


スポンサードリンク


◇ 岡田健史のプロフィール

本名
水上 恒司
読み
みずかみ こうし
生年月日
1999年5月12日
仕事
俳優
出身地
福岡県
所属事務所
スパイスパワー
血液型
O型