2019年度の”お笑い界”において、前代未聞の”大惨事”を招き!日本の”お笑い界”のスタイルを、大きく変貌させたと言っても過言ではないほどのインパクトを与えた、吉本興業”所属芸人”による「闇営業問題」は記憶に新しいところです。

その中でも、”筆頭株”として注目を集めたのが!お笑いコンビ”雨上がり決死隊”でボケを担当していた「宮迫博之」氏。

その”宮迫博之”氏が、何やら最近!”ユーチューバー”として「デビュー」を飾り、ご自身の”公式チャンネル”を開いたとして話題を集めた模様です。

主要メディアの”第一線”から退いてる宮迫博之氏ですが、開設された”公式チャンネル”では!様々な業界から”ゲスト”を呼び、近況報告や最近の本音【さらに!】出演中であった”人気番組”について…など、他では決して耳にすることの出来ない”思いの丈”を語り!多くの人気を集めているご様子です。

チャンネル開設後は【なんと!】”100万”件を軽く超える「登録者数」を誇っており!”裏舞台”でも、相も変らぬ「人気ぶり」を見せている模様です。

その気になる”闇営業問題”や”ユーチューバー”などを含めて、宮迫博之氏について紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(宮迫 )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 闇営業問題とは?
・ フライドポテトとは?
・ 島田紳助との違いとは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


宮迫博之氏は1970年3月31日生まれの50歳(2020年)で、ご出身は「大阪府」です。

ご出身の”大阪府”にあるご自宅で、ご両親と兄と妹の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、宮迫博之氏も(大阪府)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”兄と妹”が居り、ご自身は「次男」として生まれ育ったご様子です。

最新の情報では、小学校は地元の大阪府にある”茨木市立玉櫛小学校”にご入学されたと判明しております。

ご実家のある大阪府茨木市近辺は、比較的”沿岸沿い”のため!”父親”の職業は「漁師」でした。

また、”母親”も働いていたことから!幼い頃から”祖母”の家に預けられていたそうで「おばあちゃん子」として育った模様です。

但し、父親は既に「漁師を引退」しており!現在の”ご実家”では「たこ焼き店」を行っているそうです。

幼少期から、非常に”明るい性格”の子供であり!”良い”見方をすると「明るい子」、”悪い”意味では「悪ガキ」として、近所でも有名な”少年”であった模様です。

特に、自分の”気に入らない子供”を見つけると!直接の”悪さ”は行わないモノの、その子供が遊んでいた「凧の糸」を切り刻み!”困る姿”を見るのが大好きな「陰険な性格の持ち主」であったようです。

【しかも!】決まって狙うのは”裕福な家庭”の子供たちであり!その当時、流行っていた”ゲイラカイト”と呼ばれる、一般的な「製紙や和紙製」のモノでは無く「ビニール製の高級な凧」が”落下”するのを楽しんでいたのです。


引用元【ツイッター(????SF Gilles 27???? )】

なので、”親”にしてみれば周りとの”付き合い”が相当「気まずかった」らしく!そのため、”家族旅行”をする時には!他の”兄妹たち”とは違い一人だけ「家に取り残されたり」、連れて行かれたとしても”その場”に「取り残されたり」…と、”チャンス”を見計らった親たちから相当!ひどい「仕打ち」を受けていたそうです。

また、幼稚園時代に”腹痛”を起こした時には!親に訴えても”いつもの嘘”だと思われ「無視された」ことから、実際の病であった”盲腸”が悪化して!危うく「腹膜炎になる寸前であった」とのことです。

小学校時代に入ると【さらに!】その”破天荒ぶり”は留まることが無く!”イタズラ”仲間であった親友たちを集めて、チーム「あほ組」を結成して!その”リーダー”を勤めていたそうです。

なので、”アウトドア派”であり!意外に「スポーツ好きな少年」であったことから、”日焼け”がひどく「健康的な真っ黒な子供」でもあり!そのため、親友たちからは”ミヤサンコン”の「あだ名」で親しまれていた様です。

