子供のような「無邪気」さと”スッピン”が「可愛い!」と評判のファッションモデルで女優の「山本美月」さんが、自身の”チャームポイント”でもあった「ロングヘアー」をバッサリ切って新作ドラマの”役作り”をしている!として注目を浴びているそうです。



引用元【インスタグラム(mizuki_yamamoto_official)】

新作ドラマとは、2020年1月からスタートする日本テレビ系列で放送されるテレビドラマ”ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~”で、このドラマの”役作り”のために今まで”大切”に伸ばしてきた”長髪”をバッサリ切り「約35cm」をドラマに捧げたとか・・・?

なので、このドラマに対するかなりの”気持ちの入れ様”なので!今から期待する”ファン”や”関係者”が多いのとか。

また、今までにたくさんのドラマ・映画にご出演されているので気づかない”ファン”も多く居たらしいのですが、このドラマを通じてご自身としては連ドラ”初主演”となるそうです。

確かに”ヒロイン”的役を熟されていたので”主演”での出演があったような?印象を持たれますが”地上波”ドラマでは「主演」がなかったのですね!

色々”初物”ありあり?のドラマらしいので、今から期待されるところです。

そんな新春から”新作ドラマ”で話題を呼びそうな山本美月さんにスポットイン!



引用元【ツイッター(Twitter モーメント )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ ハーフ説は嘘!
・ 噂の人物とは?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 山本美月さんの中高大学は?

山本美月さんは1991年7月18日生まれの28歳(2019年)で、ご出身は「福岡県福岡市」です。

ご出身の”福岡県福岡市”にあるご自宅で、ご両親と姉と妹の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、山本美月さんも(福岡県福岡市)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の福岡県福岡市にある”福岡市立壱岐小学校”にご入学されたと判明しております。

ご家族は”ご両親”と”姉と妹”がいて、三人姉妹の「次女」とのこと。

父親は一般サラリーマンであるらしく、現在はどうか?は分かりませんが地元の企業で働いている様で、”ごく普通”の家庭で育ったとのことです。

【実は!】この父親!!以前テレビ出演(写真のみ)を果たしており、それを見たお茶の間からかなりの「イケメン!」として話題を呼んでおりました。



引用元【サイト(YouTube)】

父親とは現在でも”仲が良い”らしく娘に会いに”上京”した際は、人気女優の「自宅」へ”宿泊”を許しているそうです。

また”母親”を含めご両親は大の”ペット好き”であるらしく当時は「犬・猫・ウサギ・リス」等を飼っていた様です。

なので、山本美月さんも幼少期の頃から動物、特に”爬虫類”に興味があったらしく様々”生物”と触れる機会が多かった!とか・・・?

後の話では、ご実家が”自然”豊かな環境にあるらしく”お爺さん”が生物の「先生」を行っていた関係から、自らも”爬虫類”に興味を持ち出し”オタマジャクシ”や”イモリ”等と遊んでいた様です。

ただ、そんな”ペット好き”のご両親なので”かぞかし”優しい方達か?と思いきや意外にも家では”しつけ”に関しては、かなり「厳しかった」そうで勉強もしっかりとさせられたとか・・・!

山本美月さんのご出身は”福岡県福岡市”とご紹介致しました【実は!】小学校四年生まで、長崎県の”大村市”に住んでおりました。

なので、最初に通った小学校は地元にある”大村市立旭ヶ丘小学校”でしたが、その学校から「転校」して”ご出身”とされている福岡市の”壱岐小学校”に移ったのです。

そのため両親のどちらか?の”ご実家”が「長崎県大村市」である可能性が高いです。

自然の中で育った山本美月さんでしたから”今のお姿”からは想像もつきませんが、小学校時代は運動をすることが大好きな少女であったらしく、休み時間になると”ドッジボール”などを行い友達と”コミュニケーション”を取っていたご様子!

