大阪出身の男性テレビアナウンサーであり、学生時代は「球児(エース投手)」として大いにご活躍され、”スポーツ関連”のアナウンス業に!鳴り物入りのルーキーとして期待されながら業界入りを果たした「上重聡」アナ。

何やら?”本業”であるはずの「スポーツ中継」で、プロ野球ファンの間から予想外の”炎上”を招いたとして!話題を呼んだ模様です。

その”スポーツ中継”とは、2020年8月に開催されたプロ野球「巨人vs広島(東京ドーム)」戦であり!巨人側投手であった「畠」選手の”危険球”に対する「退場処分」の際に、頭に”デッドボール”を受けた広島側の捕手「会沢」選手を!本来であれば「気遣う場面」が必要な瞬間に、相手側(巨人軍)の”失態”を「強調的にアピールした」ことが、広島ファンの「激怒」に触れたのです。

もちろん、放送中継を行っていた”局”が「日本テレビ系列」であることは事実であり!巨人側を”好意的”に思いながらの放送となるのは、ある意味では”当然なこと”ではあるモノの!ご自身が誰よりも”野球”に詳しいことは「理解されていた」ことから、”死球(危険球)”を受けた側の「気持ちを理解した上でのアナウンス」が必要であったはずなのです。

ご周知の通り、上重聡アナは以前から!私生活を含めて”失態”の多いアナウンサーとして「知られていた(有名であった)」だけに、常に周りの”厳しい目”を意識しながらの活動が必要であったことから、広島ファンの”感情”を「逆立てる結果につながった」と言えます。

また”失態発言”を行い「今後の活動」が気になる上重聡アナについて紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(satoshi18kamishige)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 安座間美優とは?
・ 過去の不祥事とは?
・ 大学野球の実力とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


上重聡アナは1980年5月2日生まれの39歳(2020年)で、ご出身は「大阪府」です。

ご出身の”大阪府”にあるご自宅で、ご両親とご本人の三人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、上重聡アナも(大阪府)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の大阪府にある”八尾市立永畑小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”ご本人”が居り、ご自身は「長男」として生まれ育ったご様子です。

幼い頃から、”元気”な子供であり「動くことが大好きな少年」であった模様です。

両親の”職業”などは分かっておりませんが、母親が”教育熱心”であったらしく!小学校に入る頃から「習い事(英会話)」に通っていたそうです。

但し、本人としては”勉強”よりも「運動をしたい気持ち」が強かったらしく!”塾通い”には、あまり「良い印象を持っていなかった」と、後に語っております。

なので、小学校二年生になると”野球”の練習に参加し始めて!地元の”八尾市内”にあるクラブチームで「野球選手を目指していた」ご様子です。

それでも、母の”意向(教育熱心)”が強かったことから!小学校三年生に上がると【さらなる!】”塾通い”をさせられていた模様です。

その一方で、野球の”センス”が抜群であったことから!直ぐに”開花”を見せ始めて、チームが”全国大会”へ出場する「キーパーソン」となると同時に!”優勝”へも大きく「貢献を果たす存在」へと育っていたようです。

”野球”で力を付けた小学時代を終えると、中学校も地元の大阪府にある”八尾市立龍華中学校”にご入学されました。

中学校時代に入っても”野球”は続けておりますが、通っていた中学校に”野球部”が無かったか?あるいは、小学校から加わっていた「クラブチームの継続か?」は、分かっておりませんが!地元の”八尾市”にある公益財団法人野球クラブチームの「大阪八尾ボーイズ(八尾フレンド)」に所属しており、そちらで【さらに!】野球の”実力”を磨いて行きます。

【すると!】中学時代に入っても、”野球”のセンスが抜群であることには変わりなく!”エース”としての躍進を見せ始めると、小学校時代と同様に!全国大会で”優勝”を飾った模様です。

また、”クラブチーム内(八尾フレンド)”には!同じ「高校(PL学園)」に進む事となり、後に”プロ野球球団”の「東北楽天ゴールデンイーグルス」に入団を果たす「平石洋介」氏や、同様に高校に進み!後に”社会実業団”の「大阪ガス」に入団を果たす「稲田学」氏と、練習を共にしていたそうです。

