“お嬢様女優”として有名であり、ひょんなことから”CM出演”の機会に恵まれたことから「芸能界デビュー」を飾り!常に”安定”した「正統派の演技」に定評がある女優の「鶴田真由」さん。

何やら?最近、NHKで放送されている!”タレント”の歴史をフューチャーする番組「ファミリーヒストリー」において、”特番”が組まれたらしく!ご実家の”歴史”を紐解く中で、”幕末期の隊士”でお馴染み「新選組」の中に【なんと!】「先祖が居る」ことを明らかにされて、大きな反響を呼んだ模様です。

但し、具体的に”特定の人物”までは分かっていないそうですが!少なくても、”母方”の「血筋の中に居る」ところまでは明らかとされているご様子です。
(後に、”幕末の桑名藩士”であった「森常吉」と判明!)

鶴田真由さんと言えば、元から「由緒正しい家系の育ち」のイメージが強く!”お嬢様”育ちとして有名ですが【やはり!】ご実家は「歴史のある名家であった」模様です。

その気になる”ご実家”を含めて、鶴田真由さんについて紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(mayutsuruta)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ デザイナーの父親とは?
・ 出産や子供とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


鶴田真由さんは1970年4月25日生まれの49歳(2020年)で、ご出身は「東京都」です。

ご出身の”神奈川県鎌倉市”にあるご自宅で、ご両親と弟の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、鶴田真由さんも(神奈川県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の神奈川県にある”湘南学園小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”十歳年下の弟”が居り、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

父親は、電化製品大手の”三菱電機”に勤めており!主に家電の”デザイン”を手掛けていたそうです。

また、父方の”先祖”は!大分県の温泉地としてお馴染みの「別府」にあるそうで、そちらで”網元”を営んでいたそうです。

その関係で、祖父は大分県の別府市内にある!”温泉旅館(ツルタホテル)”を経営されていたようです。

一方、母方の先祖は”幕末期の隊士”でお馴染み「新選組」のメンバーであった”桑名藩士”の「森陳明」であり!”由緒”ある「家の出」とのことです。

両親ともに、”歴史”ある「実家育ち」でありながら!非常に”手先”が器用であったことから、父親は「設計士」母親は「洋服のデザイン」を得意としていたそうです。

なので、両名ともに「美術大学」のご出身とのことです。

幼少期は、”美術”に精通した両親の影響が大きかったことから!時折、独り”弟”と共に美術館に連れて行かれたそうです。

【さらに!】その”美術的センス”は、仕事だけには留まらず!父親は、自宅の”設計”を、母親は自身でデザインした衣服を子供たちに着せていたそうです。

なので、”子供たち”にとっては!ある意味で、常に「綺麗な洋服に触れていた」ことから!周りの”子供たち”よりかは「恵まれていた」と言えそうです。

その割に、鶴田真由さんの”気質(性格)”は!幼い頃から、非常に「明るく元気な少女」であり!”身なり”とはかけ離れた、周りの「男子たちと遊ぶのが大好きな少女であった」ご様子です。

なので、自宅近所の”森林”で!男の子たちによる「秘密基地の製作」に、手伝っていたそうです。

但し、基本は”お嬢様”育ちなので!多数の”習い事”に通っていたらしく「英語・ピアノ・絵描き教室…など」のレッスンを受けていたそうです。

小学校時代に入ると、自宅のある神奈川県”鎌倉市”から学校のある「藤沢市」に通っていた為!藤沢市に”本社”のある「江ノ島電鉄」を使っていたそうです。

小学生になると、元から「男性気質(性格)な部分」があったことから!それが徐々に目覚め始めて、非常に”気の強い姿”を見せていたらしく!「負けず嫌いな性格」でもあったそうです。

”男性気質(性格)”に目覚め始めた小学時代を終えると、中学校も地元の神奈川県にある”湘南学園中学校”にご入学されました。

【ところが!】”理由”は定かでありませんが【突如!】中学校二年生の時に、当時の偏差値は64と”やや難関校”である!東京都世田谷区に所在する「成城学園中学校高等学校」に移り変わる事となり【なんと!】”27倍”という「倍率を突破しての編入」に成功をさせました。

