お笑いトリオ”我が家”で”ボケ”を担当している「谷田部俊」氏が、2013年7月7日(七夕)に
ご結婚された”ラジオデレクター(現在不明)”の女性と”離婚”したことが分かりました。

谷田部俊氏”41歳”で”七夕婚”に「終止符(離婚)」を打ったご様子

当時は、自身所属のトリオ”我が家”の中で唯一、「既婚メンバー」として祝福され、後に
【まさか!】七夕婚に終わり(離婚)を告げる日が来るとは誰もが予想していなかった事でしょう!



引用元【インスタグラム(itooo_ap)】

その(離婚)の一報は、2019年12月12日にテレビ朝日系列で放送されたバラエティー番組
“アメトーーク!”に出演された時に明らかとされました。

“離婚”を切り出す冒頭「そんなたいした事じゃないんですが!」と言い始め三週間前”結婚に
終止符”を打ったことを発表!

理由については「今年(2019年)に入ってから色々とあった」とし”詳細”を避ける形で説明し
周りのメンバーからも奥さんが”家”を出て行っていたことが告げられました。

また、共演していたお笑いタレントの「有吉弘行」氏からは更に”離婚”について言及されると
“直接”の説明を避けるため、観覧していた”女性”を呼び出し「事情」の説明をさせました。
【すると!】悪い(非がある)のは谷田部俊氏側だ!と示し、周りから”白い目”で見られました。

しばらくの間、お笑いトリオ”我が家”は人気が「低迷し」メディア出演が”激減”したことも
“離婚”の大きな要因なのかも?しれませんね!

そんな不幸を味わった?お笑いトリオ”我が家”のメンバー「谷田部俊」氏にスポットイン!



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ 我が家とは?
・ 干された理由?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 谷田部俊氏の中高大学は?

谷田部俊氏は1977年12月14日生まれの41歳(2019年)で、ご出身は「埼玉県上尾市」です。

ご出身の”埼玉県上尾市”にあるご自宅で、ご両親と弟の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に
有る学校に通うのが一般なので、谷田部俊氏も(埼玉県)内の小学校・中学校に通っていたと
“推測”できます。

ただ、幼少期から高等学校までの情報が乏しいため詳しことがほとんど分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と六歳年下の”弟”がいて、ご自身は「長男」として育ったとのこと。

祖母が”尺八”の指導をしていたようで、幼少期からその”姿”を見ながら育ったのだとか?

また、見た目が”可愛かった”ことからよく”母親”に「女児」の格好をさせられていたご様子。

【しかも!】理由は分かりませんが、子供ながら髪型は”アフロパーマ”であったのだとか?

小学校時代になると非常に”腸”が弱い子供であったことから、頻繁に学校でお漏らし(大)を
していたのだとか?

なので、同級生たちから”軽いイジメ”を受けていたとのことです。

“冴えない”小学時代を終えると、中学校も地元の埼玉県上尾市にある”学校”にご入学されたと
思われます。

中学時代に入ると”バレーボール部”に入部したそうで、それを機に少しづつ”弱腸”が克服され
「体の成長」が始まっていったのだとか?

すると意外にも、”運動神経”が良かったようで勉強よりもスポーツが”得意”となって行きます。

また、中学校時代から現メンバーの「杉山裕之」氏とは”同級生”で「面識」はあったものの、
現在の様に「仲が良かった(友達)か?」までは分かっておりません。

“成長著しい”中学時代を終えると、高校も地元の埼玉県にある”埼玉県立浦和東高等学校”に
ご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学」で、学科は「普通科」のみです。

“サッカー競技場”でお馴染み”埼玉スタジアム2002″に近いことから、学校内からスタジアムが
一望できるそうですが、さすがに中で行われる”競技”までは観えないとのこと。

“男女共学校”ではあるものの毎年、生徒のほとんどが”男子生徒”で占めているそうです。

様々な”部活動”が設けられておりますが、やはり”サッカー部”の「強豪校」として有名です。

谷田部俊氏は高校時代も”バレーボール部”に入部して「青春の汗」を流していたご様子!

また、現メンバーの「杉山裕之」氏とは同じ高校(浦和東高等学校)に進学したらしく、学校の
“学園祭”で容易に”お笑いコンビ”を組み「ショートコント」を披露した経験があるのだとか。

谷田部俊氏は高校当時「スキンヘッド」であったらしく、それを利用して?”ネタ”に反映させ、
笑いを買ったのでは・・・?

