“北海道”出身のお笑い芸人であり、2019年に勃発した”吉本芸人”による「闇営業問題」では!問題が発覚した芸人たちへの「事務所対応の悪さ」に、”怒り”を露わにされて!世間から大きな注目を浴びたタレントで司会者の「加藤浩次」氏。

何やら?お笑いコンビ「極楽とんぼ」の”相方”である「山本圭壱」氏が、世界で”猛威”を振るっている「新型コロナウイルス」に”感染”したことを、出演中の”ラジオ番組(アッパレやってまーす!)”内で発表された上で、”病”に至るまでの詳しい経緯を説明した!として注目を集めた模様です。

この番組は、地元の大阪にある”毎日放送(MBSラジオ)”が放送しているモノで、既に”コロナウイルス”の「陽性」が伝えられていた相方の「山本圭壱」氏について、”治療”のため「入院している事実」や!そのために、”同番組”を「欠席している理由」などを詳しく語ったのです。

また、現在の山本圭壱氏の”症状”については「重症化までには至っていない」ことを明らかにされ!しばらくは「入院生活が続くこと」も、説明したのです。

山本圭壱氏の”新型コロナウイルス感染問題”に対しては、”個人”の問題だけではなく!自身が手掛ける”Youtubeチャンネル”によって「他の芸人たちも巻き込んでいる」ことから、相方である加藤浩次氏も個人が”回復”した後の対応を心配されているご様子です。

何かと問題の多い”極楽とんぼ”ですが、取り分け!加藤浩次氏について紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(ライブドアニュース )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 闇営業問題とは?
・ 出処進退の行方とは?
・ 嫁(かおりさん)の心中とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


加藤浩次氏は1969年4月26日生まれの50歳(2020年)で、ご出身は「北海道」です。

ご出身の”北海道”にあるご自宅で、ご両親と兄の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、加藤浩次氏も(北海道)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の北海道にある”小樽市立入船小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”兄”が居り、ご自身は「次男」として生まれ育ったご様子です。

幼い頃から、”忙しない子供”であり!非常に「落ち着きのない性格」であったことから、しょうっちゅう親に叱られていたようです。

また、”兄弟”である「一人兄」とも”ケンカ”が絶えなかったらしく、相当!”両親”を悩ませていたご様子です。

但し、その分!”運動神経”に優れており、色々な”スポーツ”に「興味を示していた」そうです。

特に、毎年”冬”になると”裏山”に雪が積もる土地柄であったことから!少年期から”スキー”の練習に励んでいた様です。

【実は!】加藤浩次氏が「生まれた頃」は、北海道内の”札幌市”に自宅があり!”理由”は定かではありませんが、小学生に入ってから「育ちとなる」”小樽市”に引っ越しをされた模様です。

なので、一度は”札幌市”にある小学校に入学をされており!後に”小樽市立入船小学校”へ「転校」をされたのです。

小樽市での小学校時代は、非常に”成績”が優秀で!児童会で”会長”に選ばれるほどの「人柄の良さ」を兼ね備えていたそうです。

また、学校の”部活動”では「サッカー部」に入部されており!元から”運動神経”が良いことや、冬の”スキー”で「足腰が鍛え上げられていた」ことが重なり、相当!”上達”の早い「サッカーセンスに長けていた少年」であった模様です。

”頭脳明晰”で運動(サッカー)の”才能”にも目覚め始めた小学時代を終えると、中学校も地元の北海道にある”小樽市立松ヶ枝中学校”にご入学されました。

中学校時代に入っても、”サッカー”は続けており!学校内に設けらていた”サッカー部”に入部したことをキッカケに!”本格的”にサッカーの活動に取り組み始めます。

【すると!】元から”サッカーのセンス”には長けていたこともあり、直ぐに”部活内”で「実力を発揮」させると!周りに認められて「キャプテンを任された」そうです。

なので、後に!地元”北海道”の「サッカー選抜選手」へも起用された経験があるそうで、道内でも有数の”サッカー選手”として名を馳せていたご様子です。

一方、学校生活では!”思春期”が早く訪れたらしく、”先生”や”親”との「トラブルの絶えない少年であった」ことから!親と”口論”になった際には「家出」を決行されて、学校の体育館にあった”倉庫”に無断で入り込み!”マット”を布団代わりに、数日間「潜んでいた経験がある」そうです。

