超「個性派」女優で、2013年に「吉田良子」監督が手掛けた映画「受難」で世の男性達の
「度肝を」抜いた「岩佐真悠子」さんが、久しぶりに?日本テレビ系列で放送されている
バラエティー番組に出演し話題になっています。

 


引用【サイト(ザ・テレビジョン)】

 

「岩佐真悠子」さんは今までに数多くのテレビドラマ・映画などに出演されており、
「主演」や「ヒロイン」に抜擢されることも多く、昔は超美人女優として人気を
博しておりました。

さらにルックスやスタイルも抜群で、当時のスリーサイズは「B83・W58・H86」と
噂れていて胸に限ってはDカップの「ダイナマイトボディー」等と言われていたものです。

また「表情」や「語り口」から悪女とか女王、さらにヤンキ~とかスケバンなどのワードが
似合う女性で「個性」を売りにした女優として有名でした。

最近、テレビ番組や映画などの公の場で見かけるシーンがなかったので芸能界を
引退したのか?と心配をしていましたが、日本テレビ系列で放送されているバラエティー番組
「有吉反省会スペシャル」に出演したらしく、自身のSNSで告知したようです。

 


引用【ツイッター(岩佐 真悠子)】

 

私の中での「岩佐真悠子」さんと言えば、世の男性の度肝を抜いた映画「受難」での主演
「姫野カオルコ」役が非常に印象的ですが、テレビドラマでも「LIAR GAME」や「のだめ
カンタービレ」での人気作品で活躍されていたことも記憶に新しいところです。

 


引用【ツイッター(BiBi)】

 

いずれも「脇役」でしたが、個性ある演技で作品を盛り上げていましたね!

久しぶりに「岩佐真悠子」さんを拝見したのでプライベート情報など勉強してみました。

 

スポンサードリンク

 

◇ 岩佐真悠子さんの経歴は?

 

「岩佐真悠子」さんは2003年に若者の街「渋谷」を「歩」いている時にスカウトされ
それがきっかけで芸能界へと「足」を入れました。

芸能界入りを果たした同年には「週刊マンガ」でおなじみの「講談社」が毎年開催している
「ミスコン」で2003年のグランプリに輝いた経歴があります。

 


引用【サイト(eltha)】

 

当時は「魔性的雰囲気」のある女性としてグラビア雑誌などのメディアから「引っ張りダコ」
だったらしく「女優」業を進める各社担当者が多かったそうです。

翌年には周りの関係者の希望通り「女優」としてデビューを果たし、テレビ東京系列で
放送されていた女子高生を中心に人気があったドラマ「Deep Love」に出演していました。

その後も「個性的なキャラ」を生かし数々のテレビドラマ・映画などに出演し、主役・
ヒロイン・脇役などマルチな役柄を熟し女性達を中心にファンを拡大させていました。

なぜ女性達のファンが多かったのか?と言うとルックスやファッションなどの「見た目」は
男性にウケていたのですが「口の悪さ」や「生意気な態度」や「毒舌」などが自身の
「キャラ」だっただけに「男性」よりも「女性」達にウケていました。

ただ私個人的には2007年にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ「花ざかりの君たちへ
~イケメン♂パラダイス~」に「花屋敷ひばり」役として出演した際の「セーラー服」姿の
女子学生を見た時、心が高ぶったことを今でも覚えています。

 


引用【ブログ(エントピ)】

 

「岩佐真悠子」さんのビュジュアルはこの時期が一番「全盛期」だと、よく巷で噂されて
いました。

さらにそれを裏付けるかのようにこの年、超大ヒットしたテレビドラマ「LIAR GAME」に
出演されているし、前年にも「ピアノブーム」を生んだ連続テレビドラマ「のだめ
カンタービレ」にも出演されています。

その後も順調にテレビドラマ・映画・舞台などに出演し「女優」としての「岩佐真悠子」を
確立して行きますが、彼女の独特な「個性」に注目が集まる中、バラエティー番組などにも
呼ばれるようになり「自由奔放ぶり」「毒舌」「歯に着せないトーク」などがウケけ、
「タレント」としての活動も増えていましたね。

