個性的な”演技派女優”として定評があり、俳優ながら!その明るいキャラクターで”情報番組”のMCまで熟す、マルチな活躍を見せている女優の「北乃きい」さん。

何やら?ご自身の”古巣”である、”週間マガジン”でお馴染みの「講談社」が手掛けるグラビアイベントの「ミスマガジン」が、今年も(2020年度)開催されたらしく!新たな”新人グラビアアイドル”の発掘が行われているとして、話題を呼んでいる模様です。

ちなみに、北乃きいさんは”2005年度”の覇者であり!当時「14歳」でのグランプリは、イベント始まって以来の「史上最年少での優勝」として、大きな話題を呼びました。

その他にも、最近メッキリ!”俳優業”の活躍が目立つ女優の「斉藤由貴」さん、女優としては異例の”ロケバス運転手”と結婚をされて注目を浴びた女優の「新川優愛」さん、”安定”した演技で定評がある「倉科カナ」さん・・・などが、育ったイベントとして有名です。

そんな「元気なキャラ」で人気が高い、北乃きいさんについて紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(kie.kitano.official)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ ライフとは?
・ 本名とは?
・ 熱愛彼氏とは?
・ 声が酒で枯れるとは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


北乃きいさんは1991年3月15日生まれの29歳(2020年)で、ご出身は「神奈川県」です。

ご出身の”神奈川県”にあるご自宅で、ご両親と弟と妹を含めた十人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、北乃きいさんも(神奈川県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”17歳年下の弟”と”21歳年下の妹”を含めた弟妹たちが居り、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

【実は!】北乃きいさんは、ご両親が”21歳”の時に「授かった子供」であるために【かなり!】”年齢”の離れた「弟妹たち」が多いのです。

なので、幼い頃は!ほぼ”一人っ子”として育てられていたので、母親よりも「祖母になついていた」らしく!厳しい”しつけ”を受けながらも「おばあちゃん子」として育ったそうです。

幼い頃から、”気質(性格)”が相当!”お転婆”な少女であったらしく、父親が”カラテカ”であったことから!一緒に”体を動かす”機会が多く、そのため「お父さん子」でもあったようです。

但し、あまりにも”お転婆”が過ぎた時には!祖母から”しつけ”のためとして、床に手足を付き!”お尻”を突き上げた体勢で「強く叩かれてた」そうです。

そのため、遊ぶ相手のほとんどは「男の子」が多かった模様です。

“男の子”との「交流を持つのが早かった」ためか、保育園時代には既に!”父親”と似た少年に「恋心を抱いていた」ことを、後に語っております。

小学校時代に入ると、”クラシックバレエ”のレッスンに通っていたらしく!本格的な活動を行っていたことから、将来は「バレリーナか航空客室乗務員(CA)に成りたい」と思っていたそうです。

また、体を動かすことが大好きな少女であったことから!”テニス”の練習にも、励んでいたそうです。

但し、一説によると!この当時から”卵アレルギー”を持ってらしく、”食生活”の面まで「元気」とは!行かなかった模様です。

小学時代を終えると、中学校は地元の神奈川県にある”横須賀市立不入斗中学校”にご入学されました。

中学校時代に入っても、小学校から続けてきた”クラシックバレエ”は続けていたモノの!”野球部”に入部されて「マネージャーを務めた」ことから、中学二年生で諦めたご様子です。

中学校時代も、”父親”譲りの「元気」だけは人一倍!兼ね備えていたことから、その当時!学生たちに”大流行”していた「ルーズソックス」を毎日着用され【なんと!】その中に、”5kgの重り”を両足に忍ばせて「筋肉の増強を図っていた」とのことです。

“個人”で行う事に関しては「破天荒な部分」が見られた少女でしたが!その一方で、”気質(性格)”が大人しい「人見知りの部分」があったことから、周りの生徒たちに溶け込めない「内気な性格(心理)の少女」であった模様です。

なので、その”内気”な性格(心理)を克服するべく!ご自身”14歳”の2005年に、ティーン向けのファッション誌として学生たちの間で流行っていた「Hana*chu→」に”モデル応募”をされて、見事!”専属モデル”に起用されたことから、芸能界デビューのキッカケを掴みます。


引用元【ツイッター(k )】

【さらに!】同年に行われた、”週間マガジン”でお馴染みの「講談社」が手掛けるグラビアイベントの「ミスマガジン」にエントリーすると【なんと!】イベント始まって以来の「最年少グランプリ」を獲得されて一挙に!注目を集め、”芸能界デビュー”の「切符」を手に入れました。

