数々の話題作”ドラマ”や”映画”に出演中のイケメン俳優であり、”薩摩藩主(鹿児島)”の出身とは思えぬ”長身”のスタイルを誇り「モデルとして芸能界デビュー」を飾った俳優の「沢村一樹」氏。



引用【サイト(沢村一樹オフィシャル)】

何やら?2020年7月7日の”七夕”からスタートする、テレビ朝日系列の新番組(バラエティー)に!お笑いコンビの「ミルクボーイ」や「ずん・飯尾」氏と共に、”初共演”をされることが分かり話題となった模様です。

沢村一樹氏は、”俳優業”の傍ら「メディアでの司会業」も得意としており!この番組でも”メイン”の進行を務めるのは、沢村一樹氏と見られているご様子です。

その気になる”新番組”や、沢村一樹氏について紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(TVLIFE(テレビライフ公式) )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ モデルの息子とは?
・ 嫁とは?
・ 離婚問題とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ モデルの息子とは?


人気俳優として、数々の人気テレビドラマや映画に出演されて!”中高年”の女性を中心に、注目を集めている沢村一樹氏ですが、最近では”トーク番組”や”バラエティー番組”などに「タレント」としての出演数が劇的に増えており!俳優とは一味違った「別の意味での魅力」を、発揮されている模様です。

【しかも!】ご自身の”三人息子”の長男である「野村大貴」氏と、”バラエティー番組”に「親子共演」を果たし!大きな反響を呼びました。


引用元【インスタグラム(nm_noppo)】

“親子共演”を果たしたバラエティー番組とは、日本テレビ系列で毎週放送されている人気バラエティー番組「しゃべくり007」であり、息子(長男)の「お披露目の意味も含めて」共演をされたと思われますが、番組内では「ざっくばらんなトーク術」で、”親子共演”を繰り広げておりました。

そのため、”毎日”のようにメディアで見かけることが多くなった”沢村一樹”氏ですが、他の”俳優人”に比べても「これほど忙しくメディア出演している俳優はいない」のです。

もちろん、”メイン”で番組出演する以外にも!新作ドラマ・映画の「宣伝・告知」や、新人タレントの「アピールの付添」【さらに!】最新の「企業CM」などで、”必然的”に目にすぐ機会も非常に多くなっています。

そんな、”中高年”の女性を中心に!人気絶好調の沢村一樹氏ですが【実は!】2000年に”ご結婚”をされた妻(五歳年下)との間には「三人の息子」が居り、2019年11月に”長男”の「野村大貴」氏が!女性ファッション誌でお馴染み「メンズノンノ」のイベントで、見事!グランプリに輝いて「専属モデル」に起用されたのです。


引用元【ツイッター(ORICON NEWS(オリコンニュース) )】

【すると!】直ぐに、父親の”コネ”を利用して!沢村一樹氏が出演する”バラエティー番組”で「共演」を果たし、放送前の”番宣”では「芸能界初解禁」等と振り込んだ上で!ご自身初の「テレビデビュー」を飾ったのです。

番組の放送終了後には「美形の親から生まれた息子もイケメンであった…など」の声で、”ネット界”の話題をさらっておりましたが、父親である沢村一樹氏も「息子との共演であった」ことから!ご自慢の「エロ男爵ぶり」を潜めて(笑;)、終始!息子をアピールすることに専念された模様です。



引用【サイト(Yahoo!JAPANテレビ)】


スポンサードリンク


◇ 小中高校は


沢村一樹さんは1967年7月10日生まれの52歳(2020年)で、ご出身は「鹿児島県」です。

ご出身の”鹿児島県”にあるご自宅で、ご両親と妹の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、沢村一樹さんも(鹿児島県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の鹿児島県にある”鹿児島市立中郡小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”妹”がいて、ご自身は「長男」として生まれ育ったご様子です。

幼少期から、非常に活発な子供であり!”室内”よりも「外で遊ぶのが大好きな子供」であったらしく、特に「泥んこ遊びを好んでいた」ことから、毎日のように”泥だらけ姿”で帰宅されていた模様です。

あまりにも”活発”過ぎて、幼稚園の時には「おもらし」をされて!先生たちを困らせたようです。

【しかも!】幼少期から「好奇心旺盛な子供」であったらしく、幼稚園の先生の”パンツ”を見て「異様な興奮」を覚え!そこから「エロスに目覚めた…」と、後に語っております。

