“子役”出身で、数々のテレビドラマ・舞台でご活躍中の女優「春名風花」さんが、SNS(ツイッター)上で「根も葉もない事実!」が伝えられ、その”内容”で「誹謗・中傷」を受けたとして、その”行為”を行った「ツイート者」を相手に”提訴”に踏み切ることが判明されました。

春名風花さん”18歳”にして「誹謗中傷」に対する初めて制裁(提訴)を下す模様!

その気になる春名風花さんの”誹謗中傷”に対する「制裁(提訴)」を紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(Yahoo!ニュース )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 速報!最速情報
・ 世論の反応
・ 母親や弟は?
・ カミングアウトした?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇【速報!】最新メディア報道内容


ツイッターに虚偽の内容を投稿され名誉を傷つけられたとして、女優の春名風花さん(18)と春名さんの母親が1月14日、書き込みをした人物を相手取り、慰謝料など265万4000円の支払いを求めて横浜地裁に提訴した。

※ 引用元【サイト(YahooJapan!News)】

“請求額”が、かなり厳密に提示されているので、既に弁護士が入っての”裁判”のご様子!

ただ”有名人”に対する「誹謗・中傷」で傷ついたのなら、もっと”請求”しても良いような?

さらに「見せしめ」での”戒め”なら、なおさら・・・?



春名さん側は「彼女の両親自体が失敗作」などと書かれたツイートに対し、プロバイダに発信者情報を求めていた。東京地裁(大嶋洋志裁判官)は2019年11月1日、こうしたツイートを「社会通念上許される限度を超える侮辱表現で、名誉感情を害されたことは明らか」と認定し、氏名や住所などの開示をプロバイダに命じた。

※ 引用元【サイト(YahooJapan!News)】

ついに「踏み切ったか!」的な感じですね。

【実は!】春名風花さん、以前からも「心無いコメント!」がたまに伝えれ、”迷惑”を受けた!ことは事実です。

見ているネットユーザー(私も!)も「不快」に思われていたことでしょう!

ただ、”民主主義・自由主義・文論の自由”などを強調してる集団からすると果たして・・・?

【しかも!】0歳から既に”スチールモデル”として「公に」されているし、なので”芸歴”も相当長い(単純に18年)はずなので、様々な”見解”が持たれても仕方がないような・・・?

裁判所が”開示請求”を「発令」した模様なので、直ぐに犯人(投稿者)が分かることでしょう。

春名風花さんも【相当!】怒っているご様子ですね!


引用元【インスタグラム(harunafuka)】



他の誹謗中傷についても、「今回の裁判がうまくいってお金を支払ってもらえたら検討している。だいぶ先になるかもしれないけど、いつかは絶対やる」と話している。

※ 引用元【サイト(YahooJapan!News)】

かなり強烈に「脅し」をかけているように思えますが、これって「正しい行為?」と感じたのは私だけでしょうか?

では、今回の件が「万が一」失敗したのなら”一生”「叩かれ」続けるのでしょうか?

“それ以前”の問題として、せっかく出来た「根強いファン」が減らないか心配です。

最近、ようやく”子役臭”が抜け「大人びた雰囲気!」を醸し出していただけに、今回の件で”イメージダウン”につながらないことを願っております。

間違い(問題)ないとは思いますが、是非「勝訴!」することを祈っております。


スポンサードリンク


◇ 世論の反応(参考:Yahooリアルやツイッターより♪)

訴える訴えるいいながら実際は訴えない人が多い中、ちゃんと行動する彼女はえらいと思うし、悪質な書き込みに対するけん制にもなるし、これについては彼女を応援したいと思います。

匿名だから何を書いても問題ないだろうとかバレないだろうと思っている人に対する抑止力になるので、ぜひ勝ち取って欲しい。
相手は公に顔出してる芸能人で、こっちは匿名なんだから何を言っても大丈夫と思って輩を一掃して欲しい。そういう人は痛い目にあってこりないとやめないだろうから。

まあ金額じゃなく、この人こんな書き込みしてるよって世間に知らしめて罰を与えるという意味では防衛策になるんじゃないでしょうか

疑問や注意を促すのとバッシングは別なので芸能人ももっと訴えられば良い、芸能人に厳しく倫理観を求めるならコメントを書き込んでる一般人にも倫理観が必要

こういうのは、どんどんすべきだと思う。
ネットの私刑は悪質なのが多いしね


スポンサードリンク


◇ 春名風花さんの母親や弟は?

春名風花さんは、”老舗”であり昔から専門に”声優”の「マネージメント」を手掛けてきた大手芸能事務所の”プロダクション・エース”に所属されております。

このプロファクションは”男女問わず”、多くの個性的な”声優”を育て来た芸能事務所として有名で”春名風花”さんの「独特な声」も、この事務所で”鍛え上げた!”に間違いありません!

また、昔から使っている自身を示す言葉を「ぼく」と発言するところなど【まさに!】個性的で事務所の”意向”もあるのかも?と思わせるほど「個人を大事に!」している事務所なのでしょう。

そして、その”女優”を育てたのが現在の”実”の「母親」です。

幼少期頃(0歳)から既に、”雑誌”などに「スチールモデル」として登場していらしく”子供向け雑誌”の人気の「お手伝い!」をされていたご様子!


引用元【ツイッター(春名風花 official?? )】

“モデルデビュー”のキッカケとなったのが、幼少期から開設していた「幼児ブログ」とのことで、我が子ながら相当「可愛い!」と思ったのでしょう!その「愛くるしい可愛さ!」を”共有”するために”スチールモデル”として、雑誌などに「可愛い写真」を提供していたのでしょう?

