独特な”演技力”と”NHK女優”のイメージが強い役者であり、”ルックス”の評価は低いモノの最近!特に「大人の魅力を醸し出し始めた」として注目を集めている個性派女優の「岸井ゆきの」さん。

何やら?最近、ご自身の公式SNS(インスタグラム)を更新されて!現在(2020年)出演中の日本テレビ系列のテレビドラマ「私たちはどうかしている」の”オフショット”を公開されたとして、話題を呼んでいる模様です。

その”オフショット”とは、ドラマ内で着用した「花嫁姿」のショットであり!インスタの”コメント”を拝見すると、ご自身初となる「白無垢を身にまとった」らしく!その”喜びのコメント”も添えられたご様子です。

このところ頻繁に、各局の”テレビドラマ”に出演されて!ご活躍中の岸井ゆきのさんですが、今回ご出演のテレビドラマは!放送前から”話題作”として注目を集め、演じられる”役所”にも注目が集まっておりましたが、生まれて初めて「白無垢に袖を通した」ご様子で!今までとは”一味”違う「一面」を披露された模様です。

その気になる最近の”役者事情”などを含めて、岸井ゆきのさんについて紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(yukino_kishii)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 履歴とは?
・ 東京ガスCMが没とは?
・ 似顔の芸能人とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


岸井ゆきのさんは1992年2月11日生まれの28歳(2020年)で、ご出身は「神奈川県」です。

ご出身の”神奈川県”にあるご自宅で、ご両親と兄の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、岸井ゆきのさんも(神奈川県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報(未確定)では、小学校は地元の神奈川県にある”秦野市立南が丘小学校”にご入学された模様です。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”兄”が居り、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

幼少期から、非常に”大人しい性格”の子供であり!人前に出るのが苦手な少女であったご様子です。

但し、唯一の”兄妹”である「一人兄」とは!”ケンカ”が絶えなかったらしく、その意味では「元気のあった子供」と言えるのでしょう。

その”元気”は、小学生時代になると活発化し初めて!一年生の頃から「器械体操」の練習に参加するようになったそうです。

なので、この頃の”将来の夢”は「体操選手になると」と決めいたご様子です。

以前から”噂”されていた俳優の「古谷隆太」氏の”娘説”ですが、そちらは全くの”誤解”の様相で!そもそも、”古谷隆太”氏は「埼玉県」の生まれ育ちに対して、”岸井ゆきの”さんは「神奈川県」の生まれ育ちなのです。

【実は!】この”二人”、以前に「舞台」を共にされており!2012年11月から公演された舞台「あの山の稜線が崩れてゆく」にて、”親子”を演じたことから!「娘」としての”イメージ”が、世間一般に”先行”するようになった!と、考えられております。

”器械体操”で体を鍛え始めた小学時代を終えると、中学校も地元の神奈川県にある”秦野市立南が丘中学校”にご入学されました。

中学校時代に入っても、”器械体操”を続けており!学校の”部活動”か?あるいは、地元の”クラブ”に所属していたのか?は定かでありませんが、この時期に地元の大会で「優勝」をされた経験があるそうです。

尚、中学校までの”情報”が乏しいので!詳しいことは分かっておりませんが、少なくても!この当時までは、”女優”や”役者”への「興味(接点)は一切無かった」模様です。

小学校同様に、”器械体操”で青春を送った中学時代を終えると、高校も地元の神奈川県にある”秦野総合高校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制と定時制”に分かれた「男女共学校」であり、”学科”は「総合学科」のため「グローバル教養・情報ビジネス・生活デザイン・芸術スポーツ」などの”系列”に分かれております。

また、”通学期”は一般的な”三学期制”では無く「単位制」を導入している模様です。

これと言った”特徴”のある学校ではありませんが、【唯一!】神奈川県内の高等学校では珍しい「天文台のある高校」として有名のご様子です。

高校時代に入ると、長く続けて来た”器械体操”を辞めたらしく!他の”スポーツ”などを「行っていなかった」ことから、特別!”部活動”には入部されなかった模様です。

その分、”料理”や”コーヒー”に「興味を示し始めた」らしく!高校卒業後の”進路”は、調理関係の学校か?あるいは、バリスタを目指したいと考えていたことから、”早い段階”から「将来の方向性」を決めていたそうです。

なので、参加した”学年”などは定かでありませんが!後に行われる”各種”の「体験入学・学習」などに、積極的に参加していた模様です。

【ところが!】高校三年生の時に、たまたま乗車していた”山手線”で突然!”女性カメラマン”から声を掛けられたらしく!その”内容”とは「写真の被写体になって欲しい」との誘いであったことから、あまりにも”突然”のことで【しかも!】自身の人生感では、”想像すら”していなかった「モデルの要望であった」だけに!成り行きのままに身を任せた模様です。