つまり、現在の”エロ男爵”のルーツは「この時代に目覚めていた」といっても、過言ではない訳です(笑;)。

“父親”は、非常に「自由奔放な人物」であったらしく!どのような”仕事”をされていたのか?までは、分てかっておりませんが「事業に失敗した」ことから、家族は「風呂無しのボロアパートでの生活」が、余儀なくされていたようです。

そのため、”母親”が「美容系の仕事」で働き!その”収入”で生活を賄い【さらに!】父親が残していた借金(2,000万以上)の返済までも行っていたことから、父親とのケンカが絶えず!相当な「貧乏生活の少年期を過ごした」と、後に語っております。

小学校時代になると、非常に「勉強嫌いの少年であった」らしく!休み時間になると、友達と一緒に「ブルース・リーごっこ」や「相撲を取ったり」されて、遊んでいたそうです。

なので、もちろん「宿題をやらない生徒であった」とのことです。

また、自宅が「非常に貧しかった」ことから、子供の”将来”を心配していた母親は、いつも「将来は芸能人を目指すように」と、告げていたらしく!そのため、学校で催される”文化祭”には、いつも”積極的”に参加されており!いずれは「役者になることを夢見ていた」ことから、何度も”主演”に起用されて活動をされていたそうです。

小学校三年生の頃に、父親が隠し持っていた「成人向けマンガ」を発見してしまった!ことから、以前に感じた”異様な興奮”が!再び蘇り「エロスの世界」へと、ドンドンハマって行きます。

【すると!】その”点”には「理解を示していた父親であった」ことから、二人の”愛読書”として「長らくお世話になった」模様です(笑;)。

そのため、同年代の小学生よりも”エロス”に関しては「知識が豊富であった」ことから!得意げに”エロス”について語っていたことで、周りの友達からは「エロの先生!あるいは、師匠…など」と呼ばれて、親しまれていたそうです。

小学校六年生になると、生活を支えてきた母親が「我慢の限界に達した」らしく!旦那と「離婚をされた」ことから、それ以来「父親が家から姿を消した」ことにより!”母子家庭”での生活をスタートさせます。

”父親”と離れた小学時代を終えると、中学校も地元の鹿児島県にある”鹿児島市立鴨池中学校”にご入学されました。。

中学校時代に入っても、母の「お告げ通り」に!”役者志望”の気持ちを持っていたことから、よくテレビドラマを視聴したり、”お小遣い”が貯まると「映画館に足を運んでいた」そうです。

その一方で、中学校の部活では「バレーボール部」に入部されており!元から”長身”であったことから「主力選手(主にアタッカー)として活躍していた」とのことです。

ちなみに、”バレーボール”は「相当な実力者であった」らしく!鹿児島県の「選抜選手の候補になった」ことが大きな”評価”を受けて、後に「実業団からの誘いがあった」と、後に語っております。

授業を受けていた”クラス”では!普通の中学校では、あまり例の無い「男女別々の席順」を取っていらしく、その”席順”に対して「エロス心理の強い少年」としては、非常に”不満”を感じながら勉強に励んでいた模様です。

その「エロスの塊の少年」は、”勉強”を其方退けで【さらに!深く!】”エロス”の道に「のめり込んでいった」らしく、”学年”は定かでありませんが!バレーボール部の”親友の家”に遊びに行った際に、生まれて初めて「裏エロビデオを視た」ことで!大きな”衝撃”を受けたそうです。

また、ご自宅は「母子家庭であった」ことから!”貧乏生活”を送っており、母親は”日中”は「化粧品のセールス」、”夜間”は「スナックのアルバイト」を掛け持ちしながら、家庭(生活)を支えていたそうです。

しかし、非常に厳しい生活の中でも「子供たちには真面目な性格で居て欲しい」と、願っていた母親だけに!時には、厳しい”姿勢”を見せる「しつけに厳しい母親」であったようです。

それだけ、”子供”たちの「将来を考えていた母親であった」ことが窺えます。

”貧素”な生活の中でも”バレーボール部”で飛躍を見せた中学時代を終えると、高校も地元の鹿児島県にある”松陽高校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科・音楽科・美術科」の”三学科”が設けられております。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

どんな「因果な関係にあるのか」定かでありませんが!学校名である”松陽”とは、全国の「秋田・茨城・神奈川・岐阜・兵庫」にも、同じ”校名”が設けられているようです。

ちなみに、”我が国”である「秋田県」では!県内の内陸部に位置する”能代市”にある「秋田県立能代”松陽”高等学校」が有名です。

高校時代に入っても、”バレーボール”は続けており!学校のバレーボール部に入部されて、中学同様のご活躍ぶりを見せていた模様です。

【ところが!】幼い頃からの「母の教えであった”芸能人”になること」を、この頃から強く”意識”し始めたらしく!中学校の時と同じように「役者になることを強く望んだ」ことから、途中でバレーボール部を「退部された」ご様子です。

