日本のお笑いタレントでありながら”高学歴”を誇り、デビュー当初は「マショマロヘアーと白色のヘアーバンド」が特徴であり、一時期「”シュール”な一言ギャグ」で、お茶の間を盛り上げていた!エッセイストでミュージシャンの「ふかわりょう」氏。

何やら?以前に大きな注目を集めた”ストーカー問題”が「解決を向かえた」として、ご自身の公式SNS(ブログ)で報告され、現在は「一安心を向かえた心境」を、ファンたちに伝えたご様子です。


引用元【ツイッター(ライブドアニュース )】

その気になる”ブログ”によると↓↓↓

事件内容につきましては報道の内容にあった通り、以前より、逮捕された女性によるストーカー被害に悩まされ、事務所を通じて警察の方へ相談させていただいておりました。

※ 引用元【サイト(ふかわりょう「life is music」)】


“報道内容”とは、2019年8月頃に!自称”元芸人”と名乗っていた”41歳”のアルバイト女性が、ふかわりょう氏の事務所関係者から「警視庁に対してストーカー被害届が提出された件」であり、その事実が確認された上で”逮捕”された事件のことです。

その際、加害者の”41歳”は女性は!警察の取り調べに対して「彼が大好きで結婚したいと思ってやった…など」と、犯行を供述したことから!書類送検となり「裁判となっていた」のです。

そして、今回の案件に関して”裁判所”から判決が下ったのです。↓↓↓

2019年8月に報道されました、ストーカー規制法違反の疑いで逮捕された女性に関して、懲役6月、執行猶予3年の判決が言い渡されたことが弁護士より事務所に連絡ありましたことを、ここでご報告させていただきます。

※ 引用元【サイト(ふかわりょう「life is music」)】


裁判所での”結論”は、対応された”弁護士”を介して所属事務所へと「判決内容が伝えられた」そうです。

また、本件に関して!当事者の”ふかわりょう”氏の心境も、明らかにされた模様です。↓↓↓

世の中には私同様、悪質なストーカー被害に悩まされている方も多くいらっしゃると思います。このような結末を迎え、大変残念ではありますが、今回の事件が少しでも警鐘を鳴らす役割になればと思っております。そして、加害者も含め、双方にとって穏やかな日常を送れることを願っています。

※ 引用元【サイト(ふかわりょう「life is music」)】


自身が経験された「悪質な被害」を一般に晒した上で、他の芸能人にも及んでいる「ストーカー行為への抑止力につながるように」と、願ったようです。

但し「双方にとって穏やかな日常を送れることを願って…など」と綴っておりますが、果たして「この手の犯罪で、穏やかな日常を取り戻す」ことが出来るのでしょうか?

“逮捕”された女性は、いずれ刑務所を”出所”するのですから、一度描いた「一人の男性に対する結婚願望を失わすのは、相当!容易なことではない」はずです。

なので、出所までに”恨み”や”辛み”が解消することを願うばかりです。

その気になる「一人の女性が自らの”人生”を投げ捨ててまでも愛し続けた」”ふかわりょう”氏について紐解いて行きます。



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ とんぶり大使とは?
・ 恋愛熱愛とは?
・ ピアノ事件とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


ふかわりょう氏は1974年8月19日生まれの45歳(2019年)で、ご出身は「神奈川県横浜市」です。

ご出身の”神奈川県横浜市”にあるご自宅で、ご両親と兄二人の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、ふかわりょう氏も(神奈川県横浜市)内の小学校・中学校に通っていたと推測できます。

最新情報では”中学校”は、地元の神奈川県横浜市にある”横浜市立樽町中学校”に入学されたとが判明しております。

横浜市にあるご実家では、”ご両親”と”二人の兄”が居るそうで、ふかわりょう氏は”末っ子”となります。

父親は、地元の”水力発電所”で技術者を行っており、母親については詳しく分かっておりません。

ただ、身内の”親戚”には!日本を代表する漫画家「原哲夫」氏が居るそうです。



引用元【インスタグラム】

幼少期から”体調”が優れない「体の弱い子供」であったようです。

しかし、小学時代になると!勉強を慢心されて”成績トップ”となり【さらに!】”体”を動かすようになったことで”健康的”を取り戻して、”弱体”を克服されたご様子です。

