日本の俳優さんの中でも最も”(純)正統派女優”として長らくご活躍され、しかもお隣の国! 韓国でも人気を博ている”日韓両国”で人気者の女優さんと言えば誰なのでしょうか?

そう!それは!!名バイプレーヤーでお馴染み、女優の「笛木優子」さんです!!!



引用元【インスタグラム(yukofuekiyumin)】

【実は!】笛木優子!!2018年6月に”一歳年上”の一般男性とご結婚をされ、その後しばらく 経ちましたが、最近(2019年11月2)ようやく妊娠したことをご自身のSNS(インスタグラム)で 発表されました。



引用元【インスタグラム(yukofuekiyumin)】

それによると↓↓↓

私事で恐縮ですが、この度、第一子を授かる事が出来ました。体調と相談しながらではありますが、出来る範囲でお仕事させて頂いております。皆様のご理解心より感謝申し上げます。温かく見守っていただけると幸いです。今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

※ 引用元【インスタグラム(yukofuekiyumin)】


ご妊娠についての詳しい説明はありませんが、まずは”喜びの声”と現在、次回テレビ放送分の “ドラマ”を撮影中であるらしく体調に配慮して仕事に臨むことを伝えております。

また関係者によると既に”安定期”に入っているそうで妊娠後、約”五ヶ月”以上が経っていると 予想されます。

なのでご出産時期も来年度(2020年)になると推測されます。

いずれにしても”高齢”での「初ご懐妊」であることから無理をせず今後の芸能活動を行って 頂いたいものですね!

そんな今、幸せいっぱいの笛木優子さんにスポットを当てて見ました。



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ 在日韓国人なの?
・ 旦那は誰?
・ かわいいユミンとは?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 笛木優子さんの中高大学は?

笛木優子さんは1979年6月21日生まれの40歳(2019年)で、ご出身は「東京都」です。

ご出身の”東京都”にあるご自宅で、ご両親と妹の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に 有る学校に通うのが一般なので、笛木優子さんも(東京都)内の小学校・中学校に通っていたと 推測できます。

“幼少期”や”学生時代”について詳しい情報が殆どなく、たぶんご本人が語っていないことから 広まっておらず、きっと知られぬのが嫌なのでしょう。

ただ、お生まれは”東京都”とプロフィール・その他で紹介されておりますが、育ちは”埼玉県 蓮田市”のようです。

なので、ご出身も”東京都”より”埼玉県”の方が正しいように思うのは私だけでしょうか?

やはり!その辺は”トップ女優”であるが故の”プライド”なのかも知れないです。

ご実家の”家族構成”も良く分かっておらず、さらにご両親の”お仕事”も不明なのですが唯一 公表されてい事として”姉妹”であり「妹さん」が一人居るそうです。

少年期は妹さんと一緒に埼玉県のご実家で育んできたことでしょう。

中学時代は東京都中野区にある”中野区立北中野中学校”にご入学されております。

“育った”と言われている埼玉県蓮田市は都心から相当離れているため、中学生が毎日電車で 「通っていた」とは思えず、もしかしたら都内に引っ越しした可能性が高いと思われます。

この中学校は”義務教育”では珍しい”二学期制”を導入しているらしく、さらに日本マンガの 巨匠「あだち充」先生の作品に何度も”モデル”として採用された有名校の様です。

また卒業生にも著名人が多く、俳優の「谷隼人氏、ひし美ゆり子さん」、お笑いコンビ “はんにゃ”の「川島章良」氏、元アナウンサーの「吉元潤子」さん、などが居るそうです。

沢山の”著名人”を輩出した中学校をご卒業されると、高校も東京都内の”東京文化高校”に ご入学されました(現在:新渡戸文化中学校・高等学校の”一貫校”に変更)