また、”思春期”を早く迎えたことも影響してか?”サッカー”に情熱を傾ける一方で!その当時に”流行”していた「芸能」にも”興味”を示し始めて、密かに”芸能人”に「憧れを感じ始めていた」そうです。

”活発的”な学生生活を送り!”勉強”も真面目に熟していた中学時代を終えると、高校も地元の北海道にある”小樽潮陵高等学校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

この高校の”特徴”とは、”道内”屈指の「進学校」であり【さらに!】”歴史”ある「伝統校」でもあることから!たくさんの「著名人やプロスポーツ選手」を輩出している有名高校です。

特に、”雪国”であることが大きな要因につながっていることもあり!冬季オリンピックの”スキージャンプ”で活躍された「日本代表選手」を、数多く輩出した高等学校としても有名です。

なので、加藤浩次氏の”入学当時”の偏差値は「60」であり、”道内”にある高等学校の中でも相当!「レベルの高い難関校」として知られていたらしく【さらに!】”校風”も、他の北海道にある高等学校とは一味違い「私服での登校が許されている高校」として知られているそうです。

但し、加藤浩次氏の場合!”私服”での登校を行っていたことから、通学路のバスの中で「進学校の生徒」と直ぐに”バレた”ことで!他校の生徒から「からかわれるケースが多かった」と、後に語っております。

加藤浩次は、その”スポーツ”も盛んな高校で!中学校でも活動していた”サッカー”を、高校時代も続けており!高校一年生の時から「サッカー部」に入部されております。

また、高校時代に入ると【さらに!】”サッカーセンス”に磨きが掛かり!練習の”レベル”も格段にアップしたことが大きな”好機”につながり!高校時代も「キャプテン」を任されていたそうです。

但し、同じ部活のメンバーや男生徒には”熱い姿”を見せていたことから、相当!「人気が高かった」らしく!その一方で、クラスの”女生徒”たちへは!授業中などに”ちょっかい”を出す「いたずら坊主の姿」を見せていたことで【かなり!】”嫌われ者”であったご様子です。

【ところが!】見た目の”ルックス”や”スタイル”が際立っていたこと【しかも!】サッカー部で”キャプテン”を務めていたこともあり!「内情(性格)」を知ら無い”他校の女子”たちから、相当!”モテた”そうです。

そんな”イケメン”でも、その当時!”全国区”で大人気を誇っていた歌手で女優の「斉藤由貴」さんが、地元を訪れて”撮影(ロケ)”を行っていた際は、移動がある度に”バイク”で「追っかけ」を行っていたそうです。

一方、この当時の「加藤家」は!”理由”は定かでありませんが、両親が”離婚”をされていたそうで!”母方”に付いたことから「母子家庭で暮らしていた」そうです。

なので、”家庭環境”が非常に「貧素」であり!母親が多忙であったことから、”弁当”などは与えられず!昼食は「菓子パンのみ」の日々が続いていたそうです。

ちなみに、”離婚”をされた母親は!加藤浩次氏が「二十歳を過ぎた頃」に”再婚”をされたようです。

”部活”ではサッカー漬けの青春を送り、”恋愛”でも充実した高校時代を終えると、大学には進学せずに”社会人”となり!地元の企業へ「就職」をされます。

高校時代から、”スポーツ(サッカー)”だけでは無く!”学力”も優れていたことから、”大学進学”を目指すことは「不可能では無かった」にも関わらず!”就職”を選択されたのは、ご実家の「経済事情(母子家庭)」が大きかった模様です。

なので、”大学進学”を諦めて!地元にある”運送会社”の「西濃運輸 札幌支店」に就職をされました。

【ところが!】地元の企業で働き始めたモノの、”社会人”になってから知り合った「劇団所属の女性」に恋心を抱き初め、その”女性”を追い求めるが如く!その年の”年末”に会社を退職されて、翌年に”上京”を果たします。


引用元【ツイッター(Kj )】


スポンサードリンク


◇ 闇営業問題とは?


