最近の芸能界では”あざとい女子”との呼び名が流行っておりますが、その中でも”筆頭株”として有名な女性と言えば、フリーアナウンサーでタレントの「田中みな実」さんです。

また、昔はタレントの「ベッキー」さんも相当!”あざとい”として有名であり、プロ野球選手と結婚されて一躍!”セレブ入り”を果たした「紗栄子」さんも相当な!モノでした。

そして、最近の女子アナ界で見ると!やはり”筆頭”は「加藤綾子」さんであり,、”二番手”辺りにはテレビ朝日の「弘中綾香」アナも有名です。

昔は「故・小林麻耶」さんも【かなり!】有名なアナウンサーでした。

では、”女優界”を見ると!筆頭株はやはり「石原さとみ」さんや「藤原紀香」さんの名が上げられると思いますが、若手を見ると「松本まりか」さんが相当!の”あざといキャラ”として、最近は有名になりました。


引用元【インスタグラム(marika_matsumoto)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校
・ あざといソフトバンクCM?
・ 声が嫌いとは?
・ 結婚相手とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ あざといソフトバンクCM?


「松本まりか」さんは、”芸歴(女優業)”が長いモノの、中々!ブレークできずに居た若手女優の一人ですが、メディアの発達と共に「Webドラマ・CM・ナレーション…など」が支流になる中で、松本まりかさんの”露出度”も増したことから!密かに注目を集めているのです。

また、2018年にテレビ朝日系列で放送された”不倫”で話題を呼んだテレビドラマ「ホリデイラブ」に出演されて、主要人物の”井筒里奈”役を”熱演”されたことで大きな話題を呼びました。

このドラマや企業CMをきっかけに!”松本まりか”さんのファンになられた方も多いはずです。

但し、人気者が上昇すると共に!”浮気相手”の役柄が多いイメージを持たれ過ぎているために、一部からは「あざとい・怖い・悪い女…など」の声も多く!役柄のイメージで「個人を特定される方」が多い傾向にあるようです。

松本まりかさんの「実際の性格」は分かりませんが、思い詰めたら”ノープラン”で「一人旅をすることがある」らしく!交通手段や宿泊ホテルなどを決めないで、なすがままに”海外旅行”に出かける時もあるそうです。

なので「恐れを知らない気の強い性格面」があることは間違いなく!人の話を聞かずに前に進む傾向もあるらしく、その意味では「狙った男性は必ず落とす根性がある」と思われることから!周りに遠慮もなく「平気な顔であざとさを見せる」のでしょう。

また、最近の松本まりかさんと言えば、”ソフトバンク”の企業CMでお馴染み「白戸家シリーズ」に出演されていることをご存知でしょうか?

2019年6月から全国区で放送されているソフトバンクのCM内で「カフェの女性店員役」で出演されて、白戸家のパパ(犬)に声を掛ける女性店員です。


引用元【ツイッター(R.N俺専用ザク )】

【実は!】このCMを見た”視聴者”や”ネット住民”からは「CMに出てる”特徴的な声”の美女は誰だ」と話題を呼び、一時はネット界をザワつかせたのです。

松本まりかさんを初めて知った方からは「この店員がいたら毎日通いたい…など」と話しており、相当!「あざとさにヤラれた様子が窺える意見」を、伝えたようです。

元々この”CM”は、他社携帯会社の企業CMと同様に「国民的ファミリー」を目指しての”シリーズ化”されているものであり、キャストで出演されている俳優人たちの”人気上昇”にも、一役買っています。

なので、このCMを通して松本まりかさんの存在を知ったり!あるいは、人気が高まったり【さらに!】「あざとさに萌えたり」された方が相当数!居たはずです。

ちなみに、このCMに対するSNSの声を拾ってみました。↓↓↓


引用元【ツイッター(きい)】



引用元【ツイッター(オリバ氏)】



引用元【ツイッター(ハタルツェネッガー)】



スポンサードリンク


◇ 小中高校


松本まりかさんは1984年9月生まれの35歳(2019年)で、ご出身は「東京都」です。

ご出身は”東京都”とされておりますが、ご実家は「中野区」あたりにあるらしく”義務教育”は地元”中野区”にある”公立”の小・中学校に通っていたのでは?と伝えられております。

松本まりかさんのプライベート部分は、あまり公にされておらず!詳しくは分かりませんが、子供の頃は”空手”を習っていたそうで「初段(黒帯”の腕前」とのことです。

“初段(黒帯)”を取得したと言うことは、少なくても”三年間”は武道に励んでいたと思われるので、技はしっかりとマスターされたことでしょう。

また、小学時代は”親のしつけ”で「黒砂糖や玄米」などを”主食”としていたそうで!時には”白ご飯”を食べいた!と思ったことが、”幼心”に何度もあったとのことです。

中学になると、当時”大ブーム”であった「安室奈美恵」さんのファンとなり!”眉毛”を細めて微顔黒にされて「アムラーを装っていた」そうです。

そして、三年生の時に!友達と渋谷を歩いていたところに、突然!”スカウト”を受けたらしく、始めは芸能界に興味がなかったのですが、相当!悩んだ上でそのまま芸能界へと進んだそうです。

