2002年頃に消費者向け金融業でお馴染み”アイフル”のCMに出演し、共演?した犬(チワワ)の
“可愛さ”も手伝って大ブレイクを果たした俳優の「清水章吾」氏に、”家庭内暴力(DV)”の疑惑が
浮上して注目を浴びているようです。

清水章吾氏”76歳”にして、初の大スクープ「家庭内暴力(DV)」に陥ったご様子!

そのDV(家庭内暴力)の矛先は【なんと!】以前テレビ番組の影響で”恐妻家”として有名になった
妻の「清水ハルマン」やその家族(連れ子の絹子)さんとのこと。


引用元【ツイッター(週刊新潮 )】

一報を報じたのは芸能誌でお馴染みの週刊誌”デイリー新潮”で、2002年に”アイフル”のCMで
“大ブレイク”を果たし”知名度”や”人気”を一気に引き上げ、全国区から”優しいおとうさん”として
親しまれる様になった俳優の「清水章吾」氏が40年に渡って家族にDVを行っていたとのこと。

また、当時はそのCMで共演?した犬(チワワ)の「優しい潤んだ瞳」に心惹かれた庶民が急増し
“犬種”「チワワ」にも”爆発的人気”が集まりましたよね♪



引用元【サイト(YouTube)】

それがキッカケとなり俳優「清水章吾」氏の名が一挙に全国区となり、一大人気を集め「優しい
おとうさん!」的イメージが”定着”するようになると、数々の人気テレビドラマからのオファーが
絶えなかったそうです。

表舞台では「優しいお父さん」が【なんと!】裏舞台では恐怖の家庭内暴力(DV)を振るって
いたそうなのです!

“証言者”は妻「ハルマン」の”連れ後”で、今は「養子縁組」を行って”娘”となった「絹子」さんが
重い口を開いたそうな・・・?

清水章吾氏ご本人も、この件に関して”同誌”の取材に答えているらしく”暴力”は認めているものの
「仕方ない大人になるための”言葉”の暴力!」等と話している模様です。

ただ、証言した連れ後の”絹子”さんの「ヒタイ」には今も消えることが無い”古傷”が残っており
それが”暴力”によるものか?は定かではありませんが、痛々しい”傷跡”を見せてその事実を語って
いるそうです。

日本でも”恥的行為”として認知された「DV」を本当に行ったのか?気にある俳優・清水章吾氏に
スポットイン!


引用元【インスタグラム(taon.kim)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ チワワとは?
・ ガンで激痩?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 清水章吾氏の中高大学は?

清水章吾氏は1943年2月15日生まれの76歳(2019年)で、ご出身は「東京都港区」です。

ご出身の”東京都港区”にあるご自宅で、ご両親(母親)との二人家族で生活していたようです。

【実は!】清水章吾氏!!「私生児」として誕生した為に「父親」の存在が分からないそうです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に
有る学校に通うのが一般なので、清水章吾氏も(東京都港区)内の小学校・中学校に通っていたと
“推測”できます。

既に”70歳”以上を向かえている清水章吾氏なので、幼少期から中学生時代までの”情報”が、ほぼ
「皆無状態」なので詳しいことが一切分かりません。

ただ「私生児」ではありましたが東京・六本木にあった”茶室”付きのかなりの「豪邸」で
育ったようです。

少年時代は、非常に「引っ込み思案」な性格であったらしく、とにかく”人前”に出るのが苦手!

また、ご自身の”家庭事情”を知っていた周りの子供達からは「妾(めかけ)の子」等と呼ばれ、
軽い「イジメ(言葉の暴力)」を受けていたそうです。

なので、この時の”トラウマ”が脳裏に残っていたのか?後にご自身も同じことをするとは・・・!

“豪華”な家庭で生まれ育ったものの”体”は弱細く「貧弱」に見えた事から、年代は分かりませんが
武道「柔道や空手」の稽古を受けていたそうです。

地元の”中学校”に通っていた時なのでしょうか?中学校三年生になると”引っ込み思案”の性格を
克服(鍛える)するために「児童劇団」に入所した模様です。

しかし”表舞台”での活動には恵まれたものの、その症状(引っ込み思案)が中々改善されず、舞台に
立つと決まって”赤面”し緊張のあまり”台詞”を忘れて舞台の袖に逃げ込む日々が続いたのだとか?