2019年6月頃に、”芸能週刊誌”の一報から始まって!約”3か月”に渡って、世間を大きくザワつかせ!吉本興業による前代未聞の”お家騒動”となった「闇営業問題」は、記憶に新しいところですが、本来であれば!全く”当事者”では無い「加藤浩次」氏の名前が、何故に突如!浮上してきたのか?疑問に感じている方も多いはずです。

当初は、所属事務所である”吉本興業”を通さずに行っていた仕事(行為)のために!”闇営業”等と称されて「表面化された問題」ではあったモノの【実は!】以前から行われていたことを、”事務所”は「把握していた」にも関わらず!何のお咎めも無かったのは、若手たちが”低賃金”であるが故に!事務所が「目を閉じていた」ことは、誰もが”承知していた”ことです。

【ところが!】この時の問題で”当事者”となった「宮迫博之」氏や「田村亮」氏が行った”闇営業先”のケースの場合、相手先が「反社会的勢力」であったことが!何よりも大きな問題へと発展する”要因”となってしまったのです。

【さらに!】問題発覚後の事務所へ対する「虚偽の報告」などが響いて、各メディアが毎日のように取り沙汰したことや!次から次へと出てくる”新情報”によって、多数の”若手芸人”たちも「炙り出された」ことから、”長期化”の様相を見せ始めたのです。

【しかも!】説明責任を果たすべきの”所属事務所(吉本興業)”の「対応のマズさ」が仇となり!本来、全く無関係であるはずの”中堅クラス”の先輩芸人たちまでも巻き込んだ「お家騒動」に、発展したのです。

その”中堅クラス”の先輩芸人の一人が、お笑いコンビ”極楽とんぼ”のツッコミ担当「加藤浩次」氏です。


引用元【ツイッター(日刊スポーツ )】

加藤浩次氏は、自身が出演(MC)する日本テレビ系列で放送されている朝の情報番組「スッキリ」にて、同年の7月22日の生放送中に!自身の”進退”をかけて、吉本興業の”上層部”へ対する「不満」を述べた上で「人事の刷新」を求めることを明らかにされ!応じなければ吉本興業を「退社する」等と発言をされたことから、大きな注目を集めました。

上層部の刷新を求めた”理由”については、以前に開かれた「若手芸人による謝罪会見」に対し!前日に行われた「吉本興業による会見」が、あまりにも”杜撰”であり「誠実な態度を取らなかった」ことに、怒りを露わにされた形です。

もちろん、そればかりでは無く!以前から、吉本興業の「伝統的な体質」によって!特に、”若手”芸人に対して!厳しい対応(育て方など)や、態度の悪さ(強権ぶり)【さらに!】待遇の悪さ(低賃金)などに、”怒り”を覚えていたらしく!今回の不祥事によって、それらが一挙に「爆発」したのです。

確かに、今回の件で!元吉本興業の社長であった「岡本昭彦」氏の”生発言”を聴いていても!”歯切り”が悪く、報道陣の質問には「適切に答えない場面」が目立ち【さらに!】社長ご本人が行った行動(発言)に対する質問に対しても「即答」が出来なかったことから、周りに大きな「不快感」を与えたのです。


引用元【ツイッター(みゆたん@ゆめをトップへ連れていくっ! )】

この時の会見では、問題の当事者である「宮迫博之」氏が!大衆の前で、堂々と説明責任(謝罪)を果たした後での会見であり!既に会社から”契約解除”を受けた事実を明らかにされていたことから、全ての”責任”は「宮迫博之氏にある」的な!”流れ”を与えてしまったことで、吉本興業に対する大きな「不信感」が持たれ!それを”弁明”するために、多くの有名人!あるいは、大物芸人からの”要請要望”を受けて!急遽、実現した会見であったのです。


引用元【インスタグラム(joseijisin)】

なので、恐らく!”準備不足”での会見となったことは、言うまでもありませんが!そもそも、吉本興業の”上層部”が「公の場に立つ機会」など、そうそうお目見えすることが無く!”生放送(会見)”を「不得意としている」ことは明らかであり、通常であれば”弁護士”などが説明をするのが恒例です。

そのため、事前に「ある程度の資料」は!関係者に”配布”されていたらしく、それに関した報道陣からの質問へは”軽快”に答弁するモノの、一歩!踏み込んだ質問には”だんまり”を見せる場面が、何度もあったのです。

この会見は、おおよそ”五時間半”に渡ってネットの「ライブ中継で配信」が行われ!あまりにも”長時間”に及ぶ会見であったことから、たくさんの”従量課金方式”の方は!”通信量”の関係でヒヤヒヤしながら視聴をされていた模様です。