ちなみに、”ミヤサンコン”とは!その当時、”前身”真っ黒の代名詞であった!ギニア出身のタレント「オスマン・サンコン」氏から名付けられたモノです。


引用元【ツイッター(aim )】

【かなり!】”破天荒な行動”を繰り返していた小学時代を終えると、中学校も地元の大阪府にある”茨木市立天王中学校”にご入学されました。

中学校時代に入ると、今までの”破天荒なキャラ”を一変!されて”卓球部”に入部したことから「スポーツ少年」として三年間をスタートさせます。

【すると!】相当!卓球に”ハマった”らしく、”悪ガキ”を引き連れていた「あほ組の時の一面」は一掃されて!真面目に部活動に励んでいたそうです。

また、それと同時に!当時の”テレビドラマ”で大人気を集めていた、俳優「松田優作」氏が”主演”を務めていたドラマ「探偵物語」にもハマっていたらしく!将来の夢は「俳優になりたい」と、この当時は決めいたご様子です。


引用元【ツイッター(ユッコ?愛?歴史がちがう? )】

元から「行動派な気質(性格)」であったことには変わりが無く、”学業”や”スポーツ”の毎日を送りながら「俳優になる方法」を模索し始めますが、その”方法”が分からずにいたところ!近所の”オバサン”から、地元に「NSC(吉本総合芸能学院)」があることを知らされます。

もちろん、”お笑い”に興味を示していたモノでは無く「俳優志望」であったので、NSCに入る”意味”を考え始めたところ、同じ”芸能界”であることに変わりがない!と判断したらしく、その時から「お笑いの道も視野に入れ始めた」のです。

それがキッカケで、”テレビドラマ”だけでは無く「お笑い番組」にも興味を示し始めたのです。

”卓球部”で真面目に過ごした中学時代を終えると、高校も地元の大阪府にある”金光第一高校(現:金光大阪高等学校)”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

但し、普通科は”コース別”となっており「特進コースと普通コース」から選択する模様です。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

【実は!】この高等学校、正式名称は「金光大阪中学校・高等学校」であり!その名の通り「中高一貫教育」なので、通常は”中学校”から進学するのが一般的な学園です。

【ところが!】宮迫博之氏の”高校時代(1985年)”は、まだ「中学校が開設されていなかった(開校:1988年)」ことから!”金光第一高等学校”にご入学された形なのです。

この高等学校は、地元でも有数の「スポーツが盛んな学園」として有名であり!多くの”プロ選手”を輩出している学校ですが、特に”硬式野球部”や”サッカー部”の「強豪校」として!全国的にも”知名度”が高い高等学校です。

なので、高校時代は”モテたい”と考えていた宮迫博之氏であった!だけに、中学から続けてきた”卓球部”では無く、その当時から”人気”が高まり始めていた競技の「サッカー部」に入部をされます。

【すると!】一部の”女子たち”から、昭和の元アイドルグループ「シブがき隊」のメンバーであった「やっくん(薬丸裕英氏)」に似ている!として、自身の”狙い”通り「モテモテになった」ご様子です。

ちなみに、その”一部の女子”とは!女子バレーボール部に所属していた”女性”らしく、なので!女子バレーの”メンバー”から人気を集めていた模様です。

サッカー部では、”MF”を担当しており!レギュラーに選ばれて大会に出場していた模様です。

恐らく、元から”卓球部”で「運動神経や反射神経を鍛えられていた」ことから!思わぬ”才能”が開花されたご様子で、”一年生”の頃から「選抜メンバーに起用されていた」こともあり!それも”要因”につながって”女生徒”から「モテた」と言えます。

サッカー部での”大会出場”が多かったことから、後に同じように”お笑い界”で活躍する事となる!同じ大阪府にある高等学校の”茨木西高校”に通っていたサッカー部の「岡村隆史」氏との”対戦経験”があったそうです。

また、高校時代は”アルバイト”を行っていたらしく!地元にあるデパートの”野菜売り場”で「品出しの仕事など」を熟していたそうです。

相当!”モテモテ”の経験をした高校時代を終えると、大学には進学されずに”社会人”となり!以前から興味を示していた、地元にある”お笑い”養成所の「NSC」へ進みます。