その後、無事に中学をご卒業されて、高校は東京都内にある”杉並高等学校”に進まれたそうです。

この高校は、”吹奏楽部”が超有名で!都内でも屈指の強豪校として、関係者は知らぬモノがいないそうです。

松本まりかさんは、”芸能界デビュー”を果たしておりましたので!高校からは”文芸両道”の生活を送る事となります。

そして、高校一年生(2000年)の時に!NHKで放送されたテレビドラマ「六番目の小夜子」に出演されて、自身初となる「テレビドラマデビューや女優デビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(ぬぬに@毎晩20時??本感想ブログ更新 )】

【さらに!】同年から翌年にかけて、学研プラスが発刊していたファッション雑誌「ピチレモン」のモデル(ピチモ)に起用されて、”レギュラーモデル”としての活動を始めます。



引用元【サイト(毒女ニュース)】

高校二年生になると、コンビニエンスストアー大手「ミニストップ」の”イメージモデル”に抜擢されて、自身の特徴でもある”エクボ”を存分に生かし!若さ溢れる”学生服姿”を披露されて、モデル活動に専念されます。



引用元【ブログ(こいもうさぎのブログ)】

【さらに!】同年(2001年)からは、”声優デビュー”を飾り、当時ホームゲームで大人気であったプレステーション2のゲームソフト「FINALFANTASY」に登場するキャラクター”リュック”の声を担当されました。


引用元【ツイッター(ケン太郎丸?? )】

これがキッカケで、毎年リリースされる新作人気ゲームソフトのキャラクター声を、担当するようになって行きます。

特に、テレビゲーム大手の”スクウェア・エニックス”や”バンダイナムコゲームス”がリリースするソフトへの参加が多く!ゲーマーたちの間では、松本まりかさんの「存在を知らぬ者が居ないほど」の”知名度”を誇っているのです。

その後も、高校在学中はたくさんの「テレビドラマ・バラエティー番組・ラジオ・CM…など」に出演されておりましたが、中々!公の場ではブレークせずに【寧ろ!】”裏方”の声優(アニメやゲーム)のファンの間で有名となり、熱狂的ヲタクから人気を集めておりました。

そして、進路に悩む高校三年生を向かえると!芸能界で本格的に活動をするため、大学進学への進学を諦めました。

ただ、既に芸能活動を行っっておりましたが、人気や知名度が”不調”であったことから!社会人になってからも、仕事量が減少し続けて行きます。

その間、自身と特に仲の良かった女優の「宮崎あおい」さんや「蒼井優」さんは人気が絶好調で!話題作への出演や【さらに!】バラエティー番組などでもご活躍されていたので!その活躍ぶりを見る度に「悔しさ」を感じていたそうです。

その後2003年頃からは、舞台や映画などにも取り組むようになり!同年10月から公開された舞台「私とワタシ」に出演されて、自身初の「舞台デビュー」を飾り!また、Vシネマの「角川ホラーシネマ」にも、ご出演されました。

そして、翌年の2004年9月から公開された映画「GACHAPON!」に出演されて「劇場デビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(内田英治 )】

その後も芸能界での活動を”活発化”させますが、中々!ブレークを果たせずに「女優としての年齢」だけをドンドン重ねて行きます。

【すると!】自身”33歳”の2017年に、日本テレビ系列で放送されていた土曜枠の連続テレビドラマ「先に生まれただけの僕」への出演が決まり、主役の”専務秘書”役と言う!あざとい「松本まりかさんにピッタリの役所」に恵まれ【さらに!】”レギュラー出演”を手に入れました。

このドラマは、人気アイドルグループ”嵐”の「櫻井翔」氏が”主演”を務めるとあって!ドラマが始まる前からジャニーズファンや”ドラマファン”から注目を集め、大きな話題となっていたことから!”全10話”の平均視聴率が”8.7%”を記録し【さらに!】最高視聴率は”10%”を超えほどの人気ぶりを見せて、2017年度の”コンフィデンスアワード”で「ドラマ賞」を獲得し!事前通りの人気を博したドラマとして”有終の美”を飾ったのです。

もちろん、人気ドラマとして成功を収めたので!注目が集まったのは「キャスター人(ジャニーズアイドル)」でしたが、”秘書”役を演じた”松本まりか”さんにも「熱演が評価を受けて」人気が集まり!お茶の間や世間の間から「女優としての存在」が、認知され始めたのです。

