小学校低学年(三年生)の時に、芸能界で「子役デビュー」を飾り!テレビドラマを中心に、数多くの作品に出演されてご活躍中の!”ハスキーボイス”が特徴的な女優の「伊藤沙莉」さん。

何やら?最近、同じ”子役出身”の女優であり!2005年から日本テレビ系列で放送されていたテレビドラマ「女王の教室」で”共演”を果たし、大きな話題を呼んだ女優の「福田麻由子」さんと!久々の”再演”を果たす事となり、注目を集めているご様子です。


引用元【ツイッター(リアルサウンド映画部 )】

日本の芸能界で、”子役”と言えば「安達祐実」さん「芦田愛菜」さん「間下このみ」さん「鈴木福」君【さらに!】”中堅クラス”だと「えなりかずき」氏「坂上忍」氏「ウエンツ瑛士」氏「宮崎あおい」さん…などが、直ぐに頭に思い浮かびます。

但し、この中でも”名子役”として注目を集め「現役で活躍されている俳優」と言えば限られて来ますが、今でも”女優”として活躍中の一人として「伊藤沙莉」さんも含まれることでしょう。


引用元【インスタグラム(itosairi)】

伊藤沙莉さんと言えば、”子役出身”の女優として有名であり!現在は”25歳”になられ、最近では「大人の魅力を醸し出し始めている」として、業界や根強いファンたちの間で注目を集めているそうです。

但し、長い”芸歴”を持ちながらも!生まれつの”童顔(ベビーフェース)”であるために、中々”見た目”の「印象」と演じる”役”の「演技力」との”ギャップ”に悩まされているらしく!演じる「役所の幅」を広げるのに苦労されているそうです。

なので、今後の”課題”として「大人の魅力の表現方法」あるいは「役者としての”幅”の広め方」が注目されるところですが、その意味でも!最近、特に気にある女優の伊藤沙莉について、紐解いて行きます。



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 兄がお笑い芸人とは?
・ 韓国のハーフ説とは?
・ 獣道で大人とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


伊藤沙莉さんは1994年5月4日生まれの25歳(2020年)で、ご出身は「千葉県」です。

ご出身の”千葉県”にあるご自宅で、ご両親と兄と姉の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、伊藤沙莉さんも(千葉県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の千葉県にある”市立みつわ台北小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”兄と姉”が居り、ご自身は「次女」として生まれ育ったご様子です。

幼い頃から、近所でも評判の”可愛らしい少女”であり!”性格”も明るく「元気な子供」として、親しまれていたそうです。

また、”兄妹”の中には「一人兄」が居り!後に、同じように「芸能界で活動」する事となりますが、当時から相当「仲の良い兄妹」として、知られていたようです。

ちなみに、その”兄”とは!吉本興業所属のお笑いコンビ「オズワルド」でツッコミを担当している「伊藤俊介」氏であり、もう一人の兄妹である”姉”とは!”OL”を行っている一般女性の「しおり」さんと呼ばれている女性です。

幼少期(三歳)の頃から、”ダンス”のレッスンに通っていたらしく!”小柄”で軽快な動きが得意であったことから、”スクール内”でも相当!トップクラスの実力であり、”年齢”を重ねる毎にレベルアップしていたそうです。

【すると!】ご自身”9歳”の時に、”ハローキティ”でお馴染み「株式会社サンリオ」が開催していたダンス大会の”キッズ部門”で【なんと!】”優勝”するほどの実力の持ち主でした。

また、その際に!”ダンス”のコンテストにも関わらず、他の”オーディション”も実施されていたらしく!その中に「子役のオーディション」も含まれており、非常に”珍しいケース”であったことから「お芝居にも興味を抱いた」ことを、後に語っております。

その”縁(キッカケ)”もあり、ご自身”9歳”の時から「子役としての芸能デビュー」を飾り!元々「前向きな考え方(性格)」であったことから、小学校の放課後は”ダンス”と”役者”のレッスンに励んでいたそうです。

