日本の俳優界ではスッカリ!”演技派女優”として定着し、”恋愛モノ”から”コメディー作品”まで!幅広い役柄を見事!に熟すように成長された女優の「長澤まさみ」さん。

何やら?最新の話題作映画に出演され【なんと!】自身初の「濡れ場に挑戦した」として、大きな注目を浴びている模様です。

長澤まさみさん”32歳”にして、初の「濡れ場?」に挑戦されたのでしょうか?

その気になる”濡れ場”を含め!女優「長澤まさみ」さんについて紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(Yahoo!ニュース )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校
・ 濡れ場に初挑戦?
・ すっぴんがヤバい?
・ 長澤竜太とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 濡れ場に初挑戦?


“長澤まさみファン”にとっては、”冒頭”から良からぬ”噂”でお騒がせし!大変申し訳御座いません。

“濡れ場”ではなく「汚れ役」でした(笑;)。

逆に、期待された”映画ファン”の皆様!”その道の関係者”の皆様!誠に残念でした・・・。

その「勘違いを呼んだ映画」とは!昨年(2019年)の”初夏”頃に撮影されていたと言う、最近”映画界”での著しい活躍ぶりを見せている「大森立嗣」監督が手がけた最新作「MOTHER マザー」で、今年(2020年)の「初夏」頃に公開予定とのこと。





長澤まさみさんの”役所”は「自堕落で奔放な母親」とのことで、今までのイメージ(清楚・気品・コメディエンヌ)とは打って変わった「行きずりの男達と肉体関係を持ち、その場しのぎで生活を送る自堕落な女(秋子)」を演じるらしく【まさに!】”汚れ役”と呼ばれて相応しい”役柄”に起用された模様です。

キャスティング人は、”ダメ・ホスト”で内縁の夫を演じるのが名俳優「阿部サダヲ」氏、長澤まさみさんが演じる「秋子」の子供役として”子役”でお馴染み「郡司翔」くん、その他にも豪華俳優陣がキャスティングされております。

映画”マザー(mother!)”と言えば、2017年頃にアメリカ映画で制作された監督「ダーレン・アロノフスキー」が手がけた作品が有名ですが、当時この作品は全米で”大ヒット”を記録し、映画の祭典でお馴染み”ヴェネツィア国際映画祭”にも出品された「優作」です。

しかし、日本での公開がされなかった!ことで”話題”を呼び、後に”DVD”のリリースによって日本人でも視聴する機会に恵まれて、日本国内でも結構!”有名”な作品となりました。

今回公開される映画とは、”内容”も”ストーリー”も全く違いますが「題名」が同じだけに!間違いなく”映画ファン”や”長澤まさみファン”から注目が集まることでしょう。

なので、記念すべき「オリンピック・イヤーの今年(残念ながら新型コロナウイルスで延期)」になっても、全く”女優”としての衰えが見えない期待の星!長澤まさみさんに、否応無しにも期待が寄せられるはずです。


引用元【インスタグラム(masami_nagasawa)】


スポンサードリンク


◇ 小中高校


長澤まさみさんは1987年6月3日生まれの32歳(2020年)で、ご出身は「静岡県磐田市」です。

ご出身の”静岡県磐田市”にあるご自宅で、ご両親と兄の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、長澤まさみさんも(静岡県磐田市)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の静岡県磐田市にある”磐田市立富士見小学校”にご入学されたと判明しております。

ご家族は”ご両親”と”兄”がいて、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子!

“父親”はお馴染み「プロサッカー選手」として、地元の”磐田市”でご活躍されたジュビロ磐田の元選手で”初代監督”を努めた「長澤和明」氏です。

「どこでも連れて行ってくれる仲良し父ちゃん」とのことで、幼少期から非常に仲が良かったご様子です。

但し”仕事柄”、家にいる時間が短かったことから長澤まさみさんにしてみれば、一緒に居れる時間を”阻害”している「サッカーを嫌っていた」とのことです。

また、”母親”は下着メーカーの代理店で働いていたそうで、以前は”モデル”として芸能活動のご経験があるらしく、現在の娘(長澤まさみさん)と同様に相当!な”スタイルや”ルックス”を誇っていたらしく、かなり人気を集めていたご様子です。

