日本のロックバンドグループで2015年にsingle曲「桜が咲く前に」でメジャーデビューした
「きのこ帝国」が今年2019年5月をもって長期活動休止することが分り話題になっています。

「きのこ帝国」はボーカル「佐藤千亜妃」さん、ベース「谷口滋昭」氏、ギター「あーちゃん」
ドラム「西村コン」氏らのロックバンドで、特にボーカルの「佐藤千亜妃」さんの「高音」が
特徴的なグループです。

 

スポンサードリンク

 

結成は学生時代に知り合った仲間で構成され、グループ名の由来はギターの「あーちゃん」の
格好が「きのこ」に似ていることから付けられたのです。

私は「あーちゃん」の「きのこ」よりもドラムの「西村コン」氏の方が「なめこ」に
似ていると思っているのですが私だけでしょうか?とは言え結成当時に命名されたもので
現在とは違うのでしょうね?

今回の「長期活動休止」に至った理由なのですが、ベースを担当している「谷口滋昭」氏が
実家の稼業を継ぐ事を決めたらしく、今年に入り既にメンバーには伝えていたようです。

ファンからすると「メンバー交代での活動継続」を望む声が多数寄せられてはいたのですが
そこはどのバンドグループにも言えることで、結成が「学生時代の仲間」からスタートした
バンドは「結成力」が強く、メンバーが一人でも抜けることになれば「停止・休止・解散」を
選択する傾向にあるので、今回「きのこ帝国」もメンバー1人抜けることが決まったので
「休止」の選択をしたのでしょう。

活動休止の報告は自身らのサイトで行い「サポートメンバーを迎え入れる案もありましたが、
これまで4人で歩んできた10年間の中で、谷口以外のベーシストと、きのこ帝国を続ける
イメージは現状出来ませんでした。」等と、やはり結束力の強さを理由に休止に入るようです。

このグループはメインボーカリストの「佐藤千亜妃」さんを主体としたバンドだっただけに
他のメンバーの今後の活動が心配されるところではありますが、「佐藤千亜妃」さんに
限って見れば、実は元「女優」経験があり見た目と反して年齢は30代のアラサー!

しかも「きのこ帝国」がメジャーになる前から単独で「芸能界」入りを既に果たしており
芸能界大手プロダクションの「ホリプロ」が毎年開催している「ホリプロタレントスカウト
キャラバン」2004年度の「グランプリ」に輝いており、そこから一時期「女優」として
芸能活動を行ったいたのです。

ただ女優としての「人気」は今一つで伸び悩み、その後、大学時代に知り合った仲間と結成し
現の「きのこ帝国」が誕生したのです。

バンド「きのこ帝国」の楽曲は、ほとんど佐藤千亜妃さんが担当しており、作詞・作曲を始め
バンドスタイルやライブでの構成などを積極的に行い、女優よりもミュージシャンとしての
才能を「開花」させたようです。

作詞に限って見れば昔から「読書」を大変好んでいたようで、その経験を生かし歌詞を
作り上げていたようです。

そんな「きのこ帝国」の活動休止についてファンからは「ステキな作品たちを私たちにたくさん
届けてくれて、ありがとうございました」「ずっと好きです。いつまでもあなた方が生み出した
音楽を愛しています」「死ぬまで一生大好きです」「たくさんの名曲をありがとうございました」
「やっぱ!残念で仕方ない」「これからもずっと大好きなバンドです」等と、今回の休止を
悲しむ声や「根強い」ファンが居たことが分かるコメントを多数寄せられています。

個々になればミュージシャンとしての活動が大変になるかと思いますが、バンド活動が再開し
元気な姿が見れる日を楽しみに待っております。

 

■ きのこ帝国プロフィール

バンド名
きのこ帝国
読み
きのこていこく
結成年度
2007年
仕事
ロックバンド
出身地
立正大学
所属事務所
UKプロジェクト
活動休止年度
令和1年

 

スポンサードリンク