ジャニーズアイドルグループ”TOKIO”のメンバーでお馴染みの「国分太一」氏が、同じ事務所のグループ”V6”に加入するとして?注目されているそうな・・・?



引用元【インスタグラム(eri_.stagram)】

・・・と言うのは”冗談”で【実は!】2019年度の”年間テレビ出演本数”のランキングで、堂々の「V6(六連覇)」に輝いたのです。

【なんと!】2014年度から連続での一位獲得(確保)で、その主演本数は”600以上”と、”アイドル”とは思えぬ「躍進」ぶりを見せた結果とのこと。

ちなみに2019年度の結果は以下の通り↓↓↓

一位 国分太一(604)
二位 設楽統(526)
三位 博多大吉(512)
四位 近藤春菜(470)
五位 新井恵理那(449)

※ 引用元【サイト(YahooJapan!News)】


二位のお笑いコンビ”バナナマン”の設楽統との差が70以上と”大差”での優勝?ですね!

意外にも連日テレビで目かけることが非常に多いタレントで司会の「有吉弘行」氏は十位と、思いのほか”伸び悩んだ”ご様子(418)!

また、女性ではお笑いコンビ”ハリセンボン”の「近藤春菜」さんが躍進を遂げた様です。

ちなみに、フリーアナウンサーでタレントの「新井恵理那」さんも上位に食い込んでおりますが”何で稼いだの?”と聞きたいくらい、非常に気になる所ですよね!

この発表(結果)について、世間(ネット)の反応は↓↓↓

国分太一がV6に入るのかと思った

国分太一がV6、わざとやろこの見出しw

国分太一が史上初のV6( ´艸`) 太一がV6入ったかと思っちゃったw

「国分太一がV6」って言う見出しはややこしい。

国分太一がV6とか紛らわしいわwわざとだろw

皆さま”同じよう”なご感想をお持ちのご様子!

注目される”話題”よりも有名アイドル?の”進退”に驚き?が及んだ様ですね。(笑;)

2019年度も”アイドル以上”の働き?を見せた国分太一氏にスポットイン!



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ 嫁(結婚)は誰?
・ メガネがヤバい!
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 国分太一氏の中高大学は?

国分太一氏は1974年9月2日生まれの45歳(2019年)で、ご出身は「東京都東久留米市」です。

ご出身の”東京都東久留米市”にあるご自宅で、ご両親と姉の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、国分太一氏も(東京都東久留米市)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の東京都東久留米市にある”東久留米市立第四小学校”にご入学されたと判明しております。

ご家族は”ご両親”と”姉”がいて、”父親”は会社を経営されていたのだとか?

またご自宅がある東久留米市では、地元の大型団地(2DK)に住んでおり家族四人でひっそりと生活を送っていたご様子。

幼少期は、近所に”女児”が多かったことから、よく”女の子”たちばかりと遊んでいた様です。

またご家庭はそれほど”裕福”な環境ではなかったことから、時々”姉”の服(おさがり)を着せられて幼稚園に通っていたとのこと。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

“性格的”には非常に”いたずらっ子”な子供さんであったらしく、野良犬にイタズラをして追いかけられたり、住んでいた団地の壁に落書きをして叱られたりと…かなり”ヤンチャ”な子供であったそうな・・・?

ただその一方で”そろばん”を習っていたらしく”真面目”にする部分では”真剣”に取り組む「落ち着きさ」はあった様です。

小学校時代は”野球”に取り組んでいたそうで、部活なのか?クラブなのか?は分かりませんがスポーツに励んでいたとのことです。

しかし野球をする傍ら”サッカー”も行っていたそうで、同じ”グランド競技”を行うことはいかに優柔不断であるのか?が、この時代から”顧みえます”よね!