小学校二年生になると、学校の勉強と並行して”ピアノ”の教室に通っていたらしく、そのため!当時の将来の夢は「ピアニストになること」と、決めていたそうです。

しかし、”健康的”な体を取り戻したのは良かったモノの、それも要因となって!年上の”兄”たちと頻繁に”ケンカ”をしていたことから、親を悩ませていたそうです。

そんな少年も小学校を終えると、中学校も地元の神奈川県横浜市にある”横浜市立樽町中学校”にご入学されました。

中学校では、”陸上部”に入部されたらしく!今の姿からは想像がつきませんが、当時の部活では!学校を代表する”エース”として活躍していたそうです。

但し、”エース”として活躍していたモノの!気持ちが”張り切り”過ぎて、大切な競技の最中に「信じられない骨折(尻骨)の経験」が、あるそうです。

また、意外にも!中学時代から【かなり!】「モテていた」らしく、その時に”交換日記”をしていた彼女とは、中学三年生の”修学旅行先”で「初キッスを経験された」模様です。

そんな”淡い思い出”を作った中学時代を終えると、高校は東京都渋谷区にある”國學院高等学校”に、ご入学されました。

この高校の過程は、”全日制”の男女共学で、学科は”普通科”のみのです。

但し偏差値が「65以上」であり【かなり!】の”難関校”として有名ですが、一度入学さえ!できれば、”一定の成績”を収めると「入試無しで系列大学の”國學院大學”へ進むことができる」とのことです。

また、この学校は「伝統ある高等学校」のため!ご卒業されたOBには”著名人”が非常に多く、スポーツ選手~将棋士~俳優~落語家~タレント~音楽家~ミュージシャン~など、様々な”分野”でご活躍中の人物を、数多く輩出している学校として有名です。

ふかわりょう氏は、高校時代も”陸上部”に入部しており!ここでも部活の”エース”として活躍していたそうです。

なので、中学時代の”ご活躍ぶり”が「高校でも”噂”を呼んでいた可能性が高い」と思われ!その流れのまま、同校の部活でもご活躍されたのでしょう。

そのため、学年内では相当!”モテていた”らしく!クラスの”同級生”と交際していたようです。

その彼女との初デートは、”山下公園”であったらしく!ちょうど「クリスマスの時期」を向かえていたことから、プレゼント交換をしたり!デートの回数を重ねたりされて、順調に”愛”を育んでいたそうです。

但し、その彼女とは”大学”が別々になることから、最終的には”別れた”ようです。

高校二年生の時に、学校のイベント(学園祭)で!自身が「出演・演出・脚本を手掛けたコメディー喜劇の”サザエさん”を披露した」ところ!会場から”大爆笑”をウケて、それに”病みつき”を覚えたことから「本気で”お笑いの道”に進むことを意識し始めた」そうです。

ちなみに、この時に”ご自身”が担当した役柄は、”磯野家”の大黒柱「磯野波平役」でした。

“爆笑”を買うには「丁度良いキャラクター」を選んだ模様で!その意味では、当時から「お笑いのセンスに長けていた」と言えます。

”お笑い”に興味を持ち始めた高校時代を終えると、大学には「エスカレーター式で進学(進級)出来る國學院大學」では無くて!何故か”超難関校”の東京都港区にある”慶応義塾大学”【しかも!】「経済学部」にご入学されました。

この大学の”経済学部”といえば、校内一の”難関学部”として有名で!偏差値が「70以上」と、”並大抵”の学生では手に負えない”高レベル”の学部です。

なので、”クイズ番組”が普及した今では!全国区でも「名門校として知られている大学」の一つです。

その点から見ると、ふかわりょう氏の高校時代の”学力”が、いかに「優秀であったのか!」を物語っているのです。

・・・とはいっても!さすがのふかわりょう氏でも「慶応義塾大学の経済学部」となると、相当!”超難関校”であったことから、一日に”十二時間”に及ぶ「猛勉強を行った結果!見事に合格を果たした」そうです。

