2019年6月~約3か月に渡って世間から大きく注目を浴びた吉本興業の「お家騒動!」。

初めは所属芸人の事務所を通さずに行った「闇営業」問題から始まり、当事者の「宮迫博之」氏
「田村亮」氏が闇営業先であった「反社会的勢力」からの謝礼の受け取り問題、その後事務所に
「虚偽の報告」それによって事務所の対応と当事者達の思いの食い違いから勃発したお家騒動!

さらに吉本興業の「対応」のマズさから生じた世間やメディアからのバッシング。

それに追い打ちをかけるように「中堅クラスの芸人を」巻き込んでの事務所内トラブルへと
発展しました。

その中堅クラスの芸人とは、お笑いコンビ「極楽とんぼ」のツッコミ担当「加藤浩次」氏です。

 

引用元【インスタグラム(#加藤浩次)】

 

加藤浩次氏は自身がMCを務めている日本テレビ系列で放送されている朝の情報番組
「スッキリ」の同年7月22日の生放送で自身の「進退」をかけて吉本興業「上層部」の
刷新を求め、応じなければ「退社」すると発表し話題になっていました。

上層部の刷新を求めた理由は前日に行われた今回の問題に対する吉本興業の会見があまりにも
杜撰で誠実な態度を取らなかったことに対する怒りから求めたものです。

それと、これは私の想像ですが、以前から吉本興業上層部の伝統的体質や若手芸人に対する
対応(育て方など)や態度の悪さ(強権ぶり)に怒りを持っており、今回の不祥事でついに
「爆発」したと思われます。

私も吉本興業社長「岡本昭彦」氏の生発言を聴いておりましたが報道陣の質問に正確に答えない
場面がしばしばあり、さらにご本人が行った事に対しても「即答」できず、挙句の果てに
「考えます」とか「後程回答します」等と、まるで他人事のような態度を取っていたことに
不快感を感じておりました。

 

引用元【ツイッター(みゆたん)

 

この会見は今回問題の当事者「宮迫博之」氏が会社から「契約解除」つまり「クビ」になり
「フリー」の立場になったことで行えた一連の「問題説明」と「謝罪」会見を行った翌日に
開かれたもので、問題当事者から吉本興業の対応の悪さが「暴露」されたことで吉本興業に
対する「不信感」をメディアや国民に与え、さらに所属大物芸人達からの要請?希望によって
急遽開かれたものです。

 

引用元【インスタグラム(#宮迫博之)】

 

なので、たぶん準備不足であったことは間違いないし、そもそも吉本興行の上層部は
「生会見」が不得意であり、事務所で問題が起こると当事者、あるいは弁護士等が説明責任を
果たし、社長や会長の姿すら私は見たことがありませんでした。

そのためか?会見ではある程度の「資料(両者会談した時系列)」は報道陣に渡されていたようで、
それに関しての質問等については「快調」に即答しておりましたが、問題当事者からの
「暴露」された件についてツッコまれると言葉を濁らせる場面が多かったです。

この会見は約5時間半に渡ってLIVEでネット配信され、私もネットで視聴しておりましたが
さすがに5時間もかかるとは夢にも思っておらず、途中で「ギガ(通信量)」が心配になり
いつ終わるのか?冷や冷やしながらその模様を拝見しておりました。

その後は、吉本興業の意向?企み?とは裏腹にメディアからは「会見は失敗」、世間やネット
住民からは「苦情・批判」、さらに所属芸人の若手達からはSNSで「事実無根」とされ、
ベテラン芸人からは「処分の撤回!上層部の刷新!」などの声が多数伝えられ、会見以前よりも
吉本興業の「立場」が大きく悪化する結果となりました。

多数のベテラン芸人達が吉本興業の本社に出向き上層部と話を行っていたのですが、自身が
生放送の番組でMCを担当していたこともあってか?お笑いコンビ「極楽とんぼ」のツッコミ
担当「加藤浩次」氏も一連の事務所の対応に怒りを爆発させ、吉本興業「上層部」の刷新を
希望し公の場で自身の進退をかけることを発表したのです。

確かに今回の件で多数のベテラン芸人達が動き吉本興業上層部との「会談」は行ったようですが
自らの進退(退社)をかけて事務所と向き合ったのは加藤浩次氏のみで、後輩芸人やお笑いを
愛するファン達、さらにネット住民の皆さんから「応援の声」が多数寄せられておりました。

もちろん一方では「茶番だ!」「お家騒動だろう!」「無駄な時間だ!」「早く処分芸人を
復帰させろ!」などの批判的な声も多くありました。

その後、吉本興業が行った会見の「翌日夕方」に加藤浩次氏が「事務所」へ出向いた様子が
各メディアから放送されていましたが、会談は約3時間行ったらしくその後は「お忍び」で
事務所から「帰宅」したらしく、帰りの映像待ちしていた多くのメディアは「空振り」で終え
加藤浩次氏が事務所から出る姿は放送できなかったようです。

翌日に自身が生出演している情報番組「スッキリ」に出演し、その時の内容が語られましたが
大崎会長は自身で今後の会社運営を見直し色々な「改革案」みたいな話を聞かされた」さらに
「結果として話し合いは平行線に終わって一度持ち帰えらせてくれと言われた」と番組内で
話していました。