なので、自身の思い(引っ込み思案改善)とは裏腹に人前に出る恐怖は改善されなかった模様。

そんな”気弱”な性格の中学時代を終えると、高校は地元の東京都杉並区にある”日本大学鶴ヶ丘
高等学校”にご入学されました。

この学校は、後に進学する大学”日本大学農獣医学部”の「併設校」として創立されたそうで、
高校にさえご入学できれば、系列の大学↑には容易に進学することが可能とのこと!

また、この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

但し、普通科は”三つ”の「コース別」となっているそうで「普通コース、普通・一般受験コース、
特進コース」の中から”入学時”に選択される模様です。

“部活動”も非常に盛んで各種の「運動部や文化部」が設けられており、特にアメリカンフット
ボール部やスキー部、さらに”格闘系”では剣道部や空手部が全国大会への「常連校」として
有名らしく、全国制覇も何度も果たしている「強豪校」として有名とのことです。

なので、この高校をご卒業された”OB・OG”には今でもご活躍中の「著名人」や「プロスポーツ
選手」が何人も居るのだとか!

そんな”文武両道”に優れた高校に清水章吾氏がご入学されてはいますが、その当時の”情報”も
ほとんどありません。

ただ”俳優志望”ではあったので、文化部の「演劇部」に入部していた可能性は高いと思われます。

また、昔からの気弱な性格(引っ込み思案)が改善されたのか?どうか?も分かっておりませんが
“役者”に対する「志」はブレていなかったご様子で、後に”国宝級”の役者の元へ・・・?

高校時代を終えると、学校の”系列大学”であった「日本大学農獣医学部」に合格(進学)しご入学を
されます(現在は日本大学生物資源科学部)。

この大学はその名の通り”獣医学”や”生物資源学”を専門に学ぶ大学であり、現在は「資源学」を
メインに”研究”及び”論文”などが教育されているそうです。

清水章吾氏も昔から「動物好き(特にペット)」でしたので、高校から”系列校”でのご入学をされた
とは思いますが、意外にも「性格に適した学校」に進まれた事と思われます。

【ところが!】”理由”や”学年”は定かではありませんが大学を「中退」されております。

ご実家は”豪邸”であったはずなので「学費が払えない!」とは考え難いので、友達間?あるいは
“俳優志望”に何か「障害」が発生したのでしょうか?

いずれにせよ、せっかく入った大学を「中退」しその後は”名役者”として数々の賞を総なめにして
“人間国宝”に任命された俳優「花柳章太郎」氏のもとへ”弟子入り”を果たします。


引用元【ツイッター(鎌倉市川喜多映画記念館 )】

そこからは「役者の道」一本に絞り、”俳優業”を本格的にスタートさせます。

すると1964年にCX(現在のフジテレビ)局で放送されたテレビドラマ”グーチョキパー”に
出演し、自身初の「テレビドラマデビュー」を飾りました。

さらに同年には、現在のテレビ朝日系列で放送されていた刑事ドラマ”特別機動捜査隊”にも
出演を果たし、”俳優活動”の「幅」を広めて行きます。

ちなみに、この作品には毎年のように出演されておりました。

その後も”テレビドラマ”をメインに「俳優業」を熟し、”二枚目俳優”として徐々に知名度を広め
庶民や関係者から注目される存在へと育って行きます。

そして、1975年に公開された映画”夜霧の訪問者”に出演し自身初の「映画デビュー」を
飾りました





さらに1970~1990年にかけて”大ヒット”した名テレビドラマにも数多く出演しており
NHKの「連続テレビ小説」、日本テレビ系列の「太陽にほえろ!」、フジテレビ系列の「白い
巨塔やスケバン刑事」、TBS系列の「噂の刑事トミーとマツや水戸黄門」、テレビ朝日系列の
「特捜最前線や暴れん坊将軍」などの数えきれないほどの”話題作”に出演し、いつの日からは
「名脇役」としてご自身の”ポジション”が「確立」されるようになります。

“業界”や”お茶の間”から注目される俳優に成長すると、1994年に商品会社でお馴染み”東洋
水産”が放送したCM「ホットヌードル」に抜擢され自身初の「CMデビュー」を飾りました。

そして2002年~2006年まで消費者金融業でお馴染み”アイフル”が放送したCMに抜擢され
“かわいい犬”として大人気を博した「チワワ(クゥーちゃん)」の影響を受けて、その「効果」が
思わぬ形でご自身にも反映され「大ブレイク」を果たす結果となったのです。


引用元【ツイッター(カーG )】

すると、人気が拡大すると並行するようにテレビドラマからの「オファー」が急激に増えだし、
ご自身の”俳優人生”の中でも「一大ブーム」の時期へと突入して行きます。

その後2006年になると、その当時所属しいた芸能プロダクションを退き、妻の清水ハルマン
さんが代表取締役を務める個人事務所”株式会社アトリエ・ハルマン”を設立し、その新事務所へ
「移籍」されます。


