日本の”俳優界”では「ベテランの域」に達している、主に”映画”でお活躍中の「超個性派女優」として有名であり、役者でありながら映画館の”モギリ活動”を行う!ちょっと変わった役者の「片桐はいり」さん。

何やら?世界で”猛威”を振るっている、新型コロナウイルスの”感染予防”のため!不要不急の外出自粛で仕事が激減する最中、「自宅での過ごし方」を”メディア”に公開されて話題を呼んでいるご様子です。



引用【ツイッター(片桐はいり)】

“外出自粛”を余儀なくされる以前は!積極的にメディア出演の活動を盛んにされており、人気バラエティー番組に出演された時には、”謎”に包まれた「プライベートシーンや特技」あるいは、独特な「髪型の秘密」などを語られ、普段では知ることの出来ない”情報”を公開されたとして!注目を浴びていたのです。

芸能界デビューを飾った頃から、主に”映画”や”舞台”でのご活躍が多かった女優さんだけに!”私生活”の表情が見えない女優として、その「謎に隠されたベール」には!いつも大きな話題を呼んでおりました。

その中で「不要不急の外出自粛」の影響で、知られざる「私生活での様子」を語られたとして、多くの映画・舞台”ファン”や昔からの”根強いファン”たちの間で注目を集めたご様子です。

そんな「謎多き女優」の”片桐はいり”さんについて、紐解いて行きます。



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 結婚願望とは?
・ 弟の片桐仁とは?
・ 元彼は向井理?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


片桐はいりさんは1963年1月18日生まれの57歳(2020年)で、ご出身は「東京都」です。

ご出身の”東京都”にあるご自宅で、ご両親と弟の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、片桐はいりさんも(東京都)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の東京都にある”大田区立山王小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”一歳年下の弟”が居り、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

“父親”は普通の「一般サラリーマン」でしたが、母方の”実家”が相当な!”富裕層”であったらしく、自宅の”外観”が「お寺風の造りであった」ことから、非常に”頑丈”な建物で!”関東大震災”が発生した時にも「耐え伸びたご実家」とのことです。

なので、毎回”食事時”になれば!優雅な”バックミュージック”を聞きながらの”食卓”であった模様で【まさに!】当時の”富裕層”にありがちな「高級志向の食事」を経験されていたそうです。

【しかも!】自宅の”母屋”には【かなり!】「古い蔵」があるらしく、幼い頃から非常に気に掛けていたご様子です。

今ではご自身の”持ち味”になっている「お顔のエラ」は、幼い頃から”目立っていた”ことで相当!周りの少年たちから”からかわれていた”らしく、それが原因で「捻くれた性格となった」とのことです。

但し、幼い頃に視聴した映画「ローマの休日」で”主演”を務めていた「オードリー・ヘップバーン」を見た時に!自身と同じ様に”エラ”が張っている!と思い込み「親近感を覚えた」ことから、映画に興味を持ち始めたそうです。

また、幼稚園時代には!地元の”上野”にある東京文化会館で行われていた”クラシックバレエ”の「白鳥の湖」を見た時に、あまりの”感動”から「バレエの虜となった」と、後に語っております。

小学校の頃には、【唯一!】の”姉弟”である「頭の良かった弟」と!非常に”仲”が悪かったらしく、家族から愛されていた弟に「嫉妬心を抱いていた」ことが原因のようです。

何かと”弟”と「比較される」ことが多かった小学時代を終えると、中学校も地元の東京都にある”香蘭女学校中等科”にご入学されました。

この中学校は”中高一貫教育”の「カトリック系」の女子校であるため、後は”内部審査”のみで高校まで「進学(進級)」されております。

中学校に入ると”制服”を着る機会に恵まれたことから、その中でも「半袖」が大のお気に入りで!高校時代を含めて「冬でも半袖を着ていた」そうです。

また、中学校一年生の頃から「大のマンガ好き」であったことから、”アルプスの少女ハイジ”や”サザエさん”などの作品を好んでいたご様子です。

特に”アルプスの少女ハイジ”には相当!ハマっていたらしく、”テレビマンガ”から曲がれていた「主題歌」を、毎日のように”口ずさんで”居たことから!いつの間にか”あだ名”を「ハイリ」と名付けられたそうです。