【さらに!】年齢の”差”は分かっておりませんが”兄”が居るそうで、衣料品メーカーでお馴染み”ユニクロ”や、衣料品の輸入代行として有名な”ZARA”等で働いている!との情報があるそうです。

この”兄”とは子供頃に、よく”ケンカ”をしていたらしく、”口喧嘩”なら負けていなかった!とのことです。

そのため、あまりに”ケンカ”が多かったことから両親に叱られて「外に追い出された!」ことが数回あるそうです。

また、少女期は”お年寄り”と接する時間が多かったそうで、友達と遊ぶ際は”お年寄り”も仲間に加わって居たようです。

その一方で、”習い事”にも通っていたらしく”モダンバレエ”や”ジャズダンス”のレッスンを受けていたご様子!

小学校時代には、他の子供達よりも「食が細く」”給食時”には、あまり食べれない少女であった模様です。

そのため、”運動神経”は良かったものの”体力”に問題があったようで、”場所”は定かではありませんが、”川”か”海”で「溺れた経験」があるようです。

・・・とは言っても、元から”ダンスのレッスン”を受けていた事から「ミュージッククラブ」に入り、部活は”バスケットボール部”に入部していたご様子です。

但し、非常に「人見知りが激しい性格」であったらしく、人と付き合うのが大の”苦手”で、周りから見ると「”ツン”としている”クール”なイメージ」を持たれていたそうです。

小学校六年生になると異常に”身長”が伸びたらしく、その時点で”168cm”もあったようです。

また”この年”には、父親の所属クラブ「ジュビロ磐田」に所属していた、元名プレーヤーの「中山雅史(当時はゴン中山!)」の奥さんである元女優「生田智子」さんが、小学校六年生でありながら、その「稀に見る長身!」と「可愛いルックス!」に”一目散”に注目し、生田さんが所属していた「東宝」のオーディションに応募することを勧めたそうです。

その”勧め”によって1999年度に開催れた「東宝シンデレラオーディション」に参加され【なんと!】三万五千人以上の応募者の中から見事!”グランプリ”に輝き、”芸能界入”の「切符」を手に入れたのです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

但し、実際に長澤まさみさんがこのオーディションに参加する”決意”を決めたのは、女優の「水野真紀」さんに憧れを抱いていたことが大きかった!と、後に語っております。

ちなみに、このオーディション(東宝シンデレラ)のご出身者は、女優の「沢口靖子」さん「水野真紀」さん「浜辺美波」さん「上白石姉妹(萌歌・萌音さん)…など」の、今を輝く錚々たる”芸能人”が育った模様です。


引用元【ツイッター(はまみい )】

“史上最年少(12歳)”でグランプリを勝ち取り、手にれた「芸能界入りの切符」を直ぐに使う事となります。

芸能界の”切符”を手に入れた小学時代を終えると中学校は、地元の静岡県を離れ一路”上京”して東京・中野区にある”中野区立第九中学校”にご入学されます。

【実は!】中学校は一度、地元の磐田市にある”磐田市立城山中学校”にご入学されましたが、既に”芸能活動”を行っていたので、それを考慮(多忙)して地元から離れる”覚悟”を決めたらしく、ご自身中学校”二年生”の時に上京して、この学校に”転校”をされました。

きっと!芸能界入りの「チャンスに気づかせてくれた!」”ゴン中山”氏の奥さんで元女優の「生田智子」さんからの”アドバイス”もあったことでしょう。

中学生一年生の時は、通っていた地元の磐田市立城山中学校に居た”サッパリ系の男子”に「初恋」を抱いたようです。

その彼に”告白”したのか?までは分かっておりませんが、きっと「クールな性格の持ち主」の”長澤まさみさん”だけに!自ら「声をかけること」は無かったことでしょう。

【さらに!】バレンタイン時期には、”二つ年上”の先輩に「義理チョコ!」をプレゼントし、その後”仲”が良くなり「一緒に下校する機会があった」とのことです。

なので【かなり!】”おませな中学生”であったご様子です。

芸能界入の”切符”を初めて使った作品は、同年(2000年)に公開された映画”クロスファイア”への出演であり、この作品にて自身初の「芸能界デビュー&映画デビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(かのん )】