大学時代は、”軽音楽部”に入部していながらも!本腰を入れていたのは、やはり”お笑い”であり!自身大学二年生の時に、”経緯”は分かりませんが”お笑いタレント”として「芸能界デビュー」を飾っているのです。



引用元【サイト(YouTube)】

当初のお笑い”スタイル”とは、頭に”タオル”に似た「太めの白色ヘアーバンド」を巻き、”シュール”な一言を放って終える「タンパクな芸風」でした。

この、ふかわりょう氏の”スタイル(芸)”から、お笑い界に”シュール”という言葉が流行りだし!その先駆けとなったのが、ふかわりょう氏であることは言うまでもありませんが!ネタに「アレンジを加えた自傷ネタ」もウケていたことで「シュールの貴公子」等と呼ばれて、人気を集めたのです。!

しかし、その程度の”ネタ”では長続きすることもなく!次第に人気は低迷して行きます。

その後、大学を無事にご卒業されると”社会人”となり、続けて来た芸能活動を本格的にスタートさせます。

その頃の”芸風”は「シュールな自傷ネタを貫いていた」ことから、イメージが”小心者”に見られやすく、それを逆手に取った”ふかわりょう大小心物克服講座”の題名で「ビデオ(VHS)のリリース」を行ったのです。

また、同年(1997年)からは!お昼の番組として”一世風靡”をしていた、伝説のバラエティー番組
「笑っていいとも!」に”レギュラー出演”を果たし、”知名度”を一挙に広めたのです。



引用元【サイト(YouTube)】

1998年には、”音楽プロデューサー”として有名な「小西康陽」氏とタッグを組んで!ユニット「ロケットマン」を結成されて、”音楽活動”を始めます。

同年11月には、アルバム「フライング・ロケットマン」をリリースされて「音楽デビュー」を飾り、様々な楽曲を制作したり、”ユニット”から「ソロユニットとして個人での活動」に切り替えたり、当時人気のあった”タレント”や”ミュージシャン”を向かえて「フューチャー」などを行ったり…されて、お笑いタレントと並行して”音楽活動”にも力を入れていたのです。

しかし、結局のところは”音楽活動”では「花を咲かせることができなかった」ままで、今も続けているようです。

2000年頃になると、音楽活動の傍ら!お笑いタレントとしてテレビ朝日系列で放送されたバラエティー番組「内村プロデュース」への”レギュラー出演”を果たして、お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」のボケ担当で司会を務めていた「内村光良」氏との”絶妙な絡み”がウケたことから、”ミュージシャン”よりも「タレント色の方が濃くなった」ことから、徐々に”お笑い路線”へと傾いて行きます。

【すると!】各局の”バラエティー番組”からのオファーが急激に増え始めて、”メディア”への露出度が増えたことから”人気”も上昇し始めて、1998年にフジテレビ系列で放送されていたテレビドラマ「太陽がいっぱい」に出演されて、自身初の「俳優デビュー」を飾ります。

【さらに!】2005年に公開された映画「蝉しぐれ」に出演されて、自身初の「映画デビュー」を飾りました。


引用元【ツイッター(下田祐 )】

その後も、バラエティー番組をメインに「ラジオ番組・企業CM・音楽活動…など」を行いながら、着実に”人気”を集めて行きます。、


スポンサードリンク


◇ とんぶり大使とは?


“お笑いタレント”や”ミュージシャン”でお馴染みの”ふかわりょう”氏ですが【実は!】我が国!秋田県大館市の特産品である「とんぶり大使」を務めているのです。

地元では、”ホウキクサ”と呼ばれている”草”があるのですが、その名の通り!掃除で使う”ホウキ”の材料として古くから用いられており、その”実(タネ)”を加工して作られたものが「とんぶり」なのです。

“ホウキ”の材料として使われていることは、特に珍しいものではありませんが!その実(タネ)を”食材”として活かすようにと!考えたのが、秋田県の内陸部に位置する”大館市”なのです。

現在では、地元の”特産品”として有名になり!地元に訪れる観光客に「地元の料理として、イベントや宿泊施設などの”料理の一品”として振る舞われている」のです。

また、秋田県内の”特産品販売所”などでも販売されておりますが、”ガラス瓶”に詰められた!その形は「まるで!キャビアを連想する形状」をしており、”高級感”を漂わせているのです。