【すると!】2003年からTBS系列の衛星放送”BS-i”で放送がスタートしていたドラマ「恋する日曜日 夏の記憶」の7月放送分への出演が決まり、本格的な「芸能界デビュー」を果たすと共に!「女優デビュー」も飾ったのです。

目まぐるしく”運命”が動いた中学時代を終えると、高校は地元の神奈川県を離れ!東京都目黒区にある”芸能人ご用達”でお馴染みの「日出高校(現:目黒日本大学高校)」にご入学されました。

中学校時代から既に、”芸能人”としてご活躍をされて!”人気”が急上昇していたことから、”芸能活動”を「優先するため」に、この高等学校を選んだ模様です。

なので、ご入学の際に!選択する”コース”も「芸能コース」に進学をされております。

高校時代に入ると【なんと!】同クラスには、後に女性アイドルグループの「アイドリング」で活躍する「菊地亜美」さんが居たそうで、同じ芸能界に進む”同級生”として!非常に「仲が良かった」そうです。

高校一年生になると、映画「ユビサキから世界を」に出演されて、自身初となる「映画デビュー」を飾ります。

また、同年に放送された”テレビドラマ”などにも出演されて、徐々に「女優の風貌」を見せ始めて行きます。

【すると!】高校二年生の時に、立て続けに”映画”への出演を手に入れ!コミックマンガで人気を集めていた、小説家「瀬尾まいこ」先生の作品「幸福な食卓」の映画版への出演を果たすと【なんと!】作品内の”主人公”である「中原佐和子」役に起用されて、自身初となる「主演デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(ゾエン )】

ちなみに、この作品への出演によって!同年に日本で開催された”主要映画祭”で、数々の”賞”を総嘗めにされて、女優としての”知名度”を拡大することにつなげました。

【さらに!】同年6月から、フジテレビ系列で放送されたテレビドラマ「ライフ」に出演されて、”主演”である高校生のイジメられ役「椎葉歩」に起用されて、”若手女優”でありながら!微妙な”役所”にも関わらず、見事な!演技を披露されて一挙に!人気を集めます。

また、このドラマでは!自身初となるテレビドラマ「主演デビュー」を飾ると共に、その時代から大きな”社会問題”として取り沙汰されていた「イジメについての作品であった」だけに!ドラマファン以外の”大衆”からも、大きな注目を集めることに成功したことから!ご自身の「大ブレイク」にもつなげたのです。

一方、”女優”以外の仕事として!その時代から”若手女優”の「登竜門的イベント」として定着していた”全国高等学校サッカー選手権大会”の「応援マネージャー」に抜擢されて、昨年に務めた女優の「新垣結衣」さんに続く”三代目マネージャー”として就任をされて、大会を大いに盛り上げました。


引用元【ツイッター(MACORO )】

大きく”芸能界”での活躍が目立ち始めた高校時代を終えると、大学には進学せずに!社会人となり芸能活動に専念するようになります。

その後も、”単発”ではあるモノの!話題作ドラマや映画【さらに!】舞台や企業CMに起用されたりと、順調に芸能活動を熟して行きます。


引用元【インスタグラム(kie.kitano.official)】


スポンサードリンク


◇ ライフとは?


「ライフ」とは【ズバリ!】”テレビドラマ”であり!ご自身の”芸能(女優)人生”を「代表する作品」と言っても過言ではない程の!社会問題として注目を集めていた「イジメ」をテーマにして、全国に”旋風”を巻き起こした「ドラマ作品」なのです。

連続ドラマ「ライフ~壮絶なイジメと闘う少女の物語」とは、2007年にフジテレビ系列で放送された人気ドラマの一作品であり!女性マンガ家の「すえのぶけいこ」先生の”作品”をドラマ化されたモノです。

その当時から、”社会的問題”として取り沙汰されていた「イジメ」をテーマにしたノンフィクションドラマであり!近代社会の負の背景”を「率直に描いたドラマ」であったことから、”当事者”と言える当時の「学生たち」や”中高生”を持つ「中堅クラスのママ」たちから、大きな反響を呼んだのです。


引用元【ツイッター(HIKOMETAL )】

もちろん、北乃きいさんとしては既に!”芸能界デビュー”や”業界での活動”を行っていたので、これが「処女作」ではありませんが、間違いなく!ご自身を”大ブレイク”に導いたドラマであり、このドラマを通して彼女を女優として認知した方が、相当!居たはずです。