その後は、一人の時間が多くなり!たまに”映画館”に足を運んでいたらしく、”作品”を見ることによって「演技のトレーンングを行っていた」とのことです。

もちろん、その時も「エロスの心理を兼ね備えていた」ことから(笑;)!知らぬふりをして「”R指定”の映画にも足を運んでいた」らしく、高校生(未成年)であったことから!警察官に見つかり「補導された経験」があるそうです。

一方で、学校生活では!バレーボール部を辞めてブラブラとしていた中でも、”ルックス”が良くて”長身”であり「校内の女子からモテモテであった」ことから、相当な!”ラブレター”を受け取っていたそうです。

しかし、ご本人の中に「幼い頃から根付いた”変態心理”がある」ことから!女性には”興味”を示さず、”交際”の願いを「片っ端から断っていた」とのことです。

その後、高校時代を終えると、大学には進学せずに社会人となり!”アルバイト”をしながら資金をため、ある程度!貯まった後は「俳優を目指すため」に、一路”上京”を果たします。

【実は!】”大学進学”を「希望していなかった」のでは無く!”俳優”の足掛かりを見つけるために「映画製作を学ぶための大学」を志望され、東京都千代田区にある”日本大学”の「映画学科」を狙っていたのですが、家庭の事情を配慮して「大学進学を断念された」のです。

実際に”上京”を果たした頃は「宿の手配をしていた友達と”連絡”が取れなかった」ことで!しばらくの間「野宿生活を余儀なくされていた」とのことです。


スポンサードリンク


◇ 嫁とは?


沢村一樹氏の”嫁”とは、ズバリ!ファッションモデルの「余西操(よにし みさお)」さんです。



引用【ブログ(オールミーネット)】

「余西(よにし)」とは、日本では聞き慣れない”苗字”であり、一見!”中国人”に感じられますが【実は!】富山県出身の「純粋な日本人」のようです。

現在でも、”女性モデル”を中心にマネージメントしている芸能事務所「エナジーモデルエージェンシー」に所属されて居るらしく!以前は、ファッション雑誌の「STORY」や「non-no」などで活躍されておりました。

この芸能事務所には、ファッションモデルの「田辺あゆみ」さんや「久保京子」さんなどの、有名ファッションモデルさんが所属しております。


引用元【インスタグラム(_ayumitanabe_)】

しかし、”沢村一樹”氏とのご結婚後は「主婦業に専念されている」らしく!”モデル”の仕事からは、離れていると言われております。

但し、”余西操”さんの「ご実家」は相当な!”お金持ち”であるらしく、大手タイヤ会社でお馴染みの”ブリジストンタイヤ”が運営する「ミスタータイヤマン」の系列会社で、地元の富山県砺波市で開業している会社「株式会社余西商会」の”ご令嬢”との噂があるそうです。



引用【サイト(ミスータイヤマン)】

もちろん、旦那の”沢村一樹”氏が「この話題に直接触れることは一切ありません」が!以前に、テレビ出演された際に「富山県砺波市にある”会社”」について、一度だけ「コメントした」ことがあり!それがキッカケで「嫁の”苗字”と同じである」ことが関連されて、世間一般で”噂”が浮上したのです。

「正確なところ」は、分かっておりませんが!もしも”社長令嬢”だとしたら、ご自身が”有名人”である他に「羨ましい部分も兼ね備えている」ので、その意味では!若い頃に「貧乏生活を強いられたご苦労が、今になって報われる形となった」ご様子です。

二人の”年齢差”は、沢村一樹氏が「32歳」で、”余西操”さんが「27歳」なので、”五歳年下”の女房となる訳です。

“余西操”さんの「見た目の印象」として、とても「エレガントで上品な雰囲気を醸し出している」ことから!私生活での「エロ男爵」と、どのような”生活スタイル”を取っているのか?非常に気になるとこです。


引用元【インスタグラム(sensdemasaki)】

「モデル仲間が一同に揃った食事会」でのショットとのことですが↑余西操さんが「どこに居るのか」お分かりでしょうか?

きっと、旦那の”沢村一樹”氏の話題で!持ち切りであったことでしょう。


スポンサードリンク


◇ 離婚問題とは?


