日本の”映画女優”として知名度が高い「伊藤歩」さんをご存じでしょうか?

“メディア”出演が少ないので、知らない方も多いかと思いますが・・・。



引用元【インスタグラム(ayumi__ito)】

女優の【木村文乃】さんではないですよ!笑;

しかし”ま~ぁ”、本当に良く似てますよね。

その「伊藤歩」さんが【なんと!】この度!!「威力業務妨害」の”被害”を受けたとして 警察庁に”被害届”を提出した様なのです。

“事件”の発端は、ご自身が所蔵している事務所(セブンス・アヴェニュー)が運営している サイトの”問い合わせフォーム”から”殺意”が疑われるコメントを”面識”の無い”一般女性”から 送られて来たことによって勃発した様です。

さらに、同様に”面識”の無い”一般男性”からも伊藤歩さんに「精神的ダメージ」を与える様な “過激なコメント”が書かれた”メール”が送られて来たそうです。

現在は”犯人”が特定され警察庁の”新宿署”が対応し”事件”は落ち着いた模様です↓↓↓

無職の20代の女=愛知県在住=と30代の男=北海道在住=を書類送検していたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。2人は容疑を認めており、8日付で送検した。2人に面識はなく、別々に伊藤を脅迫していたという。

※ 引用元【サイト(Yahoo!ニュース)】


寄りによって”近日中”に二件の「脅迫文めいた」コメントが送られて来るなんて!”仏滅日”が 続いたのでしょうか?

ただご本人は相当”参って”いた様で、ご自身がご出演されたBS系列で放送予定である人気作家 「湊かなえ」さんの作品をテレビドラマ化された”試写会”が行わたのです「身の安全」を 確保するためと、何より”精神的ダメージ”を受けた事で「不安」を大きく感じていたことから “欠席”が余儀なくされたそうです。

現在は迅速な警察の対応があった事から「安全が確保」され、仕事へも”復帰”されたご様子↓↓↓

ご心配をおかけしてすみません。不安な日々もありましたが、警察の方々に対応していただき、今は元気に仕事をしています。このようなことが二度と起きないことを切に願っております

※ 引用元【サイト(Yahoo!ニュース)】


伊藤歩さんは”演技派女優”であるが故に、見た目が”キツイ”とか”性格が”悪い”等と言わる 傾向にあり、それに”同調”する一部の”若者”や”ヲタク”達が居るのでしょうね?

何はともあれ!現在は”安全”が確保され普通に仕事が出来る様になったらしいので、まずはファン達にとっては”一安心”ですよね!

そんな”被害妄想?”を受けやすい伊藤歩さんにスポットイン!



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ 性格悪い?
・ 木村文乃と姉妹?
・ スワロウテイルで歌手に?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 伊藤歩さんの中高大学は?

伊藤歩さんは1980年4月14日生まれの39歳(2019年)で、ご出身は「東京都」です。

ご出身の”東京都”にあるご自宅で、ご両親と弟の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、伊藤歩さんも(東京都)内の小学校・中学校に通っていたと
“推測”できます。

ただ伊藤歩さんの場合”学生時代”の情報が本当に”微小”で、詳しいことが分からないのですが”先輩情報”や”兄弟情報”から小学校は「練馬区立仲町小学校」ではないか?と伝えられおります。

幼少期から非常に”アクティブ”な子供さんであったらしく、親が目を離した”隙”にどこへでも動き回って心配をかけていたそうです。




現在のご家族は”ご両親”と”弟”が居り、以前は”俳優”を目指していた「祖父」が居たそうです。

祖父とは幼い頃から”仲良し”で、俳優を目指していたこともあってか?”歌”や”踊り”で楽しんでいたらしく、たまに二人で「どうじょうすくい」を披露して家族を盛り上げていた様です。

また母親も”俳優”を目指していたらしく、家族揃って”役者”の経験があったことから伊藤歩さんが”女優”を志した時には誰よりも応援を受けたそうです。

そんな”芸能界一家”であったことから、その”道”に関しては理解があり”6歳”の頃から既に雑誌の”モデル”として「芸能界デビュー」を飾っていた様です。

祖父と母親にとっては、伊藤歩さんの将来像に”女優”の「姿」が見えていたのかも?ですね!