なので、どちらかと言うと”サッカー”に興味があったらしく小学校三年生~中学校をご卒業される頃まで続けていたらしく、主にポジションはMFを担当していたとのこと。

小学時代を終えると、中学校も地元の東京都東久留米市にある”東久留米市立東中学校”にご入学されました。

中学校では”サッカー部”に入部して本格的に”サッカー”に取り組んでおられました。

その一方で”アイドル好き”であった”姉”の影響で、中学一年生の時に現事務所のジャニーズ事務所に履歴書を送ったらしく、その当時大人気であった「光GENJI」のメンバーに会えると期待を膨らましながら同事務所に入所したとのことです。

ジャニーズ事務所へ入所(所属)すると、いきなり憧れであった”光GENJI”の大ヒット楽曲”剣の舞”のバックダンサーに抜擢され、後にそのバックダンサーから”派生”したグループ”スケートボーイズ”が誕生し、更にそこから選ばれたメンバーで構成されたグループ”平家派”に加わり、そこから「アイドル人生」をスタートさせました。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

この”スケートボーイズ”は、後に超人気アイドルとなる「SMAP」の”前身のグループ”です。

芸能界での活動をスタートさせると中学校でも人気が出始めて、周りの”女性生徒”から相当”モテて”いたそうで中学校二年生の時に、学校でも”マドンナ”として有名であった”先輩”の女生徒からラブレターを貰ったらしく、そのまま”交際”をさせたとのことです。

しかし、その”マドンナ”とは「タレントになる人とは交際できない!」との理由からフラれ……【ところが!】その数年後に”思い出”のマドンナが芸能界で本当の”マドンナ”になったらしくフラれた理由に反していたことから、相当”戸惑った”そうな・・・?

その一方で、学校では中学校一年生から”人気者”になったことから他の男子生徒の”嫉妬”を買い「調子に乗っている!」等として”目をつけられていた”ようです。

芸能活動の方では、中学校に二年生の時にテレビ東京系列で放送されていたテレビドラマ”あぶない少年III”に出演し、自身初の「テレビドラマデビュー」を飾りました。

その後、中学校の”卒業”が近づくと、所属していたグループ”平家派”のメンバーで”リーダー”的存在であった「城島茂」氏をリーダーとした新たなグループ「TOKIO」の結成に伴い、そのバンドグループの”一員”になることを事務所から伝えられます。

そのため、本格的に”ジャニーズ・タレント”としての仕事が忙しくなり、”学業”が「疎か」になり始め、学校へ”出席”するのが困難となった為、”高校進学”を諦める決意をしてしまいます。

しかし”父親”の猛反発にあい、芸能活動よりも学業を優先するようにと厳しくお怒りを受けます。

その事も関連してか?ある日、酔っぱらって帰ってきた父親と口論になり”殴り合いのケンカ”をしたこともあるそうです。

【実は!】国分太一氏の父親は「中卒」であったらしく、自身と同じような気持ち(苦労)をさせたくはない”一心”で「普通の高校生になって欲しい!」と強く”切望”したそうです。

その”思い”を受けて、何とか”高校進学”へと至りました。

ちなみに、バンドグループ”TOKIO”に加わり「キーボード」を担当しておりますが、その当時は「ベース」が得意であったとのこと・・・?



引用元【ツイッター(☆ mい )】

中学時代を終えると、高校は東京都豊島区池袋にある”豊島実業高等学校”にご入学されました。

現在の学校名は「豊島学院高等学校」と改名されたご様子!

この高校の過程は、”全日制”の「男女共学」で、学科は「普通科」のみです。

何とか父親の”説得”で、この高校に入学はしたものの【なんと!】入学式後は学校に通っておらず、一日で「退学」したそうなのです!

この”超・短期退学”により、後に「学歴詐称」問題を引き起こすのですが・・・、

ただ、ご本としては中学三年生の終わり頃に高校進学を一度、本気で”諦めて”おり、更に将来は芸能界で活動して行く”気持ち”も固まっていたと思われるので、高校に通う”必要性”を見失っていたのでしょう!

もし”学歴”が欲しいのなら、仕事を行いながらでも「定時制、あるいは通信制」などを利用して”高卒”の「資格」を取得することは可能です・・・

できますが、ご本人は全く「その気が無かった」らしく、後もどこの学校にも入っておりません。

なので、その段階で”芸能界一筋”と決めたと思われます。

【ところが!】その”行動”は全て「逆回り」となってしまった様で、もちろん高校入学を”願っていた”父親の”怒り”を買うのは当然!