“沢村一樹”氏と、妻の”余西操”さんとの「夫婦生活が順調なのか」と言えば、その件に関して!今までに「疑問を生じる出来事」があったらしく、それは”一節”によると「不倫疑惑」であった模様です。

その「疑惑の発端」となったのが、週刊芸能誌でお馴染みの「週刊文集」から報じられた”不倫ネタ”であり!2013年7月に発売された”同誌”の中で【なんと!】俳優の”沢村一樹”氏が「不倫をしている」等と、報じたのです。

その時に報じられた記事の抜粋です。↓↓↓

行きつけのバーで知り合ったという27歳の女優の「小西真奈美」さん似の美人OLのマンションに度々訪れた姿が目撃された

週刊文集の取材班が「約10日」張り込みをしたところ!「3日間に渡って会っていた」ようです。



引用【ツイッター(小西真奈美)】

また、この件に関して!直接”ご本人”に問い合わせた結果です。↓↓↓

僕は彼女に好意を持っていますが、カミさんと別れる気は一切ないです。僕はカミさんが1番で、まぁ~2番目が居るとすれば彼女ですが・・・

あっさりと「会っている事実を認めた」とのことです。

【さらに!】↓↓↓

プレゼントをしたり、食事をしたり、彼女の自宅に行っていることは認めるものの、あくまで友人関係で「下心」はあってもまだ行為には及んでいない<

“ご本人”は「浮気だと思っていない行動」とのことですが、”一般庶民”から見ると【まさに!】これから”浮気”に臨む「前触れを起こした行為」であることを、露わにされたのです。

この辺は「さすが!エロ男爵」と、呼ばれる”所以”なのでしょう(笑;)。

“沢村一樹”氏は、以前に!自身が出演したバラエティー番組内で「好きな女性のタイプ」について公言をされておりましたが「唇が厚くて指が綺麗、髪型は黒髪のストレートで姿勢が良いこと…など」と、語っており、この時に報じられた「小西真奈美さん風女性」と”比較”した場合!「唇が厚い」部分を除けば、ほとんど”合致”していたことから!相当な”割合”で「熱愛の信憑性が高まった」のです。

奥様の「余西操」さんや!あるいは、今回の「小西真奈美さん風女性」を見る限り!”沢村一樹”氏の「実際の好みのタイプ」とは、”和服”が似合う黒髪の「純日本女性を好んでいる」ことが分かります。

しかし、その後は!特に”進展”もなく【さらに!】多数の「メディアに堂々と出演されている」ところを見ると「小西真奈美さん風女性との関係は既に終わっている」と、考えられるので!何事も無く「元の鞘に戻った」ご様子です。

今では、スッカリ!”息子(長男)”も「芸能界デビュー」を果たし、これから「芸能界でのキャリアを築いて行く」ことでしょうから!早く「エロ男爵の称号」を返上されて、”名俳優”として活躍された「医師や刑事役に傷が付かないこと」を、祈るばかりです。



引用【サイト(ザ・テレビジョン)】



引用【サイト(シネマトゥデイ)】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ CM

・ 1992年に、”株式会社丸井”が手がけた企業CM”丸井”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ テレビドラマ

・ 1996年に、日本テレビ系列で放送された番組”松田のドラマ”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(さすらい人リング )】

◇ 映画

・ 1997年に、”東宝”によって公開された映画”恋は舞い降りた。”に出演され「映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(ふわふわMINE@相互フォロー )】

◇ 舞台

・ 2002年に、”ゴースト・ザ・ミュージカル”によって公開された舞台”ゴースト/ニューヨークの幻”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

◇ 声優

・ 2003年に、”テレビ東京”によって公開された作品”人間交差点 HUMAN SCRAMBLE”に出演され「声優デビュー」を飾ります。

◇ テレビ番組

・ 2006年に、NHK系列で放送された番組”サラリーマンNEO シーズン1″に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ シングル

・ 2007年に、”日本テレビ”が手がけた作品”働きマン音頭”がリリースされ「シングルデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(SATO(呟き自粛中!) )】

◇ 雑誌

・ 2013年に、”ウィズ”が手がけた作品”セクスィー恋愛塾、男に効く“恋愛必勝法””がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。

◇ ネットドラマ

・ 2019年に、Paravi系列で放送された番組”グラグラメゾン東京 ?平古祥平の揺れる思い? 第9話”に出演され「ネットドラマデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(Paravi(パラビ) )】

◇ ラジオ

・ 2019年に、”ニッポン放送”局が放送した番組”研音創立40周年&ニッポン放送開局65周年記念ラジオ番組”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(研音 – KEN ON Inc. )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
野村 耕蔵
読み
のむら こうぞう
生年月日
1967年7月10日
仕事
タレント・俳優・モデル
出身地
鹿児島県
所属事務所
研音
血液型
B型