シュワルツェネッガー蹴られツイッターで報告?名言「蹴った男より行事に注目して」

 

アメリカの大手ニュースメディア「CNN」によると、地元時間「18日」に以前映画俳優で
ありながら、その人気と知名度を生か米Californiaの州知事を務めていたアーノルド・
シュワルツェネッガ氏が毎年5月に開催されている地元の「スポーツ大会」に参加し
地元の州民とふれあっている最中、突然背後から「とび蹴り」を食らい、その出来事を
自身の「twitter 」にアップし広く知られてメディアからも注目され話題になっています。

この日「シュワルツェネッガー」氏が訪れてた先は南アフリカ共和国のハウテン州
「ヨハネスブルク」で地元スポーツ好きが集まる毎年恒例の「スポーツ大会」に参加し
一緒に楽しんでいる最中、シュワルツェネッガー氏が「縄跳び」の競技を携帯電話で撮影し
その携帯を他人に渡そうとした瞬間、後ろに居た男が猛ダッシュし背後「背中あたり」へ蹴りを
食らったようです。

 

スポンサードリンク

 

その情報を聞いた時、私が思ったのは何故スポーツ競技で「縄跳び」があるのか?で、
確かに調べるとこの大会は「多種目」を行うことが売りのようで、子供からお年寄りまで
楽しめる大会となっているようです。

なのでシュワルツェネッガー氏も相当油断していたのか?背後からの蹴りを真面に食らい
今回の被害に至ったようです。

ただ「71才」にも関わらず今だに自慢の筋肉質であるのか?大きな被害にならず怪我もなく
その場では平然としていたようです。

蹴りを行った男は、直ぐさま警備員に取り押さえられたようなのですが、拘束後訳の分らない
言葉を何度も繰り返し叫んでいたようです。

地元では、いったい何が目的だったのか?何をアピールしたかったのか?何を伝えたかったのか?
意味不明な話題となっているようです。

その後、シュワルツェネッガー氏は何もなかったように現場から離れ数時間後、
自身のツイッターに被害の経緯や怪我の具合・今の心境などを掲載しそれが広く周りに
伝えられた要因となったようです。

そのコメントを見ると、自身は蹴られたことに気付かず後にビデオで録画されていた映像を見て
初めて被害を受けていたことを知ったようです。

その記事を見た時、さすが筋肉質で「鋼のボディー」を持っている俳優だな!と思いました。

さらにコメントには被害を起こした「男」に注目するのではなく、自身が参加した
スポーツ大会の選手達に注目して欲しい!等と書かれていたようで、さすが元州民の
代表であった「知事」であることを知らしめた素晴らしい記事もアップしていたようです。

何はともあれ大きな被害(怪我)でなくて良かったですよね!

 

■ シュワルツェネッガープロフィール

本名
Arnold Alois Schwarzenegger
読み
アーノルド・アロイス・シュワルツェネッガー
生年月日
1947年7月30日
仕事
俳優
出身地
オーストリア・シュタイアーマルク州
血液型
O型

 

スポンサードリンク