また、非常に”トーク”が「達者」であったことから友達が多く、それも芸(コント)に生かされた
のではないでしょうか?

しかし、唯一”劣っていた”のが「身長」で、現在は165cmあるのですが当時からそれほど
高い方ではなかったので、毎日”牛乳”をたくさん飲んで「長身」を目指していたのだとか?

“お笑い”の「一面」を見せ始めた高校時代を終えると、大学には「進学せず」に”専門学校”へ
進学したようです。

しかし、専門学校へ進学した以降の”消息”が「不明」のため詳しいことは分かっておりません。

ただ時期は分かりませんが高校時代に容易で”お笑いコンビ”を組んだ「杉山裕之」氏と本格的に
“お笑い”を目指すため、現在のお笑いトリオ”我が家”の先駆けでもあるコンビ「ルーキーズ」を
結成されております。

また、ご本人の中では”俳優”にも興味があったことから「杉山裕之」氏を誘って”月謝の安い”
「俳優養成所」に入所されました。

その養成所で「坪倉由幸」氏と”運目的な出会い”を果たして、お笑いトリオ「我が家」が
誕生したのです。

ちなみに”トリオ名”の「我が家」とは、お笑い”トリオ”を結成する際に、集まった”居酒屋”の
「店名」が”我が家”であったことから「命名」したとのこと。

その後?あるいはその期間?に進学していた「専門学校」からはご卒業されたと思われます。

“お笑いトリオ”として活動を始めると、現在の所属事務所”ワタナベエンターテインメント”に
所属し、2003年頃から芸能活動を「本格化」し始めます。

芸能事務所に所属後は、若手お笑い芸人の”登竜門”でもある「M-1グランプリ、お笑い
ホープ大賞、NHK新人演芸大賞、キングオブコント」などに参加して「上位」進出を果たし
確実に”お笑い芸人”として「キャリア」を積んで行きます。

ただ、たくさんの”大会”や”番組”に出場&出演するものの中々優勝(グランプリ)には恵まれず
「準優勝・準々決勝」止まりが多く目立ちました。

その後、当時”大ブーム”であったお笑い時代の”火付け役番組”日本テレビ系列で放送された
お笑いエンターテインメント番組”エンタの神様”に出演し大ブレークを果たします。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

当時、番組で流行っていた”キャッチコピー”は「3階建ての笑ルーム」で、他の”トリオ”の
中でも一際「輝きを放って」会場の爆笑をかっておりました。

その中でも谷田部俊氏の役割は”ボケ”担当で、三人共に”ボケ”を演じるのですが特に”メイン”の
ボケをかましていたのが谷田部俊氏でした。

この当時”トリオ全員”が「ボケ」を演じるのは、”初めて”見たような気がしますが・・・?

もしかしたら、トリオ全員でボケる”ネタ”を完成させた「先駆者」であったのでしょうか?

谷田部俊氏”個人”としては2013年7月に”五歳年下”のラジオ局デレクターとして働いていた
女性とご結婚をされ、2016年に”長男”を授かりました。

さらに元から”俳優志望”でもあったことから”役者”の仕事も多く熟し、2014年1月から
NHKで放送されたテレビドラマ”鼠、江戸を疾る”に出演し、自身初の「テレビドラマ
デビュー」を飾りました。

さらに立て続けに2016年には同局のテレビドラマ”トットてれび”、さらに同局の冠番組でも
ある”連続テレビ小説”の「とと姉ちゃん」に出演し、”芸人”だけではなく「役者」としての
“活動の幅”を広めて行きます。



引用元【ツイッター(わび@さび )】

もちろんその間に、メインで活動していたお笑いトリオ”我が家”の「人気低迷」が原因で
“個人”での仕事が余儀なくなった”事情”もあったのですが、”芸人”としての仕事が”激減”した
ことは間違いありません。

なので、その後も”俳優”としての仕事を積極的に熟して行きます。

2017年度に入ると、TBS系列で放送されたテレビドラマ”リバース”に出演し、さらに
同局の刑事ドラマ”おかしな刑事16”にも出演し、初めて”刑事ドラマ”を経験されます。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

さらに2018年には日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ”Missデビル人事の悪魔・
椿眞子”に出演し、さらに同年にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ”健康で文化的な
最低限度の生活”にも出演を果たしました。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

お笑いトリオ”我が家”の”活動幅”が狭まっていること、さらに所属先事務所(ワタエン)で
“東京本部”から”九州事業本部”へと所属先が変わったこともあり、今まで以上に”芸人”よりも
「役者」としての姿が目立ち始めます。

その後も”トリオ”ではなく「ピン」としての仕事を熟しながら今に至っております。


スポンサードリンク


◇ 谷田部俊氏と我が家とは?