一方の通っていた中学校の”卒業生”にも「有名人」が居り、”演歌”の王御所「天童よしみ」さんや”R&Bシンガー”として名を馳せた「清水翔太」氏などが育った学校です。

なので、後に”業界”で活躍する「有名人や著名人」を多く輩出した中学校として有名のご様子です。

中学校三年生を過ぎると、一旦!”野球”の活動は「引退」をされて、入団していた「大阪八尾ボーイズ(八尾フレンド)」も1995年に”卒団”をされます。

本格的に”野球”に没頭した中学時代を終えると、高校も地元の大阪府にある”PL学園中学校・高等学校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

但し、”高校”の普通科は「コース」が設けられており「国公立コースと理文選修コース」の2コースから選択する事となります。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

以前は、”定時制”や”通信制”などの「特別過程」を設けられていたご様子ですが!最近は「休止状態」とされている模様です。

“PL学園”と言えば、名実ともに「野球の伝統校」として有名なのはご周知の通りです。

なので、小・中学校と”野球”で活躍していた「上重聡」アナを含めて、中学生時代の”同級生”である「平石洋介」氏や「稲田学」氏も、この高等学校の門を叩きました。

但し、上重聡アナの”高校進学”に限っては!大阪でも指折りの”野球”の強豪校から、数多くの「誘いを受けた」模様ですが、最終的には野球の伝統校である”PL学園”に決めたのです。

なので、高校一年生の時から”エース級”として迎え入れられて!直ぐに”実力”を発揮しながら、チームの”勝利”に貢献する働きを見せ初めて行きます。

【すると!】高校三年生に入ると、第70回選抜高等学校野球大会への出場を果たし!何度もチームの”勝利”に貢献する働きを見せながら順調に勝ち進み!”準決勝”までコマを進めます。

【ところが!】準決勝で待ち望んでいた”チーム”とは、後に”平成の怪物”と呼ばれる豪腕ピッチャー「松坂大輔」氏を擁していた”横浜高等学校”であったことから、この年の「春の大会」は敢え無く”準優勝”止まりで甲子園を後にされました。

その後、同年の「夏の大会」第80回全国高等学校野球選手権大会への出場を果たすと!また上重聡アナの活躍が目立ち、順調にコマを進めますが!”準々決勝”でまた「松坂大輔」氏を率いる”横浜高等学校”との対戦カードとなったことから!”激戦”が予想されていた通りに、”延長17回”に及ぶほどの「激闘の果」に、このシーズンも”敗退”で終えたのです。


引用元【ツイッター(さとう&しお )】

その当時は【かなり!】”打倒”「松坂大輔」氏を意識していたらしく!”春”の大会で「完封負け」を喫してからは、相当な”覚悟”を持って!満身創痍で練習に打ち込み!臨んだ”夏”の大会でも、残念ながら”敗北”の結果で終えたモノの、その時の”思い出”は今でも「かけがえのないモノ」と語っているようです。

ちなみに、あまりにも「意識した試合」であったことから!”甲子園”での戦いの最中に、誤って自身の”グラブ”を「宿舎に忘れて出向いた経験」があるそうです。

なので、後に”そのこと”も含め「学生時代からの”思い出”を綴った書籍(20年目の松坂世代)」をリリースされた模様です。


引用元【ツイッター(書泉ブックタワー【短縮営業中_11:00~20:00】 )】

“甲子園”を終えると、高校時代にお世話になった監督「中村順司」氏が率いる「AAAアジア野球選手権大会日本代表」に起用されて、全ての”プレッシャー”から「開放された力」を思う存分!披露されて、見事!”優勝”に貢献をされます。

その後、本格的な”野球の活動”からは離れ「高校野球に一先ず区切り」を付けた上で、”大学進学”の道を模索し始めます。

【すると!】高校野球での”功績”が認められ!東京六大学野球でお馴染みの「立教大学」からの”スポーツ推薦”を受ける形となり、大学への”進学”を希望する事と決断されます。

”野球”で輝いた高校時代を終えると、大学に進学されて!東京都豊島区にある”立教大学”の「、コミュニティ福祉学部コミュニティ福祉学科」にご入学されました。

なので、大学進学は”一般入試”では無く!”野球”による「スポーツ推薦」での進学です。

大学の野球部に入部した当初は、”故障(右肘)”が目立っていたことから!一時、”エース”からは「遠ざかり」ますが!持ち前の”努力”によって完治すると、二年生になった頃に!”投手”に復帰されます。

