超可愛い”ルックス”でありながら、”演技派”として女優業でもご活躍中の「松岡茉優」さんの
公式SNS(インスタグラム)で、”フォロワー”数が「50万人」を突破した!として、注目を
集めているそうです。

松岡茉優さん”24歳”にして、初の公式SNS(インスタグラム)で50万人を突破されたご様子!

その気になる松岡茉優さんの公式SNS(インスタグラム)で50万人突破について紐解いて
行きます。


引用元【ツイッター(ORICON NEWS(オリコンニュース) )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 速報!最速情報
・ 世論の反応
・ かわいすぎる?
・ 子役時代?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇【速報!】最新メディア報道内容

女優の松岡茉優(24)が自身のインスタグラムを更新。フォロワー数が50万人を突破したことを報告した。

※ 引用元【サイト(YahooJapan!News)】


引用元【インスタグラム(mayu_matsuoka_koushiki)】

フォロワー数50万突破をご報告されたのは、2020年1月31日のインスタ更新で行った
模様で、コメントでは「賞を頂いた日の支度中、後ろの髪を巻くために仮で結ばれてたアタマが
おかしくて撮った写真なんだけど。そんなことより!フォローしてくださってる方が50万人に
なってました!」・・・と、喜びの様子を伝えました。

松岡茉優さんは1995年2月16日生まれの24歳(2020年)で、ご出身は「東京都」です。

ご出身の”東京都”にあるご自宅で、ご両親と妹の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に
有る学校に通うのが一般なので、松岡茉優さんも(東京都)内の小学校・中学校に通っていたと
“推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の東京都にある”杉並区立永福小学校”にご入学されたと判明して
おります。

ご家族は”ご両親”と”妹”がいて、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子!

父親は”公務員”であるらしく、母親の情報はありません。

また、”妹”は「松岡日菜」さんと呼ぶそうで、子供の頃から「子役」として芸能活動を行って
いたそうです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

つまり、”姉”より先に芸能人になっていたわけです。

また、松岡茉優さんが芸能人になるキッカケとなったのは、この”妹”が先に芸能人として活動を
していたからなのです。

・・・と言うもの、松岡茉優さんが八歳の時に、この妹さんが芸能事務所から”スカウト”された
そうで、その際に芸能事務所の”面接”に「母親と松岡茉優」も”同行”したらしく、芸能事務所の
関係者から「お姉ちゃんもやる?」と言われたことで、芸能界の道へと歩み始めたそうです。

なので今では、そのキッカケを作ってくれた”妹”さんに頭が上がらない!とのこと。

ちなみに、この”妹”さんは学業優先との理由から芸能活動を「引退」しているそうです。

松岡茉優さんは大の”勉強嫌い”の少女であったらしく、真面目に勉強していなかった!とのこと。

その分?”スポーツ”が得な子供で、運動会の”競争”では常に「一位」を獲得していたそうです。

なので、相当「運動神経が良い!」少女であったご様子!

一方の”芸能活動”は、芸能事務所に所属していたものの中々”ドラマオーディション”に受からず、
仕事がほとんど無かったそうです。

“話”では、”約100回”以上オーディションで落ちたそうです。

芸能界デビューを飾った小学時代を終えると、中学校も地元の東京都にある”杉並区立向陽
中学校”にご入学されました。

中学校時代になっても大の勉強嫌いで、芸能界デビューしていたことから芸能界の仕事に”精”を
出し始めます。

“噂”では、テストで「0~2点」を取ったことがあるそうです(笑;)。

なので”成績表”も、ほぼアヒル(2)ちゃんで埋めつくされていたそうな・・・?

芸能界の方では、中学校一年生の時に日本テレビ系列で放送されていたテレビドラマ”受験の
神様”に出演して、自身初の「女優デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(Saki )】

【さらに!】二年生の時にテレビ東京系列で放送されていた子供向けバラエティー番組
“おはスタ”に出演して、番組内で女子アシスタントとして活動していた「おはガール」の
一員に抜擢されます。


引用元【ツイッター(さき(な) )】

また、今も昔もそうですが大の”アイドル”好きで、特に「モーニング娘。」の大ファンらしく、
“しょっちゅう”コンサートやイベントに出向いていたそうです。

但し、自ら”モーニング娘。”に入る「勇気」はなかったそうです。

理由として、顔に”コンプレックス”を感じていたから!とのこと。

これだけの”美貌”を持ちながら、顔にコンプレックスを感じるとは!贅沢もいいところですね!

「女優デビュー」を飾った中学校を終えると、高校も地元の東京都世田谷区にある”東京都立
深沢高等学校”にご入学されます。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子!

