2020年度の”大寒”から「不倫騒動」で世間をザワつかせている「東出問題!」ですが、その妻(杏)であり、その”義理の父”である「渡辺謙」氏に思わぬ”ブーイング”が、ネット上で勃発!してる模様です。

渡辺謙氏”60歳”にして、息子「東出昌大」氏の”義父”にとして、”手痛い一発”を食らったご様子!

その気になる東出昌大氏の”義父”である渡辺謙氏について紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(助六 )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 速報!最速情報
・ 世論の反応
・ 英語力がヤバい?
・ 杏と不仲説?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇【速報!】最新メディア報道内容


絶妙なタイミングで表舞台に参上! 不倫騒動で叩かれまくっている俳優・東出昌大(31)の義父で俳優の渡辺謙(60)がイベントに登場。発言に注目が集まったが、言及しなかった。それもそのはず。自身も娘婿と同時期にオンナにハマった“経験者”で、何か口を開こうものならイジられかねないからだ。反応しようがなかったからか、ツイッターには「エッグベネディクト」の話題を投稿する始末だったが、このつぶやきにも厳しい声が集まっている。

※ 引用元【サイト(YahooJapan!News)】

渡辺謙氏も昔から”女性問題”では「痛い思いをした俳優!」として有名?ですが、今回は”ご本人”ではなく、娘(杏)とその旦那(義理の息子)との「不倫問題」で、思わぬところで”痛い思い”をしているご様子!

どうもネットでは「父親としての品格!」が問われていたご様子なのに「適切な対応!」を取らなかったことに対して、ツイッターユーザーの「怒り!」に触れてしまった模様です。

渡辺謙氏は1959年10月21日生まれの60歳(2020年)で、ご出身は「新潟県北魚沼郡」です。

ご出身の”新潟県北魚沼郡(現:魚沼市)”にあるご自宅で、ご両親と兄の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、渡辺謙氏も(新潟県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では中学校は地元の新潟県北魚沼郡(現:魚沼市)にある”小出町立(現:魚沼市立)小出中学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しい(ほぼ皆無!)なので詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と四歳年上の”兄”がいて、ご自身は「次男」として生まれ育ったご様子!

小学校時代は、今の”スタイル”からは想像がつきませんが、相当”太っていた!”らしく、周りの生徒たちの中でも一際”目立っていた”とのこと。

さらに、”運動系のご出身!”と思いきや「ブラスバンド」を行っていたそうで、”文化部”系のご出身のようです。

また、小学生では珍しく”落語”を好んでいたそうで、「自作」を作る度に”クラス”で披露していたそうです。

両親は共に「教師」を行っていたそうで、そのため「しつけ」が”かなり”厳しかった!とのこと。

ただ、父親は「情熱的な教師!」であったらしく、しょうちゅう学校の”校長”と口喧嘩する様な「破天荒な先生!」とのことです。

中学校時代になると「情熱過ぎる父親」であったことが不幸を招いたのか?「くも膜下出血」で突如!倒れて、同じ”教師”をしていた”母親”が介護をする羽目になったのだとか!

また、小学校時代は相当「太っていた!」のですが中学時代になると、横(体重)から縦(身長)に”成長”が変わったらしく、急激に「長身」になったそうです(年間12cmUP!)

部活動では、小学校の活動同様に”吹奏楽部”に入部し「トランペット」を担当していたとのこと。

この頃から”将来”の夢を「演奏関係者になりたい!」と思っていたそうです。

中学時代を終えると、高校も地元の新潟県にある”新潟県立小出高等学校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子!

