日本を代表する”女性芸能人”の中でも、全体的な”スタイル”が「太くも細くも無く」また、”ルックス”も、然程「綺麗とは言えないが可愛いとも言い難い」”微妙”なポジションでありながら【実は!】ご出身の”岡山県”で開催された「おかやま美少女・美人コンテスト」では【なんと!】”グランプリ”を獲得されて「岡山の奇跡」等と呼ばれて名を馳せた、女優でタレントの「桜井日奈子」さん。

何やら?最近、出演ドラマ数が増えているらしく!2020年7月からテレビ東京系列で放送されるテレビドラマ「ふろがーる!」への出演が決まり、主人公の”生実野早夜子”役に起用されて!久々の「主演」を演じることが分かり、話題となっているご様子です。


引用元【インスタグラム(sakurai.hinako_official)】

以前に、出演されたテレビドラマ「ヤヌスの鏡」【さらに!】FODから放送された映画「ママレード・ボーイ」以来の”主演”に起用されたことから、今!一番「ノリに乗っている若手女優」と言えるでしょう。

その気になる”出演ドラマ”を含めて、桜井日奈子さんについて紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(sakurai.hinako_official)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ CMやドラマとは?
・ 恋愛や彼氏とは?
・ 身長や体重とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ CMやドラマとは?


桜井日奈子さんと言えば、”テレビCM”からジワジワと人気を集めて!大手建設会社の「大東建託」が手掛けたCM「いい部屋ネット」に出演されて「独特なダンス」で話題を呼び、企業イメージのアップに大きく貢献すると共に、ご自身の”知名度”も一挙に!上げました。



引用【ブログ(久美子ちゃんねる)】

その後も、各社の”テレビCM”で!チョコチョコ見かける機会があるモノの、その他の”メディア”での「ご活躍ぶりを目にする機会」が、ほとんどありませんでした。

その当時は、”企業CM”で注目を集めていた”女性芸能人”と言えば、女優の「新垣結衣」さん「佐々木希」さん「井川遥」さんなどが”有名どころ”でしたが、彼女たちは何れも「CMから人気を集めて成功した女性たち」と言っても過言ではありません。

その中に、桜井日奈子さんも!大手建設会社の”大東建託”が手掛けたCM「いい部屋ネット」に出演されて、”独特”なダンスで話題を集めましたが「思うように人気が上がらずに低迷していた」のです。

なので、仕事のほどんどが”企業CM”に留まり!”他の分野”に挑戦する姿を見たことがありません。

相当に!当時からの所属事務所である”インセント”が「大切に育ているタレントであった」らしく!売れない期間は「事務所が守る形」をとっていたのでしょう。

【すると!】2016年頃になると、急激に”芸能活動”を盛んにし始めて!主に、舞台やテレビドラマなどへの”出演数”が多くなり【さらに!】2018年には、自身の「公式ファンクラブサイト」を立ち上げて!多くの男性ファンたちを、集め始めたのです。



引用【サイト(桜井日奈子OFFICIAL FANCLUB)】

2016年から、”本格的”に芸能活動をスタートさせた時に!日本テレビ系列で放送された連続テレビドラマ「そして、誰もいなくなった」に出演されて、今までの”イメージ”とは一味違う「家出少女」役を演じたことから、大きな反響を呼びました。

【すると!】その年以降も「テレビドラマ・舞台・CM・映画…など」の、多くの”メディア”で見かける機会が増え始めたと同時に!ご自身の”ファン数”も、劇的に増えていったのです。

その頃の代表作と言えば、大手石油会社の「コスモ石油」が手掛けた”企業CM”に登場されて、大きな「タイアップ効果」を得ながら、様々な”活躍の場”を増やして行ったのです。


引用元【ツイッター(kooss公式 編集室(run) )】

他の出演”テレビドラマ”の作品に限ってみれば、以下の様な”ご活躍ぶり”を見せておりました。↓↓

・ そして、誰もいなくなった(2016年7月 日本テレビ系列)
・ THE LAST COP/ラストコップ(2016年10月 日本テレビ系列)
・ もみ消して冬?わが家の問題なかったことに?(2018年1月 日本テレビ系列)
・ 僕の初恋をキミに捧ぐ(2019年1月 テレビ朝日系列)
・ みかづき(2019年1月 NHK系列)
・ 砂の器(2019年3月 フジテレビ系列)

※ 年代順


年々!”出演本数”が増えていることが、よく分かります。

そして、2019年10月からフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ「ヤヌスの鏡」に出演されて、今までの「清楚なイメージを根本から覆す”不良少女役”」を演じて、大きな話題を呼びました。