なので「美味しい珍味」であり!見た目は”ドス黒い緑色”をしており!細かい”粒状”が集まった形状のため、一見「高級食材の”キャビア”に似ている」ことから、入れ物(梱包の仕方)によって、”本物”と間違える方もおります。

なので、地元では別名「畑のキャビアなど」と称されて、親しまれているのです。

“味”としては、独特な”辛み”があり!そのままで食べると、若干”しょっぱく”感じるため「温かい”白いご飯”に混ぜたり、”おにぎり”の具の一品にされたり、お菓子の”ナビスコ”や”ポテトチップス”の上に載せて食べる…など」様々なアイデアを駆使しながら「絶品な風味」を楽しむのです。

【さらに!】地元の特産品の一つである「山の芋(自然薯)」に混ぜて食べると!芋に”アクセント(しょぱ味)”が加わることで、一段と”風味”が増して美味しく!宿泊施設や定食屋などでは「朝食の一品として添えられる」ことが多いのです。

秋田県では、その他の”特産品(有名品)”として「ハタハタ」と呼ばれる”魚”がありますが、その魚の”卵”のことを「ぶりっこ」と呼びます。

この「(ぶり)っこ」と「とん(ぶり)」との見た目が「粒子状態でそっくり」であることから!”ぶりっこ”の名称のルーツは「とんぶりから来たのでは」等と、考えられているのです。

但し、最近では!地元農家の”高齢化”と”後継者不足”によって「生産力が落ちている」ことから、今後の生産継続が心配されていたのです。

【ところが!】”救世主”のように登場して頂いたのが「ふかわりょう」氏なのです。

ふかわりょう氏もご自身の公式ブログで、このように語って頂いておりました↓↓↓

僕自身、その時まで知らなかったくらいですから、決して認知度が高いわけではありません。それが農家さんの後継者不足に繋がり、今ではごく一部でしか栽培されなくなってしまいました。このままでは絶滅してしまうかもしれない。そういった背景を知るにあたって、僕のとんぶりに対する気持ちが膨らみ、居ても立ってもいられなくなり「曲を作ろう」と…

※ 引用元【サイト(ふかわりょう「life is music」)】


ここから一挙に!「ふかわりょう」氏と「とんぶり」との”結び付き”が濃くなり始めて、自主制作による「”とんぶりの歌”を自発的に作り上げた」とのことです。




この”心温まる”行動が評価されて、2019年3月に!秋田県大館市にある「大館とんぶり生産組合から”とんぶり応援大使”」として、任命を受けたのです。

また、この”行動”を知った!秋田県を代表するシンガー・ソング・ライターの「高橋優」氏も、ツイッターでメッセージを寄せて「感謝の意」を伝えました。


引用元【ツイッター(ふかわりょう”ROCKETMAN”)】


スポンサードリンク


◇ 恋愛熱愛とは?


ふかわりょう氏は今までに!数多くの”恋愛ネタ”が取り沙汰されて来ました。

なので、”恋多き男性”なのか!と思いきや【実は!】”結婚願望”が全く無い!と、自ら語っているようです。

以前に、”週刊誌”のインタビューで次のように語っております。↓↓↓

兄の子どもたちと触れ合う機会もありますが、自分も結婚して子どもが欲しいという強い願望はないですね。

※ 引用元【サイト(株式会社光文社)】


ふかわりょう氏には「二人の兄」が居りますが、どちらも既に”ご結婚”をされており!お子さんも居ることから、ふかわりよう氏は”叔父”となります。

その子供たち(甥っ子・姪っ子)を可愛がっているそうですが、自身には「子供は欲しくない」と語っているらしく!言い換えれば「結婚を望んではいない」と思われているそうです。

しかし、この発言は”ダミー”として使っていたのか?今までに「数名との女性関係」が明らかとされているのです。↓↓↓

・ 名古屋の女性 (一般人)
・ 森星さん (ファッションモデル・タレント)
・ スザンヌさん (タレント)
・ 平野ノラさん (女性お笑いタレント)
(最新) モデル風美女 (一般人)


