日本の女優さんの中でも「個性派」と言えば?の問いかけに必ずやその名が浮かび上がるで
あろう人気実力派女優の「室井滋」さんですが、最近バラエティー番組やトーク番組への
出演数が増えており「マルチ」なご活躍をなさっておられます。

特に日本の女優さんの中でも「猫好き」で知られ、自身が大ブレークを果たすきっかけと
なったのもテレビドラマ「やっぱり猫が好き」でしたよね!

猫と「運命的関係」にある室井滋さんですが意外に「プライベート」な情報は露出されておらず
普段何をなされているのか興味があるファンも多い事かと思います。

そこで日本の実力派女優「室井滋さん」に注目してみました。


引用元【インスタグラム(ginzamagazine)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ 旦那や子供は?
・ 絵本しげちゃん一座とは?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 室井滋さんの中高大学今は?

室井滋さんは1958年10月22日生まれの59歳(2020年)で、ご出身は「富山県滑川市」です。

ご出身の”富山県滑川市”にあるご自宅で、ご両親とご本人の三人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に
有る学校に通うのが一般なので、室井滋さんも(富山県)内の小学校・中学校に通っていたと
“推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の富山県滑川市にある”滑川市立寺家小学校”にご入学されたと
判明しております。

ご家族は”ご両親”と”ご本人”だけなので、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子!

ご自宅は地元でも有名な”造り酒屋”であるらしく、自宅の仕事が忙しかったことから親からは
構われず、幼少期は”おばあちゃん子”として育ったご様子!

父親は、”早稲田大学”のご出身で将来は「作家」を目指していたのだとか?

また”人格”が非常に不真面目で、地元でも有名な”トラブルメーカー”として通っており、毎晩の
ように”酒”と”ギャンプル”で、悪れていたそうです。

なので、いつから”造り酒屋”を継いだのか?までは分かっておりません。

幼少期は、非常に体が弱く「小児結核」になった経験がるのだとか!?

また、自宅で”造り酒屋”を営んでいただけあって、生活面では「裕福な家庭!」に育ったらしく、
四歳頃から「ピアノ」のレッスンに通っていたそうです。

毎年行われている、地元”越中八尾”での”お盆”のお祭り「おわら風の盆」に、”親戚”と一緒に
出かけていたそうです。

小学校時代になると、ご両親が「離婚」されたそうで、ご自身は”父親”に引き取られた模様!

なので、その後の”母親”の行方は分かっておりません。

また、学校の恒例行事「運動会」では毎年習慣となっている踊り「ホタルイカ音頭」を踊って
いたそうです(年代を感じますよね!)。

さらに、祖父が捕まえた”ニワトリ”を目の前で、”丸裸”のまま調理し、そのまま食べさせられた
そうです。

“ピアノ”のレッスンを、小学六年生まで続けた小学時代を終えると、中学校も地元の富山県
滑川市にある”滑川市立滑川中学校”にご入学されました。

中学時代になると、”父子家庭(一人親家庭)”で育っていたことから、相変わらず”祖母”と
遊ぶ時間が多く、さらに父親が仕事で忙しかったことから、子供(室井滋さん)の面倒を
見なかったそうです。

・・・とは言っても、”祖母”は早寝であったことから、夜の時間は一人で過ごすことが殆どで、
自ら「映画や舞台」を見に行っていたそうです。

この辺から既に、”役者”への興味を持ち始めていたのでしょう。

中学時代には”しょっちゅう”、父親が「再婚」のために”お見合い”に出向いていたそうで、
それに毎回”同席”させられていたそうです。

ごく”普通”な中学時代を終えると、高校も地元の富山県にある”富山県立魚津高等学校”に
ご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子!

高校時代になると、かなり”思春期”を迎えていたようで、若干”オカマ系”のある”日本史”を
担当する”教員”の悩み事(恋愛相談)などを聞いてあげていた!とのこと。

運動部は”陸上部”に入部していたらしく、一般的な”花形種目(100m・200m・400m)”
よりかは、跳躍競技やリレー、さらにハードルなどが得意であったご様子!