この作品は、”漫画家”の「宮脇明子」さんが手掛けたマンガ「ヤヌスの鏡」が”原作”であり!1985年にフジテレビ系列から”ドラマ化”されたモノで、その当時の「ヤンキーブームの流行」に沿うように、不良女子の「小沢裕美」役に抜擢されて「34年ぶりの映像化」として、大きな話題を読んだのです。



引用【サイト(Pinterest)】

ドラマの内容は、”二重人格”の「小沢裕美」が!”優等生”と”不良”とを、交互に”変貌”することで!”複雑”な生活を送る姿をサスペンスにしたモノで、その当時の”学生たち”が感じていた「不安定な時代背景を移したドラマ」として、若い学生たちから人気を集めていたのです。

この頃(1980年代)の日本の”学生たち”の間では!中学生~高校生にかけて「不良がブーム到来していた」こともあり、”不良関連”の「ドラマ・映画…など」の”多種多様”な作品が登場しておりました。

その中の一つが、この作品であり「不良少女を描いたドラマ」として人気を集めると共に!ドラマで登場する「暴走族」に立ち向かってケンカをする”小沢裕美”の姿に「憧れを抱く不良女生徒たちが多く居た」のです。

また、この時に”不良少女役”を演じた女優「杉浦幸」さんの「気迫溢れた不良少女ぶり」が話題を呼び、ドラマ人気を支える大きな力となったのです。

・・・と言うのも、”杉浦幸”さんの「女優人生の扉を開いたドラマ」がこの作品であり!なので
、否応なしに!”力”が入ったのは当然のことなのです。

その”熱演”ぶりは「目つき・スタイル・暴力量…など」不良と呼ばれる”要素”を、思う存分!取り入れた気迫の演技であり【まさに!】視聴者からも「恐怖を感じるくらい怖さ」として、素晴らしい”表現力”で演じていたのです。

そんな、”小沢裕美”役に挑戦した「桜井日奈子」さんであり!久々の不良ドラマ「ヤヌスの鏡」の再編に興味を抱くファンたち!あるいは、桜井日奈子さんご自身のファンたちからも、多くの注目を受けながらの撮影となったご様子です。



引用【サイト(ORICON NEWS)画像加工有】

50代以降の「同世代の若者たち」から、大きな”支持”を得ていた再現ドラマは!2019年8月から「FOD」で放送され、大きな反響のまま”成功”を収めた模様です。


スポンサードリンク


◇ 小中高校は


桜井日奈子さんは1997年4月2日生まれの22歳(2020年)で、ご出身は「岡山県」です。

ご出身の”岡山県”にあるご自宅で、ご両親と兄と弟の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、桜井日奈子さんも(岡山県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の岡山県にある”岡山市立吉備小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”兄”と一歳年下の”弟”がいて、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

幼い頃から「父親のしつけ」が!非常に厳しかった家庭環境で育ったらしく、特に「食事前後の挨拶は大きな声で言うように」と、教えられていたそうです。

【実は!】この”父親”は「バスケットボールのコーチを勤めていた」ことから!”スポーツマン”の精神が強い性格の持ち主であったらしく、特に”礼儀”や”挨拶”には拘りを持っていた模様です。

但し、その影響もあり!”娘”の桜井日奈子さんも「幼稚園から高校までの期間(13年間)をバスケットボールで汗を流していた」とのことです。

ちなみに、バスケットボールでの”ポジション”は分かっておりませんが「フリースローが得意であっった」とのことなので、”センター”の可能性が高いでしょう。

小学校時代は、既に「バスケットボールの練習で体が作られていた」ことから、相当!”筋肉質”な体型であり、クラスの男子に「その鍛え上げられたスタイルを自慢していた」らしく!あだ名は「キン肉マンなど」と呼ばれて、親しまれていたそうです。

また、非常に「大声を放つのが大好きな少女」であったらしく!バスケットボールの練習の時や挨拶をする際!あるいは、”お笑い”を見て爆笑をする時【さらに!】ご自身に”気合”を入れる時などに「大声を放っていた」とのことです。

なので、小学校時代は!特に「非常に明るく元気な少女」であり【しかも!】考え方が「アクティブな気質(性格)」であったことから、担任の教師からは「猪突猛進な生徒」と、呼ばれていたそうです。

明るく元気に送った小学時代を終えると、中学校も地元の岡山県にある”岡山市立吉備中学校”にご入学されました。

中学校時代も、”バスケットボール”を続けており!学校にある”部活動”に入部されて、地元の”ミニバスケットボールチーム”から、本格的な”部活動”での練習へと切り替えた模様です。

この頃は、相当!”バスケットボール”にハマっていたらしく!自ら志願して「キャプテンを勤めていた」とのことです。

【ところが!】”キャプテン”を勤めたまでは良かったモノの、性格的に「人を束ねる器では無かった」ことから「チーム全体の成績アップまでには貢献出来なかった」と、後に自ら語っております。