特徴としては、非常に”部活動”が盛んであり、地元(雪国)らしく「スキー部」の”強豪校”として有名で、インターハイの”常連校”として知名度が高い学校のようです。

しかし”渡辺謙”氏は、高校時代も”吹奏楽部”に所属し「トランペット」を担当していた模様です。

高校時代は「給食」がなかったので、昼に弁当を持参していたようです、お國が「米処!」であるからか?ご飯を入れるタッパーに「ギュウギュウ詰め!」になるほどの「米」が入っていたそうです。

そのため、相当「大きな弁当箱」を持参し、周りの生徒から”笑われていた!”とのことです。

高校時代を終えると”大学”には進学せずに「芸能界の道」へと進み出します。

当時は「演奏関係者になりたい!」と思っていたことから”武蔵野音楽大学”への進学を希望していたそうですが、家庭の”経済的理由”により断念したそうです。

しかし、ある「劇団の舞台」を見た時に、その”演技”に感銘を受けて「俳優」になることを”志した”ご様子!

その後は、御存知の通り「世界を股にかける俳優!」として有名になり、今に至っております。


引用元【インスタグラム(watanabe_ken_)】



“飛んで火にいるケン・ワタナベ”か。渡辺は26日、都内で行われた映画「Fukushima 50」(若松節朗監督・3月6日公開)のイベントに登場。娘で女優の杏(33)の夫、東出と女優・唐田えりか(22)の不倫が週刊文春に報じられて3日しかたっておらず、舞台あいさつでの発言に注目が集まった。

※ 引用元【サイト(YahooJapan!News)】

この映画”Fukushima50”とは、2011年3月11日に発生した「東日本大震災」を”題材”にされたもので、その影響で大きな被害を受け、今でも「甚大な問題!」になっている”福島第1原発事故”にフューチャーしたものです。

当時、”命”の危機を顧みず、自身の仕事を全うした50人の作業員の”実話”を元にストーリーが構成され、世界から絶賛された「福島フィフティーズ」が生まれるまでを再現したドラマです。

その中で”渡辺謙”氏の役所は、福島第1原発の”所長”であった「故・吉田昌郎」役に抜擢されて、当時を”彷彿”とさせる「躍進のある演技!」を披露されているご様子!

実際に「未曾有の災害」を引起こした3月11日を迎える前の3月6日に公開となるこの映画!

監督を務めた「若松節朗」監督も相当力が入っていたらしく、自前の「”巨人”のメガホン」を持参し、大の”阪神ファン”である渡辺謙氏と揉めながら、現場で熱く”指揮”を取ったそうです。


引用元【ツイッター(門田隆将 )】



撮影の裏話はするものの、結局“ゲス”な娘婿の不倫報道には言及しなかった。「仕方ないかもしれない。自分も同時期にオンナに溺れた“経験者”だから」とワイドショー関係者。東出は、杏が第3子となる長男を妊娠していた2017年から唐田と不倫に走っていた。一方で渡辺も、当時妻だった女優の南果歩(56)が乳がんの闘病中だった17年、一般女性との不倫を報じられている。

※ 引用元【サイト(YahooJapan!News)】

渡辺謙氏は、1983年に最初となる”ご結婚”をされ、その後”約二年”に及ぶ「調停」を歴て離婚されました。

“離婚”の主な理由として、妻の”由美子”さんが宗教(釈尊会)の「熱狂的信者!」であったらしく自身の”親戚”や当時の”ママ友”たちから、”億”単位の「借金」を抱えていたらしく、それが旦那の”渡辺謙”氏にバレたことが”離婚”につながった原因!と言われております。

一方、旦那の”渡辺謙”氏も相当「女遊びが酷かった!」らしく、離婚の際「調停」に至ったのは両名共に「どっちもどっち!」であった事から”離婚”が確定できず!「長期」に渡って、揉めにモメた!模様です。

この時の「女遊び!」の中には、後に”妻”となる「南果歩」も含まっていた!とのこと?