加藤浩次氏は進退をかけて本気で上層部の刷新を望んでいることも伝えたそうですが「今は
きめられへん!」と、その現時点で上層部の処分(年間給料50%に引下げ)を撤回する気が
無い事を伝えられたそうです。

なので、今後吉本興業で何らかの不祥事、あるいは宮迫博之氏にまだ疑いが残っている反社会的
勢力との関係を報じた「フライデー問題」で大きな変化がなければ上層部は役職を「継続」する
意向であることは明白なので加藤浩次氏がいつ、吉本興業から退社するのか?が注目される
ところです。

ただ放送最後の方で加藤浩次氏の意思はそんなに変わらないと思うけど、吉本興業の会長として
どのような改革をするのか?しっかり大崎さんに聞いてお伝えできればいいと思う!的な事を
語りました。

私はそれを聞いて「えっ!加藤さん?上層部は辞める気がないし大崎会長の改革を伝え続ける?
って」・・・と思い、加藤浩次氏は「本気」で進退をかけているのでは無いと感じました。

なので今後吉本興業がトラブルを起こさず「宮迫博之」氏の問題も解決し、処分されている
若手芸人が復帰し、時間と共に今回の問題が世間から薄れてくれば「加藤浩次」氏も吉本を
辞めることなく以前と同じ「体制」が続き、上層部の刷新って何だったの?で終えると思います。

しかし「万が一」加藤浩次氏が吉本興業を退社した場合、どこの事務所へ移るのか?に注目が
集まると思うのですが、私はどこへも移らないと思います。

つまり「個人事務所」を立ち上げると思います。

加藤浩次氏は自身の番組「スッキリ」の7月22日放送分でお笑いコンビ「ダウンタウンの
松本」氏の名前を挙げ、松本氏が中心となる会社を作ってもらいたい!的な発言をしております。

なので普通に考えればもし、松本氏が新事務所を立ち上げ吉本兼任なのか?独立なのか?は
分かりませんが、加藤浩次氏はそちらに移ると思われます。

さらに相方で以前、自身の「不祥事」で吉本興業を解雇された「山本圭壱」氏がいますが、
現在は芸能界に復帰し吉本興業へも返り咲いたものの「居ずらい」状況であることは間違いなく
吉本興業から去りたい気持ちがあると思うので、一緒にそちらの事務所へ移る可能性が高いと
思われます。

 

引用元【インスタグラム(yamamogt)】

 

しかし吉本興業の会見後、松本氏の関わりが伝えられなくなり自身の進退についての発言は
今まで一度も行っていないので「退社」の可能性は低く「松本興業」の誕生はあり得ないと
思われています。

さらに松本氏も相方(浜田雅功氏)がいるので、むやみに個人の考えだけで事務所を辞めるとは
到底思えません。

なので加藤浩次氏は「他の事務所」への移動が考えられますが、ご自身の芸能界での経歴は長く
人脈もあり、若手からも慕われ、各局とのつながりも大きく、特に「経済力」は相当大きいと
思われることから、態々他の事務所に入ってギャラの交渉をしテレビ出演番組が変更されたり
会社の規約で縛られるような芸能活動をするよりも、リスクは大きいと思うのですが自身で
芸能プロダクションをマネージャーメントし若手芸人や新人タレントを育成し自身はフリーの
立場で活動することを望むような気がします。

もうしばらくは「宮迫博之」氏の問題が残っているので「様子見」が続くかと思いますが
毎日のように朝の情報番組で「加藤浩次」氏は見れるので、その都度の発言に今後も
注目されるところです。

 

スポンサードリンク

 

◇ 加藤浩次氏の嫁さんの心中はいかに?

 

加藤浩次氏は2001年7月7日に元女優でモデルの「緒沢凛」さんとご結婚されています。

 

 

二人は芸能界きっての「おしどり夫婦」として知られており、嫁のかおり(本名)さんに
暇を見ては「抱きつく」らしく、それが「夫婦円満」の秘訣だと語っていました。

普通であれば女性の方が「うっとうしく思い」嫌がると思うのですが嫁のかおり(本名)さんは
喜んで抱き着かれているそうです。

とても「ジャイアントスイング」していた「おっさん」とは思えぬ行為を行っているようです。

それだけに今回、加藤浩次氏が所属事務所に対して行った「進退をかけた願い」はいずれ
ご自身の「家庭」へも影響が出る行為なので、仲良しの奥様には既に伝えていると思われ
嫁のかおり(本名)さんの心境は聊かなものかと思われます。

ただ大好きな旦那のすることなので余計な口を挟むことはないと思いますが、自身は芸能界から
「去った」経験があるだけに事務所を離れるリスクを十分理解していると思われるので、
今は旦那の行く末を見守りつつ不安な毎日を送っていると想像がつきますね!

早く事態が終息し、普通の生活に戻れるよう毎日祈っていると思います。

 

 

■ 加藤浩次プロフィール

本名
加藤 浩二
読み
かとう こうじ
生年月日
1969年4月26日
仕事
日本のお笑いタレント・俳優
出身地
北海道小樽市
所属事務所
吉本興業
血液型
O型

 

 

スポンサードリンク