恐らく、この中学校を”ご卒業”された方々には「芸術・芸能の分野」でご活躍されている”先輩たち”が、大勢居ることから!”親”の”助言”あるいは、ご自身が「芸能に興味を持ち始めた」ことから、一度!進学された中学校を”蹴って”でも、新たな学校への「編入の道」を選んだのでしょう。

中学校時代に入ると、”バスケットボール部”に入部されたらしく「スポーツ女子の一面」を見せていたようです。

学校での”成績”や部活動での”活躍ぶり”などの情報が「ほぼ皆無」なので、一切分かっておりません。

但し、学年は定かではありませんが!生まれて始めて”彼氏”が出来たらしく!”交際”をスタートさせてからは、通学路で待ち合わせを行って!一緒に「登校をしていた」そうです。

様々な”経験”をされた中学時代を終えると、高校も東京都世田谷区にある”成城学園高校学校”にご入学されました。

この学園は、その名の通り「中高一貫教育」であるため!中学校にご入学すれば、内部審査のみで「エスカレータ式」に高等学校まで進学(進級)することが出来ます。

そのため、”中学受験”は【かなりの!】難関校(偏差値64)として有名であり!小学校時代に「それなりの成績」を収めなければ、進学するのが難しい学園です。

また、”資産家”や”有名人”の「息子・娘」が多いところを見ると!恐らく、”裏口入学”が疑われてもおかしくない学園と言えます。

この高等学校の課程は「全日制の男女共学」であり、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

高校時代に入ると、”バスケットボール”から「テニス部」に変わったらしく!”室内”競技から”室外”競技へと、変更をされたご様子です。

【さらに!】中学校時代に”交際”をしていた「彼氏とは別れた」らしく、他校の”一歳年上”の男性へと!”恋愛”も「切り替えた」模様です。

また、”学年”は定かでありませんが!その当時(バブル時代)”大人気”であった「ディスコ」へ、通い詰めていたそうです。

【実は!】学校の”制服”は「私服でも良かった」ことから、それも要因となって!”ディスコ”へ「出入りし易かった」とのことです。

高校三年生になると、広告代理店に勤めていた”親戚”の紹介で「CM」に出演するチャンスに恵まれ!それがキッカケで「芸能界に興味」を抱き始めます。

その後、詳しい経緯は分かりませんが!”CM”に出演された1988年に、テレビ東京系列で放送されていたテレビドラマ「あぶない少年Ⅱ」に出演をされて、自身初となる「女優デビュー」を飾ります。

芸能界デビューを飾った高校時代を終えると、大学も”成城学園”の系列校である”成城大学”の「文芸学部」にご入学されました。

大学時代に入ると、”文芸学部”であったことから「西洋美術史」を専攻されていた模様です。

なので、後に制作する”卒業論文”は「ゴッホの精神病について」の”題材”に、取り組んだそうです。

大学までは、”自宅”から相当!離れていたことから!門田は「夜中の11時と決められていた」ご様子です。

なので、親からの”禁止令”も出ていたことから!大学時代は「アルバイトを行っていなかった」そうです。

一方、既に”芸能活動”をスタートさせており!大学に入学された頃から、フジテレビ系列で放送された”大ヒット”学園ドラマの「教師びんびん物語II」に出演をされております。


引用元【ツイッター(萩原流行関連情報 )】

【さらに!】立て続けに、日本テレビ系列で放送された「いけない女子高物語」、フジテレビ系列で”不定期”に放送されている「世にも奇妙な物語」、テレビ朝日系列で放送されていた人気刑事ドラマ「さすらい刑事旅情編Ⅳ」等などに、”単発”ではあるモノの!次々と出演を果たし!学業と仕事に追われる日々を過ごします。