ただ”それが”原因なのか?定かではありませんが、後に春名風花さんの母親には様々な”疑惑”が浮上する事になります。

“可愛い”から芸能界に勧めたのは良かったものの”三歳”の時、既に「携帯電話」を渡していたらしく、春名風花さん自ら「ブログを投稿していた!」というのです。

もちろん”モデル”としてご活躍中であったので”ある程度”人気を博し、”閲覧”するファンも多かった?とのことですが、幼児がブログを”制作”することじたい!無理があるのでは・・・?

さらに小学校三年生頃には、ご自身の公式SNS(ツイッター)を開設し「自力」で運営されていたのだとか?これも何だか「無理がある話」のような・・・!

【しかも!】アップする”内容”も、とても子供が書いた文面とは思えないコメントが多数で、逆にそれが周りの”興味”を引き、フォロワー数が「数十万人」に達しておりました。

【ところが!】以前から「投稿者別人疑惑」は浮上していたのですが、ある時のツイートで「彼女が・・・」と”表現”したことで、一挙に”疑惑”が「確信」へと変わっていったのです。

もちろん、ツイッターユーザーは直ぐに反応し「彼女が…は明らかにおかしい!」等と拡散して一挙に「炎上」へと”発展”していったのです。

なので、たぶん母親は他にも”アカウント”を多数所持しており、いつもの”投稿スタイル”で記事をアップしたところ、間違って「春名風花名義のアカウント」にアップされたのでしょう!

すると、その”救済処置”なのでしょうか?春名風花さんであることを”強調”するため他人行儀で「春風は病気になった。今日からこのアカウントで母親である私がツイートます」等と釈明!。

誰がどうか考えても「誤魔かす為!」であることは明らかで、「炎上」にさらに”火”を加える結果となったのです。

その後は、ご存じの通りの「展開」となり、今に至っておりました。

また、春名風花さんには”二歳年下”の「弟」が居て、弟さんも姉と同じく”子役”として芸能界デビューされているご様子で、現在は”俳優”を熟しているとのこと。


引用元【ツイッター(春名風花 official?? )】

なので、既に”実名”は公にされておりますが「春名柊夜(はるな しゅうや)」という方の様です。(私は存じません!)

“役者”の「実力」は定かではありませんが、結構!な”才能”の持ち主のようで「漢字検定二級・数学検定は準二級」の資格を取得しているとのこと。

ご自身も既に公式SNS(ツイッター)のアカウントを取得されている模様ですが「母親でない!」ことを願うばかりです・・・!まずありえませんが(笑;)


スポンサードリンク


◇ 春名風花さんがカミングアウトした?

“子役”ご出身のため「芸歴が長い」春名風花さんですが【実は!】”高等学校”には無事!に”ご入学”されているご様子で、さらに「ご卒業もされた!」とのことです。

しかし、その高校とは”全日制”の”普通高校”ではなく、”通信教育制”の”単位校”とのことで、”学期”も「二年間」と定められていた模様です。

“進学”された「高校名や場所」などは、”公表”されていないので分かりませんがご自身の公式SNS(ツイッター)で、”場所”は示されておりました↓↓↓


引用元【ツイッター(春名風花 official?? )】

つまり、ご出身の”神奈川県”と同様地域にある「県立高校」にご入学されたご様子!



引用元【サイト(週チャンネル)】

もちろん、あくまでも「デマが多い!」として有名な?春名風花さんの”アカウント”ですから、信じる?信じない!はあなた次第ですが、ご実家との「住所が同じ!」点から見ると、かなり”信憑性”は高いと思われます。

さらに”芸能人”であれば、”お決まり”の様に「目撃情報!」が必ず流用して「出身校」がバレるケースが多いのですが”春名風花”さんの場合、高校時代の情報が”ほぼ”皆無状態です。

ただ、ここまで(“定時制”や”通信制”の高校)は「芸能人」には良くある話・・・。

しかし注目は?春名風花さんが高校時代に名乗っていた本名(名前)を”偽装”していたことを、後に「カミングアウト」された点です。

“通信制”のため、学校に通う頻度がそれほど多くはなかった!と思いますが、”通学”した際に学校での名前は「西村」と名乗っていたようなのです。

普段から”ご自身”の事を「ぼく」等と示し、名前に関して”注目度”の大きい春名風花さんなのに、高校では”偽装”していたことを「カミングアウト」して、さらに「注目度」を挙げたご様子!

たぶん、高校を終える時期に入り”隠す必要”もなくなった!と判断したのか?ご自身のブログでその”事実”を「公表」されたそうです(2019年2月20の記事とのこと?)

なぜ「西村」と名乗っていたのか?と言うと、既に”本名”は世間に知れ渡っており、学校では目立つ!さらに、それが”もと”で「イジメ」を受けないためにも学校側の”配慮”があった様です。

たぶん、春名風花さんに対する「世間の風当り!」を知っていた学校側が、例え”登校日”が少なくても”顔”が晒されてはいるものの、せめて”名前”だけでも「偽装」して、「ご本人」と思われないように”事前”に打ち合わせ”済み”で、先生たちと上手くコミュニケーションを図っていたのでしょう。

なので、別に”世間的”には何ら問題があるものではありませんが、上記した通り”ネット界”では春名風花さんの名前に対する「アンチ?・反骨者?」が多くいるので取り上げてみました。


引用元【インスタグラム(harunafuka)】


スポンサードリンク


◇ 春名風花さんのプロフィール

本名
春名 風花
読み
はるな ふうか
生年月日
2001年2月4日
仕事
女優
出身地
神奈川県
所属事務所
プロダクション・エース
血液型
A型