【実は!】一度は”就職”を考えて、地元にある”大阪府警”の「採用試験を受験した」のですが!敢え無く”不合格”で終えたことから「安定した職業」を諦めて、昔からの”夢”であった「俳優」を目指すべく!”不安定”な仕事であることを理解した上で、”NSC”への入校を希望したのです。

“NSC”への入校を果たすと、後に”相方”となる「蛍原徹」氏と巡り会います。

但し、入校中は”顔見知り”ではあったモノの!別の”コンビ”を組んで活動をしていたことから、現在のスタイル(2019年以降は以前のスタイル)を築いたのは「NSCの卒業後」です。

NSCを卒業後は、”単独”で活動を行っており!ある”オーディション”に参加する際に”コンビ”が条件であったことから!元から”友達付き合い”をしていた、同期で”ピン芸人(のっぺり星人)”として活動していた「蛍原徹」氏に声を掛けて、”同意”を得た上で「二人のコンビ」が誕生したのです。

ちなみに、その当時に付けた”コンビ名”の「雨上がり決死隊」とは、お互いに好んでいたバンド”RCサクセション”の代表曲でもある「雨上がりの夜空に」から”命名”されたモノです。

その後は、地元の大阪での”躍進”を見せながら!徐々に”東京進出”を目指し初めて、後に”全国区”となる「有名コンビ」へと成長して行きます。


引用元【ツイッター(勇次 )】


スポンサードリンク


◇ 闇営業問題とは?


“令和元年”の新たな「年号」を迎えた年に、一番!芸能界を”震撼”させたニュースと言えば【まさに!】お笑い芸人による「闇営業問題(反社会的勢力とのつながり)」であることは、記憶に新しいところです。

その中で、最も”人気”が高く!誰もが「想像すらしなかった人物」だけに、”代表格”として捉えられてしまった芸人こそが!お笑いコンビ”雨上がり決死隊”のボケ担当「宮迫博之」氏であることは、言うまでもありません。

もちろん、他の”関係者(容疑者)”の中でもダントツの受取額(100万)であったことも!”代表格”として捉えられた要因の一つですが、あまりにも「批判の的」に晒されたことから!見事なまでの「珍落劇」を繰り広げて、大きな注目を集めました。


引用元【ツイッター(ABEMA(アベマ)@今日の番組表から )】

【すると!】自身やコンビとして!最大級の人気を誇っていた冠番組「アメトーク!」からの”降板”を始め!各キー局の”レギュラー番組”や”出演番組”からも見放され、”人気絶好調”の芸人であったとは思えぬほどの”バッシング”を浴びて!一時は「芸能界引退」までも仄めかされておりました。

ご自身に降り掛かった「闇営業問題(反社会的勢力とのつながり)」の全ては、ここから始まった!と言ってもおかしくありません。↓↓↓


引用元【ツイッター(宮迫 )】

当時は、多くの”メディア”でも取り沙汰されておりましたが!この「説明」によって↑全ての「噂」の始まりであり、そして”こと”の終息が「速やかに出来なかった理由」でもあるのです。

この”説明文”の中では、”反社会的組織”の「会合(忘年会)への参加を認めた」上で!そのような”組織”であることは「知らなかった」と、弁明をされております。

【ところが!】そもそも、この会合(忘年会)に”出席”することになったのは!同じ”吉本興業”所属のお笑い芸人”カラテカ”の「入江慎也」氏から誘われたモノであり、その当時の入江慎也氏は「株式会社イリエコネクション」と呼ばれる会社で”代表”を務めておりました。

なので、”実業家”としての一面を持っていたことから!その”道”に「精通していても」おかしくは無く、宮迫博之氏に対して!少なくても「ある程度は相手方の”素性”を伝えていた」はずです。


引用元【ツイッター(ORICON NEWS(オリコンニュース) )】

なので、後に”大惨事”となりますが!この時点で、それらしき”会合”に参加していたことや!”金銭”の授受があったことも「速やかに認めていれば」重たいながらも”謝罪”で、ことの流れが変わった可能性が高く【さらに!】「進退問題」までに”発展”することは、無かったことが否めません。