そして、翌年2018年には!テレビ朝日系列で放送された「夫婦の純愛と不倫」を描いたテレビドラマ「ホリデイラブ」に出演されて、ドラマで”核”となる主人公の不倫役(井筒里奈)を演じて、特徴である「あざとさ振りや小悪魔的演技」を見事!に披露されて、女性たちを中心に大きくウケて「人気に火が燈り始めた」のです。

女性たちからの反響とは↓↓↓

〇 小悪魔過ぎてヤバい…そりゃ~男達は落ちるワ!!
〇 松本まりかに勝てる気がしない
〇 絶妙にイラッ!とする
〇 あざとい演技が上手
〇 役はムカつくけど可愛い!


ある意味「ドラマの主役級の見事な演技」を披露されたことを”裏付ける”コメントが、多数寄せられたのです。

また、人気はこのドラマに留まらず!ご自身の公式SNS(インスタグラム)の”フォロワー数”が1千人から一挙!に”135千人(約135倍)”を突破され【さらに!】検索サイト大手「Yahoo」の、検索大賞2018の”女優部門”で「上位に食い込む躍進ぶり」を見せたのです。

このドラマに出演した”感想”を、松本まりかさんご自身が述べておられます↓↓↓

やっと「ホリデイラブ」で、みんなから少し興味を持ってもらえ始めて。井筒里奈の役がきたとき、恋人と出会った瞬間のように「あ、きた!」とハッとしたんです。私、この役は生きれるって。嫌われる役だとは思ったけれど、単にゆるふわ系で人のものをとっちゃう、みたいな子にはしたくなかったんです。ものすごく純情な子だと思ったし、たとえとんでもない行動をしているように見えても、人を愛するっていう本質的な面を貫いたら、みんな「その普遍的な純粋さ」だけは分かってくれるんじゃないかな、って。ネットを見たら、「一周回って好きになった」なんて言ってくださる方もいて。


自身の女優人生の中でも「運命の一作」となったご様子です。

これからの”躍進”が期待される女優さんの一人です。


スポンサードリンク


◇ 声が嫌いとは?


芸歴が長い松本まりかさんですが、女優としては中々!ブレークを果たすまでに時間が掛かり!その間も誰からも注目を受けることがなかったことから【さらに!】”全国区”に時間が掛かりました。

しかし、最近では!その”ルックス”の可愛さや、”スタイル”の良さが注目されるようになり【さらに!】独特なご自身の「なさげの声」にも注目が集まるようになったのです。

そのため、突如!人気が上昇し始めたことから”新人女優”と勘違いする方も多く!”キャシャ”な見た目から「若手女優と呼ぶ方」も、多く居たのです。

しかし、見た目とは裏腹に【実は!】芸歴”約20年”を向かえた、超ベテラン女優さんなのです。

ただ、松本まりかさんを大ブレークに導いた作品は、2018年にテレビ朝日系列で放送された「夫婦の純愛と不倫」を描いたテレビドラマ「ホリデイラブ」であるが故に!主人公の不倫役(井筒里奈)を見事に!演じたことで「あざとさや小悪魔」のイメージを持たれやすくなったことから、彼女に対する世間のイメージが、ノンフィクションの世界での女性が「フィクションの女性」と重ねられるようになり!「嫌われ者キャラ」へとつながっていったのです。

また、昔から”ルックス”が可愛く!スタイルも抜群であったのですが、ネット界では”スタイル”に注目が集まりやすく、あまりに”細身に見える”が故に!お顔が強調されやすく「顔がデカい」と言う方や【さらに!】「エラが張っていて嫌いだ」等と仰る方も居たのです。


引用元【インスタグラム(marika_matsumoto)】

実際は、”小顔”であることは間違い無く「エラが張っている」と見られガチなのは、きっと「見え方の問題である」と言えそうです。

【寧ろ!】”エラが張ってる”と呼ぶよりも、良く見ると「面長」に見えるはずです。

また、松本まりかさんは元々!アニメやテレビゲームの「声優として活動している」ことから、特徴的な「独特の自信なさげの声」が魅力的な女優さんでもあります。

しかし、その独特な”声”を嫌う方も中には居られるようです。↓↓↓

※ 声が鼻につく!アニメの声優がドラマに出ると声のトーンに違和感を覚える
※ ハマる役の時もあるだろうけど声が個性的過ぎて演技が全く入ってこない
※ 演技を声で誤魔化している。声聞いただけでイライラする。


中々、”手厳しいコメント”も寄せられているご様子です。

しかし、”個性”がなければ芸能界では生きて行けないので!その意味では、このような”批判”が多い分!松本まりかさんの「ご活躍の場が広がって行く」はずです。

彼女が落ち込まない程度に(笑;)それなりに”批判”があっても良いのでしょう。


スポンサードリンク


◇ 結婚相手とは?


