今ではたくさんの”お笑い番組”が放送されるようになりましたが、その中でも年末の”風物詩”として親しまれているお笑い番組「漫才M-1グランプリ」が今年も開催されて、”令和元年”となる2019年度のチャンピオンに輝いたのが、漫才コンビ結成屈折12年にして!ようやく名誉を掴んだお笑いコンビの「ミルクボーイ(内海崇氏)」でした。

ミルクボーイ(内海崇氏)コンビ結成後、初となる”ビッグタイトル”を手に入れた模様です。

今大会では、同イベント開催以来!史上初となる「過去最多出場者数(5040)」を誇り【さらに!】優勝したミルクボーイ(内海崇氏)の”初戦”では、大会史上初となる「過去最高得点(681点)」をマークされた!「初物尽くしの大会」となったのです。

その過去最多得点をマークしたミルクボーイを含めて、内海崇氏について紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(ライブドアニュース )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校
・ ミルクボーイM1優勝!
・ 身長体重角刈りとは?
・ 結婚とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ ミルクボーイM-1優勝


今回の大会では、史上初の「出場数・高得点」を記録した”令和元年”に相応しい「初物尽く目の大会」で!大成功で終えたのですが、更に【なんと!】優勝賞金も破格の「1,000万円」であったことから、今大会で優勝を果たす”お笑い芸人”は、ある意味で「運の良い優勝者」となったのです。

そして!そのグランプリを手に入れたのが、芸歴屈折”12年”の大阪吉本工業所属のお笑いコンビ
「ミルクボーイ」でした。

今大会の”ミルクボーイ”は、初戦から絶好調で「おかん(母親)の朝食ネタ」でスタートを飾ると!相方のボケ担当「駒場孝」氏と、見事!な”リターン漫才”を繰り返して、出演していた「辛口審査員」としてお馴染み「上沼恵美子」さんからも脅威の”98点”をマークされて、大会史上初となる「高得点(681点)」を叩き出したことにより一躍!大きな注目を浴びたのです。

【しかも!】決勝戦のファイナルステージでは!順調に勝ち上った”かまいたち”と”ぺこぱ”との対決の中で!審査委員長であったダウンタウンの「松本人志氏以外の6名全員から」得点を勝ち取り「圧勝の強さ」を見せて、見事!グランプリに輝いたのです。

ちなみに、松本人志氏は”かまいたち”に一票を与え!総合表では”ぺこぱ”は0票で終えました。

番組最後の”総評”では、松本人志氏が「過去最高と言っても良いのでは、数年前に出てたたら誰か優勝してたんじゃないかなというくらいのレベルでした」と大会の成功を絶賛し、唯一!決勝で「優勝者(ミルクボーイ)以外に一票を投じた恥ずかしさ」を、ハブらかしたのです。

しかし、味方を変えると”高得点”が出てしまったことから!来年以降の「M-1のレベル低下」を気にする声が、早くも関係者から伝えられ”心配”されているようです。

但し、今回!グランプリに輝いたミルクボーイ…特に見事な!ツッコミを披露された「内海崇」氏の出来栄えは最高で、来年以降も【さらなる!】飛躍が期待出来ることから、その意味では「新しいスタイルのお笑いブーム」が来ることに、関係者は期待を持っているようです。


スポンサードリンク


◇ 小中高校


内海崇氏は1985年12月9日生まれの34歳(2019年)で、ご出身は「兵庫県」です。

ご出身の”兵庫県”にあるご自宅で、ご両親との三人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、内海崇氏も(兵庫県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の兵庫県姫路市にある”姫路市立白浜小学校”にご入学されたと判明しております。

ご家族は”ご両親”が居て、ご自身は「長男」として生まれ育ったご様子です。

ただ、”兄弟姉妹”についての情報が”皆無”なので詳しいことは分かっておりません。

幼少期には変な寝言(あいあいあい)?を発するお子さんであったらしく一緒に寝ていた「祖母」を心配させていたようです。

その一方で、”起きている時”には”言葉”を発することが少ない「大人しい」少年であったらしく、小学校時代には、担任の教師から「言語障害のある子」と勘違いされるほどの”静かさぶり?”であったらしいです。