ちなみに、ご自身初となる「芸能界デビュー」を飾った”作品”とは、日本テレビ系列で放送されていたテレビドラマ「14ヶ月~妻が子供に還っていく~」であり、ドラマ”初出演”にも関わらず!生まれ持った”ハスキーヴォイス”に注目が集まり!”子役”でありながら大きな話題を呼んだのです。


引用元【ツイッター(狼ちゃん???? ??MIDZY )】

なので、小学校時代から既に”芸能活動”を行っていた関係で!学校の”学業”やダンスの”レッスン”【さらに!】演劇などを熟していたことから、あまり「友達が多い方では無かった」とのことです。

但し、元々「前向きな考え方(性格)」であり!”引っ込み思案”な性格では無く「積極的に進むタイプ(リーダー気質)」でもあったことから!どちらかと言うと、”アウトドア派”であり!外で「駆け回って遊ぶタイプの少女」であった模様です。

なので、周りの生徒たちも!”芸能人”であることを理解しつつも、”明るい”タイプの少女であったことから!遠慮なく「イジられていた」そうです。

【すると!】その”気質(性格)”を、大人たちは見抜いていたのか?”オファー”を受ける仕事は「ヤンチャな子役」が非常に多く!2005年にフジテレビ系列で放送されたドラマ「みんな昔は子供だった」では、垢抜けた”若槻モモ”役!同年7月から日本テレビ系列で放送されたドラマ「女王の教室」では、主人公を演じた「志田未来」さんをイジメた”田中桃”役などを得じて注目を集めました。


引用元【ツイッター(兎夢??? )】

「芸能界デビュー」を飾った小学時代を終えると、中学校も地元の千葉県にある”市立みつわ台中学校”にご入学されました。

【実は!】以前の”ネット界”では、伊藤沙莉さんの”出身地”を!地元の千葉県にある「蘇我」と伝えられ、そちらの「学校に通っていた」と思われたていたのですが、”ご自身”が直接「誤りであること」を!公式SNS(ツイッター)で告げたことから見直されたのです。


引用元【ツイッター(伊藤沙莉 )】

恐らく、ご自身が2016年に”主演”を務めたオムニバス映画「全員、片想い」のオープニングイベントが開催されたのが千葉県の「蘇我」であったことから、そちらと”勘違い”したファンが大勢!居たのでしょう。

中学校時代に入っても、”芸能”と”学業”の両立を行いながら「文芸両道」を熟し!忙しい毎日を送っていたそうです。

なので、恐らく!多忙であったことから、学校の”部活動”などには「入部していなかった」と思われいます。

その証拠に、中学生時代に入ると!”単発出演”ではあるモノの、急激に”テレビドラマ”の仕事が増えだし【さらに!】小学校の終わり頃からは、”映画三本”へも出演を果たしていたことから!徐々に”役者”としての「頭角」を表し始めていたのです。

【ところが!】その”忙しい姿”とは裏腹に、通っていた中学校では「売れない子役…など」と”馬鹿”にされ!本当は、誰もが”多忙な中学生”と分かっていたにも関わらず!”触れる”ことすら拒まれる「売れっ子芸能人」とは一味違い、形の変わった「親しまれ方をされていた」ところを見ると!恐らく、”近寄り”やすい芸能人として「周から受け入れられていた」のでしょう。

ある意味で、その”存在感”は!ご自身の”演技”にも反映されており、その「親しまれ易いキャラクター」であるが故に!その当時の”話題作”や”人気番組”から、多くのオファーが絶えなかったのでしょう。

芸能活動が、なお一層!多忙となった中学時代を終えると、高校も地元の千葉県にある”県立若松高校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

【実は!】ご出身の”高等学校”も、当初は”未公開”とされていたのですが!”一人姉”である「しおり」さんのブログの記事や、”一人兄”である芸人の「伊藤俊介」氏の”母校”が「同校である」ことから!判明されたのです。