なので、学生時代はかなり「運動神経が良かった!」模様です。

一方で、学園内では”演技”に興味があったようで、高校で毎年催されている”文化祭”の時に、
「演劇」が披露される事となり、それに参加して演技を行ったところ「病みつきになった!」
らしく、そこから”女優”を目指すようになったのだとか?

また”自宅内”では、父親にようやく「再婚相手」が見つかったようで、”ママ母”との生活が
スタートすると、自身と父親の「好みの違い!」が大きかったらしく?ママ母と合わなかった
ことから自身高校二年生の時に、約一年間の生活を共して、また「離婚」をしたそうです。

高校の”ご卒業時期”を迎えると”大学進学”を考え始めた時に、父親の母校でもある”早稲田大学”
へのご入学を検討し始めたそうです。

すると1977年に、志望校の”早稲田大学”を受験して見事!「社会科学部」に合格されます。

そのため、高校ご卒業後は地元の富山県を離れ、一路「上京」する事となりました。

上京するにあたって”父親”から「生活に困ったらこれを売れ!」とのことで、”太宰治””の小説
「斜陽」が渡されたそうです。

また「痴漢防止の為!」として、”撃退法”などを伝授?されたそうです。

その後、大学生活がスタートするとシネマ研究会の”七転舎”に在籍されたらしく、そこで
約100本の「自主映画」に参加させられたそうです。

その後、”様々”な活動を行う中で、大学で「進級できない年!」が何年もあったらしく、結局
大学生活を「七年間」続けた挙げ句「中退」をされた模様です。

大学時代は、上記したように”シネマ研究会(七転舎)”に所属しており、早い段階から”映画
制作”に関わっていたようなので、それが原因で「進級」できなかった可能性が高いです。

何故、それが「進級できなかった原因!」と推測されるのか?と言うと、上記した通り”シネマ
研究会では、かなり「自主映画」にハマっていたらしく、ご自身が納得いくまでトコトン!
映画制作に”没頭”していたようで、時間を忘れての作業は、大学進学をも遅らせてしまった!
のでしょうね!

但し、周りでその”姿”を見ていた関係者からは「自主映画の女王!」等と呼ばれ、当時から既に
「女優としての”考え方”や”行動”」を身に着けていたのでしょう。

特に自身が好きな小説家が「村上春樹」氏のようで、村上氏の小説を映画化した作品「風の歌を
聴け」や「パン屋襲撃」、更に「100%の女の子」等に出演し、映画デビューを果たして
おります。

元から「自主映画」が好きだったことから1982年に映画監督「長崎俊一」氏が手がけた作品
「闇打つ心臓」に出演し、当時映画界ではまだ知名度が低かった俳優「内藤剛志」氏と共演を
果たしております。

この出会いがきっかけなのか?は分かりませんが、特に仲が良かったようで後の作品でも共に
「名演技」を披露することにつながります。

またこの作品は当時ブームであり、映画制作で一番ポピュラーな方法での「撮影方法」であった
「8mm幅のフィルム」で制作された「8mm映画」です。

その後、現在は女性名司会者として超有名である「黒柳徹子」さんが書き下ろしたエッセイ作
「窓ぎわのトットちゃん」から派生して誕生した映画「トットチャンネル」の中で使われていた
楽曲「東京ブギウギ」の歌を担当し自身初となる「歌手デビュー」を果たしました。

そして、その翌年にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ「やっぱり猫が好き」に出演し、
女優でエッセイストの「小林聡美」さん、当時から「個性派女優」として評判が高かった
「もたいまさこ」さんと共に「恩田三姉妹」を演じました。


引用元【インスタグラム(e3m1i1)】

すると「小林聡美」さん「もたいまさこ」さん「室井滋」さんが演じた役柄とドラマ内容が
「コメディータッチ」の部分も多かったことから深夜番組にも関わらず「大ヒット」して
一挙に三名の女優さん達の名が世に広まって行きます。