そして、最も”本命”と謳われていたのが!フリーアナウンサーの「内藤聡子」さんです。



引用元【インスタグラム(naitosatoko)】

内藤聡子アナとは、東京を中心に放送されていた”TOKYO MX”の情報番組「5時に夢中!」で共演しており、ふかわりょう氏が”メインMC”を担当されて、アシスタントを内藤聡子アナが担う情報番組でした。

当時は、”二人の息”がピッタリであり!お茶の間からも評判が良く、そのため”ネット界”では「その様子が話題」を呼び!”恋愛ネタ”に取り沙汰されて、大いに盛り上がっていたのです(笑;)。


引用元【ツイッター(カボチャ )】

しかし、あまりにも”スキンシップ”が多かったことから!その「仲の良さに呆れた」お茶の間からも、二人の間に”噂”が広がり始めたのです。

その後、2016年になると!内藤聡子アナが番組から”卒業”することが発表されて、ネット界では「いよいよご結婚秒読みで!寿退社するのか…など」と、大いに盛り上がったのです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

ところが、内藤聡子アナは!番組をご卒業されると「海外へ移住した」ことが分かり、ふかわりょう氏との「熱愛説は嘘であったのか」と思わせる雰囲気の最中【なんと!】”日本人F1レーサー”の「佐藤琢磨」氏と「9年間も不倫関係を続けている…など」と報じられて、ふかわりょう氏との”熱愛説”が払拭されたと同時に!彼は、ただ単に「彼女に遊ばれていた…など」の声で、覆い尽くされたのです。

なので、実際の「二人の関係がどのようなモノであったのか」は分かりませんが!今となっては、内藤聡子アナが「バツ1であった事実が明らかとなった」ことから、ある意味では!その時に「ふかわりょう氏が”本気”で彼女に深入りをしなかったことは”幸い”であった」と、言えるのでしょう。


スポンサードリンク


◇ ピアノ事件とは?


ふかわりょう氏は、小学校二年生頃から”ピアノ”の教室に通い、将来は”ピアニスト”を夢見ていた少年でした。

また、大学時代は”軽音楽部”に在籍されており、”音楽”と接するシーンが多かったです。

なので、今でも「ピアノの腕前はそれなり」とのことで、自身が”シンガー”として「作詞&作曲」を行う時は、”ピアノ”を扱っているそうです。

そのため「歌唱でピアノを扱うシーンがある時」には、”演奏”に滅法うるさく!以前には、”大物歌手”がリリースしたミュージックビデオで「ピアノ演奏のシーンを取り入れた際に、相当!”ケチ”をつけた」ことから、その”大物歌手”のファンたちから「一斉に叩かれた」ことがあったのです。

その”大物歌手”とは!日本の”音楽ファン”やご自身の”ファン”たちから、悲しまれながらも”業界”から引退をされた「安室奈美恵」さんです。



引用元【インスタグラム(namie_hero77)】

その”ケチ”が!明るみとなったのは、自身が出演していた「ラジオ番組(J-WAVE)」でのことであり、2013年6月30日に放送された番組内で、安室奈美恵さんの新作「Let Me Let You Go」の”ミュージックビデオ”を見ながら放送を伝えていた際に、その”問題発言”を話してしまったことから「安室ファンたちの”激怒”に触れた」のです。

ファンたちを怒らせた”発言”とは↓↓↓

ピアノをやってる人は騙せないんですよ。指の形がどうしても初心者の形なんですね。その弾き方では、絶っっ対にそんな音にはならないという鍵盤の押さえ方をしてしまっているんですね。

※ 引用元【サイト(J-CASTニュース)】


つまり、少なからず!自身も”ピアノ”に精通していることから「安室奈美恵さんの偽装演奏のスタイルが許せなかった」とのことで、鍵盤の弾き方から「それを(偽装演奏)見抜いた…など」と発言したことが、大きな波紋を呼んだのです。




もちろん、これを聞いた安室ちゃんの”根強いファン”たちが、黙っている訳がなく↓↓↓

・ もう大嫌い!安室ちゃんピアノ頑張ったのに
・ ふかわりょう本当無理!安室様の演奏だよ?ピアノ弾くなんて凄すぎだろ
・ 安室ちゃんが初めてピアノに挑戦して努力したことにはかわりない。
・ お前ピアノやってるだけでなんでそんな偉そうなの?
・ 自分は一流のアーティスト、ピアニストって思ってるんですか?