しかし、理由は分かりませんが小学校五年生頃から急に明るくなりだして、当時の担任教師を驚かせたご様子です。

元気を取り戻した小学時代を終えると、中学校も地元の兵庫県姫路市にある”姫路市立灘中学校”にご入学されました。

この中学校名の”灘中学”は同県”神戸市”にもあるそうで、よく間違えられますが全く無関係の中学校とのことです。

また、この中学校は非常に”部活”が盛んな学校で各種”運動部”&”文化部”が設けられており、その中でも”柔道部”や”相撲部”が「強豪校」として有名で、県内でも「武道の強い学校」として知名度があるそうです。

その中で、内海崇氏は”入学後”直ぐに”ソフトテニス部”に入部したらしいのですが、”朝練”が厳しく、【さらに!】担当していた教員から「変なあだ名?」で飛ばれたことに”腹を立て”、直ぐに「退部」したそうです。

しかし、”スポーツ”を行いたい気持ちが強かったことから後に”バスケットボール部”に入部しております。

【ところが!】こちらでも、所属部員から”シュート姿”に「イチャモン」が付けられたらしく、それに”腹を立て”「退部」したとのことです。

なので、中学時代の内海崇氏は反撃もできない「気弱な少年」であった可能性が高いです。

学校に馴染めなかった中学時代を終えると、高校も地元の兵庫県姫路市にある”兵庫県立姫路南高等学校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

また、部活動も盛んで、各種”運動部”&”文化部”が設けられておりますが”気弱”であった内海崇氏が、何の部活に入部されたのか?あるいは、入部していないのか?については分かっておりません。

ただ、この頃から”お笑い”に目覚め始め!学年は定かでありませんが、同級生と「お笑いコンビ(コスモス)」を結成されて活動し、現在は”廃止”されましたが、その当時!高校生がお笑いを目指す「全国大会」として有名であった「M-1甲子園」に出場をされております。

この時のコンビ名”コスモス”が誕生する前の”候補名”に「ミルクボーイ」があったらしく、現在のコンビ名の”先駆け”であったようです。

しかし、残念ながら結果は”予選敗退”となり、お笑いの難しさを始めて”肌”で感じたご様子です。

ちなみに、この当時、現在の”相方”「駒場 孝」氏もお笑いコンビを結成していたらしく、同様にお笑いコンビ「レペゼンズ」でM-1甲子園に出場されていたようです。

”お笑い”に目覚め始めた高校時代も終焉を向かえ”大学進学”の時期になると、お笑いの”腕”を磨くために「芸術学部」を専攻し、大阪府東大阪市にある”近畿大学文芸学部”へ「推薦入学」を試みますが、敢え無く”不合格”に終えます。

しかし、”滑り止め”で受けていた他の大学には”合格”していたので、その名から大阪府にある”大阪芸術大学”の「芸術学部映像学科」にご入学されました。

この大学は大阪でも”芸術性”を目指す学生たちに”評判”の学校で、今では”クイズ番組”に出演する芸能人の中にも”OBやOG”がたくさんおり、学校名は全国区となりました。

なので、”OBやOG”の中には俳優の「筧利夫」氏「時任三郎」氏「古田新太」氏、女優の「羽野晶紀」さん「藤吉久美子」さん、タレントの「松尾貴史」さん…など、錚々たる芸能人がご卒業されているご様子です。

内海崇氏は大学時代になると、中学校の時に”嫌な思い”で中途半端で辞めた「ソフトテニス部」に!また入部しております。

【さらに!】”お笑い”勉強の一環として”落語研究会寄席の会”にも所属しており、ここで後に「運命の相方」となる「駒場孝」氏と出会います。

“落語研究会”に所属し、大学の”イベント”などで「初漫才」を披露する”機会”に恵まれたことは良かったのですが、クラスでは相変わらずの「弱気な性格」を見せていたことから!友達が少なかった模様です。