小学校”高学年”になると”学芸会”で初めて舞台に立つ機会に恵まれ、そこで行った”劇”で自身初となる「主役」を演じたことで、その面白さに気づき「役者(女優)」となる”僅かな足掛かり”を見つけたようです。

その後、小学時代を終えると中学校も地元の福岡県福岡市にある”筑紫女学園中学校”にご入学されました。

この学校は”筑紫女学園”の「系列校」であるため”中・高等学校”が一貫校であり、中学校に”入学”さえできれば「内部審査」のみで高校までエスカレーター式で進学することができます。

筑紫女学園中学校は、その名の通り”女子校”であり”課程”は「全日制」で”学科”は「普通科」のみです。

ただ、普通科の中に”専門コース”が設けられており「特進コースと進学コース」があるそうです。

小学校高学年で”役者”の「面白み」に気付いた山本美月さんでしたので、中学校では”演劇部”に入る予定でいたのですが部活が無く、代わりに「美術部」に入部されたとのこと。

また当時からマンガが大好きで、特に女子学生に人気が高かった”ブラックエンジエル”を愛読し、さらにマンガを”真似”をして、一般ノートに”描いて”いたそうです。

すると【なんと!】その描いたノートは「四冊分」に及んだそうで、完成後”妹”たちに見せて読ませていたとか・・・?



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

なので、中学時代は”役者志望”ではなく「漫画女子」であったご様子!

また今でのその”腕前”は衰えてはいないようで、たまにご自身の公式SNS(インスタグラム)に”登場”する機会が御座います・・・(笑;)



引用元【インスタグラム(mizuki_yamamoto_official)】

マンガ生活?を送っていた中学時代を終えると、高校も地元の福岡県福岡市にある”筑紫女学園高等学校”に「内部審査」に受かり無事に”エスカレーター式”で進学されております。

この高校は”学業優先”を条件に「芸能活動」に対して”柔軟”で、これが後に山本美月さんの「運命」を左右することになるとは・・・?

また”仏教系”の学校らしく、地元では「お嬢様系」の高校として有名とのことです。

高校に進学すると、ようやく”演劇部”にめぐり合えた?そうで、さっそく一年生から部活に入り小学校高学年で楽しさ感じた?夢見た?「役者(女優)」を”志す”ようになって行ったそうです。

すると”運命”のめぐり合わせなのか?高校一年生の時に詳細は分かりませんが”芸能事務所”から「スカウト」されたそうで、そのまま現在所属の事務所”インセント”に所属したそうです。

そこから”文芸両道”をスタートさせます。

ただ、芸能事務所に所属してもそれほど大きな仕事は熟しておりらす、学校でも知られていなかったのか?クラスはそんな「目立った存在」ではなかったと後に語っておられます。

その後高校三年生になると一挙に”学生生活”に変化が起こり始め”社会勉強”の一環だったのか?友達と一緒に「メイド喫茶」に通い始めたとのこと。

さらに演劇部では”新入生募集”のために名作「ロミオとジュリエット」のワンシーンを披露し山本美月さんは「舞台演出や音楽」を担当した他に、自らヒロインの”ジュリエット”役を演じて新入生応募に”尽力”されたようです。

そのことからも、学校生活では”本気”で演劇を熟し”青春”を送っていたご様子が伺えますよね♪

そして山本美月さんが”芸能人(女優)”となる”第一ステップ”の「モデルコンテスト」にめぐり合います。

もちろん、ご本としては”モデル”になる気など”毛頭”なくて、あくまでも”女優”になるための”一環”として応募したとのことです。

それは、第一回開催の”東京スーパーモデルコンテスト”で当時、女性向けモデル雑誌としてその名を馳せていた人気雑誌「CanCam、・PS・AneCan・Oggi」が一堂に集まり「未来のスーパーモデルを発掘する!」との”コンセプト”のもと行われた一大コンテストに応募し、見事!第一回「グランプリ」に輝きました。

すると”賞金”であった100万円を手にし、さらに”副賞?”の協賛した雑誌4社の中から”表紙”を飾る「権利」を獲得され”CanCam”で、自身初の「モデルデビュー&女性誌表紙デビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(小学館ジュニア文庫公式 )】

ちなみに”表紙デビュー”を飾った”CanCam”の2009年12月号ですが、残念ながらこの時には”単独”ではなく、同誌の”専属モデル”で人気があった「西山茉希」さんや「徳澤直子」さんらと”コラボ”での参加となり、さらに”同雑誌”の専属モデルにも決まったそうです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

“CanCam”の専属モデルとなると、自身の思い(女優)とは裏腹に”ファッションモデル”としての仕事上”オシャレ”に気遣うようになり、髪の毛の”色”を自身初となる「カラー色」に”変色”させたそうです。