 


引用【サイト(RaKuTenTV)】

 

そして世の男性を虜にした映画作品「受難」に出演し、主演「姫野カオルコ」役を
見事に演じ「第23回日本映画プロフェッショナル大賞新進女優賞」を獲得し、
2014年の芸能界を大きく盛り上げていました。

 

この映画は女性の「性」を使って面白おかしく描いた「R15+」指定の映画で、
昔から小物~大物女優までが最も嫌う作品の一つ「性」にまつわる映画で、メガホンと
撮った「吉田良子」監督曰く、主役のフランチェス子役を演じる女優が見つからず
困っていたそうです。

確かにこの映画の売りの一つ「女性の大切な所に人面瘡のおじさん」が突如登場し、
おじさんとのやり取りを楽しむ映画だったので、モロに女性の大切な部分を「強調」する
内容だったので「性物」を機嫌いしている女優達をキャストに迎えるのは相当困難だったと
容易に予想できます。

そんな中、超個性的女優だった「岩佐真悠子」さんにお願いしたところ、喜んで手を
上げてくれたそうです。

しかも作品内では「フルヌード」にも挑戦し、裸で走るシーンなどはまさに世の男性達や
ヲタク達の心を鷲掴みしていました。

今までは「グラビアモデル」として世の男性達を喜ばして来ましたが、そのグラビア時代に
隠れていた「真悠子お嬢」の大切な部分を思い切って披露したことで、当時からのファン達に
とっては週刊誌の「袋とじ」を開く際のドキドキ感を味わっていたのではないでしょうか?

常に予想外の「驚き」と女優とは思えない行動をとる「斬新さ」、たまに見せる「美しさ」で
視聴者やファンを飽きさせない「キャラ」として今に至っています。

 


引用【インスタグラム(mayuko.iwasa)】

 

スポンサードリンク

 

◇ 岩佐真悠子さんの結婚相手とは?

 

「岩佐真悠子」さんは現在32歳(2019年)の「結婚適齢期」では御座いますが、
今だに未婚者です。

「岩佐真悠子」さんほどの美女ならば既に結婚していてもおかしくない年齢なのですが、
やはり「性格」的な部分が影響してか?彼氏ができないのかもですね。

あるいはご自身の「理想」があまりにも高過ぎるのでしょうか?確かに「大物」と言われても
良い程女優として活躍されているし、最近ではバラエティー番組などにも頻繁に出演されて
いるようで、ファン層もかなり変わってきていると言われております。

そんな芸能界の悪女的存在の「岩佐真悠子」さんの心を掴む男性が、そんな簡単に
現れることがないのでしょうね?

ただ顔のパーツや輪郭、さらにはヘアースタイルなどから見て「可愛い」の部類には入らず
「綺麗」の部類なので、男性側から見て「可愛い女性」を好むタイプからは除外されると
思うので、それも彼氏のできない理由の一つかも知れないです。

しかし唯一過去に噂された男性が二人いまして、一人は↓↓↓

引用【サイト(劇団青年座映画放送部公式)】

 

俳優の「窪塚 俊介」氏です。

「窪塚俊介」氏は同じく俳優「窪塚洋介」氏の弟で、さらに三男はレゲエミュージシャンの
「RUEED」です。

二人の関係は2011年2月に世田谷区にある民営劇場「本多劇場」にて公開された舞台
「西荻の会」で共演したことがきっかけで交際に至ったとして話題になっていました。

しかし「半同棲」するまでの仲になっていたそうで、見た目とは裏腹に「真悠子」さんには
「結婚願望」があったらしく「半同棲」生活をしているのだから堂々とオープンな形での
付き合いを望んでいたのに、「窪塚俊介」氏はそれを望まず「密会」での付き合いを
続けたいと願ったらしく、それに激怒した「真悠子」さんから別れを告げられたそうです。

当時はメディアや週刊誌などで何度も取り上げられ「交際の事実」が明らかだったのにも
関わらず「窪塚俊介」氏の考えでは「結婚する女性」として眼中になかったらしく、
元から性格がキツく強気な態度が魅力的だった「真悠子」さんなのですから、結婚に対し
ハッキリしなかった「窪塚俊介」氏が小っちゃく見えたのでしょう!