大学三年生になると”落語研究会”で知り合った駒場孝氏と”意気投合”するようになり、駒場氏が得意としてい「長渕剛氏のモノマネ姿」を収めた映像で、授業課題をクリアーされて!成績「可」を受けたようです。

なので、駒場孝氏とは大学時代ほぼ”一緒の毎日”を送っていたらしく!必然的にお笑いコンビ結成の雰囲気が漂っていた最中!大学卒業が近づいた2008年1月に、大阪・吉本興業が運営していた大阪市中央区難波にあった”お笑い劇場”「baseよしもと」のオーディションに参加されて、見事!「合格」を果たしたタイミングで、本格的にお笑いコンビ「ミルクボーイ」の活動をスタートさせたそうです。

その後、大学をご卒業されると社会人となり!本格的にお笑いコンビ”ミルクボーイ”としての活動をスタートさせます。

しかし、その後はご周知の通り!売れない芸人時代へと突入されて、お笑い界の厳しい”現実”に直面する事となります。

それでも2010年5月に、自身らをお笑い界に導いてくれた!お笑い劇場「baseよしもと」へのメンバー入りを果たし、同劇場の”花舞台”でもあった「M-1グランプリ」へ、所属メンバーとして参加を果たし、若手コンビながら「準々決勝」までコマを進めたのです。

なので、お笑い大会での輝かしい”実績”は築いていたモノの!公の”メディア”への露出が少なく【さらに!】地方(大阪)での人気は高かったモノの”全国区”では「知名度が低くかった」ことから、中々ブレイクが果たせない「長年コンビ」となるのです。

しかし、2012年に日本テレビ系列で放送されている人気バラエティー番組”ぐるぐるナインティナイン”の不定期企画「おもしろ荘」に抜擢され、公の舞台での活躍により!徐々に「人気の足掛かりを掴み始めた」と思いきや!その後もブレイクには至らずに「意気消沈の芸能人生」を送っていたのです。


引用元【ツイッター(みゆき♪ )】

その後も毎年「M-1」には参加し続けて、2016年頃からは”上位進出”の「常連コンビ」に成長されると【ついに!】2019年度には栄えある「グランプリ」を手に入れたのです。

この大会のグランプリによって、”ミルクボーイ”を初めて知った方が多いとは思いますが・・・

【実は!】メディアでは伝えられていない地方(大阪)の漫才コンクール(関西演芸しゃべくり話芸大賞)では、見事!”優勝”に輝いており、元から関係者の間では「高い評価を得ていた」のです。

なので、当初は!その事実を知らない関係者は、2019年度M-1グランプリでの「事前の下馬評」では、”低い評価”をつけていた方が多く見られたのですが【実は!】”プロ”のお笑い関係者からは「厳しいマーク」を受けていたコンビであり!結果的に”優勝”を飾ったのです。

過去の栄えあるグランプリに輝いたお笑いコンビには「オードリーや霜降り明星」などの、現在!芸能界の第一線でご活躍されている「お笑いコンビ」が、数多く存在しておりますが!同じようにこれからは”ミルクボーイ”も「大きな脚光を浴びること」になるでしょう。


スポンサードリンク


◇ 身長体重角刈りとは?


お笑いコンビ”ミルクボーイ”のツッコミ担当「内海崇」氏の身長は”168cm”です。

体重は「見た目通りの肥満体質(笑;)」で「82kg」とのことです。


引用元【ツイッター(ミルクボーイ内海 )】

デビュー当所はそれなりに!髪を伸ばしておりましたが、最近では”短髪(角刈り)”のスタイルを好むようになり!また、鼻から転げ落ちた”鼻クソ”のような「大きなホクロ」がチャームポイントと呼ばれるようになりました。

内海崇氏は、お笑い芸人であるモノの【実は!】「けんだま」が超特技らしく!”けん玉検定公認”の「二段」を取得されているようです。

この”けん玉検定”には「級位&段位」があり”公認”の検定会、あるいは”検定員試験”を経て取得することができ、保持すると専用のけん玉検定IDが発行され、もちろん”記録”があると!正式に登録されます。

つまり、けん玉検定の「二段」を取得されている内海崇氏は、相当な”腕前”と言うことです、

実際に”けん玉”を行っている”姿”を見たことはありませんが、来年(2020年度)からはメディアへの露出度が増えること間違いありませんから!どこかの場面で「披露することがきっと来る」ことでしょう!