高校時代に入ると、”仕事(芸能活動)”と”学校生活”の両立に慣れたことや!思うように「売れなかった(ブレイクを果たせずに居た)」ことも重なり、学校生活を”有意義”に過ごしていたようです。

なので、その頃までの”体験”が!今でも引き続いているらしく、現在の”趣味”は「カラオケ」で”特技”は、幼少期の頃から”才能”を発揮していた「ダンス」と語っております。

また、その当時から!好きな食べものは”タバスコ”らしく、どんな料理にも!たくさんの”タバスコ”をかけてから食べるらしく、そのため!常に”持参”している程の「無類のタバスコ好き」とのことです。

“有意義”な高校生活を送っていたことや、通っていた高校が「部活動の多い高校」でもあったことから、”部活動”に入部をされていた可能性も考えられますが!詳しいことは分かっておりません。

一方の、”低迷期”を向かえていた芸能活動では!女優の「天海祐希」さんが”主演”を務めていたテレビドラマ「BOSS」や、”サイコ・ホラー”のワードを世に広めて注目を集めた映画「悪の教典」などに出演をされて、徐々に!”子役時代”の面影が薄れ始めて「大人の役所」が目立ち始めます。


引用元【ツイッター(Gmeni )】

”有意義”に過ごした高校時代を終えると、大学には進学せずに”社会人”となり!芸能活動に”専念”するようになります。

その後は、過去に放送された”学園ドラマ”の中でも人気が高く!今でも”ファン”が多いドラマ「GTO」や、若者の”リアル”な恋愛事情をドラマチックに描いた番組であり!残念ながら、現在は”放送取り止め”となった「テラスハウス」のスタッフが制作を手掛けたドラマ「トランジットガールズ」への出演【さらに!】NHKの冠番組である”連続テレビ小説”の中で放送されたドラマ「ひよっこ」などに出演を果たして、人気を集めて行きます。

2017年度公開の映画「獣道」では、今まで見せたことの無い”演技”や”個性”【さらに!】”役作り”に挑戦をされて!初めて見せた「ヤンキー姿」では、今までの伊藤沙莉さんの”イメージ”を一新させる程の「度肝を抜く演技」で、映画ファンやご自身のファンたちから!注目を集めたのです。


引用元【ツイッター(須賀健太 )】

その後も、人気作品や話題作などに出演をされながら!着実に「女優のキャリア」を積み重ねて、いつの日か「大ブレイクする日」を、待ち望んでいることでしょう。


スポンサードリンク


◇ 兄がお笑い芸人とは?


【実は!】伊藤沙莉さんには”一人兄”が居り!その人物とは、吉本興業所属のお笑いコンビ「オズワルド」でツッコミを担当している「伊藤俊介」氏なのです。


引用元【インスタグラム(itosairi)】

当初は、二人の関係を”内密”にされていたらしく!一部の関係者しか知らない情報ではあったモノの、最近になって!ご自身たちの口から「兄妹であることを明らかにされた」ことから、世に知れ渡ったのです。

【さらに!】”身内(兄妹)”ではあるモノの【なんと!】「同居生活をしていた」ことも、明らかにされて!一部の伊藤沙莉ファンは「衝撃の事実を知らされた形」となったご様子です。

なので、その意味では!伊藤沙莉さんがたまに見せる「おもしろ発言や天然ぽい姿」は、自宅に居る”兄”と「練習をしていた」可能性が否めず!恐らく、お笑いの”センス”は「兄譲り」と言えるのでしょう。

ちなみに、二人の”ダブルショット”を見たネット住民たちからは「似ている・メガネが似合う・顔が小さい・まさに兄妹…など」の感想が、数多く寄せられておりますが!確かに、二人並ぶと「顔の輪郭や鼻筋」あるいは「目の離れ具合や耳の大きさ」などがソックリであることを理解できます。

また、この”兄と妹の間”には!もう一人「女性の兄姉」が居り、伊藤沙莉さんから見て「姉」ですが!こちらは、”一般人”の会社員であるため!堂々と”表舞台”に登場する女性では無いモノの、以前に”テレビ出演”をされたことがあり、名前が「しおり」さんと呼ばれているそうです。


スポンサードリンク


◇ 韓国のハーフ説とは?