なので、その後の”面倒”は一切見ない!と父親から告げられた為、”自宅”に入れらなくなり”引っ越し”を余儀なくされたそうです。

さらに”追い打ち”を受けるがごとく”仕事”の方が激減し、所属したグループ”TOKIO”は出来立てホヤホヤであったことから”知名度&人気”がなく「路頭に迷った」そうです。

そのため、同じグループ(TOKIO)のメンバーであった「城島茂」氏と一緒に”資金稼ぎ”のため早朝から”パチンコ店”に並んで「オープンサービス」を狙っていた?とのこと。

ただ、二人が”一緒に入店”していたのではく”別々”に同じパチンコ店に通っていたことを後に語っておられます。

その後、しばらくは”低迷期”が続いておりましたが1994年にグループで”CDデビュー”をする「チャンス」が回って来て、楽曲”LOVE YOU ONLY”で自身初の「音楽デビュー」を飾りました。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

すると”シングル1st”ながら大ヒットを記録し一躍、「大ブレーク」を果たしました。

さらに立て続けで翌月には、テレビ朝日系列で放送されたテレビドラマ”八神くんの家庭の事情”に出演し自身初の「ドラマ主演」を飾りました。



引用元【ブログ(dendenddendenさんのブログ)】

翌年(1995年)からは”個人”でのテレビ出演を行うようになり、日本テレビの人気バラエティー番組”ぐるぐるナインティナイン”への出演が足掛かりとなり、様々な番組から引っ張りだことなって行きました。

“ぐるぐるナインティナイン”では、1998年頃から人気企画”ゴチになります!”に出演し「レギュラー」を獲得されました。

番組内では、お笑いコンビで”メイン”の「岡村隆史」氏との見事!な絡み合い?や合計金額を当てる「ピタリ賞」を獲得したりと、お笑いの”センス”やトークの”上手さ”を披露して番組を盛り上げておりました。

それと並行してアイドルバンド”TOKIO”でも活躍し、たくさんの楽曲をリリースし続て行きます。

すると、バンドからも”独り立ち”して2005年に公開された映画「ファンタスティポ」に同事務所に所属するアイドルデュオ”KinKi・Kids”の「堂本剛」氏と共演し、自身初のダブル出演にて「映画初主演」を飾りました。

また、同映画内に登場した音楽ユニット”トラジ・ハイジ”を現実化させ、同名称のもと楽曲”ファンタスティポ”をリリースし、映画の「主題」にタイアップされました。


引用元【ツイッター(オトガメ ~音甕~ )】

その後も”アイドルバンド”の「メンバー」とは思えぬほど「テレビドラマ・映画・バラエティー番組・スポーツ番組・情報番組・CM」など、数多くのメディアに出演し人気を集め、全国区へと成長して行きました。

特に、2001年頃から出演した”JFN”のラジオ番組「Radio Box」では”単独”でDJを務め、”個性”あるキャラクターと”華麗”なトーク術、さらに学生達の”流行の話”や独自で生み出す”造語”などを駆使して、学生たちを中心に「人気を博して」おりました。

そして、2015年9月に”TBS社”に務めていた”一般女性”と「ご結婚」されたことを公表されました。

確か、この時期に元TOKIOのメンバーだった「山口達也」氏が”離婚”したことにより、同グループ内で”唯一”の「既婚者」と話題になった!ことを記憶しております。

その翌年には”第一子”となる「女児」を授かり、更に二年後の2018年9月に”第二子”となる「女児」が誕生し、”姉妹”に恵まれて”幸せな生活”を送りながら、今に至っております。


スポンサードリンク


◇ 国分太一氏の嫁(結婚)は誰?

国分太一氏は2015年9月に”TBS社”に務めていた”一般女性”と「ご結婚」されたことを公表されました。

当時はシンガーの「aiko」さんとの”噂”で世間をザワつかせておりましたが、”意表を突いた”「一般人」とのご結婚が発表されて、アイドルファンたちを驚かせておりましたね!