【実は!】お察しの通り!この時の”あだ名”が、後の「芸名」となる訳です。

ご自身でも【かなり!】”ハイリ”のあだ名が、お気に入りであったらしく【なんと!】”本名”である「ゆみ」では無く!テストの氏名に「片桐ハイリ」と記入していたそうです(笑;)。

ちなみに、”サザエさん”も大好きであったことから!原作者である「故・長谷川町子」先生のご自宅に伺って”サイン”を貰った経験があるそうです。

”マンガ好き”の中学時代を終えると、高校も地元の東京都にある「中学校と一貫校」の”香蘭女学校高等科”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「女子校」で、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

“創立”が相当!古いため、都内でも「歴史ある学校」として有名ですが、”キリスト教”を重んじていることから「カトリック系の女子校」です。

また、”完全”一貫教育のため!高校入学時は「外からの一般入試」は行っておりません。

高校時代の片桐はいりさんは【かなり!】”長身”であったことから、”バスケットボール部”に入部されて、青春の汗を流していたようです。

【ところが!】元々「運動オンチ」であり、”体育”が「とても苦手」であったらしく!生まれ持った”長身”を、活かせずにいたそうです。

なので、バスケ部の”顧問”から相当!”ダメ出し”を受けていた様で、練習中は”コート”から外されて「パス回しの練習」を、主に行っていたそうです。

その時の経験から、”人と絡む”のが「苦手な気質(性格)」であることに気づき!”団体競技”には「不向きな性格(心理)」であることを”自覚”した模様です。

但し、人一倍!”演劇”が大好きな少女であったことから、毎年!催される”文化祭”などでは!決まって”舞台”に上がり「演技を披露していた」そうです。

なので、いちを!”都の出身”と言うことで、ご自身を”垢抜けた”「シティーガール」と思い込んでいたらしく、将来の夢は「役者になること」と、決めていたご様子です。



引用元【ブログ(なんJコレクション)】

高校時代を終えると、大学も地元の東京都にある”成蹊大学”の「文学部日本文学科」に進まれます。

この大学の卒業生には、”内閣総理大臣”の「安倍晋三」氏や、”直木賞作家”の「石田衣良」氏「井上荒野」氏「桐野夏生」氏「小池真理子」さん…などの、”著名人”を多く輩出している有名校です。

特に「小池真理子」さんと言えば”直木賞”以外にも、様々な”賞”で受賞されている”人気小説家”であり!2012年作の「無花果の森」では、国の”権威”ある「文部科学大臣賞」を受賞されております。

なので、この”作品”については!ご自身の中でも、”小説家”「冥利に尽きる作品」と言えるでしょう。

そんな素晴らしい”著名人”を、何人も発掘している大学で!片桐はいりさんは「演劇部」に所属されておりました。

大学時代は、”演劇部”で活動しながらアルバイトを行い!映画館や文化劇場での”受付”や、入場券の「モギリ」を行いながら、”小遣い稼ぎ”を行っていたご様子です。

但し、ご自身も”劇場”に「足を運んでいた関係」と、”大学時代”の「思い出づくり」のために!その当時あった劇団「ブリキの自発団」に”入団”をされて、演劇を行っていたのです。

・・・とは言っても、この時代は”本気”で「役者(女優)になること」を臨んでいたのではなく!”バイト”をしながら「普通に就職することを望んでいた」とのことです。

【ところが!】就職活動の最中、バイト先である”劇団”に「業界関係者」が訪れていたらしく!それがキッカケで、企業CMの「ミスタードーナツ」に出演することが決まり!”CMキャラクター”としての活動を、スタートさせます。