谷田部俊氏は”中学時代”に現トリオメンバーの「杉山裕之」氏と出会い、その後同じ高校へ
(埼玉県立浦和東高等学校)進学し学校の”学園祭”に合わせて”お笑いコンビ”を組み、初めて
二人で舞台に立ちました。

当時は”スキンヘッド”であったことから?「ボケ」を担当したそうです。

その後、正確な”時期”は分かりません「杉山裕之」氏と一緒に”お笑い”を目指すため、現在の
お笑いトリオ”我が家”の先駆けでもあるコンビ「ルーキーズ」を結成されました。

一方でその時から”俳優”にも興味があり、さらに杉山裕之氏の”同意”もあったことから、一度
お笑いから離れ”月謝が安い”との理由から「俳優養成所」に入所されました。

そして、そこで”運命的な出会い”を果たしたのが我が家のメンバーである「坪倉由幸」氏でした。

その後、本格的に”お笑いの道”に進むため、お笑いトリオ「我が家」を結成し、現在の所属
事務所である”ワタナベエンターテインメント”に所属し2003年から芸能活動をスタートさせます。

ちなみに”トリオ名”の「我が家」とは、グループ名を相談した際に集まった”居酒屋”の”店名”が
「我が家」であったことからグループ名に採用したとのこと。

その後は”仕事”でも”プライベート”でも「紆余曲折」がありながらも芸能界にしがみつき、
“芸人”や”お笑いトリオ”とは別の仕事、「俳優業」を熟しながら今に至っております。



引用元【インスタグラム(kocchan0720)】


スポンサードリンク


◇ 谷田部俊氏の干された理由?

最近、めっきり見かけなくなったお笑いトリオの「我が家」ですが、いったい!その原因は
何故なのでしょうか?



引用元【ツイッター(楽市まとめ三丁目公式 )】

“芸風の老朽化”もあるとは思いますが、一番の原因は”個々”のプライベートに問題があるらしく
特にメンバーの「杉山裕之」氏の振舞い(性格や言動)が最悪であったことで”激怒したファン”が
離れて行き、現在の”不人気”に陥ったそうです。

なので、正確には”谷田部俊”氏が干されたのではなく「杉山裕之」氏が干された!のです。

情報では特に「酒癖」が酷いそうで、”泥酔”するとメンバーでも手が付けられない程とのこと?

過去に起こした”不祥事”では以下のような「悪歴」を作ったそうです↓↓↓

・ 後輩と飲むと決まって”ハレンチ”な要求をする!
・ 後輩芸人と飲むと自宅に引き込み「目覚まし時計変わり」をさせる!
・ 後輩芸人が”女性”を連れて来ると、決まって”説教”をする!
・ 先輩芸人と飲み過ぎると、”強気”になる!
・ 先輩が作った”料理”を平気で投げ飛ばす!
※ その他多数あり!


“後輩”は分かるにせよ「先輩」にも平気で”クズ”な対応をしたことで、”仕事”がドンドン
減って行ったのでしょう!

それが表沙汰(後輩がネタで使用?)になったことでファンたちから”激怒”を買ったようです。

あまりにも世間から嫌われ、2012年頃に所属先の事務所(ワタナベエンターテインメント)の
福岡支社(九州事業本部)に「左遷」されたことがありましたね!



引用元【ツイッター(ごめす(元Music Bar Night Noise店主) )】

つまり、お笑いトリオ”我が家”が今日失敗した大きな”要因”は個々のプライベートでの”悪態”が
“身内”にまで広まり、”芸能界”から「干された」結果となったのでしょう!

なので「谷田部俊」氏一人が”干された”のではなくて”連帯責任”で「干された」のです。



■ 谷田部俊氏のプロフィール
本名
谷田部 俊
読み
やたべ しゅん
生年月日
1977年12月14日
仕事
お笑い芸人
出身地
埼玉県上尾市
所属事務所
ワタナベエンターテインメント
血液型
O型


スポンサードリンク