会見が終わってからは、”逆の意味”で「期待通りの結果」となり!メディアやネット界では「失敗会見・意味のない会見・説明されていない・意味が分からない…など」の”苦情”や”批判”が多く伝えられて【さらに!】同じ業界の”関係者”からも「事実無根な内容が多い…など」と、”身内”からも「批判の的」に晒されたことから、”問題”の矛先が事務所(吉本興業)へと移行され始めたのです。

【すると!】その後は、”上層部”と話が出来る、多数の”ベテラン芸人”と呼ばれるタレントたちが!直接、吉本興業の”本社”に足を運ぶようになり!問題の”終息”に向けて動き始めますが、会社との”折”が合わずに【さらに!】”泥沼化”へと発展して行くのです。

その中でも、一番「意気込んだ」のが加藤浩次氏であり!多くの”ベテラン芸人”たちが吉本興業との”会談”に望む中で【唯一!】自身の「出処進退」を掛けて!後輩芸人たちや、お笑いファンたちを守る決意を明らかにされていたことから、多くの”味方”を手に入れたのです。

もちろん、その行動に対しては”肯定的”な意見ばかりでは無く「茶番だ!お家騒動だろう!無駄な時間だ!早く処分芸人を復帰させろ!…など」の、”否定的”な意見も数多く伝えられていたのです。

実際に、加藤浩次氏が”吉本興業”の本社に出向いたは数日経ってからのことで!”期間”が空いたこともあり、各”メディア”も本社に駆けつけ!多くの情報番組やニュース番組から、その”勇姿”が伝えられました。

本社での会談は、”約三時間”に渡って行われ!”帰り際”を狙っていた多くの報道陣たちが待機していたにも関わらず、残念ながら”裏口”から「逃げられる形」となったことから!会談の”内容”が伝えられないままの「空振り」で、終えたのです。

但し、その時の”会談”では「解決の目処が立たないまま」で!終えていたそうです。

その後の展開は、ご自身が情報番組の”生放送”を抱えていたこともあり!そちらで詳しく、説明するようになり、今に至っております。


引用元【ツイッター(廣井正弘 )】


スポンサードリンク


◇ 出処進退の行方とは?


加藤浩次氏は、”闇営業問題”に関して!ご自身の”出処進退”をかけて、本腰で上層部に駆け寄ったところ!当初は「今はきめられへん!」等と、駄々をこねられて「上層部の刷新」を断れたそうです。

なので、その時点では事務所側の”対応処分”としてた「年間給料50%に引下げ程度の処分」を、”撤回”することに失敗されたのです。

そのため、吉本興業の次なる”不祥事”が明るみに出なければ!上層部は、そのままの”処分”で「ポストが保証される形」となることから!それまでの、若手からベテランに至るまで!吉本興業の”刷新”を願って動いた努力が、全て「失敗(水の泡)に終わる形」となる可能性が高まったのです。

なので、この頃になると!本来の”問題”からはズレ始めて、次に大きく注目が集まったのが!加藤浩次氏の”出処進退”問題であったのです。

【ところが!】日に日に、この”問題”が「薄れ(消え)始めた」頃には!加藤浩次氏の発言も「現在の会長がどのような改革に踏み切るのか見届ける…など」と、上層部の”刷新”どころか!今の”ポスト”を「変える必要が無い」的な意向を見せ始めたのです。

なので、その後!吉本興業が何らかの”トラブル”を起こさずに【さらに!】”闇営業問題”で、代表的な立場として責められた「宮迫博之」氏との”進退問題”も解決して、他に”処分”を受けている若手芸人たちも復帰し!時間と共に今回の問題が、世間から”薄まれば(消え去れば)”!恐らく、加藤浩次氏の”進退問題”も「忘れ去られることだろう」と、誰もが感じていたのです。

【すると!】加藤浩次氏は!自身の冠番組である「スッキリ」に出演された時に【なんと!】お笑いコンビ「ダウンタウン」でボケを担当する「松本人志」氏の名前を挙げ、”松本”氏が中心となる「会社を作ってもらいたい…など」と発言をされて、自身の”進退”を「そちらに委ねる的なコメント」をされたことから、新たな”展開”を向かえることを望んだのです。

そこで、考えられる”今後の展開”とは!松本氏が、新たな事務所を立ち上げて!吉本を「兼任」するのか?あるいは「独立」をされて、問題となった若手芸人たちを引き受ける形とするのか?に、”焦点”が移り!まるで「AKBのチーム兼任状態」と同じスタイルの様相を呈したのです。

