“演技派女優”として多くの有名作品に出演されて、可愛い”ルックス”と愛くるしい”微笑み”が魅力的な超絶美しい!人気役者の「木村文乃」さん。

何やら?芸能メディアの厳しい”監視”を掻い潜り!2016年11月に”ご結婚”されたお相手と、密かに「離婚」されていたことが明らかとなった模様です。

木村文乃さん”32歳”にして、約二年半の結婚生活に終止符を打ち!自身初となる”バツイチ(離婚)”の仲間入りを果たしたご様子です。

その気になる”密かな離婚”を含めて、木村文乃さんについて紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(Yahoo!ニュース )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校
・ 電撃離婚の真相?
・ かわいい理由とは?
・ 結婚した元旦那とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 電撃離婚の真相?


木村文乃さんは2016年11月に、当時”一般男性”と伝えられていた!”俳優養成所”で演技講師を努めている「千葉大樹」氏とご結婚をされました。

【ところが!】理由は定かでありませんが、芸能誌でお馴染み「週刊文集」から!約二年半後の2019年4月頃に、既に「離婚されていた事実」を公表されたのです。

ご結婚された当時も、大きなメディア報道が無いままに!突然の”結婚発表”が行われて、昔からの根強いファンたちからは「悲痛や!やり切れない!モドカシサ!…など」の声が多く挙がったのです。

なので、その後の木村文乃さんの出演作品を見る度に!心が”引き裂かれた思い”や、木村文乃ロスと言える”やるせない気持ち”に陥ったモノです。

だからこそ!今回も「大きな報道も無いままに密かな離婚」ではあったモノの、ある意味ではファンたちにとって「非常に嬉しい話(事実)」であり!ネットの間でも「ウエルカムの声」が広がっており、この時を「密かに待ち望んでいた木村ファンが大勢居た」ことが、明らかとなった模様です。

ご結婚当時は!そもそも、何故?たかが”演技講師”に「我らの”ふみちゃん”が奪われなければならないのか」と思っていたファンたちが、大勢居たはずです。

ただ、後に詳しい話が明るみになると!その演技講師(千葉大樹)は木村文乃さんと同じ事務所で働いていたらしく、木村文乃さんの”演技”や”精神面”等を助け「陰で応援していた存在」であることが分かったことから!ファンたちの心情としては「少し納得していた」のです。

そのため、”交際の無い”二人の関係から!いつの日からか「交際のある男女の関係」へと発展したらしく【さらに!】あまりにも「身近な存在であった」ことも好材料となり!芸能メディアに狙われることもなく「密かなご結婚に至った」ようです。

なので、誰もが「新婚生活は有意義に過ごして居るであろう」と思っていた(願っていた)二年半後の2019年に、突如湧いた「離婚話」でした。

もちろん、離婚後数日が経っておりますので!ご自身の中では既に「整理(踏ん切り)がついている」と思われますので、新しい人生に踏み出していることでしょうから!これからも「未婚の一人女優」として、大いにご活躍されることを期待しております。


引用元【インスタグラム(fuminokimura_official)】


スポンサードリンク


◇ 小中高校


木村文乃さんは1987年10月19日生まれの32歳(2019年)で、ご出身は「東京都」です。

ご出身の”東京都”にあるご自宅で、母親と弟の三人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、木村文乃さんも(東京都)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

但し”小学校時代”の情報が、ほぼ”皆無”なので詳しいことは分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”弟”が居て、ご自身は”一番上”の「長女」として生まれ育ったご様子です。

しかし、”何歳”の時かは定かでありませんが、生まれて早い時期にご両親が”離婚”をされており!母一人の「母子家庭」で育ったのです。

子供頃から非常に”お転婆”な少女であったらしく友達の中でも”目立ちがり屋”で【しかも!】”二歳”年下の「弟」とは、よく”泥んこ遊び”をされ【まさに!】「男勝りの姿」を見せていた模様です。

なので、弟とは”しょっちゅう”ケンカをしていたとのことですが、弟さんは決して!姉に”手や足”を出さなかったそうです。

何故なら”ケンカ”の際に、下手に姉に”攻撃”すると「激怒して見境の無い反撃を食らう」ことが分かっていたからであり!その反撃方法とは、手加減無しの「噛みつき攻撃」であったようです。

しかし、そこは女性!弟が大きくなりにつれて”ケンカ”では勝ることがなくなり!そのため、兄妹ケンカを行う際は、容赦無く「噛みつき攻撃で反撃していた」そうです(笑;)。

そんな、”姉思い”の弟は!非常に真面目な青年らしく、今では地元の”役所”で働いているそうで、毎日真面目に”公務の職”を熟しているそうです。

一方の姉(木村文乃さん)と言えば、”男勝りの性格”ではあったモノの!「大人しい一面」もあったことから、テレビマンガ(まんが日本昔ばなし)が放送される時間帯になると、決まって!静かに視聴されていたそうです。