【さらに!】”ティーン”向けのファッション雑誌”ピチレモン”に「専属モデル」として抜擢され、同年12月から放送されたTBS系列のテレビドラマ”弁護士迫まり子の遺言作成ファイル3”に出演されて、自身初の「テレビドラマデビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(長澤まさみの笑顔が世界を救う )】

そして、中学校”二年生”になった頃に放送された、読売テレビ系列のテレビドラマ”Pure Soul~君が僕を忘れても~”に出演し、自身初のテレビドラマ「レギュラー出演」を飾ります。


引用元【ツイッター(レイチェル )】

その後、中学二年生なったと同時の早春に”上京”を果たして!東京の中学校(中野区立第九中学校)に通い始めました。

ちなみに、”上京”した際に、同じ”東宝シンデレラオーディション”出身(審査員特別賞受賞者)の「大塚千弘」さんと”同居”することになったそうです。

大塚千弘さんは、後に同じ女優として活動し【さらに!】歌手としてもご活躍されている女性です。

現在は、俳優でお馴染み「鈴木浩介」氏とご結婚され、芸能活動は”低迷”している模様です。


引用元【ツイッター(サトルさん@昭和60年男 )】

その後”中学校三年生”の2002年に、NHKで放送されているお馴染み”連続テレビ小説”の「さくら」に出演し、俳優「河西健司」氏と女優「浅田美代子」さんの”長女”である「沼田佳奈子」役を演じて、自身初の「連続小説デビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(Yuzuchan)】



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

”女優”としての才能を”開花”させ始めた中学時代を終えると高校は、芸能人御用達でお馴染み”堀越高校”の「トレイトコース」にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

但し、”普通科”はコース別となっており「進学・進路選択コース、体育コース、トレイトコース、育英コース」の四コースが設けられております。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子!

“専門性”を重視しているこの学園の中でも「トレイトコース」は、各コースの中でも唯一!”単位制”が導入されており、他の”活動”で「授業を受けるのが困難」な学生たちには、仕事に”負担”が掛からないようにするための「優しい教育方針」を採用しているコースです。

なので、既に芸能活動で”多忙”を極めていた長澤まさみさんでしたので、仕事で学習が困難にならないためにも、この”コース”を選択されたのでしょう。

ちなみに、この時の同級生には女優の「鈴木杏」さんや、アイドルグループ”News”のメンバー「手越祐也」氏が居るそうです。

鈴木杏さんとは”仕事柄”!特に”仲”が良かったらしく、同じ”業界”の相談等をしながら、いつも「一緒にいる存在であった」とのことです。

また、高校生になると更に仕事が”多忙”になった事から、学校には”しょっちゅう”「寝坊」して”遅刻”することが度々あったご様子です(笑;)。

高校一年生の2003年に出演した映画”ロボコン”では、自身初の映画での「主演デビュー」を飾ると共に、年末に行われた”日本映画の祭典”でお馴染み「日本アカデミー賞」で、自身初との「新人俳優賞」を受賞して一躍、世間や業界から大きな注目を集めます。


引用元【ツイッター(∠フロンティア )】

高校二年生になると、小説家「片山恭一」氏の名作”世界の中心で、愛をさけぶ”を映画化された作品に出演し、ヒロイン”広瀬亜紀”役に抜擢され「白血病を患った少女役」であったことから、自ら”頭髪”を全て剃り落とし「スキンヘッド」にしたことで、話題を呼びました。

すると、その”効果”が絶大で!映画は大ヒットを記録すると共に、ご自身も女優として大きく「ブレイク」を果たしました。

【しかも!】この作品で、日本映画史上「最年少(17歳)」で日本アカデミー賞の”最優秀助演女優賞”を受賞され「スキンヘッド」の効果が、いかに絶大であったのか!を知らしめる結果となりました。

そのため、日本中で「セカチューブーム」が巻き起こり!世間からは否応なしに”次回作”に注目が集まることに・・・。

・・・ところが、ヒロインを演じた長澤まさみさんからすると、それがかなりのプレッシャーに感じていたらしく、一時は「女優を辞める覚悟」を抱くほどに、追い詰められたそうです。

しかし周りの”協力”や、辞めたことでの”損失”や”悲しむ方”を考えた時に「留まる決意に至った」そうです。

なので、万が一!ここで”女優”を諦めていたのなら、後に名作となる「深呼吸の必要、タッチ、ラフROUGH、涙そうそう、潔く柔く、50回目のファーストキス、コンフィデンスマンJP」などのヒット作は、生まれなかったことでしょう。