この時に、別れる事となった元妻(由美子)との間には「二人の子供」が授かっており、一人は”長男”で俳優の「渡辺大」氏で、もう一人も”長女”で女優でモデルの「杏」さんです。

ちなみに、この騒動の最中!更に注目を集めていたのが、釈尊会の”尊師”であった「小野兼弘」氏で、【なんと!】この方!!女優で人気が高い「若村麻由美」さんの”旦那”であり、しかし、2007年に”お亡くなり”になっていたのです。


引用元【ツイッター(激裏芸能ニュースどん )】

その後、”テレビドラマ”をキッカケに知り合った女優の「南果歩」さんと”交際”を始め、2005年の12月3日に「再婚」されます。

この時に、南果歩さんに息子(前夫の子)が居たことから「養子縁組」を組み、自身の”生活”の拠点であった米国「ロサンゼルス」に呼び寄せ、”新妻”と”義子”、更にご自身の”子供たち”と生活を共にしておりました。

その後、しばらくの間は”再婚”された女優の「南果歩」さんと、幸せな生活を送っていた!と誰もが思っていた2017年3月に、元ホステスとの”不倫疑惑”が芸能誌でお馴染み”週刊文春”から報じられて、世間で大騒ぎとなります。


引用元【ツイッター(ついったー情報局 )】

その際、妻の”南果歩”さんは、重度の「乳がん」を患っており、とても”不倫騒動”に耐えられる状態ではなかったことから、記者向けのコメントを所属事務所が変わって発表し「旦那(謙氏)が米国から帰国後に今度の対応を検討する!」との見解を明らかにされました。

その後、妻であった”南果歩”さんの体調面や、”不倫疑惑”が事実であったことが明らかとなり、2018年5月17日に「離婚」したことが発表されたのです。

つまり今回!自身の娘(杏さん)の夫である”義理の息子”の東出昌大氏が行った「不倫問題」に対して、誰よりも先に言葉を発する義務?があるはずなのに、以前自身が行った「女性問題」が”ネック”となって「一言も触れることの出来ない微妙な話題!」となっているのです。

なので、現在は「触れると叩かれ!」「触れないと怒られ!」・・・の状態が続いており、ご本人としては「にっちもさっちもいかない」状況に追い込まれているのです。


引用元【ツイッター(めろん汁。 )】


スポンサードリンク


◇ 世論の反応(参考:Yahooリアルやツイッターより♪)

親がでしゃばることではない。子供といってももう一人前の親なのだから。コメントしないのが普通でしょうね。

浮気はダメだか、するならサイテー減のマナーがあると思う。妊娠中、生死をかける闘病中、二人の家での密会……。この二人はどちらもサイテーの浮気だと思う。

コメント出来る立場ではない!

今、渡辺謙が何を言っても良くは受け取られないので、この件には触れないだろう。でも、実際は可愛い娘に辛い仕打ちをした娘婿を許せないでいると思う。自分を棚に上げてと言われても、やはり父親なので。

親も親だけに、杏は気の毒だと思うよ。旦那に女がいて、3年間も裏切り続けられてたのに、普通実家に泣きつくなり、相談するなりできるのに、親父も同類ときてるから、一人で抱え込まなきゃならないし、相談もしたくないだろう。

渡辺謙も自分の娘がこういう事になって、今まで自分が妻にしてきた事を逆の立場で少しは考えられるようになったかな?謙がどの程度娘の事を思ってるかわからないけど。


スポンサードリンク


◇ 渡辺謙氏の英語力がヤバい?

渡辺謙氏と言えば、日本の俳優界でも「世界を股にかけて活躍中!」の役者として有名ですが、そのためか?相当な「英語力の持ち主」らしく、出演されている映画でも「流暢な英語」で話題を呼んだ時期がありましたね!

その”代表作”がこちらだと思います↓↓↓


引用元【ツイッター(コウジ@井上真由子単推し?? )】

【なんと!】渡辺謙氏!!”噂”によるとこの映画では、全く英語が話せなかったのに約五ヶ月で”流暢な英語力”を身に着けたのだとか!?

