今や日本の”俳優界”でも”ベテランの域”に達したと言える女優の「松嶋菜々子」さんですが、【なんと!】コンスタントに続けてきた芸能活動(女優業)をここに来て「休業」することが明らかとなりました。

松嶋菜々子さん”46歳”で、自身初となる芸能活動(女優業)休業宣言のようです。

その芸能活動(女優業)休業の理由は、こちらも驚きの【なんと!】娘の”留学”によるため?との事。



引用元【インスタグラム(nanakotw)】

一方を伝えたのは芸能誌でお馴染みの”女性自身”のようで、テレビ局側が来年(2020年)からの”仕事オファー”をかけたところ”所属事務所”から見事に「断られた」そうです。

仕事内容は、かなりの”好条件”であったにも関わらず”断られて”ので、理由を追及したところ「来年から娘(長女)が”海外留学”するので、それに付き添うため」と伝えられたそうです。

確かに旦那「反町隆史」氏との間には二人の”姉妹”が居りますが、長は来年(2020年)3月に”都内”の「私立中学校」をご卒業される予定です。

ちなみに三つ離れた”次女”も同様に、長女と同じ”中高一貫”の学校をご卒業される予定です。

報道によると松嶋菜々子さんは、以前から”英語教室”でレッスンを受けたり”海外生活”の準備を行っていたらしく、長女を「留学させるためのプラン」を整えていたのだとか?

そのため、相当”美味しい”仕事でさえ断り”留学”する娘に「クッ付いて」行く事は既に決めていたご様子です。

しばらくは”大和撫子”が見れなくなりますので?松嶋菜々子さんにスポットイン!

追記)この情報が報じられた後に、所属事務所から「誤報」であることが伝えられました!

“誤報”を受けた所属事務所は、相当”ご立腹”の様子で「事実無根で誤った内容!」として”否定”をされたご様子です。

また「本人のプライベートや子供に関わることは、今後も事務所として取材に応じるつもりはありませんし、憶測で嘘の記事を書かれる事にとても困惑しております」等と続け、週刊誌が報じた”情報”は全て「嘘」であることを”正式表明”されたようです。

どちらが正しいのか?は気になる所ではありますが”プライベート”なことであり、さらに”人気俳優”の「ご子息」のお話なので、子供たちのこれからの事を感がると・・・。

静かに見守った方が良さそうですよね♪



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ 反町隆史は?
・ ブレークドラマ!
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 松嶋菜々子さんの中高大学は?

松嶋菜々子さんは1973年10月13日生まれの46歳(2019年)で、ご出身は「神奈川県横浜市」です。

ご出身の”神奈川県横浜市”にあるご自宅で、ご両親と兄の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、松嶋菜々子さんも(神奈川県横浜市)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の神奈川県横浜市にある”横浜市立矢向小学校”にご入学されたと判明しております。

ご家族は”ご両親”と二歳年上の”兄”がいて、ご自身は”長女”として生まれ育ったようです。

“生まれ育った”のは神奈川県横浜市ですが、ご両親は”東北地方”のご出身で父親は”青森県”、母親は”岩手県”で、「田舎育ちカップル」の間に”授かった”子供さんとのこと。

但し、ご本人は”生まれた時”から”横浜”で慣れ親しんだことで、東北の”訛り言葉”は話せないご様子!

小学校時代は、一年生の頃から二歳年上の”兄”と一緒に「ピアノ教室」に通っていたそうで、”約三年間”ピアノレッスンを受けていたそうです。

また非常に”動物好き”な少女であったらしく、両親の会社の”社宅”に住んでいたものの”ペット飼育禁止”であった為、家族に”内緒”で「拾ってきた子猫」を密かに飼っていたのだとか?