そんな”少女”も小学生になると三年生頃から”クラシックバレエ”を習いだし、主に運動は”バレエ”のレッスンで行っていた様です。

また高学年になると”サッカー”に興味を持ち始めたらしく実家のお隣、神奈川県”横浜市”を拠点として活動しているサッカーJ1のクラブ「横浜マリノス」の大ファンであったとのこと。

その中でも当時、サッカー日本代表として活躍し「アジアの壁」として名を馳せていた選手「井原正巳」氏が大好きであったらしく、よく友達と練習を”見学”しに行っていた様です。



引用元【インスタグラム(moechan2016)】

その後”小学時代”を終え中学校に入学されますが、こちらも情報が”皆無”なので詳しいことは分かっておりませんが”転校情報”などがありませんので、近辺の”練馬地区”にある中学校であろう?と伝えられております。

中学時代の一年生の時に、どんな”きっかけ”、あるいは”理由”があったのか?分かりませんが、映画界の巨匠!「大林宣彦」監督が手掛けた作品”水の旅人~侍KIDS~”で自身初の「女優デビュー」&「映画デビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(ばぶりっくぷれっしゃー )】

中学生でありながら【まさに!】女優としての”扉”を開け、「祖父&母親」が望んでいた?”役者の道”を志し始めたのです。

さらにこの映画では自身「映画デビュー」作でありながら”主要人物”の役所に抜擢され、”思春期”真っ只中の「反抗期の姉」役を見事に演じ関係者から”好評”を得ておりました。

その後中学校三年生になると、”韓国”で人気が高い映画監督「岩井俊二」氏が手掛けた映画”スワロウテイル”に出演され、世間で”賛否両論”を勃発させました。

何故?世間を”ザワつかせた”のか!と言うと、中学生でありながら”ヌー〇シーン”をさせられ映画関係者や映画ファン達からは絶賛されておりましたが、世論の反応は”冷ややか”でした。

“役者”を進めた「祖父や母親」はどのように感じていたのでしょうか?

また、ご自身が”芸能人”であることを「世に広めた作品」でもあったことから、学校では軽い”イジメ”を受けていた様です。


引用元【ツイッター(TA-BO( 林 孝昌 ) )】

しかし”世論の反応”とは裏腹に、女優としての”演技力”が評価され翌年の高校生になった時に日本映画の祭典”日本アカデミー賞”において「新人俳優賞」&「優秀助演女優賞」を受賞され一挙に”映画ファン”並びに”全国区”に知名度を広げました。

さすがに”ここまで”評価されると「祖父や母親」は何も言うことがなかった事でしょうね!

ただ、この映画撮影が行われたのが中学三年生の時でしたので”高校受験”の勉強が疎かとなり”高校進学”が危ぶまれましたが”猛勉強”の末、担任のアドバイスもあったことから希望以上のレベルの高校に進学できたそうです。

その”進学”された「高校」なのですが、やはり情報が”皆無”で詳しいことは分かりませんが、一説では”東京都立杉並高等学校”と伝えれているのが「有力」な情報です。

確かにこの高校の偏差値は”55”と「やや難関」であるらしく、殆ど受験勉強できなかった伊藤歩さんにとっては”レベル”が高い学校であり、ご出身地が”東京都”であることから、「有力」な高校だと言えます。

高校時代に入ると”映画”はもちろん、”テレビドラマ”にも挑戦するようになり中学一年生の1996年9月にテレビ朝日系列で放送されたドラマスペシャル”三毛猫ホームズの推理”で自身初の「テレビドラマデビュー」を飾りました。

また同作が1998年に”映画化”されましたが、そちらにもご出演されております。

この頃になると女優としての”実力”が開花され、”演技力”も他の俳優さん達と比較しても”引けを取らないほど”の活躍を見せ「ベテラン」の域にドンドン近づいて行きました。

映画では”SADA~戯作・阿部定の生涯”や”カンゾー先生”などにも出演されております。

その後高校をご卒業されると大学には”進学せず”に以前から感じていた、これからの日本人俳優には「英語力が必須」なこと!を思い出し、自ら”渡米”して約10ヶ月間ニューヨークに「語学留学」をされました。

この”こと”を見ても分かるように、伊藤歩さんは何かに”没頭”するとそれに向かって全力で挑戦する「意識の高さ」を”兼ね備えた”人物であることが分かりますね!