それだけ、マンガ「まんが日本昔ばなし」を好んでいたのでしょう。

また「動物好きな少女」でもあったらしく!小学校時代には率先して、”飼育係”であったことから!毎日クラスで飼っていた”ペット”の面倒を見ていたそうです。

なので、その時期の将来の夢は「動物の調教師か獣医になりたい」と思っていたようです。

元気に暮らした小学時代を終えると、中学校は地元の東京都にある”西東京市立青嵐中学校”に、ご入学されました。

中学時代は武道(剣道)を行っていたらしく、いつ頃から始めたのか?までは定かでありませんが、昔からの「お転婆ぷりな性格」を生かして!容赦無い稽古をつけていたようです。

ちなみに、この時に”初段”を取得しておりますので、少なくても”三年以上”は稽古に励んでいたはずです。

あるいは”昇段”がかかった「大会」で、最優秀選手(優勝)に選ばれて昇段された可能性もあります。

また、幼い子から”アレルギー持ち(アトピー性皮膚炎)”を患っていたらしく!ある時、捨て猫に遭遇した際に「ペットに対するアレルギー反応もあった」にも関わらず、悲しさあまりに捨て猫を拾い!親の反対を受けながらも飼い続けたそうです。

そのエピソードから見ても、いかに”ふみちゃん”に「男勝りな一面」があったにせよ!心の中には「優しい一面」を、兼ね備えていたことを物語っております。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

剣道で青春の汗を流していた中学時代を終えると、高校も地元の東京都新宿区にある”国際文化学園高等部”にご入学されました(四谷校との情報もあり)

この学園は”定期的”に学校に通いながら本題である”勉強”は「通信教育で行う」ため、学園にご入学したと同時に、”私立高等学校通信教育課程”にもご入学する事となります。

【しかも!】ご入学前から「将来の方向性」が決まっている学生向けに「大学進学、国際、音楽、
芸能・演劇、美術、保育・福祉、ファッション・ビューティー…など」の”コース分け”となっていることから、入学の際に好きなコースを選択することも可能です(選択無しは高校卒業資格のみ)。

木村文乃さんは「芸能・演劇コース」を選択されており、この頃から”女優”を意識していたことは、間違いありません。

高校は通信教育であり、学校に出向く機会が少なかったことも影響して、クラスメイトと会う機会が少なかったことから、後に高校時代については以下のように語っておられます↓↓↓

高校時代は斜に構えていたというか、『全員、敵だ!』みたいな感覚で、勝手に傷だらけになっていた。

※ 引用元【サイト(CINEMATODAY)】


つまり、「自己中な考え方」をされていたようで、他人のことを思いやれない「自分の”器”に閉じこもった考え方」をされていた学生のようです。

なので、クラスには「友達がほぼ居なかった」と語られております。

それでも「役者への憧れが強かった」らしく、ご自身”17歳”の2004年に健康食品会社大手の”DHC”が制作した映画「アダン」のヒロインオーディションに参加されて、応募数3,000人以上の中から見事!”ヒロイン”役に起用されて「女優界(芸能界)入りのキッカケ」を手に入れました。

ちなみに、後に分かったのですが!このオーディションには沖縄ご出身の人気女優「比嘉愛未」さんも参加されていたようです。

また、オーディションの面接の際に「私を選ばないと後で後悔しますよ!」等と発言し、その根拠の無い自信に感銘を受けた関係者(審査委員)も居たようです。


引用元【インスタグラム(higa_manami)】

この映画は、撮影開始後の”二年後(2006年)に公開されたことから、高校のクラスで「女優がバレなかった」ことから、高校の活動や他の芸能活動を問題なく熟していたようです。

その後、2006年の3月に無事!高校をご卒業され、同年5月13日から公開された映画「風のダドゥ」に出演されて、”事実上”のご自身初となる「女優デビュー&映画デビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(ゆるやかエンタメ紹介人 )】

この年には、以前(高校時代)収録されていた”ヒロイン役”を手に入れていた映画「アダン」が、同月の20日から公開されて、”事実上”の自身初となる「映画主演デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(遠心乃暁 )】

当時の女優界では、これ程の「初もの続きの業界デビュー」を飾った女優(役者)は、他に居なかったと思われます。

それほどに!「業界から注目されてデビューを飾った役者」であることを、物語っているのです。

その頃、”本格的”に女優業を行うため!大手芸能プロダクションの”フロンティアエンタテインメント”に所属されました。

そして、同年11月にNHKで放送されたお馴染み”大河ドラマ”の「功名が辻」に出演されて、自身初の「テレビドラマデビュー」を飾りました



引用元【サイト(YouTube)】

その後、2008年9月末頃からスタートしたNHKで放送された連続テレビ小説の”だんだん”に出演し「テレビ小説デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(himajin )】