また、加藤浩次氏の「極楽とんぼ」と言えば!大の”問題児”である、相方の「山本圭壱」氏が有名ですが!現在は、芸能界に”復帰”をされており!吉本興業への”返り咲き”にも成功され、芸能活動を続けておりますが、少なくても事務所に「居ずらい状況」であることは間違いなく!事務所を「移籍したい気持ちがあると思われていた」ことから、その機会に!”相方”と一緒に松本人志氏が手掛ける”事務所”へ「移ってもおかしくない状況」でもあったのです。


引用元【インスタグラム(yamamogt)】

【ところが!】吉本興業の会見の後、この問題に対して”松本人志”氏が関わることが少なくなっており!”表舞台”からも姿を消していたこともあり、誰もが”松本興業”の誕生はあり得ないと感じていたのです。

もちろん、”ダウンタウン”には相方(浜田雅功氏)が居るので!身勝手に、個人の”意向”だけでは先のことは決められず!何かをするにも「時間が必要だ」と、思われていたのです。

なので、最終的な加藤浩次氏の”出処進退”は!東京にある吉本興業の事務所と「エージェント契約」を結びながら、自らは”個人事務所”の「有限会社加藤タクシー」を立ち上げて!そちらをメインに、芸能活動を続けているのです。


スポンサードリンク


◇ 嫁(かおりさん)の心中とは?


加藤浩次氏は、2001年7月7日に!元女優でモデルの「緒沢凛」さんとご結婚をされました。


引用元【ツイッター(namarako )】

“ご結婚”当初は、芸能界きっての「おしどり夫婦」として有名であり!暇がある度に、嫁の「かおり」さんに抱きついて「スキンシップを取ること」が、”夫婦円満の秘訣”だと語っていたのです。

一般的な”長年夫婦”の場合、奥様の方が”鬱陶しく”感じるモノで!嫌がる傾向にあるはずですが、嫁の「かおり」さんも喜んで!抱き付き返していたそうです。

バラエティー番組で、数々の有名アイドルたちを!”ジャイアントスイング”で傷つけて来た「おっさんの行動」とは、思えぬ”夫婦ぶり”を!私生活では見せていた模様です。


引用元【ツイッター(タヒん?タヒ )】

“仲良し夫婦”であるが故に、今回関係を持った”闇営業問題”では!一歩間違うと「奥様にも影響が出る話」となりそうであったことから、周りの”関係者”から「多くの心配を受けながら」も!嫁の「かおり」さんご本人の”心境”も、聊かなモノでは無かったはずです。

但し、”大好きな旦那”が行ったことであり!”余計”な口を挟む気持ちなど無かったはずなので、かおりさん”自身”も!結婚と共に”芸能界”から「退いた経験がある」だけに!事務所を離れる”リスク”が大きいことを承知の上で、大好きな旦那の”行く末”を見守り続けていたのでしょう。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 1992年に、フジテレビ系列で放送された番組”新しい波”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(世界は数字で出来ている )】

◇ テレビドラマ

・ 2000年に、TBS系列で放送された番組”オヤジぃ。 “に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(有蓮 )】

◇ 映画

・ 2000年に、”東宝”によって公開された映画”ゴジラ×メガギラス G消滅作戦”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ひでじぃ )】

◇ ラジオ

・ 2000年に、”TBSラジオ”局が放送した番組”極楽とんぼの吠え魂”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(TBSラジオ FM90.5&AM954 )】

◇ 雑誌

・ 2001年に、”宝島社”が手がけた作品”ココらくビデオ “がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。

◇ CM

・ 2007年に、”ハウス食品”が手がけた企業CM”ウコンの力”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(mai )】

◇ 吹き替え

・ 2007年に、”ワインスタイン・カンパニー”が制作した作品”リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?”に出演され「吹き替えデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(Chikako M )】

◇ ネット番組

・ 2013年に、ゼロテレビ系列で放送された番組”めちゃ×2ユルんでるッ!”に出演され「ネット番組デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ニコニコ公式@ネット超会議2020夏ありがとうございました )】

◇ 舞台

・ 2014年に、”博品館劇場”によって公開された舞台”イルネス共和国”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(芸能怪獣 ニュースカ β )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
加藤 浩二
読み
かとう こうじ
生年月日
1969年4月26日
仕事
タレント、俳優
出身地
北海道
所属事務所
有限会社加藤タクシー、東京吉本
血液型
O型