【すると!】独特な”個性”が話題を呼び、瞬く間に!注目を集めて「テレビドラマや映画に出るキッカケ」を掴んだのです。

「芸能界デビュー」を飾った大学時代を終えると、その後も”芸能界”に残り!少しずつ、”テレビCM”や”映画”の仕事に恵まれるようになり、並行するように「知名度」も広げて行きます。

特に、”映画”は!ご自身が生まれ持った独特の”個性”を活かすのに「相応しい場所」であり、様々な”役柄”を熟しつつ、数多くの作品から引っ張りダコにある”人気ぶり”を、発揮されておりました。

【さらに!】その”個性”は「ルックスや顔形」だけには留まらず!「話し方や考え方」までにも”個性”があることが分かると、各放送局の”トーク番組”や”バラエティー番組”からの「オファー」が、急激に増すようになたのです。

【すると!】”女優”としての魅力を見せ始めると「テレビドラマ」への出演数も多くなり、同じ女優の「小林聡美」さんや「もたいまさこ」さんとの”共演シーン”が、非常に多くなって行きます。

確かに、この”お三方”を見ると!全員「個性の塊」と言えるので、片桐はいりさんとしても「仲良しになり易かった」のでしょう。

なので、”必然的”に「出会うべくして出会った仲間」と呼べるのでしょう。



引用元【サイト(ORICON NEWS)】



引用元【サイト(ORICON NEWS)】


スポンサードリンク


◇ 結婚願望とは?


“片桐はいり”さんは、1963年1月生まれの「56歳」ですが、今までに「ご結婚歴」はありません。

つまり、ご周知の通り!”現役”の「独身女性」なのです。

昔から、”エラ”が特徴的な女性であるが故に【かなり!】「老け顔」に見られ易いのですが、”気質(性格)”が「物怖じしないハッキリとした口調で物申す女性」のイメージが強いことから、”一部の男性”の間では非常に人気が高く!ご結婚をされていてもおかしくない”女優さん”です。

但し、その分!”性格(心理)”が「キツイ面」があり、”仕事”や”プライベート”でも「かかあ天下の雰囲気」を醸し出していることから、よく伝えられる事として「離婚の一回二回は当たり前」とか「子供の一人や二人居ても不思議ではない…など」と、誤解する男性も多い様です。

そんな、謎多き女性の”片桐はいり”さんですが【実は!】意外にも、”結婚願望”については「真面目に考えている」らしく!以前、出演されたトーク番組では、今まで”生きていた中”で「一度は結婚をしておけば良かった…など」と、振り返ったのです。

その”トーク番組”とは、フジテレビ系列で放送されているバラエティー番組「ダウンタウンなう」であり、片桐はいりの「知られざる恋愛トーク!」等と”題”されて、放送されたのです。



引用【サイト(excite.ニュース)】

番組内では、MCを担当してた「浜田雅功」氏から!結婚の”チャンス”はあったんですか?等と尋ねられ、素直に「はい」と答えた上で「明確なのは一回だけ」と、少なくても”チャンス”があったことを暴露されたのです。

もちろん、その当時から!”ご自身”の中で「恋愛には興味があった」モノの、”共演者”への「淡い恋心」を抱いたり、以前から”好き”であった「ハリウッドスターへの恋心」が強かった!ために、僅かな”チャンス”を逃したようです。

なので、一般世間から見ると!片桐はいりさんが”自ら”「結婚を拒んでいた」ような”イメージ”を、持たれているのですが【実は!】”したくない”のではなくて「チャンスに恵まれなかった」との見解が正しく!今までに”結婚願望”が「無かった訳ではない」ことを、番組内で明らかにされたのです。

確かに、片桐はいりさんの”キャラクター的”には!ある意味では「近寄りがたい女性」の”雰囲気”を、醸し出している部分があることから、男性から見ると「声をかけるだけ無駄」と思い込まれていた可能性が否めないのです。

今の”男性たち”から見ると「美人や可愛い女性に傾く」傾向が低くなっていることから【寧ろ!】多少”ルックス”が悪くても、”個性的”で”貫禄”のある「男前の女性」の方がモテ傾向にあることから、ある意味では「今がチャンス到来」と言っても過言ではないのでしょう。

早く素敵な「人生のパートナー」に巡り合えることを、祈っております。


スポンサードリンク


◇ 弟の片桐仁とは?