【すると!】その年の10月に開催された、”東京六大学野球大会”において【なんと!】史上”二人目”となる「ノーヒット・ノーラン」を達成されて、”東京六大学野球”へ「名を残す結果」を生みました。

その時の”記念”すべき「ウイニングボール」は、今でも野球体育博物館に収められているそうです。

しかし、その頃から!また”故障(怪我)”で悩まされる時期に入り!思うような”投球”が「放れなくなった」ことから、”本格的”な練習からは退いて行きます。

【すると!】”気持ち”の中では既に「野球人生に諦めを付けていた」ためか?”甲子園”で経験した”アナウンサー”からの「インタビューに興味を示していた」こともあり!”アナウンサー”を目指して「セミナー」に参加するようになって行きます。

大学四年生に入っても、一向に”怪我”の具合が良くならず!チーム内では”キャプテン”に任命をされるモノの、期待通りの活躍も出来ないままに”大学”までの「学生野球」を終えると!プロチームからの”誘い”もあった中で、全てを断り!自身の”野球人生”に「ピリオードを打つ決断」をされます。

その後は、ご周知の通り!大学をご卒業は「日本テレビ」に入社されて、”男性アナウンサー”の道に進み始めます。

ちなみに、日本テレビ社での”同期”には!男性では「右松健太」アナ「望月浩平」アナ、女性では「鈴江奈々」アナ「森麻季」アナなどが居るそうです。


スポンサードリンク


◇ 安座間美優とは?


最近では、”テレビ(メディア)アナウンサー”らしくない「低露出度」の上重聡アナですが!以前に”噂”されたファッションモデルの「安座間美優」さんと、”完全”に「破局した」として!大きく報じられ話題を呼びました。

上重聡アナと言えば、2003年から日本テレビに入社され!”野球”の実績が凄いアナウンサーとして、各方面から注目を集めた「男性アナウンサー」であることは、記憶に新しいところです。

高校当時は、”PL学園”に進学され!”甲子園球児(エース)”として活躍されて【しかも!】「平成の怪物」として、後に”プロ野球界”で活躍を果たす「松坂大輔」選手との”同世代”でもあり【さらに!】甲子園では「直接対戦経験のあるエース」として、鳴り物入りで日本テレビに入社をされました。


引用元【ツイッター(日本野球機構(NPB) )】

入社後は、”アナウンサー研修”を経た後!主に”プロ野球”などの「スポーツ中継」を担当する事となり、テレビなどの”主要メディア”で見かけることが多くなりますが!そこでも、”松坂大輔”投手との「対戦経験のあるアナウンサー」を全面に押し出しながら、”視聴者”の注目を集めていたのです。

【すると!】その”味を占めた”日本テレビも、”松坂大輔”選手との「ライバル関係にあったこと」を全面に押し出す傾向が増え始めると!”読売ジャイアンツ”の「原辰徳」監督を巻き込んでの”中継風景”などを披露するようになり始めます。

また、その当時の”草野球界”では!まだ”知名度”があった球団の「茨城ゴールデンゴールズ(欽ちゃん球団)」へ、”ピッチャー”として入団を果たし!アナウンサーとしては”異例の方法”で、ご自身の「知名度」を広げつつ”人気”を集めて行きます。

その意味では、ご自身や会社の”思惑通り”に!順調に「知名度や人気を広めることに成功した」と言えますが、その”異例の方法”での「人気集め」は!後に、大きな”痛い目”を見ることにつながります。

そこまでの上重聡氏は、公私ともに”順風満帆”な「社会生活を歩んでいた」と思われていた最中の2011年頃に!”芸能誌”でお馴染みの「週刊FLASH」から、ファッションモデルの「安座間美優」さんとの”熱愛報道”がスクープされたことから!今までに見せていた「堅実なスポーツ青年」のイメージが!一挙に「崩れる事態」に追込まれて行くのです。


引用元【インスタグラム(mew_azama)】

しかし、”ご本人”たちとしては!別に”やましい関係”では無く「交際の事実を認めた」上での報道であったことから、全てがオープンにされた後は!堂々とした”交際宣言”を見せるようになったのです。