 

次に噂された人物は「一般男性」だったようで約2年近く交際していたと言われています。

こちらの男性も「同棲」していたらしいのですが仕事が「外資系サラリーマン」だったそうで
お互いの時間が合わず、すれ違いの性格だったことに気づき結婚までに至らなかったそうです。

メディアのインタビューにはこのように伝えています↓↓↓

「やはり仕事と家庭?の両立は難しく、またサラリーマンの彼の生活に合わせる事に限界を感じまして。」と説明し

テレビでも「(元彼は)ちょっと口うるさくて、私が酒を飲みに行くのを文句言うので」と破局原因について触れていたが、ブログでも「飲みの席も(※自分にとっては)仕事っちゃー仕事なんです。

そしてストレス解消必要なんです。」と補足。

 

スポンサードリンク

 

◇ 岩佐真悠子さんが劣化した?

 

女優特有の叩かれ方に「劣化した」とか「劣化する」などが伝わることがありますが、
やはり「顔」を売りにしている職業が「女優」であり、不特定多数の方から見られることが
仕事でもあるので、お顔に少しでも「変化」が見られると直ぐにネットで騒がれるのが
今の時代ですよね!

岩佐真悠子さんも例外ではなく若い頃は↓↓↓

 

若い頃はお肌の艶が良く、バリバリの「ダイナマイトボディー」で世の男性から
支持されていました。

さらに「お淑やか」な部分もあって↓↓↓

引用【ブログ(毒女ニュース)】

 

舞台挨拶時でしょうか?ちょっと「真ん丸」なお顔立ちで少し緊張しているようにも
見えますね。

25歳を超えた頃からは↓↓↓

引用【サイト(NAVERまとめ)】

 

女優の「貫禄」がMAXに達しているように見えます。
お肌の衰えが見え始める年齢でしょうが見事な「お化粧」ノリを見せていますね!

最近では↓↓↓

引用【インスタグラム(mayuko.iwasa)】

 

釣りが趣味なのでしょうか?SNSには「釣り」に行きいっぱい魚をゲットしている写真が
多数掲載されています。

これを見る限りお肌が「劣化」しているようには見えませんよね!

もしかしたら「岩佐真悠子」は劣化しない女優なのでしょうか!?

たまに「日光」を浴びているようなのでメラニン色素の活性化が図られているのでは?

 

スポンサードリンク

 

◇ 岩佐真悠子さんは元ヤンキ~なの?

 

「岩佐真悠子」さんから切っても切れない噂となっているのが「元ヤン説」ですが、
正確なところは分っていません。

 


引用【インスタグラム(mayuko.iwasa)】

 

しかし以前、メディアの質問に対し「自身は昔からヤンチャだった」と語ったことが
ありましたので「ヤンキ~」まではいかないものの相当小さい頃から「暴れ者」だった事が
明らかですね。

さらに小学生時代には兄としょっちゅ「ケンカ」していたらしく、殴り合いのケンカに
なることもあったそうです。

また学校でも生活態度が非常に悪かったらしく、先生を教室に入れまいと段ボールで窓・
入口などを囲いイタズラをしていたそうです。

なので、もしかしたら「野外のヤンキ~」ではなく「室内のヤンキ~」だった可能性が
極めて高いと思われいます。

 

 

■ 岩佐真悠子プロフィール

本名
岩佐真悠子
読み
いわさ まゆこ
生年月日
1987年2月24日
仕事
女優・タレント
出身地
東京都練馬区
所属事務所
プラチナムプロダクション
血液型
A型

 

スポンサードリンク