高校時代になると、”軽音楽部”に入部していたらしく「キーボード」を担当していたとのこと。

“キーボード”を担当した理由として、小学~中学校にかけて”ピアノ”のレッスンに通っていた
らしく、その経験を活かすために担当したようです。

一方の芸能活動は、一年生の4月からテレビ東京系列で放送されたテレビドラマ”鈴木先生”に
出演し、生徒役の”お道”役を演じて自身初の「レギュラー」に起用されました。


引用元【ツイッター(脳内お花畑 )】

しかし学校に入って直ぐに”軽音楽部”に入ったものの「学業と芸能活動の両立が困難!」となり、
一年生の9月から、芸能人御用達でお馴染みの”日出高校(現:目黒日本大学高校)”の「芸能
コース」に転校をされます。

日出高校(現:目黒日本大学高校)に転校すると、”芸能活動”が行い易くなり、今を輝く沢山の
“俳優人”と仲良くなって行きます。

テレビドラマ”鈴木先生”では、女優の土屋太鳳さんや工藤綾乃さん、高校を転校してからは
“ももクロ”の「百田夏菜子」さんや、元”℃-ute”の「鈴木愛理」さん、乃木坂46の「能條
愛未」さん、シンガー・ソング・ライターの「家入レオ」さん・・・等と同級生とのことです。


引用元【ツイッター(ももクロ侍 )】

その後、高校三年生になるとNHKで放送されている朝の冠番組でお馴染み”連続テレビ小説”の
「あまちゃん」に出演し、アイドルグループGMT47のリーダー”入間しおり”役を演じて、
注目され始めます。


引用元【ツイッター(だんごむ氏はあースナイパー )】

そして、同年8月から公開された映画”桐島、部活やめるってよ”に出演して、”ぷちブレイク”を
受けます。


引用元【ツイッター(クオン )】

その後、高校を終えると大学には”進学せず”に社会人となり、芸能活動に慢心する様になります。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

その後、2015年にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ”She”に出演し、地上波では
自身初となる「主演デビュー」を飾り、急激に”男性ファン”が増え始めます。

また、テレビドラマや映画を中心に女優業を熟しながら、”バラエティー番組”などにも出演する
ようになると一躍”ブレイク”を果たし、更に人気が上昇して行きます。

その後は、CMや舞台などの仕事も熟すようになって、今に至っております。


引用元【インスタグラム(mayu_matsuoka_koushiki)】

髪を2つに結び、前髪をピンで留めたおでこには、画像加工で書いた“50”の数字。この“すっぴん風”写真とともに、「フォローしてくださってる方が50万人になってました おひとりおひとり、お礼を言うには日が暮れる数字です。この場を借りていやこの場だからこそか。笑」とつづった松岡。

※ 引用元【サイト(YahooJapan!News)】

「すっぴん風」ではなく、間違いなく”スッピンのお顔”で登場しております(笑;)。

やはり”化粧”で化けないと、若干”可愛度”が低下する模様です(私考です)。

ただ、”フード”付きであろう”スエット”スタイルの「私服」には、共感が持てますが・・・?


引用元【インスタグラム(mayu_matsuoka_koushiki)】

続けて「みなさま、いつもありがとうございます。#がんばっていこう #大丈夫 #想いあえますように」と感謝の気持ちを投稿した。

※ 引用元【サイト(YahooJapan!News)】

“お礼”の言葉も忘れすに綴っていらして【さすが!】「あざとい女優」と呼ばれている証?を
見せたご様子!

“噂”では、最近の松岡茉優さん”ファン”は「減少」しているらしく、”イライラする女優”として
「アンチ」が増えている傾向にあるそうです。

きっと「喫煙疑惑・違法行為・ジャニーズ事務所のアイドルとの同棲や交際」等の”噂”が、
広まっている為?なのでしょうか・・・?


引用元【ツイッター(特撮/UNDERMINER )】


スポンサードリンク


◇ 世論の反応(参考:Yahooリアルやツイッターより♪)

この子年齢の割りに老けてるよね、まあ、嫌いではないけど、でもこの子嫌われてるよね、負けん気が顔にでてるからかな?でもそのぐらいでないと芸能界では生きていけないよね、

いつまでたっても芋くさい

どこが可愛いのか全くわからん

最近の芸能担当記者はインスタを取り上げる事しか出来ないのか?

取り上げる程のタレントかな。



ご自身の公式SNS(インスタグラム)への”コメント”や「いいね!」は順調なのに、何故か”他”の
サイトへの”コメント”は不調のご様子!

他の”サイト”では「アンチ」が多いのでしょうか?

それとも、可愛さに対する”嫉妬心”から・・・?


引用元【インスタグラム(mayu_matsuoka_koushiki)】


スポンサードリンク


◇ 松岡茉優さんはかわいすぎる?