小学校六年生頃になると急激に”身長”が伸び出し、小学生でありながら156cmもあったそうです。

なので、通学途中の電車内では”周囲の目”が気になり、当時は相当”コンプレックに感じていた”と後に語っております。

“長身”になった小学時代を終えると、中学校も地元の神奈川県相模原市にある”相模女子大学中学部・高等部”にご入学されました。

この中学校は”校名”の通り「中高一貫」の学校のため、中学校にさえ”入学”できれば”内部審査”のみで”エスカレーター式”で「系列高校」に進学することができます。

中学時代になると、”長身”を生かして「ソフトボール部」に入部していたそうで”エース”としてご活躍されていたのだとか?

また、”休み時間”になると「読書」をすることが多かったらしく、あまりにも”ハマった”時には次の授業を忘れるほど集中して「熱読」していたご様子!

学校へは”電車通学”であった為、毎月発行されていた”定期券”を大切に保管していたのだとか?

当時は多分”自動改札”が普及していなかったはずなので定期券ケースを利用していたと思いますが”ケース”を利用すると”必然的”に定期券が溜まった!ことを私も経験致しました。

今考えると結局”捨てる場所”が「ハッキリとしていなかった!」ことが原因ですよね。

“ソフトボール部”で青春を送った中学時代を終えると、高校も”内部審査のみ”で同校の系列校”相模女子大学高等部”にご入学されました。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

この高校は”部活動”が盛んで、特に「バスケットボール部・ソフトテニス部・吹奏楽部」が有名らしく、”インターハイ”や”全国大会”への出場経験があるそうです。

なので、中学から”ソフトボール部”に所属していた松嶋菜々子さんなので高校も”同部活”でご活躍されたのか?と思いきや、理由は分かりませんが高校では「書道部」に変更されたご様子!

きっと”高校レベル”にはついて行けない!と判断したのでしょう?

但し、”長身”であったことから「走ること」だけは”卓越”していたようです。

高校二年生になると”詳しい経緯”は分かっておりませんが”芸能界”に興味があったのか?生活用品販売社大手の”P&G”が放送していたCM「クレアラシル」に出演されており、自身初の「CMデビュー」を飾っておりました。



引用元【サイト(ニコニコ動画)】

さらに高校三年生になると”他薦か?”自薦か?”詳しいことは分かりませんが当時、”芸能人”を目指す女子学生から「登竜門的イベント」として称されていた大手化学メーカーの”旭化成”が行っていた”キャンペーンガール”に参加されます。

すると見事!「水着マスコットガール」に選ばれ、”芸能界入り”の「切符」を手に入れました。



引用元【外部(テレホンカード)】

“水着デビュー”を飾った高校時代を終えると、大学には「進学せず」に社会人となり芸能活動を”本格化”し始めます。

すると早速、高校卒業した年(1992年)に女性誌でお馴染みのファッション誌”ViVi”の専属モデルに抜擢され、さらに務めていた”旭化成”の”繊維キャンペーンモデル”も担当する事となりました。

さらに、同年4月からTBS系列で放送されたテレビドラマ”社長になった若大将”に出演し、自身初の「テレビドラマ&女優デビュー」を飾りました。

その後もコンスタントに”モデル”や”女優業”の仕事を熟し、確実に「知名度や人気」が上昇し始めて行きます。

すると1995年に、今までの”キャリア”では経験したことがない仕事”バラエティー”からのオファーを受けて、自身初の「バラエティー番組」デビューを飾ることとなりました。

そのバラエティー番組とは、フジテレビ系列で放送された人気バラエティー番組”とんねるずのみなさんのおかげです”に出演し、番組内のコント”近未来警察072″に登場し、”女優人”としては見ることが「あり得ない一面」を披露する事となりました。

それが機会となり、お茶の間からも”支持”されるようになり一挙に”ブレーク”を果たします。

人気&知名度が”抜群”になった1996年にはNHKの冠番組”連続テレビ小説”の「ひまわり」に出演し、”ヒロイン役”を見事に熟して「名実」共に日本のトップ女優の仲間入りを果たしました。