一報を伝えた「週刊FLASH」によると、二人が”知り合った”キッカケとは!上重聡アナの”お膝元”である、日本テレビ系列で放送されている朝の番組「ズームイン!!サタデー」での”共演”であるらしく!密かに安座間美優さんの仕事(報道関係)に、上重聡氏が”アドバイス”を行ったり!それを通して”食事”を共にされたりした上で、順調に”愛”を育んでいたとのことです。

その時の”熱愛スクープ”は、特に”発展”をする気配を見せることも無く!一時は”フェードアウト”をしたのですが【ところが!】上重聡アナが2014年に自宅の”マンション”を購入する際に、思わぬ”疑惑”を招いてしまい!別の意味で注目を集める結果につながってしまうのです。

その”疑惑”とは、自宅マンションを購入する際に!高額な融資を”金融機関”ではなく「一般人」から【しかも!】”無利息”で借りたとして!芸能誌でお馴染みの「週刊文春」から報じられたのです。

その”お金”の貸し借りが、”一般人”であれば!何の問題もありませんが、”ジャーナリズム”の世界に携わるモノとしての立場から見た場合!あまりにも”不公平感”が否めきれず、且つ!”メディア”で活動をするモノへの「手当の大きさの違い」などが、明らかである以上!周りからの”怒り”を買う結果につながったんです。

なので、ご自身の中で【唯一!】”励み”にしていた!高校時代の”栄光”は輝きを失い【さらに!】PL学園時代の”功績”を、あまりにも「全面に出した人気集め」を行っていたことから!”校名”に「泥を塗る形となってしまった」と言えます。

【実は!】この”問題”に発展した自宅マンションへは、”交際していた”と見られる「安座間美優」さんも通っていたらしく、その”事実”を「隠しての購入であった」と見られ!それが”原因”で二人の間に「亀裂が生じた」ことから、その頃から”破局説”が伝えられるようになります。

【すると!】ネット界でも挙って、”破局説”の話題で持ち切りとなり!”微妙”な情報量しか無かったことから、様々な”物議”が交わされながら!大いに盛り上がったのです。

そして、2019年度に入ると!主要メディアから、二人の”関係”が「完全に破局した」ことが報じられ!約8年間の”交際期間”にピリオドを打ったことが伝えられたのです。

【さらに!】それと同時に、上重聡アナの”露出度”が!異常な迄に少なくなり、”アナウンサー”としての立場も「危ぶまれる事態」へと発展したのです。


スポンサードリンク


◇ 過去の不祥事とは?


上重聡アナは、名門”立教大学”の「コミュニティ福祉学部コミュニティ福祉学科」をご卒業され、2004年4月から”日本テレビ局”に就職を果たして!”スポーツ(野球)”で名を馳せた「スポーツアナウンサー」として、大きな期待を受けながらの入社を飾ったのです。

但し、日本テレビの”内定”を手に入れる前は!他の”キー局(フジテレビやテレビ朝日)”からの”内定”も受けていた模様です。

【ところが!】”知名度”が広がり”人気”も上々であった2014年に、”自宅マンション”を購入する”機会”に恵まれたらしく(話を持ち掛けられた可能性があり)、日本の”アウトレットモール”として有名な「ABCマート」の創業者「三木正浩」氏から、約1億7千万円の「無利息融資」を受けてのマンション購入に至ったのです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

【ところが!】”一般人同士”での「お金のやり取り」ならば、何ら問題なかったはずなのに!ご自身が、世間の情報を扱う”ジャーナリズム”に関係する人物であったことから!その「不公平感」や「常識外れの取引」を行ったことに、世間の”怒り”を買ってしまったことは!言うまでもありません。

その結果、世間の”怒り”だけには留まらず!高額融資を”無利子”で借りたことに対する「利益供与の疑い」までも浮上する始末であり【さらに!】”正確”な経理も怠った可能性までも浮上したことから「脱税の疑い(容疑)」までも、”専門家”から飛び出す事態へと発展したのです。

【さらに!】その”事実関係”を報じた「週刊文春」によると、以前に三木正浩氏の”所有車”である高級車「ベントレー」を、”個人的”に借りたことがあるらしく【なんと!】その高級車で、自宅マンションから会社まで出勤した経験があることを報じていたのです。

つまり、それだけ!以前から「深い関係である証拠」があったのです。

上重聡アナは、”ジャーナリズム”を扱う一人であり【それだけに!】本来!”公正”&”公平”な情報を提供する立場の存在である以上、ご自身が”手本”となる「私生活を見せる必要がある」はずなのに!それを”無視”した「振る舞いを見せた」ことに、世間からの”怒り”を買った!と言えます。

その後、ご自身が当時!”担当”していた情報番組「スッキリ!!」に出演された時に、その事実を認めた上で”謝罪”をされて、”疑惑付き”のマンションは2016年9月に「売却した」らしく!ご自身の現在は、都内の”一等地”にある「高級賃貸マンション」に”一人暮ら”をしているそうです。


スポンサードリンク


◇ 大学野球の実力とは?


2004年4月から、日本を代表する”キー局”の「日本テレビ」に就職を果たし!”PL学園卒”や”元甲子園球児”【さらに!】「平成の怪物」として名を馳せた「松坂大輔」投手との”名勝負”の経験を生かして、大きな注目を集めながら”人気”を博してきた「上重聡」アナですが、ご自身や周りが”自慢”する程の「実力の持ち主」であったのでしょうか?

中学校時代・・・つまり”八尾市立龍華中学校”時代は、地元の大阪府でも有数の野球クラブチーム「大阪八尾ボーイズ(八尾フレンド)」に所属されていたことは間違いなく!”投手”を任されていたことから「エースの相性」で親しまれていた模様です。

その後、高校進学を果たすと!名門「PL学園」に入学をされて、1998年の”春夏”選抜高等学校野球大会(甲子園)に出場された事実も間違いありません。

高等学校でも、”投手”としての活躍を果たされており!確かに”エース”と呼ばれる「実力があった」ことは間違いなく、野球部を”甲子園”に導いた原動力でもあり!出場を果たした甲子園では、何度も”横浜高校”のエースとして大躍進を遂げていた”投手”の「松坂大輔」選手と対戦した事実も間違いありません。

高校野球の”現役”を退いてからも、当時!野球部の監督としてお世話になった「中村順司」氏が、PL学園を”退任”した後に指揮した「アジア野球選手権大会」の”日本代表選手”に起用をされ、そこでも”投手”として実力を発揮されて!チームの”優勝”に貢献した事実もあります。

大学時代に入ると「スポーツ推薦」枠で、東京豊島区にある私立大学の”立教大学”の「福祉学科」へと入学を果たし!大学時代も、”故障(怪我)”が多かったモノの「野球部」で活動をしておりました。

2000年に開催された、東京近辺の”大学野球”ではお馴染みの「東京六大学野球リーグ戦」の”対戦”に登板を果たすと【なんと!】36年ぶりとなる!史上”2人目”の「ノーヒット・ノーラン」を見事!達成されて、大きな注目を集めました。

但し、その時の対戦相手は「東京大学(東大)」の模様です。

そのため、大学後の”進路”は!多くのプロ野球「スカウト人」からの誘いを受けていたらしく!一時は”プロ入り”を目指すことも視野に入れたそうですが、大学3~4年生頃に起こした「右肘の怪我」が!思うように回復しなかったことも要因となり”野球人生”を諦め「アナウンサー職」に付くことを決断された模様です。

なので、学生時代の”野球経歴”から見ても!当時の”PL野球部”を「甲子園に導いた」ことは間違いがなく【さらに!】”平成の怪物”と呼ばれた「松坂大輔」投手との「対戦の事実」もあり!死闘の末に”17回”までに及んだエピソードも残っており、恐らく!”ケガ”がなければ大学時代も活躍をされて「プロ野球界に進んでいた」可能性が否めないことも事実のようなので、相当な!「実力の持ち主」であったことは間違いありません。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 2004年に、日本テレビ系列で放送された番組”さきどり!Navi”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ 雑誌

・ 2015年に、”竹書房”が手がけた作品”怪物と闘ったPLのエース”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(野球スカウトマン正人 )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
上重 聡
読み
かみしげ さとし
生年月日
1980年5月2日
仕事
アナウンサー
出身地
大阪府
所属事務所
日本テレビ
血液型
O型