元から女優として「個性派」で人気があった「もたいまさこ」さんも一段と人気を獲得して
おりましたが、それよりも「小林聡美」さんと「室井滋」さんについては、今までにそれ程
女優として世間から「認知」されていたかったのに、この作品の大ヒットにより、女優さんで
あることが知られ、更に独特な個性あるスタイルがウケて、今までの女優さんとは違った姿を
披露したことで、一挙に全国区へとなったことを私は今でも鮮明に記憶しております。

それ程、両名にとっては「女優業の起点」となった作品でしょう!

それ以降、女優「室井滋」さんに注目するテレビプロデビュー・CM各社・映画監督・舞台監督
ラジオ局のディレクターなどが増え「出演依頼」が殺到したそうです。

またプライベート情報も少しづつ明らかになり始め、その中で大の「酒好き」であることが
明るみに出ると、自身も出演したテレビ番組で「酒豪」であることを伝え始め、日本酒について
語ったりする機会が増えたことで、日本酒の普及に貢献した?として1992年に日本酒造組合
中央会から日本酒大賞「奨励賞」が送られたそうです。

多分ご自身としては「話の流れで」日本酒について語っていたとは思いますが、思わぬ所からの
「賞」が舞い降りたことから「相当ビックリ」したのではないでしょうか?

女優として「名実共に」ご活躍されていた1995年には映画監督「渡邊孝好」氏が手がけた
作品「居酒屋ゆうれい」に出演すると、日本の女優人として優れた才能が開花し関係者から
認められたことで↓↓↓

◇ 報知映画賞最優秀助演女優賞
◇ 日本アカデミー賞最優秀助演女優賞
◇ キネマ旬報最優秀助演女優賞
◇ ブルーリボン賞助演女優賞
◇ 毎日映画コンクール女優助演賞


この年(1995年)の女優に関連した「映画賞」を軒並み受賞されました。

更に女優人としてだけではなく、自身のキャラクターを世に広めて別の意味で人気物となった
日本テレビ系列で放送されていたバラエティー番組「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」へ
「レギュラー出演」を果たし、僅かな期間でしたが「女優」ではない一面をお茶の間に届け
番組を盛り上げておりました。

またバラエティー番組での活躍が目立ち始めると各テレビ局からのオファーが増え始め、
当時「無茶苦茶な企画」で人気を博していたバラエティー番組「進ぬ!電波少年」からも出演
オファーがあり、ちょうど司会を務めていたバラドルの「松本明子」さんが産休に入ることから
「代役」としての出演が急遽決まったそうです。

この頃からバラエティー番組への出演が多くなる一方で、幅広くマルチな活動が目立ち始め
執筆業を行ったり・声優やナレーター、更に音楽活動なども盛んに行うようになって行きます。

特に2015年にリリースしたアルバム「信じるものなどありゃしない」では同郷(富山県)の
出身であるシンガーソングライター「W.C.カラス」とのコラボが注目を集め、リリース記念
ライブなど開催しておりました。

地元「富山県」を盛り上げるために「一肌脱いだ」のでしょうね!

女優のみならず「マルチ」な活動を行いながら現在に至っております。


スポンサードリンク


◇ 室井滋さんの旦那や子供は?