伊藤沙莉さんの”家族関係”は、”兄”が芸能界で活動(芸人)をしていることや、”姉”もテレビ出演の経験があることから「兄姉関係」については、それなりに分かっている部分が多いモノの、”両親”の情報が少ないために「家庭事情」などは、ハッキリと分かっておりません。

【ところが!】一部のファンたちの間で、ある”ツイッター”の投稿から!伊藤沙莉さんに対して「韓国人ハーフ説」が、”噂”されるようになったのです。

もちろん、”見た目”の印象では!典型的な”童顔”の「日本人」にしか見えないのですが、なぜ?伊藤沙莉さんに「韓国人ハーフ説」が浮上したのでしょうか?


引用元【インスタグラム(itosairi)】

“韓国人女性”と聞くと、誰もが最初に頭に浮かぶ”ワード”とは「整形」であり!ほとんどの”若い”韓国女性は整形していると言われております。

何故なら【なんと!】”親”が公認の上で、本人の”誕生日”に!大なり小なりの「整形手術をプレゼントしている」そうです。

なので、ほとんどの若い女性たちは!”お肌”が綺麗であり、その意味では”伊藤沙莉”さんも”ベビーフェイス”であるが故に!肌質が”艶々”で、”純白”の「透き通ったお肌」をしていることから!韓国人女性と間違われてもおかしくはありません。

また、”輪郭”がタマゴ型であり!若干、”目”も離れている部分を見ると【なお一層!】韓国人女性の”面影”を感じさせます。

なので、”ルックス”の面から見ると「生粋の日本人」とは言えない部分があり【さらに!】冒頭でも触れた通り!ご自身の”ある”ツイッターで「韓国人と関りがあるらしき記事」を投稿されたことがあったのです。


引用元【ツイッター(伊藤沙莉 )】

これは、タレントの「橋本萌花」さんと呟きあった時のモノですが、コメントの中で薄っすら「韓国人の血が含まれている…」的な、内容を伝えたのです。↓↓↓

うっっっっっっっすらですよwww、韓国語話せないどころか日本から出たこともありません

もちろん、今だに”真相”が明らかにされておらず!この時は”ノリ”で答えた可能性も否めません。

但し、もし”韓国人”の血が流れているとしたら!当然、”ご両親”?あるいは”親族”に「韓国人が居るはず」であり、”血液”が薄かろうが!濃かろうが!”兄姉”揃って「ハーフ」となる訳です。

恐らく、伊藤沙莉の”本名”から見る限り!父方の”名字”である「伊藤」は、日本に広く分布されていることから!”日本人”である可能性が高く【寧ろ!】”母親”の血統の中に、何らかの”韓国”と「深い関係のある人物」が居る可能性が高いでしょう。

いずれにしても、家族の誰かが!今以上に”有名”となり「ブレイク」を果たすことができれば、詳しい情報が伝わって来ることでしょう。


スポンサードリンク


◇ 獣道で大人とは?


