日本の芸能界で”女装タレント”として君臨している有名人であり、コラムニストやエッセイストとしてもご活躍中の「マツコデラックス」さん。

何やら?フジテレビ系列で毎週木曜日深夜に放送されている、ご自身の冠バラエティー番組”アウト×デラックス”に出演した際に、特に周りからの”ツッコミ”も無いまま!「左目が充血している姿」を目撃したのです。

その様子がこちら↓↓↓


引用元【サイト(YouTube)】

「目の充血」でお馴染みの”症状”といえば「結膜炎」が直ぐに頭に浮かびますが、マツコデラックスさんを襲った症状も、果たして「結膜炎」なのでしょうか? その気になる「マツコデラックス」さんを紐解いて行きます。

   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は?
・ 目の充血は結膜炎?
・ 志村けんの誕生日でスッピン?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は?


マツコデラックスさんは1972年10月26日生まれの47歳(2020年)で、ご出身は「千葉県」です。

ご出身の”千葉県”にあるご自宅で、ご両親とご本人の三人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、マツコデラックスさんも(千葉県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の千葉県にある”千葉市立園生小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので、詳しい事が分かっておりません。

父親は、地元の”建設会社”に勤務するサラリーマンで、母親は普通の”主婦”とのことです。

両親が「高齢になってから出来た子供」らしく、そのため”一人っ子”の家族構成です。

また、”高齢出産”が影響したのか?生まれた頃から「心臓が悪る子供」であったらしく、ご自身”十歳”の時に大きな”手術”を受けることになります。

今の姿からは想像も付きませんが(笑;)、少年期の頃は相当!”痩せていた”らしく、一部では「野球をやっていた」との情報もあります。

また、その頃から既に!「女性に興味を示していた」らしく、”男性”用品よりも母親愛用の”化粧品”や”服装”に興味を示したいたそうです。

【さらに!】小学校になると「同性愛の前兆が見え始めた」らしく、”愛読書”は男性誌よりも「女性向け週刊誌」などを、好んでいたようです。

そのため、”性格的”には「物静かな子供」であったらしく、自分の意見を伝えるのが苦手な「内気なタイプの少年」であったことから、周りからは「ドライな子供」として見られていたそうです。

それも影響したのか?小学校五年生の時に「登校拒否」を行ったことがあるそうです。

その時はまだ!”登校拒否”なる言葉が「支流になる前の時代」でしたから、両親を含めて「学校に行くのは当然」の考えの元で学校生活を送っていたので、その意味で見ると!マツコ少年が【いかに!】「内向的な性格(変わり者)であったのか」が、窺えるエピソードです。

そのため、今も昔も!小学校時代の友達がほとんど居ない(居なかった)そうです。

内気な性格で”同性愛”に目覚め始めた小学時代を終えると、中学校も地元の千葉県にある”千葉市立小中台中学校”にご入学されました。。

基本的に芸能活動に取り組む中で、この中学校出身であることは「伏せていた」のですが、SNSの普及に伴って!あまりにも、同窓の同級生や先輩・後輩からの情報が投稿されてことで、必然的にバレてしまったのです。

【しかも!】「直接の近親者からの情報」とあって、中学生当時から「オネエの性格」であったことも暴露されたのです。

中学生時代は「女性アイドル」に興味を示していたそうで、特に当時!大人気を誇っていた歌手の「中森明菜」さんの大ファンであり、大ヒットした楽曲の”ダンス”を「真似できるほどのハマリ様」であったとのことです。

その中でも、1984年にリリースされた9thのシングル「十戒 」が特にお気に入りで、完璧な振り付けを披露していたそうです。

”昭和”のアイドル世代にハマった中学時代を終えると、高校も地元の千葉県にある”千葉県立犢橋高等学校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子!

高校時代になると【さらに!】”オネエ度”が増し、部活などには所属せずにクラスの男子生徒にチョッカイを出していたようです。

また、この当時は”細身”ではあったモノの「食欲は旺盛」であったことから、昼頃の授業をサボって「屋上で早弁」を取っていたそうです。

後に分かったのですが、そこには【なんと!】元SMAPの「木村拓哉」氏も一緒に居たようです。

つまり!二人は「同級生」であり、後に二人で”会談”されたことで判明したのです。

“木村拓哉”氏は早々(一年生の時)に、この学校を「転校された」ので、お互いに記憶が曖昧のままでいたようです。

その後、高校三年生になると!いよいよ「本格的に女性に目覚め始めた」らしく、学校が終わると近くの”コンビニ”に入り「トイレの中で女装」をされ、芝浦の”クラブ”に出入りしていたそうです。

この”変貌”を巷の大人たち(クラブの連中)が「心良く受け入れた」ことから、周りに対する”嫌悪感”が無くなったことから、それ意向は堂々と「オネエであることを表沙汰にする」ようになって行きます。

”オネエ心理”の「リミッター」を解除した高校時代を終えると、大学には進学せずに東京都品川区にある「東京マックス美容専門学校」に、ご入学されました。

その専門学校は、都内にある美容系の専門学校の中でも「歴史のある学校」として有名らしく、今までに数多くの「美容界でご活躍されている人材」を、生み出しているそうです。

元から「オネエ気質(性格)」のマツコデラックスさんであったので、将来の方向性を「スタイリスト」あるいは「メイクアップアーティスト」などを目指すために、この学校に進まれたのでしょう。

専門学校では「同じ道に進む仲間の集まり」であったことから、昔の学校生活に比べて”居心地”は悪くなかったようです。

もしかすると!同じ「系統(オネエ)の友達」が居た可能性も考えられます。

なので、専門学校は無事にご卒業をされましたが、その後は「美容の世界」には進まずに、当時の”ゲイ雑誌”として有名であった「Badi」の編集部に入られました。

そのため、しばらくの間は「記者としての仕事」を熟すようになって行きます。


スポンサードリンク


◇ 目の充血は結膜炎?