実は室井滋さん!ご年齢的にご結婚されていると思われがちなのですが、まだ未婚の女性です。

しかし「事実婚」をなされてはいます。

そのお相手と言うのが映画監督で有名な「長谷川和彦」氏です。


引用元【インスタグラム(the_films_in_my_life)】

事実婚の関係?とは「戸籍」を入れず生活環境が普通の夫婦と同じ・・・的なことです。

二人は「映画関係者」だったことで結ばれたと思う方が多いようですが実は、「映画監督」も
「女優」も関係なく、ある雑誌が開催したイベントに「審査委員」として出演していたようで
そこで二人は初めて出会い「長谷川監督」の方からアプローチを仕掛けたそうです。

お互い年齢差はあったものの「仕事上の話」が合ったのか?二人の仲は「同棲」するまでに
至ったそうです。

この情報がメディアから伝えられると世間からの注目度も増し「ご結婚」の話もチラホラ
聞こえるようになった矢先、長谷川監督が「妻子持ち」であることが発覚し室井滋さんの立場は
「ご結婚相手」から「不倫相手」へと変化し「祝福ムード」から一変「冷ややかムード」へと
世間の目が変わって行きました。

しかし様々なことが後に起こりましたが(笑;)1992年に晴れて?長谷川監督が離婚をし、
室井滋さんと共にすることを決めたようです。

「離婚」したのですから「ご結婚」されても良いと思うのですが、今だに二人は事実婚状態を
継続しているらしく、その理由として室井滋さんがご結婚後に自身の「苗字」が変わることに
抵抗があるから!と言われております。

でも今の日本の結婚制度には「夫婦別姓」が作られているので、別にご結婚後に代える必要は
ありませんが、以前の日本の「結婚制度」が「身に染みている」世代には、やはり「ご結婚=
苗字が変わる」イメージが強いのが一般なので、今でも抵抗があるのでしょう。

また室井滋さんは大学時代に「実の父親」を亡くしているそうで「室井」の苗字を引き継ぐ
「跡取り」は自身しかおらない「身内環境」のようなので、それも苗字を変更されたくない
理由の一つでもあるそうです。

何となくですが、同じ「昭和生まれ」として分かるような気がします。

では「子供」についてはどうなんでしょうか?

残念ながら今だに長谷川監督と室井滋さんの間には子供が授かっていないそうです。

ただ長谷川監督は前妻との間に子供が授かっており、血のつながった子供がおります。

しかし室井滋さんは妊娠の経験すらありません。

二人は「事実婚」のため、子供がいなくても「おかしな夫婦」には見られませんし、ご年齢的に
見ても「子作り」はかなり厳しいと思われいます。

ただ万が一、室井滋さんとの間に子供が授かった場合は「真面目に育てる」とコメントを残して
おりますので、以前は「子作り」を前向きに考えていたのかも?ですね!

室井滋さんも「子供の代わり」ではないと思いますが以前から「猫好き」で、たくさんの猫を
家で飼い、大切に育てているそうなので「仕事もプライベート」も満足行く人生を歩んでいると
他方からはお見受けできるので、このまま「事実婚」を貫いて行くことでしょう!


スポンサードリンク


◇ 室井滋さんの絵本トークしげちゃん一座とは?

実は室井滋さん!絵本作家としても有名で「絵本」を普及するための活動を行うために
自ら「しげちゃん一座」と言うユニットを立ち上げ、幼少期の子供達に絵本を読み聞かせしたり
イベントを開催しステージから絵本を朗読したり、面白トークを繰り広げたり、素敵な楽曲を
披露したりして子供達を楽しませております。

この絵本を普及するために作った「ユニット」に参加しているメンバーは絵本作家の「長谷川
義史」氏、ジャズ・サックス演奏者の「岡淳」氏、翻訳家の「大友剛」氏の4名で構成されて
おります。


引用元【インスタグラム(shiho.76)】

開催しているイベントは、あくまでも「子供ファースト」で子供達を巻き込んでの「企画」を
行ったり「意表を突いた格好」の室井滋さんが登場し、親を含め会場を盛り上げて「笑が多い」
ライブショーとして親御さんにも人気があるようです。


引用元【インスタグラム(geko1208)】


スポンサードリンク


◇ 室井滋さんのプロフィール

本名
室井滋
読み
むろい しげる
生年月日
1958年10月22日
仕事
女優・ナレーター・エッセイスト
出身地
富山県滑川市
所属事務所
ホットロード
血液型
O型