当時のこの高校は”女子高”であったらしく、女子高特有の”うるさい”クラスの中に混じって 学業に励んでいたそうです。

部活動は”バスケットボール部”に在籍しておりましたが、相当”厳しい”練習であったらしく 毎日”クタクタ”になってから帰宅していたようです。

なので現在の”清楚”なイメージからは想像もつかない”熱血スポーツ選手”であったようです。

しかし高校二年生の夏頃に、経緯は分かりませんが芸能事務所から”スカウト”されたらしく 演技レッスンを受ける必要があったことから、部活との両立が難しくなり”退部”をされて おります(最新情報では東京”原宿”でスカウトされたとのこと。)

高校当時は”合唱コンクール”や”創作ダンス”を好んでいたらしく、事務所の演技レッスンでも “ダンス”をよく踊っていたそうです。

高校時代を終えると、東京都町田市にあった”玉川学園女子短期大学”にご入学されました。 (現在:2004年11月30日で閉校)

この大学の学部には”教養科”と”幼児教育科”がありましたが、笛木優子さんがどちらを “専攻”したのかは?分かっておりません。

ただ、教育方針の中で”留学”にも力を入れていた短大であったことから”アメリカ”の大学への “編入”なども勧めていたそうです。

短大に在籍中か?あるいはご卒業か?は定かではありませんが当時、日本のガールズグループ として有名であった”東京パフォーマンスドール”に「研究生」として在籍されました。

しかしこのアイドルグループでは”オリジナルメンバー”に選ばれる事が無く、殆どを”バック ダンサー”のみの活動をしていたそうです。

その後”短大”を無事に終え、自身21歳の2000年にフジテレビ系列で放送されていた テレビドラマ”天気予報の恋人”に出演し自身初の「テレビドラマデビュー」を飾りました。

そして2001年に公開された映画「ホタル」に出演し自身初の「映画デビュー」も果たし、 さらに、同年公開された映画”新・雪国”では女優デビューしたばかりの”若手”でありながら 過激なシーン(濡れ場)を披露して、映画で自身初の「主演」を飾りました。


引用元【ツイッター(極楽趣味天国 )】

その後”理由”は分かりませんが自身”22歳”の2001年に突如!韓国に移り、ソウル特別市 西大門区にある”梨花女子大学校”へ新たに入学し「韓国語」の勉強を始めます。

この梨花(いふぁ)女子大学校は”女子大学”としては世界最大規模の学校であるらしく、多数の “付属施設”や様々な”学部”が用意されております。

“韓国語”だけ学ぶのなら、この大学でなくても良かったと思うのですが、やはり”世界最大 規模”の「響き」が気に入ったのか・・・?

ただこの大学の”学習内容”がハイレベル過ぎたのか?あるいは授業が気に入らなかったのか? 理由は分かりませんが、後にソウル特別市城東区にある”漢陽大学校”へも入学されております。

こちらの大学(漢陽”はにゃん”大学校)も韓国内では”レベル”が高い学校として有名らしく、 しかし”梨花女子大学校”よりは劣るそうなので、たぶん笛木優子さんがこちらにご入学した “理由”は、その辺にあるのかな?と感じました。

専攻された学部は”言論情報学部”のようで、無事にご卒業をされておられます(Wikipediaの 卒業生で確認!)

大学在学中は韓国内で”芸能活動”を行っていたそうで、”慣れない”韓国語ながらも大学で 学んだことを生かし、”ドラマ”・”映画”などに出演して”女優業”の実績を培って行きます。

その後”帰国”して心機一転、新たな芸能事務所「オスカープロモーション」へ所属しました。

来日女優として”世間”の注目を集めていたことあって、2006年2月に記者会見を開き また日本を拠点に芸能活動(女優業)を行うことを発表されておられました。

そして同年にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ”アテンションプリーズ”に出演し、 帰国後”初”の女優業を熟しました。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

日本での活動を再開したと同時に、韓国でのテレビドラマ・映画の仕事も”並行”する様に熟し 2009年に韓国で放送され大ヒットを記録した俳優「イ・ビョンホン」氏主演のテレビ ドラマ”IRIS”にも出演を果たしました。


引用元【ツイッター(沈黙の守護者(小森霧) )】

その後も両国(日本・韓国)のテレビドラマ・映画・CM等に”話題作”に出演し”韓国作品”では 「流暢な韓国語」でご活躍され、”日本作品”では「正統派」女優として”安定”した演技を 披露して人気を博しております。

そしてこの度(2019年)、以前ご結婚されていた”一般男性”との間に”お子さん”を授かって 今に至っております。


スポンサードリンク


◇ 笛木優子さんは在日韓国人なの?