何故なら、この”問題”が公の場に伝わった後は多くの”メディア”から連日連夜!取り沙汰され、「批判の矛先」が向けられていたのは事実でありながらも、その中には「吉本のギャラが安いから!・吉本のギャラでは若手は食っていけない!・仕事量と採算が合っていない!…など」の、”問題”に至った「現実的な要因」を示しながら、宮迫博之氏を「擁護する声」が!数多く寄せられていたからです。

また、実際に”反社会的組織”の会合に参加したことに対しても「知らなかったのならしょうがない・紹介した入江が悪い・昔の話だ…など」の、”不可抗力”的立場であったことを「理解する声」も多く伝えられていたのです。

その後は、事務所からの”謹慎処分”によって仕事を失ったり!公益社団法人に”同額”の寄付を行ったり!”所得”の修正のため税務申告の見直しなどを行ったり…と、様々な”制裁”や”修正”などが迫られ!”問題発覚時”の「初期対応がいかに大切であった」かを、思い知らされたことでしょう。

もちろん、当初は!ここまで「大問題に発展するとは思っていなかった」と感じていたはずであり、”マスコミ”が騒げば「数日中に収まる」と考えるのが一般的であり!全てを「隠し通せる」と思っていたに違いありません。

しかし、次から次へと!”対象”となる「芸人が絞り込まれた」ことによって!一番、代表格とされていた”自分”に!大きな”責任”が伸し掛かって来るとは、想像すら!していなかったはずです。

今までの”メディア”で拝見する、宮迫博之氏のイメージと言えば!お笑い番組やバラエティー番組で”伸び伸び”と仕事を熟しているタレントの感覚が強く!公私ともに「順風満帆な生活を送っている」と見られていたはずです。

その”私生活”では、自身の”ネタ”で取り挙げるケースが多くなっていた「奥様」とは!1998年にご結婚をされており、3年後に”第一子”の「男児」に恵まれています。

しかし、2012年度に受けた”健康診断”で!「胃がん」であることが判明されて、早期治療に入るため!”芸能活動”を「一時休止することを事務所が発表」して、しばらくの間「休養生活」に入ります。

実際の手術では、胃の約”3分の2”を摘出したらしく!そのため、芸能界への”復帰”には「しばらく時間が掛かる」と、誰もが思っていたのですが!手術手法が「内視鏡手術(腹腔鏡)」で行われていたことから、約”二週間”程度で退院をされました。

その後は、ご自身の”冠番組”であるテレビ朝日系列のバラエティー番組「アメトーーク」に”復帰”をされて、芸能界復帰の”報告”や!それまでの”入院生活”などを「面白おかしい説明」を交えながら、”芸能活動”を再開されたのです。

【すると!】順調に”病”も回復されて、以前のような”元気な姿”を披露するようになると!私生活までも「元気」になり過ぎて(笑;)2017年8月に、有名芸能誌から「不倫疑惑」が報じられます。

【ところが!】それを”自傷”ネタとして、各バラエティー番組で使い始めて!周りの”ツッコミ”が増える度に「人気度を稼いでいた」ことから、”ピン芸人(タレント)”としての人気を【さらに!】不動のモノにされて行きます。

【実は!】この時に、”不倫疑惑”の有無には触れず「正確なところを明らかにしなかった」ことから、その”説明責任”について、自身は「オフホワイトです…など」と語った一言で!世間からの”笑い”を誘い、何事もかも無かったように「忘れ去られたことに旨味を覚えた」ことから、”自傷”ネタを利用することの「美味しさ」に、目覚め初めてしまったのです。

なので、その後は”自傷ネタ”を利用した「笑い」を誘うようになり、何本もの”レギュラー番組”や人気視聴率番組への出演【さらに!】多くの”企業CM”などから、引っ張りだこの「人気ぶり」を見せていたのです。

ところが、今回も!その”自傷ネタ”を「有効に活かそう」と考えたのか?”闇営業問題”と言う【まさに!】”お笑いネタ”にピッタリな出来事に遭遇したことにより、”歩む”方向性を誤ってしまった!ことから、結果的に「奈落の底へと突き落とされる羽目になった」のです。