【しかも!】大学三年生の時には、”主演”を俳優の「織田裕二」氏が務めた映画「就職戦線異状なし」に出演をされて、自身初となる「映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(Kou Milanista )】

その後、無事に大学を”ご卒業”をされて社会人となり!女優業に専念するようになります。

ちなみに、鶴田真由さんと”同年代”にご卒業をされた「同級生」の中には!後に、フリーアナウンサーとして活躍される「雨宮塔子」さんが居るそうです。

学生時だから”面識”があり、今では「親しい仲」として交流があるそうです。


引用元【インスタグラム(amemiya.toko)】


スポンサードリンク


◇ デザイナーの父親とは?


今ではスッカリ、日本の”名女優”の一人となった鶴田真由さんですが!昔から「お嬢様の雰囲気」を醸し出し、実際に!”由緒”あるご実家で、生まれ育ったことは有名な話です。

最近では、”母方”の先祖に!伊勢国の”藩士”であった「桑名藩」の出身であり、”新選組”のメンバーとして活躍された偉人「森常吉」が居ることが分かり【まさに!】生まれながらに「お嬢様の血統」であることが判明されて話題を呼びました。


引用元【ツイッター(藤麿呂 )】

そのため、幼少期から”気質(性格)”が【かなりの!】「気の強さ」であったことから!”少女たち”よりも「男の子供たち」と遊ぶ機会が多かったそうです。

但し、今も昔も「可愛らしいお嬢さんであった」ことに間違いはなく【さらに!】生まれ育った”神奈川県鎌倉市”の環境にも恵まれていたことから、”重い病気”を持つこともなく!明るく元気に育ったそうです。

そこで、気になるのが!”名女優”を誕生させた「両親」だと思いますが、父母ともに「由緒ある家の出」であり!そこから誕生した”娘”が「才色兼備で育った」ことには、納得させられます。

特に、”父親”は!家電大手の「三菱電機」に勤めていたらしく、学生時代に”芸術系”の学校に通っていたことを活かし、”電化製品”の「デザインを担当されていた」とのことです。

また、仕事での”デザイン業”のみならず【なんと!】自宅の”設計”までも行ったらしく、自社の”製品”を取り揃えた「過ごしやすい生活環境」の中で!子供たちはスクスクと育ったようです。

【しかも!】父親の”会社”に対する「拘り」は半端なく、”預貯金”で使っていた銀行は「三菱系」、”愛飲”していたビールも「三菱系」…と、”会社愛”の強い「人格者であった」ことを物語っております。

ちなみに、”母親”も「美術系の学校」をご卒業されており!非常に”手先”が器用なことから、幼い頃から子供たちの”洋服”を!自ら手掛けて着せていたそうです。

父親が手掛けた”ご自宅”とは、意外にも!”和風テイスト”では無く「外国建築をモチーフにしたデザイン」で作られたご様子で!鶴田真由さんの公式SNS(インスタグラム)の中で紹介している”ショット”を拝見すると【確かに!】暮らしの中で”和風”は「あまり存在していない」様子が窺えます。


引用元【インスタグラム(mayutsuruta)】

【寧ろ!】”ヨーロッパ”を感じさせる「デザイン」で造られている様であり、旦那である「中山ダイスケ」氏の公式SNS(ツイッター)の中にも、”家族団らん”の様子を捉えたショットが紹介されておりますが、日本家屋では!あまり目にすることが少ない「木目の長いテーブルや椅子」などは【まさに!】”洋風”のテイストが満載と言えます。


スポンサードリンク


◇ 出産や子供とは?


