お笑いコンビ”ますだおかだ”でお馴染みで、”ツッコミ”担当でありながら”一発芸”をかまして、ボケ担当の「増田英彦」氏を驚かしてきた”ワォ”で有名な「岡田圭右」氏がこの度『再婚』をすることが分かりました。



引用元【ツイッター(ライブドアニュース )】

岡田圭右氏は1995年11月に、同事務所に所属していた元お笑いコンビの”-4℃”の「上嶋祐佳」さんとご結婚され、現在俳優の「岡田隆之介」氏と女優の「岡田結実」さんに恵まれ、結婚生活22年を送っておりましたが、2017年に「離婚」をされておりました。

その後しばらくは”独身生活”を送っていたのですが子供達、特に娘の「岡田結実」さんが芸能界で”著しい成長”を果たしたことで”心”に余裕ができたのか?この度「再婚」する運びとなったご様子です。

その”お相手”となったのが”30代”の一般女性とのことで、岡田圭右氏とは約20歳以上も離れた「年下女房」のようです。羨ましい・・・!

周囲の関係者の話では、その一般女性とは”一年以上”の間”友人関係”を続け、その後「交際」に発展し、ご結婚に至ったそうです。

二人が知り合ったきっかけは「共通の知人を介して」とのことで、当時”岡田圭右”氏は離婚をされていたので”自由な立場”であったことから「交際」へと発展した模様です。

その彼女に対して岡田圭右氏曰く「一緒に居ると楽しい・非常にお互い気が合う」等と、嬉しそうに答えて、「再婚」を決断したのは”つい最近”とも話しているそうです。

今回の”再婚”を聞いて「息子・娘」たちが、どのような「心境」であるか?は後にコメントが発表されると思いますが、既に”親離れ”されているので多分”祝福”されることでしょう!

“閉店ガラガラ”のネタで一大ブーム?を築いた岡田圭右氏でしたが、今度は「開店ゴタゴタ」となるのでしょうか?

そんな”再婚”で盛り上がっている?岡田圭右氏にスポットイン!



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ 英語が堪能?
・ 元嫁は?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 岡田圭右氏の中高大学は?

岡田圭右氏は1968年11月17日生まれの51歳(2019年)で、ご出身は「大阪府大阪市」です。

ご出身の”大阪府大阪市”にあるご自宅で、ご両親と息子と娘の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、岡田圭右氏も(大阪府大阪市)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の大阪府大阪市にある”大阪市立中大江小学校”にご入学されたと判明しております。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

ご家族は、”元嫁”との間に”息子と娘”がいて、息子は俳優の「岡田隆之介」氏、娘は女優の「岡田結実」さんであることが有名ですね!

父親は地元大阪市で、文具店や喫茶店、さらにパン屋・お菓子店などを営んでいたそうで、かなり幅広く”商売”をされていたご様子!

幼少期の頃は、よく”オネショ”をしていたらしく母親にしょっちゅう叱られていたとか・・・?

また”車”好き(特に清掃車)の、ごく普通の”平凡”なお子さんであった様です。

小学校に入ると”二年生”の時に「蟯虫(ぎょうちゅう)検査」を行った際、数センチの”蟯虫”が 発見され、クラスの人気者?になったそうな・・・?

その頃から”お笑い”の才能?があったのでしょうか?

また、”野球少年”でもあったらしく地元のリトルリーグで活動をしていたそうです。

【なんと!】そのリトルリーグでは、プロ野球界の”番長”として名を馳せた「清原和博」氏と対戦した経験があるそうです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

なので、小学時代は”プロ野球選手”になることに「憧れ」を抱いていたそうです。

“野球少年”の小学時代を終えると、中学校も地元の大阪府大阪市にある”大阪市立東中学校”にご入学されました。

中学時代は、かなりの”お調子者”であったらしく学校内の”不良グループ”と一緒に”タムロ”していたそうですが、キャラは”お調子者”のポジションで「仲間入り」していたとか・・・?