その後の1999年に日本へ戻ると、待ち構えていた?仕事は俳優「三上博史」氏が主演を務めたテレビドラマ”リップスティック”でした。

このテレビドラマはフジテレビ系列で放送された”少年鑑別所”を舞台にしたストーリーのドラマであり、当時人気が高かった女優の「広末涼子」さんや「池脇千鶴」さんなどがキャスティングされ、大きく「話題」を呼んだドラマでした。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

またこの頃(1999年)からは”CM”からのオファーも増え始め、女性向け”美容”に関連したCMへ多く出演されております。

テレビドラマでは2010年からTBS系列で放送されたドラマ”記憶の海”に出演し、自身初のテレビドラマ「初主演」を飾りました。



引用元【サイト(YouTube)】

2011年にはNHKで放送された朝の冠番組”連続テレビ小説”の「おひさま」で初のNHK「連続テレビ小説デビュー」を飾りました。



引用元【サイト(YouTube)】

そして”不倫”をテーマにしたドラマで”社化現象”を起こした!等と伝えられて話題を呼んだ2014年にフジテレビ系列で放送された昼ドラ”昼顔~平日午後3時の恋人たち~”に出演し見事な”不倫相手”役を演じて注目を集めました。

こちらは”人気”が冷めない三年後に”劇場版”として「映画化」されましたね!




一方の”映画”の方では、2001年に公開された俳優「市原隼人」氏主演の映画”リリイ・シュシュ”に出演し【なんと!】”役作り”のためと自らの手で”頭髪”を剃って「坊主」にしたのです!



引用元【サイト(YouTube)】

あまりにも「衝撃なお姿」を披露したことで映画の”話題作り”に貢献しておりました。

また、2004年に公開された映画”ふくろう”では、二度目となる「ヌー〇」姿を披露し、【しかも!】今回は「ヘアーヌー〇」姿を披露したことで一挙に男性映画ファンから注目が集まりました。


引用元【ツイッター(HOLLYWOOD HIRO )】

役作りには”物怖じしない!”あるいは”妥協しない!”「スタイル」が関係者から好評を得て、何時からか?映画ファンや俳優陣から「本格派女優」等と呼ばれる様になって行きます。

また”俳優業”を飛び出し”歌”の世界にも挑戦した過去があり、2000年に元ロックバンド”JUDY AND MARY”のヴォーカルであった「YUKI」さんやミュージシャンの「CHARA」さん、同じくミュージシャンの「ちわきまゆみ」さん、多勢ロックバンド”THE THRILL”でテナーサックスを担当している「YUKARIE」さんなどの五人で結成されたガールズロックバンドの「Mean Machine(ミーン・マシーン)」で「歌手デビュー」も果たしております。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

全く”女優”とは「接点」のないミュージシャン達との”コラボ”なので、なぜ?伊藤歩さんに「白羽の矢」が立ったのか?その経緯は分かっておりませんが、もしかすると?”YUKI”さんも”CHARA”さんも、その他のメンバーも「昼ドラ世代」なので、社会現象になるほど話題を呼んだ「昼顔」で”インパクト”を大きく残した”不倫役”を演じたのが伊藤歩さんでしたからそれがきっかけで声をかけたのではないでしょうか?

このガールズロックバンドでリリースした”1st”シングルは”スーハー”でした。


引用元【ツイッター(さとしING )】

この楽曲は、テレビ朝日系列で放送された各地の”国際マラソン”や全日本大学駅伝選手権でのイメージソングに採用されておりました。

さらに、2010年から公開された映画”ソラニン”では当時大人気を博していたロックバンド”サンボマスター”でベースを担当していた「近藤洋一」氏との共演をきっかけに同バンド内で”ゲストヴォーカリスト”として参加されております。


引用元【ツイッター(mig )】

その後もテレビドラマ・映画などの数々の話題作にご出演され、さらにCM・舞台・アニメ声優なども熟しながら今に至っております。


スポンサードリンク


◇ 伊藤歩さんの性格悪い?

今では”実力派女優”として名を馳せている伊藤歩さんですが、様々なご苦労や元から兼ね備えていた”女優魂?”があったからこそ”実力派”と呼ばれるまでに達したと思います。

ある映画では、体を張った”ヌー〇シーン”に挑戦したり、さらにレベルアップ?した”ヘアーヌー〇”姿を披露したり・・・。

また役者として、学生役では”喧嘩っ早い”不良の役、社会人役では現実味のある”不倫”役等の”インパクト”を強く与える”演技”を数多く熟してきました。

さらに、女優だけではなく普通の一般人から見ても想像を絶するような行為の”丸坊主”姿を披露したと世間の”ド胆”を抜くような行動も数多く行ってきました。

しかし、それが故に世間一般からはあまり良い”印象”が持たれていないらしく「怖そう…、性格が悪そう…、イラつく!、ムカつく!サバサバしている!」などの声があるそうです。