“1970年”生まれの鶴田真由さんですが、もうすぐ50歳(2020年)を”目の前”にしているにも関わらず!昔と変わらぬ”美貌”や”肌ツヤ”の良さには驚きモノです。

現在は、その”知名度”を生かして!出身地である”鎌倉”の「国際観光親善大使」に任命されたり、テレビ番組を通して”縁”を持った!アフリカの開発会議の「親善大使」を務めたりされて、”女優業”以外の分野でも!大いに活躍されております。


引用元【ツイッター(中山泰秀 Yasuhide NAKAYAMA やっちゃん )】

そこで気になるのが、鶴田真由さんの”プライベートシーン”ですが!2001年12月に、”芸術家”と呼ばれている「中山ダイスケ」氏とご結婚をされました。

“中山ダイスケ”氏は、”国内”の芸術家の中では【かなりの!】”有名人”であるらしく!その分野では、大学の”講師”を”学長”を務めたり!会社の役員を担当したり…と、業界内では「名を馳せている人物」のようです。


引用元【ツイッター(大沼兄昌 / オオヌマケイスケ )】

なので、”女優”である鶴田真由さんとの「接点」が見つからず!どのような”経緯”で知り合ったのか?気になるところですが、二人の”馴れ初め”は「知人を通して」とのことです。

【実は!】鶴田真由さんは、2001年に”長期休暇”を取るために!アメリカの”ニューヨーク”へ向かいました。

そこで、”知人”を通して知り合ったのが芸術家の”中山ダイスケ”氏であり「過労の癒やし」も含めての休暇であったことから、今までに見たことの無い!”中山ダイスケ”氏の「芸術性」に触れたことで、”心身”ともに「疲れ果てた癒やしにつながった」のでしょう。

その”魅力”に取り憑かれたことから「交際」へと!発展された模様です。

公式の発表はありませんが、恐らく!地元(ニューヨーク)での”ご結婚”を果たされて、その後しばらくの間は、現地で「生活を共にされていた」らしく!”精神的”に安定をされて【さらに!】”愛”に満ち溢れた時間を送っていた中で、”仕事復帰”を考え始めたことから!2003年に「帰国」をされて、芸能活動に復活をされます。

なので、”生活面”では!夫婦間での「行き違い」が多かったこともあり、今だに”子宝”には「恵まれていない」ご様子です。

そのため、もちろん「ご出産の経験」もありません。

恐らく、忙しい夫婦だけに!”子作り”には「前向きな考え方」が無いのでしょう。

一時は、長い期間!”子供”が授からないことから「鶴田真由は不妊治療を行っている…」などの”根拠の無い噂”が、伝えられたことがありました。

しかし、現在は”子供”が授かっていないモノの「夫婦生活は順調」なご様子で、周りも認められる「おしどり夫婦」として有名になっているそうです。

なので、いずれは!芸能人”夫婦ランキング”でお馴染みの「理想の芸能人夫婦」に”エントリー”される日も近いのでしょう。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ 映画

・ 1979年に、”東宝”によって公開された映画”あゝ野麦峠”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

◇ テレビドラマ

・ 1988年に、テレビ東京系列で放送された番組”あぶない少年Ⅱ”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

◇ CM

・ 1992年に、”ENEOS”が手がけた企業CM”ハイオクガソリン レーサー100″に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ 舞台

・ 2001年に、”シアターコクーン”によって公開された舞台”真情あふるる軽薄さ2001″に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

◇ 著書

・ 2002年に、”メタローグ”から発行された”インシャラ”にて「著書デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(いいぶっく好きです )】

◇ 吹き替え

・ 2006年に、”United International Pictures”が制作した作品”シャーロットのおくりもの”に出演され「吹き替えデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(seo?? )】

◇ テレビ番組

・ 2010年に、テレビ東京系列で放送された番組”家族の時間”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ ネットドラマ

・ 2014年に、フジテレビ系列で放送された番組”ラスト・ハネムーン”に出演され「ネットドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(韓国旅行情報ガイド「ソウルナビ」 )】

◇ PV

・ 2020年に、”ココロソマリ”が手がけた作品”水瀬いのり”がリリースされ「PVデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(内田知樹 )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
中山 真由
読み
なかやま まゆ
生年月日
1970年4月25日
仕事
女優
出身地
東京都
所属事務所
株式会社オフィスマイティー
血液型
O型