【しかも!】ドラマ”内容”が、その当時の”社会情勢”を「見事に描いた作品であった」だけに!”ドラマ”ファンや”女優”ファンだけでは無く、多くの”大衆”からも注目を集めたドラマでした。

まだ「駆け出しの女優」とは思えぬ、北乃きいさんの”役者ぶり”は!あまりにも「生々しくてリアリティーある演技姿」であったことから、イジメの”悪質性”を「強く訴えることに成功したドラマ」と言えます。

その”証拠”に、ドラマの放送中!あるいは放送後には、数多くの”学生たち”や”その子供たち”を持つ中堅クラスの親たちから「2000件」を超す”抗議”や”苦情の声”が届けられたらしく【さらに!】放送倫理番組向上機構でお馴染みのBPOへも「55件」に及ぶ”抗議”や”批判”が、伝えられたそうです。

それだけ、学生を経験した誰もが!一度は「見たり・聞いたり・受けたり」したことのある、”身近”な問題であり!それを”リアル”に「表現(再現)した内容に完成された」ことから、社会的影響力の強いドラマとなったのです。

但し、放送された”時間帯”が「深夜」であったことや!同じ”境遇”にある【まさに!】”当事者”と呼ばれる学生たちからは、主人公の”椎葉歩”から「勇気を貰った・負けない気持ちに感動した・イジメを止めて反省した…など」の、”共感”した声や困難に立ち向かう”姿勢”に!多くの「意見や感想」なども届けられたのです。

もちろん、その背景には!主人公の”椎葉歩”役を演じた”北乃きい”さんの「演技力が素晴らしかった」ことは!言うまでもありませんが、それと同様に!”イジメ役”を演じた女優の「福田沙紀」さんの存在も大きかったのです。


引用元【インスタグラム(sakifukuda_official)】

恐らく、”福田沙紀”さんの「イジメぷり」が無かったら!ここまで”人気”を「博すことは無かった」と呼べるほどの!イジメグループのリーダー的存在「安西愛海」役を見事!に演じ切ったのです。

視聴者の中には、以前に”福田沙紀”さんが「本当にイジメを行っていた」等と、勘違いした方が多くいたらしく!それだけ、”本気度”を感じさせる「迫力あるイジメぶり」を披露されたのです。

元々、この作品は日本の女性マンガ家「すえのぶけいこ」先生が手掛けた作品を”ドラマ化”されたモノであり!その”原作”であるマンガ自体も、大手出版社としてお馴染みの「講談社」が主催する漫画賞で「少女漫画部門に受賞」した”名作品”なのです。

なので、冒頭で説明した通り!女優”北乃きい”さんの「代表作」であり、ご自身を”ブレイク”に導いた「記念すべき作品」でもあります。


スポンサードリンク


◇ 本名とは?


芸名「北乃きい」と聞くと、然程!”芸名ぽく無い”ことから「本名」に感じている方も多いと思いますが【実は!】本名は「松村沙也加」と呼びます。

基本的に、北乃きいさんは”本名”を「非公開」とされておりますので!”ネット”で調べても、所属先事務所である”フォスタープラス”のプロフィールを見ても【さらに!】”ウィキペディア”で調べても知り得ることは出来ません。

【ところが!】最近の”SNS界”では、学生時代の「卒業アルバム」の写真が拡散されているらしく!そこから”本名”が明らかとなったのです。



引用元【ブログ(芸能人の〇〇なワダイ)】

別に、本名の「松村沙也加」でも!芸能活動に”支障”をきたすことは無かったように感じますが・・・【実は!】”松村沙也加”名義では「あるタレント」と被る恐れがあり!それを避けるために「北乃きい名義にした」と言われているのです。

その気になる”あるタレント”とは、ディズニー名作の「アナと雪の女王」での”声優(吹き替え)出演”によって、大きな注目を集めた!歌手でタレントの「神田沙也加」さんなのです。


引用元【ツイッター(WWD JAPAN )】

なので、正確には!”芸名”が「被る恐れ」では無く、名前が”同名”であることから「勘違いを招く恐れがあることから避けた」とのことです。

“本名”が明らかとなった”卒業写真”が、ネットに公開された時には「面白い現象」が起きて話題を呼びました。

それは、本名が”暴露”されたことに慌てた「ウィキペディア投稿者」が!急に”本文”で、本名”未公開”から「松村沙也加」へと訂正を図り、それを確認したと思われる”ご本人”か”所属事務所側”が、改めて「未公開」と手を加えて!それを知った”無名の投稿者”が、また「松村沙也加へ修正する」などが繰り返されたのです。