【さらに!】その”女性カメラマン”の強い誘いにより、自身の”将来設計”には決して描くことがあり得なかった「芸能界の道」に推し進められ!現在の所属事務所である「ユマニテ」に”入所”する運びとなったのです。

もちろん、芸能事務所へ所属された当初は!全く「想像も付かない世界」なので、相当!”戸惑った”ご様子ですが、この事務所に所属する”タレント”には「安藤サクラさん・門脇麦内さん・内田淳子さん・樋口可南子さん」などの”超有名人(個性派女優)”が居たことから、次第に!”安心”と共に「女優への憧れ」を持ち始めるようになったそうです。

【すると!】高校三年生の10月から、TBS系列で放送されたテレビドラマ「小公女セイラ」への出演が決まり、自身初となる「芸能界デビューと共に女優デビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(yancho )】

このテレビドラマには、同じ芸能事務所に所属する「樋口可南子」さん(三村千恵子役)も出演されていたので、少なくても!先輩の”演技”を通して「多くの勉強」をされたはずです。

高校の”卒業”が近かったこともあり、その後は”目ぼしい”芸能活動は行っておらず!高校の卒業に向けた”残りの学習”に励んで行きます。

「芸能界デビュー」を飾った高校時代を終えると、大学には進学せずに”社会人”となり!既に”活動”をスタートしていた「芸能化の道」へと、慢心するようになります。

本格的に”芸能活動”をスタートすると、数多くの「舞台オーディション」に参加され!新しい「分野の発掘」に力を入れ始めると共に、本気で「女優(役者)になること」に目覚め初めて行きます。

【すると!】”芸能界デビュー”のキッカケを与えてくれた「女性カメラマン」の”目”に狂いは無く、徐々に女優(役者)としての”頭角”を現し始めると、”単発”とは言え「年間!五本くらいの役」に起用される程の”才能”を見せたのです。

その辺から、ご自身の中でも”女優(役者)”になることに対して「転生を感じ始めた」のか?”演技”に対する「自覚を持ち始めた(もう絶対にやめられない)」胸の内を、後に語っております。


引用元【インスタグラム(yukino_kishii)】


スポンサードリンク


◇ 履歴とは?


根強いファンの間では、”NHK女優”のイメージが強い岸井ゆきのさんですが!最近では、各局の”最新テレビドラマ”への出演数が増えていることから、徐々に「知名度」を挙げているご様子です。


引用元【インスタグラム(yukino_kishii)】

但し、今だに「岸井ゆきの」さん”ご自身”を知る方は少ないと思います。

何故なら、たくさんの「テレビドラマ・舞台・映画」での活躍があるモノの”単発”での出演が多く!中々”主演”や”ヒロイン級”の「役所に恵まれていない」のが実情なのです。

【さらに!】冒頭でも説明した通り、”NHKドラマ”のイメージが強いことも重なり!”民法放送”の地上波ドラマへの出演が少なく、NHKの総合テレビやEテレ!あるいは、BSやCS放送への出演が目立っており【しかも!】その中でも「時代劇への出演」が多いことから、”同世代”の若者やドラマファンから「認知されない状況にあるため」なのです。

その中でも、岸井ゆきのさんが”NHK大河ドラマ”に「初デビュー」を飾った記念すべきドラマと言えば「真田丸」ですが、主人公の”真田幸村”の側室であった「たか」を見事!に演じて、視聴者や周りの関係者からの”評価”が上々であったにも関わらず!基本的に、”若者ウケ”するドラマでは無いために「ブレイクする兆しすら!」感じられなかったのです。

但し、”時代劇”とは一味違った!同局の”冠番組”である「連続テレビ小説」では、2018年に放送されたドラマ「まんぷく」に出演されて!朝ドラ「初デビュー」でありながらも、”主要人物”役である「香田タカ」役に起用されて、作品の”イメージテーマ”に沿った「出で立ち」や”清純派”のイメージに相応しい「親しみ感」が冴え渡り!比較的、”若い世代”から「人気を集めていたドラマであった」だけに、大きく”知名度”を広げる要因につながりました。


引用元【ツイッター(ORICON NEWS(オリコンニュース) )】

【すると!】一度は、”人気”が低迷気味であったドラマ「真田丸」での”存在感”が、再度!見直される”チャンス”に恵まれたらしく、”個性的”なキャラに注目が集まり始めると!御年”30歳前後”にも関わらず「着物の似合う若手女優」として、業界関係者からの”評価”が上場し始めたのです。