当時は「トレンディー女優」等と称されて人気を確率しておりましたね♪

また1997年に公開された映画”恋と花火と観覧車”で自身初の「映画デビュー」を飾りました。

それと同年に詳細は分かっておりませんが当時、所属していた芸能プロダクションから退くことが明らかとなり、「独立」することが発表されました。

また家電大手の”松下電工社”が手掛けていた人気CM”きれいなおねえさん”に抜擢され、”二代目イメージキャラクター”に就任する事となりました。

1998年には、現在の旦那「反町隆史」氏との”出会い”のキッカケとなったテレビドラマ”GTO”に出演して女性教師役”冬月あずさ”を演じ、”ドラマ人気”に大きく貢献されました。

さらに翌年の1999年には、フジテレビ系列で放送された人気医療ドラマ”救命病棟24時”に出演され、”人気話題作”に立て続けて「抜擢」されました。

2000年以降も”テレビドラマ”出演をメインに活動し、確実に”女優”の「キャリア」を積み重ねて行きます。

そして2001年にテレビドラマ”GTO”での共演がキッカケで”交際”していた俳優の「反町隆史」氏とめでたく”ご結婚”をされます。



引用元【インスタグラム(nanakotw)】

その後もNHKの大河ドラマ””利家とまつ”、人気を博したテレビドラマ”GTO”の劇場版、話題作として注目を浴びた”救命病棟24時”の続編、「機械的な家政婦」として話題を呼んだドラマ”家政婦のミタ”などに出演し、トップ女優の道をひた走って来ました。

プライベートでは、2004年に”待望”の「妊娠」が発覚し、そのまま”第一子”の女児が授かりさらに、2007年に”第二子”となる女児をご出産されております。

その間、”妊娠&出産”を繰り返すたびに”芸能界”を「休業」して、度々”姿”を消すことがありましたが、”人気”が途絶えることなく沢山の「話題作」に恵まれて、今に至っております。


スポンサードリンク


◇ 松嶋菜々子さんと反町隆史とは?

松嶋菜々子さんのご結婚相手(旦那)と言えば【そう!】それは!!テレビドラマ”GTO”での”鬼塚教師”こと俳優の「反町隆史」氏であることは誰もが知っていることですね!



引用元【インスタグラム(tamao76)】

このドラマは1998年7月にフジテレビ系列で放送された超人気学園ドラマで、元暴走族リーダーであった”鬼塚英吉”が突如「高校教師」になり、普通では”有り得ない”暴力教師が思春期真っ盛りの学生たちに立ち向かって行く!的なストーリーでした。

そのヒロイン役(冬月あずさ教師)を演じたのが「松嶋菜々子」さんでしたね!



引用元【インスタグラム(tv___kko)】

【なんと!】当時の”学園もの”では珍しい最終回での視聴率が「40%近く」を記録し、”驚異的大ヒット”となった名作ドラマです。

さらに、このドラマの”主題歌”には反町隆史氏の楽曲「POISON~言いたい事も言えないこんな世の中は~」がタイアップされ、この楽曲も”大ヒット”しましたね!

ただ”大ヒット”を記録したことで、その年の”紅白歌合戦”出場が固い!と誰もが思っていた矢先、和歌山県で起きた「毒物混入カレー事件」が発生したことで、楽曲の”POISON”と重なった為に”出場”が見送られた!として話題を呼んだことが記憶に新しいところです。

後に松嶋菜々子さんは、このドラマをキッカケに反町氏と出会い、”結婚”までに至ったのですが【実は!】ファン達なら誰もが知っている所ですがドラマに出演中は女優の「稲森いずみ」さんと”交際”していた!と伝えられていたのです。



引用元【インスタグラム(actor___love)】

稲森いずみさんとは両名が”共演”した”ビーチボーイズ”で知り合ったらしく、その当時から「交際をしていた!」と”噂”されていたのです。

そこにドラマ”GTO”で松嶋菜々子さんと共演し、”役”の影響もあって反町氏が徐々に松嶋さんに”アタック”するようになって行った!と言われております。

しかし、稲森いずみさんも反町氏との”別れ”に踏み切れずにいたらしく、反町氏が”約一年”をかけて「説得」した結果、ようやく”決別”に漕ぎつけたようです。

その後は、松嶋菜々子さんに”乗り換えて”ご結婚に辿り着きました。


スポンサードリンク


◇ 松嶋菜々子さんのブレークドラマ!

