“小柄”な体格でありながら、”ダイナミック”な歌唱力と!”かすれた”ハスキーヴォイスが魅力的な男性ヴォーカリスであり!2020年度に、”一般女性”と「再婚」をされたミュージシャンでタレントの「西川貴教」氏。

何やら?2020年度にリリースされた、自身最新のシングル「As a route of ray」が!スマートフォン向けアプリとして有名な”株式会社Yostar”が手掛けているシューティングゲーム「アズールレーン」の”CMソング”に起用されたとして、話題を集めているご様子です。


引用元【ツイッター(ORICON NEWS(オリコンニュース) )】

このゲームアプリは、”艦船シューティング”のストーリー展開となっており!”主人公”を含め、美少女キャラたちで編成された味方キャラを上手く使って、”敵艦隊”と戦うRPG要素も含まれたゲームです。

【なんと!】今回の”シリーズ”では、楽曲を提供された”西川貴教”氏もCMのプロモーション撮影に参戦しており!”主人公”である「戦艦の美女ボスキャラ」に扮した”コスプレ姿”で登場されている模様です。

【しかも!】”女子キャラ”をイメージさせるため、”胸”には「抜群の大きさのパッド」を忍ばせ!女性感を”ふんだん”に感じさせる演出を施された形です。

その気になる”美少女キャラ”を含めて、西川貴教氏について紐解いて行きます。




   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 筋肉が凄いとは?
・ 浅倉大介との仲とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


西川貴教氏は1970年9月19日生まれの49歳(2020年)で、ご出身は「滋賀県」です。

ご出身の”滋賀県”にあるご自宅で、ご両親と妹の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、西川貴教氏も(滋賀県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”二人の妹”が居り、ご自身は「長男」として生まれ育ったご様子です。

幼い頃から、非常に「人見知り」の激しい子供であり!今の”お姿”からは想像も付きませんが、人前に立つのが苦手な少年であった模様です。

“父親”の職業は「地方公務員」であり、”厳格”な気質(性格)の持ち主であったことから!非常に「しつけ」に厳しく、特に”人見知り”が酷かったことから「前向きな姿」を見せないことに腹を立てていたそうです。

また、祖父も”公務員(警察官)”の経験者であり!概ね、父方の”親族”は「公務員職に就いた一家」なので、その”血筋”を引き継いだ父親も「厳格な気質(性格)」となったのでしょう。

しかし「お硬い職業」に付きながらも【実は!】大の”パチンコファン”であったとのことです。

“母親”の職業は、”歯科”関連の講師を勤めており!日中は、ほとんど家には居なかったご様子です。

なので、”共働き”の一家で生まれ育った関係で!幼い頃から「祖父母」に育てられたそうです。

特に、”祖父”から親しまれていたらしく!あだ名が”たー坊”と呼ばれ「おじいちゃん子」であった関係で、祖父の”晩酌”の付け合せで食べていた「珍味」を好んでいたそうです。

また、恐らく!祖父が”元警察官”であった影響もあり、小学校時代は「剣道に志していた」とのことです。

小学校時代に入ると、自宅での”厳しいしつけ”の反動もあり!学校では、”賑やか”で”元気”な性格を見せていたことから「アイドル的な存在」として、周りの生徒たちから親しまれていたそうです。

【すると!】その”キャラ”を気に入った年上の”少女”から「あなたは私の弟」等と、半強制的に宣言をされて!仕方なく、”弟”的な存在として近づいていたそうです。

その”影響”があったのか?は定かでありませんが、もっぱら!遊んだり、好んだりする”女性たち”は「年上が多かった」らしく、小学生時代から相当!”ませて”いた少年であった模様です。

小学校二年生の時に、大好きであった”祖父”に連れられて始めて”映画館”に出向き!その当時に上映されていた戦争映画の「二百三高地」を鑑賞させられて、幼心に「激しい戦闘シーン」や「エロいシーン」に、非常に”インパクト”を覚え!しばらくの間は「トラウマ状態」となっていたそうです。

自宅と学校との”ギャップ”が大きかった性格(心理)の小学時代を終えると、中学校も地元の滋賀県にある”野洲市立野洲中学校”にご入学されました。

中学生時代に入ると、自身の”体格”が周りに比べて非常に「小さかった」こともあり!”バカに”されないようにと、学校の”番長的存在”の生徒に近づき「媚びながら愛想を振りまいていた」そうです。

【すると!】その”効果”が絶大で、周りの生徒に対して「西川貴教氏に手を出したら殺す…など」と、”脅し”を掛けてもらっていたことから、”小柄”ながらも「いじめを受けることが無かった」そうです。