片桐はいりさんには”一人弟”がおりますが、ズバリ!その”弟”とは、俳優で芸術家の「片桐仁」氏です・・・と言うのは”伝説”です(笑;)。


引用元【ツイッター(片桐仁なう )】

見た目からしても↑”似ている”とは程遠く!キャラ的な”雰囲気”は「同じ路線」のようにも感じますが、顔の”輪郭”や”パーツ類”からしても”似ている”とは言え難いです。

「片桐仁」氏とは、お笑いコンビ「ラーメンズ」の”ボケ担当”であり!”ツッコミ担当”の「小林賢太郎」氏と組んで活動している「お笑い芸人」なのです。

1996~7年頃にかけ、”舞台”を中心に活動を行っておりましたが!”人気”が上昇しないことから、今では「ピンでの活動」が目立つようになりました。

“舞台”での活動が多かったことから、中々「表舞台」で見かけることが少なく!”メジャー”での活動がほとんど無かったことから、”コンビ名”すら!知らない「お笑いファン」も多いようです。

【そこで!】元々、”芸術的才能”を秘めていた「片桐仁」氏が!独特な”才能”を披露するようになると、それなりに仕事のオファーが舞い込むようになり、その中で「役者に挑戦する機会」に恵まれたことから、”個性派俳優”としての活動を始めたことによって「人気が集まり始めた」のです。

なので、”個性派俳優”としての意味では、片桐はいりさんと「被るモノ」があり!その”観点”から「二人が姉弟では?」との憶測が、伝えられるようになったのです。

もちろん、片桐はいりさんの方が”芸歴が長い”ことは「誰もが知ること」なので!ネット界(SNS)で、”片桐仁”氏の方に「弟説」が浮上したのです。

【実は!】片桐はいりさんの”プロフィール”を拝見すると、”本当”に「弟が居ること」が明らかなので、その意味でも”信憑性”を増す「恰好の材料(餌食)」となったのです。

【さらに!】”苗字”が同じ「片桐」でもあり、親戚の中に”芸能人”が居たとしても「おかしくない話」と考えるのが世の常なので【さらに!】”弟説”に拍車がかかったのです。

しかし、二人の”出身地”を見る限り!片桐はいりさんは「東京都大田区」であり、一方の片桐仁氏は「埼玉県南埼玉郡」であることは明らかなので、たとえ!近隣同士の”出身地”でも「今れ育った環境」が違うのは明白なのです。

また、片桐はいりさんには”弟”が居るのは明らかですが!ご自身が書かれた”著書”な中に「グアテマラの弟」と言う書籍本があり!その中で、”弟”が「グアテマラのアンティグアで、日本人向けのスペイン語学校を経営している」と、ハッキリ書かれていることから!”片桐仁”氏とは、似ても似つかぬ弟であることが分かっているのです。

なので、恐らく!片桐はいりさんは、ご自身の”弟”を!ご自身”手”によって「紹介する」ことによって、その”噂”に「終止符を打つ意図があった」と考えても、おかしくありません。


引用元【ツイッター(丸善ジュンク堂書店【公式】 )】


スポンサードリンク


◇ 元彼は向井理?