“女優”や”タレント”として、絶好調の「松岡茉優」さんですが、その”原動力”となっているのは
やはり「可愛らしいルックス!」ですよね♪


引用元【インスタグラム(mayu_matsuoka_koushiki)】

また、最近では”役所”が難しい映画(蜜蜂と遠雷など)にも挑戦され、関係者からは”演技力”も
注目されているそうです。

もちろん「可愛さ」が、これだけ世間やネット住民の皆さんに”浸透”したのは、やはり多くの
“メディア”に出演しているからですね。

特に最近では、バラエティー番組や音楽番組【さらに!】”MC”などでもご活躍して、マルチな
“才能”も見せ始めております。

フジテレビ系列で”不定期”に放送されているお馴染みのお笑い番組”ENGEIグランドスラム”では、
お笑いコンビ「ナインティナイン」の二人と、見事!なコンビネーションで”MC”を務めて、
同番組では「お馴染みのMCトリオ!」としてお茶の間から知られていますね。


引用元【ツイッター(勇者ヨシヒロ??(愛犬Qooちゃん) )】

また映画では、2019年10月から公開された映画”蜜蜂と遠雷”に出演し、”主演”の「栄伝
亜夜」役を、見事!に演じ切りました。

この映画の原作は、日本の女性小説家として有名な「恩田陸」さんの作品であり”長編小説”で
あったことから、誰もが「映画化はムリだ!」と思われておりました。

しかし、出演した”キャスト陣”や制作側の”スタッフ”、何よりも主演を務めた”松岡茉優”さんの
「個性溢れた演技力!」が光って、見事!”映像化”に成功したそうです。

それには原作者である「恩田陸」さんも”納得”されたご様子で【しかも!】喜んで頂けたとか!

なので、この映画では個人の”可愛さ”よりも、女優としての「実力派!」が目立った作品です。


引用元【インスタグラム(mayu_matsuoka_koushiki)】

また「時折変えるヘアースタイル!」にも、ファンたちは”歓喜”しているそうです。
「ソバージュ」の”ヘアースタイル”もお似合いですよね!可愛度【さらに!】UP。


引用元【インスタグラム(mayu_matsuoka_koushiki)】

また、松岡茉優さんは「企業CM」からも、多くのオファーを受けており数々のテレビCMに
出演されておりますね!

特に最近では、通信教育大手の「ユーキャン」が放送したCM「通信教育講座」に登場されて
おります。



引用元【サイト(YouTube)】

また、2016年頃に放送されていた”日本コカ・コーラ”社のお馴染みCM「アクエリアス
ウォーター」に出演され「可愛さ全開の姿」を披露されておりましたね♪






スポンサードリンク


◇ 松岡茉優さんのゴミ子役時代?

松岡茉優さんは以前に、フジテレビ系列で放送されているトークバラエティ番組”おかべろ”に
出演された経験があり、そこで「毒」を吐いてしまって”ヤッチまった!”のです?

元々「話好き」な松岡茉優さん。

ご出演されたのは2019年9月のことで、ご自身のこれまでの「女優経歴」などを話って
いたのですが、その中で”子役時代”が「暗黙の闇!」であったことを告白したのです。

その際に、ご自身は「遅咲き女優である!」との見解を示し、10年くらい売れず500位の
オーディションを落ちていたことを明らかにしたのです。

また、子役時代に受けたオーディションの中で「ゴミ子役が集まってた部屋で待った!」等と
語り始め、ご自身は”自傷ネタ”で番組を盛り上げよう思った!に違いありませんが、それを視た
視聴者たちからは「ゴミ子役って酷すぎる!」等と、”批判”を浴びてしまったのです。


引用元【ツイッター(エンタメニュースフラッシュ )】

これに対して、”ネット住民”の中にいる「松岡アンチ」からは↓↓↓

ゴミ子役って他の人に失礼だろ。何なんだ、こいつ

そんな美山よりも、今の私の方が売れてると言いたいのかな?

子役上がりの闇を感じるな。いちいち言葉にトゲがある

わざわざ個人名を出さなくてもいいのにな。性格悪っ!



↑のような”批判”が殺到し・・・

一方で「生粋のファン」たちからは↓↓↓

ゴミ子役なんて信じられないな。超かわいいのに

今は売れているけど、やっぱ苦労人なんだな

下積みがあってこその今があるんだよ。これからも頑張って



↑のように”応援に似た”声も伝えられていたのです。

最近の松岡茉優さんは、以前から比べると”話好き!”になったように伺え、歯に衣着せぬ発言や
物怖じしない強気の性格を見せつけるようになり、何度も「物議」を醸すようになっています。

また”人”のトークに「口出し!」をして”場”の雰囲気を壊したりもします。

なので、最近の視聴者からは「口を開かなければ(黙ってれば)美人なのに!」等と、”嫌味”を
言われることもシバシバです。

これが、松岡茉優さんに”思わぬ形”で降りかかった「ゴミ子役時代」問題?です。


引用元【インスタグラム(mayu_matsuoka_koushiki)】


スポンサードリンク


◇ 松岡茉優さんのプロフィール

本名
松岡 茉優
読み
まつおか まゆ
生年月日
1995年2月16日
仕事
女優・タレント
出身地
東京都
所属事務所
ヒラタインターナショナル
血液型
B型