但し、その”情報”が世間に広がった時には!ある”疑惑”が浮上して話題を呼んだのですが【実は!】北乃きいさんが”本格的”に「芸能界デビュー」を飾った年は2005年頃なのですが、その時の「神田沙也加」さんの状況と言えば、”両親”が!彼の有名な俳優「神田正輝」氏と、歌手「松田聖子」さんとの間に授かった「一人娘(長女)であること」程度しか、有名では無かったのです。

【しかも!】その時の”芸能活動”で扱っていた芸名とは「SAYAKA」であり、”本名”を「伏せての活動であった」だけに!別に、”沙也加”の名義でも構わなかったのです。

【ところが!】その当時から所属していた、現在の事務所でもある「フォスタープラス」の社長が、”将来”を見据えた上での決断を図ったのか?北乃きいさんの”イメージ色”と呼ばれる「黄色”きい”ろ」と「元気いっぱい(げん”きい”っぱい)」に育って欲しい!との願いからの「きい」を取り出して「北乃きい」と名付けたそうです。

では、”苗字”で扱われる「北乃」は!どこから生まれたのか・・・と疑問に感じるところですが、それについては”不明”です(笑;)。

なので、もしも!この時に所属事務所の社長が、本名の「松村沙也加」のままで続けさせていたのなら!通常は、後々「芸名問題」あるいは「商標権問題」に陥る可能性が高く、それを事前に「回避させた」ことは、”お見事!”としか言いようがありません。

・・・とは言うモノの、あまりにも「大御所の両親が付けた本命」だけに!周りが”トヤカク”言っても「解明するしか方法がなかった」と思われます。

実際に、”神田沙也加”さんは2006年頃から!それまでの芸名”SAYAKA”を改めて「神田沙也加」として、芸能活動を再スタートしているのです。

ちなみに、北乃きいさんは以前に!「北乃紀伊」の芸名で活動していた時期もあるのです。

最近では、”芸名”にまつわる問題が増えているのですが!なぜ、そこまでして「芸名に拘るか」は?よく分かりませんが、今となっては「北乃きい」が定着して!順調に”芸能活動”を熟して来ましたので、その意味では!当時からお世話になっている「名付けの親である所属事務所社長」に、感謝する必要があるのでしょう。


スポンサードリンク


◇ 熱愛彼氏とは?


元気いっぱいの”お茶目”なキャラクターと、清潔感のある”清楚”なイメージが強い「北乃きい」さんですが【実は!】今までに、たくさんの「熱愛彼氏説」が浮上したことがあり【さすが!】”人気女優”と呼ばれる程に、世間に知らしめたことがあるのです。




その中の一人が、元ジャニーズの「赤西仁」氏でした。


引用元【インスタグラム(jinstagram_official)】

“赤西仁”氏とは、2010年に公開された映画「BANDAGE バンデイジ」で”共演”を果たしており、この作品は小説「グッドドリームズ」を映画化されたモノであることから!純粋な「恋愛映画」となったのです。

そのため、作品内では「恋愛をする二人の姿」が数多く描かれており、まるで!”本当”の「恋人通しと勘違いさせる演技」を披露していたことから!多くのファンの「嫉妬心」を買ってしまったのです。

なので、ネット界では「本当の恋人説」なるものが浮上したり!赤西仁氏側の”女性ファンたち”からは、北乃きいさんに対して「誹謗中傷のメッセージ」が送りつけられたりと!一時は、”SNS界”が大騒然に陥ったことがあったのです。

もちろん、それは「二人の演技力が素晴らしかった」ことの”裏返しの話”であり!ある意味では、関係者にとっては”嬉しい悲鳴”でもあったのです。

その後の”展開”については、よく分かっておりませんが!少なくても、”赤西仁”氏は女優の「黒木メイサ」さんと”結婚”をされましたので、”黒木メイサ”さんの様な「魅惑の魅力を秘めた女性」が”好み”であったことが明らかとなった以上、男女の”恋愛関係”としては!北乃きいさんの「出番は無かったと」考えるのが普通でしょう。




次に、”彼氏”説に浮上した人物とは!一時、”イケメン俳優”として人気のあった「林遺都」氏です。


引用元【インスタグラム(kentotwfan)】

こちらも、”共演ネタ”ですが!2008年に公開された映画「ラブファイト」に出演された時に”知り合った”とのことですが、噂が伝えられたのは「2010年」であったのです。