普通の”中学生”の中には(私も含め)、”三年”かけても日常英語すら出来ない学生が多い中で、高齢の渡辺謙氏は、約五ヶ月間だけで「流暢に話せるレベル」まで達した!と言うのですから凄いことです。

もちろん”噂”なので、信憑性の有無についてはハッキリとは分かりませんが、映画”ラストサムライ”では、間違いなく”流暢”な英語力を披露されております。

では、その五ヶ月間!どのような練習法を行ったのか?気になりますよね!

基本的には、朝から晩まで「英語漬け!」で勉強されたそうで、時には”睡眠時間”を削ってまで集中して勉強に望んでいたそうで、その”ストイック”さがあったからこそ”短期間”でマスターされたのでしょう。

その”英語”の勉強を、サポートされていた方は英語講師の「奈良橋陽子」さんと呼ぶ先生らしく、キャスティングディレクターや演出家、さらに”映画監督”まで熟しているのだとか・・・!

千葉県市川市のご出身で、息子さんは俳優でご活躍中の「野村祐人」氏とのこと!


引用元【ツイッター(Model Production ’20 )】

とても良い”先生(講師)”に恵まれていたのですね♪

この先生の得意勉強法は「ボディーランゲージ」と呼ばれるものらしく、「体を動かしながら”脳”に刺激を与え、忘れないように記憶させる!」的な方法のようです。

この様に「周りの協力とご自身の並々ならぬ努力の積み重ね!」によって、英語をマスターし、現在の”英語力”を身に着けたご様子です。






スポンサードリンク


◇ 渡辺謙氏の娘(杏)と不仲説?

「娘・義理の息子」の”不倫騒動”で世間やネットをザワつかせている父親の「渡辺謙」氏ですが、【実は!】娘の”杏”さんとは、以前から「不仲であった!」との”噂”があるそうです。

【しかも!】同じ”俳優界”で活動しているのに、今までに”共演”どころから”同じ現場”になったことも無いらしく、関係者によると以前から「絶縁状態では!?」等と囁かれていたそうです。


引用元【ツイッター(コウタ )】

娘の”杏”さんと言えば、自身の”生みの親”である母親(由美子)は「宗教」にハマって”数億円”の負債を被り、旦那であった”渡辺謙”氏と”調停”を歴て「離婚」されました。

その高額な”負債”の負担金は、渡辺謙氏には及ばなかった模様ですが、娘の”親権”を握っていた「母親」の代わりに、”杏”さんが「芸能界で働きながら返した!」との話は有名なところですね。

一人息子の兄「渡辺大」氏は、既に”成人”していたことから両親には付かず、一人で生きて行く覚悟を決めてはいたものの、大学の”学費”が払えず「父親にせがんでいた!」とのこと。

この”兄”の大学進学する際に「お金が無かった!」ことから、杏さんが通っていた高校(学校)を「中退」して、”兄”のために働く決断をしたそうです。

一方の”父親”は、離婚後直ぐの時期に、女優の「南果歩」さんと”再婚”し、連れ子だった義理の”息子”と仲良く生活していたそうです。

その後”ドラマ”の共演がキッカケで、ようやく「運命の出会い」に恵まれた?と思い俳優の「東出昌大」氏と、ご結婚をされましたが、”未成年”の女(唐田えりか)に旦那を奪われ(不倫)、「災難続きの人生!」を歩んできました。

なので、結局の所!散々父親の「不倫劇場」で苦しめられて来た杏さんでしたが、今度はご自身に降りかかった「不倫騒動」で、さらに苦労しなければならない現実が待っていたのです。

杏さんにしてみれば【まさに!】”不倫”とは「因果な縁」がある人生!のようです。


スポンサードリンク


◇ 渡辺謙氏のプロフィール

本名
渡辺 謙
読み
わたなべ けん
生年月日
1959年10月21日
仕事
俳優
出身地
新潟県北魚沼郡
所属事務所
ケイダッシュ
血液型
A型