今回の問題を”速報”しのたは、写真週刊でお馴染みの「フライデー」であり!宮迫博之氏は以前から、”スクープ対象”と見られていたらしく!常に”マーク”されていたことから「事実が固まった時点」での、報道がされたのでしょう。

但し、報じられた当初は「またいつものことか…」的な”ムード”が漂っていた!だけに、然程!”世間”や”ネット界”では大事とされておらず、しばらくは”賛否両論”が続いていた程度でした。

【ところが!】その情報に”追い打ち”を掛けるように、新たな”疑惑”が浮上し【なんと!】福岡県で、約”5000万円”相当の「金塊」を強奪したグループの”主犯格”と宮迫博之氏が、大阪市内の”キャバクラ”で「一緒に映っているショット」が公開され【しかも!】その際に、”数万円”の「小遣いを受け取った」等と、報じられたのです。

その後、所属先であった「吉本クリエイティブ」では、度重なる”不祥事”を終息させるためにと!一切の「反社会勢力との関係排除」や「若手芸人に対する指導」などを徹底して行うとして、事務所側の立場を説明した上で、宮迫博之氏との”関係(マネージメント)”を「完全に立ち切り」ました。

但し、他の”芸人たち”とは別に!問題の”代表格”であった宮迫博之氏からの”正式コメント”や「芸能界引退」などについては語られることが無く、今に至っている次第です。


スポンサードリンク


◇ フライドポテトとは?


宮迫博之氏には、2001年に授かった「第一子の長男」が居り!現在(2019年)の年齢は”18歳”を迎えているはずです。

その”一人息子”は、ご自身と同様に「芸人の道」へと歩んで居るらしく【しかも!】”お笑いコンビ”を結成されており、コンビ名を「フライドポテト」と呼ぶらしく!お笑い界の”二世芸人”として、活動をされているご様子です。

つまり、宮迫博之氏と”お笑いコンビ”の「フライドポテト」の”傍ら”とは、”親子の関係”なのです。

なので、一連の”闇営業問題”によって!息子の”お笑いコンビ”である「フライドポテト」にまで、影響が及ばないのか?心配する声が、たくさん寄せられているご様子です。

その気になる”一人息子”とは「宮迫陸(りく)」と言う”本名”であり、”お笑い芸人”としての活動中は!”母親”の姓である「藤井」を名乗っているそうです。


引用元【ツイッター(フライドポテト お笑い )】

お笑いコンビ”フライドポテト”では、父親と真逆の「ツッコミ」を担当しているそうで!その意味では、お笑いの”DNA”までは「継承されなかった」模様です。(笑;)

“お笑い(漫才)”に目覚めたのは、”中学校時代”であるらしく!”芸人デビュー”の意味では、父親よりも「早い段階でのデビューに漕ぎ着けた」ご様子です。

もちろん、その中には”父親”の「影響力を受けている」ことは!言うまでもありません。

但し、小学校の時の”夢”は「ギターリストになること」と決めていたらしく【まさか!】父親である”宮迫博之”氏は「芸人になるとは夢にも思っていなかった」そうです。

しかし、”芸人”の「息子というDNA」に阻まれたのか?あるいは、”ギター”と反りが合わなかったのか【さらに!】素敵な”相方”との出会いのためか?詳しいことは定かでありませんが、”芸人の道”に進んだようです。

“ルックス”は親父似であり、然程!”モテキャラ”ではありませんが「人を楽しませる」ことに関しては、父親譲りの”DNA”を秘めているらしく!多くの”ネタ”を引っさげて、”裏舞台”での活動を盛んにされているそうです。

また、高校時代には”全国漫才大会”に出場された経験があるらしく!学生時代から”本気”で「お笑いの道」を目指していたご様子です。

最近では、”親父”の「不祥事」によって!悪い意味での「名が浸透している」らしく!一刻も早く、自らの「笑いで名を売りたい」と考えているそうです。





スポンサードリンク


◇ 島田紳助との違いとは?