つまり、上で紹介した↑”赤西仁”氏と!同じ時期に”被って”の「恋愛ネタ」として伝えられたことから、いかに!その当時の”北乃きい”さんが「注目を集めて人気が高い女優」であったのか!を、思い知った出来事と言えます。

【実は!】この”ネタ”の発端であったのは、写真週刊誌でお馴染みの「週刊女性」から報じられたことがキッカケであり!当時の”人気若手俳優”の「熱愛ネタ」として、大々的に伝えられたことから!連日、”各メディア”から「取り上げられる程」の話題を呼んだのです。

報じられた”内容”によれば、二人で一緒に「いちご狩り」に出掛けたらしく!その時の様子が、あまりにも「仲睦まじい姿」であったことから、担当記者が勝手に!”本命同士”と推測して「スクープに挙げた」のです。

【しかも!】報じられた後の「林遺都」氏の”コメント発表”では、”交際”に関しての「有無」をハッキリせずに「曖昧な態度(表現)」を見せていたことから【さらに!】”疑惑”に歯止めが掛からなかったのです。

現在は、どのような”発展”となったのか?全く分かっておりませんが、二人共に”良い大人”となったので、もしも「続いて」いたのなら、そろそろ「新たな展開が見れそう」な予感をします。




そして、最後にご紹介する俳優が「佐野和真」氏です。


引用元【インスタグラム(kazuma.sano)】

“佐野和真”氏の当時は、”ベビーフェース”が売りの俳優として大きな注目を集めて!世の”ママたち”から「絶大なる人気」を誇り!”中高生”からも人気が高かった若手俳優です。

この頃になると、流石に!北乃きいさんの”人気”も「低迷期に入り始めていた」ことも影響して、世間の注目度は!然程”加熱”しなかったモノの、その中でも突如!浮上した”人気俳優”との「お泊りデート」の報道には、さすがの”世のママたち”は「黙って見過ごす訳には行かなかった」らしく、大きな関心を示していたのです。

但し、情報の”発信源”が!写真週刊誌でお馴染みの「フライデー」でしたので、その”真実”に「疑いを持つ方」が多くいたモノの!久しぶりの”熱愛ネタ”であったことも手伝い、情報だけが”一人走り”したのです。

その時に伝えられた”内容”によると、某都内の”ホテル”から!二人が出入りする姿が目撃され【さらに!】濃厚な”路上キス”をする姿までもスクープされたらしく!”ブレイク中”の女優と”イケメン”俳優との交際情報として、大きく取り沙汰されたのです。

なので、若い世代の「佐野和真」氏を慕う”ママたち”が、相当!”激怒”したらしく、根強い”北乃きい”ファンの男性たちとの”ネット炎上”で、大いに盛り上がっていたのです。

当時の”北乃きいサイド(運営会社)”としては、”清純派女優”として「売出し中であった」ことも重なり!”ハレンチネタ”は避けたいところでしたが、選りに選って!”路チュー”が「激写された」ことから、相当!焦っている様子が窺えました。

一方の「佐野和真」氏サイドとしては、長らく”沈黙”を続け!何の動きも見せずに、普段通りに芸能活動を行っていたのです。

その後も、二人の”交際”が疑われる「スクープ報道」が続きましたが!一向に”核心”に迫る「有力情報」が伝えられなかったこともあり!徐々に世間の”注目度”が低くなった頃に、お互いの”所属事務所”が重い口を開き「プライベートは二人に任せている…など」と、伝えたことから【さらに!】「疑惑が深まった」として、”再加熱”の模様を呈したのです。

こちらも、その後の”展開”は!ハッキリと分かっておりませんが、現在の”佐野和真”氏はメディアで見かけることが「ほとんど無くなった」ところを見ると、もしかすると!北乃きいさんとの”熱愛ネタ”は「売名行為であった可能性」を、疑うざるを得ません。


スポンサードリンク


◇ 声が酒で枯れるとは?