一方のスポーツ(部活動)では、”ハンドボール部”に入部されており!”小柄な体格”を生かした「機敏な動き」で、練習に臨んでいたご様子です。

その”機敏”さは「手先の器用さ」にも影響を与えていたらしく、非常に”絵を描く”ことに「長けていた少年」であったことから!将来の”夢”は「美術系の職業に就きたい」と望んでいたそうです。

また、”経緯”は定かでありませんが!友人たちと”ロックバンド”を結成していたらしく、学校の”学園祭”がある時は!決まってステージに上がり「ハードロック系の楽曲」を披露していたそうです。

そのため、”身なり”は制服でありながらも!”ロックバンド”をイメージさせるため、頭を”坊主頭姿”に決め込んで「暴れていた」そうです。

”バンド活動(音楽活動)”に目覚め始めた中学時代を終えると、高校も地元の滋賀県にある”県立野洲高等学校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

この学校は、地元でも”部活動”が非常に盛んな高等学校として知られており!特に「サッカー部の強豪校」であるため、たくさんの「プロサッカー選手」を輩出している高等学校として有名です。

現在、”海外チーム(スペイン)”に活動の拠点を移しており!”日本代表戦”がある時は、毎回!必ず招集される”FWの貴公子”としてお馴染みの「乾貴士」選手も、こちらの高等学校ご出身です。


引用元【ツイッター(デジサカ?? )】

高校時代に入ると、”部活動”には「入部されていなかった」らしく!中学校時代からハマっていた「ロックバンド」に”熱中”をされておりました。

【すると!】地元の”同年代”の生徒や一般女性から、この”バンド”が「好評を得ていた」ことから!多くの”ファン”の「獲得に成功をされていた」とのことです。

なので、特に”他校の生徒”から!サインや握手を求められることが多く!”身なり”がバレないようにと、”サングラス”をハメて出歩いていたそうです。

但し、その”人気ぶり”が大きな影響を与え!”深夜中”あるいは、”日中”からロックバンドの活動に精を出すようになり!学校への”遅刻”あるいは、”早退”が重なったことで、最終的には「中退」に追い込まれた形です。

”なので、もちろん!大学には”進学”をされておらず、中退後は地元の滋賀県に近い大阪府にある「大阪スクールオブミュージック専門学校」にご入学をされました。

音楽の”専門学校”とは言っても、ご卒業をされている”OB・OG”には相当!な”有名人”が揃っており!ロックバンド”SOPHIA”のヴォーカリスト「松岡充」氏や、同じく”マキシマム・ザ・ホルモン”でドラムを担当されている「熊本奈緒(ナヲ)」さん、女性シンガーソングライターの「植村花菜」さん、同じくシンガーソングライターの「岡本真夜」さん…などの、錚々たる”音楽人”が居ります。


引用元【インスタグラム(kanajpop)】

西川貴教氏は、この学校で!新たに知り合った親友たちとバンド「Luis-Mary」を結成されて、本格的に”音楽活動の道”へと進み始めて行きます。

【すると!】このバンド「Luis-Mary」にて、1991年度に”悲願”でもあった「インディーズデビュー」を飾り【さらに!】同年の7月には「メジャーデビュー」を飾ったことで、自身の”音楽人生”の「節目の年」を向かえます。


引用元【ツイッター(90年代ヴィジュアル系bot )】

その後も、バンド活動を続けながら!1993年の「バンド解散」までには、オリジナルシングル三枚とアルバム三枚をリリースされて、”高校中退”ながらも!その後の専門学校で知り合った、”縁”のある仲間たちと「有意義な青春時代」を送ったようです。

“バンド(Luis-Mary)”解散後は、ご周知の通り!”ピン”での芸能活動をスタートさせ、現在の”キャラ”の「構築に成功」をされて!多くの”人気を集める”スター”へと、成長をされます。


スポンサードリンク


◇ 筋肉が凄いとは?


見た目は”小柄”ながら【実は!】意外なことに「マッチョな体質であること」を、ご存じの方は少ないと思います。

但し、昔から”小柄”でありながら!ダイナミックな「歌唱力」や【唯一!】”無二”の!”独特”な「ハスキーヴォイス」などには”定評”が高く、その”歌声”を放つための源は!それなりの「努力の賜物」であることは、有名な話でした。

つまり、”ヴォイス・トレーニング”を含めた「正しい筋トレ」を!欠かすこと無く続けて来た結果が「マチョな体質」を作り上げた訳です。


引用元【インスタグラム(takanori9nishikawa)】

“チビマッチョ”の芸能人と言えば、サックス演奏者でタレントの「武田真治」氏が”先駆け”的な存在として有名ですが、最近では”西川貴教”氏も!負けずと「筋肉タレント」としての”知名度”を広げつつあるようです。