【それだけに!】当時を振り返った時に、毎回思うことは「自身のバスケット人生の中で、一番”後悔”が残っているのはこの時期であった」と、語っておられるようです。

その一方で、”学力”は相当!高かったらしく、毎回学年でも「上位に入るほどの成績を収めていた」ことから【まさに!】”文武両道”の中学校時代を、送っていた模様です。

本気で”バスケットボール”に取り組んだ中学時代を終えると、高校も地元の岡山県にある”岡山一宮高校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科と理数科」が設けられております。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

この高等学校の”偏差値”は「61」であり、地元でも相当な!「難関校の進学校」として知られているらしく、”有名大学”に進む学生も多いようです。

なので、学校独自で行っている”特徴”として!大学入試に失敗した”浪人生”を対象に「大学受験の指導を行う補習科を設けている」とのことです。

高校時代も、もちろん”バスケットボール”は続けており!学校の部活動に入部されて、活動していたようです。

但し、高校時代に入ると「塾に通い始めた」らしく!”学業”の方も、本格的に取り組み始めた模様です。

この当時の”得意学科”は「数学と英語」とのことなので、比較的「理系を好んでいた」模様です。

ご自身の”兄妹”である兄や弟も、バスケットボールを行っていたこと【さらに!】父親も”コーチ”を勤めていことから「バスケット一家として相当!力を入れていた」らしく【なんと!】地元に居る”祖母”の自宅庭に「バスケットボール練習用のゴールを設置していた」ことから、学校が終わると家族揃って練習に励んでいたそうです。

ちなみに、後にご活躍される”芸能界”では!2016年に起用された企業CMの「8×4 BODY FRESH」に出演された時に、得意の「バスケットボール姿」を披露されたのです。


引用元【ツイッター(ACTRESS PRESS )】

但し、学校が”新学校”であったことから!勉強の方が難しく、バスケットボール部の練習に割いていた時間は「一日一時間程度できれば満足の方」とのことです。

つまり、”才女”らしく「効率の良い練習を行いながら、時間に余裕があれば祖母の特設練習場を利用していた」のです。

高校二年生になると「出場された経緯など」は分かっておりませんが、地元の岡山市で行われた「岡山美少女・美人コンテスト」にエントリーされて【なんと!】”美少女グランプリ”に輝いて!そのまま現在の所属事務所でもある「インセント」に所属する事となります。


引用元【ツイッター(かぶらぎ )】

ちなみに、このコンテスト内で行われた”自己アピール”の時間に!ご自慢の「バスケットボールのドリブルを”ハイヒール”を履いて行った」ことから、それが”審査委員”にウケたらしく、見事に!グランプリを受賞されました。

その後は、”芸能事務所”に所属したことから!学業の傍ら”芸能活動”をスタートさせます。

”芸能界デビュー”を飾った高校時代を終えると、大学に進学されて!東京都千代田区にある”日本大学”の「文理学部英文学科」に、ご入学されました。

高校三年生の時から、”芸能活動”を始めていたモノの!元から”才女”であり、然程!偏差値(53)が高くない大学入試を、容易に済ませた模様です(笑;)。

ちなみに、この時の”合格”を!誰よりも喜んだのが”母親”であったご様子で、学習塾の送り迎えや夜食の準備などで支えていたことから「合格者ご本人によりも母親の方が感極まっていた」らしく、そのことをご自身の公式SNS(ブログ)で明らかにされていたのです。↓↓↓

私よりも誰よりも1番お母さんが喜んでました。塾の送り迎えをしてくれたりとか、夜食準備してくれたりとか、1番近くで支えてくれて、だから合格できたんだろうなって改めて思います(*^^*)お母さんありがとう。

※ 引用元【LINEBLOGブログ(桜井日奈子オフィシャルブログ)】


大学時代に入ると、”芸能活動”では「女優業の仕事」が多くなり始めて!大学一年生の時に日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ「そして、誰もいなくなった」に出演されて、ご自身初となる「女優デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(ACTRESS PRESS )】

【さらに!】立て続けに、同年に日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ「THE LAST COP/ラストコップ」に出演されて、交通課の婦人警官”三島菜々子”役に起用されます。


引用元【ツイッター(モデルプレス )】

ちなみに、このテレビドラマは!翌年(2017年)に映画化されて「ラストコップ THE MOVIE」として公開されましたが、そちらへも”三島菜々子”役として出演されて!ご自身初となる「映画デビュー」を飾ります。