【さらに!】同年10月にはFM-OSAKAで放送されていたラジオ”夢持力電波マエムキン”にゲスト出演されて、自身初の「ラジオデビュー」を飾りました。

見事な!”芸能界デビュー”を飾った女優業であり、関係者からは「軌道に乗りかけた」と思われた2009年頃から急に仕事が減り始めて【さらに!】幼い頃からの”持病”である「アトピー性皮膚炎が悪化した」ことも影響されたことから、一時的に芸能界から姿を消す事となります。

その後、”アレルギー症状”は収まったモノの!一度離れた芸能界の仕事は、容易く見つかる理由もなく!仕事に恵まれない生活が続いたことで、アルバイト生活をスタートさせて「ファミレスの店員やチラシ配り【さらに!】病院の受付」などを行いながら、生活をつないでいたそうです。

なので、一時は本気で”芸能界”から「足を洗うこと(引退)」を考えたようです。

貧しい生活を送っていたある時に、現在の所属事務所である「トライストーン・エンタテイメント」から”スカウト”の誘いがあったらしく!事務所の社長の一言(やるからにはトップを目指せ)に大きな”刺激”を受けたことから、芸能界への復帰を本気で考え始めて!以前よりも「仕事に対する姿勢を根本的に見直した」上で、新たなスタートを切ったようです。

芸能活動再開後の2010年8月には、”SUNTORY社”のCMでお馴染み「BOSS レインボーマウンテン
シリーズの宙人ジョーンズの地球調査」に出演されて、芸界復帰一発目と!自身初となる「CMデビュー」を飾りました。

【すると!】翌年になると同じようにCMからのオファーを受け、化粧品メーカー”ちふれ化粧品”が放送したCM”SAVE WOMAN 美白美容液W”に出演されて「透明感&清潔感&若々しさ&超美人」などの”印象”が話題を呼び、業界から注目される存在へと育って行きます。



引用元【サイト(YouTube)】

その”評判”を聞いた他のCM社からも、多数の”オファー”が舞い込むようになり始めると必然的に出演本数も増え始めて「露出度が急激に増したこと」が大きな影響を与え!お茶の間の目に触れる機会が増えたことから、世間から大きな注目を浴びるようになります。

そして、2012年にNHKが放送した連続テレビ小説のテレビドラマ”梅ちゃん先生”に出演を果たすと、多数のCM出演が効果を呼び!「あの子綺麗!彼女は誰だ!化粧品のCMの子だ!」などの声が伝えられると一挙に!「ブレイク」を果たしました。

【さらに!】同年9月に公演された舞台「不帰の初恋、海老名SA」に出演されて、自身初の「舞台デビュー」を飾りました。

その後も、ご周知の通り!テレビドラマや映画の”話題作”に多数出演され【さらに!】ご自身の”起爆剤”と呼べる「CMにも数多く出演」しながら!現在もご活躍されております。


スポンサードリンク


◇ かわいい理由とは?


業界関係者の高い”評価”と、見た目の綺麗な”ルックス”を兼ね備えた木村文乃さんが”可愛い”のは当然なことですが、その”魅力”の理由とはいったい何なのでしょう?


引用元【インスタグラム(fuminokimura_official)】

今では大人気者の木村文乃さんですが【実は!】一時期、持病の”アトピー性皮膚炎”や仕事の減少により、芸能界から「姿を消したことがある」のです。

その当時は、まだ「世に知名度が広がっていなかった」ことから、一部のファンを除き!木村文乃さんが消えたことを「誰も気にする人が居なかった」のです。

つまり「売れない芸人」と同じような!厳しい暮らしをご経験をされたのです。

全く売れなかった時期にはアルバイトで「ファミレスのウェイトレス・チラシのびら配り・病院の受付…」などを熟しながら、生活をつないでいたそうです。

なので、下積み時代があるからこそ!「人にやさしい女優さん」へと育ち、それも「可愛い理由の一つである」と言えるのです。

また、学生時代には武道(剣道)のご経験があり現在は”初段”を所有しているらしく【さらに!】特技は”乗馬・スキー・水泳”などの、幅広いスポーツを得意とされているようなので「透明度のあるお肌の構築理由」とは、その辺に秘密があるのです。

それも”可愛く綺麗”な理由の一つです。

【さらに!】”ヘアースタイル”が「ショートの時」には、意外にも「ボーイッシュな雰囲気」を醸し出していたことから、心を和ませてくれる「優しさ」や、お姉ちゃん的な「安心感」を与えてくれました。


引用元【インスタグラム(fuminokimura_official)】

基本的に木村文乃さんのヘアースタイルは、”セミ・ロング”あるいは”ロング”を好んでいる模様ですが、見事な!「ご自身に似合ったスタイルをキープされている」と思います。

“ナチュラル”な雰囲気と、常に”自然体”に見える落ち着き感【さらに!】チョット気の強い!お姉ちゃん的な”安心感”を与えてくれる女優さんであるが故に!「家庭的な温かさが感じられる女優」と呼べると思います。

もちろん、それは唯一無二の!木村文乃さんの「武器である」のです。

メイクいらずの”可愛さ”を誇る木村文乃さんには、全ての意味を込めて!これからも変わらずに”役者”を続けて頂きたものです。


スポンサードリンク


◇ 結婚した元旦那とは?