もしかすると!今から”その機会”を伺っている可能性も否めません。


スポンサードリンク


◇ 結婚とは?


2019年度の”漫才M-1グランプリ”において見事!グランプリに輝いたミルクボーイの「内海崇」氏ですが、優勝を果たすと同時に【なんと!】交際していた?であろう”一般女性”と「結婚」することを突如!発表されたのです。


引用元【ツイッター(ライブドアニュース )】

これには誰もが”予想”していなかった「突然の発表」であっただけに!共演者(めざましテレビ)や周囲の関係者も相当!驚いたようです。

“M-1”で優勝を飾った翌日から”メディア出演”がスタートされたのですが、一発目であろう!フジテレビ系列で放送されている朝の情報番組”めざましテレビ”に出演し、”早朝”にも関わらず!元気な姿で登場されて「M-1優勝のご報告」と併せて「結婚のご報告」も同時に行い!サプライズをお膳立てした訳です。

【実は!】内海崇氏!!以前から、自身の公式SNS(ツイッター)の自己紹介欄に「主に愛しい
彼女とのことをつぶやいています」等と記載しており、密かに”彼女”がいることを”アピール”して
いたのです。

ネット(ツイッター)での「呟き」には、こんな記事もあります↓↓↓


引用元【ツイッター(ミルクボーイ内海 )】

相当!恋い焦がれた”交際相手”が居ることを、以前から「示唆していた」のです。

交際相手は”一般女性”とのことなので、詳細は明らかにされておりませんが、今回!優勝を飾った「M-1」に出場する前に、こんなことを語っていたご様子です↓↓↓

交際8年になる28歳の女性と”ある目標”があって、それを達成したら結婚すると決めている。優勝したら目標がかなう!


つまり、彼女は”28歳”の一般女性であり、交際期間は”約8年”でのゴールインとなったのです。

“ある目標”とは、給料の”一定額”を示していたらしく!M-1で優勝すれば、その獲得金額で一定額をクリアー出き【さらに!】間違いなく”ブレイク”を果たす結果となり、多くのメディア出演が増える!と踏んだ上で、”グランプリ”に輝いた暁には「プロポーズをする」と覚悟を決めて、事前に決めていたのです。

【しかも!】今年のM-1でのグランプリ”獲得賞金”は破格の「1,000万円」であり!相方と分けたとしても、「500万円」は手に入るので、それだけでも十分な”結婚資金”につながらるはずです。

なので、この情報を事前に知っていた!お笑い好きのネットユーザーの間では、既に「有名な話」として伝えられており↓↓↓


引用元【ツイッター(ゆきぴぃ )】


引用元【ツイッター(フルバ )】

二人に対して「応援する声」が、たくさん”リツイート”されていたのです。

これからはドンドン稼いで行くことでしょうから、ご結婚される”彼女”を、きっと「幸せに導いて行くであろう」M-1王者の「内海崇」氏ですから!今後も目が離せない存在です。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 2012年に、関西テレビ系列で放送された番組”うまンchu”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(ORICON NEWS(オリコンニュース) )】

◇ ラジオ

・ 2019年に、”ABCラジオ”局が放送した番組”ミルクボーイのラジオ!漫才ブーム”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(みっちゃん )】

◇ ネット番組

・ 2020年に、ABEMA系列で放送された番組”家-1グランプリ2020?お笑い自宅芸No.1決定戦?”に出演され「ネット番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(は太郎????放置中 )】

◇ CM

・ 2020年に、”リクルート”が手がけた企業CM”ホットペッパーBeauty”に出演され「CMデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(山本 長武 @激辛マーケ部???? )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
内海 崇
読み
うつみ たかし
生年月日
1985年12月9日
仕事
お笑い芸人
出身地
兵庫県
所属事務所
吉本興業
血液型
B型