松本まりかさんの年齢は、2019年で”35歳”の「ご結婚適齢期ギリギリ」を向かました。

なのに、今だに「独身」であり”彼氏”も居ないそうです。

しかし、松本まりかさんの世間のイメージは!既に「ご結婚されている」と思われいるそうで、その理由として!自身がブレークを果たすキッカケとなったテレビドラマ「ホリデイラブ」で、”不倫役”を演じたことから「大人の女性イメージ」が強いらしく【さらに!】2016年7月からフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ「好きな人がいること」では、豪華なウエディングドレス姿を披露されたことから、なお一層!”結婚のイメージ”が強くなって「既婚者と勘違いする方」が多く居るのです。


引用元【インスタグラム(marika_matsumoto)】

もちろん、ご本人の中では”結婚願望!をお持ちのご様子で!以前は「いつかは結婚して子供が欲しい」と、語っていたのです。

そう言えば!今までに一度だけ”スクープ(熱愛)”されたことがありました。

その、お相手とは”俳優”で”振付師”の「屋良朝幸」氏と呼ばれる方でした。


引用元【ツイッター(ORICON NEWS(オリコンニュース)】

屋良朝幸氏とは、ジャニーズ事務所に所属するタレントですが!普段は”表舞台”に出ることが少なく、アイドルたちの”振付師”としてご活躍中とのことです。

また、以前はアイドルグループの”バックダンサー”を務めていたことも多かったようです。

二人が出会ったキッカケは、2007年1月から帝国劇場で行われた舞台「Endless SHOCK 2007」で知り合ったらしく、松本まりかさんはヒロインの”リカ”役を演じておりました。

その後、2013年には!二人が「ハワイ旅行で満喫しているところをスクープされた」らしく!”熱愛”と大きく報じられたのです。

そんな最中、話し合わせたように「二人して海外へ留学された」らしく!屋良朝幸氏は”ダンスレッスン”のため、松本まりかさんは”語学勉強”をするためにイギリスへ出向いていたそうです。

あまりにも時期が重なっていたこと【さらに!】同じ国を選ばなかったことが、なお一層!”疑惑”を招いたのです。

但し、日本に帰国された後は!新たな”スクープ情報”も起こらず、一方の松本まりかさんは”女優”としてブレークを果たしていたことから、誰の目から見ても仕事が多忙であり「恋愛している暇がない」ことが明らかであったのです。

また、屋良朝幸氏も最近!所属事務所の”ゴタゴタ”が続いていることで、プライベートの時間を持つことが難しく!あるいは、ご自身の「出処進退に関係する出来事」が、心配されていた最中でもあったことから!こちらも「恋愛どころの話ではない」状態でした。

なので、現在の二人には”恋愛臭”が全く無く!松本まりかさんも「ブレーク女優の一員」を飾ったことから「振付師との恋愛が続いている」とは、誰も信じがたい事実となったのです。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 2000年に、フジテレビ系列で放送された番組”超V.I.P.”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(takeshiyuuji )】

◇ テレビドラマ

・ 2000年に、NHK系列で放送された番組”六番目の小夜子”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(mm )】

◇ CM

・ 2000年に、”コカ・コーラ”が手がけた企業CM”日本コカ・コーラ”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ ラジオ

・ 2001年に、”文化放送”局が放送した番組”古本新之輔 ちゃぱらすかWOO!”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ 写真集

・ 2001年に、”ワニブックス”が手がけた作品”uper Marika”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(文献書院&ブンケンロックサイド )】

◇ 舞台

・ 2003年に、”青山円形劇場”によって公開された舞台”私とワタシ”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(ポスター小町 )】

◇ 映画

・ 2004年に、”JVD”によって公開された映画”GACHAPON!”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

◇ アニメ映画

・ 2004年に、テレビ東京系列で放送された番組”ポケットモンスター アドバンスジェネレーション”に出演され「アニメ映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(椿彩奈@ )】

◇ 吹き替え

・ 2006年に、”韓国テレビ”が制作した作品”春のワルツ”に出演され「吹き替えデビュー」を飾ります。

◇ ネットドラマ

・ 2014年に、YouTube系列で放送された番組”デートとは何か”に出演され「ネットドラマデビュー」を飾ります。

◇ PV

・ 2015年に、”ヴァレンティノ・カーン”が手がけた作品”Deep Down Low”がリリースされ「PVデビュー」を飾ります。


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
石田 汀花
読み
いしだ まりか
生年月日
1984年9月12日
仕事
女優・ナレーター・声優
出身地
東京都
所属事務所
A-team
血液型
B型