そして、この年(2005)の9月から公開された映画で!”国民的”人気マンガ「タッチ!」を”実写化”された作品に、ヒロインの「浅倉南」役で出演し、”タッチファン”と豪語するお笑いタレントの「明石家さんま」氏や、マンガファン、世の男性から大きく支持され!長澤まさみさんを「代表する一作」となったに違いありません。


引用元【ツイッター(天衣無縫 )】

【さらに!】この年から放送された飲料メーカーでお馴染み”カルピス社”の企業CM「カルピスウォーター」に抜擢され、”若々しい”スタイルと”美白”のお肌を武器に、カルピスの知名度拡大に大きく貢献されます。


引用元【ツイッター(kooss公式 編集室(run) )】

すると”カルピスCM”が「好評」を得たことから、後に”シリーズ化”され、様々なバージョンが制作されると、長きに渡って放送されるようになります。

その後”人気絶頂期”に入った高校三年生で”卒業間近”な頃に、NHKで放送されているお馴染み”大河ドラマ”の「功名が辻」に出演し、自身初の「大河ドラマデビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(ふる(どうでしょう藩士) )】



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

”女優一筋”で活動した高校時代を終えると、大学には「進学せず」に社会人となり、芸能界に”慢心”するようになります。

高校を終えた2007年に、フジテレビ系列で放送されているお馴染み”月9”で放送されたテレビドラマ「プロポーズ大作戦」に出演し、最高の”視聴率”を叩き出すと共に自身初の「月9デビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(パリさん )】

翌年の2008年には、フジテレビ系列の番組で放送されたテレビドラマ”ラスト・フレンズ”に出演し、社会問題となっていた「DV、性同一性障害、性的虐待」などに、若干”二十代”の若手俳優人が挑む!とあって注目を浴び、最高視聴率”約23%”を記録して大ヒットを記録します。


引用元【ツイッター(LINE NEWS )】

その後も数々のテレビ話題作、名作映画、人気CM、バラエティ番組などに出演され”安定的”な人気を保ちながら、確実に”女優”の「キャリア」を積み重ねて行きます。

そして、最近では2018年に公開された映画”コンフィデンスマンJP”に出演し、主演の「ダー子」役を演じて、映画の大成功に貢献されます。


引用元【ツイッター(あなたのお耳に )】

企業CMでは、石油会社大手の”出光興産”が放送しているCM「出光昭和シェル」に抜擢され、自然の中を彷徨う”妖精”的な雰囲気を醸し出した謎の女神?を感じさせる”演出”で登場され、会社の”イメージアップ”に貢献されているようです。


引用元【ツイッター(AdverTimes(アドタイ) )】

その後しばらくは、映画の”撮影”やテレビドラマの”収録”などで、メディアから「姿」を消しておりましたが、ようやく2020年度から公開される新作映画を皮切りに、また動きが”活発”になり始める「予感を漂わせながら…」今に至っております。


スポンサードリンク


◇ すっぴんがヤバい?


“30歳”を過ぎ、スッカリ「大人の仲間入り!」している長澤まさみさんですが、仕事が忙しいのに伴って、”お肌”が【かなり!】ユルユルとなっているらしく「スッピンがヤバい」らしいのです。

もちろん”女優”としては、大人になるにつれてドンドン「演技力・表現力・女子力」などに”脂”が乗り初めて、確実に!”名女優”に近づいている事実は間違いありません。

若い頃は”化粧”なんて、全く必要ありませんでした。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

しかし、最近は若干お肌が衰え気味のご様子です。



引用元【サイト(女性有名人すっぴん研究所)】

そして「スッピン」がこちら↓↓↓



引用元【サイト(すっぴんパレット)】

【さらに!】驚きの”素顔”がこちら↓↓↓



引用元【サイト(久美子ちゃんねる)】

こちらは↑俳優で映画監督「リリー・フランキー」氏との”熱愛疑惑”が伝えられた2016年の写真ですが、たぶん”お化粧”はされているとは思いますが、なぜか”老け顔”に見えてしまいます(笑;)。

もちろん、普通に考えれば”親子”といってもおかしくない「年の差!」ですが、この時報じた”写真週刊誌”によると、2011年に共演した”舞台”がキッカケで交際に至ったとのことです。

なので「親しい仲!」なのは間違いなく、もしかするとスッピンであった可能性は否めません。

人によっては(私も)、長澤まさみさんのイメージを「南ちゃん!」と思っている方も居ると思うので、その”イメージ”だけは壊しほしくない!モノです・・・。


引用元【ツイッター(天衣無縫 )】


スポンサードリンク


◇ 長澤竜太とは?