また、このドラマで”共演”を果たした女優の「武田玲奈」さん「非常に仲が良かった」ことから、今でも親交があるそうです。


引用元【ツイッター(モデルプレス )】

大学三年生になると、同年4月から公開された映画「ママレード・ボーイ」や!11月から公開された映画「ういらぶ。」に出演されて、ご自身初となる「主演やヒロインデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(Street Girls Snap )】

【さらに!】大学四年生の時に、映画「殺さない彼と死なない彼女」に出演されて、立て続けに「主演に起用」されて!当時の”人気ぶり”を物語っていたのです。

その後、大学をご卒業されると「学業の時間拘束が無くなった」ことから!芸能活動を”本格化”されて、女優業をメインに「マンガの吹き替え・ネットドラマ・舞台・映画・CM…など」の、幅広い活動を行いながらご活躍されております。


スポンサードリンク


◇ 恋愛や彼氏とは?


桜井日奈子さん、幼少期から”バスケットボール”を好んでおり!今だに特技を「バスケット」とされている模様です。

なので、学生時代は「バスケットボールに情熱を費やしてた」ことに間違いが無く!地元の岡山県で開催された大会などでも、輝かしい活躍をされていたようです。

その当時、通っていた「同じ高校の男子バスケ部の先輩」と”付き合って”いたらしく!二人が一緒に歩いているところを目撃した学生が居たり!二人の”交際情報”が、SNSを通して「拡散されたこと」もあるのです。

しかし、高校卒業と同時に!桜井日奈子さんは「芸能活動をするために上京されて女優の道に進んだ」ことから、そのバスケ部の”先輩”とは「別れた」ようです。

その後、その”先輩”との「別れを早く察知した事務所からの圧力が働いた」らしく!過去にあった”恋愛話”は表から消え去り「清純派の女優」としての活動を展開していったのです。

なので、今までに特段!”熱愛報道”による「売名行為など」を行わずとも、順調に芸能活動の”キャリア”を積んでいるのです。

恐らく、早目に”上京”されて本格的に芸能活動をスタートさせたので、自身の「自覚や覚悟が強く根付いた」のでしょう。

今までに、特に”浮いた話”が無かったことから!芸能界には、たくさんの”知り合い”が多く出来たらしく、それも「今日の成功につながっている」のでしょう。


引用元【ツイッター(桜井日奈子 )】


スポンサードリンク


◇ 身長や体重とは?


桜井日奈子さんの「芸能界デビュー」のキッカケは!2014年に、地元の岡山県で開催されたイベント「岡山美少女・美人コンテスト」で、見事!”美少女グランプリ”に選ばれたことからでした。

【すると!】直ぐに、現在の事務所でもある大手芸能プロダクションの「インセント」へと所属されると、当初は”スタイル”が抜群であったことから「ファッションモデルでの活躍が期待されるほどのスタイリッシュなプロポーション」の女性でした。

そこで気になるのが、桜井日奈子さんの「身長や体重」情報だと思います。

・ 年齢 22歳 (2019年)
・ 身長 160cm
・ 体重 40kg前後(非公開のため推測!)
・ バスト  80cm前後(非公開のため推測!)
・ ウエスト 56cm位(非公開のため推測!)
・ ヒップ  80cm前後(非公開のため推測!)

※ 元バスケット経験者のため「腹筋が割れている可能性」が、大いに有り!



スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビドラマ

・ 2016年に、日本テレビ系列で放送された番組”そして、誰もいなくなった”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(ACTRESS PRESS )】

◇ ネットドラマ

・ 2016年に、フジテレビ系列で放送された番組”スマドラ 恋の503″に出演され「ネットドラマデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(桜井日奈子 )】

◇ 舞台

・ 2016年に、”梅田芸術劇場”によって公開された舞台”それいゆ”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(☆shin★(shin-tkyo) )】

◇ 写真集

・ 2016年に、”KADOKAWA”が手がけた作品”桜井日奈子です。”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(雑記Okinawa )】

◇ 映画

・ 2017年に、”松竹”によって公開された映画”ラストコップ THE MOVIE”に出演され「映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(石垣祐太 )】

◇ 吹き替え

・ 2017年に、”東和ピクチャーズ”が制作した作品”トランスフォーマー/最後の騎士王”に出演され「吹き替えデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(MANTANWEB )】

◇ 雑誌

・ 2017年に、”玄光社”が手がけた作品”桜井日奈子 CM MAKING PHOTO BOOK”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(桜井日奈子 )】

◇ CM

・ 2019年に、”大東建託”が手がけた企業CM”いい部屋ネット”に出演され「CMデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(桜井日奈子のまとめ )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
桜井日奈子
読み
さくらい ひなこ
生年月日
1997年4月2日
仕事
女優・モデル
出身地
岡山県岡山市
所属事務所
インセント
血液型
O型