片桐はいりさんの”芸能(女優)人生”で【唯一!】「色恋の話題」で盛り上がったことが!一度だけあります。

それが、”超イケメン”として人気の高い俳優の「向井理」氏です。



引用【サイト(HORI AGENCY)】

【実は!】この二人、2014年10月に公開された映画「小野寺の弟・小野寺の姉」の中で、”共演”をしており!片桐はいりさんは当時「51歳」で、一方の「向井理」氏は「32歳」でした。


引用元【ツイッター(CINRA.NET カルチャーメディア )】

相当!”年齢”の離れた俳優同士であり、あまりにも「あり得ない組み合わせ」に!”信用”する方が、少なかったのですが、映画の「設定上の二人」に!”ハマリ役”であったことから、様々な”妄想”を膨らましたファンたちの間で、予期せぬ”デマ”が広まったのです。

この映画は、2012年に出版された小説「小野寺の弟・小野寺の姉」を映画化されたモノであり、元々!人気が高かった小説本として、”小説ファン”たちの間では知らぬ者などおらず!それだけ「注目を集めての映画化」であったのです。

なので、”主人公”を務める二人には!否応なしに注目が集まり、”関係者”の「期待に添う演技ぶり」を披露したことから、視聴したファンたちに「兄妹以上の違和感」を与えたらしく!その”方向”が「恋仲」の方面に向ったのです。

また、元から”プライベート”でも「二人の仲が良かった」らしく!映画の”告知”を行う度に、二人で登場しては!その「仲の良さ」を見せつけていたことから【さらに!】それを視ていたファンたちに「良からぬ妄想」を与えていたのです。

・・・とは言っても、そもそも!この”小説(映画)”の「内容を理解している方たち」のみに、興味を引く話題であり、一般的には小説や映画を「読んだり視たり」しない限り!その”話題”の「趣旨を理解すること」は出来ません。

なので、然程!大きい「スクープ」として取り沙汰されたモノでは無く!マスコミを巻き込んでの”熱愛報道”とは「ひと味違うモノ」でした。

その証拠に、この”熱愛騒動”が起こった時には!向井理氏側の”女性ファン”が、意外にも「冷静な態度」を見せており!それだけ「信じ人が少なかった証」と言えのですが、女性ファンたちにとっては【寧ろ!】「ウエルカムの気持ち」で受け止めていたらしく!”片桐はいり”さんならあり得ない・・・等と、半分”冗談”で受け止めていたそうです。

そんな最中、世間を大きくザワつかせたのが!同年の”年末頃”に発表された、女優の「国仲涼子」さんとの「結婚予定報告」でした。



引用元【サイト(RISINGPRODUCTION)】

女優の”国仲涼子”さんとは、2012年にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ「ハングリー!」で共演を果たし、それがキッカケで「交際の噂」が伝えられるようになったのですが、案の定!その後に「ご結婚の運び」となった模様です。

つまり、片桐はいりさんとの間が騒がれていた2014年の”年末”に!国仲涼子さんとの”結婚”を発表されたので!その間は、国仲涼子さんとの「交際があったこと」は間違いありませんので、少なくても、片桐はいりさんと何かあった!との”噂”は【まさに!】「ありえない話」と、消え去ったのです。

今にしてみれば【まさに!】懐かしい!幻の”ブスと美獣”の「恋愛話」です。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビドラマ

・ 1985年に、TBS系列で放送された番組”ふぞろいの林檎たち2″に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

◇ 映画

・ 1986年に、”ニュー・センチュリー”によって公開された映画”コミック雑誌なんかいらない!”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(スリーJ プロダクション )】

◇ CM

・ 1988年に、”ミスタードーナツ”が手がけた企業CM”ミスタードーナツ”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(naya-mu )】

◇ 舞台

・ 1990年に、”博品館劇場”によって公開された舞台”深沢版・狸御殿”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

◇ ネットドラマ

・ 1999年に、アスキーイーシー系列で放送された番組”グラウエンの鳥籠”に出演され「ネットドラマデビュー」を飾ります。

◇ 雑誌

・ 2006年に、”幻冬舎”が手がけた作品”わたしのマトカ”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(阪井あかね )】

◇ アニメ映画

・ 2016年に、ディズニー系列で放送された番組”アーロと少年”に出演され「アニメ映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(クランクイン! )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
片桐 由美
読み
かたぎり ゆみ
生年月日
1963年1月18日
仕事
女優
出身地
東京都
所属事務所
スターダストプロモーション
血液型
B型