簡単に!”結膜炎”とは、目の中にある”膜”が炎症を起こすことで、目が「赤く充血した状態になる」ことを示し、主な”原因”とは!”バイ菌”などが目に入ることで発症する「細菌性腹膜炎」あるいは、ウイルスが原因の「ウイルス性腹膜炎」【さらに!】アレルギー類が原因の「アレルギー性腹膜炎」など、様々な”原因”があるとされています。


引用元【ツイッター(ウイルスバスター佐藤2020 )】

今回の番組内で「なぜ!充血していたのか」は、ご本人に確認しないと分からないことですが、マツコデラックスさんのファンからすると!非常に気掛かりですし、毎日!多くの”メディア”でご活躍中の人物だけに、その原因に通目が集まるところです。

見た目通りの「肥満体質」であることは間違い無く(笑;)、どんな病気に侵されてもおかしくはない「体質」なのですが、今のところ!ご自身自慢の「自傷ネタ」で取り上げてはいないご様子です。

【しかも!】番組収録中に、誰からも「目が充血している」ことに対して”ツッコミ”が無いところを窺うと、もしかすると!ご本人が「気づいていない」可能性が否めず【さらに!】周りも”深堀り”しないためにも!”ツッコミ”を入れないでいたのでしょう。


引用元【ツイッター(世界は数字で出来ている )】

最近のマツコ・デラックスさんは、目を見張るほどのご活躍ぶりを見せているので、上記以外の原因・・・例えば「過労・寝不足・ストレス過多」なども考えられ!それらが原因で「充血した姿」を披露した可能性が高いと思われます。

いずれにしても!マツコ・デラックスさんに関して言えることは!まずは「減量が一番」なので、健康管理にも注意して頂きたモノです。


スポンサードリンク


◇ 志村けんの誕生日でスッピン?


マツコデラックスさんといえば「女装が売りのタレント」であるが故に、比較的!取り上げられる”ネタ”として「素顔(すっぴん)」が昔から多いです。

その中で「注目を集めた出来事」があり、2020年度に世界で猛威を振るった”コロナウイルス”の感染が原因で!お亡くなりになられた、元コメディアンでお笑いタレントの「志村けん」氏の”誕生日パーティー”に参加された時に、どうやら!パーティー内で「素顔(すっぴん)で居た」らしく、その情報を嗅ぎつけた「芸能ヲタクたち」によって、”SNS”を中心にザワつかせたのです。


引用元【ツイッター(sakamobi.com )】

この「素顔(すっぴん)疑惑」によって、マツコデラックスさんの”激怒”を買ったらしく!一時期「志村けんさんとの不仲説」なるものが、芸能ネタで取り沙汰されたことがありました。

そのため!その時の「素顔(すっぴん)ショット」は既に”削除”されたのですが、同じパーティーに参加していたギターリストでタレントの「モト冬樹」氏の公式SNS(ブログ)内では、今でもその時の「パーティーの様子」が窺えるがショットを公開されております。

?

左下に写っているのが、お笑いコンビ”ザブングル”の「松尾陽介」氏であり、その後ろで「焦げ茶色の服装」を身にまとって、”顔”を隠している人物こそが!マツコデラックスさんとのことです。

その”シーン”を捉えた「モト冬樹」氏のコメントによると↓↓↓

>若手芸人からベテラン芸人いろいろな業界の方達が集まっての集合写真、よく見ると奇妙なものが ※ 引用元【ブログ(モト冬樹 オフィシャルブログ)】



記事にある「よく見ると奇妙なものが」の”奇妙なモノ”が【まさに!】マツコデラックスさんであり、この時は「顔を伏せていた状態」であることから、今でも公表されているのです。

【実は!】一見!!この写真からは「焦げ茶色の服装の人物」を特定することが出来ませんが、その前に”志村けん”氏が公開された!マツコさんの「素顔(すっぴん)のショット」で”着用”していた「衣服」が、モト冬樹氏が公開されたショットと「一緒であった」ことから”ご本人”が特定されたのです。

今では「懐かしい不仲説」となってしまいましたが・・・

2020年度!志村けんさんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ CM

・ 2001年に、”森永製菓”が手がけた企業CM”ウイダーinゼリー”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ MV

・ 2003年に、”斉藤和義”が手がけた作品”喜びの唄”がリリースされ「MVデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(ライブドアニュース )】

◇ テレビ番組

・ 2005年に、TOKYO MX系列で放送された番組”5時に夢中!”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(litera )】

◇ テレビドラマ

・ 2010年に、テレビ朝日系列で放送された番組”ナサケの女?国税局査察官?”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

◇ DVD

・ 2011年に、”CBC”が手がけた作品”マツコの部屋”がリリースされ「DVDデビュー」を飾ります。

◇ ラジオ

・ 2014年に、”文化放送”局が放送した番組”井筒とマツコ 禁断のラジオ”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ 雑誌

・ 2014年に、”週刊女性”が手がけた作品”週刊女装”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(カオリンミノーグ(スナック初音ママ) )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
松井 貴博
読み
まつい たかひろ
生年月日
1972年10月26日
仕事
タレント
出身地
千葉県
所属事務所
ナチュラルエイト
血液型
A型