様々なご経験をされた高校時代を終えると、大学には「進学し」東京都千代田区にある名門”明治大学”の「農学部生命科学科」にご入学されました。

一見”農業”とは全く”無関係”と思われる山本美月さんですが、高校で生物教師を担当していた”祖父”の影響で、この学部を選考されたとか。

また、既に芸能活動(モデル)を行っており仕事が忙しかったことから”普通学科”を勉強するのが困難となっていたことも影響し、この”学部”の「学科」を選んだ理由の一つとのことです。

大学に進んだのは良かったのですがクラスのほとんどが”男子生徒”であったそうで、もとから女子高出身の山本美月さんからすると初の「男女共学!」

当初は否応なしにも”緊張”の毎日だったらしく、食事をする際に口を開けるのも戸惑ったほど”初心(うぶ)”な経験をされたのだとか!

大学時代は”バイオサイエンス”を専攻していたようで、イネの品種改良の研究やラッキョウの根切りなどを行い、農業に触れていたとか・・・?

研究するための”研究室”には、クラスと違ってたくさんの”女子生徒”が居たそうで、そちらでは比較的”安心して”研究を行えていたとのことです。

きっと、ドラマで見せた”白衣の姿”が「リアル」で見れたことでしょうね!羨ましい♪

なのに、周りの男子生徒からは”女性(異性)”としては見られていなかったらしく「お前のパンツ見ても何の興奮もしねぇっ!」等と言われていたそうな・・・?

・・・とは言え”恋愛関係”では、ちゃんと初彼氏を作っており、生まれて初めて「彼氏」と横浜で”デート”したり、一緒に”勉強”を行ったりしたそうです。

後に分かったのですが、この時代(大学一年)にジャニーズアイドルグループ”Hey!Say!JUMP”のメンバー「伊野尾慧」氏も同大学の”先輩”であるらしく、大学内では”すれ違う”程度の”顔見知り”であったとのこと。

多分、そのことがハッキリと”判明”したのは二人が共演して”W主演”を飾った映画「ピーチガール」に出演した際に語られたことで分かった!のだと思われます。


引用元【ツイッター(まんだらけ うめだ店ジャニーズ部 )】

大学二年生の2011年には”モデル”として活躍されていた傍らで、ようやく”念願”であった”俳優”の仕事に恵まれ、フジテレビ系列で放送されていたテレビドラマ”幸せになろうよ”に出演し、自身初の「女優デビュー」を飾りました。



引用元【ツイッター(山本美月chan→BIG LOOOVE? )】

そこで”女優”として関係者から注目される中、翌年公開された映画”桐島,部活やめるってよ”に出演し、自身初となる「映画デビュー」を飾りました。

更に同年には、今や空前の大ヒットを記録しているテレビ朝日系列で放送されている人気医療系テレビドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」に出演し”小池理恵”役で自身初となる「レギュラー」の”座”を手に入れました。



引用元【ツイッター(山本美月chan???? )】

さらに大学三年生の時には、このドラマ出演を”機”に「知名度&人気」が急激に”上昇”し始め、普段ではあまり得意ではない”トーク”がメインのバラエティー番組”ウーマン・オン・ザ・プラネット”に司会の一人として参加し、おどけない”可愛らしさ”と自慢のスタイリッシュな”スタイル”を存分に披露して、一躍、大ブレークを果たしました。



引用元【ツイッター(山本美月ch )】

そこからは”モデル”よりも”女優業”を本格化し始め、更に”CM”からもオファーが増え始めます。

すると大学四年生の時に、フジテレビ系列で放送されたテレビドラマで当時、男女の若者達を一世風靡した超人気ドラマ”SUMMER NUDE”に出演して”大きく”注目を浴び、さらに専属モデルを務めていた”CanCam”で自身初となる「単独表紙」に採用されました。


引用元【ツイッター(credo0807 )】

きっと”SUMMER NUDE”での活躍が評価され、その”人気”から単独表紙に抜擢されたのでしょう!