引用元【インスタグラム(takanori9nishikawa)】

もちろん、トレーニングは!今”始めたこと”では無く!ジム通いを「約15年~」も、続けていたことから「鋼のようなチビマッチョ」を構築された模様です。

では、何故?”ヴォーカリスト”でありながら「マッチョになる程」の、”筋トレ”を続けていたのか?と言うと【実は!】元々は、”ひ弱”な体格であったことから!長時間に及ぶ”ライブ”を行った時に、毎回「失神をして」周りに迷惑を掛けていたそうです。

そのため、せめて!長時間に及ぶ”ライブ”で「倒れないための体力」を身につけるために、”筋トレ”を始めたらしく!それが、長い時間の”積み重ね”によって「マッチョな体」を手に入れた次第です。

今では、”体脂肪率”が驚異の「10%以下」を達成されて!同年代の”平均(20%)”を大きく下回り、”声”の「張り」や”高音”の「伸び具合」などに大きな”改善”が見られるらしく【まさに!】”ダイナミック”で独特な”ハスキーヴォイス”のパフォーマンスを可能にしたのは、日頃の”体力作り”が功を奏したと言えそうです。




但し、”運動バカ”のように!トコトン自身を追い込む「トレーニング方法」を実践されているのかと思いきや!意外にも、”科学的根拠”に則った「正しい筋トレや食事管理」を行っているそうです。

特に、”食事管理”については!厳格な”ルール”を設けているらしく、基本的に一日の”食事(主食)”は「夜のみ」であり!夜食を”ガッツリ”食べる分、”朝”と”昼食”は軽い「野菜ジュース程度」で、すませているそうです。

元々、”体格”は「小柄な方」なので!”ガッツリ”食べなくても、筋トレによる「エネルギ量が不足することが無い」ことから、”体格”に合わせた「効率的な筋肉を付ける方法」を取り入れていると言えます。

もちろん、トレーニング前に”プロテイン”などの「サプリメント」を使用している可能性は否めませんが、”太い”筋肉を作るためのトレーニングでは無いので!無駄な”タンパク質”などの栄養素を避けて「良質な筋肉を付けることだけに特化したトレーニング法」を心がけているのでしょう。

【さらに!】”食事の面”だけでは無く、普段の”仕事の面”においても!常に「ゴムチューブ」を持参しているらしく、時間の空いた時を見計らっては!筋肉を引き締める要素が高い、”チューブ”による「反発筋トレ」を行っているそうです。

また、以前に出演された日本テレビ系列で放送されているバラエティー番組「ダウンタウンDX」の中では、ご自身”禁断”の「トレーニング方法」を明らかにされて、大きな反響を呼んでおりました。


引用元【ツイッター(music.jpニュース )】

それによると、”ランニング”から始めて「腕立て・腹筋・背筋・懸垂・腕立てジャンプ・ベンチプレス・エターバイク」などを、数十回程度に分けて行い!筋肉を”痛める”ことが無いように、無理を避けて”長時間”に及ぶ「有酸素運動」を意識しながら行っているそうです。

【しかも!】トレーニング中は、”低酸素トレーニング”用の「マスク」を着用して行っているらしく、よく運動選手が行っている”高地トレーニング”と同じ効果をもたらす「持久力の強化」にも、意識されたトレーニグ法を取り入れているそうです。

つまり、そもそものトレーニング”目的”であるライブでの「失神防止(持久力強化)」にも取り組んでいる訳です。


引用元【インスタグラム(takanori9nishikawa)】


スポンサードリンク


◇ 浅倉大介との仲とは?


西川貴教氏を日本を代表する”シンガー”として有名にした「恩師」と言えば、ご承知の通り!”音楽プロデューサー”の「浅倉大介」氏であることは、有名な話です。


引用元【ツイッター(歌謡ポップスチャンネル )】

なので、二人の”関係性”は!誰もが「良好」と思われている方が、ほとんどだと思いますが【実は!】そうでもなく!二人での”活動”が、盛り上がっていた時期とは!ほんの「一時に過ぎなかった」のです。

そのそも、二人の始まりは!1995年後頃からであり、その当時!”浅倉大介”氏がリリースしたシングル(BLACK OR WHITE?)に、便乗する形(ヴォーカリスト)で参加したのが「西川貴教」氏であったのです。

【すると!】そのキッカケから”意気投合”を果たした二人は、浅倉大介氏が1992年から活動を続けて来た音楽ユニット「access」の活動を一時”中断”されて!西川貴教氏との”コラボ”に、力を注ぐようになり始めます。