“若い頃”の「北乃きい」さんと言えば、元気ハツラツで!話す言葉もハッキリとした【まさに!】”清純派女優”のイメージが強い女優さんでしたが、ある時から突然「声が枯れたシーン」を見るようになり!周りから心配されていたのです。

その「声が枯れたシーン」が、最も明らかとなったのが!2014年9月から日本テレビ系列で放送されている朝の情報生番組「ZIP!」に出演されて、”総合司会”を担当するようになってからなのです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

もちろん、”情報番組”だけに!話す仕事であることから、普段の何十倍も”トークの数”が増えたはずであり!”声”が枯れてもおかしくない「環境下であった」ことは、言うまでもありません。

但し、この番組の”スタッフ(プロデューサー)”が!然程、”トーク番組”や”司会業”の経験がある訳でも無い”北乃きい”さんを抜擢した理由とは、恐らく!”健康”的で”フレッシュ”感のあるイメージが「朝の清々しい時間帯に適している」と判断したからであり、その”期待”に添うようにと!北乃きいさん”ご本人”が、相当!「気合を入れて望んでいた」ことは間違いありません。

通常ならば、会社を”代表”する!朝の”冠時間帯”での情報番組で「総合司会を務める」となれば!それ相当の!「見た目・知名度・人気度・会社の貢献度・出演本数…など」を、参考にするモノですが、それ以上に大切な”事柄”として「声質や声帯状態」が、非常に”重要視”されるはずです。

特に”MC”も務めるとなれば、情報を提供する”声”が汚いと!朝の番組に相応しいとは言えません。

番組に出始めた当初は、番組プロデューサーの”狙い通り”に!爽快な気分を感じさせる、初々しい姿を披露されて【まさに!】新鮮な早朝を代表するイメージガール的な存在として、お茶の間から親しまれていたのです。

ところが、時間が立つにつれて!段々と”声質”に変化が見え始めて、誰もが聞いても”枯れている”と理解できる程に「悪化」をされたのです。

ご自身としても、特に”理由”を「告げたりはしなかった」ことから!その”原因”に戸惑う、ファンやスタッフが多く居たそうです。

しかし、後に判明したのですが【実は!】この時に、北乃きいさんの喉は「声帯結節」と呼ばれる病気を発症していたらしく!本来ならば、”話す”ことも「ままならない(安静が大事な)状況」であったにも関わらず!それを無理して番組に臨んでいたそうです。

この”症状”が「出始めた時期」と言うのが、自身初となるデビューシングル「サクラサク」をリリースした頃らしく!その当時から約二年間、”歌手”としての活動を続けていたモノの!中々、”症状”が改善されないままに、音楽活動を行っていたそうです。

音楽活動を続ける中で、ちょうど”二年後”の6thシングル「ラズベリージャム」をリリースしたと同時に!さすがに、これ以上!「病を放置できない」と思ったらしく、全ての”音楽活動”から「身を引いた」のです。

なので、”声”を仕事とする「ZIP!」での”総合司会”を担当することになったことで!密かに潜んでいた「声帯結節」が、また悪さを初め!それが原因で「声が枯れた姿」を披露する事と成ったのです。

それでも、最近では!多局の”バラエティー番組”に出演されて、普通に”お話(会話)”をする姿を披露されておりますので、その意味では「病気を克服された」と思われます。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 2005年に、フジテレビ系列で放送された番組”アイドル道”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ テレビドラマ

・ 2005年に、BS-i系列で放送された番組”恋する日曜日セカンドシリーズ”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

◇ CM

・ 2005年に、”住友銀行”が手がけた企業CM”住友信託銀行”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ DVD

・ 2005年に、”ミスマガジン”が手がけた作品”ミスマガジン2005 北乃きい”がリリースされ「DVDデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(映画鑑賞会 )】

◇ 映画

・ 2006年に、”フォーライフミュージック”によって公開された映画”ユビサキから世界を”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(たみ )】

◇ 写真集

・ 2006年に、”ミスマガジン”が手がけた作品”ミスマガジン2005 THE BIKINI SPECIAL!”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。

◇ ラジオ

・ 2009年に、”TOKYO FM”局が放送した番組”SCHOOL OF LOCK! “に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(出口晴臣 )】

◇ シングル

・ 2010年に、”avex”が手がけた作品”サクラサク”がリリースされ「シングルデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ぷーちん )】

◇ アルバム

・ 2011年に、”avex”が手がけた作品”心”がリリースされ「アルバムデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(?? )】

◇ 舞台

・ 2012年に、”サンシャイン劇場”によって公開された舞台”ロック☆オペラ サイケデリック・ペイン”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(サイケデリック・ペイン公式 )】

◇ ネットドラマ

・ 2017年に、dTV系列で放送された番組”銀魂 -ミツバ篇-“に出演され「ネットドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(映画『銀魂2』公式 )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
松村 沙也加
読み
まつむら さやか
生年月日
1991年3月15日
仕事
タレント・女優
出身地
神奈川県横須賀市
所属事務所
フォスタープラス
血液型
O型