なので、大学三年~四年生にかけては”相当”忙しい(充実した)時間を送っており、後にご自身のコメントでも↓↓↓

3年生からは仕事がかなり忙しく両立が大変でした。特に連続ドラマに出演していた時はテスト期間とかぶってしまい、台本とテスト内容の暗記を同時にして頭がパンクしそうでした。

※ 引用元【サイト(エントピ)】


“公私”共に、相当忙しかったことが伺えるコメントを残しているご様子!

その後、何とか「文芸両道」を熟し”無事”に大学を終えております。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

大学をご卒業され”社会人”となると”芸能活動”に「専念」するようになり、さらに女優業を”メイン”に数々の仕事を熟す様になって行きます。

特に、大学をご卒業された2014年に公開され、映画「黒執事、東京難民、女子ーズ、近キョリ恋愛、小野寺の弟・小野寺の姉」等に立て続けに出演され、休む暇もなく女優業を熟しておりました。

【しかも!】そんな忙しい最中、同年7月からテレビ東京系列で放送されたテレビドラマ”アオイホノオ”に出演し、自身初となるドラマでの「ヒロインデビュー」を飾りました。



引用元【ツイッター(山本美月chan→BIG LOOOVE? )】

テレビドラマや映画などで”女優”としての評価が認められると、2015年に公開された映画”東京PRウーマン”に出演し、自身初となる映画での「主演」を飾りました。


引用元【ツイッター(ORICON NEWS(オリコンニュース) )】

2017年になると、長年”専属モデル”を務めてきたモデル雑誌”CanCam”の同年9月号にて”専属モデル”をご卒業されました。

その後もテレビドラマ・映画などの、数々の”話題作”に抜擢され活躍し、女優としての”地位”を確率して今に至っております。


スポンサードリンク


◇ 山本美月さんのハーフ説は嘘!

ネットで話題?の山本美月さんの”ハーフ説”ですが、結論からすると【ズバリ!】その”噂”は「嘘!デタラメ!!」です。

しかも、その”ハーフ先”が「韓国人」との”噂”が巷で流行?していた様ですね!

山本美月は”長崎県大村市”「お生まれ」、”福岡県福岡市”「ご出身」の紛れもない”生粋”の「日本人」です。



引用元【インスタグラム(mizuki_yamamoto_official)】

ただ、若干”日本人離れ”したエスニック(東洋系)風な雰囲気を醸し出しているため、”外人”と間違えられ易く、むしろ”韓国系”の「アジア系」ではなく、堀深い顔立ちの”ヨーロッパ系”の方に似ている!と私は思いますけど・・・?

さらに韓国人特有の「一重まぶた」ではなく、クッキリ!ハッキリ!!した”透明感”のある「二重まぶた」ですよね!

その点だけ見ても、韓国人等とは全然違た「極め細やかなお肌と、目鼻のラインが通っている」”素敵な美女”であることは”一目散”に分かります!

しかも「整形だらけ?」の韓国人女生徒は違い”生まれた”時から「美形」であり、お顔を”イジッて”いる様子は、一切見受けられません。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

ただ”ハーフ説”に限っては、上でも説明した通り”日本人離れ”した”お顔立ち”をしているので、「ハーフ」だと間違われても仕方がない部分もあるのでしょう!

ではなぜ?山本美月さんに”韓国人説”が浮上したのでしょうか?

それは簡単なことで以前、フジテレビ系列で放送された「韓国原作」のテレビドラマ”HOPE~期待ゼロの新入社員~”に出演し”主要役”に抜擢された事がり、そのイメージがドラマファンやお茶の皆さんの間から大きく”注目”されたことで「韓国人っぽく」見えたのでしょう?



引用元【ツイッター(高田 実也-Jitsuya Takata )】

その他に”韓国”との「接点」は見つかりません。

実家の”祖父”も、日本の地元で”高校”の生物学の「教師」を行っている列記とした日本人だし、父親も普通のサラリーマンとして働いているご様子!

以前に、父親の”素顔”がテレビで放送されたことがありました↓↓↓



引用元【サイト(YouTube)】

少なくても、この画像を見る限り父親は”日本人”であることは一目散で、しかも↑の写真で”母親”も日本人っぽく見えているので、間違いなくこの”二人”から生まれた姉妹(美月含む)も「日本人」であるに相違い御座いません!!

その点!宜しく♪


スポンサードリンク


◇ 山本美月さんの噂の人物とは?