長澤まさみさんの”ご家族”と言えば、一番知られているのが”父親”が元「サッカー選手」であることです。

1980年頃に、静岡市磐田市を拠点として活動している日本のサッカーリーグ(Jリーグ)のチームである「ジュビロ磐田」でご活躍されていた「長澤和明」氏です。



引用元【サイト(pinterest.jp)】

“長澤和明”氏は1978年に「サッカー日本代表」に選出された”名プレーヤー”です。

引退後は、自身を”育てた”チームである「ジュビロ磐田の監督」としてもご活躍されました。

そして【実は!】長澤まさみさんには”兄弟”がいて、”一人兄”の「長澤竜太」氏と呼ぶ人物とのことです。

現時点の情報によると、衣料品メーカーでお馴染み”ユニクロ”や、衣料品の”輸入代行”として有名な”ZARA”で働いているとの「目撃情報が多く伝えられている」とのことです。

多分、”ご本人”を知っている「地元の方に目撃された!」のでしょう。

また、地元で催された”イベント”に長澤まさみさんが参加した際に、”両親”や”この兄”も一緒に参加したことがあるらしく、そこで「素顔が目撃された!」とのことです。

二人の「年齢の差」は分かっておりませんが、妹のルックスから言って、間違いなくイケメンの可能性が高いでしょう。

【しかも!】”噂”では、身長が”190cm”以上もあるしく、かなりの「長身」とのことです。

長澤まさみさんも小学校”六年生”の頃に、身長が既に「168cm」もあったそうなので、きっと!兄妹の「DNAの影響」が大きいのでしょう。

ちなみに”母親”もかなりの美形であるらしく「美男美女が集まった家族」として、地元は有名な話のようです。

羨ましい限りです!


引用元【インスタグラム(masami_nagasawa)】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビドラマ

・ 2000年に、TBS系列で放送された番組”弁護士迫まり子の遺言作成ファイル3″に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(megaro_1956 )】

◇ 映画

・ 2000年に、”東宝”によって公開された映画”クロスファイア”に出演され「映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(シネマノヴェチェント・インフォメーション )】

◇ CM

・ 2001年に、”内閣府”が手がけた企業CM”青少年健全育成キャンペーン”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ DVD

・ 2001年に、”ハピネット・ピクチャーズ”が手がけた作品”長澤まさみ”がリリースされ「DVDデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(Pin-up girl of today )】

◇ 写真集

・ 2001年に、”学研”が手がけた作品”そら”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(そらてん日記 )】

◇ PV

・ 2004年に、”アンダーグラフ”が手がけた作品”ツバサ”がリリースされ「PVデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(はせかつ@イメージカラー??赤色 )】

◇ ラジオ

・ 2005年に、”ニッポン放送”局が放送した番組”長澤まさみのオールナイトニッポンR”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ シングル

・ 2006年に、”ビクター”が手がけた作品”セーラー服と機関銃”がリリースされ「シングルデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(RIE??KiKi大好き??プロフ固定ツィート必読お願い致します???? ?? NO DM ?? )】

◇ 声優

・ 2008年に、”OVA”によって公開された作品”デトロイト・メタル・シティ”に出演され「声優デビュー」を飾ります。

◇ 舞台

・ 2011年に、”PARCO劇場”によって公開された舞台”クレイジーハニー”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(漫画「すこまぬラバーズ」 )】

◇ テレビ番組

・ 2020年に、NHK系列で放送された番組”長澤まさみTV”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(NHKアーカイブス )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
長澤 まさみ
読み
ながさわ まさみ
生年月日
1987年6月3日
仕事
女優
出身地
静岡県磐田市
所属事務所
東宝芸能
血液型
A型