今でも世のママ達から人気を博している「特撮戦隊シリーズ」出身で若手俳優のホープとして期待されている
「横浜流星」氏はご存知でしょうか?

 


引用【インスタグラム(ryuseiyokohama_official)】

 

最近「俳優」としての活動を盛んに行うようになり人気テレビドラマなどへの出演本数もドンドン増え
世間からの知名度も上昇中の「横浜流星」氏ですが、ファン達の間では「イケメン」よりも「美顔」に
注目する女性達が増え始めているそうで「横浜流星」氏のインスタグラムのフォロワー数はなんと!!
907千人に達しています(2019年6月現)

 

一番代表的なアップ写真がこちら↓↓↓


引用【インスタグラム(ryuseiyokohama_official)】

 

これを見たファン達からは「彫刻みたい・まつげ長っ!!」などの「美容」に関することに注目しているらしく
さすが女性ファン達は見るところが違うな!と感心させられました。

今若手俳優として注目されている「横浜流星」氏の知られざる芸歴やプロフィール、さらには自身が
一番得意とする「空手」などに注目してみたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

◇ 横浜流星氏の履歴は?

 

「横浜流星」氏は神奈川県横浜市出身ですが、小学校時初めて「若者の街」原宿へ家族と出かけた際に、
芸能プロダクション大手の「スターダストプロモーション」の関係者から声をかけられたことがきっかけで
芸能界へと進んだようです。

この「スターダストプロモーション」には若手の俳優・女優が多数在籍しており今、一番注目を浴びている
女優の「本田翼」さん、俳優の「窪田正孝」氏、「山崎賢人」氏、「岡田将生」氏など、層々たる若手の
メンツを集めているプロファクションの一つです。

また「子役」も多く所属しおり、会社の方針なのでしょうか?「若い」芸能界志望者を多く集めている
芸能プロダクションに思いますし、だからこそ小学生時代の横浜流星氏に注目したのでしょう。

芸能界デビューは「CM」からスタートしたらしく、学習塾でおなじみの「栄光ゼミナール」のCMに
出演した経験があるそうです。

当時はまだ小さく、俳優歴も無かったので周りの関係者から「セリフ・態度」など心配されていたそうですが
初めてのCM出演とは思えない程、堂々とした演出ぶりを披露し現場にいた監督・スタッフの「度肝」を
抜いたそうです。

芸能事務所に所属しながらも学生生活を送っていた中学時代、小学校1年生から続けていた「極真空手」が
開花したそうで、国際空手道連盟が開催している「国際青少年空手道選手権大会」の年齢別男子55kg級の部で
見事「優勝」を果たしたらしく、当時は「芸能活動」よりも「極真空手」に力を入れていたそうです。

後にご本人が語っているのですが、当時は「極真空手」に夢中になっており家族も応援されていたようで、
芸能事務所の仕事やレッスンよりも優先して空手に力を入れていたそうです。

しかしその「空手」が後の芸能界での仕事に大きく影響することになるとは・・・

「極真空手」で鍛えられた鋼のスタイルと、親から授かった「美顔」が功を奏し、ファッション雑誌での
メンズモデルの仕事に恵まれたり、当時「ママ」さん達から大人気だった特撮テレビドラマ「戦隊シリーズ」の
メンバーに抜擢されたりと、「モデル・俳優」の仕事をメインに芸能活動を行っていたそうです。

特に高校時代に舞い込んだ仕事「烈車戦隊トッキュウジャー」では、まさに自身一番得意としている「空手」を
披露するシーンが数多くあり、演じていた「トッキュウ4号のヒカリ」で敵をバッサバッサやつけるシーンでは
戦隊者大好きのママ達のハートを奪っていましたね。

ちなみにこの「烈車戦隊トッキュウジャー」には「横浜流星」氏と同じく若手人気俳優として注目されている
「志尊淳」氏も共演されています。

 

その後、仕事と学生を両輪して無事に高校は卒業はしたものの、その後の「進路」について悩みがあったらしく
大学進学の志望が始まったころ「烈車戦隊トッキュウジャー」の仕事が決まっていたそうで「戦隊物」は
「特撮」と呼ばれているだけに、特に撮影の時間バランスが難しく「学業」と「俳優」を同時に熟すのは
相当難しいと判断したのだと思いますが、大学は諦めて「俳優一筋」の道を選んだそうです。