引用元【ツイッター(ちよ )】

現在のこの事務所は2013年6月から「オフィスPSC」と改名されているご様子。

1999年になると”実の娘”である「清水響美」さんが、今では”CM”を通して有名となった大手
繊維会社の”帝人”が行っていた「キャンペーンガール」に任命されます。

ちなみに「オヤジのDV」を暴露した、妻(ハルマンさん)の”連れ後”である「桑原絹(清水絹子)」
さんの現在は、母の背中?を追って「画家」としてご活躍中とのこと。

また、2012年9月にNHK・FMで放送されたラジオ”FMシアター(こんぴら夫婦)”に出演し
自身初の「ラジオデビュー」を飾りました。

その後も”テレビドラマ”や”映画”をメインに「俳優人」としてご活躍をされ、今に至っております。


スポンサードリンク


◇ 清水章吾氏とチワワとは?

俳優「清水章吾」氏の”代名詞”と言えば、チワワ犬の”クゥーちゃん”ですよね!


引用元【インスタグラム(lovechacharo)】

2002年~2006年頃まで放送されたテレビCM”アイフル”で注目を浴び、共演?した
俳優・清水章吾氏が大ブレイクしたキッカケの話題作でもあります。

「ボーナスまで買い物が待てない!だからアイフルからお金の調達を!」的なコンセプト?で
放送されたと思われるテレビCMでしたが、そこに登場したペット販売のテナントに並んでいた
ペット犬の中に、あまりにも”虚ろな目”で今にも泣き出しそうな大きな”眼”の「チワワ!」

そして、そのチワワ犬”クゥーちゃん”に心を惹かれる優しそうなパパの姿!

誰もがこのCMを見て二人?(ペットと買主)の絶妙なイマジネーションに”感銘”を受けたはず。

すると”クゥーちゃん”を視た「若い女性」を中心に火が付き、さらに「優しそうなパパ」に
憧れ?を抱いた「家族達」が増え始め、一挙にこの時代を「一世風靡」しましたよね!

【しかも!】そのチワワ犬が”クゥーちゃん”と分かると、新しく飼う愛犬に”クゥーちゃん”と
“命名”する「飼い主」が増えたそうです。

【さらに!】関連性は定かではありませんが、2008年に公開されたアメリカ映画の中に
“ビバリーヒルズ・チワワ”とのタイトル名の作品があります。





俳優「清水章吾」氏の”名”を馳せた消費者金融業の”アイフル”のCMですが、これまに同社が
放送したCMの中でも、これだけ”注目”を浴びた「作品」はなかったのでは・・・?

ちなみに、このCMの”成功”によりアイフルの「業績」も伸びたそうです。

ただ、その後”国の方針”によって債務整理(任意整理)に関する新たな「法律」がスタートした事で、
“消費者金融業”は大きなダメージを受けて、”業績”は「悪化」を辿るのですが・・・?


スポンサードリンク


◇ 清水章吾氏はガンで激痩?

清水章吾氏は2002年から放送された”アイフル”のCMによって大ブレイクを果たし以前よりも
メインの仕事「俳優業」も”盛況”するようになりました。

しかしその一方で、結構な”お歳”でもあったことから、あまりにも”多忙な日々”が続いたことで
見た目でもハッキリと分かる「激痩せ姿」が目立ち始めたことがありました。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

普段から”弱細”なイメージの清水章吾氏なので”痩せた”からと言って目立つことが、それ程無いと
思われますが、”根強いファン”たちから見ると直ぐに「激痩せ」したことが分かるそうです。

“激痩せ”と言えば誰もが直ぐにピン!と来るのは「癌の発症」ですよね!

そのため、清水章吾氏にも「がん疑惑」が浮上したらしく一時期ネットで話題になっておりました。

もちろん、それが”事実”なら”大手芸能誌”などが黙っている訳もなく、直ぐに「ネタ」に取り上げ
広く伝えるところでしょうが、その様な”報道”は一切無く”病気説”を疑うドラマファンや関係者は
誰も居りませんでした。

なので、結果としては”がん説”では単なる「デマ」であったようです。


引用元【インスタグラム(hachihoke)】


スポンサードリンク


◇ 清水章吾のプロフィール

本名
清水 忠光
読み
しみず ???
生年月日
1943年2月15日
仕事
俳優
出身地
東京都港区
所属事務所
オフィスPSC
血液型
A型