※ 引用元【サイト(J-CASTニュース)】


これにより、日本の主要ソーシャルメディア(ブログ・インスタ・ツイッター)で!「いっせに大炎上を招いた」のです。

但し、このミュージックビデオの”コンセプト”は、あくまでも「安室奈美恵さんが新曲ビデオでピアノ演奏に挑戦(披露)された」なので、上手かろうが!下手であろうが!弾いていようが!弾いていないような!何でもよくて、”肝心”なのは「安室奈美恵さんがピアノの前に居ること」が、重要であったのです。

つまり、安室ちゃんが「ピアノを演奏しているように見せたい」が前提にあったのです。

それを「知ってか知らずか!」ふかわりょう氏の言い分として「MVでは、実際の映像とは違っている!偽装演奏している」等と告げて、ミュージックビデオに対して”不快感”を見せたのです。

初めから”パフォーマンス”であることを理解していれば、これほど(その時ほど)の”大騒ぎ”にならずにすんだと思えますが、ご自身が僅かでも”ピアノ”に精通していたことが「痛い結果を招いた」のです。

しかし、一方では!ふかわりょう氏の意見に”同調”する声も上がり↓↓↓

・ ピアノ酷すぎワロタwww
・ そりゃ叩かれるわw
・ 初心者丸出しw
・ これは本人弾いてないわw
・ これ親指しか動いてないじゃんw
・ 先に言われればピアノ未経験者でも不自然だって分かるなw

※ 引用元【サイト(J-CASTニュース)】


人!それぞれ「好みがあることを浮き彫りにした騒動であった」と言えます。

・・・とは言っても、この↑ご意見のほとんどは「アンチ安室の皆さん」であることは、言うまでもありません。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビドラマ

・ 1998年に、フジテレビ系列で放送された番組”太陽がいっぱい”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

◇ 雑誌

・ 1998年に、”扶桑社”が手がけた作品”ミツバ学園中等部 入学案内 “がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(めぐろひろし≒目黒博志 )】

◇ テレビ番組

・ 2001年に、フジテレビ系列で放送された番組”笑っていいとも!”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(☆ 最速 裏芸能ニュース21 )】

◇ MV

・ 2003年に、”スネオヘアー”が手がけた作品”over the river”がリリースされ「MVデビュー」を飾ります。

◇ 映画

・ 2005年に、”東宝”によって公開された映画”蝉しぐれ”に出演され「映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(下田祐 )】

◇ シングル

・ 2009年に、”ビクター”が手がけた作品”LifegoesON 2.0″がリリースされ「シングルデビュー」を飾ります。

◇ DVD

・ 2009年に、”アスミック”が手がけた作品”アーガイルの憂鬱-サービスエリアを愛した男- sunset edition”がリリースされ「DVDデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(picoジュルネ.(にわか) )】

◇ CM

・ 2010年に、”森永製菓”が手がけた企業CM”チョコボール”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ アルバム

・ 2010年に、”ビクター”が手がけた作品”thank you for the music!”がリリースされ「アルバムデビュー」を飾ります。

◇ 舞台

・ 2014年に、”本多劇場”によって公開された舞台”死神の浮力 – 千葉役”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

◇ アニメ映画

・ 2018年に、TOKYO MX系列で放送された番組”でびどる!”に出演され「アニメ映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(アニメイトタイムズ公式 )】

◇ ネット番組

・ 2020年に、Abema系列で放送された番組”AbemaPrime”に出演され「ネット番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(潮匡人 )】

◇ ラジオ

・ 2020年に、”NHK”局が放送した番組”きらクラ!”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(moon light )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
府川 亮
読み
ふかわ りょう
生年月日
1974年8月19日
仕事
お笑いタレント・ミュージシャン
出身地
神奈川県横浜市
所属事務所
ワタナベエンターテインメント
血液型
O型