笛木優子さんは日本の短大(旧:玉川学園女子短期大学)をご卒業後、しばらくしてからお隣 “韓国”に渡り、韓国ソウル”特別市”にある「大学」に通い”韓国語”を学んでおりました。

そのため韓国に約5~6年間”移住”していたことで「韓国人では?」等とネット界で “噂”されるようになり、さらに表沙汰(世間)にも”噂”が流れ話題となっておりました。

ご家族やご親戚の詳しいことが分かっておりませんので何とも言えませんが、少なくとも 今、分かっている情報によると”生誕地”は「東京都」で”育ち”は「埼玉県蓮田市」である事は 分かっております。

なので”生粋”とは言えないものの、限りなく”日本人”である可能性が高いです。

韓国で学んでいた時は地元の”芸能界”でも活動していたらしく、テレビ・映画へも出演し、 “同世代”の若い女性から注目されていた人気女優でした。

その理由として、元から”ルックス”が韓国人っぽい顔つきであったこと、さらに韓国語を 学んでいたことで地元の言葉が話せたことで”韓国の女優”と勘違いされていたそうです。

こちらは韓国人女優の「ハン・ジヘ」さんですが、非常に似ていると思いませんか↓↓↓



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

こちらなんて!見るからに”韓国人”にしか見えませんよね↓↓↓



引用元【インスタグラム(yukofuekiyumin)】

つまり、”美白”で顔の”パーツ”がハッキリしており、顔形が”卵型”でいかにも”整形”っぽく (実際に殆どが行っておりますが!笑;)、”まぶた”が一重であれば韓国人女性に見られても おかしくありませんね。

ところが、自身の存在(日本人)を明らかにする機会があったらしく”正体”が分かった瞬間から 韓国人女性達から一斉に”バッシング”を食らったそうです。

ご本人としては”隠す”つもりはなかったと思いますが”ファン達”からすると”隠していた”と 思われたらしく、さらに”反日家”の皆さん達からは「ここぞとばかりに」猛バッシングを 受けたそうです。

ただ中には”親日家”の人が居たり、笛木優子さんの女優としての演技を”普通”に好む ファン達も多数居たことで”腐る”ことなく韓国芸能界で”励んで”いたそうです。

しかし”気づかない”韓国人もどうか?と思いますが、よほど笛木優子さんの”ルックス”や 地元で培った”韓国語”が上手だったことを物語っておりますよね♪


スポンサードリンク


◇ 笛木優子さんの旦那は誰?

笛木優子さんは2018年6月に”一歳”年上の「一般男性」とご結婚されておられます。

今も昔も”韓国”との関係が深い日本の女優さんとして有名ですが、そのイメージが強いため ご結婚された旦那さんは韓国人では?”説”が噂されたほどです。

そのため、旦那さんの”手掛かり”になる情報を得よと沢山の”トレンドユーザー”からご自身の 公式SNS(ツイッターなど)にアクセスがあり”急激”に増えたそうです。

しかし、笛木優子さんが出演した韓国の”テレビ番組”でご結婚についての質問があり、 その時に「日本人」であることを明らかにしたそうなのです。

なので韓国人説は”デマ”で素敵な日本人の男性と巡り合い、ご結婚された様です。

その気になる”一般男性”ですが、”姿形”が明らかにされておらず全く分かりません。

ただ笛木優子さんご結婚報告コメントでこのように書き記しております↓↓

彼と出会い、歳も近いことで親しみやすく、友人として接していくうちに、彼の誠実な人柄と仕事熱心な所に惹かれ、共に歩んでいきたいと思うようになりました

※ 引用元【インスタグラム(yukofuekiyumin)】


これだけの”大物女優”に気に入られたのですから只者でないことは明らかで、会社幹部?
あるいは経営者?などの大金持ちであることは容易に想像がつきますよね!