これまでに様々な話題作ドラマに出演し、見事!に”ヒロイン役”を演じてきた松嶋菜々子さん。

今ではスッカリ日本の”トップ女優”に成長し、1998年頃には”トレンディー女優”としてドラマ界に君臨しておりました。

そんな”トップ女優”の歴史をさかのぼると、忘れてはいけない名作が数多くありますよね!

その名作を一挙にご紹介♪


まずは1996年4月から放送が始まった”ひまわり”ですね!

この”テレビドラマ”はNHKでお馴染みの”連続テレビ小説”で放送されたもので、主人公”南田のぞみ”役で出演し、自身初のテレビドラマ「主演」を飾りました。


引用元【ツイッター(NHKアーカイブス )】




続きまして1998年に出演された「Sweet Season」ですね。


引用元【ツイッター(tttttmmmmvvvvvv )】

このドラマでは主人公の”藤谷真尋”役で出演し、「主演」に抜擢されました。

“不倫”をテーマにした「ラブ・ストーリー系」のドラマで、許されない”愛”を貫き、家族や周りの知人たち、上司などを巻き込んで行く”シーン”を描写したテレビドラマでした。


そして誰もが知っている、後に”旦那”となる「反町隆史」氏との”出会い”を果たしたドラマ「GTO」で、1998年からフジテレビ系列で放送された”学園ドラマ”でした。


引用元【ツイッター(ナガレデ真田 )】

このドラマは漫画家「藤沢とおる」氏の名作”GTO”をドラマ化した作品で、元暴走族のリーダー”鬼塚英吉”が突如「高校の教師」となり、”思春期”を迎えた「多感な時期」の学生たちに寄り添って難問を解決して行く”痛烈爽快”な学園ドラマでした。

今までには無い”学園ドラマ”のストーリー展開で、学生たちを中心に幅広い世代から指示されたテレビドラマです。

さらにドラマ内では主人公の”鬼塚英吉(反町隆史役)と同僚女性教員である”冬月あずさ(松嶋菜々子役)”とが「恋に落ちて行く」ストーリーであったのですが、現実に二人は”恋に落ち”、そのまま”ご結婚”までに発展したことで、世間の注目を”一身”に集めていましたね!

その”効果”もあり、ドラマは「大ヒット」を飾りました。


そして「救命病棟24時」ですね♪


引用元【ツイッター(フジテレビONE/TWO/NEXT(ワンツーネクスト) )】

このドラマは大ヒットを記録したことで、後に数年かけて”シリーズ化”されました。

“救命救急センター”を題材にし、”卓越”した治療の腕でどんな”難病”でも治す天才的ドクター外科医「進藤一生」をメインに、”弟子入り?”した「小島楓」が今にも消えそうな”命”と向き合い”諦めず”に最後まで治療に「葛藤する姿」を描いたテレビドラマでした。

その後”シーズン化”された後は、師匠でもある”進藤一生”を離れ、”小島楓”個人での活躍で難病を完治させ、たくさんの”患者”を救ってい行く姿を描いた”爽快感”溢れた「ストーリー展開」へとつながって行きます。

また、初期&シリーズ化されたドラマのほとんどのエンディング曲は音楽ユニット「DREAMS COMETRUE」の”楽曲”が採用され「”朝がまた来る”~”何度でも”~”その先へ”~”さぁ鐘を鳴らせ”」に至るまで、”長年”に渡ってドラマの「締め」を飾ってきました。

なので、毎回”DREAMS COME TRUE”の楽曲が放送で流れると、お茶の間の耳にも留まり幅広い世代から親しまれておりましたね♪


続きまして、松嶋菜々子さんが出演したドラマの中でも”高視聴率”を叩き出したテレビドラマとして有名な「魔女の条件」です。


引用元【ツイッター(竜胆(りんたん)??替え歌詞で北海道グルメ??英語は空耳??日曜除き昼頃ツイート?? )】

このドラマは1999年にTBS系列で放送されたテレビドラマで、最高視聴率が【なんと!】驚異の「29%」を記録した大ヒットドラマです。

松嶋菜々子さんは主演の”広瀬未知”役として出演されました。


続きまして、当時”お姉さん世代”から大人気であった俳優「竹野内豊」氏と”W主演”を果たしたドラマ「氷の世界」ですね!