伊藤沙莉さんが「女優デビュー」を飾ったのは、2003年に日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ「14ヶ月~妻が子供に還っていく~」に出演されたことからでした。

当時は、まだ”9歳”と言う年齢でありながら!初ドラマにも関わらず、堂々とした”演技”を披露されて!難しい”役所”ではあったモノの、その分!多くの注目を集めたのです。

年齢を重ねると共に、数々のテレビドラマや映画に出演されて!徐々に”知名度”を広めて”人気”を集め、最近では”ドラマ”と無関係の”バラエティー番組”などにも出演される様になり!作品の”番宣役”なども務めるように育ち、それがキッカケで!トーク番組などへも出演されて、個人の”アピール場”も開拓中のご様子です。

その中で、2017年に公開された映画「獣道」では!主役の「愛衣」役に起用され、今までにお目見えすることが無かった「変わったキャラクター」を演じて、公開前から多くの話題を誘いました。

この映画では、基本的に”ヤンキー役”を演じており!ストーリーの流れから「ヌー〇」に挑戦する場面があり、”女優デビュー”以来!自身初となる「上半身の裸姿」を披露されて、大きな話題となったのです。

つまり、”子役”出身の伊藤沙莉さんにとって!長い”女優人生”の中で、ようやく「大人の女優の仲間入り」を果たした”一作”と言えます。

この映画では、幼い頃から”仏教施設”で育てられ!”世間”を全く知らない主人公が、”表の世界”を知ったことによる「葛藤を描いた映画」であり!”実話”をベースに作られた映画として、大きな話題を呼んでいたのです。

主人公の”少女”が、”表の世界”を知った後のストーリを細かく描いており!”ヤンキー少女”から”デリヘル嬢”【さらに!】”AV女優”へと、”変貌”を遂げて行く姿を”ブラックコメディー”を含めて描いた作品であり、今までの伊藤沙莉さんの「素朴なイメージ」を!”根底”から覆したシーンが、数多く収められており!根強いファンたちにとっては、相当!「衝撃的な作品」となったはずです。

但し、ご自身としては!撮影前に「ヌー〇になる約束はしていなかった」らしく!その”シーン”を撮影する間際に、監督から伝えられたモノであり!その時に「脱ぐ意味!」だとか「下着じゃダメなのか?」などを、自問自答していたらしく!その意味では、その時のスタッフに見せた「肝が座っていなかった姿」に対して、映画撮影後に「後悔の念」を抱いたそうです。

なので、撮影後に語ったコメントによると!自身の”女優生活”の中で、今まで以上に「全力でぶつかった本当に大事な作品」と語られております。


引用元【ツイッター(Zenzo Movie )】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビドラマ

・ 2003年に、読売テレビ系列で放送された番組”14ヶ月?妻が子供に還っていく?”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ちづさんじゅうななさい )】

◇ CM

・ 2003年に、”小学館”が手がけた企業CM”英会話スクール ?ダンス篇?”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ DVD

・ 2004年に、”DVDシネマ”が手がけた作品”恋愛白書”がリリースされ「DVDデビュー」を飾ります。

◇ PV

・ 2004年に、”SweetS”が手がけた作品”Sky”がリリースされ「PVデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(狼ちゃん???? ??MIDZY )】

◇ テレビ番組

・ 2005年に、TBS系列で放送された番組”クイズ!日本語王”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ 映画

・ 2006年に、”バイオタイド”によって公開された映画”イヌゴエ 幸せの肉球”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

◇ 舞台

・ 2010年に、”エイベックス”によって公開された舞台”東京俳優市場2010年夏”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

◇ ラジオ

・ 2018年に、”JFN”局が放送した番組”伊藤沙莉のsaireek channel”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(稲葉友 )】

◇ ネットドラマ

・ 2019年に、Netflix系列で放送された番組”全裸監督”に出演され「ネットドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(タカギケイジ )】

◇ 吹き替え

・ 2019年に、”ユニバーサル・ピクチャーズ”が制作した作品”ペット2″に出演され「吹き替えデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(映画.com )】

◇ アニメ映画

・ 2020年に、NHK系列で放送された番組”映像研には手を出すな!”に出演され「アニメ映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ポッカリすん@ナイチンゲールは水中で呼吸する )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
伊藤 沙莉
読み
いとう さいり
生年月日
1994年5月4日
仕事
女優
出身地
千葉県
所属事務所
アルファエージェンシー
血液型
A型