そこから、一挙に!西川貴教氏の”カリスマ性”が開花を向かえ、浅倉大介氏が最も得意とする”プロデュース業”を、西川貴教氏と共に”クリエイト”を行い始めます。

【すると!】”access”時代を豊富とさせる、”ポップ”で”メロディアス”なテンポの良い「楽曲」と、西川貴教氏の”ダイナミック”で独特な”ハスキーヴォイス”が効いた魅力的な「歌声」が、見事!に噛み合い、その年(90年代後期)を”代表”する「ユニット」として!大きな注目を集めました。

その後は、そのユニット名を「T.M.Revolution」と命名されて!西川貴教氏の”ソロプロジェクト”として立ち上げ、しばらくの間は”浅倉大介”氏による作詞・作曲の「楽曲」で!仲良く”音楽活動”を続けます。

【ところが!】1999年度に入ると、”T.M.Revolution”としての活動を!突如「封印する」ことが発表されて、そこから徐々に浅倉大介氏との”距離”が広まって行きます。

【実は!】この時に、西川貴教氏は女性ポップデュオとして人気を集めていた「PUFFY」のメンバーである「吉村由美」さんと”交際”をしており、その年の4月に「ご結婚」をされたのです。


引用元【インスタグラム(puffyamiyumi_official)】

それが、ファンたちの間では”T.M.Revolution”の「活動封印の理由」と思われていたのです。

もちろん、”真相”は定かではありませんが!少なくても、この”結婚”によって浅倉大介氏との”コンタクト”が減ったのは間違いありません。

【すると!】その頃から、二人の「不仲説」が持ち上がるようになり!元々、浅倉大介氏は”メディア出演”が多く無く「口数も少ない性格」なこともあり、然程!この件に関しては”言及”をされませんでしたが、一方の西川貴教は!全く”正反対”の気質(性格)の持ち主であるため、この件での”発言”により【さらに!】”疑惑”を招く「方向に向かってしまった」のです。

しかも、浅倉大介氏の”ファンたち”の間では有名な話ですが!その一件以来、”ソロ”での活動をスタートさせますが、その際に!西川貴教氏と取り組んだ”名曲”には一切!手を付けずに、自身のオリジナル曲だけを演奏していたそうです。

なので、それも”要因”となり!二人の”不仲説”に「信憑性が増す結果」とつながったのです。

しかし、2010年になると!お互いに”歳”を重ね「大人となった」らしく(笑;)西川貴教氏の出身地である”滋賀県”で、約”10年ぶり”となる「凱旋ライブ」を行った際に!浅倉大介氏も駆けつけて、久々の”共演”を果たすのです。

もちろん、誰よりも二人の”復活”を望んでいた「根強いファンたち」からは!熱い声援と感動の涙を流すファンで溢れたのです。

なので、ファンたちの間では!その”ライブ”を持って、二人の「ワダカマリは解けた(和解した)」と解釈された模様です。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ シングル

・ 1995年に、”ファンハウス”が手がけた作品”BLACK OR WHITE?”がリリースされ「シングルデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(歌謡ポップスチャンネル )】

◇ ラジオ

・ 1996年に、”bayfm”局が放送した番組”JRA Power Revolution”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ アルバム

・ 1996年に、”アンティノスレコード”が手がけた作品”MAKES REVOLUTION”がリリースされ「アルバムデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(漏レル )】

◇ アニメ映画

・ 1998年に、明治系列で放送された番組”るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-“に出演され「アニメ映画デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(十三矢 ノッキー )】

◇ テレビ番組

・ 1999年に、フジテレビ系列で放送された番組”お台場RevoRevo”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ 舞台

・ 1999年に、”天王洲アートスフィア”によって公開された舞台”リトルショップ・オブ・ホラーズ”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(るみるみ )】

◇ 雑誌

・ 1999年に、”角川”が手がけた作品”疾走(T.M.R.) (T.M.R-e) T.M.Revolution?the end of genesis”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ゲーマーズなんば店 )】

◇ テレビドラマ

・ 2000年に、TBS系列で放送された番組”ビューティフルライフ”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ミニケル『兄』しんや )】

◇ 映画

・ 2008年に、”ジョリー・ロジャー”によって公開された映画”コラソンdeメロン”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

◇ CM

・ 2011年に、”ヤマハ”が手がけた企業CM”ヤマハ・ジョグ”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ ネット番組

・ 2017年に、ニコニコ生放送系列で放送された番組”西川貴教のイエノミ!!”に出演され「ネット番組デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(TAIKI )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
西川 貴教
読み
にしかわ たかのり、
生年月日
1970年9月19日
仕事
タレント、俳優
出身地
滋賀県
所属事務所
フィット
血液型
A型