引用元【ツイッター(?????????????? ???????? ??ブギーアイドル:したしみやすさ )】

このドラマは1999年にフジテレビ系列で放送された人気”ミステリー”ドラマです。

主人公”英器”役を俳優の竹野内豊氏が勤め、ヒロイン”江木塔子”役を松嶋菜々子さんが演じ、「W主演」として話題を呼んだテレビドラマです。

当時は、お姉ちゃん世代から人気を博していた”竹野内豊”氏の主演ドラマ!とあって放送が始まる月曜日21時(通称”月9”)になると、きっとテレビの前に「噛り付いて?」いたはずです(笑;)。

また普段ではあまり見かけることが少ない松嶋菜々子さんの「クールな”姿”」が印象的なテレビドラマでした。


続きましては、松嶋菜々子さんが演じてきた”ヒロイン役”では、ご自身に見事!”どハマり役”であったろうドラマ「やまとなでしこ」ですね♪



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

このドラマは2000年にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマです。

主人公の”桜子”の「性格・人間性・スタイル・考え方・恋愛観」が見事に!松嶋菜々子さんの”イメージ”に「ピッタリ」のドハマり役として、当時は「桜子ブーム」が起きておりましたね!

共演していた俳優「堤真一」氏も”大人の魅力”を思う存分発揮し、”桜子”の「健気な可愛さ!」をより一層、”映えさせて”おりました!

この話題作への出演を”機会”に、”松嶋菜々子”さんは「第二の大ブレーク」を向かえます♪


続きまして、名歌手でありながら俳優としてもご活躍中の「福山雅治」氏とW主演を務めたドラマ「美女か野獣」ですね!


引用元【ツイッター(?ぽぽ?ん?ん )】

“言わずと知れた!”世の女性ファンをたくさん抱えている歌手「福山雅治」氏とのダブル共演で話題を呼んだテレビドラマで、2003年フジテレビ系列で放送されました。

“女性ファン”を多く抱えている王子「福山雅治」氏との”恋愛ドラマ”であったことで、その女性ファンたちからは若干、松嶋菜々子さんに対して”ブ~イング”が起きたことが話題となっておりましたね!

後にプライベートでの”二人の関係”を気にする女性たちからの”声”で、ネット界では大盛り上がりしておりました(笑;)。

そして最後に、今まで見たことが無い”ドラマ設定”で注目を浴びた「家政婦のミタ」ですね!


引用元【ツイッター(majikichi007 )】

このドラマは2011年に日本テレビ系列で放送されたテレビドラマです。

機械的な”無表情”の家政婦が、ご主人様の依頼であれば何でも引き受ける”無常熾烈”な姿を描いた作品で、主人の依頼を了承する言葉「承知しました。」が非常に印象的なドラマでした。

このドラマでは「機械的な行動」を熟す家政婦”三田”役を松嶋菜々子さんが演じました。

ドラマ内容が結構”ハード”な部分もあったことから話題を呼び、最高視聴率を40%叩き出した松嶋菜々子さんの”女優業”の中でも「代表作」と言えると”一作”ではないでしょうか!


スポンサードリンク


◇ 松嶋菜々子さんのプロフィール

本名
松嶋 奈奈子
読み
まつしま ななこ
生年月日
1973年10月13日
仕事
女優・モデル
出身地
神奈川県横浜市
所属事務所
セブンス・アヴェニュー
血液型
A型