もちろん、”テレビ業界”以外のメディアにも!数多く出演をされており、2017年に開催された日本映画界の祭典の一つ「ヨコハマ映画祭」では、その年に公開された映画「おじいちゃん、死んじゃったって」への出演によって、自身初となる”最優秀新人賞”を獲得されて!若手俳優たちの”登竜門的賞”を見事!にクリアーされました。

なので、女優としての”実力”は!業界関係者から「折り紙付き」であることは間違いなく、後は「ヒット作にさえ恵まれれば」と感じているファンや関係者が多く居るのです。

あるいは、今まで(2019年)の”経歴(テレビドラマ40本以上、映画20本以上)”から見た場合!”映画出演”の観点からすると、民法の”地上波”で放送されている「メジャー級のドラマ」からの”主演”か”ヒロイン”役でのオファーがあれば、恐らく!今一番「ブレイクに近い女優(役者)」と言えると思います。


引用元【インスタグラム(yukino_kishii)】


スポンサードリンク


◇ 東京ガスCMが没とは?


【実は!】数多くのテレビドラマや映画に出演されている”岸井ゆきの”さんですが、それ以外にも「舞台や企業CM」などにも出演されてご活躍をされております。

岸井ゆきのさんの”企業CM”と言えば、2012年頃から放送がスタートした飲料メーカー”サントリー社”が手掛けている「角瓶シリーズ」のCMに起用されたことが、記憶に新しいところです。

この”角瓶シリーズ”では「素敵なカウンターママ役」に起用された、女優の「小雪さん~菅野美穂さん~井川遥さん」と続いておりますが!この時のシリーズであった「夏の日」篇では、お笑い芸人の「ほっしゃん」氏との共演による”浴衣姿”で登場をされておりました。

この時の”岸井ゆきの”さんは「おかっぱ頭の若者風」で登場をされていたので、一見!”誰なのか?”気づかない方が多かったご様子ですが、中々”インパクト”を与える出演をされていたのです。




その後も、”日清食品社”が手掛けるCM「カップヌードル」シリーズの「SAMURAI FUJIYAMA CUPNOODL」へも出演をされており!マンガに真似て、電車内でサラリーマンのオジサンから”壁ドン”を受ける女性役を演じていたのです。

この時期は、”壁ドンブーム”が到来しており、恐らく!その”流行り”に合わせて、このCMでも採用されたと噂されていたモノです。

【さらに!】”旭化成社”でお馴染みのCM「サランラップ」や、”ゆうちょ銀行”のCMなどにも出演されておりました。

よくよく振り返ると、岸井ゆきのさんは”知名度”は低かったモノの「一度は見たことのある女優!」つまり、テレビの中では「印象に残っている女優さんである」と、言えるのです。

そして、岸井ゆきのさんの”CM歴”の中でも!最も「思い出深いCM」と言えば、”東京ガス社”が手掛けたCMであり!”家族の絆”を題材にして放送された「リアリティーがあり過ぎたCM」です。

このCMは、前代未聞の「途中で中止されたCM」であり!その意味では、本来!CMの”役割”でもある「宣伝効果」には、バツグンの”影響”を与えて!大きな話題となりました。

放送が「中止された理由」とは、ネットの”書き込み”を見れば一目瞭然です。↓↓↓

・今、話題の東京ガスのCMを見たら、感動して泣いてしまった泣
・うわー。東京ガスのCMきっつ。えぐいわ。えぐすぎる。
・東京ガスのCMやばすぎんだろ。
・朝から泣きそうになった。やば。 東京ガスのCM


このCMに対する世間からの”印象”や感想”とは、様々な「賛否両論の声」が上がっており!いずれも「リアリティー過ぎた」ことで、視聴者の心を大きく傷つけてしまった模様です。

その意味では、CMの”宣伝効果”は「バツグンな働き」をもたらしたモノの、直ぐに”放送中止”に追込まれたことは「放送予定期間の短縮」につながってしまったことから、”スポンサーサイド”からすると「複雑な心境でいた」ことには間違いないでしょう。

但し、そこまで”リアリティーのあるCM”と思われたのは、岸井ゆきのさんの「演技力の賜」であり!その意味では、岸井ゆきのさんの”女優”としての「才能が垣間見れたアクシデント」なのです。

視聴者のみなさんの感想通りに、短い”ドラマ”の中にも「家庭の愛情が感じられるシーン」が凝縮されており!特に”終盤”の、思いが募って”ブランコ”で「大泣きをするシーン」などは【まさに!】岸井ゆきのさんの”個性的な演技力”が「冴え渡っているシーン」と言えます。

ちなみに、あまりの「反響の大きさ」に!残念ながら、”東京ガス”の公式YouTubeチャンネルには「投稿されていない」ご様子です。


スポンサードリンク


◇ 似顔の芸能人とは?