ただ、それらは演じた”役柄”が招いていることでご本人の性格は関係スタッフによると非常に”真面目”で、”挨拶”もしっかりされており、”気遣い”が多く、”優しい”女性と語られており、関係者などの周りからは”好印象”のイメージを持たれているそうです。

なので”女優は嫌われる!”とよく言われておりますが、それは【まさに!】この事で、伊藤歩さんも「例外」無く、良い意味で嫌われているようです。笑;


スポンサードリンク


◇ 伊藤歩さんと木村文乃は姉妹?

日本の女優さんと言えば、”似ている”女性が多い!とよく言われますが、伊藤歩さんも例外ではなく、昔から女優の「木村文乃」さん似として超有名ですね!

いえ!間違いました!!

正確には、伊藤歩さんの方が”ご年齢”・”俳優歴”が長く「先輩」なので”木村文乃”さん(が)似ている!のですよね♪笑;


引用元【インスタグラム(fuminokimura_official)】

「世の中には”三人”似ている人が居る!」とよく言われますが【まさに!】この二人はその”ことわざ”通りの「姿形」ですね♪

しかも同じ”俳優(女優)”業!の道に進まれております。

さらに世論の”見た目の印象”も同じらしく、美人なのに「キツイ!コワイ!イラつく!ムカつく!性格悪そう!怒られそう!直ぐ切れそう!」等の女優に対する”誉め言葉”が多数上がっている様す。

これらは全て”演技”に対する「評価」であり、与えられた”役所”を満遍なく”熟して”いる「現れ」でもあります!

ただ”美人”でありながら、本来の”性格”とはかけ離れた「見た目の印象」が悪いことから世の”男性達”が近寄りがたいイメージがあるらしく、それも原因で今だにご結婚が出来ないと”ボヤいで”いるそうです。

二人共”未婚”で、しかも同じ”女優業”を歩んでおり、さらに”ルックス”が超”似ている”事から納得度「満点!」ですね!笑;


スポンサードリンク


◇ 伊藤歩さんがスワロウテイルで歌手に?

【実は!】伊藤歩さん!!↑でもご紹介した通り、以前にガールズロックバンド”Mean Machine(ミーン・マシーン)”のヴォーカリストとして歌手デビューも果たしております。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

↑上記では”結成”のきっかけの要因は「YUKI”さんや”CHARA”さんや、その他のメンバーも”昼ドラ世代”なので、昼ドラで話題を呼んだ「昼顔」で”不倫役”を見事に演じた伊藤歩さんに”白羽の矢”が放たれた!」と勝手な”妄想”でご紹介させて頂きました。笑;

しかし正確な所は、伊藤歩さんが自身初の”ヌー〇シーン”を披露して話題を呼んだ映画”スワロウテイル”に登場した”架空のバンド”YEN TOWN BAND”が現実化され「メジャーデビュー」を果たしました。

映画の中でロックバンド”YEN TOWN BAND”のヴォーカルを務めていたのがミュージシャンの「CHARA」さんですが、後にこれがきっかで”CHARA”さんが発起人となり「Mean Machine」が結成される事となります。

現実化されたロックバンド”YEN TOWN BAND”は、映画の大ヒットと共にバンドの人気も上々でデビュー曲「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」はオリコンチャートで一位を獲得する程の人気ぶりでした。





その後”目立った”活動は行っていなかったのですが2015年に新曲”アイノネ”を約20年ぶりに
“復活”リリースされました。




当時、この映画に「身を張って」出演し話題を呼んだ”当事者”の伊藤歩さんに本当の意味で 「白羽の矢」が立てられ、その”独特の声”が評価されて、バンド”Mean Machine”にヴォーカ リストとして迎い入れられたのです。

今まで”女優業”の経験しかなく”人前で歌うこと”など以ての外な伊藤歩さんでしたので、初めて経験するロックバンド!しかも”メインヴォーカリスト”の大役を任せられたのでドキドキ&ウキウキしたそうです。

そしてこのガールズロックバンドでリリースした”1st”シングルは”スーハー”です。


スポンサードリンク


◇ 伊藤歩さんのプロフィール

本名
伊藤 歩
読み
いとう あゆみ
生年月日
1980年4月14日
仕事
女優
出身地
東京都
所属事務所
セブンス・アヴェニュー
血液型
A型