ただその甲斐あって番組は、子供達や親(特にママ)からの人気が上々で、出演していた他の「俳優」達にも
注目が集まるようになり、「劇場版」での「烈車戦隊トッキュウジャー」が作られたりしました。

「横浜流星」氏も相当手応えを感じたのか、長く勤めていたファッションモデル雑誌「ニコラ」のメンズ
モデルを卒業し「俳優業」を本格化させたようです。

しかし、そう思っていた2年後(2017年)に突然「歌手」としてCDデビューすることが発表され、
話題になっていましたが、自身が出演した映画「キセキ -あの日のソビト-」がきっかけとなっての
歌手デビューだったそうです。

 

その翌年も「配信限定シングル」と位置ずけて「今日もいい天気 feat.Rover」などの楽曲をリリースしたり
歌だけではなく「作詞」も手がけるようになり「音楽家」の才能も徐々に見せ始めています。

最近では日本テレビ系列で放送されている日曜ドラマ「あなたの番です」に出演し話題を呼んでいます。

 


引用【サイト(日本テレビ公式)】

 

 

スポンサードリンク

 

 

◇ 横浜流星氏と極真空手?身長&体重は?

 

「横浜流星」氏は小学校1年生から「極真空手」を習っているそうです。

今の彼の「ルックスやスタイル」はこの当時習って「空手」が影響しているらしく「筋肉質」な体格や
「引き締まった」顔つき、そして親から授かった「美形」は、まさに幼少期に形成されていたようです。
羨ましい・・・。

 

 


引用【ツイッター(めいジャニラブ)】

 

中学3年生の時には国際空手道連盟が開催している「国際青少年空手道選手権大会」の年齢別男子55kgの部で
見事「優勝」に輝いたそうです。

 


引用【ブログ(こいもうさぎのブログ)】

 

アイドル並みの人気を誇る「横浜流星」氏ですが、意外にも身長・体重などのプロフィール情報は
「非公開」のようで女子ファン達からプロフィールが知りたい!と多数要望されているようですが、
中学3年で55kg級の部に出ていたということは現在は、55~65kgくらいと予想されます。

身長についてはこちらをご覧ください↓↓↓

引用【インスタグラム(ryuseiyokohama_official)】

 

「鶴べ~師匠」が173cmで「上白石萌歌」さんが162cmなので、その差11cmですが
二人の差くらい上回っているので、180cmはあるかもしれませんね(推測です)

また当時の体脂肪率が「5%」と伝えられていますので、もしトレーニングを続けているのなら現在も
10%~20%くらいをキープしているのではないでしょうか?

ドラマでは「裸のシーン」も見られるので、今度拝見する時は「体脂肪率」にも注目したいところです♪

 

 

スポンサードリンク

 

◇ 横浜流星氏の彼女とは?

 

「横浜流星」氏は極真空手の使い手で「硬派」のイメージがありますが実は、今まで一人だけ噂に上がった
女性がおります・・・と言っても「ファンの間」での話ですが・・・

それは同じく若手女優の「森高愛」さんです。

 


引用【ツイッター(森高 愛)】

 

「森高愛」さんも「横浜流星」氏が出演していた「烈車戦隊トッキュウジャー」でトッキュウ5号(カグラ)役で
共演しており、なんと!「幼なじみ」の関係だそうです。

そのため「横浜流星」氏に「恋愛話」がほとんど無かったので女性ファン達が勝手に妄想したのだと
思われいます。

きちんとした?マスメディアから「横浜流星」氏の女性事情が報告されたことは今まで一度も御座いません。

 


引用【ブログ(こいもうさぎのブログ)】

 

 

■ 横浜流星プロフィール

本名
横浜流星
読み
よこはま りゅうせい
生年月日
1996年9月16日
仕事
モデル・俳優
出身地
神奈川県横浜市
所属事務所
スターダストプロモーション
血液型
O型

 

スポンサードリンク