女優さん”あるある”の「彼氏・熱愛」ネタですが、山本美月さんにも”例外なく”あり、私の知る限りでは”数名”の芸能人”男性”と”噂”されたことがあります。

その中でも”最も注目”されたのがお笑いタレントの「有吉弘行」氏ではないでしょうか?



引用元【インスタグラム(ariyoshihiroiki)】

【実は!】有吉弘行氏とは、山本美月さんが”芸能界デビュー”して初めて担当したバラエティー番組の、日本テレビ系列で放送されていた「ウーマン・オン・ザ・プラネット」で共演しており、その時のやり取りがあまりにも”自然体”で、しかも”踏み込んで”ツッコミもあったことから”プライベート”でも会っているのでは?等と”良からぬ妄想”をした視聴者の間で話題となっていたそうです。

しかも、この年にタレントで占い師の「ゲッターズ飯田」氏が有吉弘行氏の占いを行った結果、同年に知り合った女性と結婚する可能性が高い!等と示したことから、番組でレギュラー共演をしていた山本美月さんに「白羽の矢」が立ったのだ!と言われております。

ただ、有吉弘行氏にしてみれば”ウーマン・オン・ザ・プラネット”はただの一番組にしかすぎず他にもたくさんの番組で”女性”と知り合っていることから、山本美月に立った”白羽の矢”には”信憑性”がない!等と”見解”をする視聴者も居たことから「賛否両論」となり、最後にはただの”噂”で「幕引き」となった次第です。

その時に「ゲッターズ飯田」氏が登場しなければ良かったのに、業界でも”当たる!”として定評があった”占い師”であったたけに、話が”ややっこしく”なった次第です。

続いての”噂”の人物は俳優の「斎藤工」氏です。



引用元【インスタグラム(kuchan22)】

こちらも俳優人で”あるある”の「作品共演」から噂が浮上したもので、2016年頃に日本テレビ系列で放送された推理ドラマ”臨床犯罪学者 火村英生の推理”での共演がきっかけで、良からぬ”噂”が浮上したのです。

・・・とは言え、二人は”教授”と”学生”の役所であった為、差ほど”絡むシーン”は多くなくなのに良からぬ”噂”が立ちました。

その大きな原因は【実は!】芸能誌でお馴染みの”週刊誌”に「熱愛ネタ」として取り沙汰されたことから”良からぬ方向”へ話が広がっていったのです。

その時の”ネタ”では「二人が一緒に乗っている”車内”を目撃された!」または「どちらかの自宅マンションに出入りしているシーンを目撃された!「などの情報が伝わり、世間から大いに注目が集まっておりました。

しかしその後も度々”二人”はメディアで「共演」されておりますが、以前の様に「愛ネタ」が浮上することもなく、または芸能誌からも取り沙汰されることもありませんので、多分もとから熱愛が”誤報”であったか?あるいは”破局”した可能性が高いのでしょう!

現在は「何もなかった二人」にしか見えませんが・・・?

続いての”噂”の人物は俳優の「高良健吾」氏です。



引用元【インスタグラム(kengo_kora_fan)】

こちらは”共演ネタ”ではなく「ネット住民」の間で、両名のファン?あるいは二人には”全く”関係のない”一般人”の呟きが”噂”の「火種」となったらしいのです。

“呟き”と聞いてお分かりかとは思いますが、SNS(ツイッター)が噂の”源”です。

そのツイートによると「中目黒で山本美月さんと高良健吾さんが手をつないで歩いていた!」この”あらぬデマ”の呟きが、一挙にネット界で”拡散”されたのです。

もしそれが事実なら、”一般人”よりもプロの”芸能週刊誌”が黙って見過ごすわけが無く、直ぐにでも”熱愛ネタ”として取り上げられるところです。

ところが、SNS(ツイッター)で”情報”が広がっても芸能誌は動くことなく”噂”の「信憑性」が欠けている!として、その情報(ネタ)は敢え無く”自然消滅”して行きました。

以上が私が知る限りの山本美月さんに浮上した「噂」でした。


スポンサードリンク


◇ 山本美月さんのプロフィール

本名
山本 美月
読み
やまもと みづき
生年月日
1991年7月18日
仕事
女優・モデル
出身地
福岡県福岡市
所属事務所
インセント
血液型
O型