ただ”誠実な人柄と仕事熱心”との事なので、なおさら”経営者”の姿がチラつきます。笑;

いずれにしても、昔は”36歳迄に結婚したい!”と語っていたことが記憶に残っておりますが、 それは少しだけズレてしまった(笑;)のですが、何とか”年代的”にはクリアーされました。

そして次に気になるのは、今回(2019年)授かったお子さんの”性別”は分かっておりませんが、 昔「娘が生まれたらフィギュアスケート選手にしたい」と語っておられました。

もし”女児”なら本当にフィギュアスケート選手に育てるのか?が注目されるところですね♪


スポンサードリンク


◇ 笛木優子さんのかわいいユミンとは?

“ユミン”とはズバリ!笛木優子さんの韓国での「芸名」です!

“芸名”の由来は分かっておりませんが、韓国で芸能活動を行う際はこの”ユミン”を名乗って いたそうです。

韓国在住中は”大学”に通いながら韓国語をマスターし、テレビ番組や映画でご活躍されて いたので、相当”韓国語”が「堪能」であることは明らかです。

ただ、ドラマに出演する際は相当ご苦労されたそうです↓↓↓

台本を読むのにも3~4時間かかっていました。会話も向こうで覚えて。でも『ユミン』という韓国名でドラマに出ていたので、日本人だとは思われなかったみたいです。(コメント現在削除済み!)

※ 引用元【サイト(菊正宗)】


この”レベル”の女優さんなら日本語でしたら”あっ!”と言う間に覚えるか?忘れたとしても “アドリブ”でカバーすることが出来ますが、さすがに”多言語”だと難しいでしょうね!

さらに”文化の違い”も大きいので、セリフによっては”戸惑う”ことがあったようです↓↓↓

顔が同じアジア人だからついつい考え方同じだろう、と思っちゃうんですがやはりまったく違って。文化も違うので戸惑いは多かったです。たとえばお酒も年上の方の前では飲んでいるところを見せてはいけないので、口を隠したり横を向いたりして飲むんです。乾杯もお酒を注ぐたびするので忙しくて(笑)。あと韓国の方は飲むのが好きですね。次の日仕事なのに朝6時くらいまで飲んだりして……(コメント現在削除済み!)

※ 引用元【サイト(菊正宗)】


日本でも”舞台俳優”と”お酒”は「切っても切れない仲!」として有名ですが?さすがにテレビ ドラマや映画となると”酒臭い”のは厳しいものがありますね♪

ただ韓国”ドラマ”の撮影の際、前回放送分での視聴者の”反応”や”感想”によっては当日の 内容を”ガラッと!”変えられることが”頻繁”にあるそうです。

なので前日まで覚えた”セリフ”や描いていた”イメージ”が全て「無駄」になる事があるらしく 撮影当日に予定していた”台本”が書き換えたり、あるいは当日の朝に出来上がったりする事が あり、 出演者にしてみれば「堪ったもの」ではありません!

そのためストレス解消でお酒を飲むのではないでしょうか!?

笛木優子(ユミン)さんはそんな厳しい”韓国芸能界”で戦いながら頑張っていたそうです。



引用元【インスタグラム(yukofuekiyumin)】


スポンサードリンク


◇ 笛木優子さんのプロフィール

本名
笛木 優子
読み
ふえき ゆうこ
生年月日
1979年6月21日
仕事
女優
出身地
東京都
所属事務所
オスカープロモーション
血液型
B型