岸井ゆきのさんと言えば、独特の”ルックス”や”キャラ”が特徴的な女優さんであり!今後「ブレイクを果たす可能性を秘めた若手」として、周りの関係者やファンたちからの!多くの”期待”を受けている女優さんの一人です。

一方で、特徴的な”お顔立ち”であるが故に!似ている”芸能人”が数名いるらしく!たとえば、個性的な女性歌手である「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんなどには、良く似ている!と言われるそうです。


引用元【インスタグラム(kyarypappa)】


引用元【インスタグラム(yukino_kishii)】

・・・とは言っても、”お顔”を良く見ると!各パーツ類は、そこまで似ているとは言い切れませんが!”ひとコマ”や”ワンシーン”などで見せる「一瞬の表情」などが、似ている!と言えるのでしょう。

但し、”きゃりーぱみゅぱみゅ”さんが以前に「おかっぱ頭のヘアースタイル」を見せた時には、相当!”似ている”として話題を呼びました。


別の似ている有名人としては、大物俳優同士を親に持つ!同じ”個性派女優”として活躍中の「趣里」さんです。

ちなみに、”大物俳優”とは「水谷豊」氏と「伊藤蘭」さんです。


引用元【ツイッター(映画『生きてるだけで、愛。』公開中! )】

“趣里”さんとは、とても良く似ています。

しかし、その”似ている”ことで!大きな「災いを招いてしまった」らしく!全く”根拠”のない「疑いを掛けられる羽目」に陥ったのです。

その”災”とは、2013年頃に世間をザワつかせた!”趣里”さんと俳優の「田島優成」氏との”同棲疑惑”が報じられれた時に、当事者の”趣里”さんと!あまりにも「似ていた」ことから、プライベートで”路上”を歩いている時など「勘違いの眼差しで見られていた」とのことです。


引用元【ツイッター(ペンタ )】

但し、【実は!】以前に”ご自身(岸井ゆきのさん)”にも「恋愛疑惑」が浮上したことがあり!ご自身で”白い目”で見られいた!と思う”根拠”とは「全く別の意味で世間から見られていた」可能性も否めないのです。

その時に、浮上した”お相手”とは!人気沸騰中のロックバンド「KANA-BOON」のメンバーで、ギターリストとヴォーカルを担当している「谷口鮪」氏です。

しかし、その”噂”の根拠とは!相当前に”KANA-BOON”のPV(プロモーションビデオ)に、岸井ゆきのさんが「特別出演」した経緯があり、両名はこの時のキッカケで”顔見知り”となったことから!友達付き合いを行うようになったのです。

【ところが!】岸井ゆきのさんが特別出演されたその”PV”とは、KANA-BOONが世間から”認められる”キッカケとなる楽曲「ないものねだり」であり!バンドメンバーやファンからすると、非常に「思い入の有る楽曲」でもあり!そこに、岸井ゆきのさんが出演をされていたことも手伝って「仲の良い関係」と広く思われていたのです。





スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビドラマ

・ 2009年に、TBS系列で放送された番組”小公女セイラ”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ドラマが生きがいのせせりこ(沙絵) )】

◇ CM

・ 2010年に、”株式会社マイナビ”が手がけた企業CM”毎日コミュニケーションズ マイナビ進学2010″に出演され「CMデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ぱんた☆すぺあく信者(かめとめ感染者) )】

◇ ファッション雑誌

・ 2010年に、ファッション誌でお馴染み”NISHIJIN”が手がけた雑誌がリリースされて「ファッション雑誌デビュー」を飾ります。

◇ 映画

・ 2011年に、”アスミック・エース”によって公開された映画”マイ・バック・ページ”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ぱんた☆すぺあく信者(かめとめ感染者) )】

◇ 舞台

・ 2011年に、”楽園”によって公開された舞台”43”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ぱんた☆すぺあく信者(かめとめ感染者) )】

◇ テレビ番組

・ 2012年に、Eテレ系列で放送された番組”100分de名著 チェーホフのかもめ”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ MV

・ 2013年に、”ANA”が手がけた作品”ないものねだり”がリリースされ「MVデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(KANA-BOON official )】

◇ ネットドラマ

・ 2018年に、Amazonプライム系列で放送された番組”さまぁ~ずハウス”に出演され「ネットドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ぱんた☆すぺあく信者(かめとめ感染者) )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
岸井 ゆきの
読み
きしい ゆきの
生年月日
1992年2月11日
仕事
女優
出身地
神奈川県
所属事務所
ユマニテ
血液型
AB型