木村文乃さんは2016年11月に突如!演技講師をされている男性(千葉大樹氏)とご結婚されたことを電撃発表されました。


引用元【ツイッター(BrandNewS【ブランニュース】 )】

【すると!】彼女の”大ファン”たちは!あまりにも突然の出来事に激悲されて、ネット上では”大惨事”を呼んだのです。

その後、しばらくの間は”一般世間”からは「祝福の声」がたくさん伝えられる一方で!”根強いファン”たちの間では「ふみのロス現象」が発生して、一喜一憂することもなく!誰もその事実(ご結婚)に触れる者が居なくなり、”文乃ファン”が集うネット界では「混沌とした状態」が続いたのです。

「ふみちゃん」を奪った!その男性(元旦那)とは、当初「名前は伏せられていた」のですが【実は!】ふみちゃんが所属している芸能事務所「トライストーン・エンタテイメント」で”演技講師”を担当していた男性であることが判明し、次第に正体がバレ始めたのです。

その後、名前が「千葉大樹」氏であることが分かり!世間の”ふみちゃんファン”たちから、大きな注目を集めたのです。

千葉大樹氏のプロフィールによれば・・・とご紹介しても、また!今さら別れた旦那を調べても!何も意味がありませんが・・・

とりあえず、生まれは1997年7月30日で”脚本家”などのご経験があるそうで、現在は演技講師としてご活躍されております。

つまり、”ふみちゃん”より”10歳”年上の男性であったのです。

また、若い頃には「渡米経験」があるらしく、アメリカの劇場で「自主製作」の”映画”を公開したことがあるそうです。

なので、映画には堪能らしく!人気ラジオ番組”J-WAVE”の「映画コーナー」を担当していた経験があるらしく、トークについては【かなり!】”達者”とのことです。

そんな”経歴”の持ち主と、ご自身の芸能事務所である「トライストーン・エンタテイメント」で二人が知り合い!”ふみちゃん”が芸能界を続けるか?迷っていた頃から相談に乗り、面倒を見ていたそうです。

もちろん、”役者”としての演劇稽古も行っていたのでしょう。

その後、長い付き合いを続ける中で!”講師”から”交際”へと変化したらしく!そのまま”ご結婚”へと発展されたのです。

しかし、ファンたちにとっては「ありがたい」あるいは「心待ちにしていた」ことが現実に起こり!2019年4月に二人は「密かに離婚をされていた」ことが、明らかとなったのです。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビドラマ

・ 2006年に、NHK系列で放送された番組”大河ドラマ 功名が辻”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(舘(.たち)@ワサラー団 )】

◇ 映画

・ 2006年に、”角川”によって公開された映画”風のダドゥ”に出演され「映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(ゆるやかエンタメ紹介人 )】

◇ ラジオ

・ 2008年に、”FM OSAKA”局が放送した番組”夢持力電波マエムキン”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ PV

・ 2008年に、”10UTS”が手がけた作品”僕は貝になりたくない”がリリースされ「PVデビュー」を飾ります。

◇ CM

・ 2010年に、”SUNTORY”が手がけた企業CM”BOSSレインボーマウンテン”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ ネットドラマ

・ 2012年に、ユニバーサルJ系列で放送された番組”RUN60″に出演され「ネットドラマデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(vip?漣くん )】

◇ 舞台

・ 2012年に、”DDD AOYAMA CROSS THEATER”によって公開された舞台”不帰の初恋、海老名SA”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(買取中古舞台屋ストレートライフ★しまったままの舞台DVDビデオ買取中です。少しでも大歓迎! )】

◇ DVD

・ 2013年に、”ショウゲート”が手がけた作品”ひとり交換日記”がリリースされ「DVDデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(のてい )】

◇ 写真集

・ 2013年に、”ワニブックス”が手がけた作品”ふみの”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(モリナオフミ@フラチナリズム )】

◇ アニメ映画

・ 2018年に、東宝系列で放送された番組”ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間”に出演され「アニメ映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(シネマトゥデイ )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
木村 文乃
読み
(きむら ふみの
生年月日
1987年10月19日
仕事
女優
出身地
東京都
所属事務所
トライストーン・エンタテイメント
血液型
AB型