一方の”クラス”では”不良グループ”の「一員」として”強気な姿勢”を見せていた?らしいです。

中学時代も”野球”を続けいたのか?の情報は分かっておりません。

ただ”いちを”不良グループに入って?入れてもらってた?様なので部活は行っていない可能性が高いと思われます。

そんな”多感”な中学時代を終えると、高校も地元の大阪府にある”港高校”にご入学されました。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

この高校は課程は、”全日制”の「男女共学」で、学科は”普通科”のみです。

また大阪府では、かなり有名な高校らしく、当初は”女子高”としてスタートされたとの事ですが、1948年に”学制改革”によって近辺の学校と”合併”し、男女共学となった「歴史ある高校」であるらしいです。

なので、たくさんの「著名人」がご卒業されております。

高校時代にあると”急激”に「身長」が伸びたらしく、またルックスが”端正な顔立ち”でしたから相当”モテ”たようで、バレンタイン時期にあると”年下”の女子生徒から沢山「チョコ」を貰っていたとのこと。

そのためか?三年生の時に”女生徒”と自身初の「交際」をされたご様子!

ただ、”性格”がお調子者でしたから”顔”に似合わず学校のイベントなどで、当時”流行って”いた”お笑い芸人”の真似をして人気者を集めていたらしいです。

“人気者”の高校時代を終えると、大学へは”進学”をされて”関西外国語大学短期大学部”にご入学されました。

但し、この大学へは”一年間”「浪人」を経た後に入学されており、なぜ浪人をしたのか?までは分かっておりません。

また一年間の”浪人”後、相当数の大学受験にチャレンジされたそうですが、”唯一”合格したのが、この”大学”とのことです。

大学では”英語”を専攻されていたそうで、その理由について”後”に語っておりますが「日本語がカミカミだから、英語を選んだ」とのこと?

さらに、専攻したクラスの約”80%”が「女生徒」であったらしいので、それも選んだ”理由”のひとつかも・・・?

その”クラス”ではルックスが”端正な顔立ち”ではあったものの「堀が深く色黒」であった事から「インド」等と呼ばれ親しまれていたそうです。

また、性格が”陽気なお祭り男”でもあったことから学園祭の時に”実行委員”に選ばれたとか?

そして、この大学時代にご自身の”将来”を占う「運命の人物」と知り合います。

その人物こそが、現在の相方「増田英彦」氏です。



引用元【インスタグラム(chigusa.no)】

また実行委員を務めていた”学園祭”で「増田英彦」氏と一時的に”コンビ”を結成して”漫才”を披露されていたようです。

それが”話題”を呼び、地元大手芸能事務所”松竹芸能”からスタウトの話が飛び込んで来た!とのことですが、その時は”岡田圭右”氏が載る気が無く「断った」そうです。

その後、”短大”の卒業時期を向かえ”短大”から進級するための試験を受けたのですが、その際”カンニング”が見つかり試験会場から「つまみ出され」試験そのものが”失格”となったことで”進級”が果たせずに終った!とのことです。

なので、その後は”英語”の専門学校へ進学され、ご卒業されております。

その後「増田英彦」氏と本気で”お笑いコンビ”を目指す様になり始め、1993年に現在の所属事務所”松竹芸能”が運営している「若手養成所」に入学されました。

その時の”同期”には、元女性お笑いコンビ「オセロ」の二人が居るとのこと。

その後はお笑いコンビ”ますだおかだ”の「ツッコミ担当」として、お笑い”一筋”で活動されます。

当時は”お笑いブーム”であったことも手伝って、”関西”の若手芸人の登竜門”ABCお笑い新人グランプリ”で「最優秀新人賞」を獲得したり、”若手上方漫才人”のために行われている”NHK上方漫才コンテスト”で「最優秀新人賞」を受賞したりと、コンビ結成後まだ間もないのに数々の有名コンテンツで才能を発揮し、関係者やお笑いファンから一躍”注目される存在”へと駆け上がって行きました。

その後も”お笑い”の活動に慢心し、着実に”実力”や”技術”を身に着けて行くと2001年から始まった、吉本興業主催の漫才のコンクール「M-1」に出場する機会があり、第一回大会では”四位”に終わりましたが、翌年の大会(2002年)で見事!グランプリに輝き、一挙に”全国区”へと名を馳せて行きます。