2011年頃までに、”出演レギュラー番組”を「六本」抱え【さらに!】今までに”脚光”を浴びることの無かった「おバカタレント」の発掘に成功されて”一大ブーム”を築いた!”司会”を最も得意としていた”大御所タレント”と言えば「島田紳助」氏であることはご周知の通りです。

しかし、”人気絶頂期”の頃に!突如、浮き彫りとなった「暴力団との噂」によって、世間をザワつかせたことから!たとえ「時の大御所」でも、呆気なく「芸能界から引退」をされたことは記憶に新しいところです。


引用元【インスタグラム(shamoyuya1224)】

同じ”反社会勢力”の問題でも、島田紳助氏の場合!アッサリと「芸能界から引退を決断された」ことにより、周りからの”詮索”を与える余地も無く!消え去ったことから、宮迫博之氏とは違って「大きな問題に発展」することも無いままに、すぐさま”フェードアウト”されたのです。

その当時の”印象”としては、島田紳助氏が”芸能界引退”を発表した際の”表情”として!あまりにも”冷静沈着”な「顔つき」をされており【さらに!】その後の”行動”も「迅速で的確な動き」をされていた様子を窺っていた時に、まるで!来たるモノが来たか…的な「当然の如くの対応」をされていたことに驚いたモノです。

“芸能界引退”後は、完全に表舞台から姿を消し!戦いは”司法の場”に移ったらしく、相当!”トラブル”が起きていたご様子ですが、既に”芸能界”を退いていることや”初期行動”が早かったこともあり!元所属事務所であった「吉本クリエイティブ」にも、然程!被害が及ばず【さらに!】”関係者”も「分からず終いであった」ご様子なので、芸能界引退と”引き換え”に「大きな勝ち星を挙げた」と言えます。

元から、島田紳助氏と”暴力団(反社会的組織)”との関係性は「深く密接である…など」と”噂”されていた!だけに、周囲からも「黒い交際」等と呼ばれている程であったことから!突然の”芸能界引退”によって【まさに!】その”噂”の「封じ込めに成功した」訳です。

その意味でも、今回の「反社会的組織との関係」によって!同じように”芸能界引退”の危機を迎えた宮迫博之氏と比較した場合、”業界内”での騒ぎで収まっていた面では!確かに「警察沙汰になっていた恐れのある案件」とは”性質的”に異なっており、”こと”の大きさの違いはあるモノの「初動の速さ」を考えた場合!誰が見ても「島田紳助氏の案件の方が優れていた」と感じるはずです。

【しかも!】最近、日本の芸能界で横行している「薬物問題」を見ても!同じ”社会的問題”ではあるモノの【やはり!】”警察沙汰”となるモノとは「性質が違っている」のであり、個人の”力量(裁量)”によって「コントロール出来る問題」であった!だけに、大きく「初動の対応を誤った」と言えます。

なので、一見!同じ「反社会的組織とのトラブル」と思われがちですが【実は!】全く”性質”が異なった案件であり!「島田紳助」氏が起こした”問題”と、今回の「宮迫博之」氏が起こした”問題”とは「根本的な違い」が大きのです。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ 映画

・ 1995年に、”ケイエスエス”によって公開された映画”ごんたくれ”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(キラリと光る電気屋 )】

◇ テレビドラマ

・ 1999年に、TBS系列で放送された番組”金曜ドラマ 美しい人”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

◇ 舞台

・ 2000年に、”シアターコクーン”によって公開された舞台”NODA MAP カノン”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

◇ アニメ映画

・ 2002年に、東宝系列で放送された番組”クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦”に出演され「アニメ映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(隆玄重正の趣味列伝 )】

◇ CM

・ 2005年に、”ハウス食品”が手がけた企業CM”さわやか吐息”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ ナレーター

・ 2007年に、”フジテレビ”系列で放送された”金色☆メダル”で「ナレーターデビュー」を飾ります。

◇ 吹き替え

・ 2012年に、”ディズニー”が制作した作品”アベンジャーズ”に出演され「吹き替えデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(キャップ )】

◇ ネット番組

・ 2017年に、Amazonプライム系列で放送された番組”HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル”に出演され「ネット番組デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(芸能怪獣 ニュースカ β )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
宮迫 博之
読み
みやさこ ひろゆき
生年月日
1970年3月31日
仕事
タレント、俳優
出身地
大阪府
所属事務所
無所属
血液型
B型