引用元【インスタグラム(aikoooo23)】

ご結婚の発表が告げられると、もちろん”注目”を浴びたのがこの「一般人女性!」

話によると”TBS社”時代から、かなり”可愛い”と言われていたそうで、一度は”芸能界入り”も考えていたとか・・・?

人気タレントの”ハート”を仕留めるレベルの女性でしょうから、そりゃ~並大抵の女性ではないのでしょう。

ただ国分太一氏と言えば当時、その”人気”から各局で引っ張りだこの人気タレントさんであり女子アナ・スタッフ・社員との”交流”も広かったことでしょうから、ご結婚相手に関しては特に”出会い”がなくても「選び放題!」であったのでは?と思います。

現在では時間が経ち、この一般女子は”腰腹 藍(こしはら あい)”さんという方であることが判明しており、”交際歴”は「約七年間」であったそうです。

このことは、某・週刊誌で”スクープ・ネタ”で取り沙汰されておりましたね!



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

確かに見かたによっては、フジテレビ社の元女性アナウンサーの「平井理央」さんに似ている様な・・・?



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

また、国分太一氏との年齢差も”三歳年下”とのことで”TBS社”時代は、かなり男性社員から”モテ”ていた様です。

ちなみに奥様がTBSを退社したのは、ご結婚の”かなり前”の2010年末であったそうです。

それからは、国分太一氏を支える形で良い交際を続けてきたのでしょう!

そしてご結婚後の2016年10月に”第一子”となる「女児」を授かり、さらに二年後の2018年9月に”第二子”となる「女児」が誕生し、”姉妹”に恵まれて”幸せな生活”を送っているご様子!



引用元【インスタグラム(eri_.stagram)】


スポンサードリンク


◇ 国分太一氏のメガネがヤバい!

国分太一氏と言えば、日本テレビ系列で放送されている人気バラエティー番組”鉄腕ダッシュ!”の”印象”が強く「アグレッシブ」なイメージがありますので「メガネ」とは”かけ離れた”人物に感じます。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

しかし実際のところは”ご年齢”の影響もあってか?最近(2019年)までTBS系列で放送されていた生放送のワイドナショー”ビビット”では、たまに「メガネ」を”着用”する姿もありました。

“たまに”に見せるから?効果が増していたのか、お茶の間からは”知的に見えて素敵!”とか”美男に見える!”などの声が殺到し、世間をザワつかせることもあったそうな・・・?

そこで気になるのが、使用されている「メガネ」ですよね!

【ズバリ!】国分太一氏が愛用している「メガネ」の”ブランド”は「Ray-Ban」とのこと。


引用元【ツイッター(お昼はハッシー@ほぼ毎日ライブ配信 )】

メガネ・ブランド”Ray-Ban(レイバン)”の中でも人気が高い「RX7140」をご愛用とのこと。

黒の”フレーム”ながら、それほど奥深く無く部分的に”カラー”が使われていることで、全てが”若者向け”には見えず・・・だからと言って”年寄り向け”でもなく、働き盛り”バリバリ”の”大人な雰囲気”を醸し出している「デザイン」のメガネですよね♪

また”愛用する人”によって違いがあるとは思いますが”国分太一”氏の場合、元から”トーク”が上手で、しかも各社の”番組”で「司会」を務めたりして”知的”なイメージもあることから、非常に「おしゃれ」に見えるのは私だけでしょうか・・・?

もちろん「伊達メガネ」ではないと思いますが・・・?

話によるとメガネを着用し始めたのは”老眼”によるため!であるそうです♪

やはり”大自然”で自由に「振る舞わる」のと小規模な”スタジオ”に入って原稿を「読む」のでは目に対する負担が”雲泥の差”なのでしょうね。

よく「遠くを見ていると目が悪く成り難い!」等と言われておりますからね。

“アイドル”とは言え国分太一氏も既に”40代”を超えているので、そろそろ「目のケアー」が必要なご年齢に突入?されたご様子です。


スポンサードリンク


◇ 国分太一氏のプロフィール

本名
国分 太一
読み
なすかわ てんしん
生年月日
1974年9月2日
仕事
アイドル・タレント
出身地
東京都東久留米市
所属事務所
ジャニーズ事務所
血液型
O型