全国的に有名になると”若手”お笑いコンビでは”実力派”等と呼ばれる様になり売れ始めると、その頃から”個々”での活動が目立つようになって行きます。

すると岡田圭右氏は”個性”あるネタを披露するようになり、お茶の間から親しまれる”お笑いタレント”へと変わって行きました。

なので”コンビ”はいつの日からか”単独”での活動が増え始め「個人」でのテレビ出演が増えて行きました。

最近ではお笑いコンビ”ますだおかだ”を見る機会が”殆ど”なくなり、さらに”個人”での人気も限りが見え始めた頃、娘の「岡田結実」さんが芸能界への”進出”をはかりだし、さらに父親の懐かしい「ネタ」を使い始め”注目”される存在へとなり始めます。

今のところ”親子”での”共演”は「NG」とされている!とのことですが、今回のご結婚を機会に”心”が開けて、いつの日か”親子共演”を果たし一緒の「閉店ガラガラ」の姿が見られるのかも?待ち望まれるところですね!



引用元【インスタグラム(ako50th)】


スポンサードリンク


◇ 岡田圭右氏は英語が堪能?

岡田圭右氏は短大時代(関西外国語大学短期大学部)に”英語学科”を専攻し、意外にも今でも英語が堪能(生活レベル)なそうです。

【しかも!】この短大(二年制)をご卒業後も”大阪外語専門学校”に進学し、更に”英語”の腕を磨いていたそうな・・・?

今でも”ペラペラ”に話せるとのことですが、英語が本当に得意な方からすると”発音”が今一つであるらしく、聞き取りはできても伝える”技量”はそれ程ないのでは?とのこと。

元から性格が”お調子者”で「成り行きで押し倒す」タイプの様なので”身振り手振り”で相手を理解?納得?させているのでしょう!

なんせ!”短大”から「進級」する際に行われたテストでは、試験中に”カンニング”が見つかり試験会場から”つまみ”出され「失格」を受けたそうなので、”本気”で英語の勉強に励む気があったのか?なかったのか?分からない程度の実力なのでしょう!

ただ、2020年の”オリンピック”が東京に「招致」が決まってからは、”英語”を生かして「オリンピック・キャスター」や選手の「レポーター」を狙っているらしく、”密かに”英語の勉強を行っているとか・・・?

ならば是非!英語での「選手レポーター」の姿を見せて頂きた者ですね!



引用元【インスタグラム(kumachance)】


スポンサードリンク


◇ 岡田圭右氏の元嫁は?

岡田圭右氏は1995年11月17日に、同事務所に所属していた「同期」で元お笑いコンビ”-4℃”で「ツッコミ」を担当していた「上嶋祐佳」さんとご結婚されました。

その後、長男で俳優の「岡田隆之介」氏と、長女で女優・タレントの「岡田結実」さんを授かりました。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

ご結婚後は「専業主婦」に入るため、芸能界から足を洗い?公の場から姿を消し、子育てと旦那の面倒を見ながら生活を送っておりました。

その後、二人の子供たちが育ち同じように「芸能界の道」に歩み出したことで、二人を陰から”バックアップ”するように支え、芸能活動を応援していたご様子です。

しかし長女「岡田結実」さんが、ある日から一挙にブレークを果たし知名度&人気が上昇するとそれに便乗?するかのごとく!自身も以前の様に”メディア”に登場するようになってきました。

さらに長男の「岡田隆之介」氏が”本格的”に俳優を目指し出したことを機に、自身も芸能界へ”復帰”されたとのこと?

もちろん、元からご自身は”ブレーク”を果たしてはおらず”関西地区”以外では知名度が低く、殆どのお茶の間の皆さんは”名前すら”知らない方が多くいるはずです(私もそうですから!笑;)

なので、まだブレークを果たしていない息子「岡田隆之介」氏の”大ブレーク”を見計らって、”密かに”自身もそれに「便乗」しようと!狙っているのでは・・・?



引用元【インスタグラム(ooo_k_)】

ちなみに、この息子「岡田隆之介」氏は2019年10月いっぱいを持って所属していて芸能事務所の「アービング」を退き、今は”フリー”な状態で芸能活動をされているご様子!

もしかしたら、元母親「岡田祐佳」さんと密かに何か!企んでいるのでは・・・?(笑;)


スポンサードリンク


◇ 岡田圭右氏のプロフィール

本名
岡田 圭右
読み
おかだ けいすけ
生年月日
1968年11月17日
仕事
お笑いタレント
出身